Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 德國頂級魚油 相關
    廣告
  1. 蔗埕線 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 蔗テイ線

    蒜頭糖廠と 南靖駅 (当時の駅名は水上)を結んでいた全長10.7kmの南靖線が廃止され、一部が観光路線として 2003年 に復活したのが蔗埕線である。. 2017年秋以降、かつて高雄糖廠(橋頭糖廠)で 1973年 まで使われていた コッペル 社製の650型蒸気機関車( 1928 ...

    • Zhè chéng Xiàn
    • 蔗埕線
    • 蔗埕线
    • jhè chéng Siàn
  2. 台湾鉄路管理局 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 台湾鉄道管理局
    • 概説
    • 歴史
    • 運行形態
    • 路線一覧
    • 使用車両
    • 運賃
    • 駅区分
    • 技術協力
    • 関連事業
    • 関連商品

    日本の降伏を受け、中華民国政府が接収した台湾島内の鉄道路線を運営する目的で設立された台湾鉄路管理委員会を直接の前身とする鉄道事業体で、1948年3月1日に発足した。設立当初は地方政府である台湾省政府の管轄下であったが、台湾省の機能が凍結された1999年に中央政府の管轄下となって現在に至る。台北駅ビルに本部を構え、2018年11月現在の局長は張政源。 日本統治時代に建設された多く路線を引き続き運営している他に、東部を中心に存在した鉄道空白地帯を結ぶ東部幹線・南廻線および一部の支線を建設、あわせて1,100キロメートルを超える路線を運営している。また、管理局発足後も恒常的に設備の近代化が行われており、現在では主要幹線の殆どが電化・複線化されている。年間利用者はおよそ1億7千万人。 長らく西部幹線の長距離輸送を経営の柱としてきたが、台湾高速鉄道の開業後は高速鉄道を補完する短中距離輸送の利便性を高めるため、高頻度・等間隔の都市型ダイヤへの移行を進めている(台鉄捷運化)。また、高速バスとの競合が激化している東部幹線の長距離輸送の改善にも力を入れており、台東線の電化・重軌条化や日本製振り子電車の投入を進めている。 公社化を経た後に民営化する計画もある。なお台湾の国鉄には台鉄のほかに、林業用に由来し日本の農林水産省に相当する林務局が運営[注 1] する阿里山森林鉄路がある。

    1945年(昭和20年) - 日本の台湾統治終了により、台湾島内の国営鉄道事業を台湾総督府交通局鉄道部から中華民国台湾省行政長官公署下の台湾鉄路管理委員会に移管。
    1947年(民国36年) - 行政長官公署の廃止に伴い台湾省政府管轄下に移管。
    1949年(民国38年) - 台北鉄路公司(旧台北鉄道株式会社)新店線を買収。

    2006年11月に一新され、2017年6月時点で運用されている列車種別は次の通りである。 1. 自強号(繁体字:自強號):日本の特急に相当する。 2. 莒光号(繁体字:莒光號):急行に相当する。 3. 復興号(繁体字:復興號):準急に相当する。 4. 区間快車:快速に相当する。/区間車:普通列車に相当する。 5. 普快車:普通列車に相当する。 6. 観光列車(環島之星):ジョイフルトレインに相当する。 長らく台北市と高雄市を結ぶ長距離輸送に主軸が置かれてきたが、現在は台湾高速鉄道にその座を譲り、台北と高雄の2大都市圏と地方都市との連絡を中心とした運行ダイヤが組まれている。すなわち、台湾各地の地方都市と2大都市圏を長距離輸送の基幹となる自強号・莒光号の優等列車で結びつつ、区間車・区間快車でそれらの優等列車を補完するというダイヤである。また、前述の2大都市圏とその周辺では都市近郊鉄道として都市圏輸送も担っており、従来の汽車型ダイヤから高頻度運転の都市型ダイヤへの移行(台鉄捷運化)が進められている。 なお、2006年11月までに廃止された列車種別は次の通りである。 1. 観光号(中国語版):1961年~1978年に運行されていた優等列車。 2. 対号特快(中国語版):1949年~1988年に運行されていた優等列車。 3. 光華号:1966年~1979年に運行運行されていた優等列車。 4. 台東線光華号:1968年~1982年に台東線で運行されていた優等列車。 5. 莒興号(中国語版):1980年に運行開始した優等列車。1981年までに莒光号か復興号のいずれかに変更され消滅。 6. 通勤電(電聯)車:1990年に運行開始、2006年に区間快車/区間車へ改称。冷房付き列車だった。 7. 冷気柴客:1998年に運行開始、2006年に区間快車/区間車へ改称。冷房付き列車だった。 8. 平快車(中国語版):2006年に普快車へ統合された。 9. 普通車:2006年に普快車へ統合された。 1. EMU型自強号のネームプレート 2. 三貂嶺駅を通過する莒光号 3. 南港駅に入る復活運転の光華号 4. 台東線を走る「環島之星」

    計画線

    1. 恒春線(内獅 - 恒春) 2. 海生館線(車城 - 海生館) 恒春線の支線 3. 北宜直線鉄道(南港 - 礁渓)

    計画中断

    1. 中横鉄道(台中 - 花蓮)

    廃止線

    1. 林口線(桃園 - 林口) 2. 旧山線(三義 - 后里) 3. 淡水線(大稲埕/北門 - 台北 - 淡水) - 現・台北捷運淡水線 4. 新北投線(北投 - 新北投) - 現・台北捷運新北投支線 5. 新店線(万華 - 新店郡役所前) 6. 中和線(板橋 - 中和) 7. 東港線(鎮安 - 東港) 8. 東勢線(豊原 - 東勢) 9. 神岡線(潭子 - 清泉岡) 10. 台東海岸線(台東 - 台東海岸) 11. 花蓮臨港線(花蓮 - 花蓮港) 12. 高雄臨港線(高雄港 - 前鎮 - 高雄)

    詳細は台湾鉄路管理局の車両形式(中国語版)を参照のこと。
    EMU700型電車
    TEMU2000型電車
    E200型電気機関車

    列車の運賃については、日本と違い、列車ごとにそれぞれ別々の運賃体系(日本の「普通運賃」の上に特急料金、指定席料金を追加する方式とは異なる)が設定されており、たとえ同一種別の列車同士であっても、2列車以上を乗り継ぐ場合は運賃の通算を行わない。莒光号以上の優等列車は原則として全車指定席で、混雑区間の普通車に限って「自願無座」(日本の立席特急券に相当)が発売される場合がある。ちなみに、観光列車や一部の莒光号には日本のグリーン車に相当する「商務車」という特別席が設定されているが、前述の通り乗車券以外の料金券が存在しないため、この車両・座席には上位種別の料金(この場合自強号)が適用される。そのため、時刻表上は自強号として別列車扱いされており、乗車券も自強号で発券される。 種別ごとの運賃は以下の通り。(10kmまでは一律10kmの運賃が初乗りとして適用) なお、小児・65歳以上の老人・障害者は半額となるが、小児運賃の適用基準が年齢である日本とは異なり、身長(115cm以上150cm未満)となっている。また、莒光号において座席指定を受けずに(自願無座)81キロメートル以上を乗車した場合は上記運賃から2割引となる。 この他に、1ヶ月、3ヶ月有効の定期乗車券、団体乗車券、各種企画乗車券も存在する。かつては入場券(6元)も発売されていたが、2013年6月1日に廃止された(身分証との交換で通行証を貸与する形式に変更)。 1. 普悠瑪自強号の乗車券 2. 定期券 3. 入場券 4. TR PASS学生版 5. プリペイドカード 6. セブンイレブンi-bon端末発券の莒光号乗車券

    2018年11月現在。廃駅はCategory:台湾の廃駅を参照。 1. 特等站: 台北、台中、高雄、花蓮…計4駅 2. 一等站: 基隆、七堵、南港、松山、萬華、板橋、樹林、桃園、中壢、新竹、竹南、苗栗、豐原、彰化、員林、斗六、嘉義、新營、台南、岡山、新左營、屏東、潮州、瑞芳、宜蘭、蘇澳新、玉里、台東…計28駅 3. 二等站: 八堵、汐止、鶯歌、大甲、臺中港、沙鹿、新烏日、田中、二水、斗南、隆田、善化、永康、中洲、楠梓、鳳山、雙溪、羅東、冬山、蘇澳、東澳、和平、新城 (太魯閣)、竹東…計24駅 4. 三等站: 山佳、内壢、埔心、楊梅、富岡、湖口、新豐、竹北、後龍、白沙屯、通霄、苑裡、清水、龍井、大肚、追分、銅鑼、三義、后里、潭子、成功、社頭、林內、大林、民雄、新市、保安、大湖、路竹、橋頭、九曲堂、西勢、南州、林邊、枋寮、加祿、枋野、大武、金崙、太麻里、知本、四腳亭、猴硐、三貂嶺、福隆、頭城、礁溪、二結、永樂、南澳、漢本、和仁、崇德、北埔、吉安、志學、壽豐、鳳林、萬榮、光復、富源、瑞穗、東里、富里、池上、關山、瑞源、鹿野、花蓮港…計70駅 5. 簡易站: 三坑、百福、五堵、汐科、浮洲、南樹林、北新竹、三姓橋、豐富、泰安、大慶、烏日、嘉北、水上、柳營、南科、大橋、仁徳、左營(舊城)、內惟、美術館、鼓山、三塊厝、民族、科工館、正義、後庄、竹田、平溪、菁桐、林榮新光、豐田、千甲、新莊、集集、車埕、長榮大學…計34駅 6. 甲種簡易站: 北湖、香山、大山、新埔、日南、花壇、南靖、後壁、林鳳營、佳冬、大里、龜山、竹中…計14駅 7. 乙種簡易站: 栗林、頭家厝、松竹、太原、精武、五權、大慶、烏日、大村、瀧溪、康楽、三民、東竹、南平、貢寮、四城、景美、海端、山里、九讚頭、內灣、六家、水里、沙崙…計25駅 8. 丙種簡易站: 十分、濁水…計2駅 9. 招呼站 (無人駅): 新富、崎頂、談文、龍港、造橋、南勢、永靖、石榴、石龜、拔林、六塊厝、歸來、麟洛、崁頂、鎮安、東海、內獅、枋山、暖暖、牡丹、大溪、石城、外澳、頂埔、中里、新馬、武塔、平和、大富、瑞和、大華、望古、嶺腳、上員、榮華、橫山、合興、富貴、源泉、龍泉、海科館、八斗子…計42駅 10. 号誌站 (信号場): 談文南、大肚溪南、中央、古莊、…計4駅 11. 貨運站(貨物駅): 五堵(貨)、新竹(貨)…計2駅 1. 特等站の...

    公式店舗の運営、各種グッズの企画・販売(「台鉄本舗(台鐵本舗)」や「台湾鉄道故事館(台灣鐵道故事館)」は民間経営)
    タカラトミー・プラレールシリーズ - 台湾国内で太魯閣号・普悠瑪号のセット商品が販売されている。
    鉄道模型 - 現地メーカーの鉄支路模型などから当局のNゲージ車両が製品化されている。
    • Táiwān tiělù guǎnlǐjú
    • 台湾铁路管理局
    • ㄊㄞˊ ㄨㄢ ㄊ一ㄝˇ ㄌㄨˋ ㄍㄨㄢˇ ㄌ一ˇ ㄐㄩˊ
    • 臺灣鐵路管理局, 台灣鐵路管理局
  3. 土器 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 土器

    土器(どき、英語: earthenware )は、粘土に水を加え、こねて練り固めることによって成形し、焼き固めることで仕上げた容器である [1] [2] [注釈 1]。土器は、一般に胎土が露出した状態の、いわゆる「素焼き(すやき)」の状態の器であって、陶器、磁器ないし炻器 ...

  4. 陳雲 (香港) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 陳雲_(香港)
    • 経歴
    • 主な主張
    • 国家安全法成立後
    • 関連項目
    • 外部リンク

    香港中文大学で比較文学の修士号を、ドイツのゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲンで民俗学の博士号(副専攻は民族学と中国学)を取得した。嶺南大学に中国語学科助教授として勤めるかたわら、代表的な著作である『香港城邦論(中国語版)』(2011年発表)などを手掛けた。 2008年には、香港テレビ第五回香港書獎中得獎(芸術批評)を受賞。 2016年8月15日、嶺南大学は契約を更新しないことを決定、7年間の教職生活に終止符を打った。 2016年7月27日、陳雲は、香港復興会(中国語版)を代表して、熱血公民などと手を組んで香港立法会選挙に立候補者を立てたが、落選。 2021年3月1日、彼の支持者とともに、香港市民党(中国語版)を立ち上げた。

    香港人のための香港を目指し、中国の内政には口出しするべきではないという香港本土派としての香港主体の考え方を主張するものの、香港独立論からは距離をおいており、「香港城邦論(中国語版)」では香港基本法を改正し最終的着地点はイギリス連邦におけるオーストラリアやニュージーランドと同じような地位と関係を目指している。つまり、独立ではなく完全な自治を目標としている。また、極度に愛国主義が浸透した民主化した中国は共産中国より悪質であると主張している。

    香港での国家安全法成立後は香港城邦論(中国語版)は図書館などにおいて検閲の対象になっている。また、フェイスブック上で「社会運動からの脱退」を宣言。「国家安全(維持)法は香港社会に安定をもたらす」と述べた。

  5. 2019年逃亡犯条例改正案 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 2019年逃亡犯条例改正案
    • 概要
    • 背景
    • 改正案提出と審議の経緯
    • 反対運動
    • 各国の反応
    • 関連項目
    • 外部リンク

    本改正案は容疑者の身柄引き渡し手続きを簡略化し、中国大陸、マカオ、台湾(中華民国)にも刑事事件の容疑者を引き渡しできるようにするものである。改正案の背景には台湾で起きた潘暁穎殺人事件があり、逃亡犯条例の規定により容疑者を台湾に引き渡すことができなかったが、香港政府は逃亡犯条例の規定で中国大陸やマカオが除外されていることが「抜け穴」であると主張した。改正案が成立した場合、香港行政長官は事例毎に引き渡し要請を受け付けることになる。要請を受け付ける容疑には殺人罪のほかには贈収賄、入出国審査官に対する詐欺など7年以上の懲役刑が科される可能性のある犯罪が30種類以上含まれる。また、中国大陸などから要請を受けて資産凍結や差押を行うこともできるようになる。改正案の提出直後より、世論は香港の裁判権の独立性に悪影響を及ぼすと危惧し、香港法廷弁護士協会(英語版)、香港事務弁護士協会(英語版)、キリスト教の教会などが中国大陸への引き渡しを盛り込む改正案への反対を表明した。中学校約350校(香港の中学校の7割にあたる)で教師、学生、卒業生が改正案撤回を求める請願書を提出した。 2019年4月3日、改正案は香港立法会の第一読会を通過、4月17日には立法会で法案に関する委員会が設立され1回目の会議が行われた。5月6日、民主派は親政府の建制派(中国語版)と陳維安(中国語版)ら立法会の秘書からの妨害を受けるものの、委員会の会議を続行して委員会主席(委員長)の選挙を行い、民主党の涂謹申(中国語版)が主席に、公民党の郭榮鏗(中国語版)が副主席に当選した。5月20日、香港政府は立法会に委員会を経由せずに、6月12日に立法会総会での審議(第二読会)を続行するよう要求したが、6月9日に香港のみならず6か国16都市で反対デモが実施され(中国語版)、中でも香港のデモ(中国語版)は103万人が参加し(主催者発表)、60軒以上の商店が罷業した。同日夜に香港政府が第二読会の予定日を6月12日のまま変更しないと発表すると、1,000人以上のデモ参加者が立法会の占領を試み、警察によって鎮圧された。 台湾では大陸委員会が殺人事件の露見以来その解決に奔走していると述べ、香港政府に対し司法協力を3度提出したにもかかわらず返事がなかったという。香港政府では保安局(中国語版)の局長李家超(中国語版)が4月に港台経済文化合作協...

    逃亡犯条例の制定

    本土研究社(香港前途研究計画(中国語版))の研究が引用したイギリス外務・英連邦省のアーカイブによると、イギリス統治期の1992年に逃亡犯条例が制定されたとき、「司法制度、刑罰の制度、人権が十分守られる政府とのみ犯罪人引渡しのできる関係を結ぶ」と強調しており、香港返還の後でも変わらないとした。条例制定の本来の意図(英語版)では犯罪人引渡し条約を締結しなかったことを「抜け穴」としておらず、本土研究社はイギリスが中国を信用していない上、引き渡しの悪用を憂いたことをその理由とした。また、中国は1988年7月に犯罪人引渡し関連の法律と制度の整備が不十分であると認め、相互法的援助条約の交渉において刑法関連の案件を棚上げにして、民事訴訟と商業、貿易関連でのみ相互法的援助を行うことを提案した。2000年に中華人民共和国引き渡し法が発効する直前(発効日は2000年12月28日)、香港が中国と犯罪人引渡し条約を交渉していたことについてイギリス外相ロビン・クックが議会に報告書を提出、交渉の結果が香港基本法および香港の裁判手続に適合することを望むとした。イギリス庶民院は外務・英連邦省に対し、香港と中国が...

    台湾での殺人事件

    本改正案の直接のきっかけとなったのは、2018年2月17日、台湾で起きた潘暁穎殺人事件である。この事件において、被害者の潘暁穎(女性)と容疑者の陳同佳(男性)は香港人学生カップルであり、当時台湾を旅行していた。2月17日、潘がほかの男性と性的関係を持ち妊娠したことをめぐって争いになり、陳が潘を絞殺した後、死体を旅行かばんに入れ、台北捷運竹囲駅近くの草むらで死体を遺棄した。その後、陳は1人で香港に帰り、潘に連絡できなかった親族が香港の警察に通報した。 香港の警察が調査した結果、陳が香港に帰った後に潘のキャッシュカードでお金をおろしていたことが判明、陳は3月に窃盗罪の容疑で逮捕された。取り調べの結果、陳は潘の殺害と死体遺棄を自白した。しかし、香港と台湾の間には犯罪人引渡し条約も相互法的援助条約も締結されておらず、2018年時点の逃亡犯条例と刑事相互法的援助条例は香港と「中華人民共和国のその他の部分」(香港の法律では中華民国が実効支配する台澎金馬を中華人民共和国の一部としている)の間の犯罪人引渡しと相互法的援助に適用できないため、これらの条約、条例を理由に陳を台湾に引き渡すことができな...

    改正案の提出と1回目の改訂(2019年2月13日 – 3月末)

    保安局(中国語版)は2月13日に改正案を提出した後、2月14日から3月4日まで意見聴取を行った。翌15日に保安局の局長李家超(中国語版)が台湾の殺人事件に関する1度限りの引き渡しを行うことを拒否した。 3月26日、李家超は改正案の改訂を発表、引き渡しを適用できる犯罪のうち経済犯罪9種類を除外、また3年以上の懲役刑にならない犯罪を除外したが、民主派の議員は「反吐が出る」「特定の団体をなだめるために、(等しく犯罪であるにもかかわらず)このように区別することが許されるのでしょうか」(毛孟静(中国語版))と反発した。 民主派の立法会議員は改正案が提出された直後より改正に反対しており、公民党の楊岳橋(中国語版)議員は政府の改正案の代わりに台湾への引き渡しの制限のみ撤廃することを提唱、香港の市民が中国大陸の司法制度を信用していないことを指摘した。民主党の主席胡志偉(中国語版)は林鄭月娥行政長官を「呉三桂」(「売国奴」の意味)と罵り、同じく民主党の議員涂謹申(中国語版)は改正後の条例が濫用され、銅鑼湾書店関係者行方不明事件(英語版)のように香港人が中国大陸に引き渡されることを憂慮した。同党の元...

    第一読会(2019年4月3日)

    2019年4月3日、逃亡犯条例改正案の第一読会(本会議での審議)が行われた。保安局の局長李家超(中国語版)は立法会への報告書で改正案提出の目的を台湾の殺人事件への対処と条例の「抜け穴」を塞ぐこととした。また、改正前の条例では台湾からの引き渡し申請を立法会に審議させることが可能であるものの、審議の内容が公表されることで容疑者の逃亡の恐れがあるため実際には骨抜きであると述べた。民主派の議員からは改正案を撤回すべきとの主張と香港基本法違反の疑いが持ち上がったが、李家超はそれらの質疑には答えず、立法会の主席(議長)梁君彦(中国語版)はそのまま第一読会の終結を宣言、内務委員会による改正案委員会の設立を待つと述べた。

    改正案委員会設立(2019年4月12日)

    4月12日、内務委員会の会議が開かれた。内務委員会の主席李慧琼(中国語版)(民主建港協進聯盟、建制派所属)は政務司司長張建宗に対し、台湾の殺人事件の被害者親族が法改正が速やかに行われることを望むと伝えた。一方、内務委員会の副主席郭栄鏗(中国語版)(公民党、民主派所属)は改正案が香港の世論や各国からの注目を受けているとし、急いで改正案を通過させるよりほかの方法も検討すべきとした。黄碧雲(中国語版)(民主党、民主派所属)は政府が意見聴取を広く、詳しく行うと約束したにもかかわらずそれを破ったことを責めた。その後、議員4名が改正案委員会を設立する必要性を認め、10数名が改正案委員会に加入した。

    冒頭で述べた通り、この改正案に関しては香港市民の大半からの反発を招いたが、当条例改正案の審議を強行した事や香港警察によるデモ隊の強硬弾圧等を契機として、いわゆる水革命・時代革命と呼ばれる長期に渡る民主化デモに発展した。

    中華人民共和国

    国務院香港マカオ事務弁公室と中央政府駐香港連絡弁公室は改正案への支持を表明、中でも前者は5月17日に香港特別行政区全国人民代表大会代表と全国政治協商会議香港地区委員を呼び出し、改正案を支持する世論を作ることを要求した。 中華人民共和国外交部の報道官耿爽は5月8日に香港の事務が「中国の内政」であるとし、米中経済安全保障調査委員会(英語版)など外国からの報告書は論駁に値しないとした。また、6月10日には逃亡犯条例の改正を引き続き支持すると述べた。8月20日には耿爽報道官は同時期にモスクワで起きていた抗議デモと香港の抗議活動は「外国勢力」によるものと批判し、西側諸国の内政干渉に関して情報交換を行うロシア政府と協力を推し進めるとしている。

    台湾(中華民国)

    台湾での中華民国立法院は2019年3月に改正案で中華民国への対応のみ追加するよう求める提案を採択した。また、中華民国の行政院大陸委員会は「台湾が中華人民共和国に帰属する」という前提をもとに容疑者引き渡しを行うことはないと発言した。大陸委員会は5月9日にも改正案により一国二制度と法律制度が損なわれることを憂慮し、李明哲事件(中国語版)(中華民国国民がマカオから中国大陸に引き渡され、訴追された事件)の再来を恐れた。また、改正案により台湾人の安全が脅かされる場合、改正案が成立しても容疑者引き渡しは拒否すると述べた。 5月17日、大陸委員会の香港・マカオ事務所所長杜嘉芬は改正案が成立した場合、国民にその危険性を説明するとともに危険情報のレベルを上げることも検討すると述べた。 6月13日、中華民国総統の蔡英文は香港の逃亡犯条例が人権を侵害する上、中華民国の主権も侵害すると述べ、逃亡犯条例改正を前提とする移送を拒否した。 6月15日、法案審査の延期を受け、中華民国の大陸委員会はそれを香港政府の「懸崖勒馬」と述べ、逃亡犯条例が台湾・香港間の相互法的援助の課題を一つの中国の枠組みにはまらせようと...

    欧州連合

    2019年5月24日、欧州連合が在香港・マカオ事務所の代表11名を通じて林鄭月娥行政長官に抗議、外交申し入れ(英語版)を発した。外交申し入れが発されるのは珍しいとされるが、林鄭月娥は欧州連合が立場を明らかにしただけで、実質的な問題点を提起しているわけではないと返答した。

    (英語)改正案の全文
    (英語)逃亡犯条例改正案に関する香港立法会の委員会
    (英語)香港立法会議員向けの参考資料
    (英語)2019年4月11日時点の刑事相互法的援助条例
  6. 其他人也搜尋了
  1. 德國頂級魚油 相關
    廣告