Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 意外險比較 相關
    廣告
  1. ウシ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ウシ
    • 名称
    • 形質
    • 家畜としてのウシ
    • 外科的処置と動物福祉
    • 病気
    • 主要品種
    • 飼育数
    • 利用
    • 歴史
    • 文化と宗教

    ウシは、伝統的には牛肉食文化が存在しなかった地域においては、例えば漢字文化圏における「牛」ないし十二支の配分である「丑(うし)」のように、単一語で総称されてきた。これに対し、古くから牛肉食や酪農を目的とする家畜としての飼育文化や放牧が長く行われてきた西洋地域(例えば、主に英語圏など商業的牛肉畜産業が盛んな地域)においては、ウシの諸条件によって多種多様な呼称をもつ傾向がある。 インターネットの世界的普及などによる情報革命が起き、ユビキタス社会の黎明期ともなった21世紀初期には、欧米由来の食文化のグローバル化も進展し、宗教的理由から牛肉食がタブーとされている地域を除いては、牛肉食文化の世界的拡散が顕著である。特に商業畜産的要因から、現代の畜産・肥育・流通現場においては世界各地で細分化された名称が用いられる傾向がある。

    ウシは反芻動物である。反芻動物とは反芻(はんすう)する動物のことであるが、そもそも「反芻」とは、一度呑み下して消化器系に送り込んだ食物を口の中に戻して咀嚼し直し、再び呑み込むことをいう。このような食物摂取の方法を取ることで栄養の吸収効率を格段に上げる方向へ進化し、その有利性から生態系の中で大成功を収めて世界中に拡散した動物群が、反芻動物であった。多様に見えて、その実、単系統群である。そのような反芻動物の中でも、ウシが属するウシ科はとりわけ進化の度合いが深まった分類群(タクソン)の一つであり、ウシの仲間(※少し範囲を広げてウシ族と言ってもよい)は勢力的にも代表格と言える。彼らは、ヒトに飼われて殖えたのも確かではあるが、もともと自然の状態で生態上(種数と生物量の両面で)の大勢力であった。反芻動物の進化がウシ科のレベルまで深まる以前に勢力を誇っていたのはウマに代表される奇蹄類であり、ウシ科は栄養吸収効率の大きな差を活かして奇蹄類を隅に押しやり分布を広めた。そのことは地質学的知見で証明可能である。家畜としても比較されることの多いウシとウマであるが、同じ質と量の餌を与えた場合、栄養面で報いが大きいのは間違いなくウシであるということもできる。 反芻動物の具える胃を「反芻胃(はんすうい)」といい、マメジカのような原始的な種を除き、ウシを含むほとんどの反芻動物が4つの胃を具える。ただし実際には、胃液を分泌する本来の意味での胃は第4胃の「皺胃(しゅうい)・ギアラ」のみであり、それより口腔に近い「前胃(ぜんい)」と総称される消化器系、第1胃「瘤胃(りゅうい)・ミノ」・第2胃「蜂巣胃(ほうそうい)・ハチノス」・第3胃「重弁胃(じゅうべんい)・センマイ」は食道が変化したものである。ここを共生微生物の住まう植物繊維発酵槽に変えることで、反芻は極めて効果的な消化吸収システムになった。ウシの場合、この前胃に、草の繊維(セルロースなど)を分解(化学分解)する細菌類(バクテリア)および繊毛虫類(インフゾリア)を始めとする微生物を大量に常在させ、繊維を吸収可能な状態に変えさせ、収穫するようにそれを吸収するという方法で草を"食べている"。前胃の微生物を総じて胃内常在微生物叢などというが、ウシはこれら微生物の殖えすぎた分も動物性蛋白質として消化・吸収し、栄養に変えている。 ウシの味蕾は25,000個...

    食用等

    家畜であるウシは、畜牛(ちくぎゅう)といい、その身体を食用や工業用などと多岐にわたって利用される。肉を得ることを主目的として飼養される牛を肉牛(にくぎゅう)というが、肉牛ばかりが食用になるわけでもない。牛の肉を、日本語では牛肉(ぎゅうにく)という。仔牛肉以外は外来語でビーフともいう。家畜の内臓は、畜産副産物の一つという扱いになる。日本では「もつ」あるいは「ホルモン」と呼んで食用にする。世界には食用でなくとも、内臓を様々に利用する文化がある。仔牛肉/子牛肉(こうしにく)は特に区別されていて、月齢によって「ヴィール」「カーフ」と呼び分ける。牛の脂肉を食用に精製した脂肪は牛脂(ぎゅうし)もしくはヘットという。 牛の骨すなわち牛骨(ぎゅうこつ)は、加工食品の原料や料理の食材になるほか、肥料や膠にも利用できる。ただ、ヒンドゥー教では、牛の命の消費全般をタブーとしているため、牛膠もまた、その宗教圏および信仰者においては絵画を始めとする物品の一切に用いるべきでないものとされている。牛の骨油である牛骨油(ぎゅうこつゆ)は、食用と工業用に回される。工業用牛骨油の主な用途は石鹸と蝋燭である。 牛の皮...

    使役

    使役動物としての牛は役牛(えきぎゅう)といい、古来広く利用されてきた。農耕用と、直接の乗用も含む人および物品の運搬用の、動力としての利用が主である。農耕のための牛は耕牛(こうぎゅう)という。運搬用というのは主に牛車(ぎゅうしゃ、うしぐるま)[注釈 1]用であるが、古来中国などではそれに限らない。

    土壌改良

    痩せた土地に家畜を放し、他所から運び込んだ自然の飼料で飼養することによって土壌改良を図る方法があり、体格が大きく餌の摂取量も排泄量も多い牛は、このような目的をもった放牧に打ってつけの家畜でもある。

    除角

    牛は、飼料の確保や社会的順位の確立等のため、他の牛に対し、角を用いて争うことがある。そのため牛舎内での高密度の群飼い(狭い時で1頭当たり5m2前後)ではケガが発生しやすく、肉質の低下に繋がることもある。また管理者が死傷することを防止するためにも有効な手段と考えられている。 日本では肉牛の59.5%、乳牛の85.5%が除角されている。除角は激痛を伴い牛への負担が大きく、ショック死する例も報告されているが、麻酔を使用する農家は肉牛で17.3%、乳牛で14%と低い。除角の方法は、腐食性軟膏や断角器、焼きごて、のこぎり、頭蓋骨から角をえぐり取る除角スプーンなどを使う。 農水省が普及に努めている「アニマルウェルフェアの考え方に対応した飼養管理指針」では肉牛、乳牛ともに「除角によるストレスが少ないと言われている焼きごてでの実施が可能な角が未発達な時期(遅くとも生後2ヵ月以内)に実施することが推奨される」。だが実際には、乳牛では45%、肉牛では85%が3ケ月齢以上で除角されている。

    舌遊び

    舌を口の外へ長く出したり左右に動かしたり、丸めたり、さらには柵や空の飼槽などを舐める動作を持続的に行うことを指す。粗飼料の不足、繋留、単飼(1頭のみで飼育する)などの行動抑制が要因とされており、そのストレスから逃れるためにこの行動が発現する。舌遊び行動中は心拍数が低下することが認められている。また生産サイクルをあげるために、産まれてすぐに母牛から離されることも舌遊びの要因とされている。「子牛は自然哺乳の場合1時間に6000回母牛の乳頭を吸うといわれている。その半分は単なるおしゃぶりにすぎないが、子牛の精神の安定に大きな意味をもつ。子牛は母牛の乳頭に吸い付きたいという強い欲求を持っているが、それが満たされないため、子牛は乳頭に似たものに向かっていく。成牛になっても満たされなかった欲求が葛藤行動として「舌遊び」にあらわれる」。実態調査では、種付け用黒毛和牛の雄牛の100%、同ホルスタイン種の雄牛の6%、食肉用に肥育されている去勢黒毛和牛の雄牛の76%、黒毛和牛の雌牛の89%、ホルスタイン種の17%で舌遊び行動が認められたとある。

    失明

    霜降り肉を作るためには、筋肉繊維の中へ脂肪を交雑させる、という通常ではない状態を作り出さなければならない。そのため、脂肪細胞の増殖を抑える働きのあるビタミンAの給与制限が行われる。ビタミンAが欠乏すると、牛に様々な病気を引き起こす。ビタミンA欠乏が慢性的に続くと、光の情報を視神経に伝えるロドプシンという物質が機能しなくなり、重度になると、瞳孔が開いていき、失明に至る為、ビタミンA欠乏の徴候が表れた場合カロテンを含んだ飼料やビタミン剤の投与でこれを補う必要がある。

    中毒

    稀なケースであるが、牧場内に広葉樹がありドングリが採餌できる環境にあると、ドングリの成分であるポリフェノールを過剰摂取してしまい中毒死することがある。

    アジア由来品種

    1. 黄牛(中国・東南アジア産、役牛) 2. 草原紅牛(中国原産、乳牛) 3. 朝鮮牛(韓牛)(朝鮮原産、役牛・肉牛) 4. ブラーマン種 5. ヒンドゥー種 6. カンペンセン種

    日本由来品種

    1. 口之島牛(鹿児島県口之島に棲息、野生化牛) 2. 見島牛(山口県見島産、天然記念物) 2.1. 見蘭牛(見島牛の雄とホルスタインの雌の交配 (F1)) 3. 和牛(改良和種:外国種との交配) 3.1. 褐毛和種(あかげわしゅ、熊本県・高知県主産、食肉用) 3.2. 黒毛和種(農耕用・食肉用) 3.3. 無角和種(山口県産、食肉用) 3.4. 日本短角種(東北地方・北海道主産、食肉用)

    世界に棲息する牛のうち、家畜として飼育されている頭数に関しては、国際連合食糧農業機関 (FAO) による毎年の調査結果が、1990年以降公表されている。統計には、一般的な牛のほか、コブウシ、ガウルなどのアジア牛、ヤクを含む。スイギュウやバイソンは含まない。 牛を聖なる動物と見なすヒンドゥー教の影響もあってインドが世界を圧倒する飼育頭数で知られ、長らく世界一の座を占めていた。しかし、2003年にブラジルがインドに換わって世界第1位となった。これは、アマゾン熱帯雨林の破壊と牧場開発が以前にも増して急速に進み、アマゾン地方の牛飼育頭数が激増してきた結果であった。 2008年には再びインドが第1位になったものの、インド・ブラジル両国の頭数はほぼ拮抗している。第3位は約9380万頭のアメリカ合衆国、第4位は約8370万頭の中華人民共和国、第5位は約4390万頭のアルゼンチンで、これら3か国の飼育頭数はいずれも10年来ほぼ横這いである。 2010年発表のデータでも、第1位は約2億1000万頭のインド、第2位は約2億950万頭のブラジルで、両国の飼育頭数は拮抗している。 2013年発表のデータでは、世界推定総計が約14億7488.8万頭(1,474,887,717千頭[注釈 2])、そのうち第1位は約2億1822.5万頭(218,225,177千頭)のブラジル、第2位は約1億8598.7万頭(185,987,136千頭)と数を減らしたインド、第3位は約9191.8万頭(91,918,000千頭)のアメリカ合衆国、第4位は約8437.6万頭(84,376,350千頭)の中華人民共和国、第5位はアルゼンチンを上回った約5948.7万頭(59,486,667千頭)のエチオピアであった。日本は約382.4万頭(3,824,000千頭)であった。 2019年発表のデータでは、世界推定総計が約14億9168.7万頭、そのうち第1位は約2億1490.0万頭のブラジル、第2位は約1億8510.4万頭のインド、第3位は約9370.5万頭のアメリカ合衆国、第4位は約8321.0万頭の中華人民共和国、第5位は約6092.7万頭のエチオピアであった。日本は約382.2万頭の第64位であった。

    食用

    肉は牛肉として、また乳は牛乳として、それぞれ食用となる。食用は牛の最も重要な用途であり、肉・乳ともに人類の重要な食料供給源の一つとなってきた。牛乳も牛肉も、そのまま食用とされるだけでなく、乳製品や各種食品などに加工されることも多い。 年老いて乳の出が悪くなった乳牛の経産牛は、肉質は硬くなって低下し、体も痩せ細ってしまう。21世紀初期の日本の場合、こういった個体は廃用牛の扱いを受け、安値でペットフード用など人間向けの食用以外に回されるのが一般的である。しかし、再肥育して肉質を高めることで[注釈 3]人間向けの食用牛としての市場価値を“再生”させることに成功している業者もいるにはいる。

    生薬

    胆石は牛黄(ごおう)という生薬で、漢方薬の薬材[注釈 4]。解熱、鎮痙、強心などの効能がある。救心、六神丸などの、動悸・息切れ・気付けを効能とする医薬品の主成分となっている。日本薬局方に収録されている生薬である。 牛の胆石は千頭に一頭の割合でしか発見されないため、大規模で食肉加工する設備を有する国が牛黄の主産国となっている。オーストラリア、アメリカ、ブラジル、インドなどの国がそうである。ただし、BSEの問題で北米産の牛黄は事実上、使用禁止となっていることと、中国需要の高まりで、牛黄の国際価格は上げ基調である。 現在では、牛を殺さずに胆汁を取り出して体外で結石を合成したり、外科的手法で牛の胆嚢内に結石の原因菌を注入して確実に結石を生成させる、「人工牛黄」または「培養牛黄」が安価な生薬として普及しつつある。

    牛糞

    糞は肥料にされる。与えられた飼料により肥料成分は異なってくるが、総じて肥料成分は低い。肥料としての効果よりも、堆肥のような土壌改良の効果の方が期待できる。また、堆肥化して利用することも多い。園芸店などで普通に市販されている。 乾燥地域では牛糞がよく乾燥するため、燃料に使われる。森林資源に乏しいモンゴル高原では、牛糞は貴重な燃料になる。またエネルギー資源の多様化の流れから、牛糞から得られるメタンガスによるバイオマス発電への利用などが模索されており、スウェーデンなどでは実用化が進んでいる。 また、インドなどの発展途上国では牛糞を円形にして壁に貼り付け、一週間ほど乾燥させて牛糞ケーキを作製し、燃料として用いている(匂いもなく、火力も強い)。 アフリカなどでは住居内の室温の上昇を避けるために、牛糞を住居の壁や屋根に塗ることがある。

    世界

    ウシは新石器時代に西アジアとインドで野生のオーロックスが別個に家畜化されて生まれた。学説としては、西アジアで家畜化されたものが他地域に広がったという一元説が長く有力であった。ところが、1990年代になされたミトコンドリアDNAを使った系統分析で、現生のウシがインド系のゼブ牛と北方系のタウルス牛に大きく分かれ、その分岐時期が20万年前から100万年前と推定された。これは、せいぜい1万年前とされるウシの家畜化時期よりはるかに古い。そこで、オーロックスにもとからあった二系統が、人類によって別々に家畜化された結果、今あるゼブ牛、タウルス牛となったという二元説が広く支持されている。 ウシは、亜種関係のゼブ牛・タウルス牛の間はもとより、原種のオーロックスとも問題なく子孫を残せるので、家畜化された後に各地で交雑が起こった。遺伝子分析によれば、ヨーロッパの牛にはその地のオーロックスの遺伝子が入り込んでいる。東南アジアとアフリカの牛は、ゼブ牛とタウルス牛の子孫である。さらに、東南アジア島嶼部のウシには、別種だがウシとの交雑が可能なこともあるバンテンの遺伝子が認められる。 ウシの家畜化は、ヤギやヒツ...

    日本列島

    日本列島では東京都港区の伊皿子貝塚から弥生時代の牛骨が出土したとされるが、後代の混入の可能性も指摘される。日本のウシは、中国大陸から持ち込まれたと考えられている。古墳時代前期にも確実な牛骨の出土はなく、牛を形象した埴輪が存在しているため、この頃には飼育が始まっていたと考えられている。古墳後期(5世紀)には奈良県御所市の南郷遺跡から牛骨が出土しており、最古の資料とされる。 当初から日本では役畜としての使用が主であったが、牛肉も食されていたほか、牛角・牛皮や骨髄の利用も行われていたと考えられている。675年に天武天皇は、牛、馬、犬、猿、鶏の肉食を禁じた。禁止令発出後もウシの肉はしばしば食されていたものの、禁止令は以後も鎌倉時代初期に至るまで繰り返して発出され、やがて肉食は農耕に害をもたらす行為とみなされ、肉食そのものが穢れであるとの考え方が広がり、牛肉食はすたれていった。8世紀から10世紀ごろにかけては酪や、蘇、醍醐といった乳製品が製造されていたが、朝廷の衰微とともに製造も途絶え、以後日本では明治時代に至るまで乳製品の製造・使用は行われなかった。 また、広島県の草戸千軒町遺跡出土の頭...

    人間に身近で、印象的な角を持つ大型家畜である牛は、世界各地で信仰対象や動物に関連する様々な民俗・文化のテーマになってきた。 古代エジプト人はオシリス、ハトホル信仰を通して雄牛(ハピ、ギリシャ名ではアピス)を聖牛として崇め、第一王朝時代(紀元前2900年ごろ)には「ハピの走り」と呼ばれる行事が行われていた。創造神プタハの化身としてアピス牛信仰は古代エジプトに根を下ろし、ラムセス2世の時代にはアピス牛のための地下墳墓セラペウムが建設された。聖牛の特徴とされる全身が黒く、額に白い菱形の模様を持つウシが生まれると生涯神殿で手厚い世話を受け、死んだ時には国中が喪に服した。一方、普通のウシは食肉や労働力として利用されていたことが壁画などから分かっている。 主にインドで信仰されているヒンドゥー教では牛(特にコブウシ)を神聖視している(スイギュウはそうではない)。このためインドは牛の飼育頭数は多いものの、牛肉食を忌避する国民が多い。インドでは従来も州により、牛肉の扱いを規制していた。2017年5月26日にはインド連邦政府が、食肉処理を目的とした家畜市場における牛の売買を禁止する法令を出した。これに対して、イスラム教徒や世俗主義者から「食事の選択権に対する侵害」として反対運動や訴訟が起き、インド最高裁判所は7月11日に法令差し止めを決めた。インドでは牛肉を売ったり、食べたりしたと思われた人が殺害される事件も起きている。 日本でも牛(丑)は十二支の鳥獣に入っているほか、牛頭天王のような神や、牛鬼など妖怪のモチーフになっている。

  2. ダダイスム - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ダダイスム
    • 歴史
    • 影響
    • 主要都市におけるダダ
    • 写真・映画
    • 日本におけるダダ
    • 主な芸術家
    • 関連項目
    • 外部リンク

    ダダイスムの流れは、第一次世界大戦の1910年代半ばに、ヨーロッパのいくつかの地方やニューヨークなどで、同時多発的かつ相互影響を受けながら発生した(初期ダダ)。 「ダダ」という名称は1916年にトリスタン・ツァラが命名したため(辞典から適当に見つけた単語だったとも言われる)、この命名をダダの始まりとすることもある(ダダ宣言(英語版))。ツァラなどによってチューリッヒで行われた、特にチューリッヒ・ダダと言われる運動は、キャバレー・ヴォルテール(Spiegelgasse 1番地に往時の様子を偲ぶことができる)を活動拠点として参加者を選ばない煽動運動的要素も孕んでいた。1918年にチューリッヒでツァラにより第2宣言がなされる。 同様の活動は各大都市ごとにあったが(→主要都市におけるダダ)、1919年にツァラはアンドレ・ブルトンに招聘されてパリに活動の場を移した(パリ・ダダ)。その後1922年頃にツァラとアンドレ・ブルトンとの対立が先鋭化し、1924年にはダダから離脱したブルトン派によるシュルレアリスムの開始(シュルレアリスム宣言)と前後してダダイスムは勢いを失った。 数年後にツァラとブルトンは和解し、ツァラはシュルレアリスムに合流した。1945年頃、シュルレアリスムも終息した。

    スイス・スタイル

    戦後の復興期に、スイスでは4カ国語(ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語)が併記される事情から、1950年代に入るとスイス・スタイル等の発展が始まり、ヨゼフ・ミューラー=ブロックマンやポール・ランドが登場して、スイスは再びデザインの中心地に戻ってきた。これらの活動では、コーポレートアイデンティティなどの表現がみられる。1965年にアーミン・ホフマンとエミール・ルーダーはバーゼル造形学校(ドイツ語版、英語版)に教室を設立、約30年間(1968年–1999年)にわたって教育を行なった。

    ネオダダ

    アメリカでは、ダダの流れを汲むニューヨーク・ダダやニュー・バウハウスなどの土壌があったが、1960年代にダダイスム運動が復興し、ネオダダと呼ばれ、「反芸術」運動として隆盛した。のちのポップアートやコンクレーティズム(日本では具体派)、コンセプチュアリズムなどへ分岐していった。この意味で第二次世界大戦以後の現代美術の震源地となったといえる。

    チューリッヒ・ダダ(1915年頃-1920年頃) - 主要な参加者は、フーゴ・バル、ハンス(ジャン)・アルプ、リヒャルト・ヒュルゼンベック(ドイツ語版、英語版)、マルセル・ヤンコ、トリスタン・ツァラ、ハンス・リヒター、ゾフィー・トイバー=アルプなど
    ベルリン・ダダ(1917年頃-1922年頃) - リヒャルト・ヒュルゼンベック(ドイツ語版、英語版)、ジョージ・グロス、ジョン・ハートフィールド、ラウル・ハウスマン、ヨハネス・バーダー、ハンナ・ヘッヒ、ヴァルター・メーリング、ゲルハルト・プライス、ヴィーラント・ヘルツフェルデなど
    ケルン・ダダ(1917年頃-1922年頃) - マックス・エルンスト、ヨハネス・テオドア・バーゲルト[本名: アルフレート・グリューンバルト]、ハインリヒ・ホーレ

    ダダイスムに立脚した写真表現も存在する。第一次大戦と続く第二次大戦を通じて形成された虚無感を背景に、常識や秩序に対する否定や破壊といった感覚を表現の基調とする。 ダダと呼べるような写真作品を残している代表的な写真家・美術家に、マン・レイ、クリスチャン・シャド、マックス・エルンスト、ジョン・ハートフィールド、クルト・シュヴィッタース、ハンナ・ヘッヒ、ラウル・ハウスマン、北園克衛などが挙げられる。 ダダに特に多い写真表現としては、フォトモンタージュがある。単に写真を切り貼りしたというコラージュというような作品から、より緻密に1枚の作品に仕上げているものまであり、後者の作品は、シュルレアリスムの写真へもつながっていく。複数の写真を組み合わせることにより、比較的に容易に意外性を生じさせたり社会風刺ができるところに、ダダイストたちがフォトモンタージュを好んだ理由の1つがあると推測される。 ドイツの画家ハンス・リヒターは、1910年代半ばから1920年代にかけて、ダダイスム映画作品も手がけている。

    1920年(大正9年)『万朝報』8月15日号に記事「ダダイスム一面観」が掲載される。高橋新吉が1921年(大正10年)11月に辻潤宅を訪問し、ダダについて辻に教示し、辻はダダイストを名乗るようになる。1922年(大正11年)12月『ダダイズム』を 吉行エイスケが発刊。。翌年1923年(大正12年)1月には萩原恭次郎、壺井繁治、岡本潤、川崎長太郎らが『赤と黒』を創刊。同年2月には 高橋新吉が詩集「ダダイスト新吉の詩」(中央美術社)を発表する(辻潤が編集した)。「DADAは一切を断言し否定する」で始まる。同年7月には村山知義、柳瀬正夢、尾形亀之助らがMAVOを結成し、翌年6月には『ゲエ・ギムギガム・プルルル・ギムゲム』が玉村善之助、橋本健吉、野川隆らによって創刊される。日本では1922年(大正11年)から1926年(大正15年)がダダ運動のピークとなった。ダダイスムは以降も、中原中也、坂口安吾、宮沢賢治など広範にわたって影響を与えた。 1. 辻潤- 高橋新吉よりダダイスムの運動を知り、自らをダダイストと名乗る。 2. 『ダダイズム』(1922年12月-1923年?) - 吉行エイスケ発刊。 3. 『赤と黒』(1923年1月-1924年6月) - 萩原恭次郎、壺井繁治、岡本潤、川崎長太郎、林政雄、小野十三郎など 4. 高橋新吉 - 1923年詩集「ダダイスト新吉の詩」(中央美術社)ほか。 5. MAVO(1923年7月-1925年) - 村山知義、柳瀬正夢、尾形亀之助、大浦周蔵、門脇晋郎の五名が代表メンバー。高見沢路直(田河水泡)ものちに参加。 6. 『ゲエ・ギムギガム・プルルル・ギムゲム』(1924年6月-1926年1月) - 編集人は玉村善之助、橋本健吉、野川隆。北園克衛、稲垣足穂、村山知義らも寄稿した。 7. 中原中也- 高橋新吉に影響を受け、「ノート1924」に、46篇のダダ的な作品を記す。 8. 陀田勘助- 栃木県生まれ。本名、山本忠平。1922年、村松正俊と詩誌「ELEUTHERIA」、翌年から一年間は「鎖」、さらにその後継誌「無産詩人」を発刊した。1925年、アナーキズム系の詩誌「黒畑」を編集、労働運動に加わり1928年から共産党員となる。翌年検挙され獄中から書簡に詩を書き続けたが、原因不明の獄死を遂げた。1963年、渋谷定輔編『陀田勘助詩集』(国文社...

    ルイ・アラゴン(Louis Aragon; 1897年-1982年)
    ジャン・アルプ(ハンス・アルプ)(Hans Arp, Jean Arp; 1887年-1966年)
    ポール・エリュアール(Paul Eluard; 1895年-1952年)
  3. ROOKIES - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ROOKIES
    • あらすじ
    • 登場人物
    • その他
    • テレビドラマ
    • 映画『Rookies -卒業-』
    • 外部リンク

    二子玉川学園高校(通称ニコガク)へ赴任してきた新人教師・川藤幸一(かわとうこういち)。ニコガクの野球部は、かつては春のセンバツ甲子園出場まで果たしていた伝統ある部であったが、部員の起こした不祥事により活動停止に追い込まれ、現在では不良の溜まり場と化し、部員達は自暴自棄になっていた。そんな部員達の心の奥底に残る情熱を見抜いた川藤は野球の「や」の字も知らなかったが、自ら顧問となって野球部の再建に乗り出す。初めは川藤を馬鹿にしていた不良部員達も、次第に彼の親身になって自分達と向き合おうとする態度に心を動かされ、様々な試練や逆境に見舞われながらも一致団結して夢の甲子園を目指し奮闘していく。

    用賀第一高校

    新生ニコガク野球部の最初の対戦相手。推薦入学で獲得した部員を多く抱える強豪校。スポーツショップに行っていた桧山らと偶然出くわし、因縁をつけられる。特に若菜のことを恐れている。ニコガクとの練習試合には全員1年生部員で臨み、勝利。しかし地区予選で再戦した時には、成長したニコガクナインに完敗した。 国松(くにまつ) 1. 副顧問。水原の替わりにニコガクとの練習試合では指揮をとった。関西弁が特徴で、自軍のミスには容赦なく罵詈雑言を浴びせる、横暴で器の小さい男。試合中に負傷した角を交代させなかった上に罵倒、さらにはニコガク野球部をも嘲笑したために川藤に殴られてしまう。その態度に不快感を覚えた審判にも、「選手の健康管理をおろそかにしているあなたがスポーツマンシップを語れますか?」と問われ、挙句の果てには殴られたことを無かったことにされた。試合後、大した怪我でもないのに首にコルセットを巻き、鞭打ちになったと騒ぎ立て、ニコガクに乗り込むなど、かなり陰険で執念深い。次の年の地区予選で復讐をしようとするも、成長したニコガクの前に6回コールド負けをし、その目論みはあっけなく打ち砕かれた。川藤を「ヤクザ...

    目黒川高校野球部

    ニコガクから近い場所にある私立高校。野球の名門で、グラウンドには甲子園と同じ土を使用している。江夏や河埜を始め中学時代から主砲級の打撃を誇る選手やエース級など名の通った優秀な選手が揃っているが、自己中心的な上に野球を舐めている者ばかりなので仲間割れすることも多い。その有り様は以前のニコガク野球部そのものであり、再始動した彼らから「過去の自分たちと決別するために勝たなければならない相手」と認識されていた。しかし、ニコガクとの練習試合で態度の悪さを川藤に叱咤され、さらに逆転負けを喫したことでチームプレイの大切さを思い出し、地区予選で再びニコガクの前に立ちはだかる。劇場版では夏の地区予選準々決勝(ニコガク部員が読んでいる新聞に、笹崎4強と記されている)で笹崎高校と対戦するも、エース川上に4安打完封され敗れた事が示唆されている。 沢村(さわむら) 1. 監督。キャリア40年以上あり、問題のある高校を渡り歩いては更生させ、例外なく強豪校にしており「名将」と呼ばれている。柔和な笑顔と「ほほ」の笑い声が特徴。 (1)江夏 卓(えなつ すぐる) 1. 右投右打 2. リーダー的存在でピッチャー。...

    笹崎高校

    70年代には春・夏4期連続で甲子園出場を果たすなど、王者笹崎と呼ばれた野球の強豪校。その後、常に一回戦負けという暗黒の時代を経験し、凋落の代名詞となっていた。劇中、川上が春の甲子園でノーヒットノーランを達成し優勝。劇場版では、夏の地区予選決勝で二子玉川と対戦した。 千葉(ちば) 1. 監督。かつては選手としても甲子園に出場しており、夏の甲子園では準決勝でノーヒットノーランを達成した。監督になってからは厳しい管理野球を徹底し、凋落していた母校を復活させた。 2. 現役時の自らの経験から、私情を試合に持ち込むことを絶対に許さず、勝利至上主義の非情な采配を振るう。川上に目をかけており、天狗になっていた彼に周囲と協調することの大切さを教えるためだけにその大会で引退する3年生の承諾も得ないで、メッタ打ちにされた川上を続投させ、1度の甲子園出場の機会を丸々犠牲にした。しかし、その心の奥には熱い情熱を秘めており、川藤の説得で勝利のみに固執する考えを改める。 川上 貞治(かわかみ さだはる) 1. 左投左打・背番号1・180cm・74kg 2. エース。大きな耳が特徴。中学校時代に安仁屋の松阪中...

    作者が体調を崩したこともあり、駆け込みで終わらせたと言うのが実情である、そのため、消化されなかった伏線もいくつかある、 舞台となっている「二子玉川学園高校」のモデルは、東京都立玉川高等学校と東京都立神代高等学校と栗東市立栗東中学校。栗東中学は森田本人の母校でもあり、川藤の熱血教師としてのモデルの恩師に教えてもらっていた高校でもある。本作品には川上の出身中学校として、また、ニコガクとの練習試合で「栗東高校」として学校名が登場している。[要出典] 登場する高校生の髪型や制服の着こなしなどは当時発行されていた高校生向け雑誌『東京ストリートニュース』に登場していた現役高校生モデルたちを手本に描かれている。また、弓削智久の実際の部屋が雑誌に紹介された際に、それを見た森田が安仁屋の部屋としてそっくりそのまま描き漫画に掲載した。雑誌の企画で弓削本人が真相を確認しに行ったところ、森田自身も弓削の部屋を描いたことを認めた。これがきっかけで弓削は第5巻で安仁屋の中学時代の友人「ユゲっち」として漫画に登場している。弓削のほかにも「オガ」と「サトぴょん」という人物が登場するが、こちらは妻夫木聡のことではなく、実在する他の高校生モデルである。 ニコガク部員達が時折「パキ野郎」、「パキパキ」などという言葉を使っているが、部内のみのスラングのようなもので、ヤンキー用語や方言などではない。意味としては、「馬鹿」や「弱い」などの代わりに使われる。「パキってんじゃねーよ」というように「弱気」という意味でも使われている。また「パキパキ」という言葉も、もともとは『東京ストリートニュース』内で当時の高校生モデルたちが雑誌の中で使っていた言葉である。 舞台は高校野球であるが、所々に作者がプロ野球に影響されたと思われる場面がある。 1. 必ず監督が選手交代を球審に告げる。 2. 甲子園で選手がグラウンド上に唾を吐くが審判は注意しない。 3. 選手のその試合における初打席や、選手交代の際にも背番号が場内アナウンスにより告知される(実際の高校野球東京都大会では背番号告知が行なわれている)。 4. 降板した投手がすぐにベンチ裏に行く。 5. 捕手が、ホームベースの全てを隠すようにブロックをする。 6. 球審のストライク判定時のアクション。 この作品の大ファンであるプロ野球選手も多く、三浦大輔や稲葉篤紀などが公言...

    TBS[注 23]系列で2008年4月19日から7月26日まで毎週土曜日19:56 - 20:54(JST)に放送された日本のテレビドラマ[注 24]。主演は連続ドラマ初主演の佐藤隆太。 ハイビジョン制作でステレオ放送。 同局における土曜20時台の連続ドラマは、1969年7月から9月に放送された『結婚戦争ここ一番!』以来38年6ヶ月ぶりとなる。またそれ以前は長期に渡りバラエティ枠であったため、本作品が『TBS土曜8時枠の連続ドラマ(通称「土8<どはち>」)第1弾』と位置づけられている。 初回および最終回は19:00 - 20:54の2時間スペシャルとして放送された[注 25]ほか、同年10月4日には18:30 - 20:54の2時間半のスペシャル版が放送された[注 25]。 また、2009年になり、地上波放送局KIKU-TVを通じアメリカ・ハワイ州で(英語字幕付)、さらにその後、NHK国際放送テレビジャパンを通じアメリカ・カナダ・プエルトリコ(日本語のみ)で放送された。

    『ROOKIES -卒業-』のタイトルで2009年5月30日、東宝系劇場で公開。キャッチコピーは「夢が、俺たちを強くした。」。テレビドラマ版と同一のキャスティング・スタッフによる製作で、監督はドラマ版では演出を担当した平川雄一朗。ストーリーはドラマ版の続編的な位置づけとされ、ドラマ版では登場しなかった笹崎戦などを織り込んだオリジナルの内容で構成される。またドラマ版では登場しなかった赤星・濱中も登場する。 日本全国428スクリーンで公開され、土日2日間で98万7,387人を動員。2009年公開映画で一番の週末記録を出し、最終興行収入85.5億円を記録した。これは同年に公開された邦画・洋画全作品中で興行収入1位である。また、実写邦画歴代興行収入第8位(2019年現在)ともなっている。『少年ジャンプ』原作映画作品としても2020年に『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に抜かれるまで1位の座についていた(実写作品に限れば現在も引き続き1位)。

  4. 両生類 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/両生類
    • 概論
    • 外部形態
    • 生理
    • 生活史
    • 絶滅の危惧
    • 分類
    • 系統関係
    • 関連項目
    • 外部リンク

    両生類は、古生代の石炭紀頃以降、多くの化石種が知られている。しかしながら、現生の(現在でも生息している)ものは、長い尾を持ち、短い四肢のある有尾目(サンショウウオなど)、尾がなく体幹が短くまとまって四肢の発達した無尾目(カエル類)、それに四肢を失い、細長い体の無足目(アシナシイモリ類)の3群のみである。両生類は、約3億6000万年前に陸上においての生活も始めたと考えられており、これが脊椎動物の中では初めて陸上生活が可能となった事例だと考えられている。ただ陸上生活が可能とは言っても、その身体の構造、生活史、生理、生殖などにおいて、陸上生活への適応を示しながらも不充分であり、水辺への依存度が強いという特徴を持っている。特に幼生は、一般に水中生活をしているなど、基本的に水中環境が欠かせない。 現生の種は、ほぼ全てが淡水域を生活の場としている。原始的な形では卵を水中で産卵し、幼生は四肢を持たない形で生まれ、鰓呼吸で水中生活を行う。その後変態を経て肺呼吸で陸上生活の出来る成体になる。ただし、多くの例外があり、その生活は多様である。基本的に皮膚呼吸に頼る面が多いことから乾燥に弱いため、水辺などの湿った環境が生息域の中心であり、陸上で活動可能な体を持ちながら、生活や繁殖を水に依存した生涯を送ることからこの名がある[注釈 1]。「両生」類の名は、水中生活と陸上生活の両方が可能という意味ではなく、両方の環境が必要な動物であるという意味である(これが近年の両生類の減少に繋がっているとの指摘もある)。 本来、欧名を漢訳した両棲類、両棲綱であったが、「棲」の字が常用漢字に含まれないため、現在は多くの場合「両生類」「両生綱」と書かれる。 20世紀後半から、世界的に両生類の減少が著しく、多くの両生類が絶滅しつつある。カエルツボカビ症をはじめとする感染症や吸虫の被害のほか、粘膜に覆われた脆弱な皮膚が、環境変化への対応を困難にし、個体数の減少をもたらす原因になっていると考えられている。一説に因ればこのままのペースで減少が続くと、100年以内に全ての両生類が絶滅するとも言われている。

    成体は原則的には指のある四肢を持つ。ただし様々な程度にそれを退化させたものもある。無足目は完全に四肢を失っているが、化石種では四肢を持つものが知られている。有尾目のサイレン科は前肢しか持たない。 現存種は前脚には親指がないため前肢の指は基本的に4本で、後肢の趾は5本である。有尾目では後肢の指が4本であったり、前後肢とも3本以下であったり、アンフューマ科のように指趾が1本から3本という種類もある。 両生類の皮膚は分泌腺や毒腺が多くなめらかである。爬虫類のように、体表の多くの場所を覆うような鱗は持っておらず、また、体表のほとんど(場合によっては体表の全て)は角質化していない。これは皮膚が呼吸器としての役割(皮膚呼吸)が多くの割合を占めているからであるが、それゆえ乾燥に弱いという弱点にもなっている。なお、アシナシイモリの体のしわの間に小さな鱗がある。また、化石種には鱗をもったものもある。

    変温動物であり、体温は周囲の気温とともに変化する。温帯から寒冷地に住む種は冬眠を行う。
    心臓は、2心房1心室より構成されるが無尾類と有尾類では若干構造が違い、心房中隔が無尾類では完全だが有尾類では隙間があるという違いがある[注釈 2]。 肺循環と体循環の区別があるが、心室中隔がないので動脈血と静脈血が心室で混じり合って体全体および呼吸器の双方に送られる。ただし大動脈と肺皮動脈(哺乳類で言う肺動脈)の付け根に「らせん弁」というものがあり、心室の収縮時に入ったときの位置関係から動脈...
    生息域は一般に、川、沼、湖などの淡水およびその周辺であることから、海水魚からではなく、淡水魚から派生して誕生した動物群であると考えられている。実際に、両生類の体は塩分に対する耐性が低く、海産の種も確認されていない。(汽水域に生息する種はいる:カニクイガエル)ただし化石種には海に住むものも存在した。
    現生種・化石種を含め、完全な植物食の種は知られていない。

    卵から直接発生するカエルや幼体を産む卵胎生、ある程度成長した幼体を産むサラマンダーなど繁殖形態は様々である。産卵場所は多種多様で、池や川などの水中から伏流水中、地上、地中、地底湖や樹上で産卵し、卵は殻を持たない。また、幼生は基本的にはえら呼吸で水中で生活し、変態して陸上に上がることができるようになる。カエルは基本的に成体は肺呼吸をし、四本の足を持ち、ほとんどの種では陸上での活動が可能である。一部水棲でほとんどを皮膚呼吸に頼り、空気呼吸せずに生活する種もいる。有尾類の一部では生涯えらが無くならないものや、肺を退化させたものもある。また無足類は四肢が退化し全く無く、水棲アシナシイモリはえらは無いが、陸上生活は出来ない。他のアシナシイモリも地中性で陸上生活ではない。 1. 卵生のものが多く、基本的には水中に産卵する。産卵時に、水中で体外受精を行う無尾目やサンショウウオ上科など一部の有尾目と、多くの有尾目のように精包を受け渡す形で、体内受精するものと、無足目のように外部生殖器を持ち交尾するものがある。有尾目と無足目では卵胎生の種も多い。 2. 卵は殻を持たず、ゼラチン質で包まれ、水中に生み付けられる。しかし、ヤドクガエル科やプレソドン科など陸上で産卵する種類も珍しくはない。有尾目と無足目には幼生や変態の終わった幼体を直接産む種類もいる。 3. 成長過程で、変態を行い大きく形が変わるものが多く、特に無尾類の幼体は親とは別にオタマジャクシと言う。幼体は四肢が無く尾鰭があるなど魚類に似ているが、無尾類の幼体はかなりずんぐりしており、有尾類の場合は発達した外鰓を持つ(無尾類は孵化直後にはあるがすぐに隠れる)など、一般の魚類[注釈 5]とは異なる所も多い。 4. 成体は基本的に四肢が生え(無足類やサイレン科は例外)、陸上生活を営めるものも多いが四肢があっても生涯を水中で生息する種類もいる。 5. 呼吸に関しては全種、幼体・成体を問わず皮膚呼吸が発達しており、特に有尾類では皮膚呼吸の割合が大きい(ハコネサンショウウオやアメリカサンショウウオ科の成体では皮膚や口内粘膜による呼吸がほぼ100%になる)。 また、前述の肺が退化した種類を除くと原則的には幼体が鰓呼吸・成体が肺呼吸とされているが、アフリカツメガエルなど幼体の時点で肺が発達し、逆に真の鰓がない[注釈 6]というものもいるほか...

    カエルツボカビ症による両生類の絶滅が危惧されている。致死率は90%にも上る。 飼育上の注意点として、麻布大学の宇根有美准教授(獣医病理学)は、「飼っている両生類に異変があれば、すぐに獣医師などに相談してほしい。水の管理が最も重要で、水槽の水を排水溝や野外に流さないでほしい」としている。

    下位分類体系の一例を以下に示す。 1. 迷歯亜綱 †Labyrinthodontia - 絶滅した分類群 1.1. イクチオステガ目 †Ichthyostegalia 1.2. 分椎目 †Temnospondyli 1.3. 炭竜目 †Anthracosauria 2. 空椎亜綱 †Lepospondyli - 絶滅した分類群 2.1. 欠脚目 †Aïstopoda 2.2. ネクトリド目 †Nectridea 2.3. 細竜目 †Microsauria 2.4. リソロフィス目 †Lysorophia 3. 平滑両生亜綱 Lissamphibia - 現生の両生類 3.1. 無尾目 Anura - カエルのなかま 3.2. 有尾目 Caudata / Urodela - サンショウウオやイモリなどのなかま 3.3. 無足目(アシナシイモリ目) Gymnophiona

    四肢動物はデボン紀後期の約3億6000万年前に肉鰭綱から進化した。ハイギョ類とシーラカンス類のどちらに近いかは未だ決着がついていない。デボン紀後期になり、両生類が初めて陸上に適応した脊椎動物として現れた。 最初期の四肢動物であるアカントステガやイクチオステガは曲がりくねった大河川に住んでいたと思われるが、やや時代が下ったチュレルペトンのように海生と思われる種もいた。この時期の四肢動物は、まだ少なくとも一部は鱗に覆われた魚類のような皮膚と、6本以上の指を持つ水を掻くのに適した四肢を持つ、ほとんどを水中ですごす動物であったらしい。 石炭紀になるとペデルペスのように陸上生活に適応した四肢を獲得し、二次的に水中に戻った種も含め多様な種が生まれた。石炭紀後期にはすでに有羊膜類が枝分かれして行き、これら迷歯亜綱に分類される動物たちは徐々に水中生活にウエイトを戻していく。これら古いタイプの両生類は、中生代になっても三畳紀には世界中の淡水系に数mにも及ぶ巨大な種が繁栄していたが、三畳紀末の大絶滅以降急激に衰えて、一部地域に遺存種を残すのみとなり、白亜紀前期に絶滅した。 現生両生類である平滑両生亜綱に属する無尾目・有尾目・無足目の起源と関係は未だはっきりとわからないが、すでに約2億9000万年前のペルム紀前期に無尾目・有尾目・迷歯亜綱分椎目の特徴をモザイク状に有するゲロバトラクスが存在した。 三畳紀のマダガスカルには現生のカエルにある程度近い姿のトリアドバトラクスが生息し、ジュラ紀になると今と外見上は変わらないカエルが世界中に分布を広げていた。 有尾目はジュラ紀中期にはキルギスタンから Kokartus、イギリスからネオテニー的な水生種 Marmorerpeton の化石が発見されている。これらはもっと後の種の解剖学的特徴のいくつかを持たなかったが、ジュラ紀後期には現在のトラフサンショウウオに似たカラウルスやオオサンショウウオ科のチュネルペトンが生息していた。 無足目はジュラ紀初期のまだ四肢が残っているエオカエキリアの化石が見つかっている。また三畳紀の分椎目キンレステゴピスはエオカエキリアといくつかの特徴を共有しており、類縁関係があるのではないかという説がある。現在の両生類は基本的に淡水域を生活の場としているのにもかかわらず地球上の陸地に広く分布していることなどから、遅くともパ...

    Dr. GRUMMAN's HERPETARIUM(有尾類) - ウェイバックマシン(2001年11月23日アーカイブ分)
  5. 三都 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/三都
    • 概要
    • 三都の交流
    • 都市文化
    • 広瀬旭荘による三都比較
    • 人口
    • 近代の三都
    • 参考文献

    近世においては、江戸幕府が大名に対し一国一城令を発し、諸大名が武士を城下町に集住させたことで全国規模で都市化が進展し、各地に消費都市が生まれた。これは、各都市の内部において在地の商工業を発展させた一方、西廻り航路・東廻り航路や五街道をはじめとする国内航路・主要道の整備は日本の国内市場(一国市場)の形成を促し、遠隔地商業を発展させ、港湾や宿場に営まれた諸都市(港町・宿場町)も発展した。さらに平和が継続したことで、全国規模の文化交流や観光もさかんとなり、大都市を生む条件がここに生まれたのである。 のちに「三都」と並び称される江戸・大坂・京の三都市は、江戸時代はじめには三ヶ津(さんがつ)と呼ばれた。「津」とは港湾を意味しており、このうち京は内陸部に位置するものの、琵琶湖や巨椋池、淀川等を通じて摂津国はじめとする西日本一帯、近江国さらには東海地方や北陸地方と結ばれる一大物流拠点であった。 都市を構成する「町」は、道路の両側に間口が狭く奥行きの長い屋敷が立ち並んで向き合う形状の両側町が一般的であった。町の出入り口には木戸が設けられ、夜間は閉鎖された。町もまた、近世村と同様、諸役負担の単位であると同時に、道路や橋梁の修理、防火、衛生機能などを共同でおこなう自治組織であった。町では町法(町掟・町式目)を定め、町役人が置かれ、町人の寄合の場として町会所を設けていた。

    陸上交通

    江戸幕府によって三都を中心に、各地の城下町をつなぐ全国的な街道の網の目が完成した。とくに、三都をむすぶ東海道をはじめとする五街道は江戸の日本橋を起点とする幹線道路として幕府の直接管理下におかれ、17世紀半ば以降は道中奉行によって管理された。近世中期になると、陸上交通は参勤交代や幕府・大名の物資のみならず、商人の荷物がいっそう活発に運送された。飛脚などによる通信制度も整備された[注釈 3]。このような陸上交通には、徒歩、駕籠、牛馬、大八車などが用いられ、中部日本には牛馬による長距離運送をおこなう中馬が発達したものの、馬車の発達はみられなかった。

    海上交通

    大量の物資を安価に運ぶには陸路よりも河川、湖沼、海洋の水上交通が適していた。 海上交通では、大坂-江戸間の南海路には、すでに17世紀はじめに、大型の帆船を用いて木綿・油・酒・醤油など多様な日常消費物資を江戸に運ぶ菱垣廻船が就航し、ついで18世紀前半には西宮・灘の酒をおもに運ぶ樽廻船が就航した。江戸は武士の人口が多く、酒の需要が多かったのである。樽廻船は荷役が速く、酒以外の商品を上積み荷物として安価で運送し、菱垣廻船とのあいだで争いを繰り返した。これらは定期的に運航され、大坂から木綿・油・酒などの下り荷を大量に江戸へ運んだ。その後、菱垣廻船は衰退し、江戸時代後期になると樽廻船が圧倒的な優位に立った。 いっぽう、17世紀後半には、江戸の商人河村瑞賢によって出羽国酒田を起点として江戸に至る東廻り海運と北陸地方や山陰・瀬戸内地方を経由して大坂に至る西廻り海運が整備された。西廻り航路では、18世紀末以降、日本海で北前船が遠隔地輸送を担うようになり、昆布やニシンは上方にも運ばれた。

    経済・金融

    全国に通用する貨幣を安定して供給することは、江戸幕府の重要な役割であった。同一規格・同一品質の金銀貨幣は家康の慶長金銀が日本初といわれ、金座は江戸と京都に置かれ、銀座は当初伏見と駿府におかれたが、のちに京都・江戸にうつされた。銭座は江戸の芝と近江国坂本におかれ、のちに10箇所前後に増設された。金・銀・銭のこれら三貨は全国に広くいきわたり、江戸期の商品流通の飛躍的な発展をささえた。 貨幣は、三都や各城下町の両替商によって流通が促進された。両替商は三貨間の両替や秤量を生業とした。大坂や江戸の本両替と称される有力な両替商は、幕府や諸藩の公金の出納や為替・貸付業務をおこない、その財政をささえた。とくに江戸の三井、大坂の鴻池・天王寺屋が著名である。 全国市場が確立し、海運が活発になると、江戸の十組問屋や大坂の二十四組問屋のように、江戸・大坂間の荷物運送の安全、海損の共同保障、流通の独占をめざして、多様な職種からなる問屋仲間の連合組織がつくられた(株仲間)。 江戸・大坂の大消費地には、商人が仕入れた商品(納屋物)や諸藩が農民から徴収した年貢米・特産物(蔵物)が大量に集まり、大坂では堂島の米市...

    三都は、他の日本の諸都市にくらべ隔絶した都市人口を有し、いずれも幕府直轄の都市であったため、武家の人口も多かった。農村にくらべて庶民の負担が軽いこともあり、周辺から人口が流れ込み、いずれも盛り場を有し、祭礼もまたさかんであった。近世の三都にあっては花木の鑑賞・作庭、芝居や浄瑠璃見物、遊廓、寄席、相撲、貸本、錦絵、花火など都市的な文化や生活様式が開花したのである。

    江戸時代後期の儒学者で江戸や大坂に住んだこともある広瀬旭荘(淡窓の弟)は、『九桂草堂随筆』という随筆の中で三都について述べていくつか事例を挙げながら三都の比較を試みている。以下はその概要である。 1. 京(京都) 1.1. 京都の人は矜気が多い。彼らは「江戸大坂といえども皆田舎である、すむに都に如くはなし(及ぶものはない)」と考えている。 1.2. だが、京都を見なければ我国(日本)が「百王一統(万世一系)」で万国(他国)よりも尊いことを理解できないであろう。 2. 大坂 2.1. 大坂の人は殺気が多い。彼らは「公卿は官禄は高くても貧しく、我輩の賈に手を下くる(へつらう)。」などと挙げている。 2.2. だが、大坂を見なければ我邦(日本)が「産物多く、船楫便利」で万国(他国)よりも富みたることを理解できないであろう。 3. 江戸 3.1. 江戸の人は客気が多い。彼らは「諸侯でさえも貧しい(財政難で多額の負債を抱えた)時節である。貧しいは愧ることではなく、実を置いても立身する(名声を得る)ほうがいい」と考えている。 3.2. だが、江戸を見なければ我邦(日本)の「人口衆く(多く)、諸侯輻湊(集中)」して万国(他国)よりも繁華なることを理解できないであろう。 と、述べて三都それぞれに異なるものの、日本の誇るべき都市であると結論付けている。

    平安遷都以来室町時代まで京都は時期によって変動はあるものの、多い時で約20万人、少ない時で約4万人の間で推移したと推定されている。安土桃山時代に入り大坂が発達し、京都も長らく分離していた上京と下京の宅地が繋がって30万人規模に成長したと考えられる。江戸時代に入ってすぐの1609年に日本へ漂流したロドリゴ・デ・ビベロは、京都の人口を30~40万人、大坂の人口を20万人、江戸の人口を15万人と伝えている。江戸時代の三都の人口については時期によって変動はあるものの、多い時で江戸は100万人以上、京都、大坂は40万人の人口を有していたと推測されている。江戸時代を通じて三都以外では、名古屋と金沢が最盛期で10万人規模、長崎や堺、広島、和歌山、鹿児島、仙台が最盛期で6万人以上で、他の有力諸侯の城下町はいずれも5万人前後かそれ以下であった。幕藩体制維持のため各藩の拠点は一箇所の城下町に固定化され、更に領外への経済圏の自由な拡大が制約されたため、全国的な拠点とされた三都との間に格差が生じたと考えられる。 江戸時代後半は宗門人別改帳を通じて町方・寺社方・郷方の人口が集計されているものの、武家人口が記録としてほとんど残っていないため、三都の正確な人口は不明である。

    三都は、明治以後も三府が設置され、市制成立後も暫くは特例が敷かれるなど、長きにわたって重要視されていくこととなった。 1878年(明治11年)、「人民輻輳ノ地」すなわち人口が多い都市に対し、郡区町村編制法によって1都市あたり1つの区が存置されたが、江戸の後身たる東京、および京都・大阪には複数の区が置かれるという大都市制度が導入された。1889年(明治22年)4月1日の市制施行に際しては、一般の区が区を廃止して市となる一方、東京・大阪・京都は区を存置したまま市制を施行するという三市特例が実施された。当時、一般の市には市会推薦市長が置かれたのに対し、三市では市長を置かず、内務省が任命した府知事がその任にあたっていた。それゆえ、かつての三都は一般市に比較して官治的であり、自治権が制限されており、自治権拡大を要求する「特例撤廃運動」が起こっている。この運動によって特例が1898年(明治31年)に廃止されたが、他市と比べて隔絶した人口を有する東京市ではさらに、東京府からの独立を要求する特別市運動へと発展し、明治末年にはこの動きに大阪市も加わっている[注釈 4]。 大正デモクラシー期に入ると、かつての三都に加え、人口規模でこれらの都市に匹敵する名古屋市、また当時の港湾都市である神戸市と横浜市の6都市が互いに協力して「特別市運動」を展開するようになった。1922年(大正11年)、この運動がようやく実をむすび、「六大都市行政監督ニ関スル法律」が定められて六大都市は特別市として扱われるようになった。なお、1943年(昭和18年)7月1日には東京に東京都制が布かれる一方、のこる五大都市については「五大都市行政監督特例」が施行された。

    賀川隆行『崩れゆく鎖国』集英社〈集英社版日本の歴史14〉、1992年7月。ISBN 4-09-461009-X。
    林玲子・大石慎三郎『流通列島の誕生』講談社〈講談社現代新書〉、1995年11月。ISBN 4-06-149261-6。
    深谷克己『士農工商の世』小学館〈小学館ライブラリー/大系日本の歴史9〉、1993年4月。ISBN 4-09-461009-X。* 幸田成友編、『大阪市史』第一巻、大阪市参事会、1911年。
    柚木重三、堀江保蔵「本邦人口表」、『経済史研究』、7号、188頁–210頁、1930年。
  6. ソフトテニス - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ソフトテニス
    • 特徴
    • 発生と歴史
    • ソフトテニスの国際普及活動と国際大会の変遷
    • 日本での現況
    • ルール
    • 用具/施設
    • ソフトテニス用語
    • 審判用語
    • 主な大会
    • 関連項目

    ソフトテニスは、硬式テニスと同サイズのコートを使用し、似た形状の道具を用いるが、ほぼダブルス中心の競技として発展してきたのがラケットスポーツとしては特異な点である。ダブルス中心での発展の過程でポジションの専門性が高くなったが、近年、オールラウンドプレーがおもに海外から流入し、多様化が進んでいる。

    ローンテニスがイギリスで発生したのは1874年(明治7年)であり日本への伝播は早くて1878年(明治11年)といわれるが諸説が存在する。表孟宏編による『テニスの源流を求めて』には数々の説が紹介されているが、どれが事実なのかは特定できていない。なかでは明治政府の招きで来日したリーランド博士がアメリカから用具をとりいれて、赴任校である体操伝習所(1879年創設)で教えたという説が一般に広く知られている。がこれとてそれを決定づける確たる証拠はないとされる(前書参照)。ただ遅くとも体操伝習所が廃校になる1886年頃にはゴムボールをつかったテニスが普及しつつあった。これはローンテニスのボールの国産が難しく、また輸入品も高価であったために、比較的安価であったゴムボールを代用した、と伝えられる。 1885年に下村秦大編『西洋戸外遊戯法』、坪井玄道・田中盛業編集による『戸外遊戯法』という本が出版されているが、これらが日本語によるテニスのルールの最初のものとされる。 1986年に体操伝習所は廃校となったが東京高等師範学校(東京高師、後の東京教育大 現筑波大)に体育専科がおかれ、リーランドの帰国後、体操伝習所において彼の後任主任教員であった坪井玄道が教師に赴任、テニスの指導をおこなう一方で、三田土ゴム(のちのアカエム)にゴムボール製造を委嘱して、普及に尽力した。 三田土ゴムは1890年(明治23年)に製造を開始。日本国産球が完成したのが1900年。1908年には特許を取得している。 東京高師の卒業生は1887年頃から全国に教員として赴任していくが、ボールの国産化はそれと同時に進行していき、ゴムボールをつかったテニスは全国に普及していくこととなった。 1898年(明治31年)、東京高師と東京高等商業学校(東京高商 現一橋大)の間で対抗試合が行われる。これが日本で最初の対抗戦といわれる。以後、両校は毎年対抗戦を行っている。 1902年(明治35年)に東京高師は関西に遠征、さらに高師主導で東京の大学12校による連合庭球大会を開催。いわゆる大会事始めである。この大会は以後、毎年、開催。 1904年(明治37年)、東京高師、東京高商、早稲田、慶応の4校の代表が集まりルールを制定。まだまだ不備な点が多々あったものの、これが日本人が制定したテニスルールの最初のものとされる。これ以前は翻訳ルール...

    1955年に日本・韓国・台湾の3か国によって「アジア軟式庭球連盟」が設立。同連盟により1956年-1973年に3か国対抗によるアジア選手権を開催。
    ハワイ軟式庭球連盟が設立の前後、台湾(中華民国網球協会)の尽力により香港軟式網球協会が発足。ブラジル、ベネズエラでも軟式庭球協会が設立。

    1970年代『軟式テニスは中、高校ではもっとも人気のあるスポーツである』とされていた。現在は、日本において約60万人の競技人口(登録者)が存在する。また日本ソフトテニス連盟は約700万人の愛好者がいると概算している。しかしながら、一般的にも愛好者の意識のなかでもマイナー感が極めて強いのもまた事実である。原因としては、オリンピック種目ではないこと、長らく日本国内にプロ選手が存在しなかったこと、学校体育(中学、高校)が中心であると認識されていること、1980年代から急速に日本においても大衆化したテニス(硬式テニス、ローンテニス)の影響が考えられる。

    ダブルスとシングルスがある。ダブルスが主流である。 1. 試合に先立ってトスを行う。 2. サーバーはコートより外側、センターマークとサイドラインの仮想延長線の間から、ネットより向こう側、相手コートの対角線上のサービスエリアでバウンドするようにボールを打つ。レシーバーはサーブされたボールが2回バウンドする前に相手コートに打ち返し、お互いにラリーを続ける。次のようなときに相手に1点が入る。 2.1. サーブを二回連続でフォルト(ミス)したとき(ダブルフォルト) 2.2. サーブされたボールがバウンドする前にレシーバーが触れたとき(ダイレクト、レシーバー側の失点) 2.3. 相手の打ったボールが自分のコートで連続2回バウンドしたとき(ツーバウンズ) 2.4. 自分の打ったボールの1回目のバウンドが、相手のコート外だったとき(アウト) 2.5. 自分の打ったボールの1回目のバウンドが、自分のコート内だったとき 2.6. ラケット以外の部位がボールに触れたとき(ボディータッチ) 2.7. 打ったボールがアンパイヤーに命中したとき 2.8. 相手コート内でボールに触れたとき(ネットオーバー) 2.9. ラケットが手から離れてボールに当たったとき(インターフェア) 2.10. ボールがネットにかかったとき(ネットの裂目や隙間をすり抜けた場合(スルー) 2.11. プレー中に体かラケットがネットに触れたとき(ネットタッチ)(プレーヤーが身に着けていたものが地面に落ちる前に触れた場合も含む) 2.12. プレー中に体かラケットが審判台、アンパイヤーに触れたとき(タッチ) 2.13. ボールがラケットのフレームに当たったとき(チップ) 3. 得点は、ゼロ、ワン、ツー…と数える。先に4点を取った方が1ゲームを取得する。ただし、ポイントが3-3になるとデュースとなり、その場合にゲームを得るには、相手に2点差をつける必要がある。デュースの後の数え方は、サーブ側がポイントを取るとアドバンテージ・サーバー、レシーブ側がポイントを取るとアドバンテージ・レシーバーとなる。カウントコールはサーバー側が先となる。2-2等両者の得点が同じ場合は、3-3以前までは「○○オール」と言う数え方をする。3-3以降は前記の通り。但し2回目のデュースでは「デュース アゲン」と言うコールをする。 4. 総ゲーム...

    日本国内で日本ソフトテニス連盟主催の大会(あるいはそれに準ずる大会)に出場するには基本的に日本ソフトテニス連盟公認用具を使用しなければならない。(公認用具はラケット、ボール、ウエア(ユニフォーム)、ストリングス、シューズ)

    クロス

    1. コート対角線のこと。右対角線を正クロス(順クロス)、左対角線を逆クロスという。単にクロスという場合は正クロス(順クロス)を指すことがおおい。

    ミドル

    1. コートのセンターマークからセンターサービスラインにかけてのコースを指す。

    ストレート

    1. サイドラインの平行線となるコースを指す。いわゆるダウンザライン。

    レディ(ready)

    1. マッチ開始前の練習をやめさせ、プレーヤーを位置につかせるコール

    プレーボール(play ball)

    1. マッチ開始を告げるコール

    チェンジサイズ

    1. 奇数ゲームが終了した時、サイドを交代し、サービスを相手方と交代することを命ずるコール(競技規則第32条)

    国際

    1. 世界ソフトテニス選手権 2. アジアソフトテニス選手権 3. アジア競技大会

    国際(ユース)

    1. 世界ジュニアソフトテニス選手権 2. アジア大学ソフトテニス選手権 3. アジアジュニアソフトテニス選手権 4. 東アジアユースゲームズ(East Asian Youth Games)

    日本国内

    1. 全日本ソフトテニス選手権大会 2. 全日本シングルスソフトテニス選手権 3. 全日本インドアソフトテニス選手権 4. 東日本ソフトテニス選手権 5. 西日本ソフトテニス選手権 6. JOCCUP 全日本ジュニア 1. 国民体育大会(国体) 2. 全国健康福祉祭ねんりんぴっく インドア 1. 全日本東京インドア 2. 全日本女子選抜 3. 全日本社会人学生対抗 社会人 1. 全日本実業団ソフトテニス選手権 2. ソフトテニス日本リーグ 3. 全日本社会人ソフトテニス選手権 4. 全日本シニアソフトテニス選手権 5. 全日本クラブ選手権 大学 1. 全日本学生ソフトテニス選手権(インカレ) 2. 全日本大学ソフトテニス王座決定戦 3. 全日本学生インドア大会 高校 1. 全国高等学校総合体育大会(インターハイ) 2. 全日本高等学校選抜ソフトテニス大会 3. アゼリアカップ国際大会 4. ハイスクールジャパンカップ 中学校 1. 都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会 2. 全国中学校ソフトテニス大会 小学生 1. 全国小学生ソフトテニス大会

  7. 日本の発明・発見の一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/日本の発明・発見の一覧

    日本の 発明 ・ 発見 の一覧 (にほんのはつめい・はっけんのいちらん)は、日本での発明や発見のリストである。. 日本人は多くの科学技術分野で貢献してきた。. 特に、日本は20世紀以降のデジタル革命において重要な役割を果たしており、日本人の発明家や起業家に ...

  8. 中京工業地帯 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/中京工業地帯

    概説について. 京浜工業地帯 、 阪神工業地帯 と比較した場合、 製造品出荷額 で見た規模は42兆1963億円にのぼり(工業統計表、2001年)、2位の 阪神工業地帯 を大きく離して 日本最大 である。. 従業者数をみても従業者数は100万6743人を有し(工業統計表、2001年 ...

  9. 宝塚歌劇団によって舞台化された作品の一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/宝塚歌劇団によって舞台化...

    宝塚歌劇団によって舞台化された作品には、宝塚歌劇団によって制作された作品の他にも、古典文学から現代映画まで多岐にわたる原作から脚色された作品が存在する。 本項目では、宝塚歌劇団の非オリジナル作品とその詳細について記述する。

  10. 比較広告 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/比較広告
    • 比較広告のパターン
    • アメリカ合衆国の比較広告
    • 日本の比較広告
    • 凡例
    • 脚注
    • 外部リンク
    直接的にデータや顧客の反応を利用して比較するモノ。
    ダブルミーニングやダジャレなどを利用したもの。
    対象を想起させる何かを利用したモノ。
    他社製品にはみられない特徴を前面に打ち出し、アピールするもの。

    ペプシチャレンジの一環で行われた、アメリカ合衆国の広告キャンペーンは、広告の歴史に残るものとなった。1975年からペプシコーラはアメリカ各地でブラインド・テストによる公開試飲調査を行い、ここでコカ・コーラよりも美味しいと回答した人が半数を超えたことを宣伝した。これは大きな話題を呼び、シェアを拡大することに成功した。ペプシコは結果の知れないチャレンジに挑んだのではなく、事前調査により得られた「一口目はコカ・コーラよりも甘いペプシを選ぶ傾向がある」ことを利用したものとされるが、具体的な調査について、ペプシコは明らかにしていない(後に、このブラインド・テストは、日本でも再現されることになる)。 公的なデータが示されたモノとしては、三菱・ギャランの衝突回避性能アピールがある。これは「併走するギャランとトヨタ・カムリの目の前に様々な障害物を投下し、衝突回避性能を試す」というもの。CMの流れとしては「前を走るトラックから投下される障害物を避けるにつれ両者の挙動は対照的(ギャランは終始安定しているが、カムリはだんだん不安定になっていく)になり、最後にクルマが投下されるとギャランは避けきって走り続けるがカムリは避けきれず止まってしまった。そしてその後『新型ギャラン、衝突回避性能でカムリを破る』と言うテロップが出る」というモノである。 また、ライバルの名は出さないがあからさまにわかってしまう、というケースもある。1990年に放送されたヒュンダイのCMでは2台の白いクルマが映し出されており、一方には「ヒュンダイ・ソナタ」と、もう一方には「対抗車種」と出ている。しかしながら、その「対抗車種」にはボカシなどがいっさい入っておらず、すぐに比較対象はトヨタ・カムリだとわかってしまう。内容としては各メディアのソナタに対する賞賛の声が次々と紹介(ここでも対抗車種の名前は出てこない)され、それにつれて「対抗車種」が緑になっていく(日本語で言うところの「青ざめた」状態)というものである。またこの型のソナタのCMには、「ホンダ・アコードはいいクルマだ・・・」と始めておきながら、次第にアコードが無数のソナタに取り囲まれてしまう(でもみんなアコードよりソナタを選んでいるぞ、と言う意味と思われる)・・・と言った内容のモノもある。 また、アメリカ合衆国大統領選挙で多く用いられ、相手陣営の急所を突くネガティ...

    1966年のトヨタ自動車・カローラの広告で「プラス100CCの余裕」というキャッチコピーが使われ、日産自動車・サニーに対する優位性を主張し、一方で日産も1970年の「サニー1200」の広告で「隣のクルマが小さく見えます」というキャッチコピーを使い、カローラに対する優位性を主張したように、他社との比較は昔から行われてはいた。しかし、日本に於いては、誹謗のおそれがあることや景品表示法の不当表示に抵触する恐れがあるため、具体的な相手名を名指しするような行為は忌避されていた。 1980年代に入り、外資系企業から自由な広告営業への圧力が強まると、1987年に公正取引委員会から俗に言う「比較広告ガイドライン」が発表された。このガイドラインで、景品表示法において比較広告は禁じられていないことが確認され、内容が客観的に実証されていることと、その事実を正確かつ適正に示すことが求められるようになり、これを受けて一部の業種で比較広告が行われるようになった。 ペプシコ・ジャパン(現・サントリー食品インターナショナル)が、「ペプシチャレンジ」と称した比較広告を展開した後、コカ・コーラとの比較広告でラップ歌手のM.C.ハマーなどを起用して、極めて欧米型の比較広告を展開した。さらにクレームが寄せられた後も、コカ・コーラのロゴに大袈裟なモザイクをかけて放送し続けるなど、視聴者に更なるインパクトを残すことに成功している。なお、同社は、CM放送終了後に視聴者アンケートを実施し、感想の回答者全員に無修正版のCMとアメリカ本国で放送している別の比較CM2本を収録したVHSビデオテープをプレゼントするという企画を実施した。 相手への攻撃と取られないように、客観的なデータの提示を行うものも多い。代表的な例が、後発電話会社(いわゆる新電電)の広告で、ある地域にかける固定電話料金について、NTTグループの料金と比較した優位性をアピールするものである。 日本では前記のペプシコ・ジャパンやアップルジャパン、バーガーキングなどのように主に外資系企業で比較広告を行っていることが多いが、日本企業でも比較広告を展開したことがある。 1990年、セガ・エンタープライゼス(家庭用ビデオゲーム事業部。現・セガゲームス)が携帯型ゲーム機のゲームギアを発売した際、前年の1989年に発売して大ヒットしていた、任天堂のゲームボーイに...

    サムスン電子・Galaxy S5(Apple・iPhone 5sに対抗):ALSに対する支援のパフォーマンスとしてアイス・バケツ・チャレンジが世界中に広がりを見せていた中、サムスン電子のイギリス法人は、自社の防水スマートフォンGalaxy S5に氷水を浴びせ、iPhone 5sなど他社製の防水でない端末を次のチャレンジ者として指名したが、チャリティ活動を単に自社の広告のために利用したと批判されている。 マツダ・SKYACTIV TECHNOLOGY:いずれもハイブリッドカーや電気自動車、他社クリーンディーゼル車を標的にした内容。SKYACTIV-Dでは「ディーゼルの本気を、日本は知らない。」というキャッチコピーを使用。 CX-5ディーゼル(FF車)は、HVを含めた全SUVの中で一番低燃費だとしている。また、尿素SCRシステムのような後処理システムが不要(=安価で楽)という点も言われている。更に日本は、ガソリン車への依存度が高く、原油を輸入しておきながら軽油を輸出していると言う現状に触れ、「ディーゼル車の普及により(中略)貴重な輸入資源を無駄なく使う」とも主張している。またSKYACTIV-Gに関しても「HVは重い、高価、メンテが困難、だから世界展開は難しい」という指摘をパンフレットで展開していた。 サントリーのザ・モルツ(アサヒビール・スーパードライに対抗)はCMに EXILE TRIBEを起用。HIROが「これ飲みやすいんだよね」と話しかけると、松本利夫が「ドライに生きてて楽しい?」と返す。その後、「ドライに生きて、楽しいか」の文字が大きく現れる。

    ^ a b c “話題のペプシ「コカより美味い」CM、なぜ違法ではない?意外に緩い比較広告への規制”. Business Journal(2014年3月18日作成). 2020年2月1日閲覧。
    ^ “世界のペプシの歴史”. サントリー食品インターナショナル. 2020年2月1日閲覧。
    ^ New York Magazine, 1981年10月5日 p21-22
    ^ “【動画】大統領選のゲスな「ネガティブCM」、黒幕は誰だ?”. ニューズウィーク日本版(2016年3月14日作成). 2020年2月1日閲覧。
    比較広告 - 公正取引委員会
    比較広告 - 消費者庁
  11. 其他人也搜尋了
  1. 意外險比較 相關
    廣告