Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 相關搜尋:

  1. 特別攻撃隊 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 特別攻撃隊

    特別攻撃隊(とくべつこうげきたい)は、必死 [1] あるいは決死の任務を行う部隊 [2]。略称は「特攻隊」(とっこうたい) [3]。 当記事では攻撃自体を指す特別攻撃(とくべつこうげき)およびその略称の特攻(とっこう)についても述べる。

  2. 漢文教育用基礎漢字 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 漢文教育用基礎漢字

    漢文教育用基礎漢字(かんぶんきょういくようきそかんじ)は、朴正煕政権時代の大韓民国政府文教部が1972年に制定した漢字の集合。 日本の教育漢字(学習漢字)に相当 [要出典]。 漢文学習に用いる漢字として、中学校・高等学校でそれぞれ900字、計1800字を学習する。

    • 중고등학교 한문 교육용 기초 한자
    • 中高等學校漢文敎育用基礎漢字
    • ちゅうこうとうがっこう かんぶん きょういくよう きそ かんじ
    • チュンゴドゥンハッキョ ハンムン キョユンニョン キチョ ハンチャ
  3. 人名用漢字一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 人名用漢字一覧

    この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。 人名用漢字一覧(じんめいようかんじいちらん) 本項では子の名に使える漢字(常用漢字 [1] および人名用漢字 [2] )について扱う。 子の名に使える漢字は2999字 [3]。

  4. 郷挙里選 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 郷挙里選
    • 官僚制度の概略
    • 郷挙里選によらない登用
    • 郷挙里選の科目
    • 推薦者と被推薦者

    漢代の官職は秩石によって階級が分かれており、例えば前漢では、九卿や大きな郡の太守なら中二千石、普通の郡の太守や都尉なら二千石、10,000戸を超す大県の長官である県令なら、その大きさに応じて六百石から千石、それに満たない小県の長官・県長は三百石から五百石、県の佐官である県丞・県尉は二百石から四百石、県の属吏である卒史・属・書佐などであれば百石・斗食・佐史、というように格付けされていた。ただし、大県と小県の実態的区分は人口ではなく面積だったという説もある。 この秩石の序列とは別に、漢代の官吏には大きく分けて2つの区分があった。ひとつが皇帝によって任命された勅任官(長吏)で、もうひとつがそうではない非勅任官(少吏)、つまり、主に(州・)郡・県などの地方政府(の高官)によって採用された属吏である。この両者の間には出世のルートや待遇の面で厚い壁があった。また、この地方政府の高官、すなわち長官や佐官とされた州の刺史や県の尉など、は勅任官であったが、彼らは本籍地として登録されている本貫地に派遣されることはない、という厳格なルールがあり、逆に、非勅任官は基本的に本貫地で現地採用された。 これらの官職は秩石の大小を問わず、4年を目安とした満期が設定されており、その満期が来れば官吏に「功」が一つ追加され、満期に達しない年数は「労」としてカウントされた。例えば、ある官職を6年務めた場合は「功一労二歳」というように評価された。これを功労という。功はもともと戦争で首級を上げるなどの戦功を評価する制度で、大きな戦争がなくなった後も、盗賊の捕縛で功が追加されたり、公的な弓術大会で好成績を収めれば労に最大3ヶ月追加されたり、逆に不始末があれば「奪労」として労を減らされたりした。こうした功の累積による昇進を功次といい、それに伴う異動を遷転という。 光禄勲(前漢初期は郎中令)の属官には郎官と呼ばれる4つの官職、すなわち、比六百石の議郎、同じく比六百石の中郎、比四百石の侍郎、比三百石の郎中、があった。郎官の本来の役割は禁衛として皇宮の警護をしたり皇帝の行幸に付き添うことだったが、それ以外には他にこれといった任務もなければ定員もなく、むしろ人事制度において特に重要な役割を果たした。というのも、次に重要な官職へと栄転するために待機しておくための職という意味会いが強くなったからである。このため、郎官と...

    任子・富貲・良家子など

    結論から先に言うと、漢代に郎選の中核を担ったのは郷挙里選の孝廉である。しかし、そこに至るまでには様々な登用制度があった。南宋の王応麟の『玉海』によると、漢代を通じて行われた郎選は、任子、富貲、献策、孝著の4種類あり、これらの他にも実技を要求される良家子と射策の2つがある。孝著は孝廉と同じ背景を持つのでこの節では詳細に扱わないが、王応麟が例として挙げた馮唐は孝廉が始まる前の人物で、厳密に言えばこれは孝廉でないので区別する。射策は博士弟子と対になる制度なので、郷挙里選の一種として次の節で扱う。 任子 1. 二千石以上の高官がその任期を3年以上務めた場合、子か弟、つまり後継者を1人選んで郎官にすることができた。 1.1. 蘇武(蘇建の子)の例: 武、字は子卿、少くして父任をもって兄弟並びに郎となり、稍ありて遷りて移中厩監に至る。 1.2. 霍光(霍去病の弟)の例: 時に年十余歳、光を任じ郎となし、稍ありて諸曹、侍中に遷す。 2. 若年で就任するためか、郎官以外にも蕭育の太子庶子、馮野王の太子中庶子、汲黯の太子洗馬など、年齢の近い皇太子に関する役職に就く例があった。また、「1人」というル...

    辟召と徴召

    これらに加えて、後漢では辟召と徴召の2つが有力な登用制度となった。もっとも、これらの制度自体は前漢の最初期から存在していた。 辟召 1. 辟召は、高官の自由裁量による非勅任官の登用を意味する。したがって、地方の属吏らの登用も広義の辟召にあたり、前述のように、一般的には出世に不利な登用である。この広義の辟召の場合、史書で使われる字には「辟」以外に「除」、「請」、「補」、「署」などがあり、辟除や請署とも言う。属吏の肩書には官吏全体の序列である秩石に基づく卒史、属、令史、嗇夫などとは別に、職場内のみでの役割と上下関係を表す戸曹掾や決曹史など、いわゆる掾史の両方があって、秩石の序列には「除」や「補」で就任し、掾史には「署」として割り振られた。 1.1. 黄覇の例: 後に復た沈黎郡に入穀し、左馮翊二百石卒史に補さる。馮翊、覇の入財にて官となるをもって右職に署さず、郡の銭穀計を領せしむ。 1. 一方で、出世に有利な辟召も存在した。それは、丞相府、大将軍府など、最高級の高官が開いた公府(莫府)、または州府へ属吏として登用されることである。史書では「辟」の字はもっぱらこれらへの登用のみで使われる...

    各科目の例

    『後漢書』の著者である范曄は南北朝時代の人物で、登用された官吏を貢士と呼んでいる。彼が書いた『後漢書』内の解説である「史論」によると、「貢士の方」は前漢に賢良・方正と孝廉・秀才があり、後漢に敦朴、有道、賢能、直言、独行、高節、質直、清白、敦厚が追加された。これらが郷挙里選の科目である。また、元代の『文献通考』は、「挙士の目」を大別すると、賢良・方正、孝廉、博士弟子の3つであると述べており、博士弟子の制度も含めている。他にも、漢代の察挙に該当する科目は、明経や高第などがある。以下にこれらの科目の概略を説明する。 賢良・方正 1. 前漢で推薦された者は、六百石以上の県令となったほか、博士や中大夫・諫大夫など、皇帝の諮問に答える役職についた。後漢で推薦された者は、ほぼ議郎となって、やはり皇帝の側近として助言する役職になった。募集があったのは主に地震などの天変地異、すなわち災異があった時で、皇帝は自らの不徳を認め、世間の意見を聞き入れそれを補うという名目で登用が実施された。歴史書の表現では「賢良方正」と両方が書かれている場合、「賢良」と「方正」で分かれている場合、「賢良文学」のように片方...

    制科と常科

    郷挙里選の科目を大きく分けると、賢良・方正のように災異などのきっかけで不定期に皇帝の命令で実行された制科と、孝廉や廉吏のように毎年決められた人数が採用された常科がある。制科による登用を制挙、特挙、常科による登用は常挙、歳挙という。 この分類は科目ごとに不変のものではなく、例えば、秀才は前漢では制科だったが、後漢の茂才は常科となった。また、『漢官目録』と『漢官儀』によると、後漢の光武帝の時代、光禄四行と呼ばれた敦厚、質朴、遜譲、節倹の4科目は、光禄勲が毎年1人ずつ選出する常科であったが、安帝は、114年の旱魃と蝗害に際して、三公から太守まで二千石以上の高官に敦厚質直の者を1人ずつ推薦するように命じており、同じ敦厚でもこちらは制科である。 後述するように、郷挙里選の被推薦者の中には、登用拒否を繰り返すことによって短期間に別の科目で複数回推薦されている者がいる。これに加えて、各科目が推薦する対象者の前歴・登用後の官職などを調べることで、それぞれを格付けすることができて、有力な方から概ね、徴召・制科、辟召、常科の順となる。

    科目と技能

    「明経」や「孝廉」といった表現は朝廷が募集する登用の科目であると同時に、推薦者や世間の人から見た人物の技能や資質の評価でもあって、登用とは無関係に明経や孝廉に該当する人物が存在しうる。歴史書に「孝廉に挙げられ」や「明経に挙げられ」と書かれていた場合は当人がその科目で登用されたことが明らかであるが、「明経をもって郎となる」と書かれていた場合は、明経科で登用されたのか、明経と認められた人物が別の経路(極論すれば任子など)で登用されたのか判別できない。というのも、明経として推薦されて明経科では郎官になれず、博士弟子となったケースもあるからである。 こういった、同名のややこしい評価は別としても、例えば孝廉の申請書類には文無害などの技能・異才に関する評価を書く欄があり、それらに加えて現職での功労も添えられおり、これらは推薦者からの評価として同列に扱われていた。

    推薦者の権利と義務

    郷挙里選の推薦方法は、役所や地方政府全体で選ぶというよりは、長官個人にほとんどの裁量が委ねられる属人的な性格を持っている。例えば孝廉の場合、郡の太守が服喪などの理由で休職した場合は、その郡からは誰も推薦されなかった。裏を返せば、推薦者にとって決められた人数の者を推薦することは、官職に付随する義務であり、よほどの理由がなければ推薦しないわけにはいかず、被推薦者に何らかの落ち度があれば、推薦者が選挙不実として罰せられた。 自然と推薦者と被推薦者には強固な人間関係が形成された。極端な例としては、後漢末期の荀爽は、袁逢に有道で推薦された際に登用を拒否したにもかかわらず、袁逢が死ぬと3年間も喪に服した。儒教の浸透や売名目的など様々な理由があるにせよ、推薦者と被推薦者のここまで深い関係は後の時代の推薦、例えば唐代に行われた科挙の座主・門生の間には見られず、この時代特有のものである。

    郷里と豪族

    周代の爵位は公・侯・伯・子・男の五等爵であり、これを持つのは支配階級のみであったが、秦漢の爵位は二十等爵で、一般の庶民に至るまでほぼ全ての人々がこの枠組みの中に入っていた。この制度下では、折につけて爵位が一斉に上がる出来事(民爵賜与)があり、概して、その機会を多く経験した年長者ほど高い爵位を持つことになった。庶民たちの属する共同体にとって、この爵位に沿った人間関係と秩序の形成は朝廷に公認されたもの、言い換えれば、共同体の外からもたらされた他律的なものということができる。また、周代の地方制度は封建制であったが、秦漢では中央集権的な郡県制、すなわち中央から派遣された勅任官たちを郡県の支配者層とする他律的な構造であり、旧来の血縁に基づく氏族制は崩壊した。 しかし、郡県の内部構造である郷里まで分け入ると、共同体の自律的な構造は、豪族を中心とした秩序形成という形で存続ないし置き替わっていた。前漢の中期以降、郡県の属吏は豪族とその一族が占めるケースが急増したが、この人事の規範となったのは共同体の自律的秩序から生み出される輿論、いわゆる郷論である。郡県の支配者層といえど、自律的秩序に逆らう人事...

  5. 神風特別攻撃隊 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 神風特別攻撃隊

    神風特別攻撃隊(かみかぜとくべつこうげきたい [1]、かみかぜとくべつこうげきたい [2] )は、第二次大戦で大日本帝国海軍によって編成された爆装航空機による体当たり攻撃部隊(特別攻撃隊)と直接掩護並びに戦果確認に任ずる隊で構成された攻撃隊 [3]。

  6. 干支 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 干支

    干支(かんし、えと、中国語: 干支、ピンイン:gānzhī)は、十干と十二支を組み合わせた60を周期とする数詞 [1]。古代中国にはじまる暦法上の用語 [2]。 暦を始めとして、時間、方位、ことがらの順序などに用いられる [1]。 六十干支(ろくじっかんし)、十干十二支 ...

  7. 台湾 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 臺灣

    台湾(たいわん、繁: 臺灣/台灣; 台: 台灣; 簡: 台湾; 英: Taiwan )は、東アジアに位置する島嶼(台湾島)、台湾島を中心に定義される幾つかの地域としての名称、および中華民国に対する通称である [注 1]。 1945年、当時台湾を統治していた大日本帝国が第二次世 ...

  8. ビスマルク海海戦 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ダンピール海峡の悲劇

    ビスマルク海海戦 炎上する旭盛丸。(大同海運:5,493総トン) 戦争:太平洋戦争 / 大東亜戦争 年月日:1943年3月2日〜3月3日〜3月4日 場所:ビスマルク海 結果:連合軍の勝利 交戦勢力 大日本帝国 アメリカ合衆国 オーストラリア 指導者・指揮官 今村均中将

  9. 王仁 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 和邇吉師
    • 各説
    • 王仁作とされる歌
    • 遺跡と顕彰運動
    • 関連史跡・伝承地
    • 現在
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    『日本書紀』や『新撰姓氏録』には、百済に渡来した中国人であるとされ、支持する研究者が多い。この場合、王仁の姓である「王」は、高句麗に滅ぼされた楽浪郡の中国人の王氏とする説がある。朝鮮半島の人間が中国風の一字姓を名乗りはじめるのは統一新羅以降の風習で、当時の百済の人間が王姓を名乗っているとは考えにくく、この点から考えても中国系渡来人の家系ではないかと推測されている[注釈 1]。前漢が紀元前108年に朝鮮半島に置いた楽浪郡では官吏に王氏が多く、313年に高句麗が楽浪郡を滅ぼすと王氏は百済に亡命した。日本が369年に新羅を征討すると、百済が日本へ政治的保護を求めた際に文化を日本に輸出し、こうした背景のなか王仁も訪日したともいわれる。一方、津田左右吉をはじめ実在を疑問視する説も多数あり、山尾幸久は儒教を伝えた実在の王辰爾(王智仁)の功績に基づいて渡来人らが作成した伝承とする。

    古今和歌集の仮名序に見る王仁の作とされる難波津の歌は百人一首には含まれてはいないが、全日本かるた協会が競技かるたの際の序歌に指定しており、大会の時に一首目に読まれる歌である。歌人の佐佐木信綱が序歌に選定したとされる。なお大会の歌は「今を春べと」に変えて歌われる。

    大阪枚方

    大阪府枚方市藤阪東町にある博士王仁之墓は江戸時代の1731年(享保16年)に建立されたものと伝えられてきた。昭和46年近畿民俗会の調査では官軍に追われて亡くなった地という地元の村の伝承が記録されている。 藤坂村字御墓谷の山中に鬼(オニ)墓と呼ばれる2個の自然石があり、歯痛やおこりに霊験があると伝えられていた 設立までの経緯は次の通りである。

    韓国の王仁顕彰運動

    『三国史記』『三国遺事』などの書籍に王仁、あるいは王仁に比定される人物の記述はなく、朝鮮には王仁の伝承は存在しなかった。しかし、1970年代に韓国の農業運動家で民族史観を信奉する金昌洙らの顕彰運動によって知られるようになった。 1968年に農協視察のために来日した金昌洙は王仁伝承を知り、1970年に再び来日し王仁の資料を収集した。金は民族史観のための王仁研究所を設立し、1972年(昭和47年)8月、中央日報に『百済賢人 博士王仁 日本に植え付けた韓国魂』を15回連載した。同年10月に霊岩郡の青年会議所会長の姜信遠から巫女の証言で当地に祈祷伝説があると情報を提供された。金昌洙は当地を王仁の生誕地と認定し、1973年(昭和48年)2月、「王仁出生地 霊岩郡」説を発表し、さらに社団法人王仁博士顯彰協会を創立した。1975年(昭和50年)6月、『博士王仁 日本に植えつけた韓国文化』を出版、金昌洙は全羅南道教育委員会で「王仁博士 遺跡学術セミナー」を開催するなどの活動を続けた。 1975年、全羅南道知事が博士王仁誕生地聖域化事業計画を発表し、1976年(昭和51年)には全羅南道が霊岩郡鳩林...

    日本

    1. 伝王仁墓 - 大阪府枚方市藤阪東町二丁目に王仁の墓が伝えられている。伝承は前述の通り並河誠所による捏造だったという説もあるが、それ以前から伝承の存在したという主張もある。 2. 高石神社 - 大阪府高石市。高石連の祖である王仁を祀っていたと和泉名所図会にある。 3. 方違神社 - 大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町二丁目。東原大明神は博士王仁と伝えられている。 4. 出岡弁財天 - 大阪府松原市 岡1丁目 王仁の聖堂址伝承がある。 5. 王仁大明神 - 大阪府大阪市北区大淀中3丁目(旧大淀区大仁町)にある一本松稲荷大明神(八坂神社)は王仁大明神とも呼ばれ、王仁の墓と伝えられていた。また近辺に1960年代まであった旧地名「大仁(だいに)」は、王仁に由来していると伝えられている。 6. 永山古墳 - 大阪府堺市堺区東永山園に所在する前方後円墳で、百舌鳥古墳群を構成する古墳の1つ。宮内庁が仁徳天皇(第16代天皇)の陵である百舌鳥耳原中陵の陪冢に治定しているが、独立した古墳とみられる。王仁の墓とする伝承があった。なお、仁徳天皇と王仁の関係については前述の古語拾遺に記載されている。 その他、...

    韓国

    全羅南道霊岩郡郡西面東鳩林里山に、韓国の農業運動家金昌洙が『博士王仁 日本に植えつけた韓国文化』(1975年)に発表した説に基いて1976年に全羅南道が文化財として認定した遺跡がある。

    韓国の民族史観

    韓国で王仁は日本に文化を伝えた韓国人として扱われており、民族史観を信奉する運動家の金昌洙は王仁を「日本に植え付けた韓国魂」として賞賛している。 韓国では民族史観によって「王仁は日本に進んだ文化を伝えた」と教えられている。洪潤基は王仁が万葉仮名を作り、その子孫が平仮名を作ったと韓国起源説を主張している。王仁が日本へ儒教と漢字を伝えたとされるが、正確でない。古事記によると王仁は論語と千字文をもってきただけであり、日本書紀に王仁が渡来するより以前に阿直岐が儒教経典を講義していたとあることから、王仁が来た頃の日本にはすでに儒教や漢字があったことがわかる。王仁は論語と千字文という中国の書物をもってきたのであり、当時の朝鮮半島の「文化」を伝えたとはどこにも書かれていない。また、王仁は日本側の資料にのみに登場する人物であるが、韓国は『古事記』の「応神天皇の命令を受け百済が献上した人物」と言う記述や『日本書紀』等の日本の大国ぶりが伺える記述については「捏造」と激しく否定しており、資料の都合の良い部分だけ採用し、それ以外は無視するという「つまみ食い(チェリー・ピッキング)」をし、二重基準を見せてい...

    祭り

    全羅南道霊岩郡では1976年以降、王仁博士祭が開催されている。 大阪府枚方市藤阪の伝王仁墓では大阪日韓親善協会の主催で、周辺住民や在日本大韓民国民団大阪府本部の協力で「博士王仁まつり」が開催されている。

    枚方市霊岩郡友好都市提携

    2008年(平成20年)3月1日には枚方市と全羅南道霊岩郡が友好都市提携を実現した。韓国から修学旅行生が訪れることもある

    『続日本紀』五、青木和夫・稲岡耕二・笹山晴生・白藤禮幸 校注、岩波書店〈新日本古典文学大系 16〉、1998年2月16日。ISBN 4-00-240016-6。
    井沢元彦、呉善花『やっかいな隣人 韓国の正体 なぜ「反日」なのに、日本に憧れるのか』祥伝社、2006年9月7日。ISBN 4-396-61275-3。
    韓登『博士王仁の実像 韓流の古代史』新風書房、2007年5月。ISBN 978-4-88269-632-2。
    曇徴 – 高句麗から渡来した僧で、儒教や工芸にも通じていたという
  10. 狭山事件 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 狭山事件

    狭山事件(さやまじけん)は、1963年(昭和38年)5月1日に埼玉県 狭山市で発生した、高校1年生の少女を被害者とする強盗 強姦 殺人事件、およびその裁判で無期懲役刑が確定した元被告人の石川一雄が東京高裁に再審請求を申し立てている事件。

  11. 其他人也搜尋了
  1. 相關搜尋

    指考大考中心