Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 概要. 1975年に開設された糖尿病センターを母体に、1978(昭和53)年に独立・開設された講座である。 糖尿病を中心に脂質異常症肥満動脈硬化症メタボリックシンドロームなど糖尿病代謝疾患およびその種々の合併症すべてについて卒前および卒後教育と基礎および臨床研究を担当している糖尿病はインスリン作用不足の結果慢性高血糖を特徴とする広範な代謝異常を起こし網膜症腎症神経障害や種々の大血管障害を引き起こすつまり全身の血管障害を引き起こす疾患である。 ますます増加する糖尿病患者に対し、糖尿病・代謝内科と糖尿病眼科は、臨床各科と緊密な連携を保ち、スタッフ一同、チーム医療の実践に努めている。

  2. 2009.12.01. 准教授 宇治原典子. 糖尿病患者さんの数は世界中で増え続けています。 日本では、厚生労働省が国民健康栄養調査の一環として糖尿病実態調査を施行していますが、それによると、2007年の調査で糖尿病が強く疑われる人は890万人、糖尿病の可能性が否定できない人が1320万人とあわせて2210万人と推定されています。 これは、5年前の2002年に比べ、糖尿病が強く疑われる人は150万人、糖尿病の可能性が否定できない人が440万人増加しています。 歴史上糖尿病に関する最も古い記載は紀元前1500年ころのエジプトのPapyrus Ebersであるといわれています。 尿がたくさん出て死んでしまう病気として記載されています。

  3. 海外の研究でも食後高血糖が心血管死に関係が深いことが示されており国際糖尿病連合International Diabetes Federation:IDFからも、「食後高血糖は有害で対策を講じる必要があるという喚起がなされています。 糖尿病になってからの血糖コントロールはもちろんのこと、糖尿病になる前から、食後に高血糖になる方は、注意が必要なのです。 他にも、血圧が高い、悪玉コレステロールや中性脂肪が高い、善玉コレステロールが低い、肥満(特に内臓脂肪型肥満)、タバコ(受動喫煙も含めて)も動脈硬化を進行させる因子です。

  4. 特徴. あらゆる年齢の、あらゆる糖尿病患者様のトータルケアを目指して設立された、わが国の医科大学で唯一の糖尿病センターの内科部門です。 外来診療. 外来では、糖尿病一般外来のほか、小児・ヤング糖尿病、腎症(CAPD外来も含む)、神経障害、妊娠、高脂血症・肥満、フットケアなどの特殊外来を行っています。 医療体制. 病棟では、糖尿病患者様の教育・治療、重症合併症に苦しむ患者様の診療に、医師、コメディカルスタッフ一体のチーム医療で全力を挙げて取り組んでいます。 先進的医療の取組み. 妊娠前・妊娠中の血糖測定. 皮膚AGEの測定. CGMS(持続糖濃度測定システム)について. 足潰瘍に対する局所陰圧閉鎖療法(NPWT)

  5. また先に述べた空腹時血糖値126mg/dl以上75g経口糖負荷試験2時間値200mg/dl以上研究の結果HbA1c6.1に相当することが示されましたそこで、新しい診断基準では、今まで補助的手段に用いられていたHbA1cの値を、より積極的に取り入れることと ...

  6. 食事指導を含めた生活指導経口血糖降下薬の選択インスリン注射やGLP-1受容体作動薬および今後発売予定の抗肥満薬の投与適応判断を行います教育入院や持続血糖モニタリングシステムやインスリンポンプ治療も可能です

  7. 先進医療の取組み. 妊娠前・妊娠中の血糖管理 糖尿病センター 柳沢慶香. 妊娠中の高血糖は母体や胎児・新生児にも影響を及ぼします(表1)。 妊娠初期の器官形成期に高血糖であると、児の先天異常が発生し、流産の確率が高くなります。 児の形態異常や流産を防ぐには、妊娠してから血糖管理を行っても間に合いません。 妊娠前から厳格な血糖コントロールを行い、計画的に妊娠しましょう。 妊娠中期以降の母体血糖値が高値であると、児の高インスリン血症が起こり、巨大児、そして新生児低血糖を引き起こします。 また、臓器未熟性のため、高ビリルビン血症、低カルシウム血症、呼吸窮迫症候群、多血症などの合併症が起こります。