Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 送風機 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 送風機

    送風機 (そうふうき)とは、 羽根 車の 回転運動 によって 気体 に エネルギー を与える 機械 で、単位 質量 当たりのエネルギーが 25 k Nm /kg(kJ/kg)未満のものをいう。. 単位質量当たりのエネルギー25 kNm/kg は、 標準空気 の場合の 送風機全圧 約 30 k Pa ...

  2. CPUの冷却装置 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › CPUの冷却装置
    • 概要
    • 背景と歴史
    • 空冷
    • 水冷
    • 液浸冷却
    • ガス冷
    • 寒剤を用いた冷却
    • 冷却装置(Cpuクーラー)の著名メーカー
    • 関連項目

    (パソコンの)CPUに限らず、集積回路を使用する電子機器一般に、積極的な放熱を必要とするほどに発熱するのにもかかわらず冷却を怠った場合、以下のような問題がある。 1. オーバーヒートによる誤動作。なお、特にこれによる制御不能状態(暴走)のことを指して俗に[注釈 1]「熱暴走」と呼ぶことがある 2. 異常な熱膨張・収縮によるパッケージの寿命の問題 3. (最悪の場合)半導体としての熱暴走 十分な冷却を行わない場合、以上のような理由から、即時的な機能不全や、著しい寿命の短縮をもたらす。一見正常に機能したとしても冷却不足であった場合は、設計上の寿命よりはるかに早く故障する可能性がある。 一般にマイクロプロセッサの場合、本来はBtoB等での利用のための形態である「バルク品」と呼ばれる商品にはCPUクーラーは付属しない。一方、一般消費者向けの「リテールパッケージ」には、必要十分な程度のスペックのCPUクーラーが同梱となっていることがほとんどであり、通称「リテールクーラー」「純正クーラー」と呼ばれている(場合によっては、それ以外のクーラーとの組合せが保証外の扱いのことなどもある)。自作やオーダーPCでは、より高性能な、あるいは静音化を図ったクーラーに交換を望む需要も高く、サードパーティ製品が数多く開発、市販されている。 互換性のあるパーツを集めて作るショップ系BTOや自作機では、本来は通風させる方向に沿っているべきであるマザーボード上の子基板がその向きに沿っていない(メモリモジュール等)ことがある。一方でカスタムの幅が狭い前提で設計されるメーカー製PCやPCサーバ等では、フォームファクタに囚われず全体最適な設計が見られることも多い[注釈 2]。

    黎明期

    パソコンで使用されるマイクロプロセッサの場合、ごく初期にはPMOS、続いてNMOS論理方式であったため、1980年代にはその発熱が問題になるほどになった。しかし、CMOS論理方式への移行により、一旦は緩和された。インテルのメインストリーム製品の場合、8086で問題になった後、80286で緩和された。およそ数ワットの消費電力であったIntel 80386や68030の頃までは、放熱のために特別な部材は装着されておらず、プロセッサ表面から放熱していた。 しかしその後も、とどまることのない集積度とクロックの向上にともない消費電力が増大し、発熱の問題はどんどん大きくなった。

    ヒートシンクによる冷却の登場

    80286の頃には、樹脂製のパッケージにヒートシンク無しの場合もあったが、簡単なヒートシンクを付け筐体の通風は電源のそれを兼用とするか、4cm程度の独立したファンを付けた構造も登場した。 i486・68040の隆盛期に入り、クロック周波数がおよそ30MHz以上になり、消費電力が数十ワットに達すると、プロセッサ表面だけでは充分な放熱ができなくなり、CPUの上に放熱性の高い金属製のヒートシンクを取り付けるようになった。ヒートシンクにより放たれた熱は筐体の排気ファンや電源ファンから強制的に外部に出される構造である。

    空冷ファンによる冷却の浸透

    Pentium黎明期(486の末期)の頃になると、32ビット化し、さらに台頭し始めたRISCに対抗して高性能化した。クロック周波数50~100MHz、消費電力が30W前後に上り、CPUの発熱がさらに増大した。 結果として、ヒートシンクと筐体の通風(自然冷却)では放熱が追いつかなくなり、ヒートシンクにファンを取り付け、ファンでおこした風を吹き付けて強制空冷を行うことが一般的になった。雑誌で「CPUで目玉焼きができるか」等の企画が出されたり[注釈 3]、2001年頃には「このままのペースで発熱が増加すれば、CPUの発熱による単位面積あたりの熱流量は間も無く原子炉のそれを上回り、2015年には太陽のそれに達する」と主張された事もある(実際には2010年時点では原子炉のそれに届いていない)。 ハイエンドのプロセッサについてはクロック周波数の向上の伸びこそ近年は鈍化の傾向があるとは言え、マルチコア化による延べ消費電力ないしはTDPは2017年まで単調増加であり、それに伴い(ハイエンドのプロセッサについては)CPUクーラーも強化されてきた。

    強制冷却

    冷却ファンを使用し空気を利用して冷却する、最も一般的な方法。ヒートシンクの上に冷却ファンを載せた状態で使用され、ヒートシンクとファンモータが一体化したものが多い。 店頭で販売されているCPU製品にはサーマル・ソリューションと称して、十分な性能の強制空冷式冷却装置が付属している。特に記述がない限り市販されているパーソナルコンピュータにおいて、CPUの冷却にはこの方式が用いられる。 その特性上、どうしても高周波の風切り音が発生してしまう。これをできるだけ抑えようとメーカーは静音性も重要視したファン開発を行っているため、標準付属品以外にも様々な製品が販売されており、その中には流体力学や航空工学の成果を応用したと謳うものまで存在している。 また一般にCPUの冷却装置はケース内部にあるため、空冷を続けるためには、ケース外部との継続的な換気が必要になる。ファンなどによる換気のほか、効率を上げるために冷却装置のすぐそばに換気口を設けたり(パッシブダクト)、冷却装置が外気に直接面するようにレイアウトする例もある(BTX規格など)。

    受動空冷

    プロセッサの表面にヒートシンクを取り付けて放熱する方法。 詳細はヒートシンクの利用を参照のこと。

    空気よりも熱容量が大きい水(冷却液)を冷却に用いる方法。CPUに水を循環させるヘッドを接触させて、熱を水で持ち去り、外部のラジエータで放散させる。ラジエータには空冷ファンを付け、冷却能力を高めることが多い。CPU以外にGPUの冷却のためのキットも市販されている。 大型汎用機では普及している方法であるが、一般的なパソコンに用いるには構成部品が多く大がかりになりすぎ、また定期的なメンテナンスも必要であり、水漏れなどが発生すれば高価なパーツを破壊するリスクもある。 一般に空冷式より高価かつ複雑になることなどから簡便に用いる事のできるものではなかった。技術の熟成により信頼性が上がり、値段も空冷クーラーと遜色ない製品が流通するようになり、冷却性能の高さに加え、ファンによる騒音を嫌って静粛性を求めるユーザーが水冷式を用いることが多い。 パソコン分野での水冷は「本格水冷」と「簡易水冷」に大別される。 本格水冷 1. 対象の熱を冷却液(クーラント)に伝える水枕(ウォーターブロック)、冷却液を送り出す電動のポンプ、冷却液を貯めておくリザーバータンク、熱交換を行うラジエーター、各パーツを繋げるホース(チューブ)及びその継手(フィッティング)を基本の構成要素とする。組み立ての際にはホースを各部に適した長さで切断して各構成機材を繋いで水冷経路を作り、エア抜きも行う必要があるなど手間が掛かる。その分、各構成機材の配置場所の自由度が高く、ホースをケース外に伸ばし、ラジエーター等を外付けにすることも可能。CPUだけではなくGPUやマザーボードやメインメモリ、珍しいものではSSDや電源ユニットの水冷化など適合する水枕さえ用意できればほぼ全ての発熱源に対応する。設置場所のスペースとポンプの能力の許す限りラジエーターの増設・拡張が可能なため、冷却性能を高めファン速度を下げる事により静音化も可能。。 2. 黎明期は自動車やバイクの水冷システムやアクアリウム、水道管など先行していた各分野のパーツを流用・改造していたが、2019年現在は専用に販売されているパーツを利用する事が多い。各パーツの接続部分は管用平行ねじのG 1/4インチがデファクトスタンダードとして広く採用されているため、継手を流用する事でパーツの交換を容易に行える。また、GPU専用の水枕を除いたパーツは汎用性が高く、一度購入すれば適切なメ...

    水冷と異なりCPUやマザーボードその他のパーツを含めて直接冷却液内に浸すものと、防水ケースに収納して浸す物の2種が存在する。熱源に対して直接冷却液を接して排熱できるので冷却性能は非常に高い。冷却液にはフッ素系不活性液体やオイルなどの非電導性の液体が用いられ、直接水没させる場合はパーツに関しても冷却液が浸透しないようにコーティングしたものなどが使われる。主にデータセンターのサーバーやスーパーコンピューターなどの高い冷却性能を要求される用途などで使われる。 一般ではまず利用されることはないが、僅かに市販されている専用PCやキットは非常に高額である。自作する場合は魚類用の水槽に精製水やオイルを満たしてパーツ一式を浸すものが多く、マニアが公開している物やPCショップの展示品等で見ることができる。市販品で水没を想定したパーツはほとんど存在しないので長期的な運用は難しく、コストやメンテナンス性も良くはないので水冷以上にハードルが高い。

    パソコンの筐体に小型のコンプレッサを組み込んで、冷蔵庫などと同様の方式で液体が気化する時の気化熱を利用した放熱を行うもの。マニアが自作する物のほか、これを組み入れた製品を出荷しているメーカーや、パソコンショップのショップブランド品に仕込んで販売する例もある。 水冷よりもさらに高い冷却効果を得られる反面、冷却装置そのものがそれなりに大掛かりかつ高価であり、一般的なエンドユーザーの使用環境であれば空冷や簡易水冷でも必要十分であるため、一般的な方式ではない。 ガス冷却に用いられるガスは数種類あり、主に炭酸ガスが用いられる。

    CPUの直上に液体窒素やドライアイスを入れる銅製の枡等を用いて放熱する方法。 極低温を維持することでオーバークロック時の冷却効率が評されるが、結露対策に気を遣う必要がある。さらに寒剤自体も消耗品であり運用コストがかさむので、ベンチマークの試合における極端なオーバークロック時の利用が一般的であり、個人で常用することは少ない。極低温であり極端なオーバークロックを行えるところから「極冷」と称される。

  3. ボイラー - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ボイラー
    • 水の流れ
    • 空気・排ガスの流れ
    • 燃料・燃え殻の流れ
    • 保安装置
    • 構造による分類
    • 法規上の分類
    • 主なボイラーメーカー
    • 外部リンク
    水処理装置で硬度分を除去し、給水ポンプで圧力を上げる。水位検出器で水位が調整される。特に貫流ボイラーは純度の高い水が必要である。
    給水予熱器(節炭器)で給水を予熱する。
    主伝熱部の蒸発器で燃焼ガスと熱交換を行い、飽和蒸気を発生する。
    汽水分離器で蒸気と液体とを分離し、蒸気は次段に送り、液体はボイラーに戻す。超臨界圧ボイラーの場合は汽水分離器はない。
    燃焼室へ送風機(押込通風機)で圧力を上げて供給する。
    燃焼室で燃料と混合し燃焼・発熱させる。
    伝熱部で燃焼ガスから水に熱を与える。
    燃料貯蔵タンク・ボンベ、貯炭場・サイロなど
    燃料輸送管またはベルトコンベア
    微粉炭機 : 石炭を微粉炭として燃焼する場合に必要

    高温高圧の気体・液体を封入する圧力容器であるので、各種保安装置が設置される。 水位検出器 1. 水位が低い状態で燃焼を行うと爆発・破裂の危険がある。そのため起動時などに必ず試験が行われる。また、動作不良に備えて複数個設けられる。 圧力検出器 1. 圧力が一定となるように制御するために使用される。 安全弁 1. 缶の圧力が使用圧を超えた場合に蒸気を放出する。複数個設けられる。 炎検出器 1. 失火し未燃焼ガスが缶内に充満すると爆発の恐れがあるため、炎が消えると速やかに燃料供給が停止され、強制換気が行われる。係員が常駐する場合や、石炭焚き等の場合は省略される場合がある。 爆発戸 1. 失火等により未燃焼ガスが充満し、引火・爆発した場合に内圧によって開き、人的被害や煙道等の損傷を軽減させる。 消防設備 1. 火災報知器・ガス漏れ警報機・消火器・水噴霧消火装置

    水管ボイラー

    伝熱部が水管になっているもので、循環方法により以下のように分類される。 貫流ボイラー 1. 水を水管の一方から押し込み循環させること無く蒸気に変えるもの。水と蒸気の比重の差がない超臨界ボイラーや、急速起動が必要な小型ボイラーに用いられる。保有水量が少ないため起動性に優れるが、負荷追従性に劣る。蒸気量や蒸気温度を安定させるためには水や蒸気の出入りと熱の供給をバランスさせる必要があり、高度な制御技術が必要である。また、純度の高い給水が必要である。 強制循環ボイラー 1. 水を循環ポンプで強制的に循環させるもの。運転圧力が臨界圧に近いと水と蒸気の比重差が小さくなるため、必然的に強制循環ボイラーとなる。 自然循環ボイラー 1. 水の温度による比重の差で循環させるもの。

    丸ボイラー

    鋼鉄製の水を満たした缶を主体としたボイラー。保有水量が比較的多く、負荷の変動に強い。その反面、立ち上がりが遅く、万一爆発事故が起きれば被害は甚大である。構造上中小規模のものが多い。また、ボイラーにもよるが缶内に人が入ってスケールの除去が可能で、水管ボイラー程は給水に神経質になる必要もない。 煙管ボイラー 1. 水缶に多数配置した煙管に燃焼室の燃焼ガスを通すことにより熱するもの。比較的掃除しにくく、構造が複雑であるが、比較的効率よく、炉の形状が自由であるので、粗悪燃料にも適応し、木屑炊きや廃熱回収ボイラーとして少数ながら新造されている。陸用としては煉瓦組みの炉を持つものが多いが、四角い箱型の炉を組み込んだものもある。代表例が蒸気機関車のボイラーである。 炉筒ボイラー 1. 水缶内に炉筒(円筒形の燃焼室)を設けたもの。炉筒が一本の物をコルニッシュボイラーといい、二本の物をランカシャーボイラーという。構造が簡単で掃除し易く古くは普及したが、その効率の悪さから今は新造を見ない。伝熱面積と効率を稼ぐ為に、大掛かりな煉瓦組みを持つ。 炉筒煙管ボイラー 1. 炉筒と煙管とがあるもの。丸ボイラー...

    鋳鉄ボイラー

    鋳鉄を構造として用いたもので、鋼鉄に比べて耐食性に優れる。強度は低く、急速な加熱・冷却を行うと破損することがある。暖房、給湯用として建築設備によく用いられる。 鋳鉄セクショナルボイラー 1. セクションごとに分割しての搬入や、修理が可能である。高圧力には適さない。

    簡易ボイラー

    1. 労働安全衛生法施行令第13条第25号に定めるボイラーの通称。

    小型ボイラー

    労働安全衛生法施行令第1条第4号に定めるボイラー(法令上「小型ボイラー」として定義されている) 1. ゲージ圧力0.1MPa以下で使用する蒸気ボイラーで、伝熱面積が1平方メートル以下のもの又は胴の内径が300mm以下で、かつ、その長さが600mm以下のもの 2. 伝熱面積が3.5平方メートル以下の蒸気ボイラーで、大気に開放した内径が25mm以上の蒸気管を取り付けたもの又はゲージ圧力0.05MPa以下で、かつ、内径が25mm以上のU形立管を蒸気部に取り付けたもの 3. ゲージ圧力0.1MPa以下の温水ボイラーで、伝熱面積が8平方メートル以下のもの 4. ゲージ圧力0.2MPa以下の温水ボイラーで、伝熱面積が2平方メートル以下のもの 5. ゲージ圧力1MPa以下で使用する貫流ボイラー(管寄せの内径が150mmを超える多管式のものを除く)で、伝熱面積が10平方メートル以下のもの(気水分離器を有するものにあっては、当該気水分離器の内径が300mm以下で、かつ、その内容積が0.07立方メートル以下のものに限る。)

    ボイラー

    簡易ボイラー、小型ボイラーのいずれにも該当しない大型のボイラー。 なお、ボイラーのうち労働安全衛生法施行令第20条第5号において「次に掲げるボイラー」として定められているもの。取扱うための資格などの関係から、整理上、次に該当するもの(小型ボイラー及び簡易ボイラーに該当するものを除く)は通称として「小規模ボイラー」と呼ばれている(法令上の名称ではない)。 1. 胴の内径が750mm以下で、かつ、その長さが1300mm以下の蒸気ボイラー 2. 伝熱面積が3平方メートル以下の蒸気ボイラー 3. 伝熱面積が14平方メートル以下の温水ボイラー 4. 伝熱面積が30平方メートル以下の貫流ボイラー(気水分離器を有するものにあっては、当該気水分離器の内径が400mm以下で、かつ、その内容積が0.4立方メートル以下のものに限る。)

    (社)日本ボイラ整備据付協会 - ウェイバックマシン(2002年4月7日アーカイブ分)
  4. フッ化水素 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › フッ化水素
    • 製法
    • 性質
    • 工業的生産量
    • 毒性
    • 輸出管理
    • 事故・災害
    • 関連項目
    • 外部リンク

    フッ化水素は、蛍石(フッ化カルシウム CaF2 を主とする鉱石)と濃硫酸とを混合して加熱することで発生させる 水にフッ素を反応させると、激しく反応してフッ化水素と酸素が生じる(この反応様式は、塩素や臭素と異なる)。 1. 2 H 2 O + 2 F 2 ⟶ 4 HF + O 2 {\\displaystyle {\\ce {2H2O + 2F2 -> 4HF + O2}}}

    分子の性質

    融点 -84 ℃、沸点 19.54 ℃ で、常温では気体または液体。塩化水素などの他のハロゲン化水素の場合に比べて性質が異なる点がある。まず、F-H の結合エネルギーが大きいために電離し難く、希薄水溶液においては弱酸として振舞う。これはフッ化物イオンのイオン半径が小さいため、水素イオンとの静電気力が強いことによるとも解釈される。また、水素結合により分子間に強い相互作用を持つことから、分子量の割りに沸点が高くなっている。また、フッ素の電気陰性度があまりに大きいために、フッ化水素同士で二量体あるいはそれ以上の多量体を生成する。80℃以上の気体状態では単量体が主となる。

    溶媒としての性質

    液体フッ化水素はプロトン性極性溶媒であり、水などと同様に自己解離が存在するが、フッ素の高い陰性により、フッ化物イオンは更に一分子のHFと結合して溶媒和する。0℃でのイオン積は以下のようになる。 1. 3 HF ↽ − − ⇀ H 2 F + + HF 2 − {\\displaystyle {\\ce {3HF<=>{H2F^{+}}+HF_{2}{^{-}}}}} 1. K = [ H 2 F + ] [ H F 2 − ] = 10 − 9.7 mol 2 dm − 6 {\\displaystyle K=\\left[{\\mbox{H}}_{2}{\\mbox{F}}^{+}\\right]\\left[{\\mbox{H}}{\\mbox{F}}_{2}^{-}\\right]=10^{-9.7}{\\mbox{mol}}^{2}{\\mbox{dm}}^{-6}\\,} フッ化水素の水溶液(フッ化水素酸、弗酸)は濃度により酸性度は著しく変化し、純粋なフッ化水素ではハメットの酸度関数は H0 = −11.03 を示し、純硫酸に近い強酸性媒体である。さらに純フッ化水素に1mol%の五フッ化アンチモン...

    ガラスとの反応

    フッ化物イオンの高い求核性によるケイ素原子との強い結合形成と、ケイ酸骨格へのプロトン化の相互作用により、ガラス等に含まれるケイ酸 SiO2 と反応して、ヘキサフルオロケイ酸 H2SiF6 を生じ、これらを腐食させる。この反応は、半導体の製造プロセスにおいて重要である。 1. SiO 2 + 6 HF ⟶ H 2 SiF 6 + 2 H 2 O {\\displaystyle {\\ce {SiO2 + 6HF -> H2SiF6 + 2H2O}}} ちなみに、気体のフッ化水素は、ガラス等に含まれる二酸化ケイ素 SiO2 と反応し四フッ化ケイ素 1. SiO 2 + 4 HF ⟶ SiF 4 + 2 H 2 O {\\displaystyle {\\ce {SiO2 + 4HF -> SiF4 + 2H2O}}} となる。 その他、ほとんど全ての無機酸化物を腐食する。そのため、容器としてポリエチレンやテフロンのボトルが使用される。

    フッ化水素酸(濃度50%換算値)の2013年度日本国内生産量は 64,841 t、出荷量は 56,758 t であった。 生産量を国別で見ると、80%を日本が占めており、残り20%は中華人民共和国となっている。 その他、ロシア連邦の核燃料製造・供給企業 TVEL 傘下の電気化学プラント JSC “PA ECP”(Joint Stock Company Production Association Electrochemical Plant)で核燃料製造の際に使用する超高純度フッ化水素酸および超高純度無水フッ化水素を製造・販売している。

    ヒトの経口最小致死量は 1.5 g、あるいは体重あたり 20 mg/kg である。スプーン一杯の9%溶液の誤飲で死亡した事例もある。吸引すると、灼熱感、咳、めまい、頭痛、息苦しさ、吐き気、息切れ、咽頭痛、嘔吐などの症状が現われる。また、目に入った場合は発赤、痛み、重度の熱傷を起こす。皮膚に接触すると、体内に容易に浸透する。フッ化水素は体内のカルシウムイオンと結合してフッ化カルシウムを生じさせる反応を起こすので、骨を侵す。濃度の薄いフッ化水素酸が付着すると、数時間後にうずくような痛みに襲われるが、これは生じたフッ化カルシウム結晶の刺激によるものである。また、浴びた量が多いと死に至る。これは血液中のカルシウムイオンがフッ化水素によって急速に消費されるために、血中カルシウム濃度が低下し、しばしば重篤な低カルシウム血症を引き起こすためである。この場合、意識は明晰なまま、心室細動を起こし死亡する。 歯科治療においては、人工歯(義歯)の製造工程にフッ化水素が使われる一方で、歯のう蝕(=虫歯)予防にフッ化ナトリウム (NaF) が使われることがある。両方ともフッ化物なので混同の危険性がある。実際に、両者の取り違えによる死亡事故(八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故)が報告されている。 皮膚に接触した場合の応急処置としては、直ちに流水洗浄し、グルコン酸カルシウムを患部に塗布する。

    フッ化水素はウラン濃縮や毒ガスの製造にも用いられるため、大量破壊兵器の材料としてワッセナー・アレンジメントの枠組みにおいて輸出が統制される品目であり、日本では外国為替及び外国貿易法によって経済産業大臣の許可なく輸出することが禁止されている。 法令上は、政令である輸出貿易管理令別表第一の三の項(一)において「軍用の化学製剤の原料となる物質又は軍用の化学製剤と同等の毒性を有する物質若しくはその原料となる物質として経済産業省令で定めるもの」に該当する。フッ化水素は、この政令にいう経済産業省令である輸出貿易管理令別表第一及び外国為替令別表の規定に基づき貨物又は技術を定める省令(貨物等省令)の第二条一項の「ヘ」として掲げられている。

    八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故

    1982年4月20日、八王子市内の歯科医院で、歯科医師が虫歯予防用のフッ化ナトリウム(NaF)と間違えてフッ化水素酸を当時3歳の女児の歯に塗布し、急性薬物中毒で死亡させる事件が発生した。歯科医師は業務上過失致死罪により禁錮1年6月執行猶予4年の有罪判決を受けた。

    亀尾フッ化水素酸漏出事故

    2012年9月27日、韓国の慶尚北道亀尾市にある工場でフッ酸が漏出する事故が起こり、作業員ら5人が死亡、住民4千人あまりが健康被害を受けた。韓国政府は、同年10月8日に慶尚北道亀尾市山東面鳳山里一帯を特別災難地域に指定した。

  5. 漢方方剤一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 漢方方剤一覧

    漢方方剤一覧(かんぽうほうざいいちらん)とは漢方方剤の一覧である。 日本市場に製剤として流通している処方箋医薬品および一般用医薬品の方剤は、太字で表した。 薬効分類の出典がない方剤は、原典分類に掲載した。

  6. 溶解度の一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 溶解度の一覧

    溶解度の一覧では、1気圧における化合物(主に無機化合物)の水に対する溶解度を水温別にまとめた表を掲載する。 数値の単位は特に注釈がない限り g/100g H 2 O とした。 化合物は

  7. 逆2乗の法則 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 逆2乗の法則
    • 光の減衰の法則
    • 万有引力の法則
    • クーロンの法則
    • 参考文献
    • 関連項目

    光の減衰に関する逆2乗の法則は、光の強さが光源からの距離の2乗に反比例することを述べる。これは初期に発見された逆2乗の法則の一つである。証明の概略は次のとおり。 1. 光源からの距離が一定である球面を想定する。光源から出た光は直進する(ユークリッドの光の直進の法則)ため、すべてがこの球面を通過する。つまりどんな直径の球面を想定しても、その球面を通過する光の量は等しい。一方で球の表面積は半径の 2 乗に比例するので、光の強さは光源からの距離の2乗に反比例する。 ヨハネス・ケプラーは、1596年に発表した著作『宇宙の神秘』の中で、平面上に等方的に光が放出される場合について上記の考察と同様の議論をした。ケプラーはまた、天体に及ぼされる引力についても同様の考えが成り立つと推察し、重力に関する理論を展開した。ケプラーは重力の広がりを球面ではなく円によって捉えたがために逆2乗の法則を導くことはなかった。ケプラーが、天体を動かす原動力が同心円状に広がると考えたのは、当時知られていた惑星の軌道がほぼ同一平面状にあったためである(当時は彗星の軌道は計算されていなかった)。

    万有引力の法則は逆2乗の法則の中でもよく知られている。引力に関する逆 2 乗則の発見者としてロバート・フックとアイザック・ニュートンは特に有名である。フックとニュートンはケプラーの考え方を拡張し、またニュートンはフックの示唆もあって「万有引力は全方位に影響を与え、その強さは距離の 2 乗に反比例する」と考えた。1680年にフックはこの法則について述べた書簡をニュートンに送っている。万有引力について満足いく結果が得られたのはニュートンが著した『自然哲学の数学的諸原理』においてであり、その初版は1687年に出版されている。 ニュートンは『自然哲学の数学的諸原理』を出す以前に微分積分学の基本定理を証明し、微分積分学を創始するに至っているが、『自然哲学の数学的諸原理』ではそれらの結果を放棄し、あるいは露わにはしていない。ニュートンの時代にはまだ微分積分学で用いられる無限小の代数は正統的な手法とは見なされておらず、ニュートンは幾何学の手法によって力学の基本法則やそこから導かれる定理を説明した。

    電磁気学における逆2乗の法則として、クーロンの法則がある。クーロンの法則は、発見者のシャルル・ド・クーロンから名前が取られている。クーロンの法則には電場に対するものと磁場に対するものの2種類ある。前者は球形または点状の電荷が作る電場の強さを述べたもので、後者は双極子の一方の極が作る磁場の強さを述べたものである。 クーロンの法則は、近接作用論の立場では電磁場に関する法則として述べられるが、ニュートンの万有引力のように2つの物体の間に働く力として表すこともできる。この場合、電場に関するクーロンの法則は「電荷を持つ粒子同士に働く静電気力の大きさは、粒子間の距離の逆2乗に比例する」と表現できる。クーロン自身はねじれ秤(英語版)を用いて2つの帯電した物体の間に働く力を測定することによって、静電気力に関するクーロンの法則を発見している。 磁場に関するクーロンの法則は、磁場に関するガウスの法則により磁場の湧出がゼロでない発生源が存在しないため、直接的には成り立たない。磁場についてクーロンの法則が成り立つためには、磁気単極子(モノポール)という概念が必要となる。前述の通り、ガウスの法則から磁場の湧出はゼロとなるため、磁気単極子は単体では存在し得ないが、微小な円電流のなす磁場を磁気双極子(ダイポール)のなす磁場と見なすことができ、磁気双極子を構成する粒子として磁気単極子を扱うことができる。

    山本, 義隆『磁気と重力の発見 3 近代の始まり』みすず書房、2003年5月22日、605–947頁。ISBN 4-622-08033-8。
    砂川, 重信『電磁気学』岩波書店〈物理テキストシリーズ 4〉、1987年1月29日、新装版。ISBN 4-00-007744-9。
  8. 次亜塩素酸ナトリウム - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 次亜塩素酸ナトリウム
    • 利用
    • 有機塩素化合物
    • 関連文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    上水道やプールの殺菌に使用されている。家庭用に販売されている液体の塩素系漂白剤や、殺菌剤(洗濯用、キッチン用、ほ乳ビンの殺菌用など)などに使用されており、製品によっては少量の界面活性剤(中性洗剤の主成分)やアルカリ剤などが加えられている。また風呂水の殺菌・再利用にも用いられ、業務用が市販されている。 水溶液はアンチホルミンという商品名で食品添加物として使われる。

    次亜塩素酸ナトリウムによる漂白は、遊離塩素による塩素化反応なので、トリハロメタンを始めとする多種多様な有機塩素化合物を生成する。塩素化合物は一般的な発がん性物質と同じく、高濃度で吸入、経口摂取しなければ問題はないため、換気を良くすれば洗濯やまな板除菌の程度で恐れる必要はない。 ただし、前述のように酸性系統の薬剤(市販品含む)と反応して塩素ガスを生成したり、エタノール(消毒用を含む)と反応して有害なクロロホルムを生成する事がある。誤りによる混合のほか、バケツなど容器に残留したものと反応する事があり事前、事後に十分な洗浄が必要である。

    小方芳郎、木村眞「次亜ハロゲン酸塩による酸化 : 廃水浄化に関連して」『有機合成化学協会誌』第37巻第7号、有機合成化学協会、1979年、 581-594頁、 doi:10.5059/yukigoseikyokaishi.37.581。

  9. 二酸化ケイ素 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 二酸化ケイ素
    • 性質
    • 利用
    • 反応
    • 埋蔵量
    • 危険性
    • 参考文献
    • 関連項目

    結晶は共有結合結晶であり、ケイ素原子を中心とする正四面体構造が酸素原子を介して無数に連なる構造をしている。 結晶多形 二酸化ケイ素は温度や圧力をかけると結晶構造が変化する(相変態)を起こす。結晶構造などは次の一覧項で説明する。 1. 温度を上昇させた時の相変化 1. 常温常圧下ではα石英が安定だが、二酸化ケイ素は温度変化によって相変化を起こす。 2. 以下に示す温度は常圧での温度であり、溶剤や圧力等により変化する。 2.1. α-石英― 573℃→β-石英― 870℃→ β‐トリディマイト― 1470℃→ β‐クリストバライト― 1705℃→ 溶解 3. しかし、β‐トリディマイトは不純物の無いβ-石英からは転移せず、この形態を経由するには添加物を加える必要がある。そうしない場合、1050℃でβ-石英からβ‐クリストバライトに直接相変化する。 4. 上記の様に説明したが、大抵はβ-石英から1550℃で直接溶融する。これはそれぞれの結晶を構成するSiO4正四面体が、頂点の酸素を共有して結合して3次元的なネットワークを形成しているが、その結合の仕方が各結晶構造で異なるため簡単に相変化が起きない為である。 1. 温度を下げた時の相変化 1. β-トリディマイトを急速に冷却すると、114℃でα-トリディマイトとなる。 2. β-クリストバライトを急速に冷却すると、270℃でα-クリストバライトとなる。 1. 圧力による相変化 1. 500 ℃から800 ℃、2~3 GPa以上になるとコーサイトに、1200 ℃10 GPa以上でスティショバイトに転移する。 1.1. ともに常温・常圧下では準安定状態で、隕石のクレーターから発見されている。 1.2. コーサイトの生成条件は地球の深度70 km以下に相当し深部まで潜った岩石が上昇してきた超高圧変成岩で見つかっている。 1.3. マントル遷移層から下部マントル程度の高圧条件下ではスティショバイト構造をとると考えられている。 2. ザイフェルト石は、既知の多形の中で最も高い圧力40GPaで発見されている。 2.1. 実験室以外では、月隕石か火星隕石でのみ見つかっている(地球への隕石では大気による減速で、ほとんど40GPaに至らない)。

    シリカ電球

    1. 電球の内側に、眩しさを防ぎ光を拡散させる目的で塗料として塗られる。

    ガラス

    1. 無機ガラスの主成分である。

    医薬品・化粧品

    1. 「無水ケイ酸」などと呼ばれ食品添加物や化粧品などに用いられる。これについてはシリカ#食品添加物としての利用およびシリカ#化粧品・医薬品への添加を参照のこと。

    二酸化ケイ素はフッ化水素ガス(HF)やフッ化水素酸(HF(aq))と反応し、それぞれフッ化ケイ素(SiF4)、ヘキサフルオロケイ酸 (H2SiF6)を生ずる。 1. SiO 2 + 4 HF ( gas ) ⟶ SiF 4 + 2 H 2 O {\\displaystyle {\\ce {SiO2 + 4HF(gas) -> SiF4 + 2H2O}}} 2. SiO 2 + 6 HF ( aq ) ⟶ H 2 SiF 6 + 2 H 2 O {\\displaystyle {\\ce {SiO2 + 6HF(aq) -> H2SiF6 + 2H2O}}} また、固体の水酸化ナトリウム(NaOH)と熱することによりケイ酸ナトリウム(Na2SiO3)が生成する。ケイ酸ナトリウムに水を加えて熱すると水ガラスとなる。 1. SiO 2 + 2 NaOH ⟶ Na 2 SiO 3 + H 2 O {\\displaystyle {\\ce {SiO2 + 2NaOH -> Na2SiO3 + H2O}}}

    二酸化ケイ素(シリカ)は石英、珪砂、珪石などの形で産出する。天然の石英の資源量には限りがあるが、工業的には代わりに人工石英がもちいられる。珪砂や珪石の資源量は非常に潤沢であり、工業用の純度の高いものも世界中に広く分布する。 成熟した砂漠の砂にも多く含まれる。

    粉体状のものを多量に吸入すると、塵肺の一種である珪肺の原因となる。ホークス・ネストトンネル災害などが発生し、鉱石採掘現場での労働災害が課題となった。シリカ結晶の粉体は、国際がん研究機関によりグループ1の「ヒトに対する発癌性が認められる」物質に指定されている。微粉末の吸入が問題なのであり、吸入しなければ問題は認められない。例えばある程度大きな結晶を素手で触れたとしても、それ自体は何ら問題ではない。

    黒田吉益、諏訪兼位「4.1 SiO2 鉱物 (Silica minerals)」『偏光顕微鏡と岩石鉱物 第2版』共立出版、1983年、66-72頁。ISBN 4-320-04578-5。
    森本信男「10 シリカ鉱物」『造岩鉱物学』東京大学出版会、1989年、191-199頁。ISBN 4-13-062123-8。
  10. 近藤隆幸 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 近藤隆幸

    近藤 隆幸(こんどう たかゆき、1973年[1]12月14日 - )は日本の男性声優、ナレーター。岐阜県出身。オフィス・フローレス ...

  11. 其他人也搜尋了
  1. 散熱風扇 相關
    廣告