Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 施明徳施明徳 - Wikipedia

    施 明徳 (し めいとく、 中国語 :施明德、 1941年 1月15日 - 2024年 1月15日 )は、 台湾 の 政治家 。 戒厳令 施行期の台湾における党外勢力(反 中国国民党 勢力)の主要人物のひとり。 かつて 民主進歩党 に所属し、第6代党主席をつとめた。 あだ名は「徳」の日本語訓読にちなむ「ノリ」(英文ではNori Shih)。 来歴 1941年 高雄市 生まれ。 1959年 に陸軍砲兵学校に入学、 1961年 に同校を卒業後、 陸軍少尉 に任官され、 小金門 で砲兵監測官に就く。 翌 1962年 に「 台湾独立 連盟案」起草に関係したとして、反乱罪の容疑をかけられ、小金門で逮捕、 1964年 無期懲役・公民権終身剥奪の判決を受ける。

  2. 概要 「教育ニ関スル勅語」(教育勅語)は、 教育 の 基本方針 を示す 明治天皇 の 勅語 である。 1890年 (明治23年)10月30日に下され、翌31日付の 官報 などで公表された [2] 。 公式 文書 においては「教育ニ関スル勅語」と表現するが、一般的には「教育勅語」と表現される。 全文315字 [1] 。 「勅語」として明治天皇の 御名 のもとに頒布されたが、実際は1890年2月に開催された 地方官会議 において、当時の 第1次山縣内閣 に対して徳育原則の確立を迫る建議が行われたのが直接の契機となり [1] 、法制局長 井上毅 と枢密顧問官 元田永孚 らが中心となって起草した [1] 。

    • 1890年(明治23年)10月30日
    • 明治天皇
    • 国民道徳の基本と教育の根本理念を示す
  3. 概要 中華民国憲法 の定めるところにより、中華民国総統は、中華民国を 外国 に対して代表し、 条約 の締結及び 宣戦 と 講和 の権限を行使することができ、国内に対しては、 法律 を 公布 し、 命令 を発し、 戒厳 を宣布し、大赦、特赦、減刑、復権の権限を行使し、文武官を任免し、 栄典 を授与することができる。 また、 三軍 の 統帥者 であり、全国の 陸 海 空軍 を統率する。 中華民国憲法増修条文 の定めるところによれば、中華民国総統は、 行政院 会議の決議により 緊急命令 を発することができ、 立法院 が 行政院長 の不信任案を可決した場合は、 立法院長 ( 中国語版 ) への諮問の上、立法院の解散を宣言することができる。

  4. 明徳は主席を辞任した。 1997年県市長選挙では民進党は12県市で勝利したが、台北市長選挙では2期目を目指す陳水扁は、清廉なイメージで選挙戦略を展開したが、李登輝により新台湾人と評価された馬英九に敗れた。

  5. ja.wikipedia.org › wiki › 商鞅商鞅 - Wikipedia

    商 鞅 (しょう おう、 紀元前390年 - 紀元前338年 )は、 中国 戦国時代 の 秦 国の 政治家 ・ 将軍 ・ 法家 ・ 兵家 。 姓 は 姫 、 氏 は 公孫 。 名 は 鞅 。 また、 衛 の 公族 系のために 衛鞅 (えいおう)ともいう。 なお商鞅とは、後に秦の商・於に封じられたため商君鞅という意味の尊称である。 法家 思想を基に秦の国政改革を進め、後の秦の天下統一の礎を築いたが、性急な改革から自身は周囲の恨みを買い、逃亡・挙兵するも秦軍に攻められ戦死した。 生涯 仕官まで 彼は 衛 の公族出身で、 魏 の 恵王 (在位: 紀元前370年 - 紀元前335年 )の 宰相 公叔痤 ( 中国語版 ) [1] の 食客 となり、中庶子 [2] に任ぜられる。

  6. ja.wikipedia.org › wiki › 釈迦釈迦 - Wikipedia

    釈迦(しゃか、旧字体:釋迦、サンスクリット: शाक्यमुनि、Śākyamuni)は、北インド[4]の人物で、仏教の開祖。ただし、存命していた時代については後述の通り紀元前7世紀、紀元前6世紀、紀元前5世紀など複数の説があり、正確な生没年は分かっ ...

  7. ja.wikipedia.org › wiki › 施琅施琅 - Wikipedia

    琅 (し ろう、 拼音: Shī Láng 、台湾語: Si Lông、1621年 - 1696年)は、 明 末期から 清 初期の軍人。 特に 台湾 の 鄭氏政権 の攻略など、 水軍 の運用に優れた 提督 として知られる。 生涯 福建 晋江 に生まれた。 鄭芝龍 の部下であったが、 1646年 ( 順治 3年)鄭芝龍が 清 に投降すると、それに従った [1] 。 鄭芝龍の嫡子 鄭成功 による 南明 への反正を誘われ、一度帰順したが、再び離反したため家族が捕らわれた。 この際、父兄以下家族は皆殺しにされている [1] 。 1656年 (順治13年)定遠大将軍 済度 の麾下で鄭成功の北伐を迎撃、撃退に貢献した功で同安副将となった。

  1. 其他人也搜尋了