Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. ヒトiPS細胞の大量培養技術開発を基盤としたヒト心筋組織構築と医療応用開発. ヒト多能性幹細胞は、再生医療、創薬・疾患研究における有望なヒト細胞ソースとして世界的に活用が進められています。. 一方で、その実用化および研究開発の加速には、安定 ...

  2. 先端生命研生命医科学センターでは、先端生命医科学研究所と企業や研究機関との共同研究を推進しています。. TWIns3Fエリアには、企業などに研究室・実験室としてご利用いただくメディカル・イノベーションラボラトリー(MIL)を設置しており、現在以下 ...

  3. 血管網付与による三次元組織・臓器の構築. 本研究所では細胞シート工学を用いた立体組織や臓器の再生を追及しています。. これまでに、酸素・栄養の透過性や老廃物の除去に起因する作成組織の厚みの限界を克服するためにin vivoで細胞シートの段階的 ...

  4. ナノメートルスケール分子設計とマイクロ加工技術を駆使した次世代型温度応答性培養皿を開発し、生体組織と同様の構造を有する三次細胞組織の構築を目指しています。

  5. 2022年12月23日 · この度本件の研究グループは、先端生命医科学研究所の独自の組織工学手法を応用し、収縮機能を有するヒト筋組織モデルを作製する手法を新たに開発しました。 さらに収縮力を定量的に計測できるシステムと組み合わせることで、薬剤の影響によって収縮力が増加・減少する様子をモニタリングできる技術を開発することにも成功しました。 Ⅱ 研究の内容. 先端生命医科学研究所において開発した細胞シート技術という独自の組織工学技術を応用し、生体に類似した筋線維が配向した構造を形成。 さらに十分に収縮するまで成熟化させた「構造的・機能的に生体を模倣した骨格筋組織」を作製することに成功しました。 併せてそのシート状筋組織を何枚も積み上げる技術を応用し、高い収縮力を生み出す多層型筋組織を作製しました。

  6. 2019年4月3日 · Share. ―IoT・ロボット・AIを活用する未来型手術実現に向けた実証実験を開始―. 現状、手術室等の現場では、多種多様な医療機器・設備から発生する膨大な情報を、医師やスタッフが限られた時間内に判断しつつ治療を行っています。 そこで、学校法人東京女子医科大学(理事長 吉岡俊正)は、国立研究開発法人日本医療開発研究機構(AMED)、信州大学等5大学、デンソー、日立製作所等11社と共に、IoTを活用して各種医療機器・設備を接続・連携させ、手術の進行や患者さんの状況を統合把握することにより、手術の精度と安全性を向上させる「スマート治療室」の開発を進めています。

  7. 情報誘導手術・精密誘導治療システムの開発. 先端工学外科分野 (Faculty of Advanced Techno-Surgery、通称FATS)は、2001年4月の大学院医学研究科先端生命医科学系専攻の開設とともに、髙倉公明教授、伊関洋教授によって創設された研究組織です。. 現在、村垣善浩 ...

  1. 晶元光電 相關

    廣告
  2. 專業經營高精密度之印刷網版.複合式網版,SMT高精密印刷鋼版.蝕刻零件等。 以專業技術為根本,提供客戶最優質的印刷網版解決方案,JLS網版有限公司值得您信賴!

  1. 其他人也搜尋了