Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 30,200 項搜尋結果

  1. 中央流行疫情指揮中心(ちゅうおうりゅうこうえきじょうしきちゅうしん、略称:疫情指揮中心、英語:Central Epidemic Command Center、英略称:CECC)は非常時に中華民国(台湾)の衛生福利部国家衛生指揮中心(英語:National Health Command Center、英略称:NHCC)の下に設立する伝染病(感染症)の監視 ...

  2. ja.wikipedia.org › wiki › コロナ禍コロナ禍 - Wikipedia

    コロナ禍(コロナか)とは、2019年(令和元年)末からの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による災難や危機的状況を指す言葉である [1] [2]。 「コロナ禍」のうち、「コロナ」は「新型コロナウイルス」 [3] (SARSコロナウイルス2)を意味し、「禍」は「災い」や「災難」「不幸な ...

  3. 日本の感染者数が20万人を超えた [104]。 南極で初めて感染者が確認されたと発表。これにより六大陸全てで感染が確認されたことになる [105] [106]。 12月22日 ペルーの感染者数が100万人を超えた [107]。 12月24日 イタリアの感染者数が200万人を超えた [108]。 12月

    • 出来事
    • 予定
    • 死去

    1月

    1. 1日 1.1. アラン・ベルセが2023年度のスイス連邦大統領、ヴィオラ・アムヘルトが連邦副大統領に就任。 1.2. 中国の王毅前外交部長が共産党中央外事工作委員会弁公室主任に就任したことが明らかになった。楊潔篪の後任として外交トップを務める。 1.3. ブラジル連邦共和国大統領にルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァが就任。 1.4. クロアチアがシェンゲン協定に加盟し、欧州共通通貨ユーロを導入。 1.5. 国際連合安全保障理事会非常任理事国に日本・モザンビーク・エクアドル・スイス・マルタが就任。任期は2024年末まで。日本は加盟国最多の12回目。 2. 2日 - ブルガリアのルメン・ラデフ大統領は議会第2党の我々は変化を継続する(英語版)(PP)に組閣を要請。PPはニコライ・デンコフ(英語版)元教育相を首相候補に決定。 3. 3日 - アメリカ合衆国第118回議会(英語版)開会。下院議長選挙が行われたが、多数派となった共和党で保守強硬派が造反し、ケビン・マッカーシー党院内総務が過半数獲得に失敗し、100年ぶりに再選挙が行わる事態に。7日未明の15回目投票でマッカーシーが...

    1月

    1. 20日 - チュニジア人民議会選挙(英語版)決選投票 2. 21日 - スロバキア国民投票(英語版) 3. 22日 - 山梨県知事選挙 4. 23日 - 第211回国会(通常国会)召集 5. 27日、28日 - チェコ大統領選挙(英語版)決選投票 6. 日付未定 - 第14期全国人民代表大会(中国語版)代表(議員)の選出

    2月

    1. 5日 1.1. 愛知県知事選挙 1.2. 北九州市長選挙 2. 25日 - ナイジェリア総選挙(英語版)

    3月

    1. 5日 1.1. エストニア議会選挙(英語版) 1.2. 第14期全国人民代表大会(中国語版)第1回会議

    1月

    1. 3日 1.1. ルスラン・ハズブラートフ: 元ロシア最高会議議長(* 1942年) 1.2. アブデルサラム・アル=マジャリ(英語版): 元ヨルダン首相、元外相(* 1925年) 2. 4日 - ヴォロドィームィル・ラドチェンコ: 元ウクライナ副首相、元保安庁長官、元国家安全保障・国防会議書記(* 1948年) 3. 5日 - マゴメド・アブドゥラエフ(ロシア語版): ロシア連邦内ダゲスタン共和国元首相(* 1961年) 4. 10日 - コンスタンティノス2世: 最後のギリシャ王国国王(* 1940年) 5. 11日 5.1. モルタザ・ラヒモフ: ロシア連邦内バシコルトスタン共和国初代大統領、バシキールASSR元最高会議議長(* 1934年) 5.2. ラフィク・ニシャノフ: ソビエト連邦内ウズベクSSR元最高会議幹部会議長(* 1926年) 6. 14日 - アリレザ・アクバリ(英語版): 元イラン国防軍需副大臣(* 1961年) 7. 18日 - デニス・モナスティルスキー: ウクライナ内務大臣(* 1980年)

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 追儺追儺 - Wikipedia

    • 歴史
    • 日本での儺の意味の変化
    • 寺社での鬼やらい・鬼追・鬼走

    中国では『論語』に「儺」の語が見られる。古い時代には大晦日のみにおこなわれるものとは語られておらず、年間に三度おこなわれるかたち(三時儺)が執られていたりもした。『隋書』によると隋王朝ではこの方式を採用していたようで、年に三度(春・秋・冬)行われている。六朝時代ごろに大晦日とされるかたちが出来たと見られている。唐以後は行事に用いられる人数も増大してゆくようになったが、宋の時代には方相氏たちによる舞は失われて、武人や鍾馗などが儀式に登場するようになった。 宮中のほかに民間でも同様の疫鬼を追い払う儀式がおこなわれており、儺戯などと呼ばれており現代も中国各地で民間行事として受け継がれてもいる。 日本の文献では『続日本紀』に見られる「天下諸国疫疾、百姓多死、始作二土牛一大儺」(慶雲3年(706年)十...

    9世紀ごろには、桃の弓や祭文の用いられ方の変化などから、儀式の中で目に見える存在として登場することはない鬼を追う側であった方相氏や侲子(儺)が逆に、目に見える鬼として追われるようなかたちに儀式がうつりかわっていく様子が見られ、それと同時に儺(鬼)を追い払うといった意味で「追儺」という名称が日本で独自に発生していったと考えられている。追儺という呼び方は『延喜式』などにその使用が見ることが出来るが、それ以前の『内裏式』などでは大儺が用いられている。また方相氏たち「儺」の役割をもつ存在が日本の宮中儀式のなかで「鬼を払う者」から「鬼」へ役割が替わったことは、『公事根源』などの文献で方相氏を「鬼」であると表現している点などからもうかがうことが出来る。 歴史学者の神野清一や三宅和朗は、方相氏が追儺以外の...

    日本では平安時代(11世紀頃)から宮中以外でも公家・陰陽師・宗教者などを中心に追儺の行事を実施する者が増加してゆくことにより、各地の寺社にも儺と関連した行事が根付いていった。それらの中には現在も修正会・修二会をはじめとした節分の行事としておこなわれているものもある。寺社での鬼遣・追儺の行事には、鬼のほかに毘沙門天などが登場したりもする。 古式を復活させ方相氏の面が用いられる追儺式を行っている寺社もあるが、地方の寺社や民間で行われてきた鬼やらいや節分の行事に疫鬼として登場するのは鬼の面をつけた(一般的なかたちの)鬼であることが多い。 1. 鬼儺会(おにばらえ)(岩手県・達谷窟毘沙門堂) 2. 儺負の神事(愛知県・国府宮) 3. 追儺会・鬼追式(奈良県・法隆寺) - 毘沙門天が鬼を追う。 4. ...

  5. 木村 次郎右衛門(きむら じろうえもん、1897年〈明治30年〉4月19日 [1] - 2013年〈平成25年〉6月12日 [1] )は、日本のスーパーセンテナリアン。生年月日と死亡年月日が確かな男性のうち、史上最も長生きしたとされる日本人男性。 2012年 12月17日より死去するまで存命人物のうち男女を含めた世界 ...

  6. 訃報 2022年12月. このページは、 人物の訃報 を扱うものですので、動物等は記載しないで下さい。. 物故者は没日ごとに 生年順 で列挙しています。. 訃報 2022年12月 (ふほう 2022ねん12がつ)では、 2022年 12月 に物故した、又は物故が報じられた人物について ...

  1. 其他人也搜尋了