Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 2020年東京オリンピック - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 2020年東京オリンピック

    東京2020オリンピック競技大会(とうきょうニーゼロニーゼロオリンピックきょうぎたいかい [注釈 1]、TOKYO 2020 )は、2021年(令和3年)7月23日から8月8日までの17日間、日本の東京都で開催された第32回オリンピック競技大会 [1]。 205の国と地域 [注釈 2] から ...

    • 11,092人
    • 非追加種目 28競技321種目, 追加種目 5競技18種目, 合計 33競技339種目
    • 205並びに難民選手団
    • 日本 東京都
  2. 北京国家体育場 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 国家体育場

    北京国家体育場(ペキンこっかたいいくじょう、簡体字: 北京国家体育场;拼音: Běijīng guójiā tǐyùchǎng )は、中華人民共和国・北京の陸上競技場、および中国最大のスタジアムである。 北京オリンピックのメインスタジアムであった。 日本では、国家スタジアム ...

    • 天然芝
    • 2008年6月
  3. オリンピックのチャイニーズタイペイ選手団 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › オリンピックの

    オリンピックのチャイニーズタイペイ選手団 中華奧林匹克委員會旗 IOCコード: TPE NOC: 中華奧林匹克委員會 公式サイト オリンピック メダル 金 7 銀 11 銅 18 計 36 夏季オリンピックチャイニーズタイペイ選手団 1980 • 1984 • 1988 • 1992 • 1996 • 2000 • ...

  4. 大さん橋 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 横浜大桟橋旅客ターミナル
    • 概要
    • 歴史と趨勢
    • パナマックス問題
    • 国際客船ターミナル機能
    • 大さん橋ホール
    • 新しい愛称「くじらのせなか」
    • 交通
    • ギャラリー
    • 周辺
    • 参考文献

    1894年(明治27年)に完成した鉄桟橋を前身とし、「税関桟橋」「横浜桟橋」「山下町桟橋」等の様々な名称があったが、その後、「大桟橋」に落ち着いた。その他、太平洋戦争後連合軍に接収されていた間は「サウスピア」と呼ばれ[注 1]、明治の末頃から1970年頃までは「メリケン波止場」とも呼ばれていた。前身施設は名実ともに桟橋であったが、2002年(平成14年)に完成した現在の大さん橋は構造的には“桟橋”ではなく“岸壁”であり、平仮名混じりの「大さん橋」が正式な表記である。 横浜港大さん橋ふ頭及び横浜港大さん橋国際客船ターミナルにより構成され、横浜港における国内および外国航路の客船の主要発着埠頭である。横浜港の象徴的存在であると同時に、横浜市や横浜港における主要観光地としても知られている。 日本郵船の子会社・郵船クルーズのクルーズ客船である「飛鳥II」は横浜港が船籍港(母港)であり、大さん橋を拠点としている。また、横浜港周遊船である「ロイヤルウイング」や東海汽船による伊豆諸島への離島旅客航路も持っている。

    横浜開港から大桟橋建設まで

    横浜港は幕末の1859年(安政6年)に開港して以来、急増する貨物量に対し、イギリス波止場(後の「象の鼻」波止場と呼ばれる)やフランス波止場と呼ばれる艀荷役に必要な小規模の船溜まりこそあったものの、直接岸壁に接岸し荷役を行える施設がなかった。増加一途の貨物量は艀荷役だけでは対応しきれなくなり、接岸荷役を可能にする近代埠頭の必要性が高まっていった。艀荷役は、慢性的な埠頭不足により、近年のコンテナ輸送への質的転換まで長く続き、まずは近代国家に相応しい埠頭を建設することが当時の早急の課題とされた。明治維新直後から井上馨大蔵大輔や、神奈川県知事からの要請等により、1870年に工部省お雇い外国人の英国人技師リチャード・ヘンリー・ブラントンによる横浜築港桟橋計画の提案や、1874年には内務省お雇い外国人オランダ人技師ファン・ドールンにより築港計画提案に至り、大隈重信大蔵卿からも接岸荷役体制に向けた築港計画が上申される等、多くの要望があったが、実現できなかった。また当時、既に東京港建設の機運があり、品川沖に築港する案もあったが、横浜市からの反対や財政難により、これも実現しなかった。 横浜開港から...

    関東大震災による倒壊と復興

    1923年9月1日の関東大震災により大桟橋は崩壊した。大桟橋には当時3隻の客船が接岸しており、カナダ太平洋汽船の「初代エンプレス・オブ・オーストラリア(英語版)」の船長サミュエル・ロビンソンが当時の救出活動や罹災状況につき詳細な記録を残している。ロビンソンは被災者の船上への救出活動などで活躍し、紅綬褒章を受章したのを始め、各国でも救助活動を高く評価され勲章を与えられている。大桟橋の復旧は1923年10月から始まり、1925年9月には完成した。1928年迄に2棟の上屋が建設され、チャータード銀行、香港上海銀行支店が開設され、帝国ホテル直営の桟橋レストランが開業した。 この頃から海運競争力維持や国威高揚も兼ねて日本船籍の新鋭客船新造が相次いだ。外国新造大型船も続々と入港するようになり、大桟橋は黄金期を迎え、多忙な桟橋となった。チャーリー・チャップリンの来日も大桟橋から始まるなど、大桟橋を場とした国際旅客の乗下船による文化交流が最も盛んな時代であったといえる。一方では、昭和恐慌により疲弊した農村部からの南米移民が急増した時代でもあり、大桟橋は南米移民の日本出発の最終拠点として、周辺の移...

    太平洋戦争と連合国接収、接収解除

    太平洋戦争終結により大桟橋は連合国に接収され、サウスピアと改称された。降伏文書調印のために米国戦艦「ミズーリ」に向かった重光葵外相も大桟橋から小型船に乗船している。連合国も連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ) を当初置いたのも大桟橋に程近いホテルニューグランドであり、大桟橋が時代の節目で日本の歴史に深くかかわることが横浜の開港以来の宿命を如実に表している。大桟橋は1952年2月15日に接収解除となり、北米定期航路にはアメリカンプレジデントラインの「プレジデント・ウィルソン」や「プレジデント・クリーブランド」、欧州航路にはP&Oクルーズの「チューサン」、オリエントラインの「オロンセイ」などが就航。日本郵船の「氷川丸」がシアトル航路に復活するなど、第二の盛時を迎えた。また移民船として「ぶらじる丸」「あるぜんちな丸」等が就航し、1960年代初頭までの戦前に続く第二次南米移民ブームを支えた。また後にソビエト連邦とのナホトカ定期航路も開設され、シベリア鉄道に乗継ぐことで、安価な旅費での欧州渡航が人気を博した。この頃の「氷川丸」でフルブライト留学生として渡米した人々も少なくなく、また宝塚歌...

    クルーズ客船の寄港誘致が課題であるが、2000年代の超大型クルーズ船(海面上の高さ〈マスト高〉がパナマックスの高さ制限である57.91mクラス)が横浜ベイブリッジ下(主塔高175m・主塔上端から道路部まで120m=海面から道路部までの高さ約55m)のクリアランス(船が通過できる高さ)を達成できないため、大さん橋に着岸できない。そのため、2009年と2010年の「クイーン・メリー2」の横浜港寄港では、旅客用の大さん橋ではなく、貨物埠頭である大黒埠頭に着岸した。 しかし、本来は貨物埠頭の上、横浜市の中心部である中区から離れていることなど、クルーズ客船に乗船している乗客の不満から、キュナード・ラインは「クイーン・メリー2」の日本寄港地を大阪港に変更したため、横浜市民からはこれを憂う声が高まった。その後、キュナード・ラインは2014年に「クイーン・エリザベス」を寄港させ、干潮時に横浜ベイブリッジを通過することで、大さん橋への接岸を可能にした。 横浜港における横浜ベイブリッジをくぐれない超大型クルーズ船問題の抜本的な解決策として、横浜市では横浜ベイブリッジ外側にある本牧埠頭や大黒埠頭の岸壁を超大型クルーズ船(海面上の高さ〈マスト高〉が55m以上の船)に対応した「客船ターミナル」として再整備する方針を示しており[注 2]、さらに新港埠頭や山下埠頭にも客船ターミナルを整備することで、今後のクルーズ客船需要を取り込み、市内観光の活性化に繋げるための検討が進められている[注 3]。2017年からは大黒埠頭にて超大型船への対応を目的とした改良工事に着手し、CIQ施設など新設した上で2019年4月19日より運用を開始した。

    大さん橋国際客船ターミナル (Osanbashi International Passenger Terminal) は横浜港で大型客船が複数同時着岸できる主要旅客ターミナルとして建設された。「クイーン・エリザベス2」クラスの客船が2隻同時着岸できる。また3万トン以下クラスの客船であれば4隻同時着岸が可能であり、その規模は神戸港の新港第四突堤(神戸ポートターミナル)に次ぐ。建物は、内部に柱・梁がなく、また階段が無くスロープやエレベータで昇り降りする非常に先取的構造となっている。また、屋上はウッドデッキおよび芝生広場となっており、24時間自由に出入りできる、公園のような場所となっている。 大さん橋は海路からの出入国の場であり、横浜港や横浜税関を経由する旅客の出入国の場である。現在でも外国航路に出るクルーズ客船に乗下船する際は、ここで通関や出入国手続きや手荷物検査を行う。乗下船は基本的にはボーディング・ブリッジを使用してターミナルを経由して行うが、寄港するだけの場合はツアーバスを停めるスペースの関係上、タラップを使用しての岸壁経由となる。 大さん橋は国内離島航路もあり、伊豆諸島に向かう東海汽船の定期航路の発着場としても広く利用されている。また時季によっては、伊豆諸島航路の帰路に便乗する形で、東京港の竹芝埠頭への夜景クルーズが利用できる。 一帯はみなとオアシスの登録をしていて、ターミナルはみなとオアシス横浜港の代表施設である。

    大さん橋ホール (Osanbashi Hall) は、大さん橋の2Fの奥に位置する多目的ホールである。相鉄企業・横浜港振興協会・相鉄エージェンシー共同事業体が管理・運営している。床面・壁面はウッドデッキ仕上げ、正面奥は強化ガラスウォールであり、横浜ベイブリッジ方面を望むことができる。広さは約2,000m2であり、天井高は6.5〜7.5mある。最大で1,200名の収容が可能であり、屋上フリースペースから連続した空間としての利用も可能である。朱孝天のアルバム『On Ken's Time』に収録されている「La La La」や茅原実里「ZONE//ALONE」のミュージックビデオなど撮影地としても用いられる。

    大さん橋屋上のフリースペースは、大型客船の入出港時等は多くの見物客で賑わい、今や横浜の一大観光スポットとなっているが、このスペースをより親しみやすい場所に育てるべく、2006年に横浜市港湾局が愛称を一般から公募した。その結果、大さん橋全体を大きなクジラに見立てイメージされた「くじらのせなか」が選定され、同年12月に公式な愛称となった。 なお、この愛称を派生させる形で、大さん橋の室内部分が「くじらのおなか」と呼ばれるケースも生じており、例えばミニコンサート等のイベントが行われる場合、「くじらのおなかコンサート」といった言葉の用いられ方がなされている。

    横浜市営バス26系統「大桟橋」バス停から徒歩3分。
    みなとみらい線日本大通り駅から徒歩7分。
    JR根岸線・市営地下鉄ブルーライン関内駅から徒歩15分。
    上部から内部へのスロープ
    大さん橋から見た横浜ベイブリッジ
    大さん橋から見た氷川丸とマリンタワー
    大さん橋から見たみなとみらい21
    『横浜市史II』第2巻(上)、横浜市、1999年。
    『横浜大桟橋物語』客船とみなと遺産の会、JTBパブリッシング、2004年。ISBN 9784533056239。
    田中祥夫『横浜港の七不思議―象の鼻・大桟橋・新港埠頭』有隣堂、2007年。ISBN 9784896602005。
  5. 芝能楽堂 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 能楽社
    • 背景
    • 歴史
    • 建築の特徴
    • 参考文献
    • 関連項目

    幕府・藩からの保護を受けて成り立っていた能界は、明治維新により存続の危機に立たされることとなった。この時期、多くの役者が廃業・転業を余儀なくされ、多くの流儀が消滅した。 しかし維新直後の混乱が落ち着くと、宮中、そして旧大名に代表される華族らが、能・狂言の保護に向けて動き出した。1878年(明治11年)には、能を好んだ英照皇太后のため、青山御所に能舞台が建てられている。 ことに岩倉具視は欧米外遊の際に、各国の芸術保護を実見しており、1878年(明治11年)頃から、華族による能・狂言の後援団体設立に向けて動き始めた。

    創立まで

    当初「皆楽社」として計画が進んでいた組織は、発起人に加わっていた前田斉泰と世話人の重野安繹の発案により「能楽社」として設立されることとなった(これが現在の「能楽」という言葉の起こりである)。社員としては華族48人が加わり、まずは演能の場となる舞台を建設することとなった。またこの舞台建設に当たっては、英照皇太后の鑑賞に供するという目的も掲げられた。 候補地としては上野公園なども挙がったが、ちょうど芝公園内に会員制の高級料亭「紅葉館」の建設計画が進んでおり、これと併設する形で創建されることとなった。 1880年(明治13年)10月、宮内庁内匠課技師の白川勝文の監督により着工。建設にかかった費用は当時の金額で1万8000円余りだった。岩倉は多忙の中毎日のように工事現場を訪れ、嵐窓の付け方、切戸の取っ手の彫り方といった細部に至るまで注文を付けたという。

    舞台開き

    舞台の落成を受けて1881年(明治14年)4月16日、九条道孝、前田斉泰、池田茂政、藤堂高潔、坊城俊政、前田利鬯を発起人とし、「能楽社」が正式に設立された。 同日、英照皇太后の行啓を仰いで舞台開きが催され、宝生九郎が「翁」「高砂」(ワキ・宝生新朔)を、観世清孝が「田村」、梅若実が「桜川」、金剛唯一が「鞍馬天狗」、そして櫻間伴馬が半能「加茂」を舞った。また17日には華族たちを対象に、そして18日には一般への公開能が開かれ700人あまりの観客を集めた。 当初この舞台は単に「能舞台」などと称されていたが、同年6月に宝生九郎が出した新聞広告に「芝公園内楓山能楽堂」の語があり、少なくとも1882年(明治15年)には能楽社関係者の中でも「能楽堂」の称が用いられている。1882年(明治15年)頃からは「芝能楽堂」の表記が見え、後にはこの呼称が一般的となり、また「芝公園の能楽堂」「紅葉館の能楽堂」などとも呼ばれた。のち、「能楽堂」の称は同様の形式を持つ能舞台全般に広く用いられることとなった。 芝能楽堂ではすでに能楽界の第一人者と見なされていた梅若実、宝生九郎に加え、1882年(明治15年)頃から...

    経営の難航

    創立初年には見物客だけでも9100人以上を集め、英照皇太后や皇后の行啓もたびたび受けるなど花やかなスタートを切った芝能楽堂だが、その経営は早くから難航した。 社員にはあまり観能に訪れない人も多く、また能楽師への舞台貸し出しも、準備の煩雑さに比べて利益が上がりづらいことから敬遠され、あまり流行らなかった。社員たちからの寄付も思うように集まらず、年に10回ほどの定期能を催すことさえ困難だった。 また芝能楽堂の維持それ自体も、大きな困難事だった。年200円近い借地料に加え、森林に囲まれた立地から湿気も多いことからその修繕費も少なくなく、また税金の支払いもかさんでいた。 1883年(明治16年)、岩倉が亡くなったことも大きな打撃となった。能楽社では岩倉に代わり三条実美を後援者に迎え、1887年(明治20年)には宮内大臣に「能楽保護請願書」を提出し、いくばくかの恩賜金を得たが、依然経営は厳しかった。 また皮肉にも「能楽再興」の進展が、その経営悪化に拍車をかけた。「三名人」の一人・梅若実は芝能楽堂開業以前から梅若舞台を自派の拠点として有していたが、1886年(明治19年)には宝生九郎率いる宝...

    芝能楽堂は、現在演能の大半が行われている「能楽堂」の嚆矢である。 芝能楽堂の登場以前、能役者宅の稽古舞台などを別にすると、能舞台は原則的に屋外に建てられてきた。城内・邸内に能舞台を設置する場合、舞台は中庭などに建てられ、観客は邸内から庭・池などを隔ててこれを鑑賞するのが普通だった。 芝能楽堂においても当初はやはり能舞台と見所(観客席)がそれぞれ独立して建てられ、その間に露天の白州を挟む構造であった。しかし1897年(明治30年)ごろ改築が行われ、両棟の間をガラス板でつなぎ、白州を縮小、能舞台と見所の空間を一体化する「室内化」が進んだ。 また従来は観客席が設けられていた地裏(舞台から見て左側のスペース)が大幅に縮小され、逆に脇正面(舞台から見て右側のスペース)の観客席が拡大を遂げており、これも現行の「能楽堂」と同様のものである。 芝能楽堂は近代に誕生した「最初の能楽専門劇場」であると同時に前代までの、大衆向けに催された「勧進能」の野外会場、そして城内・邸内に設けられた貴人のための能舞台の性格をそれぞれ引き継いでいると評することができる。また芝能楽堂以降、こうした「能楽堂」形式が普及したことは、演技を含めた能のあり方に有形無形の影響を与えたと考えられている。

    池内信嘉『能楽盛衰記』(増補・復刻版)東京創元社、1992年(初版:1925〜1926年)
    古川久『明治能楽史序説』わんや書店、1969年
    表章・天野文雄『岩波講座 能・狂言 I 能楽の歴史』岩波書店、1987年
  6. 奥山義行 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 奥山義行

    奥山 義行(おくやま よしゆき、1970年5月3日 - )は、日本の元陸上競技選手、1991年世界陸上の元200m走日本代表。TBS『SASUKE』の有力選手でもある。身長168cm、体重58kg。山形県出身。日本大学卒業。

  7. 奥右筆 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 奥右筆
    • 概要
    • 関連項目
    • 関連作品

    江戸幕府初期より右筆制度は存在しており、室町幕府や豊臣政権以来の歴代の右筆の家柄出身者などがこれに充てられていた。徳川綱吉が館林藩主より将軍となった時には、館林から右筆を連れて江戸城に入り、特に奥右筆に任じて、自身が発給する文書の作成などを任せた。これに対して従来の右筆は表右筆と呼ばれるようになる。奥右筆は当初は綱吉側近の数名であったが、後に拡大されて宝暦年間には17名程度にまで拡張された。また人数の増加により表右筆(30名前後、後に80名前後)の中から奥右筆に転じる事例が増え、後にはこの表右筆→奥右筆という昇順が確立する。 奥右筆が表右筆より重視されていたのは待遇面でも明らかである。享保年間の制によれば、右筆の長である組頭の禄高を比較すると、表右筆組頭が役高300石・役料150俵であったのに対して、奥右筆組頭は役高400石、役料200俵だった。また一般の右筆においても表右筆が150俵の蔵米の給与であったのに対し、奥右筆は200石高の領地の知行だった。 奥右筆はまた、幕府の機密文書の管理や作成なども行う役職で、その地位こそ低かったものの、実際は幕府の数多い役職の中でも特に重要な役職だった。現在で言うところの政策秘書に近い存在といえる。[要出典]さらには、奥右筆の中には幕閣(大老や老中)が集う会議で意見を述べることが許されていた者もいた。[要出典] というのは、諸大名が将軍をはじめとする幕府の各所に書状を差し出すときには、必ず事前に奥右筆によってその内容が確認されることが常となっていた。[要出典]つまり、奥右筆の手加減次第で、その書状が将軍などに行き届くかどうかが決められるほどの役職だったのである。また、幕閣より将軍に上げられた政策上の問題について、将軍の命令によって調査・報告を行う職務も与えられていた。その報告によって幕府の政策が変更されたり、特定の大名に対して財政あるいは人的な負担を求められる事態も起こりえたのである。[要出典] このため、諸大名は奥右筆の存在を恐れたともいう。[要出典]

    旅人異三郎(1973年、東京12チャンネル・三船プロダクション)
    斬り捨て御免!(1980年、東京12チャンネル・歌舞伎座)
    お命頂戴!(1981年、テレビ東京・歌舞伎座)
  8. 奥田義人 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 奥田義人
    • 来歴
    • 参考文献
    • 関連文献
    • 関連項目

    邑美郡栗谷町(現在の鳥取市栗谷町)で生まれた。幼名は留三郎。父奥田鉄蔵は禄高300石の鳥取藩士で、作事組頭、武術師範を務めた。 7歳のとき藩の儒者坂田順蔵の門弟となり、藩校・尚徳館に入学、四書五経の素読を終わって大いに学力を身につけた。 鳥取変則中学校(現在の鳥取西高等学校)に入ってからは成績群を抜き、再三級長を務めた。 名古屋英語学校、京都府中学校を経て上京、東京に第一歩をふみ入れた。明治10年(1877年)9月3日のことである。不眠不休で勉強して大学予備門への入学を果たした。 明治13年(1880年)7月東京大学法学部に入学。明治17年(1884年)7月優秀な成績で東大を卒業した。 藩閥のうしろだてのない義人は、北垣国道の口添えで伊藤博文の知遇を得、官界入りした。義人の振り出しは太政官御用掛で、伊東巳代治らを補佐して憲法起草にあたったが、内閣制度発足とともに農商務省参事官となった。 以後歴代内閣にあって特許局長、内閣官報局長、衆議院書記官長、拓殖務次官、農商務次官、法制局長官を歴任。 明治36年(1903年)3月、鳥取県鳥取区と神奈川県横浜区から無所属で第8回総選挙に立候補して当選し政界入りを果たし、神奈川県横浜区の当選を辞退して加藤高明が繰上補充となった。 明治37年(1904年)3月の解散後は鳥取県鳥取区から第9回総選挙に無名倶楽部公認で立候補して再選を果たす。明治41年(1908年)4月21日、宮中顧問官に任じられ、1913年2月21日まで在任。明治45年(1912年)5月27日、貴族院勅選議員に勅任された。 大正2年(1913年)第1次山本内閣が発足すると文部大臣を拝命、鳥取県出身者としては初の大臣となった。在任中、文部省官制を改正し、内務省宗教局が扱っていた宗教行政を、新設の文部省宗教局に移管し 、皇道宣布運動を推進した。 その後、同内閣の松田正久法相の病気辞任により司法大臣を兼任したが、シーメンス事件のため大正3年(1914年)3月には内閣総辞職となった。野に下った奥田は中央大学学長に迎えられたが、翌年6月東京市会の強い要請により東京市長に就任。 大正6年(1917年)8月21日、肝腫瘍のため病没。死去の一週間前8月14日に多年の功績により男爵を叙爵した。

    『因伯立志人物』鳥取佛教靑年會編纂、1915年、1-7頁。
    金田進編『鳥取県百傑伝』山陰評論社、1970年、170-176頁。
    『鳥取県大百科事典』編集・新日本海新聞社鳥取県大百科事典編集委員会、1984年、137頁。
    「奥田博厚(男爵)」(霞会館華族家系大成編輯委員会編纂 『平成新修 旧華族家系大成 上巻』 霞会館、1996年9月、ISBN 4642036709)
    穂積陳重、富井政章、花井卓蔵、土方寧、小野瀬不二人 「故奥田博士追悼録」(『法学新報』第27巻第9号、法学新報社、1917年10月 / 第27巻第10号、1917年11月 / 第27巻第11号、1917年12月)
    「奥田学長薨去」「故奥田学長追悼式並演説会」(前掲 『法学新報』第27巻第9号、1917年10月 / 第27巻第11号、1917年12月)
    「故奥田義人男」(『太陽』第23巻第13号、博文館、1917年11月)
  9. 成田山新勝寺 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 大本山成田山新勝寺
    • 歴史
    • 伽藍
    • 歴代貫首
    • 文化財
    • 関連施設
    • 所在地と交通
    • その他
    • 関連項目
    • 外部リンク

    成田山新勝寺の縁起は、平安時代中期、東国で起こった平将門の乱に始まる。朝廷は追討軍を差し向けると同時に将門調伏の祈願を大寺社や密教僧に命じた。天慶2年(939年)、寛朝僧正も朱雀天皇の密勅を受けた。寛朝は、京の高雄山(神護寺)護摩堂に安置されていた空海作の不動明王像を奉じて総国へ下ることとし、明くる天慶3年(940年)、難波津から海路で上総国に至り尾垂浜に上陸。陸路で下総国公津ヶ原へ入り、この地にて朝敵調伏を旨とする不動護摩供を奉修した。ややあって将門は戦死。最期は諸説あるが、寒の戻りの風に乗った一本の流れ矢が将門の額に命中したと伝えられる。これを朱雀天皇は、不動明王の霊験と歓喜した。さらに、寛朝が帰京しようとしても不動明王像が動こうとしないとの報せを聞き、公津ヶ原にて東国鎮護の霊場を拓くべきとの考えのもと、寛朝に開山せしめ、神護新勝寺の寺号を下賜したという。この時、朱雀天皇から「天国宝剣」を下賜されたとされる。 こうした由来から、平将門を祭神として祀る東京の神田明神や築土神社と、成田山の両方を参拝することを避ける人もいる(神田明神#伝説を参照)。 成田山はその後、源頼義、源頼朝、千葉常胤、徳川将軍家や水戸藩主徳川光圀といった関東有力武将の崇敬を受けた。 永禄年間(永禄9年〈1566年頃〉と考えられるが未詳)に成田村一七軒党代表の名主が不動明王像を背負って遷座し、伽藍が建立された場所が、現在の成田市並木町にある「不動塚」周辺と伝えられ、成田山発祥の地と言われている。その後、新勝寺は戦国期の混乱の中で荒廃し、江戸時代までは寂れ寺となっていた。 江戸時代に入って世情が落ち着くと伽藍が再建・整備され、江戸に近いことから参詣者が増えるとともに、江戸で成田不動の出開帳が度々行われた。元禄16年(1703年)、深川永代寺(富岡八幡宮の別当寺で、廃仏毀釈により廃寺となったが、塔頭寺院が1896年〈明治29年〉に名跡を再興した)で行われたのが初めで、江戸時代を通じて12回の出開帳が行われた記録がある。歌舞伎役者の初代市川團十郎が成田不動に帰依して「成田屋」の屋号を名乗り、不動明王が登場する芝居を打ったことなどもあいまって、成田不動は庶民の信仰を集め、成田参詣が盛んとなる。 明治維新以降、新勝寺はお札を通じて、戦時下の人々の精神的な助けとなった。当寺の「身代わり札」は「鉄砲玉か...

    境内は広く、新旧の様々な伽藍が立ち並び、庶民の信仰の場の雰囲気を残している。江戸中期〜末期の建築である仁王門、三重塔、釈迦堂、額堂、光明堂の5棟が国の重要文化財に指定されている。 成田駅及び京成成田駅の「参道口」から新勝寺への参道が延び、門前町をなしている。参道を10分ほど歩き、急な石段を上った先の台地上に伽藍が広がる。石段の途中に仁王門、石段を上った先の正面に大本堂、その手前右手に三重塔、鐘楼、一切経蔵などが建つ。この他、大本堂の左手に釈迦堂、大本堂背後の一段高くなった地には額堂、光明堂、開山堂、平和の大塔などが建つ。境内の東側は広大な成田山公園になっている。 総門 開基1070年記念事業として2006年(平成18年)に竣工した。境内入口に建つ。総欅造り。高さ15m、桁行14.2m、梁行6.3m(設計:財団法人建築研究協会 施工:大林組、金剛組、日本木彫連盟江戸木彫刻)。2階部には不動明王や千手観音、大日如来など8体の木製仏像が奉安されている。 光輪閣 境内入口、仁王門左方に建つ鉄筋コンクリート造建築で1975年(昭和50年)の竣工(設計:石本建築事務所 施工:共同企業体)。護摩祈祷の受付、精進料理の接待など、信徒向けに使われる建物である。 仁王門 国の重要文化財。参道から大本堂へ至る急な階段の途中に建つ。入母屋造の八脚門で、1830年(天保元年)の建立。 大本堂 仁王門をくぐり、石段を上りきった正面に建つ、当寺の中心となる堂。本尊不動明王像を安置する。入母屋造り二重屋根の鉄筋コンクリート造で、規模は間口95.4m、奥行59.9m、棟高32.6m。1968年建立(設計:吉田五十八研究室 施工:大林組)。 三重塔 国の重要文化財。大本堂の手前右手に建つ、1712年(正徳2年)建立の塔。高さ25mの中規模の塔だが、近くにある大本堂に比較して小さく見える。軒裏には垂木(軒を支える棒状の部材)を用いず、雲文を刻んだ板で軒を支える板軒とする。初層は各面の中央を扉とし、その両脇の柱間には十六羅漢の彫刻を施す。この他、柱、長押、貫などの部材に地紋彫りを施すなど、近世建築らしく装飾性豊かな塔である。 釈迦堂 国の重要文化財。大本堂左手の広場に建つ入母屋造の仏堂で、1858年(安政5年)建立の旧本堂。後述の光明堂(これも旧本堂)と似た形式になるが、規模はこちらの方が一回り大き...

    開山 - 寛朝僧正
    中興

    重要文化財

    1. 新勝寺 5棟 - 各建物の解説は前出。 1.1. 仁王門 1.2. 三重塔 1.3. 釈迦堂 1.4. 額堂 1.5. 光明堂 2. 木造不動明王及二童子像 - 大本堂に安置する当寺の秘仏本尊。中尊の不動明王像は、坐像で像高約133cm。両脇に二童子をしたがえる。鎌倉時代の後期(13世紀~14世紀)作。 その他、鐘楼、一切経堂、薬師堂、清滝権現堂、輪転経蔵(各成田市指定文化財)他多数の文化財を有する。

    成田山仏教研究所
    成田山勧学院(真言宗智山派宗内教育機関)
    社会福祉法人成田山福祉財団
    所在地:千葉県成田市成田1
    JR成田駅、京成成田駅から徒歩10分。元々JR成田線と京成電鉄(敷設当初はそれぞれ成田鉄道[初代]と京成電気軌道)は成田山参拝客輸送を目的に敷設された鉄道である。
    東関東自動車道成田ICで降り、国道295号の『寺台インター』を直進して国道408号を利用するか、左折して国道51号を利用する。市中心部の主要交差点には番号が振られており、この誘導に沿えば駐車場へ入れる。
    なお明治末から終戦直前にかけては、成宗電気軌道(路面電車。のち成田電気軌道、成田鉄道(二代)を経て鉄道事業から撤退し現在は千葉交通)の不動尊電停が新勝寺の門前に設置されていた。
    境内には「明治天皇成田行在所」の碑が建てられている。1881年(明治14年)6月および1882年(明治15年)6月に、明治天皇が千葉県下の下総種畜場(後の宮内庁下総御料牧場)へ行幸する際に成田山を行在所(あんざいしょ)と定めた。行在所は1933年(昭和8年)11月に史蹟として文部省より指定されたが、1948年(昭和23年)に他の明治天皇関連史跡とともに指定解除されている。
    高幡不動金剛寺などとともに、関東三大不動の一とされる。関東三大不動の残り1か寺については不動ヶ岡不動(總願寺)、大山不動(大山寺)および高山不動(常楽院)等が挙げられる。また、高尾山薬王院、川崎大師平間寺とともに真言宗智山派の関東三大本山のひとつとなっている。
    東京別院深川不動堂(東京都江東区)、川越別院本行院(埼玉県川越市)、名古屋別院大聖寺(愛知県犬山市)、大阪別院明王院(大阪府寝屋川市)など日本各地に別院がある。
    戦前、「鉄砲の弾から身を守る札」として、身代わり札が流行した。また、成田山号と名づけられた戦闘機が海軍へ、新勝号と名づけられた戦闘機が陸軍に献納された。
  10. チャイヨー・プロダクション - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › チャイヨー・プロダクション
    • 概要
    • 代表作
    • Project Ultraman
    • キャラクター
    • ウルトラマン博物館
    • 関連項目

    ソムポートは日本に留学して円谷英二から特撮技術を学んだ人物で、日本の特撮映画・テレビの影響を受けた映画・テレビ作品を制作している。特に円谷皐とは同年代として気が合い、彼の著書によると来日するたび、円谷プロダクション・同エンタープライズへ社員のように自由に出入りしていたという。 1970年にテレビシリーズ『チャラワン』を製作。1973年にはタイ初の本格的な特撮映画『ターティエン』を製作し、当時のタイ映画の歴代ベスト1となる300万バーツもの売り上げをあげた。その後も円谷プロとの合作で、1974年に『ジャンボーグA&ジャイアント』と『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』を公開するなど特撮映画を作り続けたが、1985年の『エリマケトカゲ一人旅』以降は映画制作から撤退し、テレビ番組などを製作していた。また、バンコクのプラトゥーナム近辺に、ウルトラマン博物館(後述)を作っていた模様。2011年のタイ洪水の影響を受けて廃業。 1995年12月、チャイヨー・プロダクションは「1976年から日本以外で『ウルトラQ』から『ウルトラマンタロウ』までのウルトラシリーズ6作品および『ジャンボーグA』の計7作品と、そのキャラクターを商用目的で利用する権利を持つ」と主張し始めた。日本の最高裁判所における判決では2004年時点で円谷プロ側の敗訴となったが、それ以外の国においては事実上、2020年時点で円谷プロ側の完全勝訴となっている。この係争は非常に複雑な状況になっていた。

    映画

    1. ターティエン(英語版)(1973年) 2. ジャンボーグA&ジャイアント(1974年) 3. ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団(1974年) 4. ハヌマーンと5人の仮面ライダー(1975年) 5. Yod Manut Computer(1977年) 6. Pandin Wippayoke(英題:Land of Grief)(1978年) 7. カーキー(英語版)(1980年) 8. チョラケー(英語版)(英題:Crocodile)(1980年) 9. Kraithong(1980年) 10. プラロッドメリー(英語版)(1981年) 11. クン・チャーン=クン・ペーン(英語版): Prab Chorakhe Tan Kwand(1982年) 12. Phra Chao Suea Panthai-Norasing(1982年) 13. スエククンファカン(タイ語版)(Suek Kumphakan, 英題:Noble War)(1984年) 14. ハヌマーンと11人のウルトラマン(英題:SPACE WARRIORS 2000 (The Year of the Monkey Wr...

    テレビドラマ

    1. チャラワン(1970年) 2. Kraithong(1972年) 3. アパイマニー王子物語(英語版)(1973年) 4. Yai Ka Ta 5. Long Prai 6. ハイパーボッツ(2001年) 7. PROJECT ULTRAMAN(2006年放送予定であったが中止)

    ライブステージ

    1. Ultraman Millennium Live Show in Bangkok 2001 2. Ultraman Thailand Tour 2003 3. Ultraman Live Show 4D(2004年)

    2006年6月より、タイ、中国でチャイヨー・プロダクション制作のウルトラマンが放映される予定だったが、2005年に円谷プロにタイ、中国で提訴されて放映中止になった。2009年にタイ、中国での裁判で円谷プロ側が勝訴したため、タイ、中国で今後制作することは不可能となった。

    ウルトラマン以外のキャラクター

    ジャイアント 1. 詳細は「ジャンボーグA&ジャイアント#登場ヒーロー」を参照 ハヌマーン 1. 詳細は「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団#白猿ハヌマーン」を参照

    ウルトラマンに関連するキャラクター

    2001年のタイでのウルトラマン裁判の第1審判決で新作ウルトラマンを作る権利が認められたとして、チャイヨー・プロダクションでは独自のウルトラマンを発表し、ライブステージにてショー『Ultraman Live Show 4D』などの実施や、ウルトラマン玩具のテレビコマーシャル出演などを行っていた。ただし、タイの特撮ライターは第1審判決は新作の制作権を否定していないが、肯定してもいないと証言していた。その後、テレビドラマシリーズ『PROJECT ULTRAMAN』が発表されたが、2007年に新作の制作権はチャイヨーにないとの判断がタイの裁判所で改めて出されたため、円谷プロの許諾なしに制作することは不可能となった。 なお、ミレニアム・ダーク・エリートの出身地は従来のウルトラ兄弟と同じくM78星雲という設定になっているが、当然ながら円谷プロ制作の作品には登場しない。 ウルトラマンミレニアム(อุลตร้าแมนมิลเลเนี่ยม、ULTRAMAN MILLENNIUM) 1. ムエタイで戦う青い目のウルトラマン。以前、地球に来たときに起きた「次元の墓」事件(詳細不明)を解決したことで...

    タイのアユタヤの郊外に約10億バーツ(2021年現在の日本円に換算すると約33億円)をかけ、2006年6月に着工して2009年頃に開業が予定されていたが、2012年時点では閉鎖されて廃墟と化している。

  11. 其他人也搜尋了