Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 103,000 項搜尋結果

  1. 2020年東京オリンピックの開会式(2020ねんとうきょうオリンピックのかいかいしき、英語: 2020 Summer Olympics opening ceremony )は、2021年(令和3年)7月23日(金曜日・スポーツの日)20時から約3時間半、オリンピックスタジアム(国立競技場)で行われた東京2020オリンピック競技大会の開会式 [1]。

  2. 1964東京オリンピック (テレビ番組) - 1964年開催の東京オリンピックに関するドキュメンタリー番組。. 2020年東京オリンピック - 2021年に開催された第32回夏季オリンピック。. 当初の計画では2020年開催だったが、 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) の影響で1 ...

    • 概要
    • 経緯
    • 付記
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    当時、アジアにおける数少ない独立国で、かつ「五大国」の1国である日本の首都東京での開催は、1936年(昭和11年)の国際オリンピック委員会(IOC)で決定した。その後、開催の準備が進められたが、日中戦争(支那事変)の勃発や、物資や兵士を取られる軍部の反対などから、日本政府は1938年(昭和13年)7月にその実施を返上した。 1940年大会の代替地として、オリンピックの招致合戦で東京の次点であったヘルシンキが予定されたが、第二次世界大戦の勃発によりこちらも中止となった。なお、ヘルシンキは1952年(昭和27年)に東京に先んじて開催を実現した。 第二次世界大戦後、日本は1960年(昭和35年)の夏季大会に東京を開催地として再び立候補したが落選した。しかし、次の1964年(昭和39年)の夏季大会に...

    意思表示

    1929年(昭和4年)に、日本学生競技連盟会長の山本忠興は来日した国際陸上競技連盟(IAAF)会長・ジークフリード・エドストレーム(後のIOC会長)と会談し、日本での五輪開催は可能か否か、という話題に花を咲かせた。このエピソードが東京市当局や東京市長・永田秀次郎にも伝わり、にわかに五輪誘致の機運が高まってきた。翌1930年(昭和5年)にドイツで開催された世界学生陸上競技選手権から帰国した山本は、「オリンピック東京開催は俄然実現可能である」との調査報告書を市長あてに提出した。 1931年(昭和6年)10月28日、東京市会で「国際オリンピック競技大会開催に関する建議」が満場一致で採択された。主会場には、東京府荏原郡駒沢町(現・東京都世田谷区)の駒沢ゴルフ場の跡地に計画の競技場群、および明治神宮外苑を充てるとした。 永田は欧州駐在特命全権大使や公使、さらにはジュネーヴの国際連盟事務局次長だった杉村陽太郎に宛てて招致運動への依頼状を送り、国内においては体育関係者、東京商工会議所に協力を依頼した。またアメリカ留学経験を持つ市会議員を派遣し、ロサンゼルスで開催されるIOC総会出席者への運動を...

    立候補

    1932年(昭和7年)に行われた当該総会の席上、日本代表はIOC会長に対し正式招待状を提出。こうして東京は、ローマ(イタリア)、バルセロナ(スペイン)、ヘルシンキ(フィンランド)、ブダペスト(ハンガリー)、アレクサンドリア(エジプト)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)、リオデジャネイロ(ブラジル)、ダブリン(アイルランド)、トロント(カナダ)とともに、第12回国際オリンピック競技大会開催候補地として正式立候補したのであった。 1940年大会の開催地を決定する1935年にオスロ(ノルウェー)で開催されたIOC総会では、東京、ローマおよびヘルシンキの3市の争いとなった。当時は、開催都市はその5年前の総会で決定するルールであった。東京開催の障害要因としては「夏季の高温多雨」、「欧米から遠く離れていることによる旅費・時間の問題(当時欧米以外において国内オリンピック委員会を持つ独立国は、アジアでは日本と中華民国、アフガニスタン程度で、植民地ながら独自の国内オリンピック委員会を持っていたイギリス領インド・アメリカ領フィリピンを加えても10にも満たず、他にも南アメリカ諸国やオセアニアなどごく少...

    招致成功

    1933年10月に病没した岸の後任としてIOC委員に選任された副島道正は、1934年(昭和9年)11月27日に高松宮宣仁親王(海軍大尉、昭和天皇実弟)を訪ね、「開催権はイタリアに譲った方が良い」との本心を打ち明けた。 同年12月以降、副島は駐伊日本大使となっていた杉村とともにイタリア首相・ベニート・ムッソリーニへ直接交渉を行い、ローマが候補地から辞退するという約束を取り付けた。しかしIOC創設50周年にあたる1944年度オリンピックに、IOC本部のあったスイスのローザンヌが立候補することが明らかになると、1944年の開催は困難とふんだローマ市があらためて1940年度のオリンピックに立候補を表明した。1935年に行われた総会は紛糾して会期切れとなり、開催地決定投票を翌年にベルリンで開催される総会に延期するという異例の展開となった。この「イタリーの寝返り」は、日本において友好国である反伊感情を高まらせるきっかけとなった。 オスロ総会後、東京市はさらなる招致活動費用として、85,926円を計上した。しかし同年10月にはイタリアが第二次エチオピア戦争を開始し、ムッソリーニは再び東京におけ...

    本大会開催が決定した1936年7月31日のIOC総会についての報道で、読売新聞が見出しの文字数制限からオリンピックを略そうと考えたのが「五輪」言い換えの始まりである。発案者は当時運動部の記者であった川本信正。川本によると、オリンピック旗の五つの輪と宮本武蔵の『五輪書』からこの略称を思いついたという。
    大会用のポスターは洋画家の和田三造が描いた。作品は現存せず写真のみ残っている。
    1940年の五輪を争った3都市は、第二次世界大戦後にヘルシンキ(1952)→ローマ(1960)→東京(1964)の順で開催を実現している。
    オリンピック村は大日本体育協会専務理事で大日本蹴球協会の幹部だった野津謙と、東京市役所の谷川昇、東京横浜電鉄の五島慶太、黒川渉三を中心に大日本体育協会、東京市、厚生省等が打ち合わせて、神奈川県川崎市の津田山に建設が予定されていた。
    浜田幸絵『〈東京オリンピック〉の誕生: 一九四〇年から二〇二〇年へ』(吉川弘文館、2018年)978-4642038812
    池井優『オリンピックの政治学』(丸善ライブラリー、1992年) ISBN 4-621-05053-2
    宮内庁 編 『昭和天皇実録 第七 昭和十一年至昭和十四年』東京書籍株式会社、2016年3月。ISBN 978-4-487-74407-7。
    鈴木明『1936年ベルリン至急電 東京、遂に勝てり!』(小学館、1994年) ISBN 4-09-387112-4
    東京オリンピック組織委員会公式レポート (PDF)
    オリムピック事務局長 久保田敬一博士 (PDF)『土木建築工事画報』 第13巻 第6号 工事画報社 昭和12年6月発行
    • 開催権返上により未開催
    • 1940年9月21日(予定)
    • 概要
    • 開催都市
    • 式典
    • 大会の継続的運営と商業主義
    • 問題点
    • The Olympic Partners Programme
    • 日本との関わり
    • 五輪という訳語
    • 参考文献
    • 関連項目

    スポーツが備えている力を活用し、良き手本となる教育的価値、普遍的・基本的・倫理的諸原則の尊重などを人々に広め、人々の生き方を高めるための祭典であり、それによって平和な世界や人間の尊厳が護られた世界が実現することを目的としており、オリンピズムに基づいて開催され、そのオリンピズムを人々に広めるための祭典である。近代オリンピックの最重要の目的は人間の生き方を高め人類の平和や人間の尊厳を実現することであり、スポーツはそれのための手段である。 クーベルタンによる提唱、開催の目的、目的を明記した憲章 フランスのピエール・ド・クーベルタンが、古代ギリシアの人々の行動に着目して着想した。古代ギリシャ人たちも普段は互いに憎みあい、戦争を行い、殺しあっていたのだが、ゼウス神の聖地であるオリンピアの地でゼウス神に...

    開催都市の多くが北半球の都市である。南半球では冬季大会の開催が皆無、夏季大会もオーストラリアのメルボルンで開かれたメルボルンオリンピック(1956年)、同じくオーストラリアのシドニーで開催されたシドニーオリンピック(2000年)、ブラジルのリオデジャネイロで開催されたリオデジャネイロオリンピック(2016年)の3大会のみである(2032年にオーストラリアのブリスベンで4回目の南半球での夏季大会が行われる予定)。また、これまでアフリカで開催されたことはない。 開催を行うに際しては、各国・地域でオリンピックの開催を希望する自治体からの審査・ヒヤリングを各国・地域オリンピック委員会が行い、まずその国・地域内でのオリンピック開催候補地1箇所を選ぶ。その候補地を国際オリンピック委員会に推薦し正式に立候...

    開会式

    開会式では、オリンピック賛歌を演奏することやオリンピック旗掲揚、開催国の国歌斉唱または演奏、走者達のリレーによる聖火点火、そして平和の象徴の鳩が解き放たれることがオリンピック憲章で規定されていた。しかし、聖火台で鳩を焼いてしまったソウル大会での一件や、外来生物への危惧や鳩の生息できる環境ではない場所(特に冬季オリンピック)でオリンピックが行われる事もあるなどの理由から動物愛護協会の反対もあり、1998年の長野大会からは風船やモニター映像、ダンスなどによる鳩飛ばし表現が恒例になった。2004年版以降のオリンピック憲章では、鳩の使用についての規定も削除された。ロンドン大会では、鳩のコスチュームをまとった人々が自転車に乗って登場し、そのうちの一人がワイヤーアクションで空中へ上昇した。 開会式の入場行進はオリンピックの発祥地であるギリシャの選手団が先導し、その後参加国は開催国の言語順に入場し、最後に開催国の選手団が入場する。ギリシャのアテネが開催地となった2004年は、まずギリシャの旗手のみが先導して入場し、最後にギリシャの選手団が入場していた。 開会宣言はオリンピック憲章55条3項によ...

    閉会式

    表彰式

    大会の大規模化とともに開催に伴う開催都市と地元政府の経済的負担が問題となったが、ユベロスが組織委員長を務めた1984年のロサンゼルス大会では商業活動と民間の寄付を本格的に導入することによって、地元の財政的負担を軽減しオリンピック大会の開催を継続することが可能になった。それを契機とし、アディダスや電通などを始めとした企業から一大ビジネスチャンスとして注目されるようになった。 元々、オリンピックは発足当初からアマ選手のみに参加資格を限って来たが、旧共産圏(ソ連やキューバなど)のステートアマ問題などもあり、1974年にオーストリア首都ウィーンで開催された第75回IOC総会で、オリンピック憲章からアマチュア条項を削除した。さらに観客や視聴者の期待にも応える形で、プロ選手の参加が段階的に解禁されるよう...

    平和の祭典という根本目的に反する出来事

    オリンピックは平和の祭典であるが、その本来の目的とは逆に、IOC側の意図や予想を超えて、戦争遂行のための国威発揚やプロパガンダに利用されてしまったり、民族と民族の争い事の場にされてしまうということが起きている。 特にナチスドイツのヒトラー政権下による1936年ベルリンオリンピックは、オリンピックの持つ大きな影響力が、ヒトラーによって巧妙に利用されてしまい、ドイツ国民の心理操作の道具のひとつとして使われてしまった。ヒトラーが雇った監督によって大会中にフィルム撮影が行われたが、その後編集され出来上がった映画作品『オリンピア』は、オリンピックを本来の平和の祭典として扱うのではなく、ヒトラー好みの意味内容になるように勝手に「民族の祭典」という意味に見えるように編集してしまっており、ドイツ人の民族主義的感情を高揚させ戦争へと駆り立てるための道具のひとつとして映画館で繰り返し上映されたのであり、オリンピックが平和目的ではなく、真反対の、戦争目的で使われてしまった。また皮肉なことに、聖火リレーのルートも、後日ドイツ国防軍がそのまま逆進したとされる。 またオリンピックの間は戦争を止めるというオリ...

    国威発揚のための悪用

    最初にオリンピックを政治的に利用し、国威の発揚、民族主義の高揚、戦争開始のためなどに悪用したのは1936年ベルリンオリンピックの際のアドルフ・ヒトラーであるが、戦後にオリンピックが世界的なイベントとして認知されると、国威発揚のために政治的に利用する国が多くなった。 オリンピック憲章ではオリンピックの政治的利用は禁止とされているが、金メダルをとった選手の表彰式の際、国歌が流れ、国旗が掲揚されてしまっている。オリンピックの場でこの儀式が行われてしまっていることに対して疑問を呈する人々はいる。1936年のベルリン大会のマラソン競技で日本統治時代の朝鮮から「日本代表」として出場し優勝した孫基禎も、強く疑問に思った。 共産主義時代のソ連や東欧諸国では国威発揚の為国家の元でオリンピック選手を育成し(いわゆる「ステート・アマ」)、メダルを量産してきた。共産主義が崩壊した今でもその傾向は続いており、2016年のリオデジャネイロ大会の前にはロシアが国家主導で過去の大会においてドーピング行為を行ったことが判明した(ドーピング問題については後述)。政治利用を防ぐため1968年メキシコ五輪時のIOC総会...

    過熱化する招致合戦と賄賂問題

    1988年大会は有利と言われていた名古屋を抑えてソウルが開催地に選ばれたが、その裏ではソウル関係者のIOC委員への過剰な接待がなされていたとされる。1998年には、ソルトレークシティ大会の組織委員会が、カメルーンのIOC委員の子どもの奨学金を肩代わりしていた贈賄事件が発覚。翌1999年には、オーストラリア大会の招致責任者がウガンダとケニアのIOC委員に金銭を支払っていたことも発覚した。これを受け、複数のIOC委員が除名された。2017年には、ブラジルオリンピック委員会のカルロス・ヌズマン会長が、リオデジャネイロ大会招致にあたりIOC委員に金銭を支払っていたとして逮捕され、ブラジル検察によって起訴されている。またブラジル検察は、東京大会招致委員会からIOC関係者への送金についても明らかにし、買収目的だったと指摘している。ただし、開催費の高騰から、近年は立候補都市が減少している。

    英: The Olympic Partners(略してTOP)programmeとは、特定カテゴリーを一社で独占できるようなグローバルなスポンサーシップのことである。元々、オリンピックマークの商業使用権は各国の国内オリンピック委員会(NOC)が各々で管理をしていたが、サマランチ会長がIOCの一括管理にした事から1988年の冬季カルガリー大会と夏季ソウル大会から始まったプログラムで、オリンピックの中でも全世界的に設けられた最高位のスポンサーである。基本的には4年単位の契約で1業種1社に限定されており、毎回計9〜11社ほどが契約を結んでいる。なお、TOPにパナソニック、サムスンと同業種の企業が名を連ねているが、これはパナソニックが音響・映像機器、サムスンは無線通信機器と細分化されており、その他の...

    日本が初めて参加したのは、1912年に開催されたストックホルム大会である。これはオリンピックの普及に腐心したクーベルタン男爵の強い勧めによるものであるが、嘉納治五郎を初めとする日本側関係者の努力も大きかった。最初は男子陸上のみによる参加であったが、アムステルダム大会からは女子選手も参加した。アムステルダム大会から日本国の予算で選手渡航費が計上された。それまでは自費で渡航していた。 なお、ストックホルム夏季大会で嘉納治五郎は日本人初のIOC委員として参加し、また男子陸上の選手として参加したのは短距離の三島弥彦とマラソン選手の金栗四三で、この2名が日本人初のオリンピック選手として大会に参加した。 日本選手のメダル獲得、ベルリン大会から始まったラジオ実況中継[注 14]、聖火ランナーなどにより、日...

    五輪(ごりん)という訳語は、近代オリンピックのシンボルマークである5色で表現した5つの輪と宮本武蔵の『五輪書』の書名を由来として、読売新聞記者の川本信正が1936年に考案した。本人は「以前から五大陸を示すオリンピックマークからイメージしていた言葉と、剣豪宮本武蔵の著「五輪書」を思い出し、とっさに「五輪」とメモして見せたら、早速翌日の新聞に使われた」と述べている。

    日本オリンピック協会(監修) 『近代オリンピック100年の歩み』ベースボール・マガジン、1994年。ISBN 4-583-03135-1。
    池井優 『オリンピックの政治学』丸善、1992年。ISBN 4-621-05053-2。
    小川勝 『オリンピックと商業主義』集英社、2012年。ISBN 978-4-08-720645-6。
    本間龍 『ブラックボランティア』KADOKAWA、2018年。ISBN 978-4-04-082192-4。
    • 対応
    • 205ヶ国・地域のNOC
  3. ja.wikipedia.org › wiki › 奥川恭伸奥川恭伸 - Wikipedia

    • 経歴
    • 選手としての特徴
    • 詳細情報
    • 外部リンク

    プロ入り前

    かほく市立宇ノ気小学校2年生の時に、宇ノ気ブルーサンダーで野球を始めた。チームメイトの山瀬慎之助と高校までバッテリーを組む。かほく市立宇ノ気中学校では軟式野球部に所属し、3年夏の全国中学校軟式野球大会では投手として全国制覇に貢献した。その後星稜高等学校に進み、1年の春からベンチ入りを果たす。その後、2年春の選抜から4期連続で甲子園の出場を果たした。特に3年の夏の甲子園では準優勝投手となった。同学年に山瀬慎之助、1学年下に内山壮真がいる。 2019年9月5日に行われた18歳以下の野球ワールドカップの2次リーグ初戦のカナダ戦に登板して、7回を投げて18奪三振1失点を記録した。特に、2回までのアウトはすべて三振で、スライダーで三振を奪ったのは14個だった。チームの大会結果は見事5位に輝いた。大会終了時には世界チーム(All-World Team)に選出されている。 2019年9月29日に行われた茨城国体の高校野球硬式競技・1回戦の智弁和歌山戦に先発し、球速150km/hを記録し、5つの三振を奪ったものの、6安打2失点を喫し、4回途中で降板した。この試合は、開門前におよそ3500人が集ま...

    ヤクルト時代

    2020年、プロ入り後初の球場のマウンドの投球練習では151km/hを計測し、首脳陣にアピール。二軍戦初先発では154km/hを記録し1回を打者3人に対して2奪三振と大器の片鱗を見せた。その後も二軍で投球回を抑えながらも安定した投球を続け、7試合に登板、19回2/3を投げ防御率1.83の好成績を残し、シーズン終盤の11月7日に一軍登録された。ヤクルトの2020年最終戦となる11月10日の広島東洋カープ戦(明治神宮野球場)でプロ初登板初先発を果たすが、2回0/3を投げて被安打9、2奪三振、5失点でプロ初黒星を喫した。 2021年は、オープン戦から登板を重ね、前半戦は10日以上の間隔を開ける形で先発ローテに抜擢された。シーズン初登板は開幕3戦目となる3月28日の阪神タイガース戦(明治神宮野球場)で、5回を投げ3失点だった。4月8日の広島戦(明治神宮野球場)で2度目の先発登板をし、5回5失点も援護に恵まれプロ初勝利を挙げたものの、3・4月は15イニングで25被安打を喫し、防御率も7.20と投球内容は振るわなかった。しかし、5月頃からストレートの球威も増していき多彩な変化球の制球も良化し...

    スリークォーターからストレートと、スライダー・フォーク・カットボールを投げる。キレのあるスライダーにも定評がある。 高校時代の2019年7月21日には最速158km/hを計測されたことがあるが、158km/hを計測した石川県立野球場のスピードガンの精度に信頼性がないとされ(当日の球速表示は他の投手も普段より5km/hほど速かった)、奥川も最速とは考えていない。プロ入り後の最速は155km/h。

    年度別投手成績

    1. 2022年度シーズン終了時 2. 各年度の太字はリーグ最高

    年度別守備成績

    1. 2022年度シーズン終了時

    表彰

    1. セ・リーグ連盟特別表彰:1回(新人特別賞:2021年) 2. クライマックスシリーズMVP:1回(2021年) ※史上最年少記録

    • 184 cm, 82 kg
    • 日本
  4. ja.wikipedia.org › wiki › 奥田義人奥田義人 - Wikipedia

    奥田 義人 人物情報 別名 秋軒(号) 生誕 1860年 7月31日(万延元年6月14日)死没 1917年 8月21日(57歳没)国籍 日本 出身校 東京大学 法学部 配偶者 やゑ(武井正平次女) 両親 成績(父)、房(母) 子供 剛郎(長男)、咲子(松平忠寿妻)、竜(次女・和田正彦妻)、文(三女・野呂一雄妻 ...

  5. 中華民国における国民投票(ちゅうかみんこくにおけるこくみんとうひょう、繁体字: 中華民國全國性公民投票 )は、中華民国において国民投票法に基づいて実施される国民投票のことである。 投票は、普通投票、平等投票、直接投票、無記名投票で行われる。

  1. 其他人也搜尋了