Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 東京疫情 相關
    廣告
  1. 東京都における2019年コロナウイルス感染症の流行 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 東京都における2019年コロナ

    東京都における2019年コロナウイルス感染症の流行(とうきょうとにおける2019ねんコロナウイルスかんせんしょうのりゅうこう)では、日本における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行のうち、東京都内での流行について述べる。 東京都内で初めて患者が確認 ...

  2. ファイル:COVID-19 Cases by prefectures of Japan.svg - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › ファイル:COVID-19_Cases_by

    概要. English (en): Confirmed cases of COVID-19 in Japan by prefecture. Cases of repatriated and Diamond Princess workers are not included by prefectures. 日本語: 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の都道府県別発生状況。. 都道府県別では、チャー ...

    • 2020年2月27日
    • English (en): Confirmed cases of COVID-19 in Japan by prefecture. Cases of repatriated and Diamond Princess workers are not included by prefectures, 451-1000 1001-5000 5001-10000 10001-50000 50001-100000 100001+, Source, 日本語: 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の都道府県別発生状況。都道府県別では、チャーター便帰国者、厚生労働省職員・検疫官、クルーズ客船(ダイヤモンド・プリンセス号、コスタ・アトランチカ号)、在日米軍のケースは含まれていない。, 中文(台灣): 日本各都道府縣COVID-19確診病例,撤僑、厚生勞動省職員/檢疫官不列入個都道府縣病例
  3. 緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 緊急事態宣言及びまん延

    東京都、京都府、大阪府、兵庫県については、4月25日から緊急事態宣言への移行に伴い、4月24日限りでまん延防止等重点措置が解除とし、残りの宮城県、沖縄県については、実施すべき期間を5月11日まで延長することとされた。

  4. 2019年コロナウイルス感染症の流行に対する日本の行政の対応 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 2019年コロナウイルス感染症

    東京都は経済活動が再び停滞することを懸念して、アラートの再発令には慎重な姿勢だった [302]。 東京都COVID-19対策サイト 東京都COVID-19対策サイトは、東京都が都内におけるCOVID-19の感染拡大状況等を公開するウェブサイトである。

  5. 防疫給水部 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 防疫給水部
    • 組織
    • 装備
    • その他

    防疫給水部は、各軍直属部隊や各師団隷下部隊として編成された。師団の平時編制には含まれておらず、戦時にのみ臨時に動員された。第14師団のように、師団防疫給水部が復帰解隊され、師団野戦病院の防疫給水班に縮小された例もある。独立部隊の野戦防疫給水部という編制もあり、軍直轄などとして運用された。 軍直属部隊として編成された例としては、以下のようなものがある。 1. 関東軍防疫給水部(通称号:満洲第659部隊、所在地:平房) - 関東軍直属 1.1. 防疫給水部本部(通称号:満州第731部隊)- 石井四郎(後、陸軍軍医中将)が創設し、「石井部隊」とも通称される。 2. 北支那防疫給水部(通称号:甲第1855部隊、所在地:北京) - 北支那方面軍直属 3. 中支那防疫給水部(通称号:栄第1644部隊、所在地:南京) - 中支那方面軍直属 4. 南支那防疫給水部(通称号:波第8604部隊、所在地:広州) - 南支那方面軍直属 5. 南方軍防疫給水部(通称号:岡第9420部隊、所在地:シンガポール) - 南方軍直属 それぞれ、水質の分析や薬品の取り扱いなど専門的な作業を担当する軍医・衛生兵と、水の輸送など一般的な業務を行う普通の兵科の将兵から成っていた。また、関東軍防疫給水部本部のような研究部門を持つ場合、研究員となる多数の民間医師などが軍属として加わっていた。

    飲用水を浄化殺菌するための濾過機や、浄化した水を前線の各部隊へ給水するための輸送車両などを装備していた。濾過機としては、石井四郎軍医(731部隊創設者)が開発した石井式濾水機が主力のひとつとして使用された。

    ドキュメンタリー

    1. BS1スペシャル「感染症に斃れた日本軍兵士 マラリア知られざる日米の攻防」(2021年8月21日、NHK-BS1)

  6. SARSコロナウイルス2-ミュー株(サーズコロナウイルスツー ミューかぶ、英語: SARS-CoV-2 Mu variant、別名: 系統 B.1.621、VUI-21JUL-1)は、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の原因ウイルスであるSARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2) の変異株である。 2021年 ...

  7. 小正裕佳子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 小正裕佳子
    • 人物
    • 主な経歴
    • 過去の出演番組
    • 研究業績
    • メディア
    • 関連人物
    • 外部リンク

    兵庫県出身。宝塚市立宝塚第一小学校、神戸女学院中学部・高等学部、一浪の末、東京大学医学部健康科学・看護学科卒業、同大学院医学系研究科修士課程修了後、2009年NHKに入局。 神戸女学院中等部時代から大学2年までバスケットボールを続け、大学でサークルはバスケットボール部と弁論部に所属した。大学1年時、女子大生向けサイト運営会社にスカウトされてモデルとして活動、講談社の雑誌『KING』創刊号で読者モデルとなり、学部生時代よりテレビ・ラジオへも出演した(出演番組参照)。モットーは「希望をもって喜び、苦難を耐え忍び、たゆまず祈りなさい。」。 2003年度のミス東大に選ばれ、同年、首都圏の大学のミスキャンパスの中からさらに「ミス」を選ぶ「ミスオブミスキャンパスクイーンコンテスト」でグランプリを受賞した(準グランプリは2003年ミスソフィア杉浦友紀(現NHKアナウンサー):受賞者一覧参照)。2005年に家庭教師のトライ主催、インターネット女子大生家庭教師ナンバーワンを決めるコンテスト第1回「T-1グランプリ」でグランプリ受賞(準グランプリは2004年ミス東大八田亜矢子)。 2009年5月にNHK新潟放送局配属以降、地上デジタル放送推進大使を務め、2012年7月にNHK退職の際、新潟県から『にいがた観光特使』に委嘱された。 NHK退職後は、東大大学院医学系研究科博士課程に籍を置く一方で福島県郡山市に居住し二本松市を拠点に、医療従事者として東日本大震災による福島第一原発事故の健康への影響について被災地域で調査や研究を行ない、健康面での避難者相談の支援活動にもあたった。 福島県での放射線被ばく実態調査(研究業績参照)や被災地支援の現場経験にもとづく防災への提言を、同県のみならず、大規模な震災(1964年/2004年/2007年)、水害(2004年)、火山災害(1974年)を経験し、原発では世界最大出力(福島第一原発の1.75倍)の柏崎刈羽原発がある新潟県でもメディアをはじめ行政や民間主催の場で発表している。 大学教員であるが、キャスター業のマネジメントについては、2016年に芸能事務所セント・フォースと業務提携した(2018年10月まで)。両者が経営上の独立性を保ち協力できる分野では協力する業務提携という形は、セント・フォースでは他に草野満代や尾崎朋美の2名が採っている。201...

    2005年 家庭教師のトライ主催、インターネット家庭教師「トライ@HOME」の女子大生家庭教師ナンバーワンコンテスト第1回『T-1グランプリ』でグランプリ受賞(準グランプリ八田亜矢子)。
    2008年 ミス・インターナショナル日本代表選出大会、出場。

    学生時代

    1. 頭脳バトルBRAIN-X(BS日テレ) - 「ゆかこの科学室」 ナビゲーター (2004年4月3日 - 2005年3月26日) 1. 7つのクイズコーナーを順にクイズに答えて行く形式で、4つ目のクイズコーナーが「ゆかこの実験室」。「ゆかこ」と4人の子供が科学実験を行い、実験結果を子供たち各自が当てる体験型科学実験クイズ(静電気・磁力等々毎週テーマは異なる)。 1. トリビアの泉(フジテレビ) - 「No.884 家庭教師のトライで行なわれている女性教師の実力ナンバー1を決めるコンテストの上位はなぜか美人が多い」(2006年2月1日) 2. くにまるワイド ごぜんさま〜(文化放送ラジオ番組 月曜日-金曜日) - 金曜日「クイズ だいぶショック!〜」のアシスタントで「コマサユカコ」として出演(2007年4月6日 - 2008年9月26日) リスナーと邦丸がクイズで対決し、リスナーが賞金を獲得する形式。クイズ内容は、芸能・スポーツ・歴史・地理・英語・科学・グルメ・政治など幅広い。詳細は「くにまるワイド ごぜんさま〜」番組コーナー>「邦丸隊長! 応答せよ!」>(金)「クイズ! だい...

    NHK入局後

    1. 「ここはふるさと 旅するラジオ」新潟県からの中継の週の担当(ラジオ第1・FM、ふるさとサポーターとして出演) 1.1. 2009年度(10月12日 - 10月15日。その時のMCは2001年 - 2005年までNHK新潟放送局に勤務していた阿部悌) 1.2. 2010年度(10月4日 - 10月7日。その時のMCは以前NHK新潟放送局に勤務していた森下和哉) 1.3. 2011年度(10月17日 - 10月18日。2日共佐渡市からの放送。MCは島田政男) 2. くらしのガイド新潟(総合テレビ、新潟県域放送) - 番組自体は2010年3月で終了 3. 新潟ニュース610(総合テレビ、新潟県域放送、2010年4月5日 - 2012年3月30日、メインキャスター(隔週)) 4. 産地発!たべもの一直線(総合テレビ、全国放送、2010年7月11日) - 新潟県岩船郡関川村の「にいがた地鶏」を紹介 5. 生中継 ふるさと一番!(総合テレビ、全国放送、2010年11月22日/11月23日) - 新潟県五泉市、長岡市からの中継進行 6. 着信御礼!ケータイ大喜利(総合テレビ、全国放送、2...

    NHK退職後

    1. 今夜くらべてみました(日本テレビ、2017年5月17日) 1. 「トリオ THE 日テレの報道を支える女」小栗泉、陣内貴美子、小正裕佳子、木原実&そらジロー 1. 1周回って知らない話(日本テレビ、2018年4月18日) 1. 「報道番組のキャスターってどんな生活をしているの?」藤井貴彦・陣内貴美子・小山慶一郎(news every.)、小正裕佳子・ラルフ鈴木・岩本乃蒼(NEWS ZERO) 1. NEWS ZERO(日本テレビ、2016年3月28日 - 2018年9月27日)サブキャスター 1.1. 2016年3月28日~2017年3月31日、月 - 金曜日出演 1.2. 2017年4月3日~2018年9月27日、月 - 木曜日出演

    論文

    (参考:論文タイトル中の「被ばく」は漢字では「被曝」) 1. 福島県二本松市の自家消費用食品の放射性セシウム検出率及び部位毎の測定結果の評価共著 2017年10月 2. 福島県二本松市における食品中の放射能管理と農業への利用共著 2017年10月 3. 福島県二本松市の自家消費用食品に含まれる放射性セシウム検出率の経年変動について共著 2016年10月 4. 福島県二本松市における放射線不安軽減策の試み共著 2016年10月 5. 福島第一原発事故後の小中学生の放射線被ばく量低減に向けた生活環境要因の探索共著 2015年10月 6. 福島県二本松市の自家消費用食品に含まれる放射性セシウム検出率の状況と評価共著 2015年10月 7. 福島第一原発事故発生後4年間の自家消費用食品中の放射性セシウム検出率共著 2015年6月 8. 長期内部被ばく者における放射線量の推移共著 2015年6月 9. 福島第一原発事故後における幼稚園・保育園児の放射線被ばく量と生活環境・保護者の意識との関連共著 2015年6月 10. 福島第一原発後における小学生の放射線被ばくと生活環境・保護者の意識との...

    講演

    1. 日本生命財団 高齢社会ワークショップ 2015年11月28日、レジュメ 「原発事故被災高齢者のレジリエンスと人生の再構築に関する研究」代表研究者:小正裕佳子 2. 一般社団法人 日本健康教育学会 2015健康教育プログラム 2015年6月、レジュメ 「福島第一原発後における幼稚園保育園児・小学生・中学生の放射線被ばくと生活環境・保護者の意識との関連」P55-58 共著 3. 平成29年度 北陸地方整備局 事業研究発表会「つくること、まもること、伝えること」2017年7月25日

    新潟日報 2014年4月-11月 『防災・減災キャンペーン2014 新潟日報モア(全6回)』 1964年(昭和39年)の新潟地震から50年を機に、新潟県のこれまでの震災・水害・火山災害の被災地レポート、福島県での調査研究にもとづく提言等。
    新潟日報 オピニオンコラム『風の案内人』、2013年6月29日「福島に暮らして」、7月20日「将来像描く政治に」、9月28日「積み重ねが次への糸口」、2016年3月26日「生身の経験から出発して」

    NHK時代の同期女性アナウンサー

    NHK在職時代、小正アナ含め池田アナと牛田アナと佐々木アナが地デジ大使に就任した(3人とも前任者(契約アナ等)退局により就任)。合原アナもその後地デジ大使に就任。 1. 池田伸子(熊本→名古屋→東京アナウンス室) 2. 牛田茉友(山口→京都→東京アナウンス室→大阪) 3. 佐々木彩(徳島→東京アナウンス室→名古屋→ラジオセンター) 4. 合原明子(福島→仙台→東京アナウンス室)

    小正 裕佳子 - 科学研究費助成事業データベース
  8. 高木兼寛 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 高木兼寛
    • 略歴
    • 医学・看護教育
    • 兵食改革と脚気論争
    • 貧民散布論
    • その他の功績
    • 栄典
    • 親族
    • 参考文献
    • 関連作品
    • 関連項目

    薩摩藩郷士・高木喜助兼次の長男として日向国諸県郡穆佐郷(現:宮崎県宮崎市高岡町[注 2])に生まれた。通称は藤四郎。穆園と号した。 18歳のときから薩摩藩蘭方医の石神良策に師事し、戊辰戦争の際には薩摩藩兵の軍医として従軍した。明治2年(1869年)、開成所洋学局に入学し英語と西洋医学を学んだ。明治3年(1870年)、薩摩藩によって創設された鹿児島医学校に入学すると、校長のイギリス人ウィリアム・ウィリスに認められて教授に抜擢された。 明治5年(1872年)、海軍医務行政の中央機関・海軍軍医寮(後の海軍省医務局)の幹部になった石神の推挙により一等軍医副(中尉相当官)として海軍入りした。海軍病院勤務のかたわら病院や軍医制度に関する建議を多数行い、この年に大軍医(大尉相当官)に昇進。 軍医少監(少佐相当官)であった明治8年(1875年)、当時の海軍病院学舎(後の海軍軍医学校)教官のイギリス海軍軍医アンダーソンに認められ、彼の母校聖トーマス病院医学校(英語版)(現キングス・カレッジ・ロンドン)に留学。在学中に最優秀学生の表彰を受けるとともに、英国外科医・内科医・産科医の資格と英国医学校の外科学教授資格を取得し明治13年(1880年)帰国。 帰国後は東京海軍病院長、明治15年(1882年)には海軍医務局副長兼学舎長(軍医学校校長)と海軍医療の中枢を歩み、最終的に明治16年(1883年)海軍医務局長、明治18年(1885年)には海軍軍医総監(少将相当官。海軍軍医の最高階級)の役職を歴任した。この頃、遠洋航海実習を利用して、脚気と栄養素との因果関係の実験観察を行っている(軍艦「龍驤」項目参照)。 明治21年(1888年)日本最初の博士号授与者(文学・法学・工学・医学各4名)の列に加えられ、医学博士号を授与された。 明治24年(1891年)に勲二等、さらに日露戦争で脚気予防として麦飯の有効性が注目されていた明治38年(1905年)には、華族に列せられて男爵位を授けられた。高木ら海軍医務局は当初、前述の実験結果によりパン食を推奨したが、当時の日本人にはパン食をどうしても嫌うものがいたことから、原料である麦を直接麦飯として食べさせることとしていた。この叙勲時、人々は親愛と揶揄の両方の意味を込めて彼のことを「麦飯男爵」「麦飯勲二等」と呼んだと伝えられる。 明治25年(1892年)予備...

    高木は日本の医学界が東京帝国大学医学部・陸軍軍医団を筆頭にドイツ医学一色で学理第一・研究優先になっているのを憂い、英国から帰国後の明治14年(1881年)、前年に廃止された慶應義塾医学所初代校長・松山棟庵らと共に、臨床第一の英国医学と患者本位の医療を広めるため医学団体成医会と医学校である成医会講習所を設立する。当時講習所は夜間医学塾の形式で、講師の多くは高木をはじめとする海軍軍医団が務めた。成医会講習所は明治18年(1885年)には第1回の卒業生(7名)を送り出し、明治22年(1889年)には正式に医学校としての認可を受け成医学校と改称した。 さらに明治15年(1882年)には芝の天光院に、貧しい患者のための施療病院として有志共立東京病院を設立、院長には当時の上官である海軍医務局長・戸塚文海を迎え自らは副院長となった。そして徳川家の財産管理をしていた元海軍卿・勝海舟の資金融資などを受け、払い下げられた愛宕山下の東京府立病院を改修し有栖川宮威仁親王を総長に迎えて明治17年(1884年)移転、明治20年(1887年)には総裁に迎えた昭憲皇太后から「慈恵」の名を賜り、東京慈恵医院と改称して高木が院長に就任した。 一方、ナイチンゲール看護学校を擁する聖トーマス病院で学んだ経験から、医療における看護の重要性を認識し、その担い手となる看護婦の育成教育にも力を尽くした。陸軍卿・大山巌の夫人・捨松ら「婦人慈善会」(鹿鳴館のバザーで知られる)の後援もあって、明治18年(1885年)日本初の看護学校である有志共立東京病院看護婦教育所を設立しアメリカ合衆国長老教会宣教師M.E. リード(Mary Ella Butler Reade)らによる看護教育を開始。明治21年(1888年)には昭憲皇太后臨席のもと第1回卒業生5名を送り出した。 この3つはそれぞれ後に東京慈恵会医科大学、東京慈恵会医科大学附属病院、慈恵看護専門学校となり現在に至っている。

    日本軍で流行していた脚気について、大日本帝国海軍医務局副長就任以来、本格的にこの解決に取り組み、海軍では兵食改革(洋食+麦飯)の結果、脚気新患者数、発生率、および死亡数が明治16年(1883年)から同18年(1885年)にかけて激減した(詳細は「日本の脚気史#高木兼寛の兵食改革」を参照のこと)。 高木は、明治17年(1884年)の軍艦「筑波」による航海実験も行って、この兵食改革の必要性を説いた。この航海実験は日本の疫学研究のはしりであり、それゆえ高木は日本の疫学の父とも呼ばれる。その後、いわゆる海軍カレーが脚気撲滅に一役買ったともいわれている。 明治18年(1885年)3月28日、高木は『大日本私立衛生会雑誌』に自説を発表した。しかし、高木の脚気原因説(タンパク質の不足説)と麦飯優秀説(麦が含むタンパク質は米より多いため、麦の方がよい)は、「原因不明の死病」の原因を確定するには、根拠が少なく医学論理が粗雑だった。 このため、東京大学医学部から次々に批判された。特に同年7月の大沢謙二(東京大学生理学教授)による反論の一部、消化吸収試験の結果により、食品分析表に依拠した高木の説は、机上の空論であることが実証された。その大沢からの反論に対し、高木は反論できず、大日本帝国海軍での兵食改革の結果をいくつか公表して沈黙した。 のちに高木は「当時斯学会に一人としてこの自説に賛する人は無かった、たまたま批評を加へる人があれば、それはことごとく反駁の声であった」と述懐している。当時の医学界の常識としては、「食物が不良なら身体が弱くなって万病にかかりやすいのに、なぜ食物の不良が脚気だけの原因になるのか?」との疑問をもたれ、高木が優秀とした麦飯の不消化性も、その疑問を強めさせた。このように高木の説は、海軍軍医部を除き、国内で賛同を得ることがほとんどできなかった[注 4]。 一説には、海軍軍医部は、日露戦争の戦訓もふまえ、海軍の兵食(洋食+麦飯)で脚気を「根絶」したと過信してしまったのではないかとの見解もある。 しかし現実には、高木とその後任者たちのような薩摩閥ではなく、東京大学医学部卒の医学博士・本多忠夫が海軍省医務局長になった大正4年(1915年)12月以後、海軍の脚気発生率が急に上昇した。昭和3年(1928年)には1,153人、日中戦争が勃発した昭和12年(1937年)から同1...

    高木は都市衛生において「貧民散布論」を提唱している。「下等貧民ノ市内ニ、住居ニ堪ヘサルモノハ、皆去リテ田舎ニ赴クベシナリ」という、東京から貧民を追放しようという今日からみれば非人道的なものであった。それに対して人道的立場から反対したのが、海軍の兵食改革を批判する陸軍軍医・森林太郎(森鴎外)であった。

    宮崎神宮の社殿の大造営を行った中心的な人物でもある。明治31年(1898年)に神武天皇御降誕大祭会を設立しその幹事長に就任、神武天皇が祭神である宮崎宮を、豪華な社殿に大改装するために全国から寄付を集めた。これは毎年恒例である宮崎神宮大祭(神武さま)をスタートさせるきっかけにもなった。
    南極大陸の南緯65度33分・西経64度14分に高木岬があるが、これは彼の名に因んで付けられた地名である。
    海外での脚気業績に対する高木の評価は高い。「独創を尊び成果を重んする西洋医学からみると、高木の『食物改良による脚気の撲滅』は、発想の独自性と先見性、成果の素晴らしさから、まさしく画期的な業績であった。ビタミンが広く知られた後には、さらにその先見性が高く評価され、ビタミンの先覚者と位置づけられている。」(山下 (2008) pp.454-455)
    明治22年(1889年)に大隈重信が来島恒喜が投じた爆弾により負傷した直後に現場を通りかかり、大隈の最初の処置を行った。その後に駆け付けたエルヴィン・フォン・ベルツ、佐藤進、伊東方成、岩佐純、池田謙斎らとの協議により右足の切断を決定した。

    これは、生前授与の栄典のリストである。逝去直後、従二位と勲一等旭日大綬章が追贈された。 位階 1. 1886年(明治19年)7月8日 - 正五位 2. 1886年(明治19年)10月28日 - 従四位 3. 1892年(明治25年)2月13日 - 正四位 4. 1900年(明治33年)6月30日 - 従三位 勲章等 1. 1889年(明治22年)11月25日 - 大日本帝国憲法発布記念章 2. 1891年(明治24年)6月27日 - 勲二等瑞宝章 3. 1915年(大正4年)11月10日 - 大礼記念章・勲一等瑞宝章

    妻の富子は手塚律蔵の長女。
    長男は医学者の高木喜寛
    次男は医学者の高木兼二。妻は神田乃武の娘。長女・直子は小坂善太郎妻。二女・義子は松平忠晃妻。
    三男・高木舜三は帝国生命保険取締役。妻の多都雄は三井鉱山社長・三井高景の娘。
    松田誠『高木兼寛伝 脚気をなくした男』講談社、1990年。ISBN 4-06-204487-0
    倉迫一朝『病気を診ずして病人を診よ 麦飯男爵 高木兼寛の生涯』鉱脈社、1999年。 ISBN 978-4906008315
    板倉聖宣『模倣の時代』(上、下)仮説社、1988年。

    テレビ番組

    1. 『大いなる航海 : 軍医高木兼寛の280日』(2003年・南日本放送開局50周年記念番組 演:榎木孝明)

  9. 疱瘡神 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 疱瘡神
    • 概要
    • 風習
    • 疱瘡神を祀る主な日本の社寺
    • 参考文献

    平安時代の『続日本紀』によれば、疱瘡は天平7年(735年)に朝鮮半島の新羅から伝わったとある(天平の疫病大流行)。当時は外交を司る大宰府が九州の筑前国(現・福岡県)筑紫郡に置かれたため、外国人との接触が多いこの地が疱瘡の流行源となることが多く、大宰府に左遷された菅原道真や藤原広嗣らの御霊信仰とも関連づけられ、疱瘡は怨霊の祟りとも考えられた。近世には疱瘡が新羅から来たということから、三韓征伐の神として住吉大明神を祀ることで平癒を祈ったり、病状が軽く済むよう疱瘡神を祀ることも行われていた。寛政時代の古典『叢柱偶記』にも「本邦患レ痘家、必祭二疱瘡神夫妻二位於堂一、俗謂二之裳神一(『我が国で疱瘡を患う家は、必ず疱瘡神夫妻お2人を御堂に祭り、民間ではこれを裳神という』の意)」と記述がある。 笠神、芋明神(いもみょうじん)などの別名でも呼ばれるが、これは疱瘡が激しい瘡蓋を生じることに由来する。 かつて医学の発達していなかった時代には、根拠のない流言飛語も多く、疱瘡を擬人化するのみならず、実際に疱瘡神を目撃したという話も出回った。1875年(明治8年)には、本所で人力車に乗った少女がいつの間にか車上から消えており、あたかも後述する疱瘡神除けのように赤い物を身に付けていたため、それが疱瘡神だったという話が、当時の錦絵新聞『日新真事誌』に掲載されている(右側の画像を参照)。

    疱瘡神は犬や赤色を苦手とするという伝承があるため、「疱瘡神除け」として張子の犬人形を飾ったり、赤い御幣や赤一色で描いた鍾馗の絵をお守りにしたりするなどの風習を持つ地域も存在した。疱瘡を患った患者の周りには赤い品物を置き、未患の子供には赤い玩具、下着、置物を与えて疱瘡除けのまじないとする風習もあった。赤い物として、鯛に車を付けた「鯛車」という玩具や、猩々の人形も疱瘡神よけとして用いられた。疱瘡神除けに赤い物を用いるのは、疱瘡のときの赤い発疹は予後が良いということや、健康のシンボルである赤が病魔を払うという俗信に由来するほか、生き血を捧げて悪魔の怒りを解くという意味もあると考えられている。江戸時代には赤色だけで描いた「赤絵」と呼ばれるお守りもあり、絵柄には源為朝、鍾馗、金太郎、獅子舞、達磨など、子供の成育にかかわるものが多く描かれた。為朝が描かれたのは、かつて八丈島に配流された為朝が疱瘡神を抑えたことで島に疱瘡が流行しなかったという伝説にも由来する。「もて遊ぶ犬や達磨に荷も軽く湯の尾峠を楽に越えけり」といった和歌もが赤絵に書かれることもあったが、これは前述のように疱瘡神が犬を苦手とするという伝承に由来する。 江戸時代の読本『椿説弓張月』においては、源為朝が八丈島から痘鬼(疱瘡神)を追い払った際、「二度とこの地には入らない、為朝の名を記した家にも入らない」という証書に痘鬼の手形を押させたという話があるため、この手形の貼り紙も疱瘡除けとして家の門口に貼られた。浮世絵師・月岡芳年による『新形三十六怪撰』に「為朝の武威痘鬼神を退く図」と題し、為朝が疱瘡神を追い払っている画があるが、これは疱瘡を患った子を持つ親たちの、強い為朝に疱瘡神を倒してほしいという願望を表現したものと見られている(冒頭画像参照)。貼り紙の事例としては「子供不在」と書かれた紙の例もあるが、これは子供が疱瘡を患いやすかったことから「ここには子供はいないので他の家へ行ってくれ」と疱瘡神へアピールしていたものとされる。 疱瘡は伝染病であり、発病すれば個人のみならず周囲にも蔓延する恐れがあるため、単に物を飾るだけでなく、土地の人々が総出で疱瘡神を鎮めて外へ送り出す「疱瘡神送り」と呼ばれる行事も、各地で盛んに行われた。鐘や太鼓や笛を奏でながら村中を練り歩く「疱瘡囃子」「疱瘡踊り」を行う土地も多かった。 また、地方...

    本光寺(千葉県市川市)
    稲荷神社(千葉県佐倉市)
    青木直己他『ビジュアル・ワイド江戸時代館』大石学・小澤弘・山本博文編、竹内誠監修、小学館、2002年。ISBN 978-4-09-623021-3。
    悳俊彦『芳年妖怪百景』国書刊行会、2001年。ISBN 978-4-336-04202-6。
    久保田裕道『「日本の神さま」おもしろ小事典 氏神、道祖神から狛犬、ナマハゲまで』PHPエディターズ・グループ、2008年。ISBN 978-4-569-70460-9。
    多田克己「『妖怪画本・狂歌百物語』 妖怪総覧」『妖怪画本 狂歌百物語』京極夏彦編、国書刊行会、2008年。ISBN 978-4-3360-5055-7。
  10. 住吉神社 (東京都中央区) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 住吉神社_(東京都中央区)
    • 概要
    • 年表
    • 摂社
    • 文化財
    • 氏子地域
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    元禄7年(1694年)には、佃嶋(現・佃一丁目)に居住する男子からなる講組織「佃嶋氏子中」が河上正吉らによって結成され、その後、幾多の火災風災に見舞われながらも、氏子信者の結束によって近現代に及ぶ。 明治時代には、月島と新佃島、昭和時代には晴海と豊海が埋め立てられ、また、人足寄場や監獄として利用されていた石川島(別称:森島、鎧島)が、明治29年(1896年)5月に監獄移転に伴って工業・居住の地となり、これらを含めた全島が氏子中に編入されていった。 昭和22年(1947年)には、講組織「佃嶋氏子中」が「佃住吉講」と改称し、各町会・連合睦会と協力して、3年に一度の例祭(神幸祭)を執り行うようになる。獅子頭宮出し、宮神輿宮出し、古から行われていた神輿の海中渡御と船渡御は昭和37年(1962年)に廃止されたが、平成2年(1990年)には28年ぶりに船渡御が復活し、現在でも例祭中最も重要な行事の一つとされている。特に、住吉神社が所有する神輿は関東では珍しい八角形のものであり、「八角神輿」「八角」などと呼ばれている。また、古来、この祭りの際には高さ20mに及ぶ6本の大幟が佃島に立つが、江戸城からも見えるとまでいわれたその大きさで見る者を圧巻させてきた。 御旅所が勝どき四丁目(最初の所在地は勝どき二丁目)に、分社が江東区牡丹町(旧・佃町)と晴海にある。 境内の鳥居に格式高く飾られている陶製の扁額に見える文字は有栖川宮幟仁親王の筆による。

    天正年間(1573 - 1592年):徳川家康が上洛し、摂津国西成郡佃村(現・大阪市西淀川区佃)にある住吉神社(旧・田蓑神社、現・田蓑神社)に参詣した際、佃村および近隣の大和田村(現在の西淀川区大和田付近)の漁民が神崎川に渡し船を出して家康一行を運ぶなどし、以後、篤い縁を養う。
    天正18年(1590年) 8月1日(8月30日):徳川家康が関東に下降(江戸城に公式入城する)し、佃村と大和田村の漁夫33人と住吉神社の神主・平岡権大夫好次も江戸に入る。
    寛永年間(1624 - 1645年):江戸鉄砲洲向かいにある百間四方の干潟を幕府から下賜された漁夫らがこれを埋め立てて築島し始める。
    寛永15年(1638年):社殿が類焼する。

    摂社は計6社 1. 竜神社 - 文政5年(西暦1822年)奉祀 2. 疫神社 - 嘉永3年(西暦1850年)奉祀 3. 疱瘡神社 - 嘉永3年(西暦1850年)奉祀 4. 船魂神社 5. 入船神社 6. 稲荷社 1. 竜神社(南から見る) 2. 疫神社、疱瘡神社(北から見る、写真の左が疫神社、右が疱瘡神社) 3. 船魂神社(北から見る) 4. 入船稲荷神社(西から東側を見る)

    中央区指定有形文化財

    1. 水盤舎 2. 陶製住吉神社扁額 3. 板絵着色蘭陵王図額 4. 木板金地着色蘆鷺図額 5. 住吉神社文書

    その他

    1. 植樹の碑 1基 2. 五世川柳句碑 1基

    中央区佃一丁目~三丁目
    中央区月島一丁目~四丁目
    中央区勝どき一丁目~六丁目
    中央区豊海町
    『西淀川区史』大阪都市協会編、西淀川区制七十周年記念事業実行委員会、1996年。
    “住吉神社”. 東京都神社庁. 2020年7月20日閲覧。
    “住吉神社”. (公式ウェブサイト). 住吉神社. 2011年7月2日閲覧。
    “佃住吉講と佃祭り(佃島住吉の祭り)”. (公式ウェブサイト). 佃住吉講. 2011年7月2日閲覧。
    “勝どき西町会”. (公式ウェブサイト). 勝どき西町会. 2011年7月2日閲覧。
  11. 其他人也搜尋了
  1. 東京疫情 相關
    廣告