Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 松坂大輔 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 松坂大輔

    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年 9月13日 - )は、東京都 江東区出身(出生地は青森県 青森市)の元プロ野球選手(投手)。右投右打。 概要 ...

    • 182 cm, 92 kg
    • 日本
  2. 松岡大輔 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 松岡大輔

    名前 カタカナ マツオカ ダイスケ ラテン文字 MATSUOKA Daisuke 基本情報 国籍 日本 生年月日 1981年 8月24日(40歳)出身地 岡山県 身長 松岡 大輔(まつおか だいすけ、1981年 8月24日 - )は、岡山県出身のサッカー選手。 ポジションは、FW。愛称は「まっちゃん ...

    • マツオカ ダイスケ
    • 日本
  3. スコット・ボラス - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › スコット・ボラス
    • 経歴
    • 現在
    • 契約における業績
    • 周囲からの批判
    • 巨額契約
    • 主なクライアント
    • 人物

    ボラスはシカゴ・カブス、およびセントルイス・カージナルス傘下のマイナーリーグチームで主に二塁手・三塁手としてプレーしていた経験がある。1976年にはフロリダ・ステートリーグのオールスターにも選ばれたが、結局メジャーリーグには昇格できず(AA以下)、4年の現役生活の後、膝の悪化を理由に引退(3度に渡って手術を受けている)。マイナー通算成績は371試合出場、打率.288、5本塁打、79打点。パシフィック大学マックジョージ法科大学院にカブスの援助で進学し、医学訴訟を専攻。工業薬理学の博士号も取得。その後医療過誤に特化したシカゴの法律事務所に勤め、かつての同僚がメジャーリーグに昇格する際に代理人を依頼してきた事を契機にスポーツ・エージェントとしてのキャリアをスタートさせる。最初の巨額契約となったのは元同僚のビル・コーディルが1985年にトロント・ブルージェイズと結んだ750万ドルの5年契約だった(コーディルはその後3年で肩部関節炎のために31歳で引退)。

    ボラスはスコット・ボラス・コーポレーションを運営しており、元メジャーリーガーを雇い、アジアやラテンアメリカへスカウトとして派遣している。彼のオフィスは3階建てで、10のサテライト・ラジオ受信機、32のテレビ受信機、43の机、50のコンピューターと70の薄型テレビが置かれており、キッチン、洗濯室、ジム、シャワー、5つのテレビラウンジと15フィートの人工の滝と火口が口を開け、バーベキューもできる。フロリダのネープルスにも別室を2つのスイートルームをレンタルしている。従業員数は大体45人で、職種は会計、弁護士から選手のケアを行う個人トレーナー、スポーツ心理学者(この分野での権威、ハービー・ドーフマン)まで幅広い。ボラスはとにかく情報を重視しており、各選手毎にデータをまとめたファイルを作っている。中でもアレックス・ロドリゲスの移籍の話が出た際には80ページに渡る資料をまとめあげた(特にこの資料はMLB史上に残る巨額契約を支えた歴史的価値があるものとして野球殿堂に寄贈されている)。またシーズン中は30分に一度はクライアントの成績をオンタイムで受け取っており、従業員の中には毎日スポーツの試合を全て観てその結果をボラスに伝えるだけの役割のものまでいる。 クライアントには多くの有名メジャーリーガーがおり、アレックス・ロドリゲス、ノマー・ガルシアパーラ、グレッグ・マダックスらが含まれる。契約代行に際してボラスは締結した年俸の5%の手数料を取っている。高額な請求を出す事で既に有名となっているボラスは自身の名前が選手のマーケティングで表面上に出るのを避けるために別会社、インパクト・マーケティングを設立している。松坂大輔のエージェント業務を手がけるため、そして今後の日本からメジャーへ渡る選手からの依頼を請ける為に東京にも事務所を構えて活動している。 2009年4月9日に交通事故で亡くなったロサンゼルス・エンゼルスのニック・エイデンハートの代理人でもあり、記者会見では大粒の涙を流した。

    最初に手がけた依頼人の内の一人、1983年のMLBドラフト全体1位指名のティム・ベルチャーは、ボラスのアドバイスに従い、ミネソタ・ツインズが出した前年の全体1位指名のショーン・ダンストンと同額の10万ドルを1965年のリック・マンデイからあまり額が上がっていないことを理由に拒否。15万ドルのボーナス契約を要求した。この事がきっかけとなり1990年代以降ドラフトで数百万ドルのボーナス契約を要求する事が慣例となった。 1991年のドラフトでニューヨーク・ヤンキース1巡目、全体1位で指名された高校生左腕のブリエン・テイラーはボラスのアドバイスに従い「契約しなければ進学する」と発言し、ボラスは120万ドルの契約金を要求した。これに対して当時職務停止処分を受けていたヤンキースのオーナージョージ・スタインブレナーがメディアを使って金額度外視で契約するように球団に圧力をかけたこともあり、進学予定の短大が始まる前日に当初の設定金額を上回る155万ドルのボーナス契約を結んだ。 この金額は前年の全米1位指名選手で高校生遊撃手であるチッパー・ジョーンズのボーナスの5倍を大きく上回り(ジョーンズの契約金は27.5万ドル)、テイラーは史上初の契約金が100万ドルを超えた新人選手となった。 テイラーは怪我もあってメジャーに一度も昇格することなく2000年に現役を引退したが、ボラスは「テイラーは今でも私が見た中で最高の高校生投手である」とテイラー引退後の2006年に語っている 。 1996年6月のMLBドラフトではマット・ホワイト、トラビス・リー、ジョン・パターソン、ボビー・シーエイの1巡目指名4選手が実はフリーエージェントの権利を取れるという規則上の抜け穴を見つけ出し、ホワイトはタンパベイ・デビルレイズと新人選手としては史上最高額となる1020万ドル、シーエイは同じくデビルレイズと300万ドルの契約を結んだ。 1997年にはニューヨーク・メッツが1巡目(全体6位)指名予定だったリック・アンキールを代理人がボラスであった事から見送っている(アンキールはその後2巡目(全体72位)でセントルイス・カージナルスに指名された)。 もう一人のクライアント、J.D.ドリューは当初指名を予定していたチームと契約できず、ボラスは次の候補としてフィラデルフィア・フィリーズに目をつけた。ボラスはチームに対して...

    ボラスはよくクライアントが望む以上の額の契約を結ぶという事でチームの出費高騰を懸念するファンの間で非難を呼んでいる。特にシアトルのファンの間では金でアレックス・ロドリゲスをテキサスへ持ち去った男として評判が悪い。また高額契約のみに執着しているため、勝てるチーム・家族のそばに住むといった金額に表れない要素はおろそかにされる事が多い。ニューヨーク・デイリーのコラムニスト、ビル・マッデンはボラス批判の急先鋒で、デビルレイズで2003年には145試合に出ていたトラビス・リーが2004年には高額提示をして移籍したヤンキースで試合にすら出られない状態になっていると指摘する。 また、依頼人であったマット・ハリントンのように、契約金120万ドルを拒否してより好条件での契約提示を待って独立リーグでプレーさせているうちに価値が暴落し、契約金ゼロでマイナー契約するに至った例も存在する。

    MLB現役選手

    1. フランシスコ・ロドリゲス 2. ロビンソン・カノ(2013年まで) 3. ジャコビー・エルズベリー 4. マイケル・ボーン 5. 秋信守 6. ライアン・マドソン(2013年まで) 7. ケンドリス・モラレス(2015年まで) 8. クリス・デービス 9. エドウィン・ジャクソン 10. マックス・シャーザー 11. マット・ホリデイ 12. カルロス・ゴンザレス 13. イアン・ケネディ 14. ダニー・エスピノーザ 15. オースティン・ジャクソン 16. ペドロ・アルバレス 17. エバース・カブレラ 18. エルビス・アンドラス 19. マット・ウィータース 20. ジェイク・アリエータ 21. スティーブン・ストラスバーグ 22. エリック・ホズマー 23. マイク・ムスターカス 24. デズモンド・ジェニングス 25. J.D.マルティネス 26. ダスティン・アクリー 27. ザック・ブリットン 28. ブライス・ハーパー 29. アンソニー・レンドン 30. マット・ハービー 31. ゲリット・コール 32. ホセ・アルトゥーベ 33. 柳賢振 34. ジェ...

    海外選手

    1. 中島裕之 2. 増井浩俊 3. 鳥谷敬 4. カーター・スチュワート 5. ダヤン・ビシエド 6. アレックス・ゲレーロ 7. 陽耀勲 8. 尹錫珉 9. ダスティン・ニッパート 10. ジェイアー・ジャージェンス 11. クリスチャン・ベタンコート 12. ホセ・バルベルデ 13. ドモニク・ブラウン

    引退選手

    1. ダレン・ドライフォート 2. モー・ボーン 3. ケビン・ブラウン 4. バリー・ボンズ 5. カルロス・ゴメス 6. ジェレミー・ヘリクソン 7. ケニー・ロジャース 8. グレッグ・マダックス 9. バーニー・ウィリアムズ 10. アレックス・ロドリゲス 11. ギャレット・アンダーソン 12. エリック・ガニエ 13. マグリオ・オルドニェス 14. ジェイソン・バリテック 15. イバン・ロドリゲス 16. 朴賛浩 17. J.D.ドリュー 18. ケビン・ミルウッド 19. デレク・ロウ 20. ジョニー・デイモン 21. ライアン・スピルボーグス 22. マニー・ラミレス(2011年まで) 23. カルロス・ペーニャ 24. ブルース・チェン 25. バリー・ジト 26. トミー・ハンソン(2015年に死去) 27. アンドリュー・ジョーンズ 28. プリンス・フィルダー 29. マーク・テシェイラ(2011年まで) 30. ホセ・フェルナンデス(2016年に死去) 31. ジェレッド・ウィーバー 32. カルロス・ベルトラン(2011年まで) 33. ジェイソ...

    2人の息子も野球選手であり、長男シェーンが2008年のMLBドラフトでカージナルスから35巡目で指名された(入団せず南カリフォルニア大学に進学)。また、次男トレントもMLBドラフトでミルウォーキー・ブルワーズから30巡目で指名された。

  4. 宮川大輔 (タレント) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 宮川大輔_(タレント)
    • 来歴
    • 人物
    • 出演
    • 外部リンク

    京都市にあるバプテスト病院にて生まれる。家族は、両親と、姉が1人。小学校2年から高校3年まで滋賀県大津市比叡平育ち。大津市立比叡平小学校、大津市立皇子山中学校、京都西高等学校(現:京都外大西高等学校)卒業。 高校3年生の時に、父親の同級生である桑原征平(当時:関西テレビアナウンサー)の紹介で、同期生から2か月遅れながらもNSC大阪校(吉本興業直営のタレント養成所)へ入学した。当時は役者志望で「そういうコースもある」と聞いての入学だったが、いざ入学すると生徒は全員芸人志望だったため結局お笑いをやる事となった。 1991年3月、同期の星田英利とコンビ『チュパチャップス』を結成。 同年より、同期のナインティナイン(宮川が入った時にはナイナイの2人は学費未納で中退していた)等と共に、お笑いユニット「吉本印天然素材」に参加する。なお、宮川は当時メンバーの中で最年少であった。 1997年、25歳の時に結婚。妻の本名等は明らかにしていないが、『マーコ』というあだ名で本人や芸人仲間の話すエピソードに登場している。当時金銭的に挙げられなかった結婚式を、結婚13年目にハワイで挙げている。 1999年、天然素材からナイナイと雨上がり決死隊が抜けたため天然素材が解散。チュパチャップスとしての仕事もなくなり、星田とのコンビ仲は著しく悪化した。宮川は星田へ解散を申し込み、星田からの了承を得てコンビを解散させた。コンビ解消後は本来の志望に沿って活動の中心を舞台公演に移した。 2000年、宮本亜門演出の舞台『BOYS TIME』のオーディションに1万人の中から合格し役者デビューとなった。2001年にルミネtheよしもとがオープンすると、会社からのオファーで吉本新喜劇に出演するようになり芸人の仕事に復帰する。 「人志松本のすべらない話」シリーズは2004年の初回放送から毎回出演している。後にスピンオフ企画として『大輔宮川のすべらない話』がCSフジテレビ721で放送された。 2007年より、「世界の果てまでイッテQ!」にて宮川が「お祭り男」として世界各地のお祭りに参加する企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」が全国的な人気を博し、老若男女問わず幅広い層の人気を獲得した。2015年には人気のある祭りを選び、宮川のインタビュー等を収録した本が発売された。 2010年12月2日に第1子(男児)が誕生...

    神田明神にある四角い鉄製の天水桶は、母方の先祖の鋳物職人・永瀬源七らが鋳造し奉納した物で、千代田区指定有形民俗文化財になっている。永瀬源七は大輔から5代前の先祖である。
    父方の祖父の芳太郎は、出身地の石川県金沢市から丁稚奉公で京都へ出た後に、京都市の中心部・烏丸通沿いで小物店を経営。59歳の時に脳卒中で倒れてからは、実父の雅次が経営を引き継いだ。実母は芳太郎が経営していた時期の従業員で、画家の久保和子は伯母に当たる。
    自身の母方の親戚関係については、母の両親(自身の祖父母)が幼少期に離婚したこともありルーツが判らなかったが、日本テレビのスペシャル番組『はじめまして! 一番遠い親戚さん』(2019年8月13日放送)での調査により、山国隊の藤野斎が5親等の先祖(母の高祖父)であることが判明。藤野斎の子である日本映画の父と言われるマキノ省三(宮川大輔の高祖父の異母兄弟、宮川大輔の6親等の血族)の一族(マキノ家)...
    元相方の星田に対しては2016年のテレビ番組で「いつか何かやってみたいと思うのはほっしゃんしかいない」と心境を語っており、同年に星田が「芸人としての衰え」を理由に引退を表明した時も、即座に電話で「辞めてしまうのは寂しい」と訴えて星田に引退を撤回させている。

    バラエティ

    現在のレギュラー 1. 世界の果てまでイッテQ!(日本テレビ、2007年3月 - ) 2. 満天☆青空レストラン(日本テレビ、2009年4月 - ) 3. 炎の体育会TV(TBS、2011年10月 - ) 4. まるごと(静岡第一テレビ、2020年4月2日 - ) - 木曜コーナーレギュラー(「宮川クラブ」) 5. 中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん(TBS、2020年7月2日 - ) 6. 越境放送バリ(2021年10月2日 - 、読売テレビ) 不定期特番 1. 人志松本のすべらない話(フジテレビ) 2. 笑神様は突然に…(日本テレビ)※2013年3月 - 2015年9月まではレギュラー放送しており、宮川もレギュラー出演。 3. ロケ芸人最強決定戦 外王(フジテレビ、2018年8月15日 - 不定期) 千鳥と共にMC 4. 変装かくれんぼ ハイド&シーク(TBS、2019年10月5日 - )※出演した全ての回でプレイヤーとして参戦。 5. 蛍原×大輔×フジモンほとバス(2019年12月27日、関西テレビ) 6. 蛍原×宮川大輔×フジモンほとバス~大自然を満喫!!富士五湖あたり...

    特別番組

    1. 24時間テレビ34(2011年8月20日・21日、日本テレビ) 番組パーソナリティー 2. 24時間テレビ35(2012年8月25日・26日、日本テレビ) 番組パーソナリティー 3. 宮川大輔が出逢った…17歳の北海道農村体験 誰かのために生きる、ということ。(2016年8月27日、北海道放送制作、TBS系列) - ナビゲーター

    CS

    1. ヨシモト∞(CSヨシモトファンダンゴTV)

    宮川大輔の365日(本人による公式ブログ) - ウェイバックマシン(2019年11月1日アーカイブ分)
    宮川大輔 (@kesuidawagayami) - Twitter
    宮川大輔 (miyagawadai) - Instagram
  5. 北海道出身の人物一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 北海道出身の人物一覧

    北海道出身の人物一覧(ほっかいどうしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する北海道出身の人物の一覧表である。 札幌市出身の人物一覧も参照。

  6. 酒井大輔 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 酒井大輔
    • 来歴・人物
    • 詳細情報
    • 関連項目

    松坂世代の一人。春日丘高では3年春の県大会で優勝。高校時代はMAX146km/hの投手であり、また50m5秒7の俊足と高校通算35本塁打という強打もあり、上位指名候補としても名前が挙がっていた。1998年のドラフト7位で広島東洋カープに入団。指名時のコメントで、「カープは好きな球団だった。」と発言した。 野手として期待しての獲得で本人も乗り気だったが、思いのほか投手としての力があったため、投手1本で行くことになった。カープキャンプを視察に来ていた江川卓も投球を見て「山口高志の再来。野手で育てると言うことだが、これだけのボールなら投手で見たい。」とその年のカープ指名選手の中でも特に高く評した。 3年目の2001年は伸びのあるストレートと、落差のあるパームボール(負担を考えてか、この年以降は使われていない)で、1軍でリリーフとしてまずまずの活躍をした。終盤の巨人戦で153km/hという球速を計時し、清水隆行に「まだあんな投手がいたのか」と言わしめる。 4年目の2002年には実績のあるセットアッパーとして期待された玉木重雄、小林幹英らが怪我による調整遅れで酒井に白羽の矢が立ち、開幕から困難なピンチで登板する中抑え的な役割をきっちりこなし9試合連続無失点。しかし、アーム式の投球フォーム故に連投が効きづらく4月終盤から打ち込まれる試合が増え、それ以後は145km/h前後は記録するものの、ある程度まとまっていたコントロールやストレートの伸びも影を潜めた。 球威がよく期待され右の中継ぎとして登板したが、2004年シーズン終了後に故障の影響もあり戦力外通告を受けた。 翌年から2009年まで中日ドラゴンズの打撃投手を務めた。 2010年からは社会人野球チームのマッシモンテベースボールクラブにコーチ兼任投手として在籍し、現役に復帰していた。なお、マッシモンテベースボールクラブは2014年6月に活動を休止した。 その後は、マッシモンテでの同僚だった同世代の湊川誠隆とともに、名東区の野球塾「BE-ZONE」や中日ドラゴンズジュニアでの指導にあたっている。

    表彰

    1. ウエスタンリーグ最優秀救援投手:1回 (2003年)

    記録

    1. 初登板:2000年4月30日、対横浜ベイスターズ6回戦(横浜スタジアム)、3回裏2死に2番手で救援登板、1回1/3を無失点 2. 初奪三振:同上、3回裏に進藤達哉から見逃し三振 3. 初先発:2001年9月27日、対読売ジャイアンツ28回戦(東京ドーム)、3回0/3を5失点 4. 初勝利:2001年10月7日、対阪神タイガース27回戦(広島市民球場)、4回表に2番手で救援登板、3回1/3を1失点

    背番号

    1. 67(1999年 - 2004年) 2. 112(2005年 - 2009年) 3. 33(2010年 - 2014年)

    • 177 cm, 75 kg
    • 日本
  7. だいすけ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › だいすけ
    • スポーツ選手
    • 漫画家
    • 声優
    • 将棋棋士
    • その他
    • 架空の人物

    サッカー選手

    1. 石津大介- 日本のサッカー選手 2. 市川大祐- 日本の元サッカー選手 3. 奥大介- 日本の元サッカー選手 4. 神崎大輔- 日本のサッカー選手 5. 菊池大介- 日本のサッカー選手 6. 坂田大輔- 日本の元サッカー選手 7. 高橋大輔 (サッカー選手)- 日本のサッカー選手 8. 田中大輔- 日本のサッカー選手 9. 中森大介- 日本のサッカー選手兼マネージャー 10. 那須大亮- 日本の元サッカー選手 11. 西口大輔- 日本のサッカー選手 12. 松井大輔- 日本のサッカー選手

    スケーター

    1. 村上大介- 日本のフィギュアスケート選手 2. 髙橋大輔 (フィギュアスケート選手)- 日本のフィギュアスケート選手

    レスラー

    1. 原田大輔- 日本のレスラー 2. 池田大輔- 日本のレスラー 3. 佐々木大輔 (プロレスラー)- 日本のレスラー 4. 関本大介- 日本のレスラー

    ダイスケ・アウローラ - 『ヒートガイジェイ』の登場人物
    青木大介 - 漫画『こどものじかん』の登場人物
    荒巻大輔 - 漫画『攻殻機動隊』の登場人物
    宇門大介 - アニメ/漫画シリーズ『UFOロボ グレンダイザー』の登場人物
    • 日本
    • [da̠isɨᵝke̞]
    • 男性
    • 日本語
  8. 三浦大輔 (作家) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 三浦大輔_(作家)
    • 経歴・人物
    • 受賞歴
    • 上演作品
    • 戯曲
    • 監督・脚本映画
    • 映像化作品
    • 外部リンク

    北海道室蘭栄高等学校理数科、早稲田大学第二文学部卒業。 中高生時代は野島伸司などのトレンディドラマに熱中した。1996年、早稲田大学演劇倶楽部10期生を母体にして演劇ユニットポツドールを結成。ドキュメンタリーやリアリティショーの手法を取り入れ、性風俗などの過激なテーマをリアルな会話劇で描くスタイルを完成させ、「セミドキュメント」と称される。代表作に自ら映画化もした『愛の渦』、その他『騎士クラブ』『身体検査』『メイク・ラブ』『熱帯ビデオ』のセミドキュメント4部作などがある。

    2000年、日本インターネット演劇大賞新人公演賞受賞
    2003年、『はつこい』で第25回ぴあフィルムフェスティバル審査員特別賞受賞
    2004年、『激情』で日本インターネット演劇大賞最優秀演劇公演賞受賞
    2006年、『愛の渦』で第50回岸田國士戯曲賞受賞

    作・演出

    1. 『ブサイク〜劣等感を抱きしめて!〜』1996年 2. 『ウラミマス〜アナタは動物〜』1997年、早稲田大学演劇フェスティバル 3. 『しあわせ花〜不幸なアナタへ〜』1998年 4. 『妻ぜめ〜welcome to the [dokata] world〜』1999年 5. 『騎士クラブ〜涙のピンク映画撮影会〜』2000年 6. 『身体検査〜恥ずかしいけど、知ってほしい〜』2001年 7. 『メイク・ラブ〜ラブホテル完全生中継!〜』2001年 8. 『熱帯ビデオ〜燃えてメイキング!!〜』2002年 9. 『男の夢』2002年 10. 『激情』2004年 11. 『ANIMAL』2004年 12. 『愛の渦』2005年 13. 『夢の城』2006年 14. 『恋の渦』2006年 15. 『人間♥失格』2007年 原案:太宰治 16. 『裏切りの街』2010年 17. 『おしまいのとき』2011年 18. 『母に欲す』2014年 19. 『娼年』 2016年 原作:石田衣良 20. 『そして僕は途方に暮れる』2018年 21. 『物語なき、この世界。』2021年

    演出

    1. 『S高原から』2005年、平田オリザ作 2. 『ザ・シェイプ・オブ・シングス〜モノノカタチ〜』(2011年、ニール・ラビュート作) 3. 『ストリッパー物語』 (2013年7月10日~7月28日、作・つかこうへい) 4. 『禁断の裸体』(2015年、作:ネルソン・ロドリゲス)

    『愛の渦』白水社、2006年
    「人間♥失格」(『せりふの時代』小学館、2007年秋号 掲載)

    テレビドラマ化

    1. 劇団演技者。「激情」(2004年、フジテレビ系) 2. 劇団演技者。「男の夢」(2006年、フジテレビ系)

    映画化

    1. 恋の渦(2012年) 2. 愛の渦(2014年) 3. 何者(2016年) 4. 娼年(2018年) 5. そして僕は途方に暮れる(2022年)

    テレビ番組

    1. 人間の証(2019年)フジテレビ系

  9. 植大輔 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 植大輔

    大輔 基本情報 国籍 日本 出身地 兵庫県 生年月日 1980年 10月7日(41歳)身長 体重 180 cm 81 kg 選手情報 投球・打席 左投左打 ポジション 投手 プロ入り 2002年 ドラフト4巡目 経歴 (括弧内はプロチーム在籍年度)

    • 180 cm, 81 kg
    • 日本
  10. 森大輔 (野球) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 森大輔_(野球)
    • 人物・来歴
    • 詳細情報
    • 関連項目

    プロ入り前

    七尾工業高2年次の1999年、夏の甲子園の石川予選1回戦(輪島実業戦)で23奪三振でノーヒットノーランを記録、2回戦(石川高専戦)では5回を投げ1安打13奪三振と好投するが、先発投手が1点を失い、0-1で敗れた。 「能登のドクターK」、または同じ名前である松坂大輔に憧れていたこともあり「左のダイスケ」と呼ばれ注目を集めるが、この頃から横浜ベイスターズが獲得前提で周囲に囲い込み工作を始め、高校卒業後すぐにでもプロ入りを希望していた当人の意向に反して「ドラフト解禁後すぐにドラフト指名する」という条件で高校の監督の縁故があった社会人チームに進むことに決まる(当時は「当人が腰痛などを理由にプロ入りを希望しない」とされていた)。 しかし入社直前になってクラブチーム化されることになり、そのチーム側の意向により急遽入社先が三菱ふそう川崎に変更された。 三菱ふそう川崎入社後は伸びのあるストレートとキレのあるスライダーで三振を取るタイプの投手に成長し、社会人2年目の2002年にはベーブルース杯でチームを優勝に導く活躍を見せてMVPを受賞、この年に韓国・釜山で行なわれた第14回アジア競技大会野球日本...

    横浜時代

    入団1年目の春季キャンプは一軍でスタート。第2クールまでは個人練習が主だったため快調な滑り出しをみせ、当時の山下大輔監督が「開幕一軍」を明言するほどだった。 ところが、第3クールに入って投内連携などチーム練習が始まるとテレビの野球中継に出てきた名前に周りを取り囲まれているという雰囲気に飲み込まれ「投げるところぜんぶが怖い、投げられない」という威圧感を背負ってイップスが再発してしまう。本人曰く「投げ方はカチャカチャとぎこちなくなるし、ブルペンに入ればキャッチャーの構えたところにほとんどいかない」という有様で即二軍降格となってしまう。二軍でも個人練習時にはチーム関係者に「なんでこれで二軍に落ちるんだよ!」と驚かれるほどのパフォーマンスをみせたが実戦形式の練習になると自身でも制御不能な状態に陥ることの繰り返しとなり、やがてチームの誰もに重度のイップスであることを知られてしまった。 その後もフォームをつくり直す努力をしたり個人的にサイコセラピストの指導を受けるなどしてメンタル面から再生に取り組むなど努力を続けたものの復活への足がかりがつかめないまま、入団からわずか3年目の2006年限りで...

    BCリーグ時代

    2008年7月、練習生としてBCリーグの石川ミリオンスターズに入団、2009年6月19日、正式にミリオンスターズへの入団が決定した。登録名は大輔であった。同年7月25日に念願の初勝利を挙げる。 しかし2011年6月30日に自由契約となり、石川を退団した。退団後はBCリーグからの紹介で医療機器メーカーに就職した。

    年度別投手成績

    1. 一軍公式戦出場なし

    独立リーグでの投手成績

    1. 各年度の太字はリーグ最高

    背番号

    1. 15(2004年 - 2005年) 2. 50(2006年) 3. 42(2009年 - 2011年)

    • 178 cm, 85 kg
    • 日本
  11. 其他人也搜尋了