Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 枕頭推薦 相關
    廣告
  1. Wikipedia:秀逸な記事の選考/枕投げ 20040313 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:秀逸な記事の選考...

    枕投げ. ( ノート) 非常にばかばかしい主題をもっともらしく丁寧に解説するという、冗談RFCにも通じるネットワーカーならではの大人の笑いを感じました。. 単なる低俗記事との違いを広く知らしめるためもあり、秀逸記事に推薦します。. Sampo 17:00 2004年3月13日 ...

  2. 岸上慎二 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/岸上慎二

    枕草子研究・正(1970、田中重太郎推薦)、枕草子研究・続(1983、笠間叢書) 脚注

  3. ズッコケ三人組 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ずっこけ三人組

    六年二組の児童。次期児童会長選挙の立候補者。眼鏡をかけており、やせ気味の体型。副会長としての実績や、各候補者のなかで民主主義を最も理解していた事、さらに前児童会長の推薦もあって、103票を集票し当選する。

  4. 国司 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/権守
    • 沿革
    • 国等級区分
    • 関連項目

    『日本書紀』には、大化の改新時の改新の詔において、穂積咋が東国国司に任じられるなど、国司を置いたことが記録されている。このとき、全国一律に国司が設置されたとは考えられておらず、また当初は国宰(くにのみこともち)という呼称が用いられたと言われており、国宰の上には数ヶ国を統括する大宰(おほ みこともち)が設置されたという(「大宰府」の語はその名残だと言われている)。その後7世紀末までに令制国の制度が確立し、それに伴って国司が全国的に配置されるようになったとされている。 8世紀初頭の大宝元年(701年)に制定された大宝律令で、日本国内は国・郡・里の三段階の行政組織である国郡里制に編成され、地方分権的な律令制が布かれることとなった。律令制において、国司は非常に重要な位置に置かれた。律令制を根幹的に支えた班田収授制は、戸籍の作成、田地の班給、租庸調の収取などから構成されていたが、これらはいずれも国司の職務であった。このように、律令制の理念を日本全国に貫徹することが国司に求められていたのである。 国司は中央の官人が任命されて家族を連れて任国に赴くことが認められていた。また、公務の都合などで在任中もたびたび上京しており、在任中ずっと帰京できなかった訳ではなかった。 国司は通常は国府に設けられた国衙の中にある国庁で政務を行っているが、郡司の業務監査や農民への勧農などの業務を果たすために責任者である守が毎年1回国内の各郡を視察する義務があった。これを部内巡行という。 平安時代の天長3年(826年)からは親王任国の制度が始まった。桓武天皇や平城天皇、嵯峨天皇は多くの皇子・皇女に恵まれたため充てるべき官職が不足し、親王の官職として親王任国の国司が充てられ、親王任国の国司筆頭官である守には必ず親王が補任されるようになった。親王任国の守となった親王は太守と称し、任国へ赴任しない遥任だったため、実務上の最高位は次官の介であった。 また平安時代になると、朝廷は地方統治の方法を改め、国司には一定の租税納入を果たすことが主要任務とされ、従前の律令制的な人民統治は求められなくなっていった。それは、律令制的な統治方法によらなくとも、一定の租税を徴収することが可能になったからである。9世紀〜10世紀頃には田堵と呼ばれる富豪農民が登場し、時を同じくして、国衙(国司の役所)が支配していた公田が、名田とい...

    各国に課せられた納税の規模は、当時の各国の国力に基づき判定された。 各国は時節の国情、時勢を元に変動する大国(たいこく、たいごく)・上国(じょうこく、じょうごく)・中国(ちゅうごく)・下国(げこく)の4等級に割り付けられた。 国司の格や役職数も時勢に基づき変動したが、基本的に官位相当は大国の守は従五位上、上国の守は従五位下、中国の守と大国の介は従六位下、上国には介を置き中国には介を置かず下国には介掾は置かないなどの規則が大宝令・養老令に定められていたものの、実際には各国の国司の繁忙さに合わせて国司の人員調整が行われていた。これを示すものとして、以下のような例がある。 1. 『続日本紀』宝亀6年(775年)3月2日の条によれば、「始めて伊勢国に少目2員、参河国に大目1員と少目1員、遠江国に少目2員、駿河国に大目1員と少目1員、武蔵国に少目2員、下総国に少目2員、常陸国に少掾2員と少目2員、美濃国に少目2員、下野国に大目1員と少目1員、陸奥国に少目2員、越前国に少目2員、越中国に大目1員と少目1員、但馬国に大目1員と少目1員、因幡国に大目1員と少目1員、伯耆国に大目1員と少目1員、播磨国に少目2員、美作国に大目1員と少目1員、備中国に大目1員と少目1員、阿波国に大目1員と少目1員、伊予国に大目1員と少目1員、土佐国に大目1員と少目1員、肥後国に少目2員、豊前国に大目1員と少目1員を置く」とある。 2. 『文徳天皇実録』天安2年(858年)4月15日の条によれば、「下野国に大掾と少掾を各1名ずつ配置する」とある。 3. 『日本三代実録』貞観8年(866年)3月7日の条によれば、当時の国司の介を置いていなかった上国を含む八国(甲斐国、能登国、丹後国、石見国、周防国、長門国、土佐国、日向国)に介を置き飛騨国に掾を置くなど、公廨稲・公廨田・事力の新たな分配を示す太政官判定があった旨が見え、これら9国で国司の増員が行われていたことが分かる。

  5. 真打 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/真打
    • 意味
    • 語源
    • 落語
    • 漫才
    • 講談
    • 注釈
    落語家や講談師の身分のひとつ。身分の中では最も高く、最高の力量を持つ者だけがなれるとされる。また、興行の最後の出番(主任=トリ)で出演できる権利を与えられる。そこから、芸事以外でも、「他より遅れて/一番遅く・最後に登場する人・物」を「最高の力量を持った人・物(メッセージを伝える相手=客にとって最もメリットのある人・物)」とイメージさせるために使われる暗喩となった。この項で記す。
    日本刀を打つ際、数本打った中で一番出来の良い物[要出典]。対義語は影打(かげうち)又は影打ち。真打を依頼主に渡し、影打を手元に残すのが一般的。

    語源に関しては諸説あるが、寄席は当時、灯が全てロウソクだったため、トリで出演する芸人が最後にロウソクの芯を打った(=火を消した)事から転じてそう呼ばれるようになった、というのが最も有力。(例)「お待ちかね!ついに真打登場」。

    概要

    落語においては、現在は江戸落語の落語協会、落語芸術協会、円楽一門会、落語立川流の4団体がそれぞれ真打制度を導入している。 1. 真打昇進の基準においては各団体や時期によって異なり、団体内での協議や定席(新宿末廣亭・鈴本演芸場・浅草演芸ホール・池袋演芸場)席亭による推薦で決定されたり、真打昇進試験が導入されたこともある(落語協会・立川流)。ただし、真打昇進の基準を巡って団体内で対立が発生し、分裂騒動へ発展することがしばしばあった。詳細は「落語協会分裂騒動」および「落語立川流#誕生」を参照 2. 落語立川流では、創設者で家元の7代目立川談志の意向もあり、談志存命時から厳格な真打昇進試験が課されており、真打昇進には落語100席や都々逸・長唄・かっぽれなどの歌舞音曲の習得が求められていた。ただし、談志が闘病のため休養を余儀なくされた際には、それぞれの師匠による昇進判断が委ねられており、立川志らく一門の様に一般公開で行う「真打トライアル」を行うこともあり、必ずしも昇進試験は必須ではないとされている。 3. なお、上方落語協会・落語芸術協会それぞれに所属する笑福亭鶴光は、落語芸術協会の香盤で...

    抜擢真打

    近年の江戸落語団体では、入門順により真打昇進が運用されているが、特に優れたものに関しては「抜擢真打」として入門順を配慮せず、真打昇進が図られる場合がある(下記いずれも、本人記事参照)。この場合、香盤も先に入門した落語家を追い抜くため「~人抜き」と強調される。 1. 落語協会では比較的抜擢真打が諮られるケースが多く、戦後の主な適用例として、古今亭朝太→3代目古今亭志ん朝(1962年、36人抜き)、柳家さん治→10代目柳家小三治(1969年、17人抜き)、春風亭小朝(1980年、36人抜き)、柳家さん光→3代目柳家権太楼 (1982年、18人抜き)、 柳家小きん→4代目桂三木助(1985年、26人抜き) 、三遊亭きん歌→三遊亭歌之介(現:4代目三遊亭圓歌、1987年、18人抜き)、柳家小緑→柳家花緑(1994年、31人抜き)、柳家喬太郎(2000年、12人抜き)、林家たい平(2000年、7人抜き)、春風亭一之輔(2012年、21人抜き)、古今亭朝太→古今亭志ん陽(2012年、8人抜き)、古今亭菊六→古今亭文菊(2012年、28人抜き) などがある。 2. 落語芸術協会では、歴代の会長...

    真打昇進披露興行

    江戸落語の4団体では、真打昇進を披露するための興行が定席の各寄席を中心に行われる。 1. 興行では、新たに真打に昇進する落語家が主任(トリ)を務める。同時期に複数人が真打に昇進する落語家がいる場合は、交代で主任を務める。仲入り後には口上が行われ、各団体の幹部や当該新真打の師匠などが出演する。 2. 落語協会、落語芸術協会は、前述の鈴本演芸場(絶縁中の落語芸術協会を除く)→新宿末廣亭→浅草演芸ホール→池袋演芸場、の順に4定席で披露興行が行われる。なお、狭義の定席ではないが、両団体が定期的に興行を行う国立演芸場でも行われる。また、落語芸術協会は同じく定席に準じているお江戸上野広小路亭でも行われる(ただし1日のみ)。名古屋の大須演芸場や新真打の故郷での落語会といった地方公演でも行うことがある。 3. 円楽一門会、落語立川流では前述の4定席に出演することができないため、各団体が興行を打つ定期公演で行われる(円楽一門会はお江戸両国亭、立川流は国立演芸場やホール落語が多い)。 4. 日本テレビ系『笑点』でも、演芸コーナー内において真打昇進披露口上が行われるが、落語立川流については参加しないこ...

    漫才では、東京の漫才協会が1971年(設立当時は「漫才協団」)より「真打ち」制度を導入している。例年11月に浅草公会堂での同協会の「漫才大会」で真打ち昇進披露が行われるが、毎年真打ち昇進が出ている訳ではない。詳細は「漫才協会#歴代真打ち」を参照[注 4]
    上方漫才では、落語同様に真打制度は存在しない。
    落語や漫才と異なり、上方講談でも少人数かつ3団体に分かれているが、それぞれ独自に真打制度を導入している。
    ^ 一門の登龍亭獅篭(旧名:雷門獅篭)が師匠である小福の死後、コラムで言及している。『長屋の花見』の巻 - 中日新聞プラス 2016年4月8日 獅篭には2018年に入門した登龍亭獅鉄(旧名:雷門獅鉄)という弟子がおり、獅鉄は前座の身分を称している。
    ^ ただし、講談師の抜擢真打運用例はあり、日本講談協会及び落語芸術協会に所属する神田松之丞(当時)は、2016年に新宿末廣亭の席亭推薦で抜擢による真打昇進が打診されたが、この時は芸協の理事会で否決されている。その後、桂歌丸芸協会長没後の2018年末の理事会で改めて松之丞の抜擢真打昇進が諮られ、2020年2月新宿末廣亭中席から真打に昇進(同時に6代目神田伯山を襲名)している。後述する芸協内の落...
    ^ 例外として立川晴の輔は番組内で不定期に行われる「若手大喜利」コーナーのレギュラー出演者であったことから、番組内で真打昇進披露を行っている。また、2009年11月15日放送回では円楽一門会の2名(三遊亭大楽・三遊亭王楽)とともに立川志遊が昇進披露を行っており、立川ぜん馬とともに出演している。
    ^ ただし、漫才協会所属芸人のうち正式に「真打ち」となっていないコンビも、定席のトリ(主任)を務めたり、弟子を採ったりしている(例:おぼん・こぼんなど)。また、死別などによりコンビが解散しピン芸人となった場合でも、実質的に「真打ち」と変わらない扱いを受けることがある(例:内海好江没後の内海桂子、Wコロン解散後のねづっちなど)。詳細は漫才協会#真打ち制度を参照。
  6. 孫楚 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/孫楚
    • 経歴
    • 漱石枕流
    • 脚注
    • 参考資料
    • 関連項目

    祖父の孫資は魏の重臣である。父の孫宏は同じく魏に仕えて南郡太守になったという。 若くから卓越した才能があったが、自分の能力を誇るところがあり、周囲の評判はよくなかった。ただし、同郷の王済とは親しかった。王済は大中正に孫楚の人物評を求められると「天才にして知識が広く、群を抜いて優れています」と推薦している。あるとき、孫楚は自分の妻のために王済が衣服を贈ってくれたことに感動し、王済のために詩を作って返答とした。王済は孫楚の詩を賞賛した。 40歳を過ぎてようやく魏に仕え、揚州の対呉の最前線を守る鎮東将軍の石苞の参軍事となる。あるとき、魏の実権を握る司馬昭は呉へ降伏の使者を遣わしたことがあったが、このとき石苞の命令で呉への降伏勧告状を作成した。 西晋が成立すると引き続き仕え、著作郎になった後、驃騎将軍に出世していた石苞の参軍として再び揚州の対呉の最前線に赴いた。孫楚は自身の才能を鼻にかけ、石苞を見下すような態度をとるようになったので、石苞も反発し、孫楚が呉の人間と同調して晋を批判していると弾劾するなど、両者は数年に亘り対立し、司馬炎(武帝)もその仲裁に気苦労したという。呉の丁奉の策略もあって、石苞は洛陽に召還された。また、同郷の郭奕とも対立していたとされる。 その後、征西将軍になっていた旧知の扶風王司馬駿に招かれ、その参軍となった。その後、梁の令となり、衛将軍の司馬に転任した。 あるとき、龍が武庫の井戸の中に現れたという報告があった。群臣達はそれが瑞祥と信じてそろって敬賀したが、孫楚は井戸の中の龍は、英才が用いられていないという意味だと解釈し、奸臣を遠ざけるよう諫言した。 恵帝の初年に馮翊太守となり、元康3年(293年)に死去した。

    『晋書』、『世説新語』俳調編などに、若き日の孫楚の逸話が伝わっている。 孫子荊(孫楚)がまだ仕官する前、王武子(王済)に対して隠遁したいと思い「石を枕にして、川の流れで(口を)漱ぎたい(枕石漱流、そのような自然の中での暮らしの意味)」と言おうとしたところ、うっかり「石で漱ぎ、流れを枕にしたい(漱石枕流)」と言い間違えてしまった。すかさず王武子に「流れを枕にできるか、石で口を漱げるか」と突っ込まれると、孫子荊は「枕を流れにしたいというのは、汚れた俗事から耳を洗いたいからで、石で漱ぐというのは、汚れた歯を磨こうと思ったからだよ」と言い訳し、王武子はこの切り返しを見事と思った。感心する意味で「流石」と呼ぶのは、この故事が元という説があるという。 孫楚の言い訳は、かつて隠者の許由が、帝位を譲ろうとした堯の申し出を断った後、「汚らわしいことを聞いた」と耳を漱いだ故事を踏まえたものといわれている。 また、日本の明治時代の小説家、夏目金之助の号である漱石は、孫楚の故事に由来する。 同じく『世説新語』によると、孫楚は他人に頭を下げることのできない人物だったが、ただ王済には敬服していた。王済に先立たれると、葬儀には遅れて現れたが、棺にすがって慟哭する様に、参列者はみな涙を流した。孫楚は「生前君は私の驢馬の鳴きまねがうまいのをほめておられたから、今生の別れに一つやってみよう」と言い、鳴きまねをしてみせると、それが本物そっくりだったので、参列者達は笑った。孫楚は参列者をにらみつけ、「このような立派な人が先だって、おまえたちのような奴らが生き残るとは」と言ったという。

    ^ 九品官人法に基づき官品(官職)を決める役職
    ^ 魏の曹髦の在世中にも同様の報告があり、曹髦は君主の徳が不足している象徴と解釈した。
  7. 東急7000系電車 (初代) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/東急7000系電車_(初代)

    東急7000系電車 (とうきゅう7000けいでんしゃ)は、134両が 東急車輛製造 で製造され、 1962年 ( 昭和 37年)から 2000年 ( 平成 12年)まで 東京急行電鉄 で運用された 通勤形電車 である。. アメリカ の バッド社 と 東急車輛製造 との技術提携より製造された ...

  8. GTO (漫画) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/GTO_パラダイス・ロスト
    • 概要
    • あらすじ
    • 用語
    • 書誌情報
    • 実写化作品
    • 小説
    • テレビアニメ
    • 番外編・スピンアウト作品
    • 外部リンク
    東京都武蔵野市・吉祥寺を舞台に、学校法人・東京吉祥学苑の教師に着任した元湘南の走り屋である鬼塚英吉が、学園全体に巣食う数々の問題を型破りな方法で解決し、活躍する姿を描いた学園漫画。
    現代の社会問題や教育問題を多く取り扱っているのが特徴。教師の実態や本音、少年少女の心のうちなどが描かれ、学校というシステムの病巣に鋭く迫っている。一方で無茶苦茶なギャグや時事ネタ、オタク向け(『新世紀エヴァンゲリオン』や『機動戦士ガンダム』)のネタも多く、絵の丁寧さとギャグシーンとのギャップもある。
    作品タイトルの「GTO」はGreat Teacher Onizuka(グレート ティーチャー オニヅカ)の頭文字を取ったもの。
    不良時代の鬼塚を描いた『湘南純愛組!』の続編だが、特に物語が連続している部分は回想シーンなどで補強されており、前作を知らない読者にも読みやすくするための配慮がなされている。

    本編

    かつて最強の不良「鬼爆」の一人として湘南に君臨した鬼塚英吉は、辻堂高校を中退後、優羅志亜(ユーラシア)大学に替え玉試験で入学した。彼は持ち前の体力と度胸、純粋な一途さと若干の不純な動機で、教師を目指した。 無茶苦茶だが、目先の理屈よりも「ものの道理」を通そうとする鬼塚の行為に東京吉祥学苑理事長の桜井良子が目を付け、ある事情を隠して中等部の教員として採用する。学園内に蔓延する不正義や生徒内に淀むイジメの問題、そして何より体面や体裁に振り回され、臭いものに蓋をして見て見ぬ振りをしてしまう大人たち、それを信じられなくなって屈折してしまった子どもたち。この学園には様々な問題が山積していたのである。 桜井は、鬼塚が問題に真っ向からぶつかり、豪快な力技で解決してくれることに一縷の望みを託すようになる。

    「SHONAN 14DAYS」編

    あるテレビ番組に出演していた鬼塚は、そこでネタとして出した話題(神崎麗美を生き埋めにしかけたこと)が問題となり、騒ぎが収まるまで実家のある湘南に雲隠れすることにした。そこで出会った、冬月あずさの友人・白鳥あやめから自身が働いている養護施設「ホワイトスワン」の問題解決を依頼され、わけありの子供達と共同生活を送ることになる。 本編の時代設定は1990年代後半から2000年代初期だが、当時は(本編でも)存在していなかったものが登場している。また、2000年代前半(後半)以降の時事ネタ(『14才の母』や『DEATH NOTE』など)も扱っている。前述のように実名で様々なネタが使用されているが、『涼宮ハルヒの憂鬱』だけは名前が一部変更され、パロディとして扱われている。

    「パラダイス・ロスト」編

    鬼塚が刑務所に収監されているシーンから物語は始まる。生徒を誘拐し監禁したという彼は収監された理由を語りだす。吉祥学苑高等部に新設された芸能クラス(通称:「Gクラス」)の副担任となった鬼塚の活躍を描く。

    ここでは、重要視される語句のみ記述する。 学校法人「東京吉祥学苑」(とうきょうきっしょうがくえん) 1. 鬼塚の勤務する学苑。幼等部「たんたんたぬきの幼稚園」・初等部・中等部・高等部・大学を擁する巨大一貫校のマンモス校。作中では「名門」と呼ばれる。提携姉妹校に学校法人「ムカチャッパ学園」(鬼塚曰く「ムツゴロウ王国」)があり、その所在地は北海道ムカチャッパ共和国にある。なお、吉祥女子中学校・高等学校が実在している関係上、アニメ版では「聖林学苑」、ドラマ版(98年)では「武蔵野聖林学苑」、2012リメイク版では「明修学苑」となっているが、学校法人聖林学園という名は提携先の研修施設。 天使部隊(てんしぶたい) 1. 校長となった大門美鈴が学園を表と裏から掌握するために極秘裏に校内に送り込んだ学生部隊。リーダー格だった渋谷翔と常盤愛を含み構成員は10人以上で、いくつかの小グループに分かれて行動する。全員が中学生となっているが、実年齢はバラバラで通常ならば高校生の年齢である者もいる。イジメ・レイプ・家庭問題といった悲惨な過去を持つ少年少女の集まりであり、自殺未遂をした者達でもある。 2. カウンセラー時代の大門によって、強力な戦闘部隊として育てあげられており、校内にある学園運営の障害を取り除くという目的のもと、自身らの活動は正義だと信じて疑わないが、暴力事件を起こしたり悪評を流すなど、手段を選ばない危うさを持つ。しかしそれらは、不良グループによるお礼参り(学園への報復)、誹謗中傷による度重なる自殺騒動、誘拐及び内閣を標的としたテロ騒動といった大問題事件を次々と誘発させており、結果的に天使部隊の活動は問題児を排除するどころか、学園そのものを潰しかねない傍迷惑な行為に等しかった。 3. 後に常盤は(美穂と慶子共々)鬼塚に寝返る。最後はリーダーの渋谷の暴走により壊滅的被害を受けた。 理事会のクーデターグループ(仮称) 1. 桜井理事長の口から出てきた不穏分子で、教育の理想を推進する桜井を追放して学園支配と利権を追求することが目当て。丸山校長を転勤させ、大門校長を送り込んだ黒幕的存在でもある。しかし立場を追われた桜井の腹心である板垣と復学した拓海の策略で、存在とこれまでの所業を文部省調査課に暴露され、全員が失脚した模様。 白鳥児童養護施設(しらとりじどうようごしせつ) 1. 湘...

    単行本

    1. 藤沢とおる『GTO』講談社〈少年マガジンKC〉、全25巻 1.1. 1997年5月16日刊行、ISBN 4-06-312411-8 1.2. 1997年7月17日刊行、ISBN 4-06-312436-3 1.3. 1997年9月17日刊行、ISBN 4-06-312455-X 1.4. 1997年11月17日刊行、ISBN 4-06-312481-9 1.5. 1998年1月16日刊行、ISBN 4-06-312503-3 1.6. 1998年4月17日刊行、ISBN 4-06-312538-6 1.7. 1998年6月17日刊行、ISBN 4-06-312559-9 1.8. 1998年8月17日刊行、ISBN 4-06-312583-1 1.9. 1998年11月17日刊行、ISBN 4-06-312619-6 1.10. 1999年3月17日刊行、ISBN 4-06-312665-X 1.11. 1999年6月17日刊行、ISBN 4-06-312688-9 1.12. 1999年8月17日刊行、ISBN 4-06-312727-3 1.13. 1999年11月17...

    関連書籍

    1. 『GTO公式ガイドブック B・A・D action 200 文部省非推薦 超B級BOOK』(講談社KCデラックス、1998年) ISBN 4-06-333951-3 2. 『GTO公式ガイドブック B・A・D action 200 (2) 先生は教えてくれない』(講談社KCデラックス、1999年) ISBN 4-06-334029-5 3. 『アニメ版 GTOキャラクター完全ガイド』(講談社KCデラックス、1999年) ISBN 4-06-334089-9

    1998年7月7日から反町隆史主演で関西テレビ制作・フジテレビ系列にてドラマ化。翌年の1999年12月18日に東映系で映画化・公開された、一旦シリーズは終了した。その後、2012年7月3日から9月11日までおよび2014年7月8日から9月16日までEXILEのパフォーマーAKIRA主演で関西テレビ制作・フジテレビ系列にてリメイクされている。 テレビドラマ 1. 『GTO』(1998年7月7日 - 9月22日) 1.1. 『GTOドラマスペシャル』(1999年6月29日) 2. 『GTO(リメイク版第1シリーズ)』(2012年7月3日 - 9月11日) 2.1. 『GTO 秋も大暴れスペシャル』(2012年10月2日) 2.2. 『GTO 正月スペシャル! 冬休みも熱血授業だ』(2013年1月2日) 2.3. 『GTO完結編 〜さらば鬼塚! 卒業スペシャル〜』(2013年4月2日) 3. 『GTO(リメイク版第2シリーズ)』(2014年7月8日 - 9月16日) 映画 1. 『GTO』(1999年12月18日)

    ひょんなことから、北海道の学校「北文館学園」に臨時教師として、夏休みまでの2週間赴任することになった鬼塚の活躍を描く。小説版オリジナルキャラクター兼主役として「市川楽」と「桂木(小暮)綾乃」が登場。市川は「Live in 北海道」における語り手で、綾乃は同作におけるキーパーソンである。1999年には、この小説版を原案とした実写映画も制作された。

    1999年6月30日から2000年9月17日まで、フジテレビ系列(テレビ大分を除く)で放送された。全43話+特別編。当初は水曜19時30分から20時00分の放送だったが、1999年10月からは日曜19時30分から19時58分に枠移動(とともに2分短縮)した。当時は原作がまだ未完だったため原作12巻から13巻の「修学旅行編」までに相当する内容であり、その後、アニメオリジナルエピソードによる最終回を迎えた。ゴールデンタイムということもあり、原作の過激な表現がソフトになっていることが多い。日曜に枠移動後、特番の頻発で放送回数が大幅に減った。 セルアニメ末期の作品であり、基本的に本編はセル画で制作されているが、部分的にデジタルで制作されている箇所も存在する。オープニング映像はすべてデジタル制作となっている。 本放送時には本編内のパロディネタと関連して別番組の曲やBGMが多数使用されており、一例として『北斗の拳』、『機動戦士ガンダム』のBGMや、第24話で猿に扮した内山田が警察に確保される際に流れた中島みゆきの「世情」、第10話で朋子が歌っていた「ドナドナ」などがあったが、著作権の関係でVHS版・DVD版では別の音楽に差し替えられている(例外あり)。なお、実在の人物の名前の発言はピー音で規制されていたこともあった。 2008年、ロシア連邦通信監理委員会が同国のアニメ専門チャンネル・2X2で放送されている本作の内容に対して性表現および暴力表現、犯罪の扇動に繋がる描写が多数含まれているとして問題視する意見を表明したことが明らかになった。 バンダイチャンネル版が配信されている。なお内容はVHS版・DVD版をベースにしている。

    1. タイトルの『GT-R』とは「GREAT TRANSPORTER RYUJI」の略で、『純愛組!』時代からの鬼塚の友人・弾間龍二が主人公を務めている。『GTO』と同じく『週刊少年マガジン』に掲載され、2012年30号から44号まで全10話が執筆された。

    1. 警察官となった鬼塚のもう一人の友人・冴島俊行が主人公。掲載誌は『ヤングマガジン』で、単行本は全5巻。最終巻には『仮面ティーチャーBLACK』とのコラボ読切「仮面ティーチャーBLACK VS POLICE」前後篇も収録されている。

    GTO パラダイス・ロスト - ウェイバックマシン(2020年4月3日アーカイブ分)
    アニメ公式サイト(ぴえろ) - ウェイバックマシン(2019年7月4日アーカイブ分)
    アニメ公式ページ (TOKYO MX) - ウェイバックマシン(2017年11月30日アーカイブ分)
  9. アイデアポケット - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/アイデアポケット

    IP全力推薦!絶対的美少女BEST ボクらのココロとコカンを掴んで離さない美少女達と過ごす夢のような8時間!

  10. 青のSP―学校内警察・嶋田隆平― - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/青のSP-学校内警察・嶋田隆平-
    • 主要人物
    • スクールポリスの関係者
    • 赤嶺中学校
    • その他
    • ゲスト

    嶋田隆平(しまだ りゅうへい)

    1. 演 - 藤原竜也 2. 本作の主人公。住浜署生活安全課少年係スクールポリス。1984年12月15日生まれ。階級は警部補。 3. 警視庁捜査一課から志願してスクールポリスとなり赤嶺中学校に配属されるが、その狙いは1年前に事故死した交際相手である赤嶺中学の音楽教師・小川香里の死の真相を究明するためであった。 4. 常に冷静沈着で毒舌家にしてドライな性格。頭脳明晰な切れ者で他者の何気ない仕草や行動からその意図や本質を的確に見抜く洞察力にも優れている。三枝曰く、かつては情のある性格であったがある日を境に冷徹な性格に変貌した模様。勤務中は涼子を始めとする教師達と必要最低限のやり取りしかしようとせず、馴れ合いを好まない。また、身体能力は高く、逃亡者を逃がさず確保し、凶器を持った犯罪者をものともせず制圧に成功している。 5. 生徒たちに対し、冷酷で容赦ない面と命の危険から守ろうとする面の両方の顔を持ち、教師でも生徒でも、法に触れれば容赦無く逮捕する。場合によっては手段も選ばず、拷問まがいの取り調べも平然と行い、生徒を取り押さえる際は「甘いんだよ、クソガキ」と吐き捨てる。 6. また道を踏...

    浅村涼子(あさむら りょうこ)

    1. 演 - 真木よう子 2. 赤嶺中学校3年1組の担任。国語教師。1984年11月12日生まれ。聡明で職業意識が高い。行きつけの食堂「王様の味」の激辛麻婆豆腐である「鬼殺し」を毎回注文し、さらに七味唐辛子を加えるほど大の辛い物好き。 3. 熱血漢でスクールポリス制度に関し反対の意見を持っており、生徒を逮捕する隆平と対立するが事件解決のために協力することもある。 4. 嶋田が学校に配属されて以来からは、教師が認識していない様々な問題・事件が発生するようになるだけでなく、嶋田から表面に出そうとしていない自身の深層心理を抉るような指摘をされたのもあり、自身の手で事件を解決出来ず生徒たちを守れていない現状に次第に焦りを見せるようになる[注 11]。(第3話) 5. 嶋田が岡部の涌井に対するセクハラ事件を嗅ぎまわっていることから木島に監視するよう命令されていることもあり、岡部にそのことを密告して嶋田の追跡を回避させるが、遂に嶋田が岡部に接触したことで、自身が岡部と内通していたことがバレてしまい、香里が涌井の暴行事件の隠蔽に関与しているか問い詰められるが、当初は事実を公表しようとしたが、涌...

    三枝弘樹(さえぐさ ひろき)

    1. 演 - 山田裕貴 2. 住浜署生活安全課少年係の刑事。嶋田の後輩。階級は巡査部長。 3. 不良少年・少女たちの更生を願う真面目な人物。かつて嶋田と一緒に犯人を逮捕した事があり、彼を相棒のように思っているが、嶋田からは便利使いされている。しかし、彼を慕っているので、ご褒美をもらえないことに不満はあるものの素直に協力している。涼子に下心があり、ご褒美には嶋田に涼子との食事会をセッティングしてもらうことを期待している。一方、涼子からは子供達と気さくで親身に向き合う姿勢と人柄を好ましく思われている。 4. 外国人半グレ集団「オクタゴン」のアジトを嶋田がガサ入れした際は、後から駆け付け、外国人相手に大立ち回りのバトルを展開し、嶋田を援護する。事前に住浜署の警官に応援を要請し密かに待機させたこともあり事件の解決に貢献した。(第5話) 5. 幼い頃、不遇な家庭環境で育ったため、自分と同じような境遇の子供たちに対する同情心が強く、何かしてあげられないかとこども食堂に出入りしている。その食堂に通う過去にネグレクトの被害を受け通報してかつて助けたことのある敏春とは面識があり、嶋田の代理でスクー...

    教員

    木島敏文(きじま としふみ)〈59〉 1. 演 - 高橋克実 2. 校長。典型的な事なかれ主義者。 3. スクールポリスの導入を受け入れるが、退職後のセカンドキャリアを気にしてトラブル案件を隠ぺいしようとし、実際過去にも何件もの不祥事を隠蔽している[注 14]。一方、嶋田が事件を解決をした際は周囲に良い顔を振りまくなど、強かな面もある。 4. 隠ぺいしている1年前に発生した美術教師・岡部による女生徒・涌井へのセクハラ事件を嗅ぎまわる嶋田を警戒しており、蒸し返すようなら教育委員会に排除するよう働きかけるので、嶋田を見張るよう涼子に命令する。(第4話) 5. 嶋田が音楽教師・香里の事故死について調べていることが判明すると教育委員会に赴き、教育長の尾崎に嶋田を別の警官と入れ替えて欲しいと要望を出すが、スクールポリスとして問題なく機能しているので必要ないと一蹴され、却下される。(第5話) 6. 新津が自殺騒動を起こしてまでの訴えを聞いたが、新津が古賀達のパワハラが原因であることを話さずに、業務のことばかりを重視して訴えてしまったせいで、単なる「業務への不満」だと受け止め、決められた予算で...

    教員(過去)

    小川香里(おがわ かおり) 1. 演 - 明日海りお 2. 音楽教師。故人。捜査一課時代の嶋田の交際相手。教師としての正義感や責任感が大変強く、生前は古賀から仕事を押し付けられていた新津を庇うなどしていた。他にも、自身が請け負う仕事の他に学校中で起きたトラブルに巻き込まれた生徒一人一人にも誠実かつ真剣な態度で向き合っていた。 3. 1年前に自宅アパートの外階段から転落し頭を打って脳挫傷で死亡したと警察に処理されているが、嶋田によると公表されていないが乗っていた自転車のブレーキワイヤーが切断されており、階段から転落するよりも前にブレーキが利かずに自転車で走行中に転倒して道路で全身を強打した疑いがあり、事故ではなく何者かに殺害された事件ではないかという疑惑があった。その真相は当時赤嶺中学野球部3年生だった松田が下級生の坂木を居残り練習でしごき、いじめていた件を小川にばらされそうになり、決まっていた推薦入試の話がダメになると考えていたところを、美術教師・岡部の涌井への暴行事件を調べ回っていた件で小川を疎ましく思っていた校長の木島から推薦入試がダメになるとけしかけられ、痛い目に遭わせよう...

    生徒

    西田雄一(にしだ ゆういち) 1. 演 - 池田優斗 2. 真田や市原と共に一ノ瀬の授業を聞かずに悪ふざけおり、後に真田が教室で暴れる様子がネットにアップされると常に携帯をいじっていた佐々木をネットにアップした犯人と疑い口論になる。(第1話) 3. バスケ部で同じクラスのアレンがスタメンに選ばれ、自分はスタメンを外されたため、逆恨みから市原とともに部活でアレンにいじめ行為を働くが、後日、市原が帰宅時に何者かに襲撃を受けて負傷する事件が発生したため、アレンによる報復で、次の標的は自分でないかと考え、彼を激しくけん制するようになる。市原を襲撃した犯人と早合点したことからアレンを探し出し、報復にアレンに暴行を加える。その際、たまたま外国人半グレ集団「オクタゴン」に強要されアレンが運んでいた違法なブランドバッグのコピー品を川に捨てたため、その事を知った「オクタゴン」から報復のためアジトに拉致され、暴行を受けた上アジトに火を付けられるが、手足を拘束されていたために逃げ出せなかったところにアレンが駆けつけ、炎を飛び越え救出されたことでこれまでのアレンに対する行いを反省し、アレンが許してくれた...

    東京都教育委員会

    尾崎賢治(おざき けんじ) 1. 演 - 升毅(第1話・第5話・第8話 - 最終話) 2. 教育長。 3. 音楽教師・香里の事故死について調べまわる嶋田を外し、別のスクールポリスを斡旋して欲しいという校長・木島の要望を、隆平はスクールポリスとして問題なく機能しているので不要であると跳ね除ける。(第5話) 4. 傷害教唆容疑で校長の木島が逮捕されると、赤嶺中学の教員たちにマスコミに余計な話をしないよう通達するよう秋吉に指示を出す。そして木島の逮捕騒動が落ち着いた1週間後に赤嶺中学を来訪し、木島に暴行を働いた上、公私混同でスクールポリスの職務をしていた嶋田に批判の言葉をかける。(第8話・第9話) 5. 赤嶺中学3年1組の尾崎香澄の実父で、香澄の家庭とは別に本妻と受験を控えた年頃の子供がいる家庭があり、月に一度香澄に養育費を手渡しするため食事会を開き顔を合わせていたが、香澄から悪態をつかれたことで言い争いとなり、香澄が高校受験が近づいて多忙だろうという理由をつけて今後は食事会を打ち切り、養育費も振り込みで済ませると言い渡す。(第9話) 6. 赤嶺中学の襲撃事件後、面倒なことになる前にス...

    「王様の味」

    六田(むた) 1. 演 - 谷川昭一朗 2. 涼子と柴田、水野の行きつけの食堂「王様の味」の店主。

    第1話

    慎吾(しんご) 1. 演 - 元木湧(少年忍者 / ジャニーズJr.) 2. 慶城附属中学校の生徒。山瀬の腹を蹴る。嶋田に襲いかかるも逮捕され慶城附属中学校から退学になった。 栄司(えいじ) 1. 演 - 内村颯太(少年忍者 / ジャニーズJr.) 2. 慶城附属中学校の生徒。山瀬がカツアゲされる様子を撮影して楽しんでいた。嶋田に襲いかかるも逮捕されも慶城附属中学校から退学になった。 祐希(ゆうき) 1. 演 - 深田竜生(少年忍者 / ジャニーズJr.) 2. 慶城附属中学校の生徒。山瀬の財布から金を奪い取る。嶋田に襲いかかるも逮捕され慶城附属中学校から退学となった。 岩井真帆(いわい まほ) 1. 演 - 森﨑美月 2. 三村翔子の親友。別の小学校に通っていた翔子とは学習塾で知り合った。翔子と共に清純女子学園中学校という私立中学校を目指していたものの、翔子が不合格。悲しむ翔子を「清純女子は高校受験で入れるから」と優しく慰めた。しかしその後、父親が逮捕されたことで同級生から激しくいじめられ、翔子からの電話にも出ないようになり、苦悩の末に飛び降り自殺した。 山瀬邦夫(やませ くに...

    第2話

    大林優也の母 1. 演 - クノ真季子 2. 息子が水野にハツカネズミの死骸を使って嫌がらせをした濡れ衣を着せられたと伝え聞き、学校に抗議に訪れるが[注 43]、嶋田から威力業務妨害で逮捕することになると制止される。 沼田修(ぬまた おさむ) 1. 演 - 内藤聖羽 2. 理科の教員免許を持つ松城区立川第二中学校教員。3年2組副担任・青木の友人。5年前、青木に教員免許を貸し出し、青木はその免許を元に自分の名前の教員免許を偽造している。 女子生徒A 1. 演 - 田中杏奈 2. 赤嶺中学校の女子生徒。女子生徒Bと共に嶋田に絡み、しつこく告白してくる男子の愚痴を言うが、スクールポリスの範疇ではないとあしらわれる。 女子生徒B 1. 演 - 根岸姫奈 2. 赤嶺中学校の女子生徒。女子生徒Aと共に嶋田に絡み、オカルト好きの女子が呪いの呪文ばかり唱えていると愚痴を言うが、ほっておくようにとあしらわれる。 男子生徒 1. 演 - 中村碧、遠藤翼空、寺下優輝 2. 赤嶺中学校の2年の男子生徒。青年向け雑誌を教室に持ち込んでいたのを嶋田に見つかり、「ほどほどにな」とたしなめられる。

    第3話

    仲村紀明(なかむら のりあき) 1. 演 - 藤本哉汰 2. 3年3組の生徒。サッカー部所属。授業中に突然大声で笑い出し、服を脱ぎ捨てて廊下の窓から飛び降りようとするが嶋田に間一髪のところで制止され、そのまま失神する。異常行動をとったことからドラッグ使用疑惑が持ち上がり、同時期に学校の備品が盗難されネットで転売される騒ぎがあったことから、ドラックを購入する資金にするために備品を盗んでいたのではないかと嫌疑をかけられる。元々サッカー部では補欠であったが2年の時に練習試合で佐々木を負傷させてしまい佐々木がそのまま怪我の悪化により部を辞めたことでレギュラーになった経緯から、わざと佐々木に怪我を負わせたという噂があった。佐々木の負傷事故は不慮の出来事であったが、佐々木に好意を寄せていた長田に恨みを買われ朝練のドリンクにドラッグを混入されドラッグ使用疑惑からサッカー部は無期限活動停止に追い込まれる。事件の真相が隆平によって解明され無実が証明されたことから謹慎を解かれサッカー部の活動再開を認められる。 新垣毅(あらがき たけし)、沼尻裕太(ぬまじり ゆうた) 1. 演 - 岡島遼太郎、夏目航...

  1. 枕頭推薦 相關
    廣告