Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 110,000,000 項搜尋結果

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 国外犯国外犯 - Wikipedia

    刑法4条の2(条約による国外犯). 日本国外において、 第二編 の罪であって条約により日本国外において犯したときであっても罰すべきものとされているものを犯したすべての者に適用する. なお、刑法以外の特別法違反でも、広く国外犯規定が適用される ...

  2. 自殺した著名人一覧 本節の一覧には明治から現在までの人物を収載する。それ以前の人物については「#近代以前」を参照。 その自殺について強い疑義のある者に関しては「#その自殺に強い疑義のある者」を参照。 本節の一覧および本項の一覧は、その人物本人、あるいはその業績、作品など ...

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 悪徳商法悪徳商法 - Wikipedia

    • 類型
    • 対処法
    • 企業・団体・事件
    • 主要な事件
    • よく扱われる商材
    • 用語
    • 人物
    • 関連項目
    • 外部リンク

    利殖商法

    「未公開株」「海外事業への出資」「絶対に儲かる」などを謳って実態のない投資話を持ち掛け出資金として多額の金を騙し取る手口。日本各地の消費生活センター等に寄せられた被害件数は2011年から2013年までに7539件(68.0%)減少したが、高齢者(65歳以上)比率が68.5%から70.5%まで高まった。消費者庁によると、2012年までの調べで利殖商法に関する生活相談が増加しており、怪しい社債や換金性に乏しい外国通貨(イラク・ディナールやスーダン・ポンドなど)の取引をもちかけるケースが急増した。

    アポイントメント商法

    景品受け取りやお得なクラブへの入会などと称して指定された場所に消費者を出向かせ、その場所で執拗な勧誘を行って契約させる手法。契約するまで帰らせない監禁商法にあたる場合もある。3月から5月にかけて若者の被害者が多い。クラブに入会させられ入会金を支払わされた後、再度連絡され、会費が支払われていないなどとして二次被害を受ける事例が増えていると東京都消費生活総合センターが2007年に発表した。

    点検商法

    「無料で家屋を点検する」などと称して家庭を訪問し、「柱にヒビが入っている」「シロアリがいる」「このままでは家が倒れる」など、事実に反する情報を伝え、シロアリ駆除・補強工事など高額の契約をさせる手口。虚偽説明をされた場合や価格・性能など重要事項を故意に告げられなかった場合は消費者は契約を取り消すことができる。

    一般の企業が「組織ぐるみ」で犯した罪などは企業犯罪を参照されたい。 1. アイディック - 節電器商法。ESCO事業として「国から支援を受けている」とセールス。 2. アクアライン (企業)(水道屋本舗) - 水道修理において、みだりに不必要な作業を上乗せし、不当に高額な料金を請求。他、クーリングオフできるにもかかわらず、できないと虚偽の説明をするなど。特定商取引法違反により、業務停止命令が下された。 3. 安愚楽牧場 - 日本最大の和牛預託商法業者。民事再生法適用申請時の被害者数73,356人、被害総額4207億6700万円。 4. エステdeミロード - 大規模な消費者被害を起こしたエステティックサロン。 5. エフ・エー・シー - 月5%の高配当をうたって出資を募っていたが、実態は出資...

    被害金額の大きな日本の事例としては安愚楽牧場事件(4330億8700万円)、豊田商事事件(約2000億円)、天下一家の会事件(約1896億円)、全国八葉物流(約1600億円、1500億円)、円天(L&G)事件(1000億円)、大和都市管財(約1100億円)、KKC(経済革命倶楽部)事件(350億円)などがある。

    悪徳商法で扱われることの多い商品やサービスなど。必ずしも全てが悪徳かつ違法とは限らないが、曖昧または大げさな表現を多用することでしばしば問題となる。基本的に一般人では即座に理解しにくいものが選ばれる。

    天羽優子 - 疑似科学的な宣伝を利用した悪徳商法の問題に取り組んでいる山形大学准教授。
    小島茂 - ディプロマミル問題を研究する静岡県立大学教授。
    多田文明 - 自ら引っかかった体験を基に語るルポライター・ジャーナリストでキャッチセールス 評論家・悪徳商法評論家。
    西田公昭 - マインドコントロールや詐欺・悪徳商法の心理学を研究する静岡県立大学准教授

    行政機関

    1. 不安産業 2. 国民生活センター 3. 消費者庁 4. 消費生活センター 5. 日本司法支援センター 6. 暴力追放運動推進センター

    制度

    1. クーリングオフ 2. 少額訴訟

    法律

    1. 詐欺罪 2. 恐喝罪 3. 消費者基本法 4. 特定商取引に関する法律 5. 不当景品類及び不当表示防止法 6. 割賦販売法 7. 消費者契約法 7.1. 消費者団体訴訟制度 8. 電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律 9. 商品取引所法 10. 無限連鎖講の防止に関する法律 11. 出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律 12. 貸金業の規制等に関する法律 13. 利息制限法

    • 証拠隠滅罪
    • 親族間の特例
    • 証人等威迫罪
    • 組織的犯罪処罰法の特則
    • 参考文献
    • 関連項目

    他人の刑事事件に関する証拠を隠滅し、偽造し、若しくは変造し、又は偽造若しくは変造の証拠を使用した者は、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられる(刑法第104条)。これらの行為によって犯人や被疑者の利益になるか否かは問わず、無実の人間を陥れようとする場合にも成立する(証拠隠滅により被告人に不利益を与えた事例として、大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件参照)。

    犯人蔵匿罪(刑法第103条)及び証拠隠滅罪(刑法第104条)については、親族間の犯罪に関する特例があり、犯人又は逃走した者の親族がこれらの者の利益のために犯したときは、その刑を免除することができる(刑法105条)。

    自己若しくは他人の刑事事件の捜査若しくは審判に必要な知識を有すると認められる者又はその親族に対し、当該事件に関して、正当な理由がないのに面会を強請し、又は強談威迫の行為をした者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられる(第105条の2)。 暴力団による「お礼参り」を防止するため、1958年に行われた刑法一部改正の際に新設された犯罪類型であり、国の刑事司法作用に加え、個人(証人等)の意思決定の自由や私生活の平穏も保護法益とする。

    組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律には本罪の特則規定が置かれており、禁錮以上の刑が定められている罪に当たる行為が、団体の活動として、当該行為を実行するための組織により行われた場合、その罪に係る犯人隠避、証拠隠滅、証人等威迫に該当する行為については、3年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処せられる(組織的犯罪処罰法7条1号、2号、3号)。

    前田雅英『刑法各論講義3版』(東京大学出版会、1999年)
    井田良『刑法各論』(弘文堂、2002年)
    • 概要
    • 詐欺グループのメンバー
    • 経緯
    • 補足

    2003年(平成15年)に「池田大作の秘書」を名乗る創価学会員Aらがみずほ銀行国分寺支店を訪れ、担当行員に「創価学会関連の迎賓館を建設する」などと架空の話をでっち上げた。Aは「迎賓館を運営する自然食品販売会社が用地取得を請け負う」と担当に融資を依頼。偽造した自然食品販売会社(ペーパーカンパニーだったとされる)の決算報告書や納税証明書などを見せ、銀行側から融資を引き出しだまし取った。詐欺グループは他にも「創価大学の学生寮を建設する計画がある」などと架空の案件を同行に持ちかけさらに融資を募り金銭を騙し取った。しかし、所有権移転登記のため法務局に提出した申請書類に偽造した収入印紙を貼っていたことから事件が発覚。警視庁捜査2課と府中署の捜査によりAら詐欺グループが逮捕された。なお、Aは実際には池田大...

    リーダー格のAは創価学会会員であり、創価大学一期生、創価大学教授(当時)の養子であった。それらは事実であったが、Aはさらに、池田大作名誉会長の秘書であるとの虚偽をかたり、同じ詐欺グループの自然食品販売会社社長のB(Aと共に逮捕)らを信用させて詐欺を行っていた。銀行との交渉でも「Aが中心になって創価大学教授の息子であることや創価学会とのつながりをちらつかせていた」(関係者)と、自身の立場をフルに悪用していたとみられている。 収入印紙を偽造したのは元会社役員Cと元金型製造業D(両者もAと共に逮捕)。Cは、収入印紙偽造実行役のDに指示を出して収入印紙を偽造させていた。Cの指示を受けたDは横浜市内の自分の事務所で収入印紙をスキャナで読み込みパソコンとプリンターを使って偽造していた。 収入印紙偽造グル...

    2001年1月から、みずほ銀行国分寺支店はFに融資を行っていた。この融資は詐欺ではなく通常の融資と見られている(後述 #補足参照)。 2002年にAが同支店を訪れ、創価大学学長がF宛てに出したとする覚書2通を持参して融資を依頼した。覚書は同大学のシンボルマークが印刷され「学生用マンションを大学が借り上げる」という内容の文章で学長印も押されていた。しかし覚書も学長印も偽造されたものであった。 上記依頼に対し、みずほ銀行は創価大学に覚書の真偽を確認せずAの話だけで4億1,500万円と5億5,000万円の2回、計9億6,500万円の融資を行った。 2003年11月、Aのグループは融資の返済を続けていたが、「創価学会が迎賓館を建設する計画がある」と別の架空話をみずほ銀行に持ちかけた。「創価学会本部の...

    Aとみずほ銀行国分寺支店との最初の接点は実姉Fが2000年に自宅購入のための住宅ローンの相談を同店にしたことだった。Fの代理人としてAが同店に出入りするようになり、2002年夏にAは創価大学学長がF宛てに出したとする偽造の覚書2通を持参して融資を申し入れたという。

  4. 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(そしきてきなはんざいのしょばつおよびはんざいしゅうえきのきせいとうにかんするほうりつ、平成11年8月18日法律第136号)は、暴力団・テロ組織などの反社会的団体や、会社・政治団体・宗教団体などに擬装した団体による組織的な ...

  5. 中国の裁判所は下から基層人民法院・中級人民法院・高級人民法院・最高人民法院の四階層が存在し、死刑判決に関わる裁判は中級人民法院から開始されるが、中級人民法院で下された判決は高級人民法院の審理を経て 最高人民法院 (日本の 最高裁判所 に ...

  1. 其他人也搜尋了