Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 75,700,000 項搜尋結果

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 白雲白雲 - Wikipedia

    白雲 (はくうん、 明和 元年( 1764年 ) - 文政 8年( 1825年 ) [1] )は、 江戸時代 の画僧( 浄土宗 )。 松平定信 に仕え『 集古十種 』の編纂事業に加わった。 法諱 は逸誉、のちに良善教順と称した。 白雲は 画号 、別号に閑松堂・松堂・墨癡・蝸牛叟・無心・竹堂など。 略歴 [ 編集] 白雲は 京都 東山 の位の高い人物の子とされる [2] 。 若いうちに浄土宗 十念寺 ( 須賀川 )で 得度 。 寛政 元年(1789年)、26歳にして同寺第19代住職となる。 その後、 白河藩 主松平定信に画才を認められ閑松堂の堂号 [3] を賜る。 以降、 谷文晁 ・ 亜欧堂田善 ・ 巨野泉祐 らとともに『集古十種』の編纂事業に加わる。

  2. 崔瑗 (さい えん、77年 - 142年) 後漢の書家。 字は子玉。 小篆・章草に長じた。 蔡邕の門人。 『座右銘』が有名で、 日本 では 空海 が書いた『 崔子玉座右銘 』が名高い [10] 。 張芝(ちょう し、生年不詳 - 192年) 後漢の書家。 字は伯英。 敦煌郡 淵泉県 の人。 書を 崔瑗 と 杜度 の2人に学び、草書をよくし、古来 草聖 と称された。 自分の 家 の 庭 の 池 に臨んで熱心に 習字 をしたため、池の水がいつも真黒であったというのは有名な話であり、書道のことを「 臨池 」(りんち)というのはこの 故事 による。 『 書譜 』の中に、 王羲之 でさえ張芝の草書に敬意を表した とある。 代表作に 章草体 の『芝白帖』がある。

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 本山白雲本山白雲 - Wikipedia

    • 来歴
    • 作品
    • 弟子
    • その他
    • 参考文献
    • 関連項目

    明治4年、辰吉は土佐国幡多郡宿毛村(現 高知県宿毛市)土居下の侍屋敷に次男として生まれる。父本山茂武(省吾)は、土佐藩家老で宿毛7,000石の領主・伊賀家(安東家)に仕えていた。本山家は、かつて長宗我部氏とも争った家柄であったが、明治維新ののち家禄を奉還し、生活は極めて貧困であった。 幼少時、家の近くの城山墓地の地蔵堂で遊び、地蔵堂にある多くの地蔵の表情がそれぞれ違うことに気づき、立体造形に興味を持つ。美術(彫塑)の勉学を志すが、明治18年(1885年)に宿毛小学校高等科を卒業後、逼迫した家計を助けるため、郷里宿毛で小学校の代用教員として奉職した。しかし美術への思いを断ちがたく、明治21年(1888年)6月24日夜半、意を決して、自ら蓄財10円を懐中に家出して大阪へ向かう。 大阪で彫塑の師た...

    鹿(1893年(明治26年)、東京芸術大学大学美術館蔵)
    坂上浄野像(1894年(明治27年)、東京芸術大学大学美術館蔵)
    小児像(日本美術協会出品受賞作品、長沼守敬に学んだ洋風の彫塑製法で制作、大理石像)
    後藤象二郎像(1899年(明治32年)、原型を作成し懸賞に入選)
    大正期の邸宅は、東京小石川区大原町にあった。
    本山白雲邸跡(所在 高知県宿毛市中央2-8-18)
    『良い国良い人(東京に於ける土佐人)』沢翠峰・尾崎吸江共著、青山書院、1917年(大正6年)、p246-251。
    『大日本人物名鑑(巻4の1)』ルーブル社出版部編、1921年(大正10年)11月、p125-126。
    「本山白雲 生涯と作品」梶光伸著、『高知県立美術館研究紀要』、2003年
    伊賀氏成(陽太郎):伊賀式飛行機「舞鶴号」の発明者伊賀氏広の養父
  4. ja.wikipedia.org › wiki › 荒木白雲荒木白雲 - Wikipedia

    通称は三吉。 白雲、荒三と号す。 麹町区 山下町一丁目の荒木喜作の子として生まれた。 明治 5年( 1872年 )、満13歳の時、暁斎に入門、修行9年目の明治14年( 1881年 )には白雲の号を使用している。 白雲は 仏画 、 花鳥画 を得意としていた。 また、同年の第2回内国勧業博覧会に 起立工商会社 の出品作品として「萩に鶉図」、「花籠図」(ともに絹張りの作品)を出品している。 さらに、明治17年( 1884年 )4月11日から5月30日まで開催された第2回内国絵画共進会に「羅漢」と「枯木に烏」の2点を出品したことが知られている。 この「枯木に烏」は、師の暁斎が明治14年に妙技二等賞を受賞した「枯木寒鴉図」に似た作品であったと想定できる。

    • 歴史
    • 学区
    • 施設
    • その他
    • 参考文献
    • 関連項目

    町名の由来

    法性寺の山号である「白雲山」に由来するという。

    沿革

    1. 1928年(昭和3年)12月15日 - 南区笠寺町・呼続町の各一部により、同区白雲町として成立する。 2. 1970年(昭和45年)6月16日 - 笠寺町・弥生町の各一部を編入する。

    市立小・中学校に通う場合、学校等は以下の通りとなる[WEB 10]。また、公立高等学校に通う場合の学区は以下の通りとなる[WEB 11]。なお、小・中学校は学校選択制度を導入しておらず、番毎で各学校に指定されている。

    名古屋市笠寺福祉会館
    白雲公園
    笠寺福祉会館

    日本郵便

    1. 郵便番号 : 457-0025[WEB 3](集配局:名古屋南郵便局[WEB 12])。

    「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編(日本語) 『角川日本地名大辞典 23 愛知県』角川書店、1989年3月8日。ISBN 4-04-001230-5。
    名古屋市計画局(日本語) 『なごやの町名』名古屋市計画局、1992年3月31日。全国書誌番号:93012879。
  5. 駆逐艦 白雲 (しらくも)は、日本海軍の駆逐艦 [4] 。 吹雪型駆逐艦 の8番艦。 吹雪型の5番艦から8番艦までは艦名に「 雲 」が含まれるため、雲級(くもクラス)と呼称されることもある [注釈 1] 。 1928年(昭和3年)7月28日の竣工時は 第42号駆逐艦 だったが、8月1日に「 白雲 」と改名された [2] 。 太平洋戦争 開戦時、引き続き 第三水雷戦隊 麾下の 第12駆逐隊 に所属し [注釈 2] 、 南方作戦 にともなう マレー作戦 や 蘭印作戦 に従事した [注釈 3] 。 1942年 (昭和17年)3月1日、 バタビア沖海戦 に参加した [2] 。 3月10日に第12駆逐隊が解隊され、「白雲」は 第20駆逐隊 に編入された [注釈 4] 。

  6. 白雲 (しらくも)は、 大日本帝国海軍 の 駆逐艦 で、 白雲型駆逐艦 のネームシップである。 同名艦に 吹雪型駆逐艦 (特I型)の「 白雲 」があるため、こちらは「白雲 (初代)」や「白雲I」などと表記される。 艦歴 [ 編集] 当初の艦名は第十五号駆逐艦。 1901年 10月1日に進水し「白雲」と命名 [4] 。 1902年 2月13日、 イギリス の ソーニクロフト 社で竣工し、軍艦に編入され駆逐艦に類別 [1] 。 同年2月27日、日本へ回航 [5] 。 同年5月30日、呉に到着。 1904年 、 日露戦争 が勃発した際には 第1艦隊 第1駆逐隊に所属していた [6] 。 旅順口攻撃 、 黄海海戦 に参加 [1] 。

  1. 其他人也搜尋了