Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 58,600,000 項搜尋結果

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 白雲宗白雲宗 - Wikipedia

    白雲宗(びゃくうんしゅう)は、中国で北宋末に興起した庶民仏教教派である。 開創 清覚(1043年 - 1121年)が、徽宗の大観年間(1107年 - 1110年)に、浙江 杭州に「白雲庵」を創建したのに始まり、一時はその勢力が江南で最大となったが、明朝が成立して以後、禁圧を被った。

  2. ja.wikipedia.org › wiki › 本山白雲本山白雲 - Wikipedia

    本山 白雲(もとやま はくうん、明治4年9月1日(1871年 10月14日) - 昭和27年(1952年)2月18日)は、日本の彫刻家。 高知市 桂浜で悠然と太平洋の彼方を望んで立つ坂本龍馬の巨大な銅像(総高約15m)は、白雲の代表作である。 本名は本山辰吉で「白雲」は雅号。

  3. 白雲(しらくも)は [1]、日本海軍の駆逐艦 [2]。 吹雪型駆逐艦の8番艦 [3]。日本海軍の艦船名としては1902年(明治35年)竣工の白雲型駆逐艦 白雲に続いて2隻目。 概要 駆逐艦白雲(しらくも)は、日本海軍の駆逐艦 [4]。 吹雪型駆逐艦の8番艦。吹雪型の5番艦から8番艦までは艦名に「雲」が含ま ...

    • 三代
    • 三国
    • 六朝
    • 宋・遼・金
    • 出典・参考文献
    • 関連項目

    1. 史籀(し ちゅう、生没年不詳) 1.1. 一説に、宣王時代の太史官で、また、秦代の人との説もある。史籀の「史」は、史官の意と姓の意と両説ある。字書『史籀篇』15篇を著したとされる。

    西晋

    1. 索靖(さく せい、239年 - 303年) 1.1. 西晋の政治家。字は幼安。敦煌郡龍勒県の人。張芝の姉の孫。草書をよくし、衛瓘と並び称され、特に章草に優れた。その書法は韋誕から出た。書跡には『月儀帖』や『出師頌』(すいししょう)などがある。 2. 衛恒(えい こう、252年 - 291年) 2.1. 字は巨山。衛瓘の子。楷書に飛白の筆意を含む散隷という書を作った。張芝を学び、古文・章草・草書・隷書・楷書をよくし、書論『四体筆勢』を著した。『四体筆勢』には、古文・篆書・隷書・草書の四書体について、その起源などを記している。従妹に衛鑠がいる。

    東晋

    1. 衛鑠(えい しゃく、272年 - 349年) 1.1. 字は茂猗(もい)。通称は衛夫人。衛恒の従妹で、汝陰郡太守李矩の妻。書を鍾繇ないし蔡琰に学び、楷書・行書・篆書・隷書の各体をよくした。王羲之の師と伝えられる。 2. 王珣(おう じゅん、349年? - 400年?) 2.1. 字は元琳。王洽の長男。書名は当時、弟の王珉の方が高く、王珣の本領は学問にあったといわれる。行草に優れ、書に『伯遠帖』がある。

    木村卜堂 『日本と中国の書史』(日本書作家協会、1971年)
    鈴木翠軒・伊東参州 『新説和漢書道史』(日本習字普及協会、1996年11月)ISBN 978-4-8195-0145-3
    玉村霽山 『中国書道史年表』(二玄社、1998年6月)ISBN 4-544-01241-4
    「中国書道史」(『書道藝術』別巻第3 中央公論社、1977年2月)
    中国の書道史 - 中国の書論 - 集帖
    日本の書家一覧 - 日本の漢字書家一覧 - 日本のかな書家一覧
  4. 歴史 1987年1月24日、広州市郊区より白雲区に改称される。 行政区画 20街道、4鎮を管轄する: 街道 三元里街道、松洲街道、景泰街道、同徳街道、黄石街道、棠景街道、新市街道、同和街道、京渓街道、永平街道、嘉禾街道、均禾街道、石井街道、金沙街道、雲城街道、鶴竜街道、白雲湖街道 ...

  5. 白雲(しらくも)は、大日本帝国海軍の駆逐艦で、白雲型駆逐艦のネームシップである。 同名艦に吹雪型駆逐艦(特I型)の「白雲」があるため、こちらは「白雲 (初代)」や「白雲I」などと表記される。 艦歴 当初の艦名は第十五号駆逐艦。1901年10月1日に進水し「白雲」と命名 [4]。

  6. ja.wikipedia.org › wiki › 荒木白雲荒木白雲 - Wikipedia

    荒木 白雲(あらき はくうん、安政6年(1859年)3月 - 没年不明)は、明治時代の浮世絵師、日本画家。 来歴 河鍋暁斎の門人。通称は三吉。白雲、荒三と号す。麹町区山下町一丁目の荒木喜作の子として生まれた。 明治5年(1872年)、満13歳の時、暁斎に入門、修行9年目の明治14年(1881年)には ...

  1. 其他人也搜尋了