Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 機能衣 相關
    廣告
  1. 放射線防護服 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/放射線防護服

    概要. これらは放射線や放射性物質( ガス状 の物も含まれる)から身を守るための衣服であるが、考え方としては大別して2種類ある 。. ひとつは、放射性物質が体についたり吸い込んだりすることを回避するためのもので、 レインコート 様のものから 気密服 までさ ...

  2. 被服 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/被服
    • 被服の目的
    • 被服の歴史
    • 被服の種類
    • 製造と管理
    • 関連項目

    被服着用の目的は多様であるが、主には、体表付近の温湿度を調節する環境制御、身体や皮膚の保護・防御、身体の一部の秘匿や強調、装飾、また、性別・身分・職業等の表示がある。被服は単一の目的(機能)のために用いられることは稀で、大抵は複数の機能を同時に担っている。例えば制服や礼服は、社会的機能を担うと同時に体温調整の機能も考慮されている。スポーツウェアは動きやすさ・体温調整・怪我防止の役割を同時に果たすように考慮されている一方で、日常使用を考慮したファッション性の高いものも存在している。実用的な役割の衣類と社会的・シンボリックな役割の衣類に分類されることもあるが、それらがからみあっている場合もあり、いつもすんなりと分けられるわけでもない。例えば白衣は、実用的には汚れ防止のために衣類の上に重ね着するものであるが、特定の印象づけを行うことで見る人の心理を操作するためにも用いられていることが知られている[注 1]。

    起源

    人類がいつから被服を着用したかははっきりとしていない。衣服の起源を7万年前から7万5千年前に、インドネシア、スマトラ島にあるトバ火山が大噴火を起こして気候の寒冷化を引き起こし、その後の人類の進化に大きな影響を与えたトバ・カタストロフ理論に関連づける者もいる。すなわち、ヒトに寄生するヒトジラミは2つの亜種、すなわち主に毛髪に寄宿するアタマジラミ (Pediculus humanus capitis) と、主に衣服に寄宿するコロモジラミ (Pediculus humanus corporis) に分けられるが、近年の遺伝子の研究からこの2亜種が分化したのはおよそ7万年前であることが分かっている。そこでシラミの研究者らは、トバ火山の噴火とその後の寒冷化した気候を生き抜くために、ヒトが衣服を着るようになったのではないかと推定している。なお、ヒトは14~20万年前にアフリカに共通の祖先を持つ、と考えられるようになってきており(アフリカ単一起源説)、同説によると、ヒトは7万から5万年前にアフリカからその他の地域へ移住し始めた、ということになっている(人類の進化#出アフリカ説)が、この時期とほ...

    古代から近代

    被服の誕生以降、長きにわたって自給自足の時代が続き、その入手、製作の困難さにもかかわらずすべての人にとっての必需品だったために非常に価値のあるものであった。被服の原料である布が、その有用性と希少性のために古代においてはしばしば貨幣としての役割を持ち、中国や日本においては租庸調のうちの庸または調として租税のうちに組み入れられていた ことは、その表れである。社会上層を除いては所持点数も少なく、奈良時代の下級役人層では所持する衣服を洗濯するために休暇を申請することも珍しくなかった。 古典古代期に利用された衣服は、トーガのように幅広の布を体に巻き付けるか、一枚の布を袋状に仕立てて首と腕を出す部分に穴を開けたチュニック(ポンチョ)やガウンの類であった。これらの衣服は、布地を体型に合わせて裁断することなく仕立てるために、着るというよりも纏うものであり、ひだが多く緩やかなラインになる特徴がある。中世初期に中央アジアのテュルク系騎馬民族が、布地を体型に合わせて裁断し前開きに仕立てたカフタンや革靴を使用するようになる。寒さと騎乗に適応したジャケット型の上着やズボンと革靴は、モンゴル帝国の拡大ととも...

    現代

    第二次世界大戦後、既製服の本格的な普及が始まり被服は消費財へと大きくその価値を変えることになる。日本では1942年から1950年まで衣料切符が無ければ被服を自由に買えない時代 が続いたが、1960年代半ば頃に既製服の普及が起きた。これにより、消費者は小売店で既製品を選択、購入し、着用および手入れを繰り返した後、これを廃棄するようになった。また、当時、織物が主体であった外衣であるが、1970年頃になるとTシャツやポロシャツなどの素材となるイージーケアな編物がカジュアル、スポーティーなどのイメージとともに生活に浸透してくる。現在の被服は、ファッションの影響を強く受ける消費財として定着している。衣服のメーカーやデザイナーはマーケティングや広告宣伝の技術を用いて消費者心理に訴え、さまざまなファッションブランドが成立している。また、1980年代以降には、製品としての被服の生産拠点が中国などに移行し、2000年代以降には産業形態のひとつとして製造小売業SPAが成功をおさめ注目された。 21世紀に入り、被服の製造・流通・着用・廃棄の各過程において更に多様化が進んでいる。たとえば入手の方法では、...

    被服には様々な分類方法があり、例えば文化を基準として、民族服・洋服・和服等に分けることができる。あるいは、着用部位や素材によって分けることもできる。衣類は重ねて着ることが多いものであるが、日本語では上側(外側)に着る着物を「上着(うわぎ)」と言い、下側(内側)に着る着物を「下着(したぎ)」と言う。英語ではアウターウェア・インナーウェアなどと言う。また、上半身に着るものをトップス、下半身に着るものをボトムスと言う。また対象とする年齢や性別によって、子供服・紳士服・婦人服といった区分も行われている。

    素材

    衣服の素材は、大きく天然繊維と化学繊維に分けられる。天然繊維は羊毛などの各種獣毛や絹といった動物繊維と、綿や麻などの植物繊維からなるが、なかでも綿・麻・絹・羊毛の利用が飛び抜けて多い。化学繊維はレーヨンなどの再生繊維、アセテートなどの半合成繊維、そしてナイロンやポリエステル、アクリルといった合成繊維からなる。布地は平織・綾織・繻子織などの織物のほか、編物やレースも用いられ、また繊維のほかに皮革も広く用いられる素材である。素材にはそれぞれ長所と短所が存在し、その特性に沿った利用がなされるほか、素材の長所を生かし欠点を補うために2種類以上の素材を混ぜ合わせる混紡も広く行われている。

    生産

    衣服の製造・流通業はアパレル産業と総称される。ミシンなどの設備と洋裁などの技術があれば、生地を購入した上で自宅で衣服を作ることもいまだ可能ではあり、また高級衣服においては仕立て屋に依頼してオーダーメイドの服を仕立てることも一般的であるが、20世紀後半以降はほとんどの衣服は工場において大量生産された既製服となっている。 衣服生産の機械化と大規模化はミシンの発明と普及によって成し遂げられたが、ミシンは生産過程において人による操作がかならず必要となるため、完全機械化が困難である。これにより大規模な衣服生産には労働力の大量投入が必要となるため、衣料産業は人件費の安価な発展途上国に多く立地しており、また生産国の経済発展により人件費が高騰すると、さらに工賃の安価な国へと拠点が移動することが多い。日本においても1970年代に韓国や台湾へと衣服生産は移行しはじめ、国内生産は1990年代には大きく減少した。さらに2000年頃には中国が衣服の生産拠点となり、その後は東南アジアやバングラデシュが一大生産地となった。このため先進国においては衣服は輸入品が中心となっており、日本では2018年には衣服の総点...

    管理

    衣服は使用や経年などさまざまな理由によって汚損や劣化していくため、適切な管理が必要である。日本では、衣服にはその組成や取り扱い方法を表示することが家庭用品品質表示法によって義務づけられている。着用した衣服は洗濯を行い、汚れを除去する。通常、洗濯は家庭において、水と洗剤を利用し洗濯機で行い、その後乾燥させて保存する。水洗いのできない場合や洗濯が困難な場合はクリーニング店などの専門の洗濯業者に依頼し、ドライクリーニングなどで汚れを除去する。衣類全体に変色が広がった場合は漂白剤によって漂白を行い、一部の汚れではしみ抜きを、しわがある場合はアイロンをかける。衣服を長期保管する際は虫害を避けるため防虫剤を使用することが多く、またカビの発生を避けるため湿度を低く保つことが望ましい。 劣化や流行などで使用に耐えなくなった衣服は処分される。衣服の処分は、汚損部分を修理したり仕立て直してそのまま着用する場合や、知人に譲渡したり古着屋に売却するなどで再利用する場合、一度解体してウエスや繊維材料としてリサイクルする場合などがあるが、大半はそのまま廃棄される。日本において2010年の衣料の修理・再使用・...

  3. 浴衣 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/浴衣
    • 歴史
    • 現代
    • 素材
    • 形態と着こなし
    • 浴衣を常用する業界
    • 近年の浴衣事情
    • 関連項目

    平安時代、貴族が風呂に入る際に着用した湯帷子(ゆかたびら)がその原型とされる。この当時の風呂は専用の衣服を着て入る蒸し風呂であり、そのための湯帷子は麻織物でできていた。 安土桃山時代頃に裸で湯に浸かる入浴習慣が生まれると、湯上がりに肌の水分を吸い取らせるために着られるものとなり、江戸時代には広く庶民に愛好されるものとなった。 江戸時代に日本で木綿が普及すると、麻織物に代わって、より吸水性の高い綿織物の着物が用いられるようになり、現代の浴衣へとつながることとなる。 本来、浴衣は湯上りに身につける部屋着であり、また、昭和の洋装の一般化以降は寝巻きとしての用途が主であった。このため、昼間から浴衣を着て外出するのは憚られることとされていたが、そうした認識は現在では薄れている。 明治期には、浴衣に繻子などの半衿をかける例も記録されている。 昭和初期頃までは浴衣のことを「中型」「中紋」ということもあった。これは、反物の中でも浴衣にふさわしい柄は中型の紋様とされていたことによる。大型の紋様は布団などの寝具用、小型の紋様は外出着用とされていた[注釈 2]。

    現代では、浴衣は夏季に身につけるおしゃれアイテムの一つとなっており、特に女性用の浴衣には、柄や色にも華やかなものが多くみられる。 現代の日本の生活で浴衣が着用される機会は、主に花火大会・縁日・盆踊りなど、夏の行事の際である。こうした時期には、レストランや遊園地・テーマパーク、スポーツの試合などでも、浴衣を着用して来場した場合に特典を設ける場合もある。 旅館やホテルには寝巻として用意されている場合が多いが、その多くは簡略化されたものである[注釈 3]。元来部屋着であるため、シティホテル等では、浴衣で共用部に出ることは非常識とされる。温泉地の温泉宿やホテル等では、伝統的に、浴衣のままで館内施設を利用したり近隣に外出すること(湯巡り、はしご湯など)は問題ないとされている。 温泉街の宿泊施設が連携して、浴衣を一種のリゾートウェアととらえて演出アイテムとするケースもある。施設利用者に浴衣と下駄を貸し出し、着付けも行い、宿泊客にはそのままプレゼントするなどが一例である。 日本情緒の雰囲気を味わえ、かつ、安価で着付けも単純な民族衣装として、外国人のお土産としても重宝されている[注釈 4]。 日本ゆかた連合会の提案により、1981年(昭和56年)に乞巧奠(きっこうてん)の慣習と織女祭にちなんで、7月7日が「ゆかたの日」と制定されている。

    一般的には木綿地で、通常の単物用の生地よりもやや粗めに織った平織りのものが多い。 高級な浴衣生地には、小千谷縮(麻)や阿波しじら織(木綿)などのの「縮織(楊柳)」がある。また、太さの異なる糸を用いて細かなワッフル状の織地をつくる「紅梅織」で作られた「綿紅梅」(木綿製)「絹紅梅」(木綿と絹の交織)などもある。

    構造は単の長着と同一であり(長着#各部の名称を参照)、和服の中でも最も単純かつ基本的で、反物も比較的安価であることから、家庭科の授業で和裁の基礎を学ぶ際には浴衣を縫うことが多い[注釈 5]。 女性用の浴衣は、両袖の内側と両脇の一部に、身八つ口(みやつくち、みやつぐち)という開いた部分があるが、男性用の浴衣にはない。また、女性用の着物は元来長い丈のものをたくし上げて「おはしょり」を作って着るため、女性用の浴衣にもおはしょり部分があるが、男性用の浴衣にはない。 一般的な着物に比べると、裾は若干短くても良いとされ、くるぶしが見え隠れする程度の着丈に着付けるのが一般的である。 合わせる帯は、男性は角帯[注釈 6]、女性は現代では半幅帯が一般的であるが、元来が家庭用のくつろぎ着であるため、男女ともに扱いの簡単な兵児帯(へこおび、へごおび)を用いることもある。角帯は元来は浴衣には合わせないものとされていたが、現代ではこの意識は薄れている[注釈 7]。 履物は、素足に下駄が一般的である[注釈 8]。男性の場合は雪駄も多用される。 衿合わせは、一般的な和服の着付けと同じく、男女とも右前である(着付け#右前(右衽)と左前(左衽)も参照)。右の衿を前(さき)に胸に沿わせ、左の衿をその上に重ねるように身につける。『続日本紀』によると、奈良時代の719年に衣服令が発令され、「健康な者は老若男女を問わず右を先に合わせてから左が外側になるように着るべし」と定める「天下百姓右袵」が定められたことに由来する。「向かい合った相手から見るとアルファベットのYの小文字“y”になるように」「自分の右手を衿に差し入れやすいように」と覚えると間違えにくい。

    歌舞伎や日本舞踊など、日本の伝統芸能においては稽古着として使用されている。 歌舞伎役者などが別誂えの反物を染めて贔屓への配りものとすることも多かったが、最近ではこうした風習も徐々に少なくなっている。 角界では、関取が自分の名前の入った浴衣生地を贔屓筋や他の相撲部屋に贈るという風習がまだ残っており、自分の気に入った柄でオリジナルの浴衣を仕立てる力士も多い。また、現役力士は、関取か否かを問わず浴衣が夏の正装であり、「浴衣を着用せずに外出してはならない」という規定がある[要出典]。

    浴衣はもともと白地の木綿を藍で染抜くのが原則で柄も大胆なものが多かったが(右図参照)近年では洋服のようなデザインが好まれつつあり、華やかな色合いと柄のものなども多くなっている。生地も木綿ではなく、麻を混ぜたものやポリエステルなどを用いたものも多い。反物から仕立てる場合は手縫いが一般的であるが、大量生産の既製品の多くはミシン縫いのものが主流である。そうしたものは衿の作りや縫いしろ、おくみなどが簡略化されており、一般的な和服の畳み方(本畳み)ではうまく畳めないことがある。 本来は素肌に着るものであるが、近年は外出着として着用されることも多くなり、肌着を着用することが多くなった。この場合は、浴衣向きに軽量化されたり吸汗性に優れた肌襦袢や、和装用の簡易スリップなどの肌着を着用することが多い[注釈 9]。 女性の帯結びは男性より複雑であるため、近年は自分で帯を結べない者も多い。そのため、「作り帯」(すでに帯結びが仕上がった状態で固定されたもの)も多用される。 和洋折衷のデザインのものも多く販売されている。生地の柄や衿の合わせは従来の浴衣であっても、本来は浴衣には用いない伊達衿をあわせたり、伊達衿代わりにフリルやレースをあしらったもの、また、ミニスカートのような膝上丈のもの、パニエを使用するフレアスカートのようなものなど、固定観念を打ち破った個性的なデザインのものも登場し、特に若い世代に支持されている。また、通常の形であっても、一枚仕立てではなく上下に分かれた二部式のものも[注釈 10]、着崩れしにくいことから人気である。さまざまな帯締めや帯留めを自由に用いたり、帯にリボンやビーズで装飾を施したものなど、多様なバリエーションが見られる。 男性では、薄手のシャツやカットソー、帽子やエンジニアブーツなどを合わせるなど、現代風アレンジを楽しむ者も増えている。 現代の生活では下駄を履き慣れないため、転んで怪我をする場合もある。さらに、現代では地面のほとんどが舗装されているため、下駄の音が響いて周囲の迷惑になることがある。このため、洋服用のサンダルなどを合わせる場合も多い。また、本来浴衣は足袋をはかずに素足で着るものであるが、鼻緒ズレなどを防ぐため、薄手の足袋をはく者もいる。

  4. 飛行服 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/飛行服
    • 歴史
    • アメリカ
    • 日本
    • 脚注
    • 参考文献
    • 関連項目

    主に軍、沿岸警備隊、警察、消防などに所属するパイロットや航空士が飛行機に搭乗する際に着用する。航空会社ではパイロット用の制服(ジャケット、ワイシャツ、スラックス)を規定し、客室乗務員にも専用の制服が規定されているため旅客機関連では着用されないが、メーカー所属のテストパイロット、曲技飛行士、消防防災ヘリコプター、ドクターヘリの搭乗員は飛行服を着用することが多い。 第二次世界大戦ごろまでは制服の上から皮製のフライトジャケットを羽織るだけの組織も多かったが、次第にパラシュートの併用を前提にし紐を纏めるベルトやカラビナ用のリングを付けたつなぎ(ジャンプスーツ)を使用するようになった。近年では耐Gスーツと一体化したものもある。 色に関しては多くの軍で陸海空問わず濃い緑の単色を採用し、迷彩を施していない。救難機の搭乗員や民間人は墜落時に発見されやすいよう、オレンジや黄色など派手な色の飛行服を着用する。 曲技飛行士などはレーシングスーツのようにスポンサーのロゴを貼り付けることもある。 フライトジャケットは地上での勤務時に制服の上から羽織ることもある。 1. 航空会社の制服を着たボーイング757のパイロット(ATA航空、2008年) 2. フライトスーツを着た曲技飛行士(ナイジェル・ラム) 3. スポンサーのロゴ入りフライトスーツを着た曲技飛行士(ニコラス・イワノフ) 4. 制服の上から革のジャケット(A-2)を羽織ったB-17の搭乗員(1943年)

    アメリカ空軍、アメリカ海軍、アメリカ沿岸警備隊では、パイロットと搭乗員は緑色のフライトスーツを使用している。沿岸警備隊は機外に出てて活動する救助隊員のみオレンジ色のフライトスーツを着用する。アメリカ陸軍では野戦服と同じ迷彩柄のフライトスーツを着用している。 戦闘機のパイロットはフライトスーツの上に耐Gスーツを着用する。 ブルーエンジェルス(アメリカ海軍)のパイロットは明るい青、サンダーバーズ(アメリカ空軍)のパイロットは濃い紺色の飛行服が用意されており、それぞれの地上クルーも同じ色の作業服を着用している。 武官組織であるが非武装のNOAA士官部隊は青いフライトスーツを使用している。 1950年代までは皮製であったが、ジェット機の実用化で高度が上昇したためナイロン製に置き換わった。フライトジャケットもA-2などの皮製からナイロン製のMA-1に置き換わり、現代ではCWU-45Pが採用されている。 かつては靴の色が搭乗員は茶、整備員は黒だったことから、搭乗員を『ブラウンシューズ』、整備員を『ブラックシューズ』と呼んでいた。 1. フライトスーツのみを着用したF-35の女性パイロット(アメリカ空軍) 2. 専用の飛行服を着たブルーエンジェルスのパイロット 3. 観客と談笑するサンダーバーズのパイロット 4. P-3C搭乗員(アメリカ海軍) 5. AH-64 アパッチのパイロット(アメリカ陸軍) 6. HH-65 ドルフィンのパイロット(アメリカ沿岸警備隊) 7. HH-65の救助隊員(アメリカ沿岸警備隊) 8. 観測機材を投下するWP-3搭乗員(NOAA士官部隊)

    自衛隊

    航空自衛隊と海上自衛隊では特殊服装として、航空帽、航空マフラ一、航空服、航空服上衣(フライトジャケット)、航空手袋、航空靴、航空眼鏡、略章など航空機に搭乗する際に着用する被服類が規定されており、これらを纏めて『航空服装』と呼称している。 航空自衛隊では通常の航空服の他、ブルーインパルスの操縦士と整備小隊には『展示服』と呼ばれる専用デザインの制服が規定されている。 海上自衛隊では通常の航空服の他、寒冷海域での墜落に備え、耐寒耐水服や耐水手袋などが規定されている。固定翼哨戒機にはこれらをセットにした『航空保護服装』が搭載されており、緊急時には機上武器員が準備する(個人装備ではなく航空機の装備扱い)。 陸上自衛隊では『戦闘服装航空用』が規定されており、操縦士だけでなく誘導や整備に関わる者も着用する。防寒用のフライトジャケットはウレタン擬革製。 自衛隊の航空服の形状はアメリカ軍のフライトスーツと類似しているが、色はより濃い緑色である。 詳細は制服 (自衛隊)を参照。 1. 航空自衛隊の航空服装(左から2番目) 2. 海上自衛隊の航空服装(左から5番目) 3. 海上自衛隊の航空服装(左端)...

    省庁

    海上保安庁と消防防災航空隊はオレンジ、都道府県警察航空隊は青色の飛行服を着用することが多い。

    旧日本軍

    日本軍においては陸軍は「航空服」とし、海軍においては「航空衣袴」としている。俗称・通称として「飛行服」等と呼称された。 第一次世界大戦から第二次世界大戦にかけての列強の空軍・陸軍航空部隊・海軍航空部隊では、牛革や馬革や羊革といった動物皮革製の飛行服が主流だったが、日本では衣服に使える革はほぼ輸入に頼らなければならなかった。このため、日本では陸海軍(陸軍飛行部隊・海軍航空部隊)とも航空部隊草創期には革製の飛行服が制定されたものの、大正期から昭和初期にかけてこれは廃止され、布製の飛行服を夏冬とも使用した。 第二次世界大戦時には爆撃機の迎撃で高高度を飛行する機会が増えたがウサギの毛皮では防寒性が低いため、諸外国と同様にヌートリアの毛皮を導入した。増産のため国民に飼育を奨励したが、戦後には放逐・野生化し問題となっている。 また、航空被服を構成する装具として、頭部を保護する革製の航空頭巾・航空帽がある。この飛行帽と対をなす存在である航空眼鏡(飛行眼鏡)は、1937年に後藤予備陸軍大佐が考案、陸軍のみならず海軍でも採用された物であり数少ない陸海軍共通の装備品であった。本品の採用前は戦車眼鏡(...

    ^ 翔べ!海上自衛隊航空学生 – 地上勤務 (1) | チャンネルNippon
    ^ 海上自衛隊の航空服装- Welfare Magazine ウェルフェアマガジン
    ^ 海上自衛隊 第23航空隊 公式ウェブサイト
    ^ ヌートリア - 農林水産省
    C. G. スウィーティング『アメリカ陸軍航空隊衣料史』(邦訳、グリーンアロー出版社、1991年)
    『日本海軍航空隊 軍装と装備』(『モデルアート』2004年4月号臨時増刊)
  5. 宇宙服 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/宇宙服
    • 機能
    • 開発の歴史
    • フィクションにおける宇宙服
    • 脚注
    • 関連項目
    • 外部リンク

    宇宙服には主に次の機能が要求される。 1. 気密性と気圧の調整。 2. 動きやすさ(気圧差によって膨張して動きにくくなるため)。 3. 呼吸に必要な酸素の供給と二酸化炭素他の除去(呼気を循環して再使用するため)。 4. 体温の調整、特に冷却(宇宙空間は低温ではあるのだが、宇宙服には宇宙飛行士の体温を逃がす場がなく、また太陽光線も強烈であるから活動時は温度が上昇することになる)。 5. 宇宙塵、デブリ、紫外線など宇宙線からの防護。 6. 外部との通信。 船外活動時、宇宙服内は与圧されているが周囲は真空のため、服がパンパンに膨らみ身動きを取るのはかなり大変な事である。実際、ソビエト連邦の宇宙飛行士アレクセイ・レオーノフが1965年に史上初の宇宙遊泳を行った際、宇宙服が風船のように膨張したため命綱をたぐり寄せて船内に戻るのが予想以上に困難となり、危うく宇宙船に帰還できないところであった。 アメリカ航空宇宙局(NASA)で船外活動に用いられている宇宙服 船外活動ユニット (EMU) は、宇宙服本体と背中に背負う生命維持システム、TVカメラと照明装置からなる。1980年代初めに使われた有人機動ユニット (MMU) は背中に背負うように装着し、窒素ガスの噴出によって宇宙空間での姿勢の制御、移動を可能にするものであったが、大型で実用的ではなかったためすぐに使われなくなった。代わって1990年代からは小型のSAFER (Simplified Aid For EVA Rescue) と呼ばれる緊急時以外は使用しないセルフレスキュー用の装置が開発され、国際宇宙ステーション(ISS)での船外活動 (EVA) ではSAFERの装着が義務づけられている。 NASAのEMUは、運用圧力が0.3 - 0.4気圧 (4.3psi)、重量約120kg、活動時間はおよそ7時間程度(最長8時間)である。ロシアのオーラン宇宙服の方は、約0.4気圧 (5.7psi) とEMUよりも若干圧力が高いため、作業性は劣るが、作業準備(プリブリーズ)時間が短縮できる利点がある。EMUは1人では装着できないのに対して、オーラン宇宙服は背中の扉を開いて中に入るタイプであり1人でも装着できる点も優れている。

    宇宙服の原型である世界初の与圧服は、1931年にソ連のエヴゲニー・チェルトフスキーが完成させた「スカファンドル」(скафандр, skafandr) だとされる。 1965年3月18日にソ連のアレクセイ・レオーノフが、ボスホート2号から世界初の船外活動を行った。この時に使われたベールクト宇宙服が初の実用宇宙服である。この宇宙服は、船内与圧服を改良したものであった。ロシアは、1977年12月にサリュート6号での船外活動を始めたが、この時はオーラン宇宙服D型(Orlan-D) が使われた。オーラン宇宙服は、1960年代に月面用宇宙服として開発していたクレチェット (Krechet) 宇宙服をベースに開発された。1985年にはその改良型のオーランDMの使用を開始。1988年からは、宇宙船とのアンビリカル無しで自立しての作業が可能なオーランDMAの使用を開始した。1998年からは、さらに操作性を改善したオーランMの使用を開始。2009年からは、オーランMを改良したオーランMKが使用されるようになった。なお、ロシアの宇宙服は、使用寿命を迎えるとプログレス補給船に搭載して廃棄している。 アメリカは、1965年6月3日にジェミニ4号で初の船外活動を行った。その後、NASAではアポロ計画用の宇宙服を開発し、スペースシャトル用の宇宙服 (EMU) へと進化した。ジェミニ、アポロ計画での宇宙服は、船内用与圧服と宇宙服を共用していたが、スペースシャトルでは、船内与圧服(オレンジ色のスーツ)と宇宙服 (EMU) を使い分けるようになった。EMUは、国際宇宙ステーションでの船外活動に備えて、低温環境での保温性の強化や、腕の動かしやすさの改善、グローブの改善、SAFERやヘルメットカメラの装着などの細かな改善を積み重ねた。EMUは、M・L・XLサイズの3種類があり、各パーツを自由に組み合わせたり、延長リングを接続する事でかなりの範囲でサイズの調整が可能である。一方、ロシアのオーラン宇宙服にはサイズは無く、腕と脚の長さを絞って調節することで対応している。 当時NASAが製作した宇宙服18着のうち、11着が約40年過ぎた2017年時点でもISS船外活動で使われ続けている。本来の設計寿命15年を大幅に超えて老朽化しており、トラブルも発生している。しかし断熱材の縫い付けに高度な裁縫技術が必要...

    宇宙服はSF小説やSF映画・特撮、SFアニメに頻繁に登場する。現在の人類より進んだ技術が登場する未来が舞台だったり、異星人が登場したりする作品では、上記のように薄型でも装着者を保護できるデザインになっていることが多い(機動戦士ガンダムシリーズのノーマルスーツなど)。

    ^ 見た目に美しい宇宙服の実現をめざして - JAXA
    ^ “NASAが宇宙服着古し40年、限界!残り11着でも新型まだ”. 『中日新聞』夕刊(共同通信配信記事). (2017年6月6日). http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017060602000267.html
    ^ NASAが月面用新型宇宙服を開発、人体3Dスキャンでジャストフィット、HDカメラ搭載で高速通信も可能に- TechCrunch Japan
  6. セーラー服 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/セーラー服
    • 来歴
    • 軍服
    • 日本の女子生徒用制服
    • 日本以外の女子生徒用制服
    • 男子生徒用の制服
    • 作品におけるセーラー服
    • セーラー服が特徴的な人物・グループ
    • 参考文献
    • 関連項目

    セーラー服は、19世紀に水夫(セーラー、英語:sailor)の甲板衣として誕生した。セーラー服の特徴である大きな襟の理由については、甲板上で風などの影響によって音声が聞き取りにくいときに襟を立て集音効果を得るためなど諸説あるが、定かではない。セーラー服が出来た頃の船乗りの間では、長髪を後ろで括ってポマードで塗り固める髪型(タール漬けの豚の尻尾)が流行していたが、船上ではなかなか洗濯が出来ないので、後ろ襟や背中が脂やフケで汚れを防ぐためという説もある。しかし、イギリス政府のサイトでは、“豚の尻尾”は1815年以降急速に廃れ、記録に残っているのは1827年が最後であるのに対し、大きな襟が現れたのは1830年以降なので、“豚の尻尾”とセーラーカラーが共存していた時期はないと指摘している。更に同サイトでは、初期の襟は円形であったが、男性が自分で繕うのに簡単なため、方形になったとしている。 また、現在のセーラー服の襟は、カラーとラペルが連続して胸元がV字型となっているものが多いが、19世紀のフランス海軍の制服のセーラー服にはラペルに当たる部分が切り欠かれており、胸元がV字型になっていなかった。アメリカ海軍が最初に使用したセーラー服もこのタイプで、子供服にも見られた。 セーラー服の胸元が大きく開いて逆三角形になっているのは、海に落ちた時にすぐ服を破り、泳ぎやすくするためと言われている。装飾として胸元にタイ(スカーフ)があり、その起源は水兵が手ぬぐい代わりに使用するための物であったと言われている。 1. トーマス・マン(1884年) イギリスのヴィクトリア女王(在位:1837年 - 1901年)は、英王室ヨット“HMY Victoria and Albert”乗組の水兵の制服として揃えられた[注 1]セーラー服が気に入り、同一デザインの子供服を誂えて1846年のクルージングの際に王太子アルバート・エドワード(のちのエドワード7世)にその衣服を着用させた。女王は他の王子達にもセーラー服を与え、孫であるプロイセンのヴィルヘルム王子(のちのドイツ皇帝ヴィルヘルム2世)にも寄贈した。このことから、イギリス国内では王室に倣い、海軍好きの国民性も相俟って子供服として流行した。また、この流行はその後20世紀初頭にかけて世界的なものとなった。 また、19世紀のフランスでは女性のファッション...

    セーラー服を水兵の制服として全面的に採用したのはイギリス海軍が最初とされている。 1841年にはアメリカ海軍がジャケットタイプの制服を下士官・兵用として制定していたが、その頃イギリス海軍では水兵の制服を規定しておらず、一部の艦の艦長が自分好みの制服を艦の資金で誂えていた。しかし、全乗組員に支給するには多額の費用がかかるため、人目につくことが多い艦長艇のクルーのみ制服を揃える場合もあった。特に軍艦ブレザー号(HMS Blazer)の艦長が1845年に誂えた制服は評判となり、乗組員の制服を揃えることが艦長の間で流行した(ブレザー#語源参照)。1853年、ハーレクイン号(HMS Harlequin)のウィルモット艦長は、この流行に乗って自艦の艦長艇クルーに艦名にちなみ道化師(Harlequin)の服を着せた。しかしこれは顰蹙を買い、新聞にも大きな問題として取り上げられた。1857年、このハーレクイン騒動が契機となり、海軍本部はセーラー服を水兵の制服として制定し、支給することにした。 1. クリミア戦争で活躍したイギリス海軍水兵 そして、イギリス海軍がセーラー服を採用したため、アメリカ海軍でも1862年に水兵用の制服をセーラー服に変更した。また、フランス海軍も1858年にセーラー服を水兵の制服として採用し、日本海軍でも1872年の設立当初より水火夫の制服として採用した。但し、フランス海軍に関してはイギリスの影響があったか否か定かではない。 このようにして、セーラー服は水兵の象徴となり、水兵であるという設定のポパイも劇中でセーラー服を着用している。またドナルドダックの服装も水兵をイメージしている。そして、セーラー服は現在でも日本の海上自衛隊をはじめ多数の国の海軍で水兵の制服として使用されている。 1. 各国海軍で着られているセーラー服 2. アメリカ海軍ブルー 3. アメリカ海軍ホワイト 4. ドイツ海軍 海上自衛隊も男性海士の制服として採用している。一方、尉官以上の幹部と海曹は冬は黒のリーファージャケット、夏は白の詰襟または開襟シャツが制服であり、女性自衛官は全階級で冬はダブルのブレザー、夏はシングルのスーツを着用する。 1. 海上自衛隊海士冬服 2. 海上自衛隊海士夏服 アメリカ陸軍では、その服装の奇抜さが南北戦争の北軍指揮官の中では比類無き存在として知られていたジ...

    日本に初めて学校制服としてセーラー服が導入されたのは諸説あるが、最初に女子生徒用の制服としてセーラー服を採用したのは1920年、京都府の平安女学院であるとされ、そのセーラー服はベルトで腰の辺りを締めるワンピース型だった。 現在一般的に見られるような上下セパレート型のセーラー服を制服として最初に採用した学校については、愛知説(1921年9月)、神奈川説(1921年11月)、福岡説(1921年12月)がある。 愛知県名古屋市の金城学院は、校主事務取扱のアメリカ人教師ローガン先生の2人の娘が着ていた水兵服(セーラー服)から考案され1920年4月の入学生に対して、「作れる人は洋服にする様に、型は自由、各自の個性に合ったのを作る様に」と勧め、1921年9月に正式にセーラー服を制服として採用した。 神奈川県横浜市のフェリス女学院では、1921年11月に「女学生標準服」としてセーラー服を標準服として推奨したが生徒で着る者は少なかった。その後の教師らによるデザインなどの検討を経て、1924年6月にセーラー服が制服として正式採用され、全生徒が着用するに至った。 福岡県福岡市の福岡女学院では、当時、同女学院の校長だったエリザベス・リーが、活動しやすい体操服として自身がイギリス留学中に着ていたセーラー服をモデルに、1917年に太田洋品店の太田豊吉に制作依頼した。運動ができるよう動きやすくするため上着だけで3年を費やしたという。1920年に上着を完成した後、動きやすいスカートの開発に行き詰っていたが、太田豊吉はスカートにプリーツをつけることを思いつき、セーラー服上下が完成した。福岡女学院で運動着として使用され、1921年12月に正式に制服として採用された。なお、福岡説をホームページで掲載していた大手制服メーカーのトンボは、福岡説を「あくまで通説に沿ったもの」「今後の展開次第では修正も検討する」とし、同社ホームページから該当ページを削除している。 しかし、本当に正しいのかはわからないため、その学校の卒業生が「我が校こそは」と言っているだけである。つまり、福岡女学院であれば、「福岡女学院のセーラー服が日本初である」と教えている。 ただ、1つ確かなのは、福岡女学院は、日本で初めて、プリーツスカートを導入した学校であることは間違いなく、金城学院などのプリーツスカートは、後からの導入と見られる...

    中華民国(台湾)

    1. 新北市立明德高級中學 2. 臺南市私立港明高級中學[リンク切れ] 3. 國立臺南家齊女子高級中學 4. 私立治平高級中學 5. 私立祐德高級中學[リンク切れ] 6. 同德家商 7. 台東縣立新港國民中學[リンク切れ] 8. 台東縣立卑南國民中學

    香港

    1. 新法書院(女子はセーラー、男子はワイシャツ。) 2. 寶血會上智英文書院、Holy Trinity College(女子校)

    タイ王国

    上述のように、日本の影響を受けて女子制服をセーラー服に変更した高校がある。 1. ワラティップ商業高校など。

    欧米では海軍の制服となる以前からセーラー服が子供服として着られるようになっていたため、男児の制服として使われてきた。特に1900年代初頭のドイツにおいて、盛んに採用された。現在は商船学校などでの採用を除き、普通学校の制服として用いられる例はアジアに多い。例えば、中国大陸、台湾、スイス等の一部の小学校等の一部の小学校で、男子・女子ともにセーラー服(男子はズボン、女子はスカートまたはズボン)が制服となっている例が見られる。

    コミック・アニメ

    かねてより、セーラー服が女子制服としての採用されている作品は非常に多く存在してきた。一方、男子制服としての採用例も一定数存在する。とくに、1990年代後半以降のコミック・アニメ作品を中心として、セーラー服が男子制服として採用されている例が見られるようになり、近年増加傾向にある。また、少数ながら男性の私服として着用されている例も存在する。以下、男子制服として採用されている作品を列挙する。 1. 小学校 1.1. カードキャプターさくら友枝小学校(私立) 1996年 1.2. ぴたテン聖英学園御崎初等部(私立) 1999年 1.3. 魔法少女リリカルなのは聖祥大附属小学校(私立) 2004年 1.4. 柊小学校恋愛くらぶ(私立) 2007年 1.5. オトコのコはメイド服がお好き!?2008年 1.6. あにゃまる探偵 キルミンずぅカトレア学園(私立) 2009年 1.7. T.P.さくら風見学園(私立) 2011年 1.8. お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ学校名不明(原作8巻、アニメ第10話に登場) 2012年 1.9. プリパラアニメ 2014年 1.10. 少年の残...

    ゲーム

    アニメ化、単行本化されているものは除く 1. 小学校 1.1. NOSTALGIC MEMORY 〜Remake Version〜ゲーム 2008年 1.2. 干支乃明久小学校放課後少年探偵団開発者のページはすでに閉鎖 1.3. ひとよ、汝が罪のゲーム 2. 私服 2.1. まもるクンは呪われてしまった!主人公 2008年

    映画・ドラマ

    1. スケバン刑事シリーズ 1.1. 主人公、麻宮サキをはじめ他の登場人物(女子高生)も濃紺のセーラースーツ(ロングスカート)に赤のスカーフ、ローファー姿で登場している。亜流作品『セーラー服反逆同盟』、後継作品『少女コマンドーIZUMI』などその姿を見かけることもある。 2. 80年代の学園ドラマ 2.1. スケバン刑事シリーズ以外でも女子学生のセーラー服姿は見かけることはあった。大半は濃紺のセーラースーツ(ロングスカート)に赤または白のスカーフ、白のハイソックスにローファー姿。 3. ビー・バップ・ハイスクール 4. マジすか学園シリーズ 4.1. 本作に登場する女子生徒は濃紺またはグレーのセーラースーツを着用する。 5. セーラー服と機関銃 5.1. 主人公である星泉は襟とスカートが濃紺で身ごろが白の半袖セーラー服に青または赤のスカーフ、ローファー姿で登場している。 6. 高校教師 (1993年のテレビドラマ) 6.1. 本作に登場する高等学校である日向女子高等学院の生徒は襟とスカートが濃紺で身ごろが白のセーラー服に濃紺に白のストライプが入ったリボン、白のカーディガンを羽織り...

    中村省三「セーラー服の研究」『mono スペシャル Workwear 5』ワールドフォトプレス〈World Mook 823号〉、2011年6月5日。ISBN 978-4-8465-2823-2。
    辻元 よしふみ,辻元 玲子『スーツ=軍服!?―スーツ・ファッションはミリタリー・ファッションの末裔だった!!』彩流社、2008年3月。ISBN 978-4-7791-1305-5。
    小林幸雄『図説イングランド海軍の歴史』原書房、2007年1月。ISBN 978-4-562-04048-3。
    田所昌幸 他『ロイヤル・ネイヴィーとパクス・ブリタニカ』田所昌幸、有斐閣、2006年4月。ISBN 978-4-641-17317-0。
  7. ウエルネス - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ウエルネス
    • 近年のウェルネスの定義
    • ウェルネスとヘルス(健康)の違い
    • ウェルネス産業市場規模
    • 関連項目
    • 外部リンク

    医学者や健康、体力づくりの分野からのウェルネス研究や普及活動が主だったのに対し、ここ数年ではSPA(スパ)産業などの美容業界、飲食業界、観光業界をはじめあらゆる産業分野からの注目が高まってきている。近年のウェルネスの定義には2015年にグローバルウェルネスインスティチュート(Global wellness Institute:GWI)が提唱する「身体的、精神的、そして社会的に健康で安心な状態」がある。日本では琉球大学の荒川雅志教授が「身体の健康、精神の健康、環境の健康、社会的健康を基盤にして輝く人生(QOL)をデザインしていく、自己実現」として、健康は基盤でありウェルネスは生き方という新しいウェルネスの定義を提唱している。

    ウェルネスとは、「元気」や「爽快」を意味する英語「well」から成り、「病気」を意味する「illness」と対照的な言葉である。それでは病気ではない状態をウェルネスかといえば、ヘルス(健康)と表現してきたのが一般的である。ウェルネスとは、病気ではない状態であるヘルス(健康)を「基盤」として、その基盤をもとに豊かな人生、輝く人生を実現することが「ゴール」である。何かに没頭している、熱中している、生き甲斐を見つけているなど、目指す過程も活き活きと輝いていればウェルネスであることが新しいウェルネス観として提唱されている。

    ウェルネス産業はヘルスケア市場を包含し、2015年時点で3兆7,200億ドル(≒372兆円)と極めて巨大となっている。ウェルネスという概念で考えると、健康・医療はもちろんのこと、衣・食・住といったライフスタイル産業、文化的活動、ウェルネスと環境など、あらゆる分野から参入可能なテーマとなる。ツーリズム業界でも、世界中の名だたるホテルチェーンがウェルネスを魅力的なキーワードとして新しいビジネスチャンスと捉え、ウェルネスを前面に打ち出したメニュー開発、サービスを提供しはじめている。

  8. カラー柔道着 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/カラー柔道着
    • 経緯
    • 両者の主張
    • 主なコメント
    • その他の格闘技における事例
    • 関連項目

    発祥地の日本において、柔道着は伝統的に白または生成色が当然とされ、世界へ広まる際もそれが長らく不文律であった[要出典]。 しかし、1988年5月にスペインのパンプロナで開催されたヨーロッパ柔道選手権大会において、初めて青の柔道着を着用する選手が現れた。一方の選手が白を着用し、もう一方が青であった。「審判にとっても、観客やテレビの視聴者にとっても色が違うほうが分かりやすい」として誤審も減るとしている。青を選んだ理由は一番映えるとしたから。 当時会場にいた講道館国際部長の安部一郎は「ひとめ見ていやーな予感がした」としていた。

    反対派の主張

    反対派は日本、ドイツ、アメリカ、オセアニア、アフリカなど。

    賛成派の主張

    賛成派は主にドイツを除くヨーロッパの連盟や日本以外のアジアの連盟など。

    アマディムバレ・ディオ(セネガルの男子柔道選手)
    ソ連発祥のサンボは赤青のリバーシブル仕様の道着が標準であり、試合ごとに両者が赤青を使い分ける。
  9. 服飾 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/コスチューム
    • 服飾の変遷
    • 舞台衣装
    • 関連項目
    • 外部リンク

    服飾は地域や立場等によって異なるだけでなく、変化していく。小川安朗はその変遷の原則を次の20項目にまとめている。 1. 環境順応 - 服飾は自然環境(気候等)や社会環境(政治体制・経済状態・宗教・戦争の有無等)に順応したものになる。 2. 内因優越 - 自然環境や社会環境(特に規制等)による外因性の変化の力と、快適性や新奇性、美しさ、奢侈等を求める内因性の変化の力は、しばしば対立し、長期的には内因性の変化が優越する(長期的には禁令が破られることや、制服が簡略化する等)。 3. 優勢支配 - 服飾は文化発達の程度が高い集団から低い集団に伝播する(古代日本における隋・唐の服飾制度の移入等)。一方で政治的に優勢となった新興集団は、伝統的集団の服飾を打倒する(ゲルマン民族の大移動によるローマ風の服飾から現在の洋服の祖型への変化、サン・キュロット等の革命における服飾の変化等)。 4. 模倣流動 - 新形式や改変された形式の服飾は模倣によって伝播普及(流動)し、旧来の形式を置き換える。模倣には上位・優勢にある集団の模倣、機能面に着目した模倣、過去の形式のリバイバル、集団心理による追随的な模倣、創意を加味した創造的な模倣等がある。同一集団内で特定の形式が伝承される場合がある一方で、特定の形式が一時的に模倣され広がる流行もある。集団内の流行は、雑誌やテレビなどのメディアによって増幅される。流行した服飾が普及し、固定すると、社会的強制力を持つ風俗・慣習となる。 5. 漸変慣化 - 意識的に強制をしなくても服飾は漸変する。また、人間の慣れによって漸変は容易に受け容れられる(スカートがだんだん短くなってミニスカートが一般的となった等)。人為的な急変は刺激が強すぎるため社会に定着しにくい。 6. 逆行変化 - 複雑化・簡素化、重層化・軽装化、肥大・縮小等の逆方向の変化が交互に繰り返される。実用的な服飾は、権威をあらわす等のために装飾が増え、重くなり、形式化し、礼装へとなる。形式的で装飾的な服飾は、窮屈なため簡易的になり軽装化する。 7. 競進反転 - 特徴的な形態が流行しはじめると、集団内の競争により、その形態の変化が急激に進行し極端な形に至る(下襲、クリノリン等の長大化、コルセットの極端化、露出や薄着の極端化等)。形態の変化は極点に至ると時に不経済あるいは不健康・不衛生な状態にもな...

    演劇や映画、テレビドラマ等では服装(衣裳・衣装・コスチューム)は非常に重要な要素である。衣装は、役者が演じる役の年齢、性別、職業、階級、人柄、更には演じられる時代、地理的場所、および日時、季節や天気についての情報さえも与える。また、様式化され誇張された舞台衣装によって人物の性格を強調することも行なわれる。

    国立民族学博物館服装・身装文化資料
    文化学園服飾博物館
  10. 依法官僚制 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/依法官僚制
    • 依法官僚制の原則
    • ネオ官僚制組織論
    • 解決策
    • 参考文献
    規則による規律の原則
    明確な権限の原則
    明確な階層性(ヒエラルキー構造の原則)
    経営資材の公私分離原則

    官僚制は政治目的を達成するための合理的組織であるが、ここにも不合理な結果を生じさせる構造的欠陥が存在し、これを官僚制の逆機能という。 例えば試験成績による採用は、世襲や縁故による無能力者の採用を退ける合理的システムであり、学歴と年功による昇任人事は組織構成員が納得しやすい上下関係を構築する合理的システムであるが、その逆機能として、飛び抜けて優秀な人格・才能を有する者が存在したとしても、その者の持つ真の能力は評価されないといった非合理性を持つ。 このようなマックス・ヴェーバーの官僚制組織論に批判的立場から、逆機能に注目した理論をネオ官僚制組織論という。 1. ロバート・キング・マートン 1.1. 依法官僚制は、原則が守られてさえいれば問題なく機能する構造を持つように見えるが、実は機能不全が発生する場合がある、とロバート・キング・マートンは指摘する。官僚制は政治目的達成のための手段であるが、官僚制そのものを維持することが目的になってしまう場合。そして官僚としての優秀な能力が、かえって無能力を招いてしまう場合である。例えば規則による規律の原則を厳格に守ろうとするあまり、急を要する災害が発生しても規律違反を恐れて平常時の対応を優先する、文書主義の原則を守ろうとするあまり、急を要する人命救助よりも必要書類作成を優先する、規律ある昇任制の原則を守ろうとするあまり、不要なポストを量産する、明確な権限の原則を守ろうとするあまり、行政の縦割り主義・縄張り主義を生み、国益よりも省益が優先される、などである。マートンはこれらを「洗練された無能力」「目的の移転」と呼び、当初目的達成のための合理的な手段であったはずの構造自体が、機能不全を引き起こして阻害要因となる「逆機能」と呼んだ。マートンはさらに、公平性を実現するための官僚制の非人格制は、不親切で横柄な態度につながると指摘した。 2. フィリップ・セルズニック 2.1. 組織生態学と状況対応理論に大きく貢献したセルズニックは、本来職務遂行能力を高めるために専門性を有する複数の組織を構成(明確な権限の原則)したはずのものが、自分たちの権限の保持や利害(補助金(国庫からの予算獲得への執着)・許認可権(既得権益への固執))にこだわるあまり、互いに協力しあうことなく相手の干渉を排除しようとする(セクショナリズム)、いわゆる「縦割り」「縄張り...

    セクショナリズムに対する解決策

    1. 官僚主導から政治主導へ 2. 中央集権から地方分権へ

    公益観に対する解決策

    1. 官僚個々人が高いモラルを持つ

    組織論に対する解決策

    1. 官僚自身にモラルや自浄作用を求めることは不可能である(構造的欠陥である)ため、モラルが高く国家のために貢献した人々を中心に貴族院を設置し、ここに監査権と人事権を与えて官僚組織をチェックさせる。

    マックス・ウェーバー「官僚制(角川文庫)」(角川書店、1958年)
    斎藤美雄「官僚制組織論」(白桃書房、1980年)
    辻清明「日本官僚制の研究」(東京大学出版、1980年)
    小室直樹「資本主義のための革新」(日経BP社、2000年11月1日)
  1. 機能衣 相關
    廣告