Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 機車險 相關
    廣告
  1. 台湾鉄路管理局EMU3000型電車 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 台湾鉄路管理局EMU3000型電車

    基本情報 運用者 台湾鉄路管理局 製造所 日立製作所笠戸事業所 製造年 2021年- 製造数 50編成600両 運用開始 [1] 2021年秋以降(予定) 主要諸元 編成 12両編成( [2] 6M6T) 軌間 [3] 1,067 mm 電気方式 [3] 交流25,000V/60Hz 最高運転速度 [3] 140 km/h 設計最高

  2. 洪致文 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 洪致文
    • 家系
    • 生い立ちと鉄道趣味
    • 学歴

    清朝統治時代の大陸出身の実業家洪騰雲(1819 - 1899)の望族家系。 騰雲は慈善事業にも熱心で、インフラ事業に資金提供を申し出たり、当時台南でしか行われていなかった科挙の試験会場として台北城付近の土地を提供したため、1887年に当時の台湾巡撫である劉銘伝がその功績を称えるべく敷地内に牌坊を建立した。1905年に牌坊は新公園(現在の二二八和平公園)に移された。 曾祖父で騰雲の孫にあたる以南(中国語版)(1871年 - 1927年)は弁務署(地方行政単位)の参事、台北庁参事、淡水街街長(1920-1924年、現在の淡水区長に相当)などを歴任した実業家、詩人。 祖父の長庚(中国語版)(1893年 - 1966年)は日本統治時代からの医師。学生時代は台湾総督府国語学校で岡本要八郎に師事、その後医学生として15歳時に日本へ留学、京都に住み込みながら府立大阪医科大学(現在の大阪大学医学部)を卒業、東京帝国大学で講師を務め、眼科学博士課程を修了。台湾に戻ってからは淡水区に住居として達観楼(現在の淡水紅楼(中国語版))を構え、戦前戦後にわたって台北の大稲埕地区円環付近に達観眼科を開業、戦後は台北市医師公会理事なども歴任していた。当時発見された北投石の保有者でもあった。北投公園内に建てられていた恩師岡本の石碑「岡本翁頌德碑」が戦後行方不明になり、再発見された際は診療所内で一時保管していた。診療所の改築に伴い北投善光寺に正式に移設することになり1963年3月29日にて除幕式を迎えた。長庚は妻との間に致文の父を含む6男4女をもうけた。実弟の小児科医だった我鈞は同じく大阪医科大出身で、致文の大叔父にあたる。 父の達雄は私立大同大学電機工程系(電気工学部)教授。 致文の叔父の一人である洪祖仁は、日本の「レイル」誌31号に「台湾に渡った4100形」という記事を寄稿したり、戒厳令下の鉄道写真(廃止前の新店線や淡水線を含む)を撮影するなどの熱心な鉄道研究家であるとともに、園芸家。 他の叔父である祖恩は国立台湾大学医学系卒業後に達観眼科を継いだ。祖培は台大医院医学系神経学科教授。

    台大在学時の1990年には日刊紙の中国時報で早くもコラムの連載を始めており、国内外の鉄道記事を執筆していた。(#外部リンク参照) 写真家としては、戒厳令下の台湾でリスクを厭わず数々の写真を撮影してきた国内鉄道趣味界における重鎮とされる古仁榮の薫陶を受けている。在学中に創設したサークル「火車社」では1993年に訪日旅行を計画したが、当時は徴兵前の男子学生は出国が困難だった。日本語に堪能で慶應義塾大学鉄道研究会の名誉会員だった古の助力により、慶応大からの招聘という名目で無事に日本入国を果たしている。 2005年には台大および台大火車社の後輩となる古庭維を鐵道情報のライターとして勧誘し、その後の共著も多い。 1990年代に廃止された台鉄旧山線については、歴史的意義という観点から観光振興目的でのレールバイク化には文化資産としての価値を毀損するものと批判的であり、蒸気機関車のリバイバル運転に際し、その排煙が環境保護の観点から批判を受けていることに対しても同様に無煙化の動きに反対している。

    1983年 - 台北市立蓬莱国民小学(中国語版)卒業
    1989年 - 私立延平高級中学卒業
    1993年 - 国立台湾大学大気科学系卒業
    1999年 - 米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大気・海洋科学(Atmospheric & Oceanic Sciences)碩士課程修了。
  3. 其他人也搜尋了
  1. 機車險 相關
    廣告