Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 比特幣 相關
    廣告
  1. ビットコイン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ビットコイン
    • 歴史
    • 仕組み
    • 経済力
    • 問題点と分析
    • 脚注と参照
    • 関連リンク
    2008年8月18日 - ドメイン名「bitcoin.org」がインターネット上に登録される。
    2008年10月31日 - 「サトシ・ナカモト」の名前で「ビットコイン:ピアツーピア電子キャッシュシステム」というタイトルの論文で初めて紹介された。
    2009年1月3日 - ビットコインの運用が開始される。
    2010年5月22日 - アメリカ・フロリダ州でプログラマーがピザ2枚を1万ビットコインで購入したのが、ビットコインで商取引が成立した最初の例と言われている。このことから、5月22日は「ビットコイン・ピザ・デー」と呼ばれる。

    ビットコインはsecp256k1と呼ばれる楕円曲線に基づいたECDSAアルゴリズムで取引が暗号化されている。またビットコインで使われるsecp256k1曲線の方程式は y {\\displaystyle y} 2=x {\\displaystyle x} 3+7である。ビットコインではプロトコルを改善するフォーマットの事をBitcoin Improvement Proposal (BIP)と呼ばれ、シュノア署名のサポートを追加する事が提案されている。

    ビットコインはP2P(Peer to Peer)で取引できるデジタル資産であり、「稼ぎにくく、供給が限られており、検証が容易である」という、通貨として有用な3つの性質を持っているとされている。 またビットコイン提唱者であるsatoshi nakamotoは、論文中で「従来の通貨の根本的な問題は、通貨としての機能させるために必要なすべての信頼にある。中央銀行が信頼されるためには通貨の価値を下げないようにしないといけないが、不換紙幣の歴史はその信頼の破壊に満ちている」と述べている。

    中央支配機関がないビットコインの信用は、ネットワーク参加者全体で相互に形成されている。価値下落を防ぐ努力をするような中央組織が存在しないというリスクがある一方で、使用者の意図に反して価値をコントロールすることもできない 。

    関連文献

    1. エドワード・カストロノヴァ『「仮想通貨」の衝撃』伊能早苗・山本章子 訳、中経出版(出版) KADOKAWA(発売)〈角川EPUB選書 011〉、2014年6月10日。ISBN 978-4-04-080012-7。 2. 岡田仁志・高橋郁夫・山崎重一郎『仮想通貨』東洋経済新報社(出版)、2015年5月29日。ISBN 978-4-49-268138-1。 3. 柏木 亮二「フィンテック」2016/08 日本経済新聞出版社 日経文庫 4. 仮想通貨総研『新聞が報じない仮想通貨のホントの正体がわかる本』秀和システム、2014年11月29日。ISBN 978-4-7980-4218-3。 5. ケヴィン・ケリー「テクニウム」ーテクノロジーはどこへ向かうのか? 服部 桂 (翻訳) テクニウム2014/06 みすず書房 6. 斉藤賢爾『これでわかったビットコイン 生きのこる通貨の条件』太郎次郎社エディタス、2014年5月。ISBN 978-4-8118-0772-0。 7. 斉藤賢爾『インターネットで変わる「お金」 ビットコインが教えたこと』幻冬舎メディアコンサルティング〈幻冬舎ルネッ...

    関連項目

    1. 地域通貨 1.1. LETS

    外部リンク

    1. ビットコイン-オープンソースのP2P通貨 2. 日本デジタルマネー協会- ビットコインの仕組み 3. 『ビットコイン』 - コトバンク

  2. 其他人也搜尋了
  1. 比特幣 相關
    廣告