Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 8,710 項搜尋結果

  1. 水冷扇 相關

    廣告
  1. ja.wikipedia.org › wiki › 冷風扇冷風扇 - Wikipedia

    冷風(れいふうせん)とは、水が蒸発する際に気化熱を奪うことを利用した、主に家庭用の簡易な冷房装置のことである。 水冷式冷風機と称されることもあるが、 冷風機 や 水熱源ヒートポンプパッケージ方式 (水冷エアコン)とは原理効果ともに異なる。

  2. ja.wikipedia.org › wiki › 冷風機冷風機 - Wikipedia

    冷風機(スポットクーラー)は、コンプレッサーと熱交換器を備え、室内の空気を吸いこみ、冷風と熱風を同時に吐出する機械である。. 原理的には、 冷風 よりも室外機を持つ一般的な窓用 エアコン やルームエアコンに近い。. キャスターや取っ手が ...

    • 概要
    • スパコンでの利用
    • 毒性
    • 関連項目
    • 外部リンク

    フルオロカーボン類を基にした液体であり、化学的に安定した絶縁体であることから主に電子機器の冷却など多様な冷却用途に使用される。分子構造の違いにより様々な沸点のものが提供されており、それにより液体に保って扱う単相での用途にも、沸騰させて気化潜熱で冷却する二相での用途にも利用できる。 3Mの化合物の一例としてFC-72(ペルフルオロヘキサン(英語版)、C6F14)がある。FC-72は沸点が56 °C (133 °F)なので、低温での伝熱用途に使用される。もう1つの例ではFC-75、ペルフルオロ(2-ブチル-テトラヒドロフロン)がある。これらの3Mの液体は、FC-70(ペルフルオロトリペンチルアミン)のように215 °C (419 °F)までの温度で扱える。 日本で「代替フロン等3ガス」と呼ばれ、...

    スーパーコンピュータの冷却用として、空冷では不十分な状況や、強制的なポンプでの送風が制限される状況下で使用されることで知られる。1980年代に開発されたスパコンでよく使われ、特に1985年に発売されたCray-2は、フロリナートによる浸漬液冷が史上初めて本格的に利用されたスパコンとして、ハードウェア一式がフロリナートに満たされた水槽の中に沈んでいる公開写真のインパクトでも話題となった。1980年代当時にスパコン用のLSIとして使われていたECLが非常に発熱量が多かったのも一因である。 しかし、フロリナートの水槽に漬けられるのはプリント基板のみで、HDDやファンなどの物理的に稼働する部品が有るものは浸けられない、また一部のプラスチック部品もフロリナートに溶けてしまうので漬けられない、という点に...

    吸入した場合に適切な処置を施したり、目や皮膚への接触を避けなければ危険である場合があるが、摂取による健康への影響は予想されていない。 非常に高い地球温暖化係数(GWP1,000を超え10,000に迫る水準)と長期間大気圏に残留するので、フロリナート油の使用は閉鎖されたシステムで少ない量を使用すべきである。 SF映画『アビス』(1989年)では、実験的な液体呼吸システムで高酸素濃度のフロリナートを使用することにより、潜水者の深海潜水を可能にして俳優のエド・ハリスが液体呼吸を模擬する場面が描かれた。なお、複数の実験用ネズミが実際にフロリナートによって呼吸する場面もあるが、イギリスでは動物虐待との判断から削除されている。

    Shoubu - 2PFlops級の液浸冷却システムを備えたシステム。
    3M Fluorinert Electronic Liquids - 安全データシートと製品情報シートへのリンクが含まれる
  3. ja.wikipedia.org › wiki › 扇子扇子 - Wikipedia

    • 形態
    • 構成
    • 歴史
    • 種類
    • 用途
    • 家紋
    • 文様や画題
    • 扇を名称に含む動植物
    • 扇子の登場する作品
    • ギャラリー

    数本から数十本の細長い竹や木でできた骨を束ねて端の一点(要=かなめ)で固定し、使わないときは折りたたみ、使用時に展開する。骨にはたいてい紙が貼られており、展開すると紙を貼られた部分が雁木形の扇面となる。折り畳むことで小さく納めることができる。開閉の方法は、骨を右手親指でずらすように押すことで開く。一般的には右利き用であるが、左利き用も販売されている。また、扇子そのものを振ることで開く方法もある。折りたたんだ際の形状が持ち運びに優れていることから、夏場の外出時での涼みに使えるとして愛用する人も多い。 扇子を開く角度はだいたい90度から180度の間であり、円を三等分した中心角120度前後のものが主流である。扇子を開いた形は「扇形」(おうぎがた/せんけい)と称し、幾何学の用語にもなっている。このよ...

    1. 骨の材質は、一般的には竹製または木製の物が多く、先端部ほど薄く細くなるテーパ構造になっている。大抵の扇子の骨は細長く、折り畳んだ和紙を張って開くと段になるように展開する。骨組みのうち一番外側の部分(親骨)は特に太く、内側の骨(仲骨)とは逆に先端部ほど太くなっている。親骨に装飾として漆塗りや蒔絵などの細工が施されているものもある。また象牙、鼈甲なども骨の素材とすることがあるが、これはもっぱら洋扇で使われる。白檀などの香木を平たく削ったものを重ねて作られる扇子があるが、この形式の扇子はすたれ気味であり、紙を貼ったものが主流である。日本における竹製扇骨の多くは滋賀県高島市安曇川流域で生産されている。

    扇面

    1. あおぐ時に風を送る部位。骨が完全に開ききらないように固定する働きもある。本来は「糊地」(のりじ)という加工した和紙を貼るが、合成繊維や布を貼ったものもある。この扇面に絵を描く必要から、湾曲した形状(いわゆる扇形)の紙に描く、扇絵と呼ばれる日本画の形式が発展した。この扇絵を得意としたのが、俵屋宗達であるといわれている。

    1. かなめ。扇を開く際に根本で止めるもの。扇子の要は、金属やプラスチック、角、鼈甲、鯨ひげなどで骨を束ねている。この部位が壊れると扇子としての用をなさなくなるため、最も重要な部分である。ここから、「肝心要」の語源となった。なお野球で球場を扇に喩えて要に位置し、守備陣の要所となることから捕手を指して「扇の要」と呼ぶことがある。

    起源

    「扇」という漢字は本来軽い扉のことを意味し、そこから転じてうちわ(団扇)のことをいうようになった。うちわは紀元前の中国で用いられたという記録がある。また古代エジプトの壁画にも、王の脇に巨大な羽根うちわを掲げた従者が侍っている図があり、日本では利田遺跡(佐賀県)において、うちわの柄が出土した例がある。このようにうちわは文明発祥時から存在する。 まず団扇(うちわ)は中国文明において発明されたと考えられており、隋唐時代に東アジアの各地に伝えられた。日本において「扇」を記載した文献に『万葉集』や『続日本紀』があるが、これらの「扇」は中国式の団扇のことと推定されている。 一方、折り畳み式の扇の起源やどこで最初に発明されたかについて、日本説、高麗説、中国説など長い間議論されてきた。 日本説 1. 日本における折り畳み式の扇子は檜扇と蝙蝠扇に大別される。伝説では神功皇后が蝙蝠(コウモリ)の羽にならったという逸話がある。 2. 遺跡では長屋王邸から出土した最古とされる檜扇が年号を記した木簡とともに出土しており、奈良時代には檜扇が出現していたとされる。また『倭名類聚抄』は扇(和名阿布岐)と団扇(和...

    唐扇の出現

    舶来品の折り畳み式の扇(摺扇)は、北宋の時代に中国に流入し、明代になると大量に製作されるようになった。扇は中国文化とりわけ京劇、川劇、崑劇などの伝統劇曲の舞台道具として役割を発揮するようになった。 北宋に伝わった折り畳み式の扇は構造も変化し、扇骨の片面にのみ紙を貼る構造から扇骨の両面に貼る構造に変化した。扇骨の両面に貼る構造に変化した扇は「唐扇」として室町時代に日本に逆輸出され、日本の扇子にもこの形式が広まった。

    形式の確立

    日本では室町時代になり扇子を閉じたときの先端の形状により、末広/中啓、雪洞、鎮折の3つの基本となる形式が確立された。また、唐扇の特徴を取り入れつつ、扇面に日本画を描いた「貢扇」が作られるようになり明との貿易で大量に輸出された。 さらに扇子は能や狂言、茶道に必須の道具となり、江戸時代には庶民にも普及していった。 日本において、中世までの主産地は京都で、江戸時代になると京都の職人が移り住んだ江戸での扇子づくりが盛んになった。職人が多い京都では分業制であるのに対して、江戸扇子は職人が一人で制作する。江戸扇子は京扇子に比べて骨太で、骨の数も多くしっかりしている。折り幅も広いことが特徴で、京扇子と同じように閉じた時に“パチン”とした音が響く。また、女性的な京扇子に対して男性的なデザインや形状のものが多いことも特徴。しかし、今日では色々な種類の扇子が作られており、京扇子せんすと江戸扇子を見分けることは、非常に難しい。 現代において扇子の需要は減少したが、扇面の絵柄を現代的にしたり、骨の長さを左右非対称にしたりした扇子も制作されている。

    冬の扇

    1. 檜扇や中啓。主に儀礼用。中啓は能楽をはじめとする諸芸能でも使われる。古くは10本骨の沈折(しずめおり)の扇も広く用いられ、これは夏冬共用の形式であった(「沈折」については中啓の項参照)。

    夏の扇

    1. 蝙蝠扇。現在一般に市販されている両面貼りの骨の多い扇子も夏の扇である。なお公家の夏の扇は江戸時代に至るも蝙蝠扇と称し、骨が扇の裏面に露出していた。

    軍扇

    1. その昔武将が戦場に携えた扇。その形式は時代によっていくらか相違はあるが、だいたいは骨は黒の塗骨、表は赤地に金の丸で日輪をあらわし、裏は紺色の地に銀で月と星(多くは北斗七星)を描くといったものであった。

    風を送る

    1. 扇子を手にして使う様子。 2. 扇子の主用途。暑い時に、手元で扇子を開いて自ら風を送ることで涼しさを得る目的で扇ぐ。繊細な構造であるため、強い風を送るのには向いていない。成田山などの寺社で護摩を焚く場合には、点火後、扇子を広げて火を扇ぐ所作が見られる。

    口を隠す

    1. 礼儀として、笑う時に歯が見えないように口の前を覆う。

    贈答

    1. 古くは江戸時代の正月に、親しい相手に白扇を贈る習慣があった。またほかに儀礼用として、杉原紙1帖に白扇1本をひと組の贈答品にした。現在は能楽で節目の舞台をする時に、出演者や贔屓の方に配る(被き扇)。落語などでも行われる慣習である。かつては販売促進の物品に使われていたこともあったようだが、うちわにその座を追われた格好である。 2. この他、平安時代などにおける貴族階級で上位の階級の者が、親しい下位階級の者に下賜する時の贈答品としても用いられた。

    日本の家紋の意匠としても用いられ、摺り畳扇を図案化した扇紋(おうぎもん)と板扇を図案化した檜扇紋(ひおうぎもん)がある。扇紋には「五本骨扇」などの骨の数によって表されるものや、より写実的な図案の「雁木扇」や反り返りの付けられた「反り扇」、また、扇の部位を用いた「扇骨」(おうぎぼね)や「地紙」(じがみ)といったものもある。佐竹氏の「佐竹扇」、島原藩の「島原扇」や浅野氏の「浅野扇」などがあり、高崎藩や三遊亭の紋である「高崎扇」(三つ雁木扇)は小説などにも出てくる。檜扇紋では、「山崎扇」や「秋田扇」などがある。

    文箱や硯箱、染織の意匠としても用いられた。「扇面源氏蒔絵文庫」には文庫の蓋表から側面にかけて、『源氏物語』の一場面が描かれた扇を2面描いている。扇子や扇子を持った婦人は、日本画の題材としても多く描かれた。

    男子用の檜扇。彩色などせず白木のままとし、白糸で上端を緘じて扇を形作る。
    彩絵檜扇。平安時代、厳島神社。女子・児童用の形式。
    蝙蝠扇。平安時代頃の五本骨の形式を模したもの。
    軍扇。
  4. ja.wikipedia.org › wiki › 扇風機扇風機 - Wikipedia

    • 概説
    • 歴史
    • 構造と機能
    • 種類
    • 扇風機を製造しているメーカー
    • 規格
    • トピック
    • 他の動力による扇風機
    • 関連項目

    同じ気温下でも風が当たると、人体が発した熱が滞留しにくいうえ、汗の蒸発熱により体温を抑制し、涼しく感じる。電気扇風機は、モーターに羽根(ファン、プロペラ)をつけ、そのモーターによってファンを回転させる送風機で風を作りだしている。

    1800年代

    日本では、江戸時代には複数のうちわを軸に固定して手回しのハンドルで回転させる扇風機のような物が作られていた。世界初の電気扇風機は19世紀後半、モーターの発明とほぼ時を同じくしてアメリカで開発・発売された。直流に執着し、直流による発送電を行っていたトーマス・エジソンは直流モーターの扇風機を発売するが、交流発送電が主流になるにつれて、交流式モーターのものが主流となった。 日本ではゼネラル・エレクトリック(GE)の技術で芝浦製作所(東芝の前身)が1894年(明治27年)に発売したものが最初である。本体に電球を備え付け、スイッチを入れるとプロペラが回るとともに電球が点灯する直流モーターの扇風機であった。電球はプロペラを回す直流モータの回転を安定させるための抵抗であったとされる。欧米では天井扇が主流であったが、日本ではほとんど需要がなく、卓上扇風機を中心に開発が進められ、当初は町工場も製造していたが、次第に財閥系の大企業が製造を独占した。

    1900年代

    1913年(大正2年)には、川北電気企業社から12インチの交流電気扇風機が発売された。大正時代には三菱電機、富士電機、日立製作所などのメーカーも参入し、本格的に国産扇風機が量産され始めた。各社の宣伝活動が盛んになり、大正期前半の扇風機は、黒色、4枚羽根、ガード、首振り機能が基本要素だった。高価な商品であったため、大半の人は扇風機貸付制度を利用しており、扇風機はステータスシンボルであった。 昭和初期には川崎造船所(川崎重工業の前身)が、左右だけで無く上下の首振りも同時にする、2軸リンクの扇風機を発売した。当時は「電気扇」「電扇」などと呼ばれていた。 扇風機は家屋や店、鉄道車両内などで広く利用され、夏の風物詩の一つともなった。俳句など詩歌で「扇風機」は夏を示す季語である。夏目漱石の日記でも「扇風機が頭の上で鳴る」などと書かれている。 高度経済成長期を経て、昭和後半から平成期には冷房機能を備えたエアコンが低価格化して普及した。扇風機が使用される機会は減ったが、夏がさほど酷暑でない地域に暮らしていたり、エアコンにより身体が冷え過ぎることを嫌ったり(いわゆる冷え性や冷房病など)して、扇風機...

    2000年代

    2011年の東日本大震災以降、節電、省エネルギー、エコロジーなどが強く意識されるようになるとともに扇風機の良さが再評価され、再び使用台数・販売台数が伸びてきた。 2017年時点、従来の誘導電動機よりも効率が良く、消費電力が小さいブラシレス直流モーターを採用した扇風機が多数登場している。 1. 川崎型電気扇 2. 昭和後期頃の扇風機(SANYO製)

    羽根

    ごく一般的な電気扇風機のプロペラファンの枚数は、直線で構成できる2翅の他は、長らく3翅が主流であった。近年では効率化の観点から[要出典]5翅が多い。これは、正三角形、正五角形のように、対角線が一筆書きになる図形を基にした放射線の方が、図面上配列を均一にしやすいことや、成型時に中心を取りやすく、かつ、工作精度の限界による図形上の中心と重量上の中心のズレが発生しても偏回転を起こしにくく、設計・製造の両面で有利であったためである。 これに対して、4翅、6翅といった偶数のものは、同様の理由から少数派である。4翅は普及黎明の商品に見かけることがあるが、金属プレス加工やプラスチック一体成型のプロペラが主流になるにしたがって姿を消していった。 唯一、東芝だけがプラスチック一体成型のプロペラ全盛期に至っても一貫して4枚羽根を採用し続けてきた。主に東急車輛製造(一部、日本車輌製造)製の鉄道車両のオート扇に4翅扇風機が見られるのは、東芝が同社に電装品を納入している関係による。 また、2011年に東芝は、7翅(家庭用)の販売も始めた。 なお、羽根の見えない、いわゆる羽根のない扇風機も存在する。

    モーター

    商用電源(単相100V)用のモーターとして大正時代から使用されたのが、不平衡三相により三相巻線を駆動する誘導モーター(モノサイクリック始動形単相誘導電動機)や分相型の誘導モーターであった。1955年(昭和30年)にコンデンサモーターの扇風機が発売されると、始動トルクが大きく、回転も滑らかになり、扇風機用モーターの主流になった。小型の扇風機には、くま取りコイルモーターが使用される。構造が簡単で安価であるが、効率が悪いため大型の扇風機に使用することはできない。2011年以降の節電ブームで、効率の高いDCブラシレスモーターを使用した扇風機も人気となった。DCブラシレスモーターは広い速度範囲での変速運転が可能で、低速度でも安定して回転する。ただし、直流を作るための回路やモーターの駆動回路が必要となるため、コンデンサモーターを使用した扇風機に比べると高価になる。また、交流から直流に変換するスイッチング電源の力率が改善されたものでない場合は入力電流が交流モーターの扇風機と比べて悪い場合がある。

    ガード部

    ガード部分は、前後面ともに中心から放射状に骨が張られているのが主流だが、(乳幼児などの指が入らないよう)目を細かく菱形格子状に設計している商品もある。 なお、ガード部に被せる網目状のネットも市販されている。

    座敷扇・リビング扇

    (あくまで日本での、日本的な呼称だが)座敷等で使用することを目的とした比較的背の低い自立型のものは、座敷扇(ざしきせん)と呼ばれ、高さ70cm程度が一般的であるが、首を伸ばすことで更に20cm程度高くすることができる。これに対して、リビングルーム(居間)等で用いられる比較的背の高い自立型のものは、リビング扇(-せん)と呼ばれる。 1. 羽根は、一般に3枚から5枚程度で、直径は約 30 - 35cm。 2. 風量(羽根の回転速度) - 一般的に3段階から5段階程度の切り替えができる。無段階で風量を変えられるものや、自動的に風量が増えたり減ったりするもの、1/f ゆらぎで風量が変化するものなどもある。「リズム風」などともあるほか1970年代ごろの扇風機の一部にはかなりの低速で回転が出来る「超微風」(一部メーカーでは「超低速」)というモードがあり、これらが現在の「うちわ風」(日立)、「ゆっくり風/ふわり風」(東芝)、「ベビー風」(三菱電機)などが継承している。DCモーター扇風機ではほとんどの機種で装備されている。 3. 風向 - 上下方向への角度調節、左右への自動首振りができる。中には...

    フロア扇

    主に洋間等で使用するもので支柱が極めて長い又は支柱の中間から上部に操作部があるもの。機能については座敷扇とほぼ同じ。

    壁取付扇・壁掛扇

    壁や柱に取り付けて使用するもので、壁取付扇、壁掛扇と呼ばれる。高所にあるため、首を斜め下に向けて使用する。また、操作には引き紐(プルスイッチ)や、リモコンを用いる。床に設置スペースをとらないので、邪魔にならない。 1980年頃に発売された壁掛け扇風機には、赤外線でなく超音波を使用したリモコンのものもある。

    日本のメーカー

    1. 日立グローバルライフソリューションズ 2. 東芝ライフスタイル(東芝ホームテクノ) -2017年5月当時、2015年の新製品が発売されて以来新製品が発売されていないため撤退したのか分からない不透明な状態が続いていたが2018年4月に新製品が発売された。なお、関連会社の東芝エルイートレーディングから「My Fresh」ブランドで壁掛扇とグリップ扇が発売されている。 3. 三菱電機- ACリビング扇の微風は「ベビー風」を採用。 4. シャープ - 一時期撤退していたが2011年から再参入し、プラズマクラスターを搭載している。 5. パナソニック(パナソニック エコシステムズ) - 一時撤退していたが、2012年に新製品が発売された。ACリビング扇の一部機種は三洋電機製のデザインを継承。 6. ユーイング(旧・森田電工) - 2021年2月28日廃業。 7. アピックスインターナショナル(「APIX」「Apice」ブランド) 8. 山善 9. 千住(「TEKNOS」ブランド) 10. トヨトミ 11. ユアサプライムス(「YUASA」ブランド) 12. バルミューダ(「Green...

    外国のメーカー

    1. HATARI - 1980年に誕生したタイ王国のメーカー。

    日本工業規格(JIS)C 9601「扇風機」"Electric Fans"は、扇風機の形状・性能・安全基準・試験方法などについて規格化している。 扇風機の形状により、卓上用・座敷用・床上用・壁掛用・天井吊り下げ首振り形の5種類をまず定義している。座敷用と床上用はともに床置き形であるが、首の高さ調節機構による最大高さが1.3メートル未満のものを座敷用、それ以上のものを床上用としている。その他は前述のとおりである。このほか、「扇風機前方の風速分布が同心円状とは大きく異なる」もの特殊形としている。 羽根の大きさは直径20・25・30・35・40センチメートルの5種類が定義されている。各大きさによる風速・風量の最大およびその状態での消費電力の最大は以下の通りである。測定方法や条件、測定値の許容範囲等...

    扇風機の火災事故

    古い扇風機は、経年劣化により火災を引き起こす可能性もあるため、製品評価技術基盤機構(NITE)などの団体が注意を呼びかけている。 特に、安全対策が施されていない「くま取り型モーター」を採用した扇風機(安価な製品に多い)に対し、課題を感じている専門家もいる(構造的には強いが、コンデンサの劣化や電気配線に損傷が発生すると短絡出火につながる)。扇風機に採用されているモーターの種類には、他に「誘導モーター」「整流子モーター」がある。 また、火災原因の一つへの対応としては、「ホコリ防止加工」が施されている商品もある。 2010年(平成22年)以降、消費者庁が報告を受けた62件の扇風機による火災事故で、15年以上の使用による事故32件のうち、28件が製造から35年以上経過した製品であり、それらの製品については、製造メーカが使用の即時中止を呼びかけている。そのため、電気用品安全法の電気用品の技術上の基準を定める省令が改正され、2009年4月以降に製造された扇風機については、長期使用製品安全表示制度により製造年と設計上の標準使用期間が記載されている。

    節電

    2011年には、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)及び東京電力・福島第一原子力発電所での事故による電力危機で、初夏以降、日本国内各地で(エアコンより省エネの)扇風機の需要が急増、品薄状態となった。

    かつては手回式の扇風機が用いられたこともある。
    アメリカでは石油ランプを熱源とするスターリングエンジンを動力とした扇風機(ホットエアー・エンジン・ファン)や石油ストーブの上部に取り付けて温風を送るエアサーキュレーターが一時期普及していたが、電気扇風機の出現と送電網の発達で役目を終えた
  5. 液冷却式 一般に、絶縁油が用いられる。絶縁油の管理が必要である。変圧器・電力用コンデンサなどに用いられる。 絶縁油の冷却方式 油入式 油の温度変化による自然対流を利用したものである。 自冷式 風冷式 水冷式 送油式 油をポンプで強制循環させるものである。

  6. ヴィッカース重機関銃(ヴィッカースじゅうきかんじゅう、英:Vickers machine gun または Vickers gun)は、第一次世界大戦と第二次世界大戦の両大戦を通じて運用されたイギリス軍の制式重機関銃 [注釈 1] である。 概要 この機関銃は、メトロポリタン=ヴィッカース社製の水冷式重機関銃であり ...

  1. 水冷扇 相關
    廣告
  1. 其他人也搜尋了