Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 永六輔 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/永六輔
    • 略歴
    • プライベート
    • 放送局との関係
    • 評価
    • 楽曲
    • 著書
    • テレビ番組
    • ラジオ番組
    • 広告
    • 雑誌・新聞連載

    1933年、代々東京・元浅草の最尊寺の住職を勤めていた永忠順(1900年 - 1991年)の息子として生を受けた。江戸時代初期に渡来した中国の学僧を先祖に持つ在日本外国人17代目と自称。父や祖父は永という姓を「ヨン」と名乗っていた。東京都下谷区(現・台東区)の国民学校に通っていた1944年、学童疎開により長野県北佐久郡南大井村の国民学校に転校し、そこで終戦を迎えた。 1946年に長野県立上田中学校(旧制)に入学するが翌年東京へ帰り早稲田中学校(旧制)に2年編入で転校。この間同校が学制改革により新制の早稲田中学校・高等学校となったため3年で高等学校に昇級進学して卒業する。ラジオに興味を持ち、焼け跡の金属を換金し秋葉原で部品を買い鉱石ラジオを組み立てるグループを作る。そのグループのリーダーが渥美清であった。 この頃からNHKのラジオ番組『日曜娯楽版』にネタを投稿するようになり、そして学校をさぼって実家から近い国際劇場を本拠地にしていた松竹歌劇団のレビューを見続けたことがのちの放送作家やテレビ演出活動の原点になった。また、1948年から淀川長治が主催していた「東京映画友の会」の初期の参加メンバーであった。1952年に早稲田大学第二文学部へ入学。大学では民俗学者であった宮本常一の影響を受ける。在学中に三木鶏郎(『日曜娯楽版』の発案者)にスカウトされ、トリローグループのメンバーとして放送作家、司会者としてデビューする。早稲田大学第二文学部を1952年に中退。 日本でテレビジョン放送が始まる前の実験放送からテレビに関わっており、数々の番組の作・構成を手がけた「放送作家」のまた、先駆者と言える。日本のテレビ草創期を語るときに欠くことのできない存在である。 また、のちには自身も出演者としてテレビ・ラジオの多くの番組を持つようになる。 かくして20代前半から、ラジオ・テレビ番組の企画・演出や、ピアニストで作曲家の中村八大らと組んでの歌曲作詞、また軽妙な語り口を生かしたタレントとしての活動など、マルチプレイヤーとして活動を続けてきた。特にラジオパーソナリティとしての知名度が高い。古今の芸人についての研究や、日本政府によるメートル法の厳しすぎる施行で過度に排除された尺貫法の復権を志す運動、佐渡島の独立運動、「天皇陛下に公式の場で和服(着物)をおめしいただこう」という運動(「天皇に着...

    生活

    1. 大変な愛妻家として知られる。1955年、日本テレビの廊下で一目惚れした女性と22歳で結婚。テレビ・放送業界で活躍し始めていたものの、相手の家庭が堅い職業の家柄だったため、僧侶である自分の父親に頼んで筆と巻紙で手紙を書いてもらって両親に挨拶に行き、結婚の許しを得た。 2002年、68歳で妻に先立たれるが、遺骨をずっと自宅に置き、妻宛に日記代わりのハガキを書き続けた。投函して自宅に届けられた亡き妻宛のハガキは1500通を超えた。 2. アナログ人間であり、ポリシーとしてウェブ(インターネット)や電子メール、携帯電話など最先端のものを避けてきたが、SO213iWR(AMラジオが付いた携帯電話端末)が出たのを機に、携帯電話を所持するようになったが、電子メール機能は利用したことがないほか、2008年1月の放送では、「持ってなくても不便ではないから、常には持ってない」と発言している。 3. かつては自動車を運転していたこともあったが、「人をひきたくない」と思うようになり、運転しなくなった

    伝統

    1. 「天皇陛下に公式の場で和服(着物)をおめしいただこう」という運動(「天皇に着物を! 市民連合」略称「天着連」)を主催する形で、天皇と日本の民族衣装である着物に対する敬意を持つことを表明している。 2. 反捕鯨運動には、日本の伝統文化としての捕鯨を守る立場から一貫して批判的である。シーシェパードなど実力行使を伴う反捕鯨運動を「テロリズム」と批判している。 3. 伝統的建築復権運動を進めている。日本では建築基準法により、建築物にボルト締めは不可避だが、ボルトを使わず木材だけで建築した建物が地震で崩れないのに、何故そういう建築を認めないのかと憤慨している。晩期になって伝統的な職人の服装の復権を呼びかけていた。 4. メートル法が施行されて日本古来の尺貫法が禁じられ、曲尺や鯨尺の製造・使用が違法扱いになって多くの職人が困っていると知り、1975年に尺貫法復権運動を始めた。日本の建築や着物など多くの日本文化が尺貫法に則って作られてきたにも関わらず、それを違法とするおかしさをラジオや講演で訴え、尺貫法復権の立役者となった。 5. 佐渡島を舞台として活動する伝統芸能をもとにした和太鼓集団...

    信条

    1. 叙勲制度に反対している。 2. 死刑制度に反対している。 3. 天皇制には反対の立場を貫いた。これは天皇を嫌っているわけではなく、むしろ同世代という連帯感もあるとしている。また、晩年は、この国で誰よりも日本国憲法を大切にしているのは明仁天皇皇后両陛下である、として尊敬の念を示していた。

    文化放送とニッポン放送

    文化放送とニッポン放送には自身と政治思想・信条が違うとの理由から長らく出演していなかったという説があった[注釈 6]が、両社が共同出資し設立したフジテレビの番組には出演していたことがある。しかし徐々に疎遠になり、次女の麻理がアナウンサーとして入社すると、「公私混同を避けるため」との理由から出演しなくなったが、実子がフリーになって長く経った2011年10月23日・30日放送の『ボクらの時代』に出演した。 もっとも1982年6月12日、文化放送などで放送されていたさだまさしのセイ!ヤングに出演したことがある。また、2002年頃、文化放送制作のナイター中継にゲスト出演したことがあるが、これは同局で野球解説をしている豊田泰光がパーソナリティを務めた番組にゲスト出演したのがきっかけである。 1994年8月25日、ニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』にゲスト出演。高田は若い頃に永の『パック・イン・ミュージック』を熱心に聴いていた。 その10年後、2004年7月15日のニッポン放送開局50周年特別番組に録音出演した。「他の局の人から見たニッポン放送」というコーナーの2人のゲストのうちの...

    読売テレビと朝日放送

    読売テレビの『遠くへ行きたい』には、永のライフワークである旅番組であるために出演をしていて、番組開始時はレギュラー出演していたが、その後は不定期出演になった。さらに、1980年代後半には国鉄分割民営化に反対する新聞の意見広告に出たため、スポンサー(さらには分割民営化を推進した政府)との関係で出演しなかった時期もある。ただし、晩年は出演回数は少なくなっていたものの再び出演するようになっており、番組制作会社であるテレビマンユニオンとの関係も基本的には良好である。 また、朝日放送に関しても同局でラジオパーソナリティを務める道上洋三と親交があり、道上が永の番組に出演し、永も『おはようパーソナリティ道上洋三です』が東京から放送された際に、ゲスト出演したことがある。この他にも『米朝よもやま噺』にも出演している。

    毎日放送

    1963年10月改編で、MBSテレビは系列局放送網から供給されていた江戸笑芸番組『大正テレビ寄席』を打ち切って自社が企画段階から関わった吉本新喜劇の中継番組『サモン日曜お笑い劇場』に差し替えた(大正テレビ寄席打ち切り事件)。 MBS社長高橋信三によると、その理由は「関西では江戸笑芸が受け入れられにくく、テレビ寄席の視聴率が低迷するのは予想できたことだった」のだが、永は「吉本興業とMBSが結託して江戸笑芸を否定しようとしている」と猛反発し、両社に対する攻撃を開始した。 その後、MBSが当初はNETへ供給し、その後同局の編成上の都合などで東京12チャンネルへ移動させた[注釈 7]『芸能わらいえて 目で見る百年史』では永が司会に就任、『選抜高校野球中継』のレポーターも務めるした他、MBS関連企業のミリカスポーツ振興が1970年にボウリング場『MBSミリカレーンズ』をオープンさせた際に、同社が『ボウリングファン』(マスレジャー研究所)に出稿した見開き広告には永からの手書きメッセージが掲載されるなど、関係が極度に悪化することは避けられたが、1980年代に入ると両者の関係は徐々に縮小し、永は...

    日本の文化において、生活文化として江戸時代の文化・風俗を再評価させたり、日本語の語彙や意味を説いたり、在野の芸人を世間に紹介したり、日本のメートル法化に際し、絶滅の危機に瀕していた尺貫法を「尺貫法復権運動」によって尺貫法を再び世間に認知させ、尺貫法の例外的使用を日本国政府に認めさせたりして、左派リベラル派でありながら「愛国心は日本の保守主義の特権」というイメージを覆した。 日本人の感覚では『常識』という考えが、同じ日本に住む在日外国人の人々にしてみれば、侮辱であると主張していた(田中利幸によると、週刊金曜日の永六輔語録にて「日本民族は、他の民族が何を考えているのかがわかっていない民族です」。)ことなど、大抵の人々が関心を持たないことを取り上げる。 永を尊敬するさだまさしは、永を「右も左も、上も下もない人」「何かに傾向することもない」「一つの主義主張にくみすることもない」「誰かが何かひとつのことにこだわりすぎていると、横から近づいて、プッと針を刺して、ニュートラルに戻すようなところがありました」と評している。

    作詞を手がけた主な楽曲。いくつかの曲には永自身が歌った盤もある。 1. 黒い花びら(作曲:中村八大、歌:水原弘他) 2. 黄昏のビギン(作曲:中村八大、歌:水原弘 他) 3. 夢であいましょう(作曲:中村八大、歌:坂本スミ子他) 4. 上を向いて歩こう(作曲:中村八大、歌:坂本九) 5. こんにちは赤ちゃん(作曲:中村八大、歌:梓みちよ他) 6. いつもの小道で(作曲:中村八大、歌:田辺靖雄、梓みちよ) 7. 芽生えて、そして(作曲:中村八大、歌:越路吹雪) 8. ウェディングドレス(作曲:中村八大、歌:九重佑三子) 9. 帰ろかな(作曲:中村八大、歌:北島三郎他) 10. 一人ぼっちの二人(作曲:中村八大、歌:坂本九) 11. 娘よ(作曲:中村八大、歌:益田喜頓) 12. おさななじみ(作曲:中村八大、歌:デューク・エイセス) 13. ルックチョコレートの歌(作曲:中村八大、歌:弘田三枝子)-不二家CMソング 14. 銘菓千鳥屋の歌(作曲:中村八大、歌:沢リリ子)- 千鳥屋CMソング 15. 振り向けば松坂屋 (作曲:中村八大、歌:沢村美司子)- 松坂屋CMソング 16. 見上げてごらん夜の星を(作曲:いずみたく、歌:坂本九 他) 17. いい湯だな(作曲:いずみたく、歌:デューク・エイセス、ザ・ドリフターズ 他(「にほんのうた」シリーズ)) 18. 女ひとり(作曲:いずみたく、歌:デューク・エイセス 他(「にほんのうた」シリーズ)) 19. 筑波山麓合唱団(作曲:いずみたく、歌:デューク・エイセス(「にほんのうた」シリーズ)) 20. フェニックスハネムーン(作曲:いずみたく、歌:デューク・エイセス(「にほんのうた」シリーズ)) 21. ここはどこだ(作曲:いずみたく、歌:デューク・エイセス(「にほんのうた」シリーズ)) 22. 遠くへ行きたい(作曲:中村八大、歌:ジェリー藤尾他) 23. 二人の銀座(作曲:ボブ・ボーグル、ドン・ウィルソン、ノーキー・エドワーズ、メル・テイラー、歌: 和泉雅子・山内賢 他) 23.1. ザ・ベンチャーズの "GINZA LIGHTS"が原曲。 24. 今夜はヘンな夜(作曲:もりばやしみほ、歌:もりばやしみほ + ハイポジ) 25. 夜はひとりぼっち(作曲:もりばやしみほ、歌:もりばやしみほ + ハイポジ) 26. 故郷のよ...

    『一人ぼっちの二人』えくらん社、1961年、のちに中公文庫
    『あの日のあなた』桃源社、ポピュラー・ブックス、1963年
    『一流の三流 ラジオ・テレビこんにちは』サンケイ新聞出版局 ヒット・ブックス、1964年
    『わらいえて 芸能100年史』朝日新聞社 1965年
  2. 鮑永 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/鮑永

    鮑永は河東郡で青犢(河北の地方民軍)を撃破し、更始帝から中陽侯に封じられた。. 鮑永は将軍となっても、車に乗るときの服装は質素であったという。. 更始3年( 25年 )、 赤眉軍 が更始帝を殺害すると、同年に即位した 光武帝 (劉秀)が、 上将軍 ...

    • 君長(字)
    • 生年不詳 - 42年建武18年)
  3. 文帝 (西魏) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/文帝_(西魏)

    文帝 元宝炬 西魏 初代皇帝 王朝 西魏 在位期間 大統元年1月1日 - 大統17年3月6日 (535年 2月18日 - 551年 3月28日) 都城 長安 姓・諱 元宝炬 文帝(ぶんてい)は、北朝 西魏の初代皇帝。姓は元、諱は宝炬(ほうきょ)。北魏の京兆王元愉の三男。

  4. 永納山城 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/永納山城
    • 概要
    • 歴史
    • 遺構
    • 文化財
    • 現地情報
    • 参考文献
    • 関連文献
    • 外部リンク

    愛媛県中部、高縄半島の東付け根において燧灘含む瀬戸内海を望む、独立山塊の永納山(標高132.4メートル)・医王山(標高約130メートル)上に築城された古代山城である。文献に記載が見えない古代山城(いわゆる神籠石系山城)の1つで、現在一般的な山名を冠する城名は後世の命名による。1977年(昭和52年)に発見されたのち、現在までに数次の発掘調査が実施されている。 城は永納山・医王山の周囲に城壁を巡らすことによって構築される。城壁は基本的に土塁とし、城域内では鍛冶関連遺構が認められているが、その他の城門・水門・内部施設は詳らかでない。出土遺物としては、鍛冶関連遺物のほか土器片がある。 城跡域は2005年(平成17年)に国の史跡に指定された。現在は西条市により環境整備が進められている。

    古代

    永納山城は文献上に記載のない城であるため、城名・築城時期・性格等は明らかでない。天智天皇2年(663年)の白村江の戦い頃の朝鮮半島での政治的緊張が高まった時期には、九州地方北部・瀬戸内地方・近畿地方において古代山城の築城が見られており、永納山城もその1つに比定される。発掘調査では8世紀初頭-前半頃の土器片が検出され、少なくともその頃までの存続が認められる。 城域は古代には桑村郡に属し(津宮郷または御井郷)、北方の今治平野は相の谷1号墳(伊予最大首長墓)・伊予国府推定地・伊予国分寺・伊予国分尼寺・越智駅が立地する政治的中心地で、南方の道前平野でも古代遺跡の分布が認められる。古代豪族としては今治平野では越智氏、道前平野では凡直氏などの存在が知られ、これら在地豪族が築城に関わった可能性を指摘する説もある。 なお四国地方の古代山城としては、永納山城のほかに讃岐国の屋嶋城(香川県高松市)や城山城(香川県坂出市・丸亀市)が知られる。

    近代以降

    近代以降については次の通り。 1. 1961年(昭和36年)、一部の専門家による列石の認知。 2. 1977年(昭和52年)、旧東予市の遺跡分布調査で列石の発見(記録上正式の発見。現地火災が発見のきっかけという)。 3. 1977-1978年(昭和52-53年)、第1-2次発掘調査(旧東予市教育委員会、1980年に報告書刊行)。 4. 2002-2004年度(平成14-16年度)、史跡指定に向けた範囲確認発掘調査(旧東予市教育委員会のち西条市教育委員会、2005年に報告書刊行)。 5. 2005年(平成17年)7月14日、国の史跡に指定。 6. 2006-2011年度(平成18-23年度)、内部施設等の確認発掘調査(西条市教育委員会、2009年・2012年に報告書刊行)。 7. 2007年(平成19年)7月26日、史跡範囲の追加指定。 8. 2015年度(平成27年度)以降、保存に向けた環境整備・発掘調査(西条市教育委員会)。 9. 2016年度(平成28年度)、愛媛県西条市で第6回古代山城サミットの開催。 10. 2017年(平成29年)2月9日、史跡範囲の追加指定。

    城壁

    1. 城壁は全周約2.5キロメートルを測る。城域は東西約470メートル・南北約720メートルで、古代山城では一般的な大きさになる。城壁の構造は基本的には内托式[注 1]の土塁によるが、西部頂上付近などでは石積み、南-東部では自然の露出岩盤とする。土塁は列石の上に版築によって構築される。列石の石材は花崗岩類(永納山中で採石か)で、各石は幅約0.3-1メートルを測る。また石積みは3箇所で確認され、最大規模は西部頂上付近のもので、幅約20.7メートル・最大高さ約1.8メートルを測る。石材は花崗岩類で、各石は幅0.4-1メートル。

    鍛冶関連遺構

    1. 城域内で鍜冶鍛冶炉・炭置場・金床石などが認められる。古代山城での検出は鬼ノ城に続く2例目になる。時期を決める遺物が出土していないため、築城時の遺構か修城時の遺構かは明らかでない。

    国の史跡

    1. 永納山城跡 1.1. 2005年(平成17年)7月14日に国の史跡に指定。 1.2. 2007年(平成19年)7月26日・2017年(平成29年)2月9日に史跡範囲の追加指定(指定範囲面積は計406,427.54平方メートル)。

    所在地 1. 愛媛県西条市河原津・楠、今治市孫兵衛作 交通アクセス 1. 壬生川駅(四国旅客鉄道(JR四国)予讃線)から、せとうちバスで「世田薬師」バス停下車 関連施設 1. 西条市立東予郷土館(西条市周布) - 永納山城跡の出土品等を保管・展示。

    (記事執筆に使用した文献) 1. 史跡説明板(西条市教育委員会、2008年設置) 2. 永納山城跡パンフレット(西条市教育委員会) 3. 地方自治体発行 3.1. 地方自治体史 3.1.1. 『愛媛県史 古代II・中世』愛媛県、1984年。 3.1.1.1. 第一編 第一章 第二節 三「古代山城永納山」(愛媛県生涯学習センター「データベース『えひめの記憶』」参照)。 3.1.2. 『愛媛県史 資料編 考古』愛媛県、1986年。 3.1.2.1. 五 一 三二「永納山城」(愛媛県生涯学習センター「データベース『えひめの記憶』」参照)。 3.2. 発掘調査報告書 3.2.1. 『永納山城跡 -平成14年度~16年度調査報告書- (PDF)』西条市教育委員会、2005年。- リンクは九州国立博物館「西都 太宰府」資料観覧ライブラリー。 3.3. 現地説明会資料(リンクは西条市ホームページ) 3.3.1. 平成21年度 現地説明会資料 (PDF) 3.3.2. 平成22年度 現地説明会資料 (PDF) 3.3.3. 平成27年度 現地説明会資料 (PDF) 3.3.4. 平成28年度 現地説明会資料 (PDF) 3.3.5. 平成29年度 現地説明会資料 - 1 (PDF) 、2 (PDF) 3.4. その他 3.4.1. 『永納山城跡国史跡指定10周年記念シンポジウム資料 (PDF)』西条市教育委員会、2015年。- リンクは西条市ホームページ。 4. 事典類 4.1. 「永納山遺跡」『日本歴史地名大系 39 愛媛県の地名』平凡社、1980年。ISBN 4582490395。 4.2. 「永納山城跡」『国指定史跡ガイド』講談社。- リンクは朝日新聞社「コトバンク」。

    (記事執筆に使用していない関連文献) 1. 『永納山城遺跡調査報告書』愛媛県東予市教育委員会、1980年。 2. 『国指定史跡永納山城跡保存管理計画策定報告書』西条市教育委員会、2007年。 3. 『史跡永納山城跡 I -水門・城門・内部施設等確認調査報告書(平成18~20年度調査)-(西条市埋蔵文化財発掘調査報告書 第2集)』西条市教育委員会、2009年。 4. 『史跡永納山城跡 II -内部施設等確認調査報告書(平成21~23年度調査)-(西条市埋蔵文化財発掘調査報告書 第3集)』西条市教育委員会、2012年。 5. 『史跡永納山城跡保存整備基本計画書』西条市教育委員会、2016年。

    永納山城跡 - 国指定文化財等データベース(文化庁)
  5. 永野川 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/永野川
    • 流路と自然
    • 流域の自治体
    • 支流
    • 橋梁

    水源は鹿沼市粟野町尾出山。その後栃木市内を南下し、小山市中里と栃木市大平町伯仲の境界付近で巴波川に合流する。上流では百川渓谷と呼ばれる渓谷を形成しているほか、栃木市岩出町の河原では永野川緑地公園が整備され、市民の憩いの場となっている。河川延長は約50 kmと、本川である巴波川の28.5 kmよりも長い。

    栃木県

    1. 鹿沼市、栃木市、小山市

    上流より 1. 永原橋(栃木県道199号上永野下永野線) 2. (栃木県道199号上永野下永野線) 3. 寺岐橋 4. 名称不明 5. 倉本橋 6. 星野橋(栃木県道32号栃木粕尾線) 7. 山口橋 8. 牛落橋 9. 名称不明 10. 熊下橋(栃木県道32号栃木粕尾線) 11. 寺尾橋 12. 新田橋 13. 鍋山橋(栃木県道202号仙波鍋山線) 14. 藤沢橋 15. 大久保橋 16. 永倉橋 17. 和田橋 18. 尻内橋(国道293号) 19. 千塚橋 20. 百相橋 21. 宮の橋 22. 永野川橋(東北自動車道) 23. 対嶺橋(栃木県道75号栃木佐野線) 24. 大砂橋 25. 大岩橋 26. 上人橋 27. 高橋 28. 睦橋 29. 二杉橋(栃木県道269号太平山公園線) 30. 大柳橋 31. 両毛線 32. 大平橋 33. 永久橋 - 旧橋 34. 永久橋(栃木県道11号栃木藤岡線) 35. 東武日光線 36. 川谷橋 37. 諏訪橋 38. 山下橋(栃木県道253号借宿八幡線) 39. 町田橋 40. 永豊橋(栃木県道311号小山大平線) 41. 両明橋 42. 永輪橋 43. 千部橋(栃木県道36号岩舟小山線) 44. 旧千部橋- 流失 45. 新永野川橋(国道50号) 46. 堀ノ内橋 47. 伯楽橋 48. 新落合橋 49. 落合橋

  6. 大明宝鈔 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大明宝鈔
    • 宝鈔発行前の状況
    • 宝鈔の発行開始
    • 明の貨幣における位置
    • 価値の下落
    • 終了・影響
    • 製法・形状
    • 参考文献
    • 関連項目

    前王朝である元では、交鈔と呼ばれる紙幣が流通していた。元の支配が崩れると各地で独立勢力が勃興し、その1人である朱元璋は呉(のちの明)を建国する。当初の政府は独自の紙幣は発行せず、銅銭(銅貨)を発行する政策をとった。銅銭発行の組織として南京に宝源局(中国語版)を設立し、1361年に大中通宝を発行して私鋳(民間鋳造)を禁じた。王朝交替期の戦乱によって民間の価格は米1石=3000文だったが、物価上昇をおさえるために官直(公定価格)は米1石=1000文とした。また、貨幣の交換比率は元朝時代の単位を引き継ぎ、大中通宝の計算単位は400文を1貫、40文を1両、4文を1銭とした。大中通宝と交鈔の交換比率を定めることで交鈔の流通を維持し、経済の混乱を最小限にとどめるのが目的だった。こうして、宝鈔が発行されるまでは明においても交鈔は使われ続けた。また、大中通宝には銅銭の規格統一によって物価を安定させる効果も期待された。

    朱元璋が明の初代皇帝洪武帝として即位したのち、明政府は1374年(洪武7年)9月に宝鈔を発行する組織である宝鈔提挙司(中国語版)を設立し、1375年(洪武8年)3月に大明通行宝鈔を発行した。当初から、宝鈔は銅銭に比べて偽造しにくい点が評価されていた。宝鈔の価値を管理するために、以下のような政策が行われた。 1. 偽造者の斬罪と密告の奨励。 2. 宝鈔1貫=銅銭1000文=銀1両=金2.5銭のレートの設定。 3. 宝鈔の種類は1貫、500文、400文、300文、200文、100文の6種類。 4. 民間の金銀使用の禁止。 5. 商業税を銅銭3、宝鈔7の比率で納税するように定めた。 貴金属の使用を禁じて宝鈔を流通させることで、明政府は元から続いていた交鈔を宝鈔に切り替えることを意図した。 宝鈔の発行額は明確な史料がなく、推定で1385年(洪武18年)頃に年間500万から600万錠(2500万貫から3000万貫)、洪武帝後半期は1000万錠(5000万貫)前後である。宝鈔の回収額は洪武帝後半期で400万錠(2000万貫)となる。元の交鈔と比べると発行額・回収額ともに少ない[注釈 2]。発行のペースは毎年一定額を発行する形式をとらず、断続的だった。発行した宝鈔の用途は当初は軍人への賞賜であり、1385年以降は臨時的に使われたと推測される。経常的な財政のために発行されたのではなく、この点でも元の交鈔とは異なる。

    紙幣である宝鈔は高額取引用、銅銭は小額取引用に流通することが期待され、公式には宝鈔と銅銭のみを使うように定められた[注釈 3]。しかし実態としては、銅銭と宝鈔はともに発行額が少なく発行ペースが断続的であり、財政の主軸となる貨幣に欠けていた。銅銭の原料となる銅が不足していた点や、明の財政が実物を中心にしていた点も原因だった。15世紀前半になると、これらに代わって銀錠(銀貨)が支払や流通で普及していった。明は江南の生産に支えられた実物経済の時代でもあり、布(絹帛・棉布)や米も高額取引に使われた。

    紙幣は金属貨幣に比べて発行が容易だが、価値を維持するために発行額や回収額の管理が重要となる。元政府は前半においては政策が成功していた。しかし明政府は当初から宝鈔の価値を積極的に維持する政策がなく、洪武帝の時代から価値の下落が始まった[注釈 4]。1376年(洪武9年)は鈔1貫=米1石だったが、1385年(洪武18年)は鈔1貫=0.4石、1397年(洪武30年)は鈔1貫=米0.2石、1402年(建文4年)は鈔1貫=米0.1石となった。銅銭との公定レートは鈔1貫=1000文が固定されていたが、民間では銅銭に対する宝鈔の下落が進んだ。民間でのレートとして、1390年(洪武23年)は鈔1貫=銭250文、1394年(洪武27年)は鈔1貫=銭160文という記録がある。 宝鈔の価値を維持するために、元でも行われていた倒鈔法が実施された。これは破損したり古くなった宝鈔(昏鈔)を3パーセントの費用で新札に交換するものであり、そのための組織として行用庫が設立された。交換を保証して宝鈔の下落の防止を狙うはずだったが、制度としての運用は不十分だった。その理由として、民間による昏鈔のレート問題があった。民間では、昏鈔を使う取引では通常の宝鈔の2倍の価格になっており、胥吏はこれを利用して利鞘を稼いだ[注釈 5]。宝鈔は二重価格が存在したことになり、1390年(洪武23年)にはこの行為が発覚して行用庫は廃止された。行用庫の廃止は、明政府が宝鈔の二重価格を放置する結果につながり、宝鈔の価値はさらに不安定になった。 明政府は対策として、銅銭の発行停止と金銀使用の禁止を合計7回実施したが、民間の銀使用は止まらず、銀の価値を高めて宝鈔の下落が続く結果となった[注釈 6]。明政府はさらなる対策として、塩の強制販売をして宝鈔で支払わせる戸口食塩法(1402年)を制定した[注釈 7]。永楽帝の時代には、首都を南京から北京に遷都する費用の調達が必要となった。そこで1409年(永楽7年)に北京に宝鈔提挙司を設置して宝鈔を増発したため、宝鈔は激しく下落した。宣徳帝の時代には江南経済の発展で実物経済が主軸となり、宝鈔の再建が試みられる。1429年(宣徳4年)からは運河に鈔関と呼ばれる関所を設置して宝鈔で船料を徴収したが、宝鈔の価値は維持できなかった。

    宝鈔についての最後の記述は、明政府の行政法令集『大明会典』にあり、1489年(弘仁2年)に宝鈔を売買した場合の処罰が書かれている。これは宝鈔を骨董品の商品にすることを禁じるのが目的だったと推測されている。 国外からの銀の流入は、明の貨幣制度を大きく変えた。ポルトガルとスペインが中国に到達し、中国の物産を買うために大量の銀を支払った[注釈 8]。ポルトガルは、マカオを拠点とする南蛮貿易で倭銀と呼ばれる日本産の銀を運んだ。スペインはガレオン貿易やマニラ・ガレオンと呼ばれる定期航路で、中南米のポトシやサカテカスで採掘した銀を運んだ。明政府も銀による納税を認め、一条鞭法という銀本位制を定めることになる。 明の次に中国を支配した清王朝は、明の紙幣政策が失敗した点を参考として、紙幣を発行しなかった。民間では、重量がかさむ銅銭や銀貨を運ぶ代わりに金融業者の銭荘が預かり証を発行するようになり、銭票と呼ばれて市場でも流通した。清政府が紙幣を発行するのは、アヘン戦争や太平天国の乱などの相次ぐ戦乱で歳入不足に陥った1853年のこととなる。

    宝鈔は藁と桑の樹皮を素材として作られた。用紙は青味がある灰色をしており、当時の製紙技術のためか厚さが均一ではない。印刷は銅板1色であり、最上部に「大明通行寳鈔」の文字、中央に額面金額の数字と銅銭の束(緡)があり、枠には皇帝権力を示す龍の模様があった[注釈 9]。下部には発行機関である戸部(中書省)、兌換文言、偽造処罰文言がある。 発行年月日は空欄で印刷したあとに墨で記入し、年号は皇帝が代っても洪武を使用し続けた。官印は朱色で中央に2カ所、裏面に1カ所を押印した。寸法は縦338ミリ・横220ミリあり、歴史上最大の紙幣といわれる[注釈 10]。

    大清宝鈔(中国語版)
    戸部官票(中国語版)
    宝鈔司(中国語版)
  7. 松永大司 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/松永大
    • 経歴
    • 作品
    • 出演
    • 受賞歴
    • 外部リンク

    大学卒業後、俳優としていくつかの作品に出演した後、2001年頃からミュージックビデオや映画のメイキングを手がけるようになる。2011年の「ピュ〜ぴる」で初監督。2011年、文化庁委託事業・若手映画作家育成プロジェクト「ndjc」に選ばれ、短篇映画「おとこのこ」を制作する。平成30年度新進芸術家海外研究制度により1年間ロサンゼルスに留学。

    映画(作品)

    1. ピュ〜ぴる(2011年3月26日公開) - 監督・撮影・編集 2. おとこのこ(2011年公開) - 監督・脚本・編集 3. アルクニ物語(2012年9月1日公開、監督・山本政志) - 助監督 4. かぞく(2012年11月17日公開) - 監督・脚本・編集 5. しば田とながお(2013年1月26日公開、監督・ヤン・イクチュン) - 監督助手 6. サンライズ・サンセット(2013年1月26日公開、監督・橋口亮輔) - 助監督 7. ゼンタイ(2013年5月25日公開、監督・橋口亮輔) - 助監督 8. MMA ドキュメンタリー HYBRID(2013年6月1日公開) - 監督 9. GOSPEL(2014年8月23日公開) - 監督 10. 死と恋と波と(2015年公開) - 監督・脚本 11. トイレのピエタ(2015年6月6日公開) - 監督・脚本 12. オトトキ(2017年11月11日公開) - 監督 13. ハナレイ・ベイ(2018年10月19日公開予定) - 監督・脚本・編集

    短編映画

    1. ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-「カナリア」(2018年6月22日公開)- 監督・脚本 2. その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-「On The Way」(2019年11月8日公開)

    テレビ番組

    1. 裸にしたい男 竹野内豊(2012年10月6日・7日放送、NHK BSプレミアム) - 監督 2. 2020年 五月の恋(2020年6月2日 - 5日、WOWOW) - 監督

    映画(出演)

    1. ウォーターボーイズ(2001年9月15日公開、監督・矢口史靖) - 出演 2. ハッシュ!(2002年4月27日公開、監督・橋口亮輔) - 出演 3. ロスト・ヴァージン やみつき援助交際/※別題 手錠(2002年9月27日公開、監督・サトウトシキ) - 出演 4. パルコフィクション Parco Fiction(2002年7月20日公開、監督・矢口史靖、鈴木卓爾) - 出演 5. 大阪のうさぎたち(2012年3月12日公開、監督・イム・テヒョン) - 出演 6. MATSUMOTO TRIBE(2017年4月15日 - 21日限定公開) - 出演(本人役)

    第20回新藤兼人賞銀賞
    第56回日本映画監督協会新人賞
    第25回日本映画批評家大賞新人監督賞
    第13回シネマ夢倶楽部表彰 推薦委員特別賞
    松永大司 (@daishimatsunaga) - Twitter
    松永大司 - allcinema
    松永大司 - KINENOTE
    Daishi Matsunaga - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  8. 高倉永則 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/高倉永則

    高倉 永則(たかくら ながつね、 1864年5月16日(元治元年4月11日[1])- 1947年(昭和22年)7月18日[1][2])は、日本の陸軍軍人、有職家[3]、政治家。最終階級は陸軍歩兵大佐。貴族院子爵議員。

  9. 須永好 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/須永好

    須永 好(すなが こう、1894年 6月13日 - 1946年 9月11日)は、日本の農民運動家。 衆議院議員。 香川県の「伏石事件」、新潟県の「木崎争議」とともに日本三大小作争議の1つとして有名な「強戸争議」を主導した。 経歴 群馬県新田郡成塚村(現太田市)出身。

  10. 山路永司 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/山路永司
    • 経歴
    • 役職
    • 所属学会
    • 著書
    • 論文
    • 関連項目
    • 外部リンク

    1954年4月6日、愛媛県西条市出身。神拝(かんばい)保育園・西条市立神拝小学校・西条市立西条北中学校・1973年、愛媛県立西条高等学校を卒業。1978年、東京大学農学部農業工学科を卒業。1980年、東京大学大学院農学系研究科修士課程を修了。1981年、東京大学農学部助手。1986年、農学博士。1989年、東京大学農学部助教授。1999年、東京大学大学院新領域創成科学研究科教授。2007年4月1日、J-SRI研究会を設立。2020年、東京大学大学院新領域創成科学研究科国際協力学専攻・客員共同研究員。特定非営利活動法人環境修復保全機構研究センター研究員 。

    山崎農業研究所・代表。
    環境修復保全機構・理事。
    帆船日本丸を愛する男声合唱団・団長。

    共著

    1. 『新スマート農業―進化する農業情報利用』 農業情報学会 ISBN 978-4897324074(2019年5月1日) 2. 塩沢昌・吉田修一郎(編)『農地環境工学第2版』 文永堂出版 ISBN 978-4830041327(2016年5月30日) 3. 千賀裕太郎編(著)『農村計画学』 朝倉書店 ISBN 978-4254440270(2012年5月1日) 4. J-SRI研究会(編)『稲作革命SRI-飢饉・貧困・水不足から世界を救う-』 日本経済新聞出版社 ISBN 978-4532317287(2011年9月27日) 5. 堀田昌英(編)『国際協力学の創る世界 (シリーズ〈環境の世界〉) 』 朝倉書店 ISBN 978-4254185331(2011年3月18日) 6. 安富六郎・多田 敦(編)『農地工学 (日本語) 』 文永堂出版 ISBN 978-4830040917(2008年11月1日) 7. 塩沢昌編『農地環境工学』 文永堂出版 ISBN 978-4830041143(2008年10月1日) 8. 『改訂 農村計画学 』 農業土木学会 ISBN 978-488...

    山路永司「カリフォルニア州大区画水田の区画整形の得失」『農業土木学会誌』第59巻第8号、農業農村工学会、1991年、 897-901,a1、 doi:10.11408/jjsidre1965.59.8_897、 ISSN 0369-5123、 NAID 130004289311、2020年10月8日閲覧。
    清水庸, 佐藤洋平, 山路永司「統計的手法を用いた土地利用構造の把握 : 日本全域を事例地域として」『農村計画学会誌』第18号、農村計画学会、1999年、 331-336頁、 doi:10.2750/arp.18.18-suppl_331、 ISSN 0912-9731、 NAID 130004048216、2020年10月8日閲覧。
    山路永司 - KAKEN 科学研究費助成事業データベース
    山路永司 - J-GLOBAL
    山路永司 - Researchmap
  11. 其他人也搜尋了