Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 351,000,000 項搜尋結果

  1. 泡棉板 相關

    廣告
  2. 專製泡棉麥克風套,耳機套,PU耳塞微量發泡,各種泡棉一體成型CNC製作.

  3. 泡泡粒、PE伸縮膜、棧板膜等緩衝材料,歡迎詢價。 專業製造貨櫃用緩衝氣柱墊、泡泡粒、PE伸縮膜、棧板膜等緩衝材料,歡迎詢價。

  1. 発泡プラスチック (はっぽうプラスチック、英:Foamed plastics)は、 合成樹脂 中に ガス を細かく分散させ、発泡状(フォーム)または多孔質形状に成形されたものを指し、 固体 である合成樹脂と 気体 の不均一 分散系 とも定義できる。 基本的にどの合成樹脂も発泡成形させることは可能だが、実際には成形性や性能および 価格 が影響し、実用化されている種類はある程度限られている。 別な用語では、プラスチックフォーム(英:Plastic foam)、セルラープラスチックス(英:Cellular plastics)、プラスチック発泡体、合成樹脂フォーム、合成樹脂発泡体、樹脂発泡体、海綿状プラスチック、発泡合成樹脂などもある [1] 。

  2. 発泡ポリエチレンは ポリエチレン の一種で、 エチレン を 縮合 する際にビーズ法で発泡させ弾力を持たせた 化成品 である。 発泡スチロール が比較的硬く整形しやすい特徴を有するのに対し、発泡ポリエチレンは柔軟で曲げやすい特徴を有する。 何れも 工業製品 ( 家電製品 や 金属 製品)の緩衝材や保温・保冷材として用いられる。 工業製品の緩衝材として用いられるため、家電製品や金属製品の組み立て工場の近くには必ずこうしたEPE等の加工工場およびその鋳型製作事業者などが立地する。 関連項目[ 編集] ポリエチレン 発泡スチロール 「 https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=発泡ポリエチレン&oldid=72475332 」から取得 カテゴリ: 合成樹脂

  3. ダイニーマ (現イザナス)による強化プラスチックで高強度、熱伝導性にも優れる。 ザイロン強化プラスチック (ZFRP, Zylon-Fiber-Reinforced Plastics) ザイロン による強化プラスチックで、きわめて高い強度と難燃性がある。 液晶ポリマー (LCP, liquid crystal polymer) 射出成型でき、再利用できる。 WPC( 木材・プラスチック複合材 )、 WPRC (木材・プラスチック再生複合材) 射出および押し出し成型ができ、再利用できる。 金属 材料よりも比強度が大きく、軽量化が可能 耐薬品性があり、 腐食 しにくい 保温性がよい 重量増が問題でなければ補修できる

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 泡泡 - Wikipedia

    • 泡の種類
    • 泡の生成と消滅
    • 泡の形状と挙動
    • 自然界における泡
    • 産業上における泡
    • 関連作品
    • 関連項目

    泡には気泡(Micro-foamまたはBubble)と泡沫(Macro-foamまたはFoams)がある。気泡とは、液体中もしくは固体中にある気体の粒子をいう。泡沫は多数の気泡が液面に浮上して塊を形成したもの(多数が薄膜を隔てて密集しているもの)をいう。気泡が一つの界面(一層の界面活性剤層)からなるのに対し、泡沫は二つの界面(二層の界面活性剤層)からなる。 また、構成気泡間の泡膜の種類により、液体泡沫(ビール、石鹸、泡消火剤など)、弾性泡沫(フォームラバー、樹脂スポンジ、マシュマロ、パンなど)、固体泡沫(気泡コンクリート、泡ガラス、軽石、木炭、ビスケットなど)に分けられる。

    発泡・起泡の機構

    泡は各種界面活性物質または界面活性剤の気・液界面への吸着によって生じる。工業上は混和剤が用いられるが、混和剤には界面活性作用により気泡を物理的に導入する起泡剤と、化学的な反応を利用する発泡剤がある。 圧力・温度の変化による泡 1. 液体にかかる圧力を低下させたり、温度を上昇させたりすると、液体に溶け込んだ気体が泡となって放出される。さらに圧力を低下させたり、温度を上昇させると、液体自体が沸騰して泡を発生させる。 1.1. ベーパーロック現象- 自動車のブレーキにおいて、過熱によってブレーキ液の内部に蒸気(vapor)の泡が発生し、ブレーキが利かなくなる現象。 1.2. キャビテーション 1.3. スーパーキャビテーション 化学反応による泡 1. 液体中で気体を発生させるような化学反応を起こすと、比重の小さい気体が上昇する過程で泡が発生する。料理においては重曹がこの目的で用いられる。また、アルコール発酵も気泡を生じさせるが、例えばパンのように、それをむしろ利用する例もある。 機械的操作による泡 1. 攪拌機、泡立て器などで液体を攪拌することによって、空気を泡の形で液体に取り込む。あ...

    消泡・破泡・抑泡の機構

    消泡あるいは泡消し(Deforming)は破泡(Foambreaking)と抑泡(Antiforming)に大別される。破泡は既にある泡沫に破泡剤などを加えて泡を破壊することをいう。抑泡は予め抑泡剤を添加するなどして泡立ちを防止することをいう。

    液中における気泡の形状はその大きさによって以下のように変わる。 1. 1mm以下の気泡はほぼ球形。 2. 数mm程度になると上昇方向に扁平になり、短軸を回転軸とする回転楕円体状になる。 3. さらに大きくなるとキノコ状になり形状は不安定になる。 また、比較的小さな気泡はほぼ直線的に上昇運動するが、ある程度大きくなると螺旋状に上昇し、さらに大きくなると不規則な振動をしながら上昇する。

    水面の泡は、風による水面の攪乱(波)や激しい水流(潮流や滝壺など)によって生じる。 このほか、水中・水底の有機物から発生した腐敗ガスや、水底の土中に閉じ込められていたメタンガスが泡を形成したり、火山などによる高い地熱で水たまりや泥たまり、マグマが泡立ったりする現象も見られる。 体液を利用して泡を作り、これを活用している生物に、アサガオガイやアワフキムシがある。卵を守るために泡で巣を作る例もある。ベタなどは水面に浮かぶ泡の層に卵を含ませ、モリアオガエルは樹上に体液をかき混ぜて作った泡の塊を作り、その内部に産卵する。 渓流においては、滝壺などに見られる細かい泡の堆積地で泡を採集し、顕微鏡下で観察すると、ここに水中の微小な顆粒が捕らえられており、特に水生不完全菌の胞子が多量に見られることが知られて...

    泡の利用

    泡が工業分野で有効利用される例として消火器や食品工業などがある。食品の例として植物油を撹拌して気泡を含ませたホイップクリームがある。また、代表的な工業製品に発泡スチロールがありポリスチレン樹脂を発泡させることにより製造される。 日用品の各種洗剤・洗浄剤や髭そり用シェーヴィングフォームなどに泡入り製品があるほか、機械洗浄や工場排水処理といった工業用途にも使われる。 泡の大きさを細かくすることで、実用での使い道はさらに広がる。従来はマイクロバブル、ナノバブルと呼称されてきた。2017年6月、国際標準化機構(ISO)は、直径100㎛未満の泡を「ファインバブル」と総称し、1㎛以上を「マイクロバブル」、それ未満を「ウルトラファインバブル」に分ける規格を決めた。「ウルトラファインバブル」はブラウン運動により、保存方法によっては数年間、泡が浮上せず液体中にとどまることもある。 用途としては前述のような洗浄のほか、水揚げした魚を窒素の泡入り水に入れて鮮度を保持したり、酸素の泡入り水で農作物の食味を良くしたり取り組みが日本では実際に行われている。関連する企業・団体による一般社団法人ファインバブル産...

    泡の抑制

    泡は工業製品に影響を及ぼす例もある。 塗料では泡の混入は塗料製造中の障害になるほか、塗装やその後の乾燥、塗膜形成過程での品質低下など様々な不具合を起こすため消泡剤の使用などの対策が取られる。 食品工業では豆腐の製造過程で、豆乳に凝固剤(にがり)を加え、凝固させて豆腐を製造する際に、泡の発生を抑えるための消泡剤が添加されている。

    小説『日々の泡』 L' Ecume des jours(ボリス・ヴィアン、1947年)
    鴨長明『方丈記』無常観を表した一節「よどみに浮ぶうたかたは…」で知られる。
  5. ja.wikipedia.org › wiki › まんこまんこ - Wikipedia

    • 概説
    • 派生表現
    • 他の俗称
    • 参考文献
    • 関連項目

    テレビやラジオにおいては、放送禁止用語の一種である。1999年、沖縄県の漫湖(まんこ)がラムサール条約の登録湿地に認定された際、NHKが字幕では「漫湖」と出しながら、ナレーションでは「認定されたのは“この湖(みずうみ)”で・・・」と読んで、「まんこ」という音声が電波に乗るのを巧妙に回避した、という証言がある。ゲームにおけるプレイヤーの命名の際も入力禁止に設定されていることが多い。これに対して男性器の俗称である「おちんちん」は、放送禁止用語に指定されていることが少ない。「おちんちん」や「ちんこ」は器官そのものを指す用語であるのに対し、「まんこ」は性行為を意味することもあるため、特に女性軽視の用語であるとして使用が強く制限されている。

    「まんこ」またはその類義語に「-する」とつなげ、換喩によって「性交する」の意味で使う。 男性の運気を上昇させる女性のことを「あげまん」、逆に下降させる女性のことを「さげまん」と呼ぶが、この場合の「まん」は「めぐり合わせ、幸せ、運」を意味する言葉であり、まんこの略語ではない。しかしながら、1990年に公開された映画「あげまん」によってこの言葉が広まると、わざと性的な意味に解釈させるようにもなった。 誰とでも気軽に性交を行なう女性に対して、「ヤリマン」ということがある。これは、性交するという意味の「やる」と「マンコ」を合わせた単語である。『性的なことば』によれば、従来用いられてきた「サセ子」と言う単語が、あくまで性行為をさせると言う受動的なものであるのに対し「ヤリマン」は、女性側が能動的・主体的...

    『日本俗語大辞典』は、「まんこ」の類語として「赤貝、赤門、奥の院、おまんこ、おまんたん、おめこ、毛饅(頭)、こうまん、肉壺、如来、秘花、ボックス、饅頭、蜜壺、やち」を挙げる。『日本民俗・粋・洒落辞典』は「陥穽(おとしあな)、茶、富士山、へき」も女性器を表すとする。 『すごくエッチなゲームシナリオが書ける本』では、女性器の隠喩として、おまんまん、秘部、蜜穴、肉穴、割れ目、クレバス、女陰、大事なところ、前の穴、肉壁が、また漫画『性教育120%』第1巻では、日本の各地による女性器の呼称の違いとして、アンペ、ほと、ヘノコ、マンジュー、オマン、サネ、オチョンチョン、オチンチン、チャンベ、カンノンサマ、オソソ、ボボ、イキミ、ヘヘ、ベベ、ベタ、ベッチョ、ペペ、カイ、ツビ、メメ、メコ、メンチョ、チャコ、ヤチ...

    斎藤光、井上章一、澁谷知美、三橋順子、2010、『性的なことば』、講談社 ISBN 978-4-06-288034-3- まんこ、めこ、やりまん、あげまんについて
    黒澤勉 (2006年3月21日). “盛岡ことば入門 287 あーしゃっけ”. 盛岡タイムス. 2019年10月26日閲覧。
    ユージン・E.ランディ、1975、『アメリカ俗語辞典』、研究社出版- vagina の項(p. 428 ff.)で5ページ半に渡って女性器を示す日本語の語彙を掲載している.
  6. スーパーキャビテーション・プロペラ (Supercavitation propeller)とは、 船舶 用 プロペラ の効率改善に スーパーキャビテーション を利用したものである。 「スーパーキャビテーティング・プロペラ」とも。 通常の舶用スクリュープロペラにおいては、 キャビテーション は推進効率を阻害して金属表面の侵食を起こす有害なものであるが、このプロペラでは積極的に利用して高回転・高速度のスクリュープロペラを実現するとともに 摩擦抗力 を削減する。 プロペラ裏面の先端部でキャビテーションのを発生させ、多数のがプロペラ裏面を覆う。 このによってプロペラ裏面での抗力が減少し推進効率の向上に寄与する。

  7. ja.wikipedia.org › wiki › 蒸留塔蒸留塔 - Wikipedia

    蒸留塔 (じょうりゅうとう)とは、 蒸留 に使用される塔状の装置のことである。 実験室で使用される高さ10cm、直径2cm程度のものから、石油化学工業で使用される高さ100m、直径10mもある巨大なものまで様々な大きさのものが存在する。 蒸留塔には本体である塔部分に加えて、蒸留する原料を予熱して 気化 させる気化器と留出物を冷却して 凝縮 させて回収する凝縮器が付属している。 蒸留塔の中でも気液の接触面積が大きくなるような構造を持ち、気化→揮発性成分の増加→液化→再気化→揮発性成分の増加→液化というサイクルを塔内で効率よく起こさせることにより分離の性能を向上させたものは特に 精留塔 と呼ばれる。 実験室で使用される蒸留塔 [ 編集] 実験室での標準的な蒸留装置。 3が蒸留塔にあたる。

  1. 泡棉板 相關
    廣告
  2. 專製泡棉麥克風套,耳機套,PU耳塞微量發泡,各種泡棉一體成型CNC製作.

  3. 泡泡粒、PE伸縮膜、棧板膜等緩衝材料,歡迎詢價。 專業製造貨櫃用緩衝氣柱墊、泡泡粒、PE伸縮膜、棧板膜等緩衝材料,歡迎詢價。

  1. 其他人也搜尋了