Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 概要. 当科は腎臓・膵臓・肝臓の臓器不全患者の治療を中心に、腹部一般外科・末梢血管外科・腹部内視鏡外科・血液浄化療法など幅広い分野の治療を行っています。 特に腎臓移植と膵臓移植と腹腔鏡下ドナー腎摘術の年間手術件数は国内最高レベルです。 また末期腎不全患者のためのVascular Access (内シャントや人工血管)造設術においても国内有数の治療施設です。 更に末期腎不全患者に対する外科手術の特殊性を考慮した腎不全外科分野を切り開いてきました。 研究面では腎臓・膵臓・肝臓の臓器移植に関する研究を開局以来続けており、臓器移植に関しては国内で草分け的存在です。 近年では免疫抑制剤によらずに拒絶反応を防止する免疫寛容導入も開拓してきました。 教育内容. 前期研修について.

  2. AIが活躍するのは、リンパ節に癌の転移があるか等のゼロイチで設定できる条件ですが、病理診断の多くはそうでなく、臨床側の要望を把握した上で現場のリソースを上手く用いて最適解を見出す作業のため、極めてヒューマンです。 将来の病理診断へのAIの導入は、外科で言えば手術支援ロボット、ダビンチの導入のようなもので、ダビンチが導入されたからといって外科の仕事が無くならないことと同様に考えればいいと思います。 万一、病理医として食べていけなくなっても、臨床に転科した際に病理経験は必ず役に立ちます。 例えば、全ての放射線画像にはそれに対応する、病理医が診断する肉眼像や組織像があることをイメージすると深みのある診断ができます。

  3. 病理診断科概要. 病理診断科は、組織診断、細胞診断による疾患の最終診断を担当し、医療に重要な貢献をしています。 01. 組織診断. (年 約12000件) 生検組織診断、手術検体組織診断、手術に採取された検体に対する迅速診断 (年 約550件)を行っています。 さらに、分子標的治療のターゲットとなる分子が各腫瘍症例に発現しているか否か (乳癌での女性ホルモン受容体、 Her2, 消化管間質腫瘍でのc-kitなど)を、免疫染色などにより検証し、個別化医療の実践に寄与しています。 2018年度からは学内に新たに設置された臨床ゲノムセンターにおけるゲノム医療のための材料を提供する役割も担います。 (日本病理学会認定施設) 02. 細胞診. (年 約8000件)

  4. 限局性悪性中皮腫. 上皮型中皮腫. 肉腫型中皮腫. 二相型中皮腫. 高分化乳頭型中皮腫. アデノマトイド腫瘍. 上皮型中皮腫 Epithelioid mesothelioma. 上皮型中皮腫の組織型は多彩である。. 充実性solid、腺管乳頭状tubulopapillary、索状trabecularが典型的な組織像であるが ...

  5. 東京女子医科大学の公式サイトです。 新宿区。 医学部看護学部看護専門学校のキャンパスライフや国際交流入学案内入試情報など東京女子医科大学に関する情報を掲載しています

  6. 脳神経外科分野では、あらゆる脳疾患に対し、高い技術力を持って極めてからだへの負担が少ない低侵襲外科治療を行っています。 定位放射線治療・ガンマナイフは大事な脳組織や神経を0.1ミリレベルで避け、高線量一括照射にてまるで切除させるべく治す画期的な治療です。 転移性脳腫瘍や手術根治の難しい良性脳腫瘍(聴神経腫瘍・頭蓋底腫瘍など)、脳動静脈奇形(AVM)、薬剤抵抗性三叉神経痛が主な適応となっており、すべて保険診療でカバーされています。 さらに2021年からは最新機種を導入し、従来のピン固定治療だけでなくサイバーナイフのように痛みを負わないマスク固定がガンマナイフでも可能となりました。

  7. 集中治療科|東京女子医科大学病院. Intensive Care Medicine. 部門HP. 特徴. 集中治療は、生命の危機に瀕した重症患者さんを救命するために、関連の多職種や専門医と協働しながら、最先端の医療機器を駆使して治療を行っています。 集中治療の目的は、呼吸不全、循環不全、意識障害や代謝不全などの重症患者さんを24時間体制で手厚く治療し回復させることです。 集中治療科医がシステム管理と診療チームのリーダーとなり、各診療科の医師を含めた多職種チーム(医師、看護師、臨床工学技士、理学療法士、薬剤師、管理栄養士、放射線部、検査部など)と協働し、幅広い年齢層と多彩な急性期病態の治療を行っています。

  1. 其他人也搜尋了