Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 深海魚油功效 相關
    廣告
  1. 深海魚 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/深海

    深海魚(しんかいぎょ、英: deep sea fish )は、深海に生息する魚類の総称。 一般に、水深200メートルより深い海域に住む魚類を深海魚と呼んでいる [1]。ただし、成長の過程で生息深度を変える種類や、餌を求めて日常的に大きな垂直移動を行う魚類も多く、「深海 ...

  2. バラムツ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/バラムツ
    • 特徴
    • 利用
    • 外部リンク

    数百メートルの深度に生息する深海魚であるが、夜間には浅場に浮上することが多いため、刺し網や延縄などにかかることが多い。 大型であり、成魚は全長2メートル以上になることもある。顔立ちはいかつく、ムツのように目と歯が大きいが、スズキ目の深海魚という共通点以外にはムツとは近縁ではない。口には鋭くて細かい歯が多く並んでいる。和名の由来は、体を覆うバラ(薔薇)の棘のような棘状の硬い鱗から採られており、素手で触れると裂傷を負ってしまうほどである。 深海魚にしばしば見られる形質であるが、体内の油脂成分のほとんどが、人体で消化されないワックスエステル(いわゆる「蝋」)でできている。そのため、大量に摂取すると皮脂漏症(皮膚から油が漏れる病気)を起こしたり、消化吸収されなかった油脂が肛門からそのまま漏れ出したりし、下痢や腹痛を起こす場合がある。多量に摂食した場合は昏睡状態に陥る重篤な症例も報告されている。油脂が肛門から出る時、便意などは一切生じず、そのまま垂れ流す状態になるという。このため大東諸島では、同じクロタチカマス科の魚であるアブラソコムツと区別せずに、インガンダルマ(「犬が(お尻から油が)垂れる」または「犬が(下痢で)ダレる」と言う意味。「胃が垂れる」は誤りで、前触れもなくいきなり尻から垂れる)またはダルマ(「(人間の)(お尻から油が)垂れる」と言う意味)という別名(地方名)で呼ばれる。

    釣り針にかかると引きが強く、30 - 40キログラムにも育つ個体がいて体が大きいので、スポーツフィッシングの対象にもなっている。しっかりとした歯応えや大トロのような濃厚な脂分など、味はとても良いとされるため、毒性はあるものの食用としている国もある。 日本では1970年から食品衛生法第2章第6条第2号に該当する食品として厚生労働省から販売禁止指定されており流通しない。同じ仲間の魚にアブラソコムツがあり、こちらも同法により販売禁止に指定されている。美味であるため自身で釣って食べる者もいるが、「二切れまで」といった量の自主規制をすることが望ましい。 台湾では流通に制約はなく刺身として食すほか、卵巣を加工しカラスミのようにして食べる油魚子という料理で知られる。カラスミより大型で加工が難しいが、臭みや色味の悪さにつながる血が混じりにくいため、カラスミより高値で取引されている。 韓国では「白マグロ」として食用にされていたが、マグロと称して販売していたことに加えて食中毒患者が続出したことなどが問題視され、食品医薬品安全処が2007年6月に流通禁止の行政予告を行なったものの、規制改革委員会が「過度な規制」として撤回を勧告した。2010年に改めて食用禁止とする告示改正を進める動きがあったが、その後もマグロに偽装しての流通が続いている。中国でも、本種をサケやタラに偽装して提供する業者があり、上記のように食べた人の肛門から大量の油が漏れたケースが報じられている。 1. バラムツの刺身(下段白身の切り身。上段はマグロ)

    ウィキメディア・コモンズには、バラムツ(カテゴリ)に関するメディアがあります。
    厚生労働省 | 自然毒のリスクプロファイル | 魚類:異常脂質|概要版・詳細版- バラムツほか異常脂質魚類について、形態的特徴・分布・有毒部位・毒性を説明する。
  3. アブラボウズ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/アブラボウズ
    • 概要
    • クエへの偽装
    • 食材・調理法
    • 参考文献(英語)
    • 関連項目
    • 外部リンク

    体長は1.5mくらい。最大で全長183cm・体重91kgに達し、カサゴ目の魚類の中では最大級の大きさである。北太平洋深海の水深400mの岩場に生息する。若いうちは体表に白い斑模様がある。成熟するにつれて濃い灰色に変わる。ただし、老成魚もよく見ると斑模様となっていることがある。尾鰭後縁は若干湾入している。 北太平洋、ベーリング海、中部カリフォルニアにかけて分布。 東京都伊豆大島の水深約1000mにも生息するとされ、水中深くに生息する為、体の約40%が脂肪分であるとされている。伊豆大島付近の海溝海域から年に数匹、100kgを超えるアブラボウズが上がり、主に銚子市場で取引されている。 文献資料においては、明治30年代に小田原周辺において主要漁獲種として見られ、「オシツケ」「オッツケ」と呼ばれる地域食として存在していた(『明治小田原町誌』)。考古遺跡からの出土事例では、山梨県南巨摩郡富士川町の鰍沢河岸跡から明治期の大型魚類を含む動物遺体が出土しており、その中にアブラボウズの椎骨1点・尾骨7点の資料が含まれており、2014年時点で遺跡からの出土は初の事例とされている。鰍沢河岸出土のアブラボウズは小田原あるいは駿河湾で漁獲された個体が移出されていた可能性が考えられている。 日本で初めて飼育に成功したのは市立室蘭水族館(北海道室蘭市)であり、同館では30年近く生きた個体の記録がある。このことから本種の生存期間は相当に長いことが伺われる。 神奈川県小田原市では特産魚として、知名度向上を図っている。

    超高級魚とされるクエに外観が似ていることから、特にクエを珍重する西日本地域において偽装表示事件が散見される。2008年3月には大阪府の卸売業者、株式会社矢崎がクエに偽装したとして、日本農林規格等に関する法律(JAS法)違反で改善指示を受けたほか、福岡県の料理店でも偽装に関連した捜査が行われている。近年、クエの人気が高まり高値になることが珍しくないことから、クエよりも安価なアブラボウズが流用されるものと考えられている。 超高級魚とされるクエには及ばないものの、アブラボウズもまた高級魚として認知されている。このため偽装を行う業者には時として罪悪感が乏しい。しかしながら、クエの好まれる理由は淡白で味わい深い白身にあり、一方、アブラボウズは脂の乗った甘みのある白身に価値が見出されている。また、クエはアブラボウズの3倍から7倍ほどの価格で取引されており、この二種が形成すべき市場は本来大きく異なるものである。

    銚子漁港(千葉県銚子市)に水揚げされたものは最高級品として高値で取引されるほか、神奈川県(小田原漁港など)・静岡県の各漁港では「おしつけ」の愛称で古くから重用されるなど、東日本(特に関東・東海地方)で珍重されてきた。 大型魚なので、水揚げ後肝臓などを取り除いた後、2・3日寝かせてからが食べ頃となる。調理法は一般的な白身魚と同様に煮付け、焼物、揚げ物、刺身など。 筋肉中に多量の脂質を含むため、大量に食べると下痢を起こすおそれがある。また、ビタミンAを過剰に含む肝臓には注意を要する。アブラボウズの取り扱いは市場により異なる。例えば、札幌市中央卸売市場では2008年4月1日から取り扱いを開始したが、販売者には注意喚起が要請されている。

    FishBase Erilepis zoniferEd. Ranier Froese and Daniel Pauly. 10 2005 version. N.p.: FishBase, 2005.
    "Erilepis zonifer" (英語). Integrated Taxonomic Information System. 2006年1月24日閲覧。
    厚生労働省 | 自然毒のリスクプロファイル | 魚類:異常脂質|概要版・詳細版- アブラボウズほか異常脂質魚類について、形態的特徴・分布・有毒部位・毒性を説明する。
  4. パタリロ! - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ぼくパタリロ!
    • 作品解説
    • アイテム
    • 組織
    • 時代劇編
    • 欠番エピソード
    • 関連書籍
    • 番外作品
    • アニメ
    • 舞台
    • 実写映画

    バミューダ=トライアングルの真ん中に存在する架空の島国マリネラ王国を舞台に、その国王パタリロが、側近のタマネギ部隊や、イギリスの諜報機関MI6(エム・アイ・シックス)の少佐(スパイ)バンコランやその愛人マライヒ等を巻きこんで起こす騒動を描く。舞台はマリネラ王国だけでなく、バンコランやマライヒの住むロンドンも多用されている。 基本的には一話完結の形式なのだが、連作エピソードもいくつか存在している。毎話で描かれるストーリーは単なるドタバタギャグなノリだけにとどまらず、プロットが高度に練られたものも多く、作品が長年支持されている所以でもある。ストーリーはギャグ作品の懐の広さを生かしてジャンルを越えた多彩な内容になっており、007シリーズめいたスパイアクションがあれば推理小説並みのミステリー(バカミス)もあり、宇宙人が出てくるSFもあれば黒魔術が絡むオカルトもある。 1970年代、少女漫画界では耽美的な少年愛を題材に取り上げることが流行したが、その時期に連載が始まった本作でもその要素は多分に盛り込まれている。少年愛をコメディに取り入れたことでは『エロイカより愛をこめて』(作・青池保子)と並ぶ先駆的な作品である。 スピンオフ作品として『家政夫パタリロ!シリーズ』、『パタリロ西遊記!』、『パタリロ源氏物語!』、『パパ!?パタリロ!』がある。これらは『パタリロ!』とは別作品として扱われており、単行本も別シリーズとなっている。また、パタリロ本編でも外見が同一の別キャラクターによる時代劇版があるが、これは本編の一部として扱われ、『パタリロ!』の単行本に収められている。

    SFやオカルトの要素も内包する本作では、様々な不思議な道具が登場する。それは古代文明の遺産であったり、錬金術や魔術の産物であったり、宇宙人の超絶科学兵器であったり、パタリロ国王の発明品であったりする。ただし、それらの多くは登場したエピソードでの1回限りの活躍しかせず、別のエピソードで再利用されることはほとんどない。ここでは、本作に登場するアイテム類のうち何度も登場するもののみを挙げる。 流星号 1. 本作の主人公・パタリロが独自のオーバーテクノロジーで開発した高速飛行機である。その名は、アニメ『スーパージェッター』で登場した同名の高速航空機・兼タイムマシンに由来する(『パタリロ!』ではパタリロ自身が自力でタイムワープできるため時間遡行機能は持たない)。機体は小さいため数人しか搭乗できないが、移動する目的があった場合、これで直接目的地に向かうことが多い。 2. 外見は薄汚れた絨毯をクロワッサンのように丸めた形状をしており、劇中では「絨毯型飛行ユニット」と呼称されることも多い。ただしその外見とは裏腹に性能は極めて高く、内部に反重力装置を搭載し光速の約90 - 95%での飛行が可能。 3. 更に事実上、放出エネルギーに限界を持たないとされる超光学兵器「可動メイザー砲」や、不可視プロテクターと呼ばれ、あらゆるエネルギーをはね返す強力な防御装備を持つ(作中ではバリヤー等の概念を上回ると評している)等、現代科学技術を超越した装備を誇る。 4. コンピュータも搭載しており学習能力もある程度備わっている。電話等の電波を探知し逆探知もなしに現地へ直行できる。光速巡航中は人間の目は役に立たないため、障害物の検知はレーダーで行い、パタリロがよくやる窓をぶち破っての突入はこれが大いに役に立つ。ただし当初コンピュータに「目標地点に窓がない場合は回避する」ことを覚えさせてなかったため、壁に激突したことがある。 5. また、光速巡航中の機体は保護バリヤーによる大気中の原子の崩壊に伴う発光現象で、強い光を放つ。反重力機構の制御により、建造物を丸ごと持ち上げたり重力圏を脱出することも可能。特殊な繊維で作られているため、洗濯した後乾きにくいらしい。ある事件の際、機体が金に変質してしまったことがある。 6. なお後継機に「銀星号」(ぎんせいごう)が存在し、流星号より速い速度での飛行が可能である。...

    作中には数多くの組織が登場したが、この内、複数巻に渡って登場した組織を紹介する。 MI6 1. 現実のMI6については、MI6を参照。登場人物の一人であるバンコランが所属しているため、頻繁に登場する。 2. 実在するイギリスのMI6とほぼ同じ組織であるが、スパイ小説・映画の007シリーズの影響を多分に受けており、世界の治安を守る正義のヒーロー集団のような扱いになっている。ただし、バンコラン以外のスパイはほとんどは名無しのモブキャラでしか登場しない。本作では諜報機関というよりも国際犯罪者を追う国際警察のような組織に描写されることが多い。 3. 初期のエピソードでバンコランが登場する時は「国際犯罪結社に狙われるパタリロのボディガードをMI6が担当する」という導入が多数使われており、バンコランが登場する回の多くでMI6の任務が背景に存在していた。 国際ダイヤモンド輸出機構 1. 最初に登場した悪の組織。『墓に咲くバラ』(作品番号2)で初登場。世界中のダイヤモンド市場を一手に握り、ダイヤモンドの販売網を独占していた。ダイヤモンドの資源メジャーであるデビアスをイメージモデルにしているようでもあるが、作中での描写は007シリーズの敵組織「スペクター」を彷彿とさせる(失敗者の処分方法、最高幹部達が互いにナンバーで呼び合う設定、「ナンバー1」と呼ばれるトップが猫を膝に抱く姿などが酷似)。 2. パタリロが即位して最初に行った事がこの組織からの脱退だった(業界団体であった事から止むを得ず加盟していたが、機関運営の不透明ぶりに嫌気が差し、父である前王に脱退を勧めていた)。市場の独占を図りたい機構は幾人もの刺客をパタリロに送り込んだが、バンコランの活躍で失敗に終わっている。マライヒやバットもかつては機構に所属する暗殺者だった。 3. 『パタリロより愛をこめて』(作品番号7)でバンコランと手を結んだマライヒの証言により解体された。そのため実際に組織が作中に登場した期間は少なく、決着の仕方もあっけないものとなっているが、アニメ版では国際ダイヤモンド輸出機構を最終話までの一貫したライバルとして描いている。また、レギュラーキャラクターであるマライヒが過去に属していた組織ということがあって、その後も「ダイヤモンド輸出機構時代の関係者」がマライヒと絡むようなエピソードが数多く描かれた。 タラン...

    『パタリロ!』には、舞台を江戸時代に移した時代劇編のエピソードがいくらか存在する。時代劇編では本編のレギュラーキャラクターが別の役柄を与えられて活躍する。与えられる役柄は多くの場合はパタリロが「呉服問屋越後屋の主人・波多利郎」で、タマネギ部隊が「越後屋の番頭、丁稚」、バンコランが「南町奉行・邪鬼遊稚児丞万古蘭」である。ただし、これら以外の役柄が与えられることも多々ある。どのような役柄が与えられてもキャラクターの性格設定については本編とほとんど変化はない。テレビアニメ版では時代劇編のみアニメ化されていない(オープニングに猫間天狗が登場するのみ)。

    いわゆる封印作品として欠番となったエピソードが存在する。 マリネラの吸血鬼 1. 単行本第4巻の第15刷まで作品番号12番として収録されていたエピソード。 2. この作品はレギュラーキャラクターであるタマネギ部隊が初登場する作品であるが、第16刷以降、魔夜の別作品に差し替えられた。このことについて白泉社や魔夜からの公式な説明は長らくなかった。このため欠番になった理由について「作中に差別用語が使用されていた」、「ナチスをネタにした場面が問題視された」などの憶測があったが、2011年2月6日に開かれたトークショーにて魔夜本人が「当該エピソードはアガサ・クリスティの短編『ラジオ』を下敷きにしているため、どこかの大学のミステリ研究会から著作権侵害で訴えると言われたため、編集長と相談して欠番にした」と述べている。 3. なおアニメでは差別用語と思しきものをカットしたり、ストーリー展開を一部改変した状態で放送されている。 4. 第16刷以降では第4巻に収録されていた作品番号13番以降の番号が1つずつ繰り上がり、さらに元々作品番号をつけずに発表されたエピソード「スターダスト」に新たに番号を割り振ることで帳尻合わせが行われ、「マリネラの吸血鬼」は闇に葬られた状態になった。そのため、現在の単行本ではタマネギ部隊は何の説明もなく唐突に登場することとなった他、後エピソードのギャグの幾つかが理解不能になっている。 5. 文庫版第50巻において、クリスティー社の承諾を経て再録されることが決定。外された経緯も書下ろしにて説明されている。再録に当たり、作中の差別用語(「きちがい」→「ノイローゼ」)やナチスの描写(ハーケンクロイツ→鉄十字)は修正された。

    『パタリロ!』に登場するキャラクターたちをモデルに、全く異なる設定と舞台で描かれた作品。キャラクターの性格には改変がされているものもある。 家政夫パタリロ!シリーズ 1. パタリロを借金返済のために働く家政夫・越後屋波多利郎(えちごやぱたりろう)として設定、その派遣先でのドタバタギャグを描いた作品。「家政夫パタリロ!」、「奥様はパタリロ!」、「ビストロ温泉パタリロ!」、「出もどり家政夫パタリロ!」、「仁義なき家政夫パタリロ!」の5作が発表された。1作品で単行本1冊分、合計5冊が出版された。 パタリロ西遊記! 1. 西遊記を基にした外伝的作品。単行本は本編全8巻と外伝1冊の計9冊が出版され、アニメ化もされた。 パタリロ源氏物語! 1. 源氏物語を基にした外伝的作品。単行本は全5巻。光源氏(バンコラン)を主役にし、オリジナルキャラクターである陰陽師・波多利郎(パタリロ)を狂言回しに配置している。 スーパーキャット 1. ホーム社のホームページに連載されていたWebマンガ。主人公のスーパーキャットが助手のベカチュー(ベーカー・ストリート・チューチュー・イレギュラーズ)とともに事件を解決していくストーリー。単行本は全1巻。パタリロ本人は登場していない。 パパ!?パタリロ! 1. ある日、見知らぬ町の見知らぬ部屋で目覚めたパタリロ。なぜここにいるのか全く思い出せず困惑していると母エトランジュから弟だという赤ん坊を託される。パタリロは赤ん坊の世話をしつつなぜここにいるのか、どうすれば戻ることができるのか考えをめぐらせることになる。単行本は全1巻。 2. 他の番外作品と異なり、主人公は『パタリロ!』本編と同一人物。

    1982年にはフジテレビでテレビアニメ化もなされた(後期は『ぼくパタリロ!』と改題。詳細は後述)。製作は東映動画(現 東映アニメーション)。 テレビシリーズ終了後の1983年7月には、劇場用アニメーション作品が製作・公開された(詳細は後述)。 2003年12月、2004年2月にはハピネット・ピクチャーズから、テレビアニメ全49話がDVDソフトとして発売され、また2005年12月には東映ビデオから劇場用作品のDVDソフトが発売された。 アニメ関係のアルバム以外に、さくまあきらや新田一郎が中心となり、原作をなぞって作成したアルバムがある。

    同名タイトルのミュージカル作品が、2016年12月に紀伊國屋ホールにて上演。脚本は池田鉄洋、演出はコンドルズの小林顕作。 2018年3月より第2弾『舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★』上演(2018年3月15日 - 25日(天王洲 銀河劇場)、3月30日 - 4月1日(森ノ宮ピロティホール))。 キャスト 1. パタリロ - 加藤諒 2. マライヒ - 佐奈宏紀 3. バンコラン - 青木玄徳 4. タマネギ部隊 - 細貝圭、金井成大、石田隼、吉本恒生、蒼木陣 5. 魔夜メンズ - 佐藤銀平、吉川純広、三上陽永、柴一平、香取直登※ 柴と香取は交互出演。 6. ビョルン&アンドレセン - 小林亮太(二役) 7. ロビー少尉 - 三津谷亮 スタッフ 1. 原作:「パタリロ!」魔夜峰央 2. 脚本:池田鉄洋 3. 演出:小林顕作 4. 企画・制作:ネルケプランニング 5. 主催:ネルケプランニング/キューブ 6. 協力:一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会

    2018年3月15日、東京・天王洲銀河劇場にて行われた『舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★』の初日会見において、実写映画化が発表された。舞台版と同じメインキャスト、スタッフにより製作された。当初は2018年秋に公開予定だったが出演者の青木玄徳が不祥事を起こしたため公開延期。その後2019年6月28日から全国順次公開された。

  5. 魚竜 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/魚竜
    • 特徴
    • 発見の歴史
    • 進化の歴史
    • 主な魚竜
    • 参考文献

    魚竜の体長は平均2 - 4メートルだが、これよりも小型のものも大型のものも存在する。ネズミイルカに似た頭部を持ち、長くて歯のある吻を持つ。ただしパラオフタルモサウルスのように歯を持たない魚竜もいる。尾びれは大きくて上下に広がり、ひれによる推進力を制御するのに使われていた。 肺呼吸をするために海面に浮上する。胎生であり、実際に胎児を持つ化石や出産中に死亡した化石が発見されているが、胎生であることはこれらの化石の発見前から予想されていた。肺呼吸をする海棲生物が卵を産む場合には、海亀やエラブウミヘビ科のウミヘビのように陸に上がらなければならず、そうでなければ海面で幼体を産む必要がある。マグロのように高速遊泳に適した体つきをしており、また現生のクジラのように、深海にも潜った(藻谷亮介, 2000による)と推測される。魚竜の最効率速度は毎秒1.5メートル(時速5 - 6キロメートル前後)(藻谷亮介, 2002による)と推定される。あくまで最効率速度であってこれは現生のマグロ類とほぼ同等である。 体重は、体長2.4メートルのステノプテリギウスがおよそ163 - 168キログラム、4.0メートルの Ophthalmosaurus icenicusの場合には930 - 950キログラムになったと推測されている(藻谷亮介による)。 魚竜は魚ではないが、魚に似ている。古生物学者のスティーヴン・ジェイ・グールドは、魚竜は平行進化を説明するのによい例だと述べている。この群においては、構造の類似は相似であり相同ではないからである。なぜならこのグループは 1. 「適切な場所に適切な水理学的設計を持つ背びれと尾を現実に進化させたという点で、あまりに魚に収斂している。これらの構造は何かから進化したわけではないので、なおさら注目に値する。つまり、祖先である地球上の爬虫類は、これらの前身となるような背中のこぶ、あるいは尾部のひれを持っていなかった。」 実際、イクチオサウルスの最も初期の復元では硬い骨格の構造を持たない背びれの存在は見逃されて省略された。その後の1890年代にドイツのホルツマーデンのラーガーシュテッテから回収された非常に良好な保存状態の標本がひれの跡を明らかにした。 餌については、多くの魚竜がベレムナイトと呼ばれる頭足類に極度に依存していた。一部の初期のイクチオサウルスは甲殻類を砕...

    魚竜の化石は、ウェールズから出た化石の断片を元に1699年に記載された。最初の化石化した脊椎は、1708年に2度公表され、世界的な洪水の明らかな証拠と言われた。初めての完全なイクチオサウルスの化石は、1811年にメアリー・アニングによって現在ジュラシック海岸と呼ばれる場所に沿った英国南部の町、ライム・リージスで発見された。 1905年、アニー・アレグサンダーの出資により、カリフォルニア大学のジョン・C・メリアム率いる恐竜発掘遠征が、ネバダ州中部から25の標本を見つけた。その地域は三畳紀には浅い海だった。標本の一部は今、カリフォルニア大学古生物学博物館に収蔵されている。他の標本は岩に埋め込まれており、ネバダ州ナイ郡のベルリン・イクチオサウルス州公園で見ることができる。 1977年には三畳紀の魚竜であるショニサウルスがネバダの州の化石になった。17メートルにもなるショニサウルスの完全な骨格を所有しているのはネバダ州のみである。1992年にカナダの魚類学者エリザベス・ニコルス博士(ロイヤル・ティレル博物館の海洋爬虫類の学芸員)は、史上最大(長さ23メートル)の化石標本を発見した。

    三畳紀

    最も初期の魚竜は、カナダ、中国、日本およびノルウェースピッツベルゲン島の、初期および初中期(オレニョク期とアニス期)の三畳紀層から産出する。これらの原始的形式はチャオフサウルス、グリッピアおよびウタツサウルスを含んでいた。これらの非常に初期の原魚竜は、現在では魚竜目ではなく魚竜形類(Ichthyopterygia)に分類されるが(藻谷 1997, 藻谷 et al. 1998)、これらは三畳紀初期の終わりから三畳紀中期の始まり頃には、真の意味での魚竜へと急速に進化した。また初期の魚竜形類の出現は、三畳紀初期の海中が既に大型捕食者を支えられる程に丈夫だったことを示唆している。そうした生態系に支えられた結果、タラットアルコンのように頂点捕食者のニッチへ収まるものもいた。 魚竜は様々な形態へ変化したが、それにはウミヘビ科に似たキンボスポンディルスのようなものや、ミクソサウルスのようなより小さくより基盤的なものを含んでいる。三畳紀晩期までには、魚竜は古典的なシャスタサウルス、および、より進化しイルカに類似した Euichthyosauria(Californosaurus、Toretoc...

    ジュラ紀

    ジュラ紀初期は三畳紀晩期と同様に魚竜の全盛期であり、それらは全長1 - 10メートルまでの幅をもつ4科および様々な種によって代表される。その属は、ユーリノサウルス、イクチオサウルス、レプトネクテス、ステノプテリギウス、テムノドントサウルス、ならびにノリアン期の先祖からほぼ変わらず原始的な姿を保ったスエヴォレヴィアタン(英語版)である。これらの動物はすべて流線型でイルカに類似していたが、より原始的な魚竜は、引き締まった体をしたステノプテリギウスなどに比べて長い体をしていた。 魚竜はジュラ紀中期においても繁栄し、オフタルモサウルス科が出現することとなった。彼らの目は巨大だったので、薄暗い深い水の中で餌を探していた可能性が高い。オフタルモサウルス科の魚竜の中にはプラティプテリギウスなど白亜紀でも存続する属が複数存在している。

    白亜紀

    前期白亜紀も幾つもの属が存続していた魚竜だが、後期白亜紀を迎えて間もなく、全てが絶滅した 。魚竜の絶滅は二段階に分けて進行したとされる。複数のニッチにまたがっていた魚竜のうち、まずジェネラリスト捕食者のグループと柔らかい獲物を捕食するグループが絶滅し、頂点捕食者のグループだけが生き残った。おそらく特殊化していなかったであろう生き残った頂点捕食者を襲ったのは、海面上昇による酸素極小帯の拡大に伴う大規模な海洋無酸素事変であった。海洋無酸素事変が複数回発生して海洋生態系が大きなダメージを受け、これが後期白亜紀序盤の魚竜の衰退と絶滅を招いたとされる(セノマニアン・チューロニアン境界事変(英語版))。

    三畳紀

    1. ウタツサウルス 2. キンボスポンディルス 3. シャスタサウルス 4. ショニサウルス 5. チャオフサウルス(英語版)

    ジュラ紀

    1. イクチオサウルス 2. エクスカリボサウルス 3. オフタルモサウルス 4. ステノプテリギウス 5. テムノドントサウルス 6. ブラキプテリギウス 7. ユーリノサウルス

    白亜紀

    1. アカンプトネクテス 2. アサバスカサウルス 3. スヴェルトネクテス 4. プラティプテリギウス

    『小学館の図鑑NEO恐竜』、2002年、156-157頁
    土屋健『サメ帝国の逆襲 海洋生命5億年史』田中源吾、冨田武照、小西卓哉、田中嘉寛(監修)、文藝春秋、2018年。ISBN 978-4-16-390874-8。
  6. イワシ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/鰮
    • 概要
    • 分類
    • 特徴
    • 名称
    • 利用
    • 広義のイワシ
    • 文化
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    日本で「イワシ」といえば、ニシン科のマイワシとウルメイワシ、カタクチイワシ科のカタクチイワシ計3種を指し、世界的な話題ではこれらの近縁種を指す。ただし、他にも名前に「イワシ」とついた魚は数多い。古くは女房言葉で「むらさき」とも呼ばれる。 日本を含む世界各地で漁獲され、食用や飼料・肥料などに利用される。

    日本のイワシ

    1. ニシン亜目 Clupeoidei 1.1. ニシン科 Clupeidae 1.1.1. ニシン亜科 Clupeinae 1.1.1.1. マイワシ属 Sardinops 1.1.1.1.1. マイワシ Sardinops melanostictus 1.1.2. ウルメイワシ亜科 Dussumieriinae 1.1.2.1. ウルメイワシ属 Etrumeus 1.1.2.1.1. ウルメイワシ Etrumeus teres 1.2. カタクチイワシ科 Engraulidae 1.2.1. カタクチイワシ亜科 Engraulinae 1.2.1.1. カタクチイワシ属 Engraulis 1.2.1.1.1. カタクチイワシ Engraulis japonica 日本の漁獲について言う場合は、この3種を狭義の「イワシ」として扱う。

    世界のイワシ

    しばしば、マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシの近縁種がイワシに含められる。マイワシ属、ウルメイワシ属、カタクチイワシ属および、マイワシ属と合わせてマイワシ類とされるサルディナ属を加えた4属の種を以下に挙げる。これらは商品として流通する場合においては「マイワシ」「ウルメイワシ」「カタクチイワシ」として扱われることが多い。 種の分け方には諸説ある(たとえばマイワシ属に1–2種しか認めないなど)が、ITISによった。 1. マイワシ属 Sardinops 1.1. マイワシ (Japanese pilchard) Sardinops melanostictus 1.2. オーストラリアマイワシ (Australian pilchard) Sardinops neopilchardus 1.3. ミナミアフリカマイワシ (southern African pilchard) Sardinops ocellatus 1.4. カリフォルニアマイワシ (South American pilchard) Sardinops sagax (Sardinops caeruleus) 2. サル...

    英語での分類

    マイワシ類、カタクチイワシ類は世界的に重要な魚である(ウルメイワシ類の重要性はやや下がる)が、これらを総称する言葉は日本語以外ではあまり見られない。 英語では、マイワシ類はニシン亜科の数属の小魚と合わせてサーディン sardine と呼ぶ。サーディンは通常「イワシ」と訳されるが、ママカリなども含む。 カタクチイワシ類は、カタクチイワシ科全体をアンチョビ anchovy と呼ぶ。アンチョビは通常「カタクチイワシ」と訳されるが、エツなども含む。 ウルメイワシはラウンドヘリング round herring と呼ぶ。なお、単なるヘリングherring はニシン属のことである。

    海水魚で、沿岸性の回遊魚である。遊泳能力が高く、群れで行動する。全長は成魚で10cm–30cmほどである プランクトン食で、微小な歯がある。体は細長く、断面は円筒形ないしやや側扁(縦長)。背が青く、腹が白い。赤身の青魚である。鱗が剥がれやすい。

    「イワシ」の語源については各説ある。陸に揚げるとすぐに弱って腐りやすい魚であることから「よわし」から変化したとの説(漢字の「鰯」がこれに由来したとする)のほか、「賎し」や貴族の食べ物ではない卑しい魚という意味で「いやし」に由来するとの説など諸説ある。 藤原京、平城京出土の木簡には「伊委之」、「伊和志」の文字があり、鰯(日本で作られた漢字、国字)の最も古い使用例は、長屋王(684年?〜729年)邸宅跡から出土した木簡である。 イワシを意味する漢字の「鰯」は国字であるが、中国で使用されることもある。中国語でイワシはおもに「鰮魚」もしくは英語の sardine を音訳した「沙丁魚」「撒丁魚」などと表記される。その他、ロシア語のイヴァシー (иваси) も日本語からの借用である。

    食用

    イワシは、海に隣接する領域をもつほとんどの文化において主要な蛋白源の一つである。日本では刺身、にぎり寿司、塩焼き、フライ、天ぷら、酢の物、煮付けなどにして食用とする[注 1]。稚魚や幼魚はちりめんじゃこ(しらす干し)、釜あげ(釜あげしらす)や煮干しの材料になる。欧米でも塩焼き、酢漬け、油漬け、缶詰(アンチョビ)などで食用にされる。水揚げ後は傷みやすいので、干物各種・缶詰・つみれなどの加工品として流通することが多く、さしみ、寿司など生食される日本の食べ方は驚かれる。 栄養面では、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸を豊富に含む。CoQ10も含まれる。その一方でプリン体も多量に含むため、高尿酸血症(痛風)の患者やその傾向にある者は摂取を控えるように言われることもある。

    食用以外

    食用以外にも魚油の採取、養殖魚や家畜の飼料、肥料などの用途がある。かつては魚油や肥料用途が主で「食スルハ千分ノ一ナリ」という(言海)。

    和名に「イワシ」と付く魚はマイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシ以外にも多い。さまざまな小魚の海水魚に名づけられており、生態や特徴などには共通点は薄い。日本以外の言語圏ではイワシの仲間とはみなされていない。 トウゴロウイワシやカライワシなどはイワシに似た沿岸魚だが、オキイワシは外洋を遊泳する大型魚、イトヒキイワシ・ハダカイワシ・セキトリイワシなどは深海魚である。 なお、以下で「全種」とあるのは、一般的な和名がついている種のほぼ全て、ということである。 1. ニシン目 1.1. ニシン科 Clupeidae - ウルメイワシ、ギンイワシ、オグロイワシ、マイワシなど 1.2. カタクチイワシ科 Engraulidae - インドアイノコイワシ、オオイワシ、カタクチイワシ、ギンオビイワシ、タイワンアイノコイワシ、トガリイワシなど 1.3. オキイワシ科 Chirocentridae - オキイワシ 2. カライワシ目 2.1. カライワシ科 Elopidae - カライワシなど 3. ソトイワシ目 3.1. ソトイワシ科 Albulidae - ソトイワシなど 4. コイ目 4.1. コイ科 Cyprinidae - カワイワシ、トゲカワイワシ(全種) 5. トウゴロウイワシ目 5.1. トウゴロウイワシ科 Atherinidae - ギンイソイワシ、トウゴロウイワシ、ムギイワシ、ヤクシマイワシなど 6. ニギス目 6.1. セキトリイワシ科 Alepocephalidae - ウケグチイワシ、オニイワシ、クログチイワシ、セキトリイワシ、ソコノコギリイワシ、ツブイワシ、ナメライワシ、ハゲイワシ、ヒレナガイワシなど (全種) 6.2. ソコイワシ科 Bathylagidae - ギンソコイワシ、クロソコイワシ、ソコイワシ、トガリイチモンジイワシ、ネッタイソコイワシ、ヤセソコイワシなど (全種) 6.3. ニギス科 Argentinidae - イチモンジイワシ 6.4. ハナメイワシ科 Platytroctidae - カンタイハナメイワシ、コノハイワシ、ネッタイハナメイワシ、ハナメイワシ、マウルイワシなど (全種) 6.5. ミクロストマ科 Microstomatidae - ギンサケイワシ、クロサケイワシ(全種) 7. ハダカイワシ目 7.1. ソトオリイワシ科...

    鬼は七輪で鰯を焼く煙と臭気を恐れるといい、西日本には節分に鰯の焼き魚を食べる「節分いわし」の風習がある。焼いたイワシの頭はヒイラギの枝とともに「柊鰯」の飾り物にして、門口に掲げておく。また、「鰯の頭も信心から」(つまらないものでも、信仰の対象となれば有り難いと思われるようになるというたとえ。)ということわざがあり、これはかるたの一枚となっている。
    スペインの謝肉祭では、灰の水曜日に「鰯の埋葬(Entierro de la sardina)」と呼ばれる行事が行われる。いわれに関しては諸説あり、マドリードではもともと豚の肉(サルディーナ)をカーニバル男に見立てて葬っていたが、名前にひかれて鰯(サルディーナ)を穴に埋めるようになった。現在、マドリードでは鰯の埋葬は廃れた行事となっているが、ムルシアなどスペイン各所で、さまざまな形で存続している。
    「赤鰯」は、本来は塩漬けやぬか漬けにしたものを干した赤茶けた鰯のことだが、手入れが悪く赤くさびた日本刀を嘲って赤鰯と呼ぶ。
    浅見忠彦「イワシ類の卵巣卵に關する研究」『日本水産学会誌』第19巻第4号、日本水産学会、1953年、 398-404頁、 doi:10.2331/suisan.19.398。
    大方洋二 ほか『日本の海水魚』岡村収 監修、山と渓谷社〈山渓カラー名鑑〉、1997年7月1日、3版。ISBN 4-635-09027-2。
    『魚』檜山義夫 監修、旺文社〈野外観察図鑑 4〉、1998年3月、改訂版。ISBN 4-01-072424-2。
    『イワシ』 - コトバンク
    サーディンペプチド - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所)
  7. 不飽和脂肪酸 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/不飽和脂肪酸
    • 性質
    • 生化学
    • 脂肪酸分子種
    • 関連項目

    不飽和脂肪酸は同じ炭素数の飽和脂肪酸に比べて、低い融点を示し不飽和結合の数が多いほど顕著である。とくに魚類など寒冷地に生息する変温動物にとって、不飽和脂肪酸の低い融点は生体構成脂質として有用と考えられる。さらに、魚類は多種多様な不飽和脂肪酸を利用している。 また、不飽和脂肪酸に二重結合が複数あるとき自動酸化されやすく油脂の酸敗や自然発火などの原因となっている。リノール酸で言えば11番の炭素原子は2つの二重結合に挟まれていて活性を持つ。さらに、リノレン酸は11番のみならず14番も同様に活性を持つ。逆にオレイン酸は二重結合が1つなので酸化されにくい。酸化によって脂肪酸分子の重合が進むと、高分子化して固化するが、オリーブ油は70 - 80%がオレイン酸であるため、他の植物油に比べると固化しにくい。 そして、不飽和脂肪酸が活性酸素と反応して生じる脂肪酸酸化物ラジカルは生体内で比較的長寿命であることから、DNAが活性酸素で切断される発癌機構に対しての寄与も示唆されている。 脂質過酸化反応とは、脂質の酸化的分解反応のことを言う[要出典][信頼性要検証]。フリーラジカルが細胞膜中の脂質から電子を奪い、結果として細胞に損傷を与える過程のことを言う。この過程は、フリーラジカルの連鎖反応のメカニズムによって進行する。生体機構は、フリーラジカルを捕獲することによって速やかにラジカル反応を停止させ、それゆえ脂質である細胞膜を保護し得る様々な抗酸化物質を生み出してきている。スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)、カタラーゼ、ペルオキシダーゼを含んだその他の抗酸化物質が生体内で作られている。 ビタミンEは、脂質過酸化反応によって生じたフリーラジカルを消失させることにより自らがビタミンEラジカルとなり、フリーラジカルによる脂質の連鎖的酸化を阻止する。発生したビタミンEラジカルは、ビタミンCなどの抗酸化物質によりビタミンEに再生される。 油脂に含まれる不飽和結合の割合はヨウ素価によって求めることができ、値によって乾性油・半乾性油・不乾性油に大別される。

    植物、微生物、ヒトを含めた動物の体内では、脂肪酸シンターゼによってアセチルCoAとマロニルCoAから直鎖の飽和脂肪酸が作られる。順次アセチルCoAが追加合成されるので原則脂肪酸は偶数の炭素数となる。体内で余剰の糖質、タンパク質等が存在するとアセチルCoAを経て、飽和脂肪酸の合成が進む。脂肪酸合成が炭素数18(ステアリン酸)に達すると、体内でステアロイルCoA 9-デサチュラーゼ(Δ9-脂肪酸デサチュラーゼ)によりステアリン酸のw9位に二重結合が生成されてω-9脂肪酸の一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸が生成される。例えば豚の体脂肪であるラードや牛の体脂肪であるヘットにはオレイン酸が全脂肪中50%近く含まれている。母乳の全脂肪中の1/3がオレイン酸で占められている。 このオレイン酸から、植物や微生物中で、ω6位に二重結合を作るΔ12-脂肪酸デサチュラーゼ によりオレイン酸の二重結合が一個増えてω-6脂肪酸であるリノール酸が生成され、ついでω3位に二重結合を作るΔ15-脂肪酸デサチュラーゼ によりリノール酸の二重結合が更に一個増えてω-3脂肪酸であるα-リノレン酸が生成される。ヒトを含めた動物の体内にはリノール酸もα-リノレン酸も作る酵素が存在しないので、これらの不飽和脂肪酸を必須脂肪酸として摂取しなければならない。 植物ないし菌類が不飽和脂肪酸を生合成する経路は大きく分けて、好気的経路 (aerobic route) と嫌気的経路 (anaerobic route) が知られている。好気的経路は植物などでよく見られる生合成経路であり、相当する炭素数の飽和脂肪酸から酵素的に不飽和脂肪酸が導かれる。この際、酵素は酸素の存在を必要とする。もう一つの嫌気的経路は嫌気性細菌などに見られる生合成経路で研究はあまり進んでいない。脂肪酸を生合成する過程で生成した二重結合が転位を受けて残存する経路が知られている(18:1 trans -11のバクセン酸)。 植物ないし菌類においてこのような生合成過程を受けるために、(特に好気的経路で生成した二重結合は)脂肪酸末端から同じ位置に二重結合を持つ脂肪酸(ω-3脂肪酸、ω-6脂肪酸、ω-9脂肪酸)が大半である。動物の体内では不飽和脂肪酸の更なる不飽和化を受けても二重結合から見てカルボン酸側に二重結合が順次生成されるので脂肪酸末端からの二重結...

    モノ不飽和脂肪酸

    単価不飽和脂肪酸(Monounsaturated fatty acid)。不飽和結合を1つ持つ脂肪酸を次に示す。

    ジ不飽和脂肪酸

    不飽和結合を2つ持つ脂肪酸を次に示す。

    トリ不飽和脂肪酸

    不飽和結合を3つ持つ脂肪酸を次に示す。

  8. ワックスエステル - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ワックスエステル

    ワックスエステル(Wax ester)とは、蝋(ワックス)の化学的な表記。 炭素数10から12以上の長鎖脂肪酸と、同じく8以上の脂肪族アルコールがエステル結合した、長い鎖状の分子構造を持つ [1]。 栄養学的な脂肪、つまり長鎖脂肪酸が3価アルコールのグリセリンにエス ...

  9. 肝油 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/肝油
    • 食品
    • 医薬品
    • 研究
    • 脚注

    日本では、明治17年(1884年)に初めて国産肝油Cod Liver Oilが伊藤千太郎商会(現在のワカサ)より発売された。この当時、肝油精製は完全な精製でなく肝油独特の臭気が残り、現在の様な甘味も含まれていない液体薬品であった。明治41年(1908年)、初代帝国大学医科大学薬物学教授であった高橋順太郎の創案した精製方法により純良で消化性の良い肝油の抽出が可能になり、三共薬品合資会社から発売された。肝油に糖分を加えたのは高橋氏改良肝油が初めてで、液体肝油シロップの原型が出来上がる。その後、1911年(明治44年)に、現在の河合製薬が成分を長期に安定化する技術を開発、ドロップ化に成功した。本来は液体のまま服用するが、ドロップに甘みをつけたことから爆発的に普及し、肝油=ドロップのイメージが固定化した。太平洋戦争後には、学校給食などの栄養補助として用いられた。 現在では、河合製薬のドロップ以外にも深海鮫の肝油カプセルなど、多くの会社から多様な製品が供給されている。なお、現在の河合製薬の肝油ドロップは、魚の油からではなく日本薬局方に添って作られたビタミン類を混ぜ合わせたビタミン剤である。河合製薬の製品にはカルシウム主体の物や、ビタミンC主体の物もある。

    医薬品の主な効能はとり目・くる病の予防、目の乾燥感の解消などがあげられる。 用法・用量を誤って服用した場合、ビタミンAの過剰摂取により急性中毒や慢性中毒を引き起こす可能性がある。この他に、下痢、腹痛、嘔吐、皮膚のかゆみなどが発症する場合があるが、一時的なもので自然に治る。

    アルキルグリセロール類には、血小板活性化因子の生産を促進させ、白血球、血小板を増加させる作用があることがわかっている。デンマークの研究では、子宮がん患者の放射線治療での副作用が軽減したことが報告されている。日本では、B型、C型慢性肝炎患者で自覚症状、肝機能指標の改善報告がある。 基礎研究では、肝臓がん、膀胱がんなどの血管新生を阻害することが認められた。しかし、がん患者での臨床試験では明白な有効性は確認されていない。

    ^ http://ndb.nal.usda.gov/
    ^ a b 蒲原聖可『サプリメント事典』(平凡社、2004)、pp.224-225
  10. 北陸新幹線 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/北陸新幹線

    北陸新幹線(ほくりくしんかんせん)は、上信越・北陸地方を経由して東京都と大阪市とを結ぶ計画の高速鉄道路線(新幹線)であり、整備新幹線5路線の一つである [1]。 2015年(平成27年)3月14日時点で、高崎駅 - 金沢駅間が開業している [2]。また、『鉄道要覧』 ...

  1. 深海魚油功效 相關
    廣告