Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 混打疫苗 相關
    廣告
  1. 副露 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/碰
    • チー
    • ポン
    • 大明槓
    • 関連のあるルール
    • 副露のメリット・デメリット
    • 関連項目

    手牌の中に搭子が存在する場合、上家(左側のプレイヤー)の打牌を取得して順子を完成させることができる。これをチーという。なお漢字表記は吃である。 チーの手順は次のとおり。 1. 上家の打牌の後、ワンテンポおいた後に「チー」と明瞭に発声する。 2. 手牌の中の該当する2枚の牌を公開し、打牌された牌とともに卓の右側に並べる(晒す)。 3. 手牌のうち任意の1枚を打牌する。 なお、どの牌をチーしたのかを明示するため、チーした牌を横向きにして晒す。 ポンとは異なり、上家の打牌に対してのみ可能であるという点に注意が必要である。また、三人麻雀ではチーはできない。 ある打牌に対して、ポンやカン(大明槓)の発声が同時に行われた場合は、ポンやカンを優先する。ただし、発声が早い者を優先するルールもある。ワンテンポおいた後に「チー」を発声するのはポンやカンの発声がないことを確認するためである。次の自摸順は必ず自分の番になるため、発声がワンテンポ遅れても他家が気づかずに自摸牌を取ってしまうことがない。 なお、手牌の別の4牌が暗槓できる状態である、または明刻子と同じ牌を手牌に持っていて加槓できる状態であっても、打牌してチーを完了するまでは暗槓・加槓を行うことはできない。 チーにより成立した順子(晒した3枚)を指す明順子(ミンシュンツ)という用語も一応存在するが、符計算においては暗順子との差異はなくいずれも符が付かないため、「明順子」という用語はあまり一般的でない。

    手牌の中に対子(同種の牌2枚)が存在し、他のプレイヤーがこれと同じ牌を打牌したとき、これら3枚の牌をひとつの刻子とすることができる。これをポンという。なお漢字表記は「碰」である。対(トイ)と言う場合もある。 1. 注:漢字表記で使われている文字は「碰」(石へんに並:数値文字参照碰)である。この文字はJIS X 0208に含まれていないが、JIS X 0213には含まれており、1-89-8の符号位置が与えられている。すべての日本語環境で表示できるわけではないので、記事中ではカタカナを用いている。 ポンの手順は次のとおり。 1. 他のプレイヤーの打牌の直後に「ポン」と明瞭に発声する。 2. 手牌の中の該当する2枚の牌を公開し、打牌された牌とともに卓の右側に並べる(晒す)。 3. 手牌のうち任意の1枚を打牌する。 なお、どのプレイヤーからポンを行ったのかを明示するため、晒した牌を次のように並べる(右図)。 1. 上家からポンした場合 左側の牌を横向きにする 2. 対面からポンした場合 中央の牌を横向きにする 3. 下家からポンした場合 右側の牌を横向きにする その後、自摸の順番はポンした人の次へ移動する。例えば、東家が捨てた牌を北家がポンすると次の自摸は東家になる。 チーと同様に、打牌してポンを完了するまでは暗槓・加槓を行うことはできない。 ポンにより成立した刻子(晒した3枚)は明刻子(ミンコーツ)と言い、符の計算においては、么九牌なら4符、中張牌なら2符とする(暗刻子の半分)。 なお、ポンされた牌と同種の牌の残り1枚をポンカスと言う。特に字牌のポンカスは国士無双以外に使い道がないので、安全牌となる場合が多い。

    手牌の中に刻子(同種の牌3枚)が存在し、他のプレイヤーがこれと同じ牌(4枚目の牌)を打牌したとき、これら4枚の牌をひとつの槓子とすることができる。これを大明槓(ダイミンカン)という。これも副露の一種である。 チーやポンと異なり、打牌の前に続けて暗槓・加槓を行うことができる。

    発声の優先順位

    あるプレイヤーの打牌に対し、チー・ポン・カン・ロンのいずれか2つ、または3つが同時に行われる場合がある。 この場合、発声のタイミングに明らかな差があれば、発声の早いほうを優先するのが一般的である。ただし、発声がほぼ同時の場合、優先順位は次の通りとする。 1. ロン 2. ポンまたはカン(ポンとカンが同時に行われることはあり得ない) 3. チー ただし、ルール上はポンまたはカンは打牌に対して即座に、チーはワンテンポ置いてから発声することになっており、いずれも切った者の下家が自模牌に触れるまでに発声されることが望ましい(自分の上家が切った牌については、必ず自分が自模牌に触れるまでに発声しなければならない)。ワンテンポ置いたチーに遅れて発声を行ったポンを遅ポンとして、その優先権を認めない団体や雀荘もある。 なお、同時発声の優先順位により無効とされたチーが空チーとしてペナルティの対象にされることはない。発声遅れで優先権を失ったポン(遅ポン)に関しては、空ポンとしてペナルティ対象にすることがある。

    食い替え

    手のうちで完成している面子をわざと崩して一部を副露し、同巡に残りの牌を打牌することを食い替えという。食い替えにはポン・チーした牌と打牌が同一である同一牌食い替えと、チーした牌と打牌が両面待ちの筋を構成する筋食い替えがある。 (例1) 手牌の中に345という順子があり、6をチーして3を切る。 (例2) 手牌の中に333という刻子があり、3をポンして3を切る。 6をチーした時に3以外の牌を打牌し、次巡以降に3を切るのは筋食い替えではない。また手牌の中に234567という2組の順子があり、8をチーして2を打牌し、345と678の2組の順子に組み替えるような場合は筋を直接構成しないため筋食い替えではない。 食い替えをする理由として、主に次のような場合が考えられる。 1. 断么九、混全帯么九、三色同順、一気通貫などの役を作るため 2. 誰かが立直をかけ一発を消したいが、既に聴牌しているなどの理由で面子を崩すしかない場合 3. 大三元で三元牌を2副露しており3種類目を暗刻で持っていたが、3種類目の残り1牌を切ってきた他家を包に陥れるため(大四喜のときもほぼ同様) 4. ツモが良くないなどの理...

    その他

    副露ができる場合でも、副露するかしないかは自由である。 一旦チー・ポン・カン(大明槓だけでなく、暗槓・加槓も含む)で晒した牌(面子)は、他の手牌から完全に独立した面子となり、その局が終了するまで打牌することができない。 河底牌は副露できない(チー・ポン・大明槓いずれも不可)。

    メリット

    1. 他家の打牌を取得することにより、手を確実に早く進めることができる(大明槓を除く)。 2. 他家の一発を消滅させることができる。 3. 対面または下家からのポンまたは大明槓の場合、上家(下家からの場合は対面も)のツモ番を飛ばすことができる。

    デメリット

    副露することによって上のようなメリットは得られるものの、以下のようなデメリットもある。 1. 面子を公開することにより、狙いを他家に読まれやすくなる。 2. 副露した牌は打牌できないため、打牌の選択肢が狭くなる(手の自由度が減少する)。 3. 立直をかける権利を失う。 4. 門前の場合に比べて、和了ったときの点数が低くなる場合が多い。(下記参照) 5. 対面または下家からのポンまたは大明槓の場合、下家(対面からの場合は対面も)のツモ番が早くなる。 6. 大明槓に関してはチー・ポンのように確実に手を進めるというメリットを持たず、そのほかにもデメリットが大きい。特に門前で大明槓をすべきケースは皆無に近い(詳細は槓を参照)。

    役の消滅

    副露して作ることの可能な役と、副露すると消滅する役がある。立直、一発、平和、一盃口、二盃口、四暗刻、九蓮宝燈などは鳴くと役が消滅する。暗槓は広義の副露には含まれるが、一般に役は消滅しない。ただし例外として九蓮宝燈は暗槓でも消滅する。 このうち一発の消滅については、立直をかけた本人以外のプレイヤーの副露によって役が消滅する点において、他の役の消滅(本人の副露によって役が消滅するもの)とは性質を異にする。そのため、立直がかけられた場合に一発の成立を妨害するためだけに副露がなされることもある。これを一発消しと言う。なお、地和・九種九牌・ダブル立直も一発と同様に他家の鳴きが入る事によって不成立になるが、こちらは事前察知出来るようなものではないため、これらを阻止するために鳴く事はまず無い。 タンヤオについては、鳴いても作ることが出来るルール(食い断あり)と、鳴くと消滅するルール(食い断なし)とがあり、食い断なしのルールは特に関西方面で多く採用される。オンライン麻雀では食い断アリとナシで卓やロビーが分かれており、選択して入室出来るようになっているシステムがほとんどである。

  2. 和了 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/三家和
    • 和了の条件
    • 和了形
    • 和了の方法
    • 自摸和
    • 栄和
    • 頭ハネ・ダブロン・三家和
    • 和了に関連する用語
    • 関連項目

    日本式の一般的なルール体系においては、次の2つの条件を満たした時に和了が認められる。 1. 手牌の構成が所定のパターン(和了形)に該当する 2. 何らかの役が成立している(一飜縛り) ただし、和了はプレイヤー自身の宣言によって初めて成立するものであり、条件を満たしている場合でも、必ず和了(宣言)しなければならないわけではない。状況によってはあえて和了をせず(見逃し)、プレーを続行することも可能である。 また、ロンアガリの場合には 1. 振聴でない という条件が追加される。

    和了形には次の3種類がある。 一般的な和了形 1. 雀頭と4組の面子が含まれる形。4面子1雀頭と呼ばれる最も典型的な和了形である。 2. (メンツ手の和了形。和了役はタンヤオ) 七対子の和了形 1. 7組の対子が含まれる形。なお、同種の牌4枚は2組の対子として扱わないのが一般的である。詳細は七対子を参照。 2. (七対子の和了形) 国士無双の和了形 1. 13種類の么九牌各1枚ずつと、さらにいずれかの么九牌1枚が含まれる形。詳細は国士無双を参照。 2. (国士無双の和了形) また、上記に含まれない特殊な和了として流し満貫や十三不塔がある。なお十三不塔は、その歴史的経緯から国士無双の流れを汲む和了形と解釈できる。詳細は各項目を参照。なお副露や暗槓は面子を確定させる行為であるため、これらをしている状況では七対子や国士無双を狙うことはできない。

    和了の直前の段階において、手牌は必ず和了形より1枚少ない状態になっている(天和の場合は例外)。この状態を聴牌(テンパイ)と言う。聴牌の状態から和了形を完成させるために必要な牌を和了牌と言う。なお、和了牌は1種類であるとは限らない(詳細は聴牌を参照)。 和了するためには、テンパイの状態から、何らかの方法により和了牌を取得する必要がある。 和了の方法には、主に次の2種類がある。 自摸和(ツモあがり) 1. 和了牌を自摸(ツモ)し、和了を宣言すること。詳細は後述。 栄和(ロンあがり) 1. 他のプレイヤーが和了牌を打牌したとき、これに対して和了を宣言すること。詳細は後述。 稀に次のような方法で和了することもある。 嶺上開花(リンシャンカイホウ) 1. 槓を行った後に嶺上牌を取得して和了すること。ツモ和了として扱われることが多い。詳細は嶺上開花を参照。 槍槓(チャンカン) 1. 他のプレイヤーが和了牌を加槓しようとするとき、これを妨げて和了すること。ロン和了の一種として扱われる。詳細は槍槓を参照。 天和(テンホー) 1. 配牌の段階で和了形が完成している状態。親の場合しか起こらない。厳密には鳴きが一切ない親の第1ツモ牌(天牌)でツモ和了する役なので、ツモ和了の一種と見ることもできる。詳細は天和を参照。

    自摸により和了牌を取得して和了することを自摸和(ツモホー)、摸和(モーホー)という。一般的には「ツモ和了」「ツモあがり」または単に「ツモ」と呼ばれる。 具体的な手順は次のとおり。 1. 和了牌を自摸した直後に「ツモ」と明瞭に発声し、和了牌を表向きに開示する。 2. 残る聴牌形の手牌を公開する。 3. リーチをかけている場合、ドラ指標牌とともに裏ドラ指標牌を公開する。 4. 得点を申告し、他のプレイヤー3人から支払いを受ける。 なお、手牌を公開する際、和了牌を他の手牌の中に混ぜてはいけない。仮に和了牌を混ぜてしまい、手牌の中のどの牌が和了牌だったのか分からなくなってしまった場合、和了形が平和の形になっていても、平和の計上は認められない。また、符計算においても、嵌張待ちや単騎待ちによる2符の計上を認められない。これらイレギュラーな和了り方をした場合、高点法を逆に適用する形で、得点が最も低くなるように点数計算されることになる。無論、手順が自動化されているネット麻雀ではこのようなことは起こらない。

    自分の和了牌が他のプレイヤーによって打牌された時(河に捨てられた時)、これに対して和了を宣言することができる。このような方法による和了を栄和(ロンホー)と言う。一般的には「ロン和了」「ロンあがり」または単に「ロン」と呼ばれる。俗に「出上がり」「直撃」「直取り」とも。 具体的な手順は次のとおり。 1. 自分の和了牌が他のプレイヤーによって打牌された時、その次のプレイヤーがツモ山に触れるまでに「ロン」と明瞭に発声する。 2. 手牌を公開する。このとき、和了牌は捨てられた場所(河)に置いたままとする。 3. 得点を申告し、和了牌を打牌(放銃)したプレイヤーから支払いを受ける。 ロンの発声猶予は次のプレイヤーがツモ山に触れるまでであるが、これはポンの発声猶予と同じである。稀に、ある打牌に対してポンとロンが同時に宣言されることがあるが、その場合基本的にはポンではなくロンが優先される。ただし、ロンの発声が明らかに遅かった場合、見逃しの意図を翻意してロンを宣言したと見なされて、ロン和了を認められない場合がある。そのようなロンの宣言は「遅ロン」(ちろん)と呼ばれ、ルール違反ではないもののマナー違反と見なされる。なお、一部のプロ団体では、遅ロンを明確なルール違反として禁止している。

    頭跳ね

    あるプレイヤーの打牌に対し複数のプレイヤーが同時にロンを宣言した場合、打牌したプレイヤーから反時計まわりで最も近いプレイヤー(ツモ番が最も早いプレイヤー)のみが和了できるルールである。これを「頭跳ね」(あたまはね)または「上家取り」(かみちゃどり)と言う。河に捨てられた牌は1つしかないため、取得できるプレイヤーも1人のみという理由に基づく。 例えば右図の例では、東家の捨てたに対し南家と西家がロンを宣言している。ダブロンを認めないルールの場合、西家は和了を認められず、南家のみが和了できる。

    二家和

    あるプレイヤーの打牌に対し、2名のプレイヤーが同時にロンを宣言することを「二家和」(リャンチャホー)または「ダブロン」と言う(ダブロンの語源はダブル・ロンから)。頭跳ねのルールを採用していない場合、両者とも和了を認められる。 右図では、を振り込んだ東家は南家に対し1000点(平和のみ)を、西家に対し12000点(タンピン三色ドラドラで跳満)を支払う。なお、保留リーチ棒があった場合は、上家取りの原則に従い上家に位置する者がすべての保留リーチ棒を取得する。右図の例では北家がリーチ棒を出しているが、これは南家の点箱の中に入ることになる。

    三家和

    あるプレイヤーの打牌に対し、3名のプレイヤーが同時にロンを宣言することを「三家和」(サンチャホー)または「トリプルロン」「トリロン」と言う。三家和はまれにしか発生しないが、発生した場合の取り決めには以下のように差がある。 1. 頭跳ねのルールに則り、放銃者の下家の和了のみを認める 2. 全員の和了を認めず、その局は点棒のやり取りナシの流局とする(三家和による流局) 3. 全員の和了を認める 右図は、西家の打ったに対し3人がロンを宣言した図である。五索のノーチャンスを頼りに切り出した最も安全そうな牌だったが、3軒リーチの3人から同時にロンの声が掛かった。 1. 1.の頭跳ねのルールでは、放銃者から最も近い位置にいる北家のみが和了を認められ、東家と南家は和了を認められない。西家の支出は北家への8000点だけで済む。 2. 2.の「三家和は流局」のルールでは、いずれの3人も和了を認められず、点棒のやり取りを一切伴わない流局となる。連荘とするか親流れとするかは取り決め次第であるが、連荘とする場合は次局は東1局1本場、親流れとする場合は次局は東2局1本場となる。 3. 3.のトリプルロンあ...

    放銃

    自分の打牌により他のプレイヤーがロン和了することを放銃(ほうじゅう、ホーチャン)と言う。放銃と振り込みは同義で、放銃することを「振り込む」「振る」「打つ」「打ち込む」などと言う。牌譜では、ロン牌の下に「ウチ」と表記して放銃を示す。放銃した場合、ロン和了した者に和了点を1人で全額支払うことになる。 なお、何らかの理由(親を流すなど)で意図的に放銃するような場合を、特に差し込みと言うことがある。

    安あがり

    点数の低い和了で局を終らせることを安あがりと言う。 主として、対戦相手のチャンスを潰すなど、守備的な戦術として用いられる。また、親が連荘を果たすためや、南家が親になるために行われる場合も多い。 子の30符1飜のツモ上がりが親500点/子300点 (ゴミ) の支払いになることから、安い手のことを総じて「ゴミ手」と言うこともある。また、役がひとつしか付いていない和了のことを「ノミ手」と言うこともある (リーチのみの手やタンヤオのみの手を、それぞれ「リーのみ」「タンのみ」と言うなど)。なお、ドラを含んでいる和了はノミ手・ゴミ手とは言わない。

    アガラス

    最終局において、4位のプレイヤーが自らの4位を確定させる和了をすることをラス確, アガラスと言う。あがってラス(4位)を確定することから、このように略される。 上の順位を目指す事を放棄した行為であると捉えられることがあるが、通算スコア等を気にする必要がある状況の場合、「高い手を狙ったまま和了出来ずダンラスのまま終わってスコアを著しく下げるよりは、4位は免れないものとして少しでも和了してスコアを取り戻しておこう」と考える事もあり得るため、一概に全く無意味な行為であるとは言えない。 同様に、3位のプレイヤーが自らの3位を確定させる和了をすることをアガサンと言う。これにも同義語として三確という言葉がある。ラス確と同様積極的なあがりではないとして三確の和了を忌避する人もいる。ただし、先述のスコアの兼ね合いの場合の他、2位以上と大きく差がついている一方で4位の者と接戦である場合は、最下位でないことを確定させる和了として一定の意味を持つ。特に天鳳では4位の場合のみ段位ポイントが減る仕組みになっているため、積極的に三確の和了が行われている。

  3. 中国麻雀 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/推不倒

    中国麻雀(ちゅうごくマージャン)とは中国で遊ばれている麻雀であり、中国語では麻将と呼ばれる。 日本においては中国麻将、ちゅんまなどと呼ばれることも多い。 日本と同様に様々なローカルルールが存在するが、ここでは中国政府認定の国際公式ルールについて解 ...

  4. コーマ糸 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/コーマ糸

    コーマ糸(コーマし、combed yarn)は、綿糸 紡績工程の混打綿、梳綿に続く精梳綿工程で繊維をくしけずり、短い繊維を徹底的に取り除いて、繊維の平行度をよくした糸。通常、40番手以上の細番手の綿糸はコーマ糸である [1]。 脚注

  5. 倉敷アイビースクエア - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/アイビースクエア
    • 概要
    • 周辺関連施設
    • 外部リンク

    当施設は、江戸幕府の代官所跡に、1889年(明治22年)に建設された倉敷紡績創業の旧工場で、1973年(昭和48年)に改修され、観光施設として再生された。倉敷紡績の関連会社 株式会社倉敷アイビースクエアが経営・管理し、現在も倉敷紡績の登記上の所在地である。場所は倉敷美観地区に含まれ、建物は2007年(平成19年)11月30日に経済産業省より「近代化産業遺産」に認定されている。

    駐車場 - 120台、宿泊者は1泊500円で利用可能。
    フローラルコート - 多目的ホール。
  6. アジアハイウェイ3号線 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/アジアハイウェイ3号線

    アジアハイウェイ3号線(アジアハイウェイ3ごうせん)は、アジアハイウェイ網の路線の一つで、総延長は7,331kmである。 ロシア鉄道およびアジアハイウェイ6号線の通過地のロシア連邦 ウラン・ウデを北の起点とし、南進する。 キャフタ付近でロシア連邦・モンゴル国 ...

  7. 海底 (麻雀) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/海底牌

    海底(ハイテイ)とは、麻雀において、局の最後に行われる摸打のことをいう。 海底におけるツモ牌を海底牌(ハイテイはい)といい、海底における打牌を河底牌(ホウテイはい)という。なお、海底という語は、局の最後を指す語であると同時に、海底摸月と河底撈魚の ...

  8. 洪七公 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/洪七公

    洪七公(こう しちこう、拼音: Hóng Qīgōng )は金庸の武俠小説『射鵰英雄伝』『神鵰剣俠』に登場する登場人物のひとり。 「天下五絶」(五大武術家)のひとりで「北丐」(ほくかい)、九指神丐(きゅうししんかい)の異名を持つ。 生涯 江湖の最大組織である丐幇 ...

  9. 東洋紡績伊勢工場 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/東洋紡績伊勢工場
    • 歴史
    • 建物
    • 参考文献

    資料によると第一次世界大戦後の世界恐慌勃発による不況下で東洋紡績の発祥地の三重県で積極的経営姿勢を実施する事とした。設備投資(工場新設政策の1つ)として宇治山田市(現在の三重県伊勢市)に精紡機24,000錘をもつ最新式の大工場として、1920年(大正9年)5月に山田工場を新築して、1922年(大正11年)に精紡機37048錘で創業したのが始まりである。紡績工場が開設された時期の1926年(大正15年)の調査では職員32人、工員3,082人(うち女性2,549人)、その他の従業員167人で、1年の生産額は6,978,040円であった。これは、2番目に大きかった綾部製糸度会工場(二俣町)の6.7倍という圧倒的な生産額である。戦前に漸次設備を増設して精紡機を61,708錘、織機を2,016台、撚糸機3,200台を保有したが、1945年(昭和20年)7月の宇治山田空襲で精紡機33708錘、織機1232台、撚糸機は全滅の被害を受けて、工場設備の大半を失った。ファンケル創業者の池森賢二の父は戦前期に東洋紡績山田工場で電気技師として勤務していたエピソードもある。 戦後東洋紡績伊勢工場は工場再建事業を行い、1950年(昭和25年)12月に紡績部門第一工場を復元して、精紡機69600錘、織機1364台、撚糸機12000錘の設備で操業を続けた。この頃、「若草楽団」と称する楽団が従業員によって結成されていた。1965年(昭和40年)時点で696人の従業員(うち女性541人)を抱え、ブロードなどシャツやブラウス生地を主力製品としていた。1967年(昭和42年)に入ってからは近代化・合織化を推進して旧設備の改造、新鋭機械の導入など工場設備投資や近代工場化を積極的に実施して、精紡機並びに織機など24時間連続のフル操業を実施して、純綿糸、エステル、混紡糸を紡績部門に導入して、その糸を織物とする紡績一貫工場となった。1972年(昭和47年)4月26日に工場名を東洋紡績山田工場から東洋紡績伊勢工場に改名した。東洋紡績社員向けの教育にも力を入れ、「東紡山田高等実務学校」と「東紡准看護婦養成所」を開設した。工場の敷地面積は15.3haであった。 工場操業時代の末期の1993年(平成5年)3月中には、5日間操業休止を行い、従業員に自宅待機が指示された。1996年(平成8年)の末には織布部門の操業を停...

    大正11年度の創業時に工場(昭和20年7月の宇治山田空襲で焼ける)とボイラー室のみであった。その後以下のように工場の設備投資を行った。
    大正13年度に事務室を増築。
    大正15年度に工場の南側にある混打綿室、粗紡室、精紡室、糊付室、スプラー室、織機室、研究室、社員食堂、売店を増築した。
    昭和25年度に空襲で焼失した土地(工場北側の位置)に現存する工場(混打綿室・粗紡室・巻糸室)が建設されてほぼ現存する工場群が誕生した。
    三重県近代化遺産(三重県教育委員会)
    伊勢市史
  10. 瞞天過海 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/瞞天過海

    瞞天過海(まんてんかかい)とは、中国の兵法書に挙げられる兵法の一つで、「天を 瞞 ( あざむ ) きて海を 過 ( わた ) る」と訓読し、何食わない顔で敵を騙す兵法・計略を指す。 唐の張士貴が、高句麗遠征(唐の高句麗出兵)の際、第二代皇帝・太宗が海を恐れ ...

  1. 混打疫苗 相關
    廣告