Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 当院ではやむを得ず疾病禁忌薬を使用する場合や未承認薬や適応外医薬品を使用する場合臨床研究を含むには未承認禁忌適応外医薬品等評価委員会に申請し使用の許可を得る必要があります

  2. 教育. 業績. 薬剤部員の資質向上、専門資格取得、保険薬局との連携などを目的に各種の勉強会を行っています。. 詳細へ. 質の高い薬学部6年制教育と国際学術交流に尽力しています。. 詳細へ. 学術雑誌・著書・学会発表などの業績記録はこちらをご参照 ...

  3. 東京女子医科大学病院. 1.はじめに. 2014 年2 月21 日に東京女子医科大学病院(以下、「本院という。 )で発生した当時2歳の男児(以下、「患児」という。 )に対する頸部嚢(のう)胞性リンパ管腫の術後死亡事例(以下、「本医療事故」という。 )では、幼い命を失う結果を招いた。 大学病院における医療安全の不備は、医療機関の安全・安心な医療に対する社会からの信頼や期待を大きく損ねる。 本院としては、今後二度と医療事故が起こらないよう、学校法人東京女子医科大学(以下、「法人」という。 )と一体となって、万全の診療態勢を作りあげる覚悟である。 今回作成した報告(以下、「本報告」という。

  4. 先進医療の取組み一覧へ. 血行再建術と持続陰圧吸引療法. 足潰瘍.壊疽の治療に画期的な血行再建術と持続陰圧吸引療法(NPWT) 昨今、足潰瘍・壊疽の治療成績がよくなってきました。 その要因は、循環器内科との協力による血行再建術と、持続陰圧吸引療法の導入です。 持続陰圧吸引療法は、潰瘍部をきれいにして、創部に浸出液が排出しやすい特殊なスポンジをあて、その上にチューブ置き、更にシートを被覆し、吸引器で持続的に陰圧を加え、しみでてきた浸出液を取り除く方法です。 2010年度から保険適応になっています(4週間内) 。 肉芽形成が良く傷口が早く小さくなり、その後の治療も楽になります。

  5. 凝固術の最大の利点は、1回の手術で治療を完結できることです。 脳深部刺激術のように、体内に機械を埋め込み、持続的に刺激を行い続ける場合には、機械の不具合、感染症、一定期間でのバッテリー交換手術の必要性、MRI撮影が困難など、様々な不利益を被る可能性があります。 そのため、若い患者様には、より凝固術での治療が望ましい場合が多くなります。 刺激術は、組織破壊をせずに治療効果が得られるため、不可逆的な変化を起さずに治療効果を得ることができます。 いずれの治療法も、利点、欠点があり、どちらがより望ましい治療であるかを判断して選択することが重要です。 近年は、国内はおろか、世界的に見ても脳深部刺激術しか施行できない施設がほとんどです。 当科では、凝固術を安全かつ適切に行いうる稀有な施設です。

  6. 再発予防. 尿路結石は再発率が高く、食事指導や生活指導が適切になされなければ80~90%が再発します。 しかし、専門医に通院し、水分摂取の励行を指導されたのみで再発率が60%にまで低下することも報告されています(結石クリニック効果)。 そこで、自然排石後や破砕治療後にも継続した患者指導と病因評価に基づく治療が重要です。 また、解剖学的な原因による尿流停滞があれば、これを改善します。 代謝異常が認められる場合には、食事療法や薬物治療によってそれぞれを是正します。 再発を予防する治療. 高カルシウム尿症の場合. タイプ診断とこれに基づく治療が重要です。 腸管吸収型では、カルシウム制限がすすめられます。 腎漏出型にはサイアザイド系利尿剤が投与されます。

  7. 当科における腎部分切除の標準的な術式になります。 術者がロボットを操作し、手の動きと全く同じ動作が器械に伝わり、通常の腹腔鏡下手術に比べてより繊細で正確な手術が可能となります。 2016年4月1日から腎部分切除術(腎臓がん)に対して「ダビンチ」手術が保険適用になりました。 ダビンチについて. 術式は病気の状態によって代わります。 その他の治療法. 凍結療法. 液体窒素で腫瘍を凍結し除去する治療です(当科では行っておりません)。 経皮的ラジオ波熱凝固療法(RFA) ラジオ波を用いて癌を焼灼する(凝固させる)方法です(当科では行っておりません)。 現在、保険収載はされておりません。

  1. 其他人也搜尋了