Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 186,000 項搜尋結果

  1. 概要 ヤマタノオロチ退治の説話で登場する。 大山津見神の子であるアシナヅチ・テナヅチの8人の娘の中で最後に残った娘。 原文で「童女」と記述されるように、クシナダヒメ自身はまだ年端もいかぬ少女である。 ヤマタノオロチの生贄にされそうになっていたところを、スサノオにより姿を ...

    • 櫛名田比売
    • 農耕神
    • 奇稲田姫、稲田媛、眞髪觸奇稲田媛、久志伊奈太美等与麻奴良比売命
    • 国津神
  2. ja.wikipedia.org › wiki › 地蔵菩薩地蔵菩薩 - Wikipedia

    地蔵菩薩の起源は、 インド の バラモン教 の 神話 に登場する大地の女神 プリティヴィー で、大地を守護し、財を蓄え、病を治すといった利益信仰があり、これが仏教にも取り入れられ、地蔵菩薩が成立したとされる [1] 。. 経典として「地蔵菩薩本願経 ...

    • 中国語:地藏菩薩( Dì Zàng Pú Sà)
    • 「クシティガルバ」, (क्षितिघर्भ Kṣitigarbha)
  3. ja.wikipedia.org › wiki › 湯文字湯文字 - Wikipedia

    • 概要
    • 脚注
    • 参考文献

    平安時代、御湯殿(宮中の風呂)に奉仕する女官が活動しやすいように袴の代わりに身に着けていた「湯巻」と呼ばれる白い巻きスカートのような衣服が起源とされる。平安中期に書かれた紫式部日記には、御湯殿に奉仕する女房の「ゆまき姿」が「おかしげ」だと表現されている。当時はあくまで袴の代用であり、下着と言う認識のものではなかった。この白い腰巻は室町時代ごろに公家の女性の日常着となった。「○○もじ」という語は室町頃の女房言葉であり、「かもじ(髢)」、「しゃもじ(杓子)」と同様「ゆもじ(湯巻)」は日常的に慣れ親しんだ道具であったことが分かる。ワンピース型の衣服である小袖の下に、湯巻を着ると完全に隠れてしまうため、徐々に袴の一種から肌着という意識に代わった。 文政8年(1825年)ごろに江戸でも真似られるように...

    井上章一 『パンツが見える。…羞恥心の現代史』(初版)朝日新聞社〈朝日選書〉 (原著2002年5月25日)。ISBN 4-02-259800-X。
    青木英夫『下着の流行史』雄山閣 ISBN 4-639-01020-6
    • 来歴・人物
    • 代表曲
    • テレビ番組

    埼玉県川口市出身。家が貧しかったため、1934年、浅草の劇場主に奉公へ出される。1938年、石川県の能登で芸者になり、1940年に東京へ移る。のちに作曲家大村能章の日本歌謡学院にて歌を学び、戦争中は工場や軍隊の慰問などに回る。 1946年にテイチク入社し、着物のうぐいす芸者歌手として市丸の代役で歌った「十三夜」(戦前に小笠原美都子がヒットさせた曲のリバイバル)を歌った。1947年、新東宝「ぼんぼん」の女中役で映画デビュー(なお、「ぼんぼん」の前に制作された「かけ出し時代」という作品中で、セリフはないが「唄ふ女」という役で、灰田勝彦のヒット作「紫のタンゴ」を歌っている。)。以後多くの映画に出演。 1949年、ビクターに移籍。1950年、ハワイ興行のおり芸者姿で歌って大喝采を浴び、以後はそれを生...

    「輝く翼」共唱 小笠原美都子
    「大江戸七変化」共唱 竹山逸郎
    「恐妻ぶし」共唱 宇都美清
    「下関漁港節」共唱 船橋一郎
    「特別機動捜査隊 第302話 悲しい善意」(1967年、NET)
    「一枚の写真」(1986年、フジテレビ)
    「なつかしの歌声」(東京12チャンネル)
    「にっぽんの歌」(テレビ東京)
  4. ja.wikipedia.org › wiki › 風呂風呂 - Wikipedia

    • 歴史
    • 語源
    • 種類
    • 住宅の浴室
    • 列車における風呂
    • 関連項目

    元々は衛生上の必要性や、宗教的観念から古くから水のある場所で水浴を行ってきたが、温泉を利用した寒冷を払拭するためや、一層の新陳代謝や老廃物の除去や排出をするため、温かい水や蒸気を利用して、温泉のない場所でも温浴が行われるようになった。5000年前のインダス文明のモヘンジョ=ダロや都市の中心に大規模な公衆浴場が完備していた。風呂の起源として現在確認されるものでは紀元前4000年のころメソポタミアで、払い清めの沐浴のための浴室が作られ、紀元前2000年頃には薪を使用した温水の浴室が神殿に作られていた。同時にギリシア文明では、現在のオリンピック精神の元となった「健全な精神は健全な肉体に宿られかし」との考えから、スポーツ施設に付帯して沐浴のための大規模な公衆浴場としての水風呂が作られていた。紀元前1...

    日本語の風呂の語源は、2説ある。 1. もともと「窟」(いわや)や「岩室」(いわむろ)の意味を持つ室(むろ)が転じたという説 2. 抹茶を点てる際に使う釜の「風炉」から来たという説 英語の"bath"は、イギリスにある温泉場の街の名前、バース(Bath)が語源という俗説があるが、日本の「温泉町」という地名と同様、温泉があるから"Bath"と呼ばれるようになったのである。英語"bath"にあたる「温浴」もしくは「温めること」を意味する名詞はゲルマン古語に既にあり、さらに遡れば遠く印欧祖語に由来すると考えられる。

    蒸し風呂

    蒸し風呂(むしぶろ)は、蒸気により体を蒸らす風呂である。前述のように、日本では元来風呂という場合はこれを指していた。蒸気が豊富な温泉でもよく見られ、大分県別府市の鉄輪温泉にある鉄輪むし湯は一遍上人が施浴のために開いたものとされる。 温泉で熱せられた床の上には石菖という薬草を敷きつめ高温で蒸す状態にして、テルペン(鎮痛効果がある)を成分とする芳香を放出させて皮膚や呼吸器から体内に吸収するようにして利用する。箱型の1人用蒸し風呂は、特に箱蒸し風呂と呼ばれる。蒸気を使わない乾式のものも含めてサウナ風呂とも呼ばれるが、狭義のサウナ (英: sauna bath) はフィンランド式の乾式のもののみを指す。 また人が入るためのものではないが、漆器に塗った漆を乾燥させる室(むろ)である漆風呂も蒸し風呂の一種。

    岩風呂

    岩風呂(いわぶろ)、もしくは石風呂(いしぶろ)は、主に日本の瀬戸内海など海岸地帯にあった蒸し風呂である。天然の石窟などの密閉された岩穴の中で火を焚いて熱し、水気を与えることで蒸気浴や熱気浴をする。入浴時は裸にはならず、着衣のまま茣蓙に座るか寝そべる。伝統的な石風呂は高度経済成長期に入ると順次姿を消し、一部地域で残存したものについては有形民俗文化財に指定された。 海辺の風呂と山間地の風呂では蒸気を起こす方法に違いがある。海辺の風呂では適当な温度になったところで灰の上に海藻や海水で濡らした莚(むしろ)を引く。川沿いの風呂は真水で濡らした稲藁と菖蒲を敷いて蒸気を起こした。

    釜風呂

    釜風呂(かまぶろ)は、主に日本列島の内陸部で広まった蒸し風呂である。特に京都の八瀬の竈風呂が代表的。岩で直径2m程度のドーム型に組んだ下側に小さな入口がある構成。最初にドーム内で火を焚き熱する。加熱後に換気を行い、塩水で濡らした莚を引いて、その上に人が横たわる形で入浴をした。

    住宅用浴槽は、洋式・和式・和洋折衷式の3種類に分類される。洋式は長さ1400 mm - 1600 mmで長く、深さ400 mm - 450 mmで浅い。和式は長さ800 mm - 1200 mmで短く、深さは450 mm - 650 mmと深い。これは入浴方法の違いによるもので、体を伸ばして洗う洋式と、肩まで湯につかる和式の違いの表れである。単純に浴槽を大きくすれば両用に耐えるが、必要な湯量が増えるため、中間的な大きさである和洋折衷式がよく使われる。 浴槽が深い場合、入る際に足を高く上げなければならず危険である。浴槽の設置方法には埋め込み式・半埋め込み式・据え置き式がある。浴槽の設置方法もまたぐ高さを抑える半埋め込み式が最も安全である。 住宅の浴室は、床下からの害虫の侵入や湿気によるカビの繁...

    列車で風呂設備が設けられているケースは少なく、『TRAIN SUITE 四季島』『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』といった豪華な寝台列車に見られる程度である。過去に運行されていた列車では『夢空間』にも存在した。ちなみにシャワーや足湯といったレベルでは『サンライズ瀬戸』『サンライズ出雲』『とれいゆ つばさ(現在運行終了)』や、近畿日本鉄道の観光列車『つどい』などの例がある。

    風呂の種類・形態 1. サウナ風呂/ジャングル風呂/露天風呂/砂風呂/岩盤風呂/水風呂/テマスカル/打たせ湯/電気風呂 2. 湯道 3. 銭湯風呂 3.1. スーパー銭湯/健康ランド 4. 混浴風呂/トルコ風呂 5. 宇宙アポロ風呂 - 有田観光ホテル(和歌山県有田市)が所有・運行していた展望風呂ロープウェイ。 6. 空中温泉露天風呂 - 北海道音更町で毎年開催されるイベントゆめ気球とかちの目玉のひとつである気球風呂。 7. まるみつ百貨店 - 日本で唯一、店内フロアに公衆浴場施設があった長野県諏訪市の百貨店。2011年2月20日に閉店した。 8. 家族風呂 9. 温泉 入浴方法 1. 半身浴/交代浴/温冷浴/雁風呂/足湯/手湯/手足浴 設備機器としての風呂 1. シャワー/給湯器/1418...

  5. 道後温泉本館(どうごおんせんほんかん)は、愛媛県 松山市の道後温泉の中心にある温泉 共同浴場。重要文化財であり道後温泉を象徴する建築物。 戦前に建築された歴史ある建物(近代和風建築)で、街のシンボル的存在であり、1994年に国の重要文化財(文化施設)として指定された。

  6. あらすじ 2017年秋。17年間の昏睡状態から目覚めた叔父に会うため、甥のたかふみが病室を訪れた。奇妙な言語を発し異世界「グランバハマル」にいたと語るおじさんを「頭がおかしくなった」と突き放そうとするたかふみに対し、おじさんは実際に魔法を使って見せる。

  1. 其他人也搜尋了