Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 概要. 統合医科学分野ではとして分子情報解析を基盤に基礎医学研究と臨床医学研究を有機的に統合し、疾患の分子メカニズム解析とそれに基づく疾患の予防・診断・治療法の開発を推進する研究を行います。. 医学研究においてはこれまで多くの基礎的 ...

  2. 日常の仕事は病理診断業務を主体としていますが、研究面では、福山型先天性筋ジストロフィー (FCMD) の中枢神経病変の解析や、原因遺伝子の機能解析を中心に行なっています。 FCMDは、fukutinを原因遺伝子とし、中枢神経系や眼の形成異常も伴う遺伝性疾患です。

  3. 2024年02月09日 ロールモデル動画「東京女子医科大学 私たちのSTORY」の完成・一般公開のお知・・・ 2024年02月06日 【プレスリリース】難病「巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)」の腎移植後再発の病・・・ 2024年01月30日 【プレスリリース】新型コロナウイルス感染症に関わる小児急性脳症患児103例の

  4. 正常の生体調節機構を知ることは、疾患の理解に重要であるためです。. 生理学(分子細胞生理学)教室は、として分子・細胞レベルでの生理学を担当しており、生体恒常性、興奮性細胞や信号伝達などの教育を担っています。. 生理学研究では、生命現象 ...

  5. 概要. 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所は、昭和44(1969)年5月1日に、“医用技術研究施設”として、初代施設長・三浦茂教授のもとに発足した。. 昭和51(1976)年5月に櫻井靖久教授が施設長に就任し、施設名を医用工学研究施設に改め、今日の基盤 ...

  6. 学部長メッセージ. 医学部長:石黒 直子. ISHIGURO Naoko. 東京女子医科大学医学部は、創立者吉岡彌生先生の信念である「至誠と愛(きわめて誠実であることと慈しむ心)」を本学の理念とし、建学の精神に基づいて高い知識・技術を持つとともに、病気を癒す ...

  7. キャリア教育. 女性医師が継続して医療に携わり社会貢献を果たすのが本学の目指す医学教育である。. 近年男女共同参画が話題となっているが、社会が支援するだけなく当事者である女性が強い意志を持つことも必要である。. 本学は110余年にわたる女性 ...