Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 97 項搜尋結果
  1. 班服設計 相關
    廣告
  2. 一流設計,免費!送到府,免費!七星級服務,免費!省去班服設計的麻煩無價! 嚴選台灣生產布料。T恤、Polo杉等多款設計,交貨快速、價格實惠,歡迎來電洽詢!

  1. 対爆スーツ(たいばくスーツ、英: Bomb Suit, Bomb Disposal Suit, Explosive Ordnance Disposal (EOD) Suit )は、爆発物などの爆風、破片などから身体を防護する為に開発された特殊作業服 である。 主に軍隊と警察の爆発物処理作業者が着用する。 防爆スーツ(ぼうばくスーツ)ともいう。

    • 来歴
    • 編制
    • 装備
    • 他組織との連携
    • 訓練
    • 活動史
    • 登場作品
    • 参考文献
    • 関連項目

    特殊部隊の誕生

    1972年9月5日に西ドイツでミュンヘンオリンピック事件が発生し、犯行グループによりイスラエル選手11名が殺害された。翌日の9月6日、警察庁は全国の都道府県警察に対して通達を出し、「銃器等使用の重大突発事案」が発生した際、これを制圧できるよう特殊部隊の編成を行うこととした。 これに基づき、全国の機動隊に特殊部隊が設置された。これらの部隊は銃器使用事件をはじめ、ハイジャック事件など高度な逮捕制圧技術を要する事案に備えるため、耐弾・耐爆性能を有する装備資器材を有していた。警視庁機動隊では第一〜九機動隊および特科車両隊に特殊部隊を設置していたが、ふだんはレスキュー隊員や一般の警備に出動しているメンバーで、訓練といっても年に数回行なっているにすぎなかった。

    特科中隊と零中隊

    1977年9月に発生したダッカ日航機ハイジャック事件において、日本政府は、一度は機動隊員23名の派遣を検討したものの、バングラデシュ当局に拒絶されて、結局は犯人側の要求を全面的に受け入れるかたちでの決着となった。これに対し、翌月に発生したルフトハンザ航空181便ハイジャック事件では、西ドイツ政府は犯人側の要求を容れることなく、ミュンヘンオリンピック事件を教訓に創設した特殊部隊GSG-9の突入作戦によって犯人を制圧、人質を解放した。 ダッカ事件の後、警察は従来の「特殊部隊」による、より実戦的な訓練に着手したものの、2つのハイジャック事件が異なる結末を迎えたことを契機として、政府関係者や警察上層部のあいだで、より本格的な対テロ作戦部隊の保有論が強まった。警察庁は警視庁と大阪府警察に対テロ作戦部隊の編成を下命し、警視庁では1977年10月20日より隊員の面接を開始した。そして同年11月1日、警視庁第六機動隊 特科中隊および大阪府警察第二機動隊 零中隊として、対テロ作戦部隊が発足した。 部隊創設当時、警視庁機動隊の各隊はそれぞれ6個中隊(基幹中隊4個+特別機動隊2個)編成であったことから...

    SATへの改編・増強

    1995年の全日空857便ハイジャック事件での出動に際して、SAPの存在が初めて公表された。翌年の1996年4月1日には警察庁の通達により、従来の警視庁・大阪府警察に加えて北海道警察、千葉県警察、神奈川県警察、愛知県警察、福岡県警察にも特殊部隊を設置し、呼称をSAT(Special Assault Team)とすることが決定した[注 2]。同年5月8日には、特殊部隊の存在が公式に発表されるとともに、警察庁において隊旗授与式が行われ、國松孝次警察庁長官から隊旗が授与された。 2000年に警視庁SATは、第六機動隊から警備部警備第一課に所属が移され、2001年に大阪府警察SATは、第二機動隊から警備部警備課に所属が移された。これにより、警視庁と大阪府警察のSATは、組織編成上、機動隊から独立した組織となった。また2005年9月6日には沖縄県警察にもSATが編成され[注 3]、各地の部隊も増員された。

    所掌

    警察庁は特殊部隊(SAT)のほか、銃器対策部隊、NBCテロ対応専門部隊等、爆発物対応専門部隊等をテロ対処部隊と位置付けており、SATの任務として「ハイジャック、重要施設占拠事案等の重大テロ事件、銃器等の武器を使用した事件等に出動し、被害者や関係者の安全を確保しつつ、被疑者を制圧・検挙する」としている。 しかし実際には、特にハイジャックの場合、刑事部で人質救出作戦も担当する特殊犯捜査係(SIT)などとの境界線が問題になる。政治的な背景をもった事件は警備部(SAT)、そうでない事件は刑事部(SIT)とされたこともあったものの、実際にはその区別がはっきりせず、結局はその都度警察本部長の裁定を受けることになっている。概して、戦技・体力ではSAT、捜査力ではSITが優れていると評される。また武器の使用へのスタンスにも差異があり、SITでは犯人の逮捕を重視して、犯人射殺への抵抗が強いのに対し、SATでは、頭部に照準しての短連射で確実に制圧することを重視している。

    組織

    上記の経緯により、現在では、8個警察本部(警視庁、大阪府警察、北海道警察、千葉県警察、神奈川県警察、愛知県警察、福岡県警察、沖縄県警察)にSATが設置されている。基本的には機動隊に設置されているが、警視庁では警備部警備第一課、大阪府警では警備部警備課の附置機関とされており、機動隊から独立している。 警視庁の特科中隊の創設時の体制は警視1名、警部2名、警部補6名、巡査部長12名、巡査30名の計51名体制であり、大阪府警察の零中隊は約半数の規模であったとされている。特科中隊では、当初は小隊編成であったが、後に専門任務別のチーム制(指揮班、技術支援班、狙撃支援班、制圧一班、制圧二班)に移行した。 SATとして改編された後は、警視庁に3個班、大阪府警察に2個班、他の道県警察に各1個班の合計11個班が編成され、部隊の総員は300名とされている。警視(警視庁では警備第一課長、道府県警察本部では警備課長など[注 4])を指揮官として、指揮班、制圧班、狙撃支援班、技術支援班という班編成となっており、各班長は警部・警部補が務めているといわれている。また1個班にはおよそ20名の隊員がいるとされる。2...

    人員

    元関係者の証言によれば、警視庁SATは、機動隊の新隊員訓練にあわせて、おおむね6ヶ月ごとに試験入隊者を募り、2~4名程度の新隊員を採用していたとされる。また警視庁の特科中隊が創設された際には、機動隊員の中から、武道や運動能力に秀でた者や射撃選手、銃器対策部隊隊員、爆発物処理隊員、レスキュー隊員、レンジャー隊員に指定されているものを対象として入隊希望者を募っていた。SAT発足当初も、隊員はレンジャー有資格者を中心に選抜されたといわれている[注 5]。 機密保持は極めて厳しく、警視庁SATの前身であるSAP当時は、警視庁のコンピュータ個人ファイルや第六機動隊の隊員名簿からも名前を消される措置を受けており、人事記録簿には自筆で「第六機動隊特務係」と記載していた。また1987年に、後藤田正晴内閣官房長官が警視庁SAPを視察した際に「何が辛いか」と尋ねたところ、当時の寺沢隊長は「覆面部隊なので、父親が何をしているか家族にも言えず、同僚や奥さん同士の交際も避けなければならず、日常が辛い」と述べたといわれている。 在隊期間はおおむね5年とされる。ただし昇任して警察署などに転勤したのち、幹部の欠...

    けん銃

    警視庁SAPでは、S&W M36およびH&K P9Sを使用していたといわれている。また、1979年に発生した三菱銀行人質事件において零中隊が使用したけん銃は、S&W社製の.45口径けん銃だったとされている。 SAT発足後の公開訓練において、下記のけん銃の使用が確認されている。これらの自動拳銃は、回転式拳銃や小口径の自動拳銃とは区別され、部内では特殊けん銃と通称されているといわれている。 1. H&K USP[注 6] 2. SIG SAUER P226[注 7] 3. グロック19[注 8]

    特殊銃

    警察官等特殊銃使用及び取扱い規範では、警察官が所持する銃のうち、警察法第六十八条の規定により貸与されるもの(けん銃)以外のものを「特殊銃」と規定している。 機関けん銃(短機関銃)については、SATの前身である警視庁SAPでは、創設の際に西ドイツのGSG-9から装備、訓練、ノウハウなどの全面協力を受けたことから、1980年代初頭の時点でMP5A5、MP5KおよびMP5SD6が配備されていたとされる。 1996年にSATが発足して以降、2007年からSATの訓練が報道機関に公開されるようになり、SAT隊員が使用するMP5についても、仕様や付属品が判明した。例として、2015年に警視庁と神奈川県警のSATが合同訓練を公開した際、SAT隊員はMP5Fを使用し、付属品としてEO-Tech社製のXPSホロサイト、フォアグリップ、シュアファイヤ社製の628LMフラッシュライト等を装着していた。 狙撃銃については、警視庁SAP当時、豊和ゴールデンベアや64式7.62mm小銃に照準器を取り付け、狙撃用仕様にしたものを使用していたとされる。SAT発足後に公開された訓練では、豊和M1500を使用してい...

    その他の個人装備品

    警視庁SATの前身であるSAPでは特殊閃光弾が導入されており、特殊閃光弾はDRCと呼称されていたと言われている。 また先述のように警視庁SAPは創設当時、多くの装備をGSG-9に準拠したとされている。例として、1987年に後藤田正晴内閣官房長官が警視庁SAPの訓練を視察した際、SAPの隊員は耳の部分に余裕を持たせた形状のヘルメットに、強化プラスチック製の防弾バイザーを装着していたが、同バイザーは、厚さにも関わらず視野の歪みがない、西ドイツの特許製品であった。 さらに1980年代当時の装備として、SAPの隊員は防弾シールドが付き、無反射塗装がされたチタン製ヘルメットを使用し、被服については灰色の特殊部隊用活動服(アサルトスーツ)が貸与され、同スーツの下にはチタン合金とケプラー繊維製の防弾ベストを着込んでいたとされている。 なお、上記の情報は当時の関係者の著書によるものであり、SATの発足後は、2002年に警察庁が公開した訓練映像や、2007年に警視庁が公開した訓練において、SAT隊員の装備が判明するようになった。訓練公開後のSAT隊員は、防弾バイザーを装着した灰色の防弾ヘルメット、...

    警察内での連携

    2000年代後半からSATは、銃器使用の立てこもり事件において特殊犯捜査係(SIT)の支援を行っており、2007年4月には町田市立てこもり事件に警視庁SATが出動した。 さらに同年5月に発生した愛知長久手町立てこもり発砲事件では、愛知県警察のSITとともにSATが出動したが、事件を統括指揮していた刑事部捜査第一課との連携や情報共有の不足から、隊員1名が犯人の放った銃弾により死亡した。警察庁は、この事件を教訓としてSATを支援する特殊部隊支援班(SAT Support Staff、通称スリーエス)を創設した。これは、都道府県警察刑事部との連携や警察本部長の補佐、警察庁警備局との連絡調整を担当するとされる。

    自衛隊との連携

    1996年の江陵浸透事件、1999年の能登半島沖不審船事件などの北朝鮮工作員関連事案を通じて、ゲリラコマンド事案の脅威が認識されるようになった。これを受けて、2000年2月に国家公安委員会と防衛庁(当時)とで「治安出動の際における治安の維持に関する協定」が締結されたのに続いて、2001年2月には警察庁および防衛庁とで細部協定が締結され、2002年4月までに、各都道府県警察と陸上自衛隊の各師旅団とで現地協定が締結された。 そして共同図上訓練を経て、2004年9月に警察庁と防衛庁とで「治安出動の際における武装工作員等共同対処指針」が策定されたのを受けて、2005年3月には各都道府県警察と陸上自衛隊の各師旅団とで「治安出動の際における武装工作員等事案への共同対処マニュアル」が作成された。これに基づく共同訓練の第一弾として、同年10月に北海道警察と陸上自衛隊北部方面隊とが行った共同実動訓練では、道警のSATも出動し、陸上自衛隊のレンジャー隊員とSAT隊員がスタック体制を組む姿も公開された。

    他国との交流

    特科中隊・零中隊の発足の際には、装備・訓練・ノウハウなど、西ドイツ国境警備隊のGSG-9の全面協力を受けており、8名の警察官が派独された。またイギリス陸軍のSASへの派遣も行われたほか[注 10]、オーストラリアのパースに所在する大規模な市街戦・屋内戦用の訓練施設(通称キリングヴィレッジ)で訓練を行ったと言われている。 SATは、2000年代初頭からオーストラリアのクイーンズランド州において訓練を実施している。またフランスのGIGN、オーストリアのコブラ、イタリアのNOCS と交流があり、合同訓練を実施した[注 11]。

    国内における訓練

    SATは思想的背景のある犯罪者や、テロリストを主に取り扱う警備部に所属しており、装備品や訓練施設の大半は地方予算(都道府県警察予算)ではなく、国家予算(国費)で賄われている。そのため通常の機動隊に比べて装備、訓練施設は充実している。 日本国内には、先述のようにSATの関連施設が設置されており、訓練が行われている。訓練は危険を伴い、過去においては隊員が重傷を負う事故も発生している。2006年には大阪府警察SATの隊員が射撃訓練中、首からさげた自動小銃を構える際に引き金に指がかかり、実弾1発を暴発させ、自身の左足ふくらはぎを貫通し、全治約1カ月の重傷を負った。 専用の訓練施設以外では、陸上自衛隊の駐屯地で小銃を使用した狙撃訓練や、ヘリコプター降下の訓練を実施したとされている。 部隊の具体的な訓練内容については、創設以来、非公開とされていたが、2002年のサッカーワールドカップ開催を前にして、警察庁は同年5月10日に警視庁SATの訓練映像を公開した。映像ではヘリコプターからの降下訓練や、航空機、バスへの突入訓練、狙撃や潜水器具を使用したプールでの訓練などが公開された。 2007年6月5...

    訓練施設

    SATの関連する射撃訓練場、及びSATが所在する都道府県で、射撃場を有する機動隊の訓練施設は以下のとおりである。 警視庁術科センター 1. 東京都江東区に所在。術科(射撃、柔道、剣道、逮捕術)の総合訓練施設。総延べ面積は約2万3700平方メートルであり、2010年から全面的な改修工事が行われている。この改修には10年間を要し、改修費用は50億3000万円である。 2. 元SAP隊員である伊藤鋼一の著書によれば、1980年代当時、同センターの奥には、厳重な管理体制で護られたSAP専用の射撃訓練場が設置されていた。 3. 2007年には警視庁術科センターと「夢の島総合警備訓練場」において、警視庁SATの訓練が報道機関に公開されている[注 12]。 警視庁機動隊総合訓練所 1. 東京都立川市に所在。射撃場を有しており、2010年に射撃場の改修に関する工事が行われている。 大阪府警察総合訓練センター 1. 大阪府大東市に所在。射撃場、陸上競技場、車両訓練コース等を有する大阪府警察の総合訓練施設。1997年に完成。 2. 同センターでは、2008年に大阪府警察のSAT隊員が射撃訓練中の事故...

    報道機関に公開された訓練

    愛知立てこもり事件の発生以来、SATは報道機関に訓練を公開するようになり、2007年には警視庁SATが初めて訓練を公開し、2010年には神奈川県警察SATと愛知県警察SATが訓練を公開した。さらに2013年には千葉県警察SATが訓練を公開した。なお、2007年以降の公開訓練でSAT隊員が着用した防弾ベストは、上腕部を保護するプレートが追加されており、防護範囲が拡大されている。 2007年7月5日には東京都内の訓練施設において、警視庁SATの訓練が初めて報道陣に公開された。この訓練は同年7月に北海道洞爺湖町で開催された主要国首脳会議(サミット)に備えたもので、屋内突入による犯人制圧と人質救出訓練や、ヘリコプターからの降下、狙撃訓練などが行われた。 2010年9月6日に神奈川県横浜市内の県警第一機動隊訓練場において神奈川県警察、警視庁、関東管区警察局の合同警備訓練が行われた。この訓練は同年11月に神奈川県横浜市で開催されたAPEC首脳会議に備えたもので、関係者が乗ったバスがハイジャックされたとの想定に基づき、神奈川県警察SATの狙撃班がヘリコプターからビル屋上に降下して狙撃配置に付き...

    1. 1月26日 2. 三菱銀行人質事件が発生。零中隊が出動。銀行内に突入し、近距離からけん銃で犯人を射撃することより、人質を救出した。犯人は病院に搬送後、死亡が確認された。突入の際、零中隊の隊員は部隊の存在を秘匿するため、アサルトスーツ(突入服)の代わりにトレーニングウェアを着用しており、犯人への射撃には、S&W社製45口径けん銃を使用した。事件後の記者会見では、零中隊指揮官であった警部も、「第二機動隊ハイジャック対策部隊」の肩書で同席していた。

    1. 後藤田正晴内閣官房長官と佐々淳行内閣安全保障室長が、陸上自衛隊習志野演習場においてSAPの訓練を視察。この視察は報道関係者を一切伴わず、非公式に行われた。

    1. 8月 2. 湾岸戦争が発生。SAPが邦人救出用の民間航空機に同乗してサウジアラビアに派遣され、邦人退避警護を行った。

    『踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル』
    『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』
    『ジウ』
    『S -最後の警官-』
    麻生幾 「三菱銀行「梅川事件」の地獄絵巻」 『戦慄 昭和・平成裏面史の光芒』 新潮社、1999年。ISBN 978-4104326013。
    伊藤鋼一 『警視庁・特殊部隊の真実』 大日本絵画、2004年。ISBN 978-4499228657。
    大塚正諭 「日本警察の拳銃」 『SATマガジン』 KAMADO、50-57頁、2009年1月。
    柿谷哲也; 菊池雅之 『最新 日本の対テロ特殊部隊』 三修社、2008年。ISBN 978-4384042252。
  2. ja.wikipedia.org › wiki › 庵野秀明庵野秀明 - Wikipedia

    庵野 秀明(あんの ひであき、1960年〈昭和35年〉5月22日 - )は、日本のアニメーター、映画監督、実業家。 カラー 代表取締役 社長。 株式会社プロジェクトスタジオQ創作管理統括。株式会社でほぎゃらりー取締役。NPO法人アニメ特撮アーカイブ機構理事長。

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 木村祐一木村祐一 - Wikipedia

    • 人物
    • 結婚
    • 出演
    • 著書
    • ディスコグラフィー
    • 外部リンク

    NSC5期生と同期扱い(デビューは5期生よりも僅かに早い)のため、ダウンタウン、今田耕司、130Rなど年下の先輩が多い。浜田雅功と初対面の際に浜田から「『木村さん』と呼ばせてください」と言われたが、木村は「後輩だから『さん付け』は止めてくださいよ」と断っている。東野幸治とは正確には東野の方が先輩に当たるが、東野が同期扱いしたことから、木村も東野を同期として扱っている。 ホテルマン、高利貸し、絵画商法の販売人、染め物職人を経て、中学の同級生だった栩野進と共に、お笑いコンビ「オールディーズ」を結成。順調に人気を獲得していた矢先の1990年9月7日、栩野が女子中学生と淫行に及ぶ不祥事を起こし逮捕される。これにより、栩野は吉本との専属芸能家契約を解除され、同時にコンビも解散となり、木村は予想もしない...

    初婚と2度目の結婚は一般人。2005年に2度目の離婚をしている。 2006年1月9日に『ダウンタウンDX』で辺見えみりと婚約。同日、合同記者会見を行い、入籍(自身3度目)を報告。婚約指輪はティファニーで0.93カラットのものを購入し、プロポーズは神宮外苑の外周の車中でしたとのこと。『ダウンタウンDX』の特番などで夫婦共演もしていたが、約2年間の結婚期間を経て2008年4月25日に3度目の離婚。結婚生活について辺見は、木村が結婚後3ヶ月で浮気をし、笑っている時間より誰かに文句を言ってる時間のほうが多かったため、それが辛かったと話している。 2012年5月9日、西方凌と自身4度目の入籍(西方は初婚)。西方との馴れ初めは、映画『ニセ札』の監督と女優としての出会い。公開直後の2009年4月に交際発覚...

    テレビドラマ

    1. 国産ひな娘 File13(1999年6月30日、テレビ東京) 2. 塩カルビ 第4話(2002年10月24日、テレビ神奈川・KBS京都) - 池田 3. 大河ドラマ(NHK総合) 3.1. 新選組!第6話(2004年2月15日) - そば屋の主人 3.2. おんな城主 直虎第7話(2017年2月19日) - 岩松 4. 乱歩R 第9話(2004年3月4日、よみうりテレビ・日本テレビ) 5. 野ブタ。をプロデュース(2005年10月15日 - 12月17日、日本テレビ) - セバスチャン(体育教師) 6. 夜王〜YAOH〜 第10話(2006年3月17日、TBS) - 医者 7. 氷点 前編(2006年11月25日、テレビ朝日) - 北雪牛乳販売所店員 8. その5分前「ラスト・ファイト」(2006年12月27日、NHK総合テレビ) 9. おかわり飯蔵(2007年1月6日 - 3月31日、テレビ東京) - 主演・陣内飯蔵 10. 君がくれた夏 〜がんばれば、幸せになれるよ〜(2007年8月18日、日本テレビ) - 木崎真人の同僚 11. 生きる(2007年9月9日、テレビ朝日...

    配信ドラマ

    1. レッドアイズ 監視捜査班 The First Mission(2021年3月20日 - 、Hulu) - 山崎辰二郎 役 2. 全裸監督2(2021年6月24日 全話配信、Netflix) - 警察官 役

    バラエティ

    1. 4時ですよーだ(毎日放送) 2. よしもと新喜劇(毎日放送) 3. 夕焼けの松ちゃん浜ちゃん(朝日放送) 4. 松ちゃん浜ちゃんの純情通り3番地(朝日放送) 5. ダウンタウンの素(毎日放送) 6. ダウンタウンのごっつええ感じ(フジテレビ) - 構成、不定期で出演。 7. 生生生生ダウンタウン(TBS) 8. 摩訶不思議 ダウンタウンの…!?(朝日放送) 9. ダウンタウン汁(TBS) 10. ダウンタウン也(TBS) 11. かざあなダウンタウン(テレビ朝日) 12. ダウンタウンDX(読売テレビ) - 構成(自ら出演する際は構成には不参加) 13. 進め!クリフハンガー冒険隊(CBCテレビ) 14. 新どっちの料理ショー(読売テレビ) - 「芸能界料理戦争」ではシェフとして出場した。 15. 伊東家の食卓(日本テレビ) - 構成 16. 浜ちゃんと!(読売テレビ) 17. TV's HIGH(フジテレビ) - 構成、出演 18. 木村とご飯(テレビ東京) 19. キムミシュラン(毎日放送) 20. "笑"たいむ (2008・2009) (NHK BS2) 21. 爆笑...

    キムラの目(シンコーミュージック)
    木村料理道 THE NABE キム'sスタイル(実業之日本社)
    木村料理道2 THE SARA キム'sスタイル(実業之日本社)
    キムラの目(実業之日本社)

    虹色橋(1997年。つんくプロデュース、キムラ・チャン名義で山田花子とデュエット。つんく、高山厳、富永美樹との競作でリリースされた)花子の歌声が常識では考えられないほど下手で、有線放送では放送禁止になった。

    木村祐一ブログ - ウェイバックマシン(2019年11月1日アーカイブ分)(2009年3月9日〜現在)
    木村祐一 (@kimkimni) - Twitter
  4. 三式戦闘機(さんしきせんとうき)「飛燕」(ひえん)は第二次世界大戦時に大日本帝国陸軍が開発し、1943年(昭和18年)に制式採用された戦闘機である。 開発・製造は川崎航空機により行われた。 設計主務者は土井武夫、副主任は大和田信である [1]。

  5. 電力会社グループ系列 北電総合設計(北海道電力の子会社) 東北開発コンサルタント(東北電力の子会社) 東電設計(東京電力の子会社) 北電技術コンサルタント(北陸電力の子会社) シーテック(中部電力の子会社) ニュージェック(関西電力の子会社)

  6. レマン湖畔の小さな家(フランス語: Villa Le Lac )は、スイスのヴォー州・ヴヴェイ郊外コルソーのレマン湖畔に建てられた住宅。 建築家のル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレによって設計され、1923年から1924年にかけて造られた。 「母の家」とも呼ばれる。

  1. 班服設計 相關
    廣告
  2. 過去一個月已有 超過 1 萬 位使用者造訪過 food777.weebly.com

    上百種台灣小吃教學,專業權威,價格合理,感謝支持,最新課程優惠中!

  3. 一流設計,免費!送到府,免費!七星級服務,免費!省去班服設計的麻煩無價! 嚴選台灣生產布料。T恤、Polo杉等多款設計,交貨快速、價格實惠,歡迎來電洽詢!

  1. 其他人也搜尋了