Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 約 707,000,000 項搜尋結果

  1. 「まひるの月を追いかけて」(まひるのつきをおいかけて)は、恩田陸による日本の小説。2003年 文藝春秋から刊行され、2007年同社の文春文庫で文庫化された。 『オール讀物』にて2001年7月号から2002年8月号まで連載されていた。 ストーリー 異母兄・渡部研吾が奈良で消息を絶った。

  2. ja.wikipedia.org › wiki › 結城昌治結城昌治 - Wikipedia

    結城 昌治 (ゆうき しょうじ、1927年2月5日 - 1996年1月24日)は、日本の小説家・推理作家。本名、田村幸雄。都筑道夫の命名によるこの筆名は、本来「ゆうき・まさはる」と読ませたが、しょうじと誤読されることが多いため、そのまましょうじとなった。

  3. 概要 [ 編集] 著者にとって3作目の連載作品。 西洋風ファンタジー世界を舞台に、魔物を狩る「ガード」の職を辞するために後継者を求めている青年と、後を任せるにはまだ能力が未熟なヒロインたちとの訓練や魔物狩りを描く。 ギャグコメディパートがメインだが、時に魔物狩りを巡っての生死を賭けたシリアスな流れもある。 6巻で初めてシリアスが続いた際には不評ではないかと不安もあったと著者は述べていたが [3] 、好評だったために以降も時々シリアス展開が描かれ、9巻収録分のシリアス展開は読者アンケートが過去最高の順位に達したという [4] 。 公式での作品紹介には「 狩猟エロコメディ 」 [5] 、「 ヒロインが辱めを受けまくる超問題作 [6] 」とある。

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 忍の一時忍の一時 - Wikipedia

    • あらすじ
    • 登場人物
    • スタッフ
    • 主題歌
    • 外部リンク

    主人公・櫻羽一時は、毎日の習い事が多い事を除けばごく普通の中学生であり、サービスエリアの社長を務める母・弓香と共に平穏に暮らしていた。無愛想に付き纏う幼馴染の紅雪に辟易しながらも、毎日が光り輝く日常であると思い込んでいた。だが中学の後輩・椿里美から愛の告白をされた事で彼の運命は変わる。里美は一時を色仕掛けで惑わせてから殺そうとし、刺客が続々と現れる。母の同僚に助けられた一時は、母から自身が第19代伊賀忍者正当後継者である事、忍者世界の掌握を企む甲賀の里から狙われている事を告げられた。生き残るためには一時も忍者にならなければならないと言われた一時は、戸惑いながらも忍の世界に足を踏み入れることになる。

    櫻羽 一時(さくらば いっとき)

    1. 声 - 逢坂良太 2. 本作の主人公。普通の生活を送っていたが、とある日に伊賀忍者第19代正当後継者であることを知り、同時に命を狙われていることも知る。 3. 母からは「逃げても良い」と言われたが母を1人に出来ないと覚悟を決めて、忍者になる為に黒点忍術学園に通う事になる。

    加賀 時貞(かが ときさだ)

    1. 声 - 小西克幸 2. 伊賀忍者。一時の叔父。普段は伊賀サービスエリアで働いている。店員としてはあまり優秀ではないが、忍者としては最強クラスで「修羅の時貞」と呼ばれている。

    紅雪(こうせつ)

    1. 声 - 白石晴香 2. 伊賀忍者の少女。一時の幼馴染で、彼を陰から守り続けていた。 3. 寡黙で常にマスクで顔の下半分を隠している事もあり、一時からは警戒され距離を置かれている。彼女の方もクールに接しているが気絶した一時に膝枕をしたり、忍術学園の入学試験に苦戦する一時に助言して彼を支えている。

    企画原案 - DMM pictures、TROYCA
    監督 - 渡部周
    シリーズ構成 - 高野水登
    キャラクターデザイン・総作画監督 - 鈴木勇

    「光」

    1. ハンブレッダーズによるオープニングテーマ。作詞はムツムロアキラ、作曲・編曲はハンブレッダーズ。

    「おぼえたて」

    1. 黒子首によるエンディングテーマ。作詞・作曲は堀胃あげは、編曲は黒子首と共編曲として伊藤翼と江渡大悟。

  5. ja.wikipedia.org › wiki › 後宮の烏後宮の烏 - Wikipedia

    『 後宮の烏 』(こうきゅうのからす)は、 白川紺子 による 日本 の ライト文芸 。 イラストは 香魚子 が担当している。 集英社オレンジ文庫 ( 集英社 )より2018年4月から2022年4月まで刊行された。 中華風の世界観を舞台に、後宮の奥深くに住む「烏妃」と呼ばれる特別な妃と、噂を頼って彼女の元を訪れた皇帝を中心に描く ファンタジー小説 となっている [1] 。 2022年8月時点でシリーズ累計発行部数は120万部を突破しており [2] 、集英社オレンジ文庫におけるファンタジー人気の先鞭をつけた作品に位置づけられる [3] 。 メディアミックスとして、2022年10月よりテレビアニメ化が放送中 [4] [5] 。 あらすじ [ 編集]

  6. 香月史郎(こうげつ しろう) 主人公 [7] 。 推理作家。 大学時代は写真サークルに入っていた。 過去に自身の小説が現実の事件で模倣され、作家の視点で気づいたことが犯人逮捕につながり、それ以降も警察に非公式で捜査協力を求められるようになった。 翡翠の力を借りながら、論理的に推理して事件を解決していく。 城塚翡翠(じょうづか ひすい) 20歳くらいの容姿端麗な女性。 黒髪で瞳は翠色。 自らを死者の言葉を伝えることができる「 霊媒 」と名乗り、都心のタワーマンションに仕事場をかまえ、無償で死者に関する相談に乗っている。 香月に、自分は普通の死を迎えることができないと予感を告げる。 鐘場正和(かねば まさかず) 警視庁捜査一課の刑事。 階級は 警部 。

  7. 安積那由他(あづみ なゆた) 演 - 山﨑賢人 若き天才ゲーム開発者。 大学時代、隼人と共同で「 ジョン・ドゥ 」名義で インディ で活動し [4] 、オンラインゲーム『 ダウンウェル 』を大ヒットさせ、素性不明のゲーム開発者ということから「ゲーム業界の バンクシー 」と称される。 しかし、親友の公哉がSAGASにゲームを売り込んだ際、興津にゲームの権利を奪われ自殺したことがきっかけで、ゲーム開発から距離を置くようになる。 自動車整備工場で働いていたが、アトム玩具の海に探し当てられゲーム開発に復帰する。 アトム玩具のカプセルトイ「 ネッキー 」 [5] のコレクター。

  1. 其他人也搜尋了