Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 西川祐信 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/西川祐信

    西川 祐信(にしかわ すけのぶ、寛文11年(1671年) - 寛延3年7月19日(1750年 8月20日))とは、江戸時代前期から中期にかけての浮世絵師。江戸を中心とした1枚摺の作品で主に語られる浮世絵の歴史の中で、祐信は京都で活躍し、絵本を主に手がけたためやや等閑視 ...

  2. 山姥 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/山姥

    山姥の説話 「山母」、「山姫」、「山女郎」とも呼ばれ、宮崎県 西諸県郡真幸町(現えびの市)の「ヤマヒメ」は、洗い髪して、よい声で歌うという。 岡山県の深山に存在する「ヤマヒメ」は、二十歳ほどの女性で、眉目秀麗で珍しい色の小袖に黒髪、出会った猟師が鉄 ...

  3. 遊廓 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/女郎

    江戸に遊廓が誕生したのは1612年(慶長17年)である。 駿府(今の静岡市)の二丁町遊郭から遊女屋を移して日本橋人形町付近に遊廓がつくられ、これを吉原遊廓と呼んだ。 吉原遊廓は明暦の大火で焼失。 その後浅草山谷付近に仮移転の後、すぐに浅草日本堤付近に移転 ...

  4. 天寿国繡帳 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/天寿国繡帳

    天寿国繡帳(てんじゅこくしゅうちょう)は、奈良県 斑鳩町の中宮寺が所蔵する、飛鳥時代(7世紀)の染織工芸品。 天寿国曼荼羅繡帳(てんじゅこくまんだらしゅうちょう)とも呼ばれる。 銘文によれば、聖徳太子の死去を悼んで妃の橘大郎女が作らせたという。

  5. 古詩十九首 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/古詩十九首

    古詩十九首(こしじゅうきゅうしゅ)は、中国 南朝梁の昭明太子蕭統(501年 - 531年) [1] の手による文芸集『文選』の巻二十九に収められている、作者未詳(無名氏)の19首の五言詩を指す。 魏 晋以降に全盛を極める五言詩の起源とされ、『詩経』『楚辞』と並ぶ古 ...

  6. 雪女 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/雪女郎

    雪女(ゆきおんな)は、雪の妖怪。別名として「ユキムスメ」、「ユキオナゴ」、「ユキジョロウ(雪女郎)」、「ユキアネサ」、「雪オンバ」、「雪ンバ」(愛媛)、「雪降り婆」とも呼ばれる [1]。「ツララオンナ」、「カネコリムスメ」「シガマニョウボウ」など、 ...

  7. 子別れ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/強飯の女郎買い

    子別れ(こわかれ)は古典落語の演目の一つ。 柳派の初代春風亭柳枝の創作落語で、3代目麗々亭柳橋や4代目柳家小さんの手を経て磨かれた人情噺の大ネタである。 別題は「子は鎹」「強飯の女郎買い」「子宝」「逢戻り」等多数。 主な演者には、5代目古今亭志ん生や6 ...

  8. 唐十郎 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/赤テント

    21歳で土方巽の門下となるまでは、謹厳な父親の指導で、「朝6時半に起き、夜は7時半に寝る」という真面目一方の人間であった [8]。なお、当時の土方の門下には、石井金八、麿赤児、中嶋夏、李麗仙らがいた [9]。 唐十郎の喧嘩武勇伝については枚挙に暇がない。

  9. 桂歌丸 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/桂米坊

    桂 歌丸 ( かつら うたまる ) 2016年5月31日、東京都千代田区にて 本名 椎名 巌(しいな いわお) 生年月日 1936年 8月14日 没年月日 1. 古今亭今児(1951年 - 1961年) 2. 桂米坊(1961年 - 1964年) 3. 桂歌丸(1964年 - 2018年)

  10. 大伴坂上郎女 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大伴坂上郎女

    大伴坂上郎女(おおとものさかのうえのいらつめ、生没年不詳)は、『万葉集』の代表的歌人。 大伴安麻呂と石川内命婦の娘。 大伴稲公の姉で、大伴旅人の異母妹。 大伴家持の叔母で姑でもある。『万葉集』には、長歌・短歌合わせて84首が収録され、額田王以後最大の ...