Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 皮秒 相關
    廣告
  1. 疥癬 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/疥癬
    • ヒゼンダニ
    • 感染
    • 症状と診断
    • 歴史
    • 治療法
    • 予防
    • 出典
    • 外部リンク

    動物の種類によってヒゼンダニの種は異なる。ヒトに対しては、Sarcoptes scabiei var. hominis が関係する。ヒゼンダニの大きさは雌成虫で体長約400μm、体幅約325μmで肉眼ではほぼ見えない。交尾を済ませた雌成虫は、皮膚の角質層の内部に鋏脚で疥癬トンネルと呼ばれるトンネルを掘って寄生する。疥癬トンネル内の雌は約2ヶ月間の間、1日あたり0.5-5mmの速度でトンネルを掘り進めながら、1日に2-3個、総数にして120個以上の卵を産み落とす。幼虫は孵化するとトンネルを出て毛包に潜り込んで寄生し、若虫を経て約14日で成虫になる。雄成虫や未交尾の雌成虫はトンネルは掘らず、単に角質に潜り込むだけの寄生を行う。 1. ヒゼンダニ科ヒゼンダニ属 1.1. イヌセンコウヒゼンダニ Sarcoptes scabiei var. canis 1.2. ウシセンコウヒゼンダニ Sarcoptes scabiei var. bovis 1.3. ウマセンコウヒゼンダ Sarcoptes scabiei var. equi 1.4. ヒツジセンコウヒゼンダニ Sarcoptes scabiei var. ovis 1.5. ヒトヒゼンダニ Sarcoptes scabiei var. hominis 1.6. ブタセンコウヒゼンダ Sarcoptes scabiei var. suis 1. ショウセンコウヒゼンダニ属 1.1. ネコショウセンコウヒゼンダニ Notoedres cati 1. トリヒゼンダニ科トリアシヒゼンダニ属 1.1. トリアシヒゼンダニ Knemidokoptes mutans 1. キョウセンヒゼンダニ科キュウセンヒゼンダニ属 1.1. ウサギキュウセンヒゼンダニ Psoroptes cuniculi 1.2. ウマキュウセンヒヒゼンダニ Psoroptes equi 1.3. ヒツジキュウセンヒゼンダニ Psoroptes ovis

    交尾直後の雌成虫が未感染の人体に感染すると、約1ヵ月後に発病する。皮膚には皮疹が見られ、自覚症状としては強い皮膚のかゆみ(アレルギー反応)が生じる。皮疹には腹部や腕、脚部に散発する赤い小さな丘疹、手足の末梢部に多い疥癬トンネルに沿った線状の皮疹、さらに比較的少ないが外陰部を中心とした小豆大の結節の3種類が見られる。

    非常に強い痒みが主要症状で、水疱性疥癬は小児に好発する。 身体所見として疥癬トンネルがあれば疑う。疥癬トンネルからの擦過物を顕微鏡で観察してダニ、虫卵、糞粒を認めることで確認する。 1. 足の疥癬 2. 腕の疥癬 3. 手の疥癬 4. 手の指の疥癬 5. 極度に角質増殖した手腕

    中国隋の医師巣元方が著した『諸病源候論』に疥として記載がある。また、唐の孫思邈が著した『千金翼方』は、硫黄を含む軟膏による治療法が記載されている。(光田健輔 1934)によると、昔はらい病と疥癬はよく合併し、光田自身も神社仏閣でよく観察していたという。なお、光田は令義解のらいが伝染した話は、疥癬があり、伝染したことが観察されたのではないかという。通常のらいであれば、伝染する印象はない。

    内服薬

    1. イベルメクチン(ストロメクトール錠) - 日本では、2006年8月に疥癬への保険適応となった。

    外用薬

    1. フェノトリン(スミスリンローション5%) - 合成ピレスロイド。2014年5月、日本でも医療用医薬品として発売された。 1. 1.1. 0.4%のパウダータイプやシャンプータイプは、シラミ駆除の一般用医薬品 1. イオウ末 - 沈降硫黄に流動パラフィンを研和、白色軟膏で5〜10%に製する、院内製剤または薬局製剤で、保険適応。 2. イオウ・サリチル酸・チアントール軟膏 - 第十七改正日本薬局方収載品で、薬価収載されているが、製造中止となり販売されていない。 3. クロタミトン(オイラックスクリーム10%、など)- 保険適応はないが容認されている。上記に比較し、効果が弱い。 1. 1.1. 名称がオイラックスの外用薬でも、オイラックスHクリーム、市販のオイラックスA、オイラックスPZ軟膏・クリーム、オイラックスデキサS軟膏はステロイドが含有されているので使用してはいけない。 1.2. ステロイド(副腎皮質ホルモン)製剤は皮膚症状が増悪するため禁忌である。 1. 安息香酸ベンジル - 6~35%濃度でローションを調製し、使用する(保険適応外)。 2. ペルメトリン- 合成ピレス...

    動物用医薬品

    1. イベルメクチン(アイボメック、イベルメック、など) - 牛、豚、犬、猫、牛。飼料に混ぜて経口投与、皮下注射、体表に滴下 2. フルメトリン(バイチコール) - 牛。体表に滴下 3. セラメクチン(レボリューション6%、など) - 犬、猫。体表に滴下 4. チアントール(ネオスキン-B、など) - 犬、猫。体表に塗布 5. サロラネル(シンパリカ)-犬。経口投与、国内は疥癬には未承認。 6. フルララネル(ブラベクト)-犬は経口投与、猫は体表に滴下、国内は疥癬には未承認。 7. アフォキソラネル(ネクスガード、ネクスガードスペクトラ)-犬。経口投与、国内は疥癬には未承認。

    医療従事者、介護者は、鱗屑から感染する可能性があるため、ディスポーザブル手袋やガウンの着用が必須である。
    患者の着衣やシーツなどは、殺虫剤(ピレスロイド系)処理するか、熱処理(50℃、10分)する。
    鱗屑が床に落ちている可能性があれば殺虫剤を散布する。
    ^ a b 疥癬とは国立感染症研究所
    ^ 感染症アラカルト:疥癬 : 診断・治療~感染対策Becton, Dickinson and Company.(2015年3月)
    ^ a b c 疥癬診療ガイドライン(第 3 版)日本皮膚科学会 (PDF)
    ^ 「ムトウハップ(六一〇ハップ)」を生産していた武藤鉦製薬が業務終了へ、すでに工場は操業停止GIGAZINE 記事:2008年11月25日 閲覧:2015年10月23日
  2. 川崎病 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/川崎病
    • 病名の由来と発見
    • 症状
    • 疫学
    • 原因
    • 治療
    • 外部リンク

    病名は川崎富作によって発見されたことに由来する。 神奈川県川崎市、川崎医科大学など上記以外の「川崎」を称する事物とは関係がない。かつて川崎市海岸部の工業地帯で大気汚染による公害(川崎公害)が問題化し、気管支喘息が多くみられた当時は地域特有の公害病と誤解される例も多かった。 1961年(昭和36年)、日本赤十字社中央病院(後の日本赤十字社医療センター)に勤務していた川崎富作が、発熱後に手や足の皮膚が剥がれ、抗生物質が効かない子供を初めて診察した。さらに同様の症状の患者を診療したことをきっかけに、従来の症例に当てはまらない新しい病気であることを確信した。川崎は1967年に日本語論文、1974年に英語論文を発表。当初は一介の小児科医の報告ととられ受け入れられなかったが、アメリカ合衆国で同様の症例が出現したことで、新しい病気として認知されるようになった。 1978年、世界保健機関(WHO)の国際疾病分類に掲載された。

    初期は急性熱性疾患(急性期)として全身の血管壁に炎症が起き、多くは1-2週間で症状が治まるが、1ヶ月程度に長引くこともあり、炎症が強い時は脇や足の付け根の血管に瘤が出来る場合もある。心臓の血管での炎症により、冠動脈の起始部近くと左冠動脈の左前下行枝と左回旋枝の分岐付近に瘤が出来やすい。急性期の血管炎による瘤の半数は、2年以内に退縮(リグレッション)するが、冠動脈瘤などの後遺症を残す事がある。 主要症状は以下の6つである。 1. 5日以上続く原因不明の発熱(ただし治療により5日未満で解熱した場合も含む) 2. 両側眼球結膜の充血 3. 四肢の末端が赤くなり堅く腫れる(手足の硬性浮腫、膜様落屑) 4. 皮膚の不定型発疹 5. 口唇が赤く爛れる、いちご舌(=舌が真っ赤になる)、口腔咽頭粘膜のびまん性発赤(※「びまん性」とは病変が比較的均等に広がっている状態であることを意味する医学用語) 6. 有痛性の非化膿性頸部リンパ節腫脹 以上6つの主要症状のうち5つ以上を満たすものを本症と診断するが、5つに満たない非典型例も多い。発熱、発赤、リンパ節腫脹などは乳幼児期のウイルス感染症でも極一般的に認める症状であり、確定診断には困難を伴う。主要症状には含まれていないが、乾癬様皮疹、麻痺性イレウス、低アルブミン血症、BCG接種部位の発赤・痂皮形成などは留意すべき所見とされる。

    特徴

    欧米に比べると日本をはじめとするアジアの国々に多い(日本や中華人民共和国、大韓民国など)。男女比は女児よりも男児に多い傾向がある。好発年齢は4歳以下で特に1歳前後に多い。冠動脈径 8mm以上(通常 2mm以下)が約0.5%発生し、死亡率は約 0.05%程度。年齢により症状は異なる。

    患者数

    日本では、1980年代後半から1990年代において年間およそ6,000人が発症している。1999年は約7,000人、2000年には8,000人と増加傾向にある。日本では1982年に16,000人、1986年に13,000人の流行があった。2000年以降も患者の発生は続き、2004年には患者数10,000人を超え、2008年の患者数は11,756人が報告されている。また、2008年は、10万人当たりの罹患率(0-4歳児)も上昇傾向で、218.6人と史上最高を記録している。2018年は約1万7000人。過去50年間で、患者数が増える「流行」期が度々見られる。

    川崎病の病因は不明で、感染症なのか自己免疫疾患なのかは、はっきり特定されておらず、感染症説、スーパー抗原説、自己抗原説、RNAウイルス説など、様々な仮説がある。ただ発病は夏と冬に多く、地域流行性があることから、何らかの感染が引き金となって起こる可能性が示唆されている。 1. 1979年、カンジダ 2. 1990年、A群溶連菌。 3. 2005年、仮性結核菌による菌血症の幼児患者が川崎病類似症状を呈し、播種性血管内凝固(DIC)を合併した。 4. 2009年:順天堂大学のグループが患者の体内で大量に増えたブドウ球菌や桿菌といった複数の細菌の感染によって引き起こされる可能性が高いという研究結果を発表し、これらの細菌を抑える抗菌薬(ST合剤)を投与することで、症状が回復した症例も得られた結果を発表した。 5. 2011年:症例数の変動と、中央アジアで発生して東方に移動し、北太平洋を横断するジェット気流の循環の強弱が、似た変動を示すことが明らかとなった。 6. 2014年:国際研究チームによって、中国東北部からの風が関与しているという研究成果がまとめられた。この風にはカンジダ類が多く含まれている事が判明している。 7. 2014年、国際研究チームによって、中国北東部の穀倉地帯から来る風に乗って運ばれる毒素が、日本で川崎病の原因になっている、との推定が発表された。中国で行われた農業改革で農業生産が高まった時期と川崎病の流行ピークが合致していると判明。具体的に言うと、自治医科大学公衆衛生学教室の《川崎病全国調査からみた川崎病疫学の特徴とその変遷》にある罹患率推移グラフには過去3回の全国規模の川崎病流行のピーク(1979年、1982年、1986年)が現れているが(グラフは出典掲載のものを参照のこと)、その頃に中国の農村で何が起きたか調べると、1979年には中国政府が農産物買付価格を18年ぶりに大幅に引き上げる生産刺激策を取り、川崎病の最も大きなピークの1982年の元日には「個別農家への請負制」を認める中国共産党中央の文書が発表され、集団営農の人民公社制度が一気に解体。3番目のピークの1986年にかけて「農産物と副産物の統一買付けと割当買付け制度廃止」など農業生産の自由化が続々と打ち出された。その後、川崎病はピーク状の(とがった)変動は見られなくなるものの、小児人口10万人当...

    川崎病治療の目的は、急性期の炎症反応を可能な限り早期に終息させることで、冠動脈瘤の形成を予防することである。初期治療としては免疫グロブリンとプレドニゾロン、アスピリンを併用される。この併用療法により48時間以内に解熱しない、または2週間以内に再燃が見られる場合を不応例とする。 不応例には、免疫グロブリンとシクロスポリンあるいはインフリキシマブの併用投与を行うか、ステロイドパルス療法が有用な例も報告されている。また冠動脈が拡張を来していないか、心エコーによりフォローする必要がある。冠動脈病変が好発する第10病日で行い、異常が認められない場合には発病後6週で再検する(実際は各施設により心エコーを行う時期はまちまちと思われる)。冠動脈病変が認められない場合、その時点でアスピリンを中止する。 5日以上持続する発熱が診断基準の1つとなっているものの、他の診断項目から明らかに川崎病と医師によって診断される場合には、発熱5日まで治療開始を待つ必要はない。遅くとも、発症7日以内に治療開始することが望ましいとされる。

  3. Sweet病 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/Sweet病

    Sweet's syndrome lesions with the classical form of the dermatosis. (a) 肩の5cm径の紅斑 (b) 腕の1cm径の結節病変 (c) 手の紅斑 Sweet病(スウィートびょう)は、発熱、末梢好中球増加、好中球浸潤性紅斑を三徴とする疾患である [1]。 好中球性皮膚症とも ...

  4. ハンセン病 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ハンセン病

    ハンセン病(ハンセンびょう、Hansen's disease, leprosy )は、抗酸菌の一種であるらい菌 (Mycobacterium leprae) の皮膚のマクロファージ内寄生および末梢神経細胞内寄生によって引き起こされる感染症である。 病名は、1873年にらい菌を発見したノルウェーの ...

  5. 皮膚むしり症 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/皮膚むしり症
    • 概要
    • 診断
    • 鑑別
    • 関連項目

    衝動制御障害の一つで皮膚の凹凸や角質に留まらず健康的な皮膚もむしり取らずにはいられなくなる。DSM-5では『強迫症および関連症群』に分類されている。ICD-10では「人工皮膚炎」の下位分類に記されている。 患者の4分の3は女性である。 通常は爪で自らの皮膚をむしるが場合によっては針やピンセットなどの道具が使用されることもある。傷跡の化膿や出血を招くので早めの治療が必要である。

    診断を支持する特徴は以下の通りである。 A. 皮膚の損傷を引き起こす繰り返される皮膚を掻く、剥がす、むしり取る行為。 B. 皮膚を掻く、剥がす、むしり取る行為を減らしたりやめようと繰り返し試みるがうまくいかない。 C. 皮膚を掻く、剥がす、むしり取るによって、臨床的に意味のある苦痛、または、社会的、学業的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。 D. 皮膚を掻く、剥がす、むしり取る行為は、物質関連障害または身体疾患によるものではない。 E. 皮膚を掻く、剥がす、むしり取る行為は、他の精神疾患の症状ではうまく説明できない。

    統合失調症や妄想性障害などの精神病による妄想の一つに、寄生虫に感染していると思い込む「寄生虫妄想」があり、それが皮膚むしり行為を引き起こす場合がある。 強迫性障害の洗浄強迫による皮膚疾患、身体醜形障害の外見の欠陥または欠点を改善しようという試み、抜毛症などほかの強迫スペクトラム障害との鑑別を要する。 一般の皮膚疾患により皮膚をむしったり掻く行為は除外する。 境界性パーソナリティ障害などによる自傷行為と鑑別を要する。

  6. 地方病 (日本住血吸虫症) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/地方病_(日本住血吸虫症)

    本項で解説する地方病(ちほうびょう)とは、日本住血吸虫症(にほんじゅうけつきゅうちゅうしょう) [† 1] の山梨県における呼称であり、長い間その原因が明らかにならず、住民らに多大な被害を与えた感染症である。 ここではその克服・撲滅に至る歴史について説 ...

  7. オナニー - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/オナニー
    • 呼称
    • 語源
    • 歴史
    • オナニーの方法
    • オナニーに関する統計調査
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    日本の中世では「せつり」といったが、また『宇治拾遺物語』に「かはつるみ」とあり、この「かはつるみ」は「皮とつるむ(接交する)」の謂とされる。更に平安時代初めの編纂と見られる「神楽歌」には「肱挙(かひなげ)」という語彙もある。 近世以来、男性のオナニーを「せんずり」とも「へんずり」といい、江戸時代の川柳に「千摺りは隅田の川の渡し銛 竿を握いて川をアチコチ[注釈 1]」とある。 日本では男女のオナニーは「手淫」、「自涜」とも言い、手淫は幕末[注釈 2]、自涜は明治初期に考案された呼称である。「自涜」は、自らを穢すという意であり、「手淫」にもオナニーを忌むべきものとする考えが背景にある。また、「セルフプレジャー」は猥褻でない保健用語として使用が奨励されているが、普及は進んでいない。 中学生から30歳代頃までの若年男性を中心にスラングとして「シコる」「抜く」「オナる」「ひとりエッチ」[注釈 3]「マス(を)掻く」「致す」などと表現する場合もある。 また、「マスターベーション」という言葉が用いられる場合もある。

    オナニー (独: Onanie) の語源は、『旧約聖書』「創世記」中の記述に由来する。 「創世記」38章にオナンという名の男が登場する。彼は兄エルが早死にしたため、その代わりに子孫を残すべく兄嫁タマルと結婚させられた(逆縁結婚)。しかしオナンは兄のために子を残すことを嫌い、性交時は精液を膣の中に放出せず、寸前で陰茎を抜き精液を地に漏らして避妊をしようとした。しかしこの行為は神の意志に反するものとされ、オナンは神によって命を絶たれた。オナンがおこなったのは膣外射精であるが、語義が転じて生殖を目的としない射精行為としてオナニーという言葉が使われるようになった。これは自慰それ自体が罪だとされたのではないという見方もある。

    非道徳性

    西洋ではオナニーが聖書の説くところの罪にあたるか、道徳的に許されるかなどが古来より議論の的となってきた。 『旧約聖書』の神は「生めよ増やせよ地に満てよ」と人間に命じている。語源となるオナンの行為は神の意図に逆らう宗教的な反逆である。ユダヤ教・キリスト教では、性交は生殖のために神から命ぜられた行為であると位置づけられているため、生殖を目的としない行為であるオナニーは売春などと同様に神の命令に背く行為とされ非道徳的であり、罪にあたるとする伝統もあった。オナニーの法的規制の例としては、厳格なピューリタンによってひらかれた植民地時代のアメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブンにおいて1640年代の法典では「冒涜者、同性愛者、自慰者への最高刑は死刑」と規定されている 。 ただしオナンの罪とは、正確には生殖を目的としない射精行為でも、無駄に精液を地に漏らしたことでもなく、古代社会のレビレート婚の掟を破り、兄の未亡人に子供を与えねばならぬ義務を果たさなかったことであると前述したように、時代の風潮にあわせてオナンの罪は、微妙に変化してきた。西洋の反オナニー言説を「宗教の産物」と直結することはでき...

    西洋における反オナニーの歴史

    17世紀以前にはオナニーを罪とみなす宗教者の言説はあるが、オナニーそのものへの言及はさほど多くないともされる。西洋では「固まりミルク」と称して村の少年たちが精液の飛ばし合いっこをしていた。16 - 17世紀の主流をなしていたガレノス医学では、オナニーはむしろ奨励されていた、ともいう。ただし宗教者の中では、たとえ健康のためであっても自然に反する行為であって許されない、という意見が主流であったという。 反オナニーが人口に膾炙するきっかけになったのは、1715年に出版された『オナニア』(著者匿名[注釈 4])であった。同書はオナニーの有害性を道徳面よりも医学面において特に強調し、著者が独占販売権を握るというオナニー治療に効果的な薬の購入を呼びかけていることから、金儲けが同書刊行の目的だった。1760年頃には、スイスの医師ティソが De Morbisex Manustuprationeを、1764年には『オナニスム』を出版する。これは、ヨーロッパ中に名声を博していた臨床医による、医学面からの有害性を訴えた本であり、ドイツの哲学者カントは『教育学』(1803年)において自慰の有害性を主張し...

    日本における歴史

    13世紀の『宇治拾遺物語』には、源大納言雅俊が法会を催すに際して僧を集め、一生不犯である旨の起請(女性との性行為をしたことがなく、今後もしないという誓い)をたてさせたところ、1人の僧が「かはつるみはいかが候べき」(オナニーはどうなのでしょう?)と青い顔をして尋ねたので、一同が大爆笑した、という記述がある。 江戸期の儒医学者・貝原益軒の『養生訓』(1713年)では、オナニーと性交を区別する記述はないが、精液を減損しないことが養生の基本とされ、性行為そのものを否定はしないが、過度に陥ることは害とされる。このように精液減損の観点から健康維持を説き、性行為が過度に陥ることを戒める発想は、江戸期の性を扱った書物に一般的なものであったともいう。中にはオナニーを性交と区別して否定するものもある。このような発想は武士階層のみならず、漢方医の必携書にも同様の記述が見られることから漢方医を通じ、町人、農民層を含めた広範な範囲に広まっていたと考えられる。これが日本において、明治期の開化セクソロジーに見られる反オナニー言説がすんなりと受容される土台となった。だが、近代以前はそれ以降に比べ、オナニーに関し...

    男性

    主に、陰茎を手で握るかつまみ、上下にピストン運動を行う。これを「手淫」ともいう。 亀頭や陰茎を手や物で刺激したり、床やベッドに押し付けたりして行う場合もある。いわゆる仮性包茎の場合、包皮を手や物を用いて引っ張ったりつまんだり、包皮を亀頭に被せたり露出させたりするなど、包皮に刺激を与えて行う場合もある。オナホール(女性器を模したものやTENGAなど)などの性具を使用したり、乳首や陰嚢も手で刺激しながら行う場合もある。包皮は亀頭を保護する膜なので、包皮を被せたまま刺激するケースも多い。陰茎に刺激を与え続けるとオーガズムに達し、精通以後であれば射精し、精通以前の男児であれば射精を伴わないドライオーガズムに至る。 刺激だけで射精に至る場合もあるが、性的興奮を高めるため、アダルトビデオ・アダルトサイト・エロ本を視聴したり、性的対象の人物や、特定の場面を空想したりしながらオナニーを行うこともある。これらをスラングで「オカズ(ズリネタ)」「オナペット」=オナペともいう。中にはアダルトアニメ・アダルトゲームなどを視聴しながら行う者もいる。 射精に至るまでの時間は、個人や状況によって異なり、すぐに...

    女性

    基本的に陰核への刺激であるが、まず陰核の包皮上と陰核周囲に刺激を与え膣分泌液の分泌を促す。次に、膣分泌液を指先につけ、その指で陰核の包皮を剥いて陰核を刺激する。また、陰核以外の性感帯へも刺激を行う。それを行うことで尿道口から液体が吹き出す現象、いわゆる潮吹き (女性器)に至ることもある。 バイブレータ(陰茎を模した振動機)を使用する人もいる。また、陰部を圧迫するだけでオーガズムに達するという人もいる。 女性科学研究所によると女性は、基本的に、男性と違いホルモンバランスの影響を除き生理的な欲情が発生しないため外的要因によって、脳を興奮状態に置く必要があるとされている。その例として「好きな男性が抱きついてくること」や「実際に性交に及ぶことをイメージする」などがあげられる一方で「ポルノ映画などのシーンを想像することは少ない」とされている。それに加えて純粋に体の気持ちいい場所を探すことや脳を興奮状態にできるようにオナニー時の衣装やオナニーを行う場所を選ぶ必要がある。また女性は18歳までに約80%が自慰行為を経験しているという。 youtubeで性教育動画チャンネルを背信している、助産師の...

    道具

    オナニーは手のみで行うことが多いが、人によっては道具を使用する場合がある。 男性の場合、オナホールと呼ばれる女性の膣を形取った物に挿入することで、女性器への挿入に近い快感を得て射精する場合もある。同様に女性の場合は、男性器を模した性具ディルドー(昔はこれを「張形」と呼んでいた)を使用する場合もある。また電動で振動する「バイブレーター」を膣口に挿入し性交に近い快感を得る者もいる[注釈 14]。 また、異性の人形ラブドール(ダッチワイフ)を使って、擬似的な性行為を行なう者もいる。

    オナニーの経験率と開始年齢、頻度

    日本性教育協会が行ったアンケート結果によると、1999年までの調査では、年を追うごとに中学生のオナニーの経験率が高まる、オナニー開始年齢の早期化傾向を示していたが、その後は遅延に転じている。中学生(1年生から3年生の在籍者)、高校生(同)の経験率が1999年から2011年にかけて1割以上も減少しているのに対し、大学生の経験率は3%の減少にとどまっていることから、オナニーをしない層が顕著に増加したのではなく、開始年齢が遅延しているものといえる。 (設問「あなたは、自慰(マスターベーション、オナニー)をしたことがありますか。」に「ある」(2005年調査まで)、「1か月以内に経験がある」及び「経験はあるが、ここ1か月はしていない」(2011年調査)と回答した男子の学校種別割合。調査対象に中学生を追加した1987年(第3回)調査以降の数値。) (設問「あなたは、自慰(マスターベーション、オナニー)をしたことがありますか。」に「ある」(2005年調査まで)、「1か月以内に経験がある」及び「経験はあるが、ここ1か月はしていない」(2011年調査)と回答した男子の年齢別割合。) ソフト・オン・...

    ミシェル・フーコー『性の歴史I 知への意志』渡辺守章 (訳)、新潮社、1986年。ISBN 978-4105067045。
    ジョージ・モッセ『ナショナリズムとセクシュアリティ―市民道徳とナチズム』佐藤卓己、佐藤八寿子 (訳)、柏書房、1996年。ISBN 978-4760113828。
    ディディエ=ジャック・デュシェ『オナニズムの歴史』金塚貞文 (訳)、白水社、1996年。ISBN 978-4560057834。
    ジャン・スタンジェ、アンヌ・ファン・ネック『自慰――抑圧と恐怖の精神史』稲松三千野 (訳)、原書房、2001年。ISBN 978-4562034048。
    Baby Girls Often Misdiagnosed with Movement Disorder(forbes.com) - ウェイバックマシン(2005年12月7日アーカイブ分)
  8. 象皮病 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/象皮病

    象皮病(ぞうひびょう, Elephantiasis)あるいは象皮症(ぞうひしょう)とは主としてバンクロフト糸状虫などのヒトを宿主とするリンパ管・リンパ節寄生性のフィラリア類が寄生することによるフィラリア症による、後遺症の一つ。 身体の末梢部の皮膚や皮下組織の結 ...

  9. ボーエン病 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ボーエン病
    • 原因
    • 症状
    • 組織学
    • 関連項目
    • 外部リンク

    原因はヒ素中毒、日光照射、免疫抑制状態(AIDSを含む)、ヒトパピローマウイルス(HPV)などのウイルス感染、タール、皮膚傷害、慢性皮膚炎などが疑われている。なお、日光の当たる部位と当たらない部位の発症率に差はないとする報告もあるほか、病巣組織からヒトパピローマウイルスは検出されなかったとする報告もある。

    乾癬、皮膚炎、白癬やたむしなどの真菌感染症と似ている。典型的には、徐々に拡大する境界鮮明で不整型の紅斑が見られ、皮がめくれたり(鱗屑、scales)、かさぶた(crusts)を伴う。白人の場合は紅斑であるが、有色民族の場合は褐色である。成人に発生し、とくに60歳以上の老人に発生する。日光による場合は露出部に発生するが、ヒ素やその他による場合は服に覆われている場所にも発生する。症状は放置すれば不変の場合もあるが、通常拡大する。単発の場合もあるが、慢性ヒ素中毒の場合は広範囲の場合もある。 診断には慢性ヒ素中毒を念頭に置くべきであり、皮膚科医の診断が必須である。慢性ヒ素中毒の症状は多彩で、点状またはび慢性色素沈着、点状または雨滴状白斑(raindrop leukoderma)、小さい盛り上がり(角化症、keratosis)、下肢の血行障害、潰瘍、乾燥した壊死をともなう 壊療(特に台湾に多発)などがある。原因が飲料水の汚染の場合は地域的に多数発生する。内臓癌の合併もある。湿疹などと誤診されることがある。

    ボーエン病は表皮にとどまった有棘細胞癌である。組織学的に不規則な有棘細胞が表皮全層にみられる。表皮を超えての不規則の細胞の進行はない。表皮突起の幅の拡大、細胞配列の乱れ、核の大小不同があり、特に多核巨細胞(clumping cell)や異角化細胞が混在する。

  10. 野兎病 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/野兎病
    • 歴史
    • 病原体
    • 症状
    • 診断
    • 予防
    • 関連項目

    1837年(天保8年)に本間棗軒が著した『瘍科秘録』において、「食兎中毒」と記したものが野兎病のもっとも古い文献上の記録だとされる。 1911年に、ユタ州でアブに刺されたヒトに原因不明の熱性疾患が発生し、医師のR. A. Pearseが「アブ熱 deer-fly fever」と名付けている。報告当時は原因は不明であったが、後にこれが野兎病と同じものであることが判明した。これがアメリカでの最初の発生報告であったとされる。 1911年、アメリカのカリフォルニア州ツラレ郡で、野生のハタリス(地上に生息するリスの一種)にペスト様の疾患が集団発生し、翌1912年にMcCoyとChapinが原因菌として分離、Bacterium tularensisと命名した。その後、1914年にWherryらがヒトへの感染例を報告した。その後、アメリカ公衆衛生局の医官であったフランシス(Francis)は1919年から野兎病菌の詳細な研究を行った。先のアブ熱だけでなく、アメリカ各地で多くの疾患名で呼ばれていたが、1921年にフランシスは"tularemia"(ツラレミア)という名称に統一することを提唱した。 1925年、アメリカでの研究とは独立に、福島市で開業していた外科医の大原八郎が、地域的に流行していた感染症の原因を解明する過程で、感染源と思われるノウサギから菌を分離した。大原は、軍医であり細菌学の知識を持っていた芳賀竹四郎と共同研究でその解析を行い、自分の妻である大原リキの腕に分離した菌を塗抹して実験的に感染させることで、本菌が病原体であることを証明して、「大原・芳賀菌」と名付けた。 その後、大原とフランシスはそれぞれ、お互いが研究している野兎病とツラレミアが同じ病原体による同じ疾患ではないかと考えて共同研究を行い、その結果、1929年に「B. tularensis」と「大原・芳賀菌」が同一であることが明らかにされた。1947年、Dorofe'evがフランシスの名にちなんでフランシセラ属という新しい属を提案し、学名をFrancisella tularensisに改めた。

    グラム陰性非運動性無芽胞性好気性桿菌である野兎病菌 Francisella tularensisが病原体である。本菌に感染したウサギなどの剥皮や調理の際に血液や肉に接触することで感染する。また、ノミ、ダニ、蚊などを媒介にして経皮的に感染する。なお、ヒトからヒトへの感染は起こらない。野兎病菌は極めて感染力が強い菌であり、数個から100個という、ごく少数の菌と接触しただけで感染が成立する。また皮膚の創傷部だけでなく、健康な皮膚からも侵入して感染できるという、他の細菌には見られない特徴を持つ。このため、本菌を扱っている研究者が実験室感染するケースも多い。

    ヒトにおいては潜伏期は3 - 5日で、突然の波状熱、頭痛、悪寒、吐き気、嘔吐、衰弱、化膿、潰瘍の発生をみる。未治療では3割以上の死亡率となるが、適切な治療が行われればほとんどは回復する。動物では野兎、齧歯類では高感受性であり、敗血症により死亡することが多く、死体では各部リンパ節の腫脹がみられる。羊では発熱、運動失調、下痢、流産などを示し、幼弱なものでは死亡する。

    野兎との接触歴があれば野兎病を疑う。病変塗抹の染色鏡検、凝集反応、遅延型皮内反応の結果などから診断する。最も確実な診断方法は患者からの菌の分離、同定であるが、野兎病菌は発育にシスチンとヘモグロビンを要求するので通常の培地ではほとんど増殖せず、8%ヒツジ脱繊血加ユーゴン寒天培地、システイン加ブドウ糖血液寒天培地、卵黄培地などの適した培地であっても培養に数日を必要とする。

    ワクチン

    1. 弱毒生ワクチンの皮下接種による。3週間程度で抗体価が上昇するが、感染後の接種では効果はない。

    接触の機会低減

    1. ヒトでは野兎や齧歯類との接触回避、媒介動物による刺咬を防ぐことなどが挙げられる。ダニの駆除、野兎の解体には手袋を用いることも予防には有効である。また、日本ではプレーリードッグの輸入を禁止している。

  11. 其他人也搜尋了
  1. 皮秒 相關
    廣告