Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 直立式冷凍櫃 相關
    廣告
  1. 海上コンテナ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/冷凍コンテナ

    海上コンテナは、おもに材料や製品を効率的かつ安全に保管・輸送するために、国を超えた コンテナリゼーション 貨物輸送システムのとして使用されているが、地域内での輸送も一部見られる。. 海上コンテナはさまざまな規格サイズが存在するが、世界の ...

  2. 炊飯器 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/炊飯器
    • 概要
    • 電気炊飯器
    • ガス炊飯器
    • 他の熱源を利用する炊飯器
    • 主な製造メーカー
    • 脚注
    • 関連項目
    • 外部リンク

    家庭用においては電気式(電気炊飯器)とガス式(ガス炊飯器)、それに他の調理機器と組み合わせて使うものがあり、それぞれ電気釜・ガス釜・炊飯鍋ともいう。業務用ではライス・ボイラーといわれる大型のものや、洗米から炊飯までこなす全自動炊飯器なるもの(こちらは炊飯機とも呼ばれる)まで多様な種類が存在する。電気炊飯器は世界初に日本で発明された商品である。1955年に東京芝浦電気(現在の東芝)から発売された。 電気式のものでは炊飯には30分(蒸らし時間を入れると1時間弱)程度の時間が掛かる。日本では1990年代より主流のマイコン内蔵の高度化した機種では、内蔵されたマイコンの演算機能により、炊き上がりの設定時間から炊飯開始の時刻を逆算、任意の時間に炊き上がるような製品も見られる。なお炊飯に掛かる時間は、米の量、熱源の能力(電熱ヒーターのワット数や入力電圧あるいは火力)、外気温や気圧などによって一様ではない。上級品種では外気圧の影響を受けにくいような圧力釜状の機能を持つ製品も多く、廉価版の安価で単純な機能のみの製品との差別化が図られている。 電気式で家庭用の、いわゆる白物家電に属する炊飯器は、1955年の発売当初は日本国内でのみ製造・販売・購入されていた。日本食ブームに乗って欧米へ、またアジア諸国の米飯を食べる地域でも家庭所得の増大と省力化の波に乗って輸出され、後に現地生産、さらには日本への輸出もされるようになっている。 また日本国内では、2011年の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)以後、節電意識の高まりや電気料金の値上げが相次いだことから、炊飯時に電力消費量の少ないガス炊飯器に注目が集まり、一時的に品薄状態となったり、当初予想を大幅に越える出荷数を記録している。さらに単身世帯の増加や個食化により、1合以下の少量でも炊飯できる電子レンジ用炊飯器や、電気式ライスクッカー(ミニ電気炊飯器)、ガスコンロ用炊飯鍋も市場に出回り、選択の幅が広がっている。 なお、日本では「ジャー炊飯器」として家庭用品品質表示法の適用対象となっており電気式のものは電気機械器具品質表示規程に定めがある。

    機能・仕様・価格

    一般家庭用としては、小は単身者用の1合(180ミリリットル)程度のものから、大は10合(1.8リットル=1升)程度まである(業務用の製品では3升程度のものまである)。大きさ、機能、使用する素材、原産国によって価格の開きは大きく、5000〜12万円程度までの幅がある。メーカー各社は競って味や保温性などを改良している。 安価な製品は中蓋がアルミで出来ており、電熱ヒーターで内釜を加熱しており、マイコン式と呼ばれている。マイコン式は発熱効率が悪いため、釜自体を発熱させる事でより効率よく熱を伝えることのできるIH(Induction Heating)式を採用したものが主流となっている(なお、IH式もマイコンで制御されている)。高価な製品では中蓋がステンレスやフッ素加工、炭素繊維で出来ており、IH式に圧力釜を採用したものがあり、圧力IH式と呼ばれている。この方式は、発生した水蒸気を閉じ込めて釜の内部を高圧とすることにより沸点を高め(1.4気圧110°C程度まで)、より高温で炊飯できる。また、もっちりと炊いたり、玄米を消化良く炊いたりすることもできる。また、最近はスチームによって加熱・保温する...

    付加機能

    以前は、炊飯機能だけでなく保温機能も備えている炊飯器を炊飯ジャー、ジャー炊飯器等といったが、1980年代以降の電気式はこれが大半であり、ことさらそのような呼び方はしなくなった。ガス式でも電気による保温機能を備えているものがある。 普通の飯だけでなく、おこわや粥なども美味しく炊けるような付加価値をつけているものも多数あり、さらに機種によってはパンを焼き上げる機能や、パン生地、ヨーグルトの発酵に適した温度を維持する機能なども付加されている場合もある。 2000年代に入り、日本国内では、炊飯器でスープや肉じゃがなどの煮込み料理やスポンジケーキなどを調理することが消費者の間で流行し、炊飯器だけで調理できるレシピを収録した書籍も刊行されている。しかし使用する機種によっては内釜や炊飯器本体を傷める可能性もある。特に釜内側にテフロン加工をしてある機種では、中に陶磁器の食器を入れて調理する際に、その糸底でこのテフロン加工に傷が付くおそれがある。また内釜に焦げ付きが出来たり、内部のパッキングが傷む・匂いが染み付いて炊飯時に臭いが残るなどのトラブルも聞かれる(当然、用途以外に使った場合の故障には、無...

    内蔵電池

    電気式の炊飯器の一部には、コンセントからプラグを抜いた状態でも時計を機能させ、タイマーや炊飯設定を記憶させておくためのリチウム電池が内蔵されている。電池が消耗すると通電していない状態では時計表示が消え、タイマー予約もできないが、炊飯や保温は支障なく行える製品がほとんどである。電池は基板にはんだ付けされた接片にスポット溶接されており、ユーザー自身による交換は想定されていない。そのため有料修理となるが、電池代+技術料(さらに部品代が加わる場合や基板交換の場合もある)でおおよそ4000〜8000円程度となる。

    仕様

    炊飯釜を約1,200度のバーナーによる直火で熱するのが特徴で、IH炊飯器に比べ複雑な機構が必要なく、調理時間もやや短い。ガスコンロ上に炊飯釜を乗せた形状のため、同容量の電気炊飯器に比べ全高は高くなる。都市ガス(12A・13A)用とプロパンガス(LPG)用があり、同じ機種でも燃料ごとに型番が異なる。

    業務用炊飯器

    飲食店などの業務用は、ほとんどの場合ガス炊飯器やガスを使った大型の器具で、数十合(数升=数リットル)を一度に炊ける容量を持つ。こちらは炊き上がりよりも所要時間の短縮に注力される場合が多い。また、釜の形状も積み重ねができるものがあるなど、家庭用と違う需要に応えられるようにデザインされている。 なお、ガス炊飯器でも電気によって放電点火する方式のものや、保温できる機能を付加機能として備えているものもある。

    歴史

    日本国内でのガス炊飯器は、1902年(明治35年)に「ガスかまど」が開発され、改良を重ねながら各ガス会社により1960年代まで販売された。味にこだわる一部の料亭などでは現在でも使用されている。 1957年(昭和32年)にはガス自動炊飯器が開発され、1979年(昭和54年)になると電子ジャー(保温機能)付きガス炊飯器も登場。 1991年(平成3年)には、かまどでの炊飯を忠実に再現した家庭用高級機「αかまど炊き」が発売され、マイナーチェンジされながらロングセラーとなった。 2012年(平成24年)には、21年ぶりにフルモデルチェンジされた「直火匠(じかびのたくみ)」(リンナイ・東京ガス・大阪ガス・東邦ガス共同開発)が販売開始されている。各地域のガス会社との共同開発のため、「地域的な好み」を乗り越えての開発となった。

    単体では炊飯できないが、他の調理機器のエネルギーを利用することで炊飯する調理器具も、炊飯器と呼ばれることがある(「電子レンジ用炊飯器」など)。ただし、ガスレンジやIHクッキングヒーターを用いるものでは、同様のものでも「炊飯鍋」と呼ばれることが多い。どちらも炊飯容量の少ないものが一般的で、参入メーカーも多岐にわたる。

    ^ a b “台所革命!世界初の電気炊飯器の誕生物語” (日本語). [マーケティング] All About. 2019年12月17日閲覧。
    ^ a b ガス炊飯器の実力検証【前篇】- 日経トレンディネット(2013年3月14日)
    ^ “電気機械器具品質表示規程”. 消費者庁. 2013年5月23日閲覧。
    ^ 三菱電機 ジャー炊飯器:NJ-XSB10J 超音波で仕込む蒸気レスIH 炭炊釜/おいしさ
    快適にくらすための家電選び:炊飯器(東京電力くらしのラボが提供している選び方ガイド)
  3. 間宮 (給糧艦) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/間宮_(給糧艦)
    • 概要
    • 性能
    • 艦歴
    • 艦長
    • 参考文献
    • 関連項目

    八八艦隊計画内で能登呂型給油艦の1艦として予算が成立したが、海軍の強い要望で連合艦隊随伴用の給糧艦が1隻、その予算で建造された。それが間宮である。船体は商船構造とし、設計は川崎造船所に委託。設計は同社がかつて手がけた大阪商船の北米航路向け貨客船はわい丸(大阪商船[注 1]、9,467トン)の設計を手直ししたものであり、就役当時の間宮は世界最大の給糧艦であった。1924年(大正13年)7月15日に竣工後、戦時、平時問わず日本海軍の補給の要として活動した。太平洋戦争終盤の1944年(昭和19年)12月下旬、アメリカ海軍の潜水艦シーライオンⅡの魚雷攻撃を受け沈没した。

    食料供給能力

    間宮は純商船式の船体に各種の倉庫・食料貯蔵および製造設備を持ち、平時には艦隊への、戦時には戦地への食料補給が期待された。 艦内の最新式の巨大な冷蔵庫・冷凍庫設備で肉、魚、野菜など18,000人の3週間分の食料を貯蔵できた。寄港先現地での調達も行い、屠殺製肉設備もあったため、牛馬を生きたまま積み込んだのちに食肉加工し、保存しておくことも可能だった。またパンなどの一般的な食料だけではなく、アイスクリーム、ラムネ、最中、饅頭などの嗜好品からこんにゃく、豆腐、油揚げ、麩などの日本固有の食品まで多くの加工食品を製造できた。これらの製造のために間宮の艦内には部屋ごとに分かれたキッチンが多数あり、それぞれに腕の立つ専門職人が乗船し、軍属として働いていた。軍属としての職人らの待遇は良かったとされている。大量の食料を扱うことから衛生面においても特別な配慮がなされており、他艦艇においては航海中は入浴・洗濯とも数日に1回、さらに風呂の湯は海水を用いるなど真水の節約に努めていたが、間宮では風呂でも洗濯でも真水をふんだんに用いることができた。 間宮が入港すると新鮮な食料が各艦に補給されるため、艦隊の酒保と...

    運用

    運送艦間宮はその性質上、巡航速度が非常に低速であったため艦隊に随伴せず単独に近い航行が多かったが、沈没は前線の将兵の士気に多大な影響を与えることから、駆逐艦側も厳重に護衛を行ったとされる。武装がささやかながら備わっていたが、平時は砲台のみが設置されており、砲本体は取り外し、陸上に保管することで食料等の搭載量を増やす運用を行っていった。 食糧補給以外にも訓練時に曳航標的船を搭載したり、分解した水上偵察機などの軍事物資の輸送に従事した。間宮固有の糧食配給艇も数隻搭載。これらの小型艇や物資積込み作業を行うため、上甲板前部に15トン重デリック、後部に20トン重デリックを装備している。医療施設のない小型艦艇の傷病者を受け入れる病院船としての役割も担った。また強力な無線通信設備を搭載し、艦隊の無線検知艦(無線監査艦)としても行動したため、間宮の艦長は通信のベテラン将校が多かったという。 泊地に停泊中、当艦の食料供給能力を利用し、士官室を使用して海軍兵学校同窓会の会場として使用されたこともある。

    建造経緯

    1921年(大正10年)10月17日、神戸川崎造船所で加賀型戦艦1番艦加賀が進水した。川崎造船所は、ただちに次の船の建造にとりかかる。だが同時期に開催されたワシントン海軍軍縮会議およびワシントン海軍軍縮条約により、1922年(大正11年)2月5日に加賀および天城型巡洋戦艦4番艦愛宕の建造中止が通達される。加賀建造中止命令より間もない2月15日、建造予定の水雷母艦に長鯨、特務艦2隻に隠戸と間宮の艦名が与えられた。9月15日、間宮と隠戸は艦艇類別等級表に運送艦として登録。間宮と隠戸は、いずれも神戸川崎造船所で建造することになった。各艦は建造中止の新造艦より機械や部品を流用することになっており、大正11年3月19日の段階で間宮に搭載予定ボイラー八缶のうち四缶は愛宕(巡洋戦艦)から、四缶は加賀(戦艦)からのものを搭載予定だった。 同年(大正11年)10月25日午前10時、間宮は神戸川崎造船所で起工された。当初、間宮は1923年(大正12年)10月31日の竣工を予定していた。前述のように、廃艦解体予定の加賀よりボイラー四缶を転用する計画だったがそのボイラーが届かず、1923年(大正12年)...

    竣工後

    1924年(大正13年)7月15日、間宮は竣工した。大谷も間宮特務艦長(初代)となった。呉鎮守府籍。10月25日、間宮特務艦長は大谷大佐から片山登中佐に交代する。間宮は翌年より連合艦隊に編入されて行動した。本艦は太平洋戦争以前の日本海軍において、ほぼ唯一の給糧艦[注 2]だったため、修理、整備以外の全ての期間で連合艦隊の付属として食糧の補給任務に従事した。 1925年(大正14年)12月1日、片山登大佐(間宮特務艦長)は軍令部出仕となった、山口清七大佐(当時、給油艦早鞆特務艦長)が間宮特務艦長に任命された。 1926年(大正15年)11月1日、間宮特務艦長は山口大佐から藤沢宅雄中佐に交代した[注 3]。 1927年(昭和2年)11月15日、間宮特務艦長は藤沢大佐から入江淵平中佐となる[注 4]。 1928年(昭和3年)12月10日、入江大佐(間宮特務艦長)は軽巡阿武隈艦長へ転任。合葉庄司大佐が間宮特務艦長となる。 1929年(昭和4年)11月30日、合葉大佐(間宮特務艦長)は朝日特務艦長へ転任。後任の間宮特務艦長は小島謙太郎大佐。 1930年(昭和5年)11月15日、戦艦伊勢副長...

    太平洋戦争

    1941年(昭和16年)12月上旬の太平洋戦争開戦時、間宮(連合艦隊附属)はパラオに進出して糧食補給をおこない、しばらく南方作戦(蘭印作戦)に従事した。1942年(昭和17年)4月から内地とトラック泊地間を往復して補給任務に従事、その後も各地への食糧輸送に活躍した。同年10月3日、間宮特務艦長は萬膳三雄大佐から大藤正直大佐[注 10]に交代した。 1943年(昭和18年)以降アメリカ海軍潜水艦の活動により日本軍輸送船の被害も増えはじめ、間宮も輸送船団に加わって航海する機会が増えてきた。一例として同年5月21日、間宮以下輸送船6隻は駆逐艦3隻(駆逐艦春雨[注 11]、駆逐艦大波[注 12]、駆逐艦夕月〈第二海上護衛隊所属〉)に護衛され、トラック泊地から横須賀に帰投している。それでも幾度か被害を受けた。 1943年(昭和18年)10月9日、第3009甲船団(間宮、朝風丸、北江丸、日威丸)は横須賀を出港し、トラックに向かった。駆逐艦追風(第二海上護衛隊)が護衛についていた。翌10月12日未明、父島の西南西300海里北緯28度30分 東経137度28分 / 北緯28.500度 東経1...

    ※脚注なき限り『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。 艤装員長 1. 大谷四郎 大佐:1923年12月1日- 1924年7月15日 特務艦長 1. 大谷四郎 大佐:1924年7月15日- 1924年10月25日 2. 片山登 中佐:1924年10月25日- 1925年12月1日 3. 山口清七 大佐:1925年12月1日- 1926年11月1日 4. 藤沢宅雄 中佐:1926年11月1日- 1927年11月15日 5. 入江淵平 中佐:1927年11月15日- 1928年12月10日 6. 合葉庄司 大佐:1928年12月10日- 1929年11月30日 7. 小島謙太郎 大佐:1929年11月30日- 1930年11月15日 8. 藤森清一朗 中佐:1930年11月15日- 1931年12月1日 9. 富田貴一 大佐:1931年12月1日- 1932年12月1日 10. 加藤正 大佐:1932年12月1日- 1933年11月15日 11. 鈴木義尾 大佐:1933年11月15日- 1934年5月25日 12. 佐々木清恭 大佐:1934年5月25日- 1934年11月15日 13. 青柳宗重 大佐:1934年11月15日- 1936年3月2日 14. 柿本権一郎 大佐:1936年3月2日- 1936年12月1日 15. 星野応韶 大佐:1936年12月1日- 1937年11月15日 16. 秋山門造 中佐/大佐:1937年11月15日- 1938年12月15日 17. 三坂直廉 大佐:1938年12月15日- 1939年11月15日 18. 野村留吉 大佐:1939年11月15日- 1940年10月15日 19. 田村保郎 中佐/大佐:1940年10月15日- 1941年7月1日 20. 福吉保夫 大佐:1941年7月1日- 1941年11月5日 21. 萬膳三雄 大佐:1941年11月5日- 1942年10月3日 22. 大藤正直 大佐:1942年10月3日- 1944年6月10日 23. (兼)清水正心 大佐:1944年6月10日 - 1944年8月29日(本職:佐世保海軍港務部長) 24. 加瀬三郎 大佐:1944年8月29日- 1944年12月21日 戦死、同日付任海軍少将

    海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
    財団法人海上労働協会編『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』財団法人海上労働協会/成山堂書店、1962年/2007年、ISBN 978-4-425-30336-6
    寺崎隆治ほか『補助艦艇奮戦記 縁の下の力持ち支援艦艇の全貌と戦場の実情』潮書房光人社、2016年6月。ISBN 978-4-7698-1620-1。
    福井静夫『福井静夫著作集-軍艦七十五年回想記第七巻 日本空母物語』光人社、1996年8月。ISBN 4-7698-0655-8。
  4. フォークリフト - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/フォークリフト
    • 歴史
    • フォークリフトの種類
    • 車両の特徴
    • アタッチメント
    • 車両の登録・課税関係
    • 操作に必要な資格
    • 労働災害
    • 自主検査
    • メーカー

    1920年代にアメリカ合衆国のエールやクラークなどの複数の企業によって開発される。日本では1939年(昭和14年)に日本輸送機製作所(ニチユ。現:三菱ロジスネクスト)が「腕昇降傾斜型運搬車」として開発したが、普及はしなかった。第二次世界大戦後に進駐軍が持ち込んだことにより注目を集め、それ以後は日本国内の様々なメーカーによって開発されるようになり、現在に至る。なお、日本輸送機製作所が開発した「腕昇降傾斜型蓄電池運搬車」は鉛蓄電池で動作する運搬車で、燃料統制でガソリンが入手しにくかった戦時体制下の事情から蓄電池にて動作するよう造られていた。

    JISが規定しているフォークリフトの種類

    JIS D6201は、次の種類で分類している。 1. 外観形状による分類 1.1. カウンターバランスフォークリフト 1.2. ストラドルフォークリフト 1.3. パレットスタッキングトラック 1.4. サイドフォークリフト 1.5. リーチフォークリフト 1.6. ウォーキーフォークリフト 1.7. ラテラルスタッキングトラック 1.8. 三方向スタッキングトラック 1.9. オーダーピッキングトラック 1.10. ラフテレーンフォークリフト 1.11. マルチディレクションフォークリフト 1.12. プラットフォームスタッキングフォークリフト 2. 動力による分類 2.1. 内燃機関(エンジン)式フォークリフト 2.1.1. ガソリンエンジン車 2.1.2. LPG車 2.1.3. LPG・ガソリン併用車 2.1.4. ディーゼルエンジン車 2.2. 電動式フォークリフト 2.3. 外部電源式バッテリ車 2.4. エンジン・電気併用車 3. 車輪タイプによる分類 3.1. ニューマチック車 3.2. クッション車 4. 操縦方式による分類 4.1. 乗車式 4.1.1. 座席...

    日本産業車両協会の統計上のフォークリフトの種類

    一般社団法人 日本産業車両協会は、次の区分で統計を発表している。 1. エンジン式 1.1. ガソリンエンジン 1.2. ディーゼルエンジン 2. バッテリー式

    ITAのフォークリフトの区分

    Industrial Truck Associationは、フォークリフトを次の種類に分類している。世界のフォークリフトの統計は全て下記の分類でおこなわれている。 1. Class 1 Electric Motor Rider Truck - Counter balanceed 2. Class 2 Electric Motor Narrow isle Trucks 3. Class 3 Electric Pedestrian Trucks 4. Class 4 & 5 Interal Combustion Truck, Cushin and Pneumatic Tires

    車体前方にフォーク(つめ)を具備しており、その「つめ」を荷物の下部やパレットに差し込んで、持ち上げて運搬する。
    フォークを上昇させると共にマスト(支柱)も伸びて上昇し、車体高さよりも高い場所の荷物も扱うことができる。日本国内では2段伸縮マストで最大揚程3メートルのものが標準であるが、小 - 中型では3 - 4段伸縮で最大揚程8メートルのものも使われている。ISOコンテナ用の30 - 45トンの機種では2段伸縮で最大揚程12 - 15メートルのものもある。逆に少数特殊であるが、車体高さよりも低く短いマス...
    カウンターバランス式フォークリフトではマストを前後に傾ける(チルト)機能を有しており、リーチリフトではフォークのみを前後に傾ける機能を有していて、荷重に因るフォークの撓みや車体の前傾を生じても荷物を水平に保ったり、荷物をマスト寄りに抱き込んで走行時に荷物が滑り落ちることを防止するために用いられている。
    タイヤはチューブ付の空気入りタイヤを用いるのが一般的であるが、およそ3トン以下の小型機種では内部に軟質ゴムを充填したノーパンクタイヤも多用されている。リーチリフトでは鉄輪表面にゴムまたは、ウレタン樹脂を貼り付けたソリッドタイヤを用いたものが大多数である。タイヤの色は一般的な自動車用と同様に黒が多いが、床面の汚染を嫌う屋内用途ではタイヤ跡が付かないよう白または緑などのカラータイヤも用いられている。
    ISOコンテナを扱う業種(海運会社やJR貨物など)ではコンテナを吊り上げるスプレッダー付の機種が使われる。スプレッダーには空コンテナ用のサイドスプレッダー(車体寄り左右2か所のみを嵌合)と実入りコンテナ用のトップリフター(全4か所を嵌合)がある。
    原木や丸太材を扱う業種ではフォークが上下に大きくダンプするヒンジドフォークが多用されている。ヒンジドフォークにバケットを装着すれば、おがくず等の比較的軽量な粉体や粒体を掬い上げて運搬することも出来る。
    ロールクランプの装着により、ドラム缶や新聞印刷用原紙など大きな円筒状荷物をそのまま掴み上げて運搬したり、持ち上げた荷物を回転させたりできるものもある。

    構内作業だけに用いて公道走行を行わないフォークリフトでは、自動車登録してナンバープレートを掲示する義務は無い。事業者がフォークリフトを取得して市区町村に登録せず軽自動車税を納めない場合は、固定資産税の償却資産として課税される。小型特殊の軽自動車税の方が安い場合があるので、構内だけを走るフォークリフトでもナンバーを取得することがある。小型特殊自動車を含む軽自動車税は、公共用途等の免除あるいは一部の減免規定を除き、公道走行の有無を問わずに課税対象となり、軽自動車税を納付した証票としてナンバープレートが交付されるからである。詳細は、各市区町村の軽自動車税担当部署に問い合わせのこと。なお、大型特殊の場合は、運輸局運輸支局などでの登録が必要。この場合、自動車重量税の対象となり、車検が必要で、固定資産税の償却資産の対象となる。構内作業車でナンバーがなければ償却資産で課税される。

    全ての現場に要求される資格(労働安全衛生法)
    公道を走行する資格(道路交通法)

    フォークリフトに関連した労働災害で、毎年50人以上が命を落としている。安全衛生年鑑の統計データ(2000年-2007年)によると、事故原因は「挟まれ・巻き込まれ」の38%が最も多く、「墜落・転落」(20%)、「激突され」(18%)が続いている。マストに体が挟み込まれる重大事故を防ぐには、レバーの誤操作につながる危険な作業(運転台から身を乗り出して物を取るなど)を避けることが重要であるとともに、離席時の操作を無効化するデッドマン装置も有効である。

    労働安全衛生規則第151条の21に基づき、1年を超えない期間ごとに「特定自主検査」(法定検査)が義務付られている。特定自主検査は、法定の検査資格を有する自主検査者が行う必要がある。 また、1か月を超えない範囲での定期自主検査および運転前の始業前点検も義務付られている。定期自主検査および始業前点検を行うのは自主検査者でなくてもよい。

    日本
    海外主要メーカー
  5. コードギアスシリーズの機動兵器一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/コードギアスシリーズの...

    コードギアスシリーズの機動兵器一覧(コードギアスシリーズのきどうへいきいちらん)では、テレビアニメ作品『コードギアス 反逆のルルーシュ』に登場する架空の機動兵器について記述する。 漫画作品『コードギアス 反攻のスザク』『コードギアス ナイトメア・オ ...

  6. ユズ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ユズ
    • 名称
    • 原産地
    • 形態・生態
    • 分布・栽培
    • 人間との関わり
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    日本では古くから「柚」、「由」、「柚仔」といった表記や、「いず」、「ゆのす」といった呼び方があった。『和名抄』(932年ころ)には、漢名で「柚」、和名も「由」として表されている。別名を、ユノスともいう。酸っぱいことから、日本で「柚酸(ユズ)」と書かれ、「柚ノ酸」の別名が生まれている。 「柚(ゆ)」は古くはユズを意味したが、近世にはユズに近い大型柑橘類が伝わり、1712年の『和漢三才図会』では柚(ゆ)には二種あり、大きなもののほうは「朱欒(しゅらん)」とも呼ぶとしている。この「朱欒(しゅらん)」はブンタン(ザボン)のことで、1709年の『大和本草』には「朱欒(ザンボ)」とある。また『大和本草』には朱欒(ザンボ)は京師(京都)では「ジャガタラ柚(ゆ)」と呼ばれているとしているが、「ジャガタラ柚(ゆ)」はジャカルタから伝わったブンタンの近縁種で獅子柚子のことともいわれている。 学名のジューノス(junos)は、四国・九州地方で使われた「ゆのす」に由来する。中国植物名(漢名)は香橙(こうとう)という。柚子は中国での古い名だが、今の中国語で柚や柚子はブンタンを指している。

    本ユズは、中華人民共和国中央および西域、揚子江上流の原産であると言われる。中国から日本に伝わり、各地で栽培されている。日本の歴史書に飛鳥時代・奈良時代に栽培していたという記載がある。 花ユズは日本原産とも言われるが、詳しいことは判っていない。

    常緑小高木で、高さは4メートルほどになり、直立して大木になる。花期は初夏(5月ころ)で、葉のわきに白い5弁の花を咲かせる。 秋には球形の果実を結ぶ。果実は比較的大きく、果皮の表面はでこぼこしている。種子の多いものが多い。酸味は強く、独特の芳香を放つ。 ミカン属の中でもっとも耐寒性が強く、年平均気温12度から15度の涼しい気候を適地とする。柑橘類に多いそうか病、かいよう病への耐久があるため、ほとんど消毒の必要がなく、他の柑橘類より手が掛からないこと、無農薬栽培が比較的簡単にできることも特徴のひとつである。 成長が遅いことでも知られ、「桃栗3年柿8年、ユズの大馬鹿18年」などと呼ばれることがある。このため、栽培に当たっては、種子から育てる実生栽培では、結実まで10数年掛かってしまうため、結実までの期間を短縮するため、カラタチへの接ぎ木により、数年で収穫可能にすることが多い。 1. 樹皮 2. 葉 3. 若い果実 4. 収穫した果実

    海外では、韓国最南部の済州島や全羅南道高興郡など、中華人民共和国の一部地域で栽培されている。 現在の日本で栽培されるユズには主に3系統あり、本ユズとして「木頭系」・早期結実品種として「山根系」・無核(種無し)ユズとして「多田錦」がある。「多田錦」は本ユズと比較して果実がやや小さく、香りが僅かに劣るとされているが、トゲが少なくて種もほとんどなく、果汁が多いので、本ユズよりも多田錦の方が栽培しやすい面がある(長いトゲは強風で果実を傷つけ、商品価値を下げてしまうため)。 なお、収穫時にその実をすべて収穫しないカキノキの「木守柿」の風習と同様に、ユズにも「木守柚」という風習がある地方もある(相模原市沢井地区など)。

    食材

    ユズの果汁は、日本料理等において調味料として、香味・酸味を加えるために用いられる。また、果肉部分だけでなく皮も七味唐辛子に加えられるなど、香辛料・薬味として使用される。いずれも、青い状態・熟れた状態の両方とも用いられる。九州地方では、柚子胡椒と呼ばれる調味料としても使用される。これは柚子の皮に、皮が青い時は青唐辛子、黄色く熟している時は赤唐辛子と塩を混ぜて作るもので、緑色または赤色をしている。幽庵焼きにも用いられる。 熟したユズでも酸味が非常に強いため、普通は直接食用とすることはない。薬味としてではなくユズ自体を味わう調理例としては、保存食としてのゆべしの他、韓国の柚子茶のように果皮ごと薄く輪切りにして砂糖や蜂蜜に漬け込む方法などがある。ユズの果汁を砂糖と無発泡水で割ったレモネードのような飲み物もある。果汁はチューハイ等にも用いられ、ユズから作られたワインもある。 柚子の果実のうち果肉の部分をくりぬいて器状にしたものは「柚子釜」と呼ばれ、料理の盛りつけなどに用いられる。近年ではスペインの著名なレストランであったエル・ブジが柚子を大々的に喧伝したのが発端となり、フランス料理を始めと...

    精油

    独特の爽やかな香りのため、様々な香水に使用されている。日本の植物から精油を精製する日本国内メーカーが増えており、果皮を圧搾することにより精油を採油している。その他、多彩な方法で利用されている。果汁搾汁後の残滓に含まれる精油が残滓を堆肥にする時の生物活性を低下させる要因になっていることから、精油を商品価値のある状態で取り除く方法として、超音波減圧水蒸気蒸留法が開発されている。

    柚子湯

    収穫時期の冬場に、果実全体または果皮を布袋にいれて、浴湯料として湯船に浮かべる。薬効の成分は特定されていないが、血行を促進させることにより体温を上昇させ、風邪を引きにくくさせる効果があるとされている。肩こり、腰痛、神経痛、痛風、冷え症などに良いとされる。 京都市右京区嵯峨水尾では、柚子の栽培農家9軒が、柚子風呂付きで鶏料理を提供している。

    貝津好孝『日本の薬草』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、76頁。ISBN 4-09-208016-6。
    田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』講談社〈ベストライフ〉、1995年2月15日、162頁。ISBN 4-06-195372-9。
    "Citrus junos". National Center for Biotechnology Information (NCBI) (英語). (英語)
    "Citrus junos" - Encyclopedia of Life (英語)
    波田善夫. “ユズ”. 植物雑学事典. 岡山理科大学生物地球学部. 2012年12月12日閲覧。
    日本大百科全書(ニッポニカ)『ユズ』 - コトバンク
  7. 斧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/マサカリ
    • 概要
    • 歴史
    • 象徴、宗教的儀式
    • 斧の形式
    • 斧が重要なモチーフになっている物語
    • 脚注
    • 関連項目

    石器時代から世界中に遍在する、歴史のある道具である。→#歴史 斧の基本的な用途は、樹木の伐採、また木材の成型、薪づくり等々である。道具としての斧の一般的な用途は、生きている樹木を伐り倒し丸太を作ったり、枝を切り払ったり、丸太を割ったり、材木を成形すること、薪をつくることなどである。例えば山での伐採に用いる斧に切斧(きりよき)がある。また切り出した木材を角材に製材する斧に削斧(はつりよき)がある。斧は武器としても使用されてきた歴史がある。武器として発達した斧は戦斧と呼ばれる。 斧は使用方法ごとに様々なタイプがある。現代の斧は使用目的、サイズおよび様式ごとに特化している。 斧は石器時代より、石斧(せきふ)として存在し、樹木をたたき切る道具や武器として用いられた。石斧はその製法により打製石斧と磨製石斧に分けられる。技術の発達に連れ、銅、青銅、鉄および鋼で作られた斧が現われた。 片手で使うための短い柄を持つ斧はしばしば手斧(ハンドアックス、ハチェット『Hatchet』)と呼ばれる。特に樹木伐採や木材加工用の、片手で使える小型のものをそう呼ぶのである。(ただし「手斧」という語は、柄のない斧、を指すためにも用いられているので若干注意が必要である。)ハチェットはしばしば刃の背にハンマーを備えていることが多い。また現代では、柄に収納式のガードが取り付けてあり、刃を保護し安全に持ち歩けるようにしたものもある。 中世、近代では通常は木製の柄とそれに直角に固定された金属製の刃からなる。材質に着目すると、西洋の斧は、伝統的には全鋼の刃に、曲線的な木製の柄(典型的ヒッコリー、もしくはホワイト・アッシュ、アオダモ製が)から構成されている。大抵の斧の刃は刃欠けが起こらないように柔らかめに焼き入れを施してあり、鑢で研ぐことも可能である。柄は近年ではプラスチック製やグラスファイバー製の柄も珍しくない。 なお日本語では伝統的に、大きい斧や、特に刃渡りの広い斧(丸太の側面を削って角材を作るためのもの)を鉞(まさかり)と呼びわける。和語では薪などを細く割る小型の斧を「マキ割り」「よき」とも呼んだ。近年の日本の斧では、刃が主に全鋼製で両手で扱う薪割り斧と、割込で片手で扱う伐採斧があり、柄は主にカシ製の直線柄である。日本では斧頭に柄を固定する場合柄に楔を割りこませるのではなく櫃と柄の隙間に楔を打つ固定法...

    石器時代と石斧

    手斧のような初期の石器は恐らく柄が付いていなかったと思われる。最初の本当の柄付き斧は中石器時代(紀元前6000年頃)に始まることが知られているが、一部の地方では枝角で作られていた斧が新石器時代でも利用され続けた。燧石で作られた切る道具は柄が付けられ「ちょうな」として使われた。磨製石器の石斧は新石器時代以降に現れることが知られている。それらは木を切り倒し加工するために使用された。木製の柄はほとんど見つかっていないが、斧は通常くさびを使って柄に取り付けられたようである。刃を固定するには樺のタールや生革の紐が用いられた。新石器時代の後期(ミシェルスベルク文化、Cortaillod文化)では長方形の非常に小さな刃が一般的になった。それらは柄に取り付けられるとき枝角のスリーブが付けられた。これは柄が割れることを防ぎ、同時に石の刃自体への衝撃を和らげた。 新石器時代の初期には打製石器だった斧の刃は、次第に磨製石器になっていった。新石器時代の晩期までには製材(木製の鋸や砂)は一般的になった。これにより、生の素材のより効率的な使用が可能になった。スカンジナビア、北部ドイツ、およびポーランドでは燧...

    古代

    古代エジプト、古代ギリシア、古代ローマなど。

    近代、現代

    開拓時代のアメリカ東海岸地域は広大な森林地帯であったため、効率的に開拓するために斧が改良され、元来のヨーロッパ式のものに比べ柄が湾曲し太くなり、刃も強く孤を描くように作られた。それまでのヨーロッパの直線柄で刃の細い斧に比べて1・5倍もの威力と振動吸収性があると言われている。 日本の場合はアメリカやヨーロッパで主に斧の柄に使用されるヒッコリーよりも耐久性に優るカシが斧の柄に用いされるため曲線柄にする必要は無い。

    少なくとも新石器時代後期以降には、精巧に作られた斧(戦斧、丁字斧など)は宗教的な重要性を持っており、またその所有者の地位の高さを示したと考えられている。ある種の斧は、ほとんど磨耗の跡が無い。新石器時代中期の柄の無い斧の刃だけが蓄えられたもの(イギリスのサマセット・レベルのように)は神への贈り物だったのかもしれない。 ミノア文明時代のクレタ島では両刃の斧(ラブリュス、labrys)が特別の意味を持っていた。両刃の斧は新石器時代にまで遡る。1998年には精巧に装飾された柄の完備した両刃斧がスイスのツーク、チャムエスレンで見付かった。柄は長さ120cmで、装飾された樺の樹皮で包まれていた。斧の刃は長さ17.4cmで、Gotthard地域で採掘されたアンチゴライトで作られていた。柄は両円錐形の穴を通し、枝角のくさびと樺のタールによって固定されていた。それは初期Cortaillod文明に属する。 ローマの束桿(ファッシ)では斧が斬首する権能を表すという説もある。実際にヨーロッパ諸国では近代まで斧による斬首刑が行われてきた。最期の斧による斬首刑は1900年12月10日にスウェーデンのヴェステロースで執行されたヨハン・フィィップ・ノーデァンドだと言われている。ちなみに、断頭台とは斧による斬首刑を行う場合に斧の下にある木の台のことを指していた。 民間伝承では石の斧が時々雷電であると考えられ、(神話的に)稲妻が同じ場所に2度落ちないと言われている(現在ではこれは真実でないと分かっている)ので、建物を稲妻から保護するために使用された。このために斧の伝播に偏りを引き起こした。 投げられた斧は嵐を近付けない力があると考えられたので、ときどき収穫物を悪天候から守るため、刃を空に向けて農地の中に置かれた。家の敷居の下に直立した斧を埋めると魔女除けになると言われ、またベッドの下に斧を置けば男子の誕生を保証すると言われた。

    木の切断・成型のための斧

    フェリングアックス(伐採斧) 1. 両刃式の伐採斧 2. 木を伐るなど、木材を木目と垂直に切るためのもの。木の繊維を軽快に切断できるよう、刃は薄く、鋭い。片刃または両刃があり、また重量、形、柄の形状、切断する素材の特性に合わせた切断形状には様々なものがある。特に北米では、伐る樹木の硬さに合わせて刃を使い分けるために「両刃斧」が広く使用されている。日本式の伐採斧は「よき」とも呼ばれ、木に深く打ち込めるよう、刃渡りが狭く、峰から刃までが長い。特に北海道のサッテ(去手)と呼ばれる斧はそれが顕著で横に振る際にブレを生じやすく、操作には熟練を要する。 スプリッティングアックス(薪割り斧) 1. 薪割りなど。木材を木目の方向に分割するために使用される。刃は分厚くて重く、くさびに近い形状。西洋式の斧でも、柄は直線の場合が多い。 ブロードアックス(はつり斧) 1. ブロードアックス 2. 丸太の側面を削ぎ、角材を作り上げるために使われる。刃の形状はのみ状(片面は平らで、もう片面は斜角がつけられた刃)で短い柄が装着されより精密な作業が可能なように作られている。「鉞」「刃広」「たつき」と呼ばれる日本...

    武器としての斧

    斧は庶民の生活の道具であり規制を受けず、刀や弓と異なり訓練を受けることなく利用できたため、古今東西に武器として特化した斧が存在する。日本の律令時代では兵が装備するものとして、斧1つ、小斧1つ、手鋸1つなどが記されており、斧が兵装として認識されている。また、漢字の「王」の字は闘斧に由来し、クレタ島のミノス文明における王権の象徴も双闘斧がたびたび用いられている。 柄を長くして破壊力を増したもの 1. 1.1. 戦斧(バトルアックス) 1.2. ハルバード 1.3. 大斧(鉞) 目標に向かって投擲する投斧 1. 1.1. フランキスカ また、戦場では武器として以外にも攻城用(壁、石垣の破壊等)や陣地整備用の工具としても使用された。フランス外人部隊の工兵は、通常の服装・装備は他部隊と共通である一方、式典の礼装では小手付き手袋と革製エプロンとを着用し、右肩に斧を携えた姿となる。

    その他の目的の斧

    釿 1. 木工用の横斧。木を削る作業に使われる。 消防斧、消火斧 1. 刃の反対側にピッケル状の尖った台が付いた斧。消火活動の際、建物に侵入するため窓を壊したり、障害物を破壊するために使う。 プラスキー 1. 刃の後部につるはしを備えた斧。根のまわりを掘ったり根を切ったりするために使う。マクラウド(くわと熊手を組み合わせたような道具)に加えて、山火事の消火、道路建設、やぶの開墾などに利用される。 スプリッティングモール 1. 単純な「くさび」から複雑な意匠へ発展した割るための道具。スレッジハンマーの打撃面の反対側に重いくさび形の頭を持つ。このほか、円錐形の「刃」や、旋回する「小くさび」をもつものもある。 ハリガン・バー 1. 釿もしくは横斧とバールを組み合わせた道具。警察や消防が建造物に突入する際に使用する。通常の斧や消防斧と合わせmarried setまたはset of ironと呼ばれる。 ピッケル 1. 積雪期の登山に使うつるはしのような形の道具。薄い刃が付けられており「Ice axe」と呼ばれる。

    「金の斧」(イソップ寓話) - 川に斧を落とした樵の前にヘルメースが現れ、落としたのはこの金の斧か、銀の斧か、鉄の斧か、と順に尋ねる。樵は正直に「鉄の斧」だと答えたため、褒美として金と銀、鉄のすべての斧を手にした。それを聞きつけた不正直な男が、川にわざと鉄の斧を投げ込む。金の斧を持って現れたヘルメースに男は「私が落としたのはそれです」と答えたため、嘘つきの罰としてすべての斧を奪われた、というお話。
    日本の昔話や童謡の金太郎は、まさかりを担いで熊の背に乗っている、と描写されている。
    『犬神家の一族』(横溝正史) - 家宝の「斧、琴、菊(よき、こと、きく)」による見立て殺人を、私立探偵の金田一耕助が解決する推理小説。
    森林、樹木、材木
    石器、金属器。石、金属
    村田兆治 - プロ野球選手(投手)。その投法は動作からマサカリ投法と言われた。
  8. 市田柿 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/市田柿
    • 特徴
    • ブランド
    • 生育
    • 製法
    • 歴史
    • 利用
    • 参考文献
    • 外部リンク

    果実は小ぶりであり、生柿・干し共に紡錘形をしている。おなじ干し柿でも、あんぽ柿に比べると固めであり、串柿などにくらべると柔らかめなのが特徴である。栄養価はポリフェノールが特筆して高い。100グラム中の含有量が250ミリグラムであり、干しぶどう(赤)に比べて3倍近い。

    地域団体商標「市田柿」を管理する市田柿ブランド推進協議会では「原料柿、製造地域共に飯田市・下伊那地方に限る」としている。他の干し柿ブランドとの違いとして、原料柿の品種まで指定されていることが挙げられる。 かつては焼き柿として食され、1922年(大正11年)頃から「市田柿」の商標を名乗り、当時の市田村壮年団が販売を試みているが、本格的に1950年(昭和25年)頃から優良系統を選び、市田柿に適した栽培法、燻蒸法などが普及、戦後干し柿として商品化が進められた。現在では飯田、下伊那など南信州地域を中心に栽培され、2001年(平成13年)の栽培面積は495ヘクタール、生産者数は約5000戸、2005年から2012年までの平均生産量は、原料柿で推定8577トン、加工済みの干し柿で2143トンに及ぶ。干し柿生産量では日本最大である。

    市田柿は頂部優勢が強く直立した形状になりやすい。樹高が高いと作業効率や安全性に支障が生じるため、栽培においては定植10年ほどで心抜きを行ない、主枝の発生位置を低くして樹高を3.5メートル以下程度に保つことが多い。次郎柿などの甘柿とは違い、生で食すると口の中に収められないほどのタンニンが感じられる渋柿。果実は10月下旬から11月上旬にかけて熟し、一個あたりの重量は100グラムと小ぶりである。 人工的に手を加えて交配したものではなく、品種の中から優良な母木を選び広めたもののため、樹としては原種に近く、比較的病気に強いとされる。

    伝統的な従来製法から、機械化などが行われているが基本的には同じ製法が守られている。市田柿の商標がついて販売されている柿は、基本的に2004年(平成16年)に市田柿の商標を管理する生産販売団体が中心となって作成された衛生マニュアルに基づき管理が行われている。

    市田郷地域で柿の栽培が始まったのは、江戸時代、伊勢神宮参拝(伊勢講)により、当時すでに柿栽培が盛んであった美濃地域よりもたらされたとの説が有力とされる。地元の萩山神社にはその社が残っている。 この頃は焼柿とよばれ、囲炉裏端で焼いて渋を抜き食べられることが主であったとされるが、しだいに吊るされ「ころ柿」として加工されるようになり、1922年(大正11年)に市田村青年団により、焼柿から「市田柿」と改称し、中央市場に共同出荷が行われる。この時は失敗に終わるが、その後戦争を経て、戦後、出荷量は増加していく。 戦後になり、病害虫駆除、施肥、整枝、剪定の技術の普及、長野県立農業試験場によって硫黄燻蒸法などが確立され、更に優良系統選抜などを経て品質を均質化、当時の主要産業であった養蚕が世界恐慌などを経て衰退するに連れて栽培面積が増加、それに違って栽培地域も旧市田村地方から、伊那谷に広まっていく。 近年では火力乾燥法や消毒法、あるいは柿加工乾燥に適した乾燥設備(通称柿ハウス)の普及、パッケージの工夫などによる販路の拡大などにより急成長。2006年(平成18年)には地域団体商標登録制度がスタートし、長野県で最初の地域ブランドとして認定を受けた。

    飯田市、下伊那郡地域では、「元旦に食べた干し柿から出てきた種の数が多いほど、その一年で多くの富を蓄えることができる」という言い伝えがあるため、新年を祝う席に縁起物として干し柿を食べる習慣がある。 その他、和菓子などの加工用にも用いられる。加工には切り込んで混ぜたような菓子のほか、その白く柔らかく粉が来た見た目を生かした高級和菓子などもある。

    宮澤孝幸「干し柿産業の省力化および労働の軽減化対策」『果実日本』、日本園芸農業協同組合連合会、57巻5号、P.32-35、2002年
    市田柿の由来研究委員会 監修『市田柿のふるさと』長野県下伊那郡高森町 2011年
  9. 大和型戦艦 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大和型

    大和型戦艦(やまとがたせんかん)は、大日本帝国海軍が建造した戦艦。 日本で建造された最後の戦艦艦型でもある。戦艦としての排水量、搭載主砲口径ともに世界最大。 1番艦「大和」。2番艦「武蔵」。 3番艦「信濃」は対米戦の戦局に合わせて設計変更され航空母艦 ...

  10. 大和茶 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/大和茶
    • 概要
    • 主要産地
    • 栽培品種
    • 奈良県在来種について
    • 大和茶の歴史

    大和茶が栽培される奈良県東北部の大和高原一帯は、標高200~600m、平均気温13~15℃、降雨量1500mmの山間冷涼地で、日照時間が短く、昼夜の温度差が大きいため昼間に合成された糖類が消費されずに茶葉に残り、自然な甘みや旨味が生きた茶葉が収穫できる。粘土層の地質が多く、土がミネラルなどを多く含み滋味豊かな茶葉が育つ。また、冬期は氷点下10度近くまで冷え込むこともあるため、害虫の越冬を妨げ、さらに、朝霧が発生しやすい地形のため、適度な湿度により茶樹が潤う。また、吉野川流域の大淀町、東吉野村でも、恵まれた自然条件を生かした茶の栽培が行われている。銘柄は、産地別に月ヶ瀬茶、田原茶、柳生茶、山添茶、福住茶、都祁茶、室生茶、大淀茶があるが、全県的に「大和茶」で統一されている。

    奈良県東北部地域…奈良市、天理市、宇陀市、山添村
    奈良県南部地域…大淀町、東吉野村
    やまとみどり(奈良県在来種実生選抜)
    おくみどり
    めいりょく(やぶきた実生選抜)

    奈良県の在来種をもとに実生から品種改良したものとして、「やまとみどり」がある。この品種は「茶農林10号」として1953年に品種登録が行われた。晩生種で樹姿直立、樹勢中、葉は長だ円形で濃緑色、耐寒性特に強く、着芽が密で収量は中である。結実性が高く、煎茶として品質優良とされる。奈良県農試茶業分場で育成された。

    公事根源によると、729年(天平元年)、聖武天皇の時代、宮中で衆僧を召して『大般若経』を読経させる季御読経の制度が始まり、2日目の衆僧に茶を賜る儀式を「引茶」または「行茶」と称したのが最初と言われている。当時の茶は、砕いた団茶を薬研で挽いて粉末にし沸騰した釜の中に投じ、茶盞に入れるもので、抹茶ではなかった。 『竈の賑ひ : 日用助食』は「大和國揚茶粥 大和國は農家にても、一日に四五度宛の茶粥を食する也、聖武天皇の御宇、南都大佛御建立の時、民家各かゆを食し米を喰のばして、御造營の御手傳ひをしたりしより、專らかゆを用る事と云傳ふ、奈良茶といへるは是より出たる事とぞ」と、茶粥の始まりが奈良時代であると記している。 これらの記述は後世に書かれたもので実証性には乏しい。しかし、正倉院文書には、758年(天平宝字2年)の「末醤、滓醤、酢、油、糯米、大豆、小豆、漬菜、青瓜、茄子、水葱、搗滑海藻(標出)茶、薪、松、柏」をはじめ、「茶」の文字が見え、奈良時代に奈良の都で茶が存在したことは確かである。 大和茶のおこりについては、以下のように紹介されている。 「大和茶は大同元年(806年)に弘法大師が唐より帰朝の際茶の種子を持ちかえり、これを現在の宇陀市榛原赤埴に播種して、その製法を伝えられました。またその際持ち帰った茶臼は赤埴の仏隆寺に現在も保存されております。茶の実もまた同境内に「苔の園」として保存されており、これが「大和茶」の初めとも言われております。」 もっとも、波多野村の住人、吉田太郎兵衛が江州の信楽からチャの実を買い入れ、約70aに蒔いたともいわれている。奈良は仏教史跡、寺院も多く、仏教との関係で茶も広まり、一方ではヤマチャも諸所にあり、それなりに利用されたとされる。

  11. 其他人也搜尋了
  1. 直立式冷凍櫃 相關
    廣告