Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. セカイ魔王 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › セカイ魔王

    『セカイ魔王』(せかいまおう)は、双見酔による日本の4コマ漫画作品。『まんがタイムきららキャラット』(芳文社)にて[1]2010年10月号から2014年11月号にかけて連載された。単行本は全4巻。

  2. 取消し - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 取消し
    • 取消しの意義
    • 取消しの態様
    • 取消権者
    • 取消しの方法
    • 取消しの効果
    • 追認
    • 取消権の消滅

    取消しの対象となるのは民法で取り消すことができるものと定められた法律行為に限られ、事実行為(放任行為)や、不法行為は取り消すことができない。民法の規定には法律行為の取消しについて定めたものも多いが、それぞれの取消し制度が意図する保護の対象によって取り消すことのできる行為の範囲や取消権者の範囲などの要件が異なる。 民法120条以下に定められる「取消し」は制限行為能力者や瑕疵ある意思表示をした者の取引の安全を保護するための制度である。「取り消すことのできる行為(取消しうべき行為ともいう)」は、取消権行使までは有効であるが、取消権が行使されると、行為時に遡って無効と同様に扱われる。取り消すことのできる行為の相手方は、いつ取り消されるか分からない非常に不安定な状態に置かれるため、民法は、このような状態を脱する手段として、同意、追認、法定追認、短期消滅時効等の規定を用意し、相手方の保護を図っている。 先述のように民法120条以下の適用を受ける取消しは、二つの種類に分けられる。 1. 制限行為能力者のした法律行為の取消し 2. 瑕疵ある意思表示の取消し 両者は、「取消権者」と「相手方保護」及び「取消しの効果」に違いがある。制限行為能力者のした意思表示の取消しは、瑕疵ある意思表示の取消しより更に保護を厚くしたものといえる。 制限行為能力者の場合は事理弁識能力が低いほど取消しの対象となる行為は広範であるが、ノーマライゼーションの観点から日常行為については単独で可能としたため、取消し不可となっている。また、瑕疵ある意思表示に関しては、帰責性の低い強迫による意思表示の取消しの方が、詐欺による意思表示の取消しよりも取り消すことができる範囲が広範である。 以下では民法120条以下の適用を受ける一般的取消しを中心に解説する。

    一般的取消しと特殊的取消し

    民法には120条以下の規定のほかに契約法や親族相続法の分野で以下に掲げるような取消しの制度も設けられており、前者を一般的取消しと呼ぶのに対し、後者は特殊的取消しという。制度趣旨が異なるので120条~126条の適用はなく各条の定めるところによる(養子縁組の取消しにつき大連判大12・7・7民集2巻438頁)。 1. 詐害行為取消権(424条) 2. 書面によらない贈与の取消し(550条) 3. 婚姻の取消し(743条) 4. 夫婦間契約の取消し(754条) 5. 縁組の取消し(803条)

    絶対的取消しと相対的取消し

    取消しの遡及的無効を第三者に対抗しうる場合を絶対的取消し、制限される場合を相対的取消しという。

    裁判外の取消しと裁判上の取消し

    裁判外の意思表示により効果を生じる場合を裁判外の取消し、裁判所への訴えの提起という形式をとる取消しを裁判上の取消しという。

    前述のとおり、取消しは制限行為能力者や瑕疵ある意思表示をした者を保護するための制度であるから、基本的に、表意者以外の者が取消しを主張することは制度趣旨にそぐわないといえる。そこで、民法は「取消権者」という概念を定め、「取消し」を主張できる者を次のとおりに制限している。 1. 制限行為能力者本人 1.1. 制限行為能力者の取消しにおいては制限行為能力者本人も取消権者とされており(120条1項)、制限行為能力者本人が単独で取り消す場合にも取消しは完全に効力を生じるのであって、取り消すことのできる取消しとなるわけではない。 1.2. 2017年の民法改正で「他の制限行為能力者の法定代理人としてした行為にあっては、当該他の制限行為能力者を含む。」というカッコ書が追加された。 2. 同意権者 2.1. 制限行為能力者の取消しの場合は同意権者も取消権者となる。同意権者とは、保佐人や家庭裁判所による同意権付与の審判を受けた補助人など、制限行為能力者の保護監督者の中でも当然に代理権を有しない者のことを指す。 以上に挙げられていない者(保証人や抵当不動産の第三取得者など)は、取消権者ではない。例えば、保証人は被保証債務(主債務)を取り消せれば、付従性(附従性)により自己の債務も消滅させることができるが、取消権者ではないため保証人としての地位に基づいては取消権を行使できない。

    取消しは、相手方のある単独行為である。そのため、取消権の行使は、取消権者から相手方に対する一方的意思表示によって行う(123条)。ただし、追認をすることができる時から5年間行使しないとき、行為の時から20年を経過したときは、取消権は時効によって消滅する(126条)。 また、取消権者は複数いる場合が多いが、その場合でも解除の場合とは異なり(544条1項、解除権の不可分性)、その意思表示が取消権者全員から、相手方全員に対してなされる必要はない。また、取り消しうべき行為によって相手方が取得した権利が第三者に移転したときでも、取り消しうべき法律行為を行なった最初の相手方に対して取消しの意思表示を行い、その後現在の権利者にその効果を主張するべきとされている。 なお、法律行為が可分であれば一部取消しが可能な場合もある(大判大12・6・7民集2巻383頁)。

    取消しの遡及効

    取り消された行為は、初めから無効となる(遡及効。121条)。しかし、解釈上、法律関係の複雑化することを避けるため継続的契約については遡及効を否定すべきとされる(通説。620条・630条・652条・684条参照)。。身分行為についても遡及効はない。

    不当利得の返還

    取消しの遡及効により、取り消された行為は、初めから無効であったものとみなされる(121条)。まだ履行されていない債務は初めから発生しなかったこととなり、既に履行された債務については不当利得の返還義務が生じる。 当該返還義務の範囲は2017年改正(2020年4月施行予定)で新設の121条の2で定められることとなった(取消しにより初めから無効になった場合を含め、無効・取消しの返還義務については121条の2の規定による)。 1. 無効な行為に基づく債務の履行として給付を受けた者は、相手方を原状に復させる義務を負う(第1項)。 2. 前項の規定にかかわらず、無効な無償行為に基づく債務の履行として給付を受けた者は、給付を受けた当時その行為が無効であること(給付を受けた後に前条の規定により初めから無効であったものとみなされた行為にあっては、給付を受けた当時その行為が取り消すことができるものであること)を知らなかったときは、その行為によって現に利益を受けている限度において、返還の義務を負う(第2項)。 3. 第一項の規定にかかわらず、行為の時に意思能力を有しなかった者は、その行為によって現に利...

    追認の意義

    取り消し得る行為であっても、取消権者が追認(ついにん)すれば、行為は有効に確定し、以後取り消すことができない(122条)。追認は取消権の放棄にほかならない(通説)。 なお、旧122条では但書で「追認によって第三者の権利を害することはできない」と規定されており、これは民法起草者が二重売買などの場合において一方の取引が追認された場合には他方の売買における第三者は取得した権利を失うことになるという前提に立っていたものと理解されていたが、法解釈によれば追認がなされたとしても第三者との間の取引が当然に無効になるわけではないのであるから公示の原則に従って優劣関係は登記の具備の有無あるいは先後といった対抗問題として決すべきでありこの但書は無意味であるとされていた(通説)。そのため2017年の民法改正で但書は削除された(2020年4月施行予定)。 取り消すことができる行為の追認は、取消しの原因となっていた状況が消滅し、かつ、取消権を有することを知った後にしなければ、その効力を生じない(124条1項)。例えば、制限行為能力者は行為能力者となった後、詐欺の場合は詐欺を知った後、強迫の場合は強迫行為が...

    法定追認

    追認可能な時期に追認権者が行った次の行為については、法定追認事由として追認したものとみなされる(125条本文)。いずれも黙示の追認の同視しうる行為であり、紛争を避けるために一律に追認の効果を擬制したものと解されている。ただし、異議を留めたときは法定追認の効果は生じない(125条但書)。 1. 全部又は一部の履行(同条1号) 2. 履行の請求(同条2号) 3. 更改(同条3号) 4. 担保の供与(同条4号) 5. 取り消すことができる行為によって取得した権利の全部又は一部の譲渡(同条5号) 6. 強制執行(同条6号)

    相手方の催告権

    制限行為能力者の相手方は取り消されるか追認されるかによって不安定な地位に立たされるため、民法では制限行為能力者の相手方に催告権を認めている。制限行為能力者として取り消し得る行為をした後に行為能力者となった者、あるいは、制限行為能力者の代理人等に対して催告を行った場合には、その者が1か月以上の期間内に確答を発しないときは、その行為は追認したものとみなされる(20条1項・2項)。また、特別の方式を要する行為について催告を行った場合、あるいは、被保佐人又被補助人に対して催告を行った場合には、その者が1か月以上の期間内に確答を発しないときは、その行為は取り消したものとみなされる(20条3項・4項)。なお、詐欺・強迫による意思表示の場合においては相手方に催告権はない。

    以下の場合には法律行為は確定的に有効となり取消権は消滅する。 1. 取消権者が追認権を行使した場合(法定追認を含むが、追認する取消権者は124条の規定により現に追認できる状態になければならない(追認が効力を生じない場合には取消権は消滅しない)) 2. 取消権者が追認をすることができる時から5年間取消権を行使しないとき(126条前段)。 3. 当該行為の時から20年を経過したとき(126条後段)。 1. 1.1. 126条の取消権の期間制限については、ともに時効期間であるとする説、ともに除斥期間であるとする説、5年の期間制限は時効で20年の期間制限は除斥期間であるとする説などがある。 1.2. 126条前段は法律関係を早期に安定させようとする趣旨であると解されており、このことから取消権の発生原因が同じである場合には、複数の取消権者のうち一人につき取消し・追認・126条の期間制限などにより取消権が消滅すれば、すべての者の取消権が消滅するものと解されている。 1.3. なお、判決の既判力の効果として取消権が否定される場合がある(最判昭55・10・23民集34巻5号747頁)。

  3. 久保田権四郎 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 久保田権四郎

    久保田 権四郎(くぼた ごんしろう、久保田 權四郎、明治3年10月3日(1870年 10月27日) - 昭和34年(1959年)11月11日)は、広島県 尾道市出身の実業家。 発明家。久保田鉄工所(現クボタ)創業者。 前名・大出權四郎。 来歴・人物 備後国 御調郡大浜村(因島、現 ...

  4. 部長刑事 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › アーバンポリス24

    『部長刑事』(ぶちょうけいじ)は、1958年9月6日から2002年3月30日まで、大阪テレビ(第1回 - 1959年2月28日) → 朝日放送大阪テレビ(1959年3月7日 - 同年5月30日) → 朝日放送(1959年6月6日 - 最終回)で放送されていた関西ローカルの刑事ドラマ ...

  5. 📞1925 安心專線 - 疫情令你感到焦慮?請撥打1925尋求免費協助!

    緩解心理壓力五大招
    勤洗手、戴口罩、保持社交距離,以策安全。
    適量閱讀疫情新聞,保持平靜,減低焦慮。
    多運動、充實防疫知識,厚植對抗疫情的能力。
    利用網路或電話維持聯繫,支持鼔勵。
    保持希望,抱持疫情終會去的正向能量。
  6. 鳩摩羅什 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 鳩摩羅什
    • 略歴
    • 訳出した経典
    • 伝記資料
    • 関連項目
    350年 インドの名門貴族出身でカシミール生まれの鳩摩羅炎(クマーラヤーナ)を父に、亀茲国の王族であった耆婆(ジーヴァー)を母として亀茲国に生まれる。
    360年代 仏教における学問の中心地であったカシミールに遊学。原始経典や阿毘達磨仏教を学ぶ。カシュガルで12歳にして梵語の『転法輪経』を講じ、五明を学ぶ。
    369年 受具し、須利耶蘇摩(しゅりやそま、スーリヤソーマ)と出会って大乗に転向。主に中観派の論書を研究。

    主なもの。 1. 『坐禅三昧経』3巻 2. 『仏説阿弥陀経』1巻 3. 『摩訶般若波羅蜜経』27巻(30巻) 4. 『妙法蓮華経』8巻 5. 『維摩経』3巻 6. 『大智度論』10巻 7. 『中論』4巻 一部の経典において大胆な創作や意訳の疑いが指摘されるものの、彼の翻訳によって後代の仏教界に与えた影響は計り知れない。なお、唐の玄奘三蔵による訳経を「新訳」(しんやく)と呼び、鳩摩羅什から新訳までの訳経を「旧訳」(くやく)、それ以前を古訳と呼ぶ。

    『出三蔵記集』巻14(SATデータベース T2145_.55.0001a03~)
    『高僧伝』巻第2(大正新脩大藏經 第50冊 No.2059、SATデータベース T2059_.50.0330a03~)
    『晋書』「列伝」
    横超慧日、諏訪義純 『羅什』(新訂版人物中国の仏教、大蔵出版、1991年) ISBN 4804351078
  7. 下平和夫 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 下平和夫

    下平 和夫(しもだいら かずお、1928年1月 - 1994年 3月7日)は、日本の数学史研究者、和算史研究者。 1957年、東京教育大学 理学部数学科卒業。 1967年、日本大学大学院理工学研究科修士課程修了、前橋市立工業短期大学助教授、のち教授。 1978年、「初期円理の発 ...

  8. 中西悟堂 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 中西悟堂
    • 幼少・青年期
    • 野鳥観察の世界へ
    • 野鳥保護への取り組み

    1895年(明治28年)、石川県金沢市長町に生まれ、富嗣と命名される。祖父は加賀藩士。父親は海軍軍楽隊教官だったが、悟堂の生後まもなく病死し、母は長崎の実家に帰ったまま行方不明となり、父の兄で中西家十代の当主元治郎(悟玄)のの養嗣子となる。3歳頃より四書五経を学び千字文を書写する。おもちゃは持たず、友達とも遊ばず、石板と石筆さえ与えておけば機嫌よく一人で遊んでいる、変わった子であった。 1900年、富嗣が5歳の時、東京府麻布区飯倉町の小暮小学校に入学する。同小学校は、江戸時代の寺子屋から続く伝統ある私立校である。早熟ゆえ就学年齢前の入学だったが、発育不全で歩行困難のため、爺やに背負われて登校した。翌年養父が渡米したため、京橋区西紺屋町に住む別の伯父に預けられ、築地の文海小学校へ転校、1905年に養父帰国し、上野寛永寺内の東叡山東漸院に転居、桜川小学校高等科に進学。秩父山中の寺で百八日の坐行、各二十一日間の滝の行、断食の行を行なったことで健康となり、一種の透視力を体得、鳥に親しむ。 1907年(明治40年)、高等科卒業後京橋区数寄屋橋の紙問屋に奉公したが、養父と祖母とともに神代村(現在の東京都調布市)の祇園寺に移住、深大寺に預けられる。1910年に火災保険会社の給仕となり、その給料で築地工手学校夜間部に入学。青梅の聞修院で三週間の滝行。 1911年(明治44年)、天台宗深大寺にて僧籍につく。悟堂はこの時の法名。翌年、天台宗学林(後の大正大学)2年に入る。この頃より短歌を始め、次第に詩人と交わるようになり、その関心は短歌から詩へ移る。1913年、法王教を唱えた高田道見の認可僧堂瑞応寺で禅生活に入り、赤松月船と知り合う。別子銅山で説教師を務めたのち、祇園寺に戻り、1914年に曹洞宗学林(後の駒澤大学)に通う。海水浴中フジツボで角膜を傷つけ、以降眼病を患う。高田道見の仏教新聞社を手伝いつつ詩壇に入り、東雲堂書店に移り短歌雑誌の編集に従事していたが、義理の妹と祖母を相次いで亡くし、放浪の旅に出る。1920年にの島根県能義郡(現・安来市)の長楽寺の住職となり、1922年(大正11年)には松江市の普門院の住職となる。同年、第一詩集『東京市』を出版。その後詩集『花順礼』、『武蔵野』を出版する。

    1926年(昭和元年)、千歳烏山(現在の東京都世田谷区烏山)に移り住み、詩壇と決別し本格的作家をめざし田園生活に入る。質素な生活とともに昆虫や野鳥の観察を始める。 3年半の生活を経て杉並区井荻町の善福寺風致地区に移り、野鳥の他に昆虫や淡水魚などの生態観察に取り組む。この頃から日本全国の山々を巡り野鳥の観察を行う。一方自宅では野鳥を放し飼いにして注目を集める。 1934年(昭和9年)、鳥学者内田清之助や黒田長礼、鷹司信輔、山階芳麿。民俗学者の柳田國男、荒木十畝、杉村楚人冠、新村出、戸川秋骨などの文化人の後援を得て日本野鳥の会を創立。 1936年(昭和11年)、竹野家立、籾山徳太郎らとともに、鷹狩の保存・振興のため、日本放鷹倶楽部の設立に発起人として参加している。

    「日本野鳥の会」創立

    日本野鳥の会創立の目的は、鳥類愛護の思想の普及と、鳥類研究の推進が掲げられた。会創立の1934年(昭和9年)の6月には、富士山裾野の須走において、後に「探鳥会」と呼ぶようになる初めての野鳥観察会を開催。当初の会員は悟堂の知己である文学者、鳥類学者などの文化人や貴族などに限られたが、精力的な活動により、徐々に各地に支部が設立され、会員も増加する。1944年(昭和19年)には、会員数はおよそ1800名となった。また、同地区に「野鳥村」を作る構想があったようである。しかしながら、資金の持ち逃げに会い、結局「野鳥村」が作られることはなかった。その後、一時は東北に疎開したが、戦後は再び西多摩地区に戻り、1954年まで暮らした。 1947年(昭和22年)、戦後は休止状態にあった日本野鳥の会を再開する。その後は、カスミ網禁止の法制化、サンクチュアリーの設置など、自然保護や野鳥保護活動に尽力し、鳥獣保護法の制定にも貢献した。

    『野鳥』の創刊

    それまで日本人の野鳥とのかかわりは飼い鳥として籠の中の鳥の鳴き声や姿を楽しむか、狩猟や食肉の対象としているものであった。悟堂はそのような習慣をやめて「野の鳥は野に」と自然の中で鳥を楽しむことを提唱した。その考えには少年時代からの仏教教育に基づいた万物に命が宿るといった自然観の影響が見られる。日本には「花鳥風月」の言葉どおり鳥をテーマにした文芸、絵画の歴史は長い。悟堂は短歌や詩などの文芸あるいは絵といった方法で、鳥の愛護と保護を一般大衆に訴える雑誌を構想した。 1934年(昭和9年)、誌名を「野鳥」と命名。悟堂が編集責任者となるが、実際の会誌の編集実務は、大正から昭和初期にかけ民俗、考古学や山岳関係の名著を多数世に送り出した岡書院店主、岡茂雄が担った。最初、岡は固辞したものの、中西の懇請を入れる形で創刊号の編集と刊行作業に当たり、1934年(昭和9年)5月の創刊号から1935年(昭和10年)9月まで、岡が山岳関係の書籍を扱った梓書房の名義で刊行される事となった。 岡によれば、創刊号の編集では、中西が字数の勘定などが不得手なため編集がはかどらず、やむなく岡が中西宅へ足を運んでは実務を...

  9. 西洋美術史 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 西洋美術

    西洋美術史(せいようびじゅつし)では、西洋における美術の歴史について概説する。 旧石器時代後期に入った頃より、実生活において有用に機能するとは考えにくい遺物・遺構が見られるようになり、これらを総称して一般的に原始美術/先史美術などと呼称し、西洋美 ...

  10. 仏足跡歌碑 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 仏足跡歌碑
    • 概要
    • 碑文
    • 歌碑の製作年代
    • 歌の作者
    • 仏足跡信仰の日本への伝来
    • 仏足石と歌碑の所在について
    • 仏足石銘の刻字年代
    • 脚注
    • 参考文献

    『観仏三昧経』などに、「仏足の妙相(千輻輪相[注釈 3]など)を拝む者は、千劫の罪障[注釈 4]が消滅する功徳があるといわれることから、仏足石が造られた。仏足石は、仏像ができる前から、釈迦を象徴するものとして礼拝の対象となっており、その風習は、古くからインドにおいて盛んに行われていた。」とある。これは釈迦入滅後にその足跡を石に彫刻したことにより始まり、やがてその転写が中国の諸寺に安置され、さらに日本にも伝来した(#仏足跡信仰の日本への伝来を参照)。 日本最古の仏足石が薬師寺に伝わるが[注釈 5]、その傍らに本歌碑があり、仏徳讃歌の意から詠った和歌21首が刻まれている。歌体は、五七五七七七の6句38文字という特殊な形式であり、そこには、仏足石の周りを礼拝していた情景や心情などが表現されている。 奈良時代は『万葉集』を生んだ短歌の全盛期であるが、その当時に書写された歌は実にわずかしか残っていない。その中に、法隆寺五重塔初層天井組木落書、韓藍花歌切、石神遺跡出土木簡などがあるが、そのほとんどは歌の断片であり、歌末まで記した本歌碑は、文学的遺作の乏しい時代の作品として、史学上、文学上、書学上、重視されている。また、当時の金石文として、法隆寺金堂薬師如来像光背銘・法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘・宇治橋断碑などがあるが、いずれも漢文体であり、この中にあって本歌碑のみは万葉仮名で記録された最古の国語文として貴重な存在である。 本歌が印本となって世に出たのは、1752年(宝暦2年)、江戸の医官・野呂実夫の『仏足石碑銘』が最初であり、続いて狩谷棭斎が野呂の欠を補うべく『古京遺文』を1818年(文政元年)に刊行した。歌の解説では、山川正宣[注釈 6]の『仏足石和歌集解』(1827年刊)が最も詳密で、最秀との評がある。山川はその著書の中で、野呂と棭斎の業績を高く評価している。

    歌碑の大きさは、高さ188cm、幅47cm、厚さ4.5cm。光沢のある黒色の石で、粘板岩といわれている。その石質について板橋倫行は、「緻密で弾けば磬の響を出すような稀に見る堅質である。」と述べている。文字面は少し加工されていて、そこに21首の歌が一首一行で2段に刻してあり、上段に11首、下段に10首ある(標題も頭書されている)。左右の両端は自然のままに近く、凹凸があるが、磨滅しているため、上段左端の11番歌と下段左端の21番歌の文字が一部欠損し、判読できない。文字の大きさは、1.2cmないし1.5cm角で、高さ146.4cm、幅37cmないし40.9cmの範囲に、当初全歌で826字[注釈 7]あったと考えられる。 左端の21番歌について野呂実夫は、「他行に比べ、字体に異同があり、後補の疑いがある。(趣意)」と述べているように、文字の大小・間隔も不同なので、21番歌を後の補刻と見るものもある。しかし、山川正宣は、「真石を見ると、他行にもまた怪しいところがあり、これは、石面の凹凸のままに彫ったためであり、自ずから不同が出来たものと思われる。(趣意)」と述べ、書家の飯島春敬[注釈 8]も「自然の凹凸面に都合よく刻したので、調子が揃わなかったのである。」と述べている。 なお、歌碑の裏面に「石見れは□(ほ)し〱」「西京」「念人」など、後世の手による文字の線刻がある。側面にも同様に、後世の手による若干の文字の線刻がある。

    歌碑の製作年代は明らかではない。薬師寺の仏足石は753年(天平勝宝5年)に成ったものであるが、それと歌碑との関係を示す文献がないため、歌碑の製作年もそれに求めることはできない。しかし、久曾神昇は、「疑問は存するが、歌碑は仏足石に伴ってでき、かつ、ともに伝存してきたと思われ、ことに他に類似の仏足石の伝存しないことによれば、現在の薬師寺の仏足石に伴って成ったものと考えるべきであろう。」と述べている。 歌碑の製作年代を歌の内容や歌体から、薬師寺の仏足石の造立とほぼ同時期とする説(753年ごろ)と、用字法などの研究から、それより少し後とする説(770年ごろ)がある。

    歌の作者は不明であり、文室浄三説、光明皇后説、数人の合作説がある。まず、一人の作か数人の合作かについて井上通泰は、「恐らく一人の作である。」とし、その根拠として次の5つを挙げている。 1. 歌体が統一されていること…21首はことごとく特殊な歌体を用いている。ゆえに、少なくとも諸人が思い思いによんだものを集めたものではない。(趣意) 2. 巧拙の差がないこと…もし数人の合作ならば、若干の傑作も交ざるところを、ことごとく凡作であり、文芸上の価値あるものがない。(趣意) 3. 異様な語が所々に見えること…「そなわれる」を「そだれる」と言う人と、「のこせる」を「のける」と言う人と、「めづらし」を「めだし」と言う人とを別人とは認め難い。(趣意) 4. 仏語直訳が所々に見えること…諸人が言い合わせて仏語直訳を用いたとは認め難い。(趣意) 5. 字余りの句の多いこと…欠損の11番歌を除いて、字余りの句のないものは、わずかに5首(10・15・18・19・20番歌)だけである。このような諸人の趣味が、偶然に一致したとは認め難い。(趣意)

    薬師寺の仏足石は、石の上面を磨いて仏足跡を刻み、その側面に仏足石造立までの経緯を銘文に刻んでいる。そこには、仏足跡がインドから中国を経て日本へ伝来した経路や、造立の動機が次のように記されている。 1. 唐の貞観のころ、王玄策が中天竺の磨掲陀国の仏堂内にあった仏足跡[注釈 23]より複写して持ち帰り、唐の普光寺(長安)の石に彫りつけた。それを天智天皇のころの日本の国使・黄書本実[注釈 24]がその普光寺の仏足跡から写して持ち帰り[注釈 25]、これを奈良の右京四条一坊の禅院に遺した。その禅院の檀主である文室真人浄三は、753年(天平勝宝5年)に亡夫人・従四位下茨田郡王法名良式の菩提の意から、同年7月15日から同月23日まで13日間を要して、同院に蔵していた仏足跡を石に刻した。(趣意) 「文室浄三が亡き母[注釈 26]・茨田女王の追善供養のために」と、その動機を記しているが、尊い釈迦の足跡を石に刻むがゆえに供養となる。その釈迦の足裏は扁平で、千輻輪相[注釈 3]があることは三十二相の一つで、釈迦のみに与えられた妙相である。『雑阿含経』第4に、「釈迦に近づくには、その足跡に随っていけば、いつかはきっと側に行ける。」また、「その場所に立って、ありがたい教えを説かれた。」とあり、山下正治は、「それらの考えから足跡信仰が始まったものと思われる。」と述べている。『望月仏教大辞典』には、「古い時代の彫刻や壁画等には仏像を現わさず、菩提樹形、塔形、または輪宝形等とともに仏の記号としての足下千輻輪を刻画していたことにより、その後、この習慣が転じて、ついに仏足石礼拝の慣わしを生ずるに至った。(趣意)」とある[注釈 27]。千輻輪相は、インドの原始仏教時代において、釈迦の標識であったのである。 1968年(昭和43年)の報告では、日本に残っている仏足石の数は、107個とあるが、薬師寺の仏足石以外はすべて江戸時代から昭和のはじめに作られたものである。薬師寺の仏足石が753年に造立してから約1000年間、仏足石が注目された記録がなく、ここに仏足石の断絶がある。1752年(宝暦2年)、江戸の医官であった野呂実夫が、木版した仏足石を発行して、ようやく世間に知られるようになった。江戸時代以後の仏足石は、この木版の図を真似して製作されたものと考えられる。その後、北は山形県から南は宮崎県までの広範...

    1681年(延宝9年)に成った林宗甫の『和州旧跡幽考』によれば、江戸時代初期に現在のごとく、仏足石と歌碑がともに薬師寺に伝存したとある。このように、寛永以来の書には、何れもみな薬師寺での所在を記録しているが、それ以前の所在がはっきりしない。 唐より仏足図を将来して右京禅院に蔵していたことは、仏足石の銘文により明らかである。その禅院には、僧・道昭が住し、はじめ飛鳥にあったが、『日本三代実録』には、「711年(和銅4年)に平城京に移した。」とあることから、平城遷都とともに飛鳥から移したと考えられる。正倉院文書「写疏所解」には、747年(天平19年)当時、その仏足図が同院に存在していた記録があり、銘文の内容と一致する。そして、その仏足図を原本にして、753年に仏足石を刻したことまでは銘文により明白である。が、その仏足石をどこに安置したかについては銘文に記載がなく、また、歌碑との関係についても全く触れていない。 一方、歌碑の2番歌は『拾遺集』に収載され、その題詞よれば明らかに山階寺(興福寺)に所在した仏足跡であることを指している(#光明皇后説を参照)。これにより、森川竹窓が、「歌碑を山階寺より薬師寺に移した。」と述べているように、仏足石と歌碑はともに興福寺にあったとの説が生まれた。しかし、僧・契沖、僧・潮音、狩谷棭斎らは、『拾遺集』に山階寺とあるのは誤りで、初めから薬師寺にあったものとして論を立てている。いち早くその『拾遺集』の題詞に疑問を提起したのは契沖であり、「現に薬師寺に存在する上、薬師如来のことを詠んだ歌(15番歌)もあることから、昔から薬師寺にあったものである。山階寺にあったというのは伝聞の誤り。(趣意)」としている。井上通泰も、「“薬師”を詠んだ歌がある。薬師寺の本尊である“薬師”は世に希なる名作であり、寺の名はやがてこの仏像より付けられた。ゆえに、仏足石は初めから薬師寺にあったのである。(趣意)」と述べている(#15番歌の解釈についてを参照)。 15番歌の薬師如来説を否定している大井重二郎は、その山階寺について、「光明皇后は、山階寺にあった仏足石、すなわち薬師寺のそれとは別個の仏足石について詠まれたものと信じたい。」と述べ、結論としては、「仏足石は薬師寺に原在した。これは禅院の仏足図に拠ったものである。あるいは禅院において造顕したものを、禅院の衰亡によっ...

    薬師寺仏足石の銘文中、「文室真人浄三」とあるが(#仏足跡信仰の日本への伝来参照)、「浄三」という名は、761年(天平宝字5年)正月、正三位に叙された時の改名である。つまり、この銘文は761年以後の成文と考えられる。しかし、仏足石は文室浄三が753年に製作したものである。以上のことから久曾神昇は、「文室浄三が770年(宝亀元年)に没した際、仏足石造立の経緯を銘文に刻したのではあるまいか。(趣意)」と述べている。なお、再説であるが、久曾神昇は、「(前略)歌碑の成立は、761年以後、恐らく770年ごろと考えるべきであろう。」としており、仏足石銘の刻字と歌碑の製作がともに文室浄三が没した際に成ったものとする考えを示している。

    出典

    ※本記事では句点後に掲示している出典は直前の段落全体を対象とする。

    山川正宣国立国会図書館デジタルコレクション 「第五 佛足石和歌集解」、高野辰之編 『日本歌謡集成』 一巻 東京堂、1943年、517-540頁。https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1883674/270 国立国会図書館デジタルコレクション。
    中根淑『歌謡字数考』(大日本図書、初版1908年)
    太田水穂国立国会図書館デジタルコレクション 「佛足跡碑の歌二十首」 『紀記歌集講義 : 附・紀記万葉以外の上代の歌』 洛陽堂、1922年、374-386頁。https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/970306/198 国立国会図書館デジタルコレクション。
  11. タイムトラベル - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › タイムトラベル
    • 概要
    • タイムトラベルの位置づけ
    • タイムトラベル物語の類型
    • タイムトラベル物語の起源
    • タイムトラベル物語の歴史といくつかの構造
    • タイムトラベルの可能性と不可能性
    • 参考文献
    • 関連項目

    タイムトラベルという概念は、科学的な立場からみると様々な問題点[注 2]が指摘され、実際には今の科学力では実現できないとされている。 タイムトラベルの類は、「過去-未来の非対称性」や、「時間の流れ」という概念を前提としているが、これらの前提をどう扱うかで「タイムトラベル」は様々に描かれる。視聴者を楽しませてくれる反面、作者には、視聴者に論理破綻を感じさせないようにストーリーを構築する、夢があるように描く、などの課題を突きつける[注 3]。 空想物語(フィクション)としては一般的なもので、タイムトラベルを扱った作品も国内外多く発表されている。

    タイムトラベルは、現在では主としてSFやファンタジーの分野での舞台設定に利用される概念である。 タイムトラベラーが主人公であるマーク・トウェインの「アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー」や、天使が未来の書物を携えて現れるサミュエル・マッデンの「20世紀回想」など、SFというカテゴリが明確なものとして育つ以前から、タイムトラベルをテーマにした物語は創られている。 そういった背景をもとに、産業革命以降の科学技術の発展から生まれたSFというカテゴリが、夢の科学技術や超常現象としてのタイムトラベルを物語の類型として取り込んでいった。 実在する現象かは解明されていないが、理論物理学などにおいて実現の可能性が示されることがある(相対性理論におけるタイムラグ等)。また、半ば空想的、思考実験的な意味を伴う「楽しい娯楽研究対象」と扱われることもある。

    タイムトラベルを舞台設定として利用する物語作品には、いくつかの類型がある。 A. 手段による類型 1. 1.1. タイムトラベルを実現するメカニズム、「タイムマシン」によるもの。「タイムマシン」は、エンリケ・ガスパール・イ・リンバウの1887年の作品『時間遡行者』で発案され、1895年にハーバート・ジョージ・ウェルズが発表した『タイム・マシン』で広まったとされる。 1.2. 登場人物の強い願望、あるいは個人的な超能力に由来するもの。 1.3. 何らかの天変地異が原因で受動的に引き起こされるもの。この類型については「タイムスリップ」や「タイムクェイク(時震)」などと呼ばれる場合がある。 1.4. 何らかのゲート(門)が設定され、そのゲートの両側が異なる時間に開いており、そこを行き来することでタイムトラベルが実現されるもの。 B. 主人公の意図との関係による類型 1. 1.1. 目的地を定めての意図的なタイムトラベルが行われるもの。 1.2. いつの時代にタイムトラベルするかが分からない・制御不可能なもの。 1.3. 何らかの不測の事態によってタイムトラベルをしてしまい、そこから物語が始まるもの。しばしば主人公たちはタイムトラベルをしたことにしばらく気付かない。 1.4. 明確なタイムトラベルは結末に至るまで示されず、種明かしとしてタイムトラベルが生じていたことが明らかになるもの。

    広義のタイムトラベルと見なせる要素を持つ多数の初期作品が存在するため、タイムトラベル物の最初の実例と認められる作品について、全面的に同意された定義は存在しない。古代に創作されたいくつかの神話や寓話などには未来へタイムスリップする話が含まれている。また、知られている作品は未来へのタイムトラベルものよりも近年になるが、過去へのタイムトラベルものの起源もはっきりとは知られていない。

    ウェルズの『タイム・マシン』は未来へのタイムトラベルを題材としたが、その後のSF作品では未来だけではなく過去へのタイムトラベルを扱った作品もまた多く生み出されている。これらの作品では、必ずしもタイムマシンの登場は必須ではなく、超能力によるタイムトラベルや超常現象によるタイムトラベルなども含まれている。 作品の傾向として、未来へのタイムトラベルは『タイム・マシン』に代表されるような悲観的な未来社会が題材とされる場合が多い。これはウェルズの作品が当時のイギリスの階級問題や労働問題を未来社会になぞらえていたように、現代社会の問題点を未来に投影し描くことで現代に問題を提起する作家の意図が強いためである。 一方、過去へのタイムトラベルでは現代と過去で繫がる問題や危機が頻繁に題材とされ、過去の改変により現代の事象も影響を受けるタイムパラドックスにより、歴史が書き換わった場合に訪れる危機や現代の悲観的状況を打開するドラマが多く描かれている。また不可逆的な時間を遡る現象の特性から、経験してきた時代をもう一度体験したい、生前の時代を垣間見たい、人生をやり直せたらとの読者の願望を反映したノスタルジックな内容の作品も少なくない。これらは歴史小説的側面を持つ作品もある。過去へのタイムトラベルは、荒唐無稽になりがちな未来社会を扱った作品よりも、時代考証や史実を踏まえることでよりリアルな描写が可能である。そのためか、現代への影響が想像しやすく読者が感情移入しやすいという評価もある。

    ファインマンの考え

    リチャード・P・ファインマンは、「反粒子は時間を逆行している正の素粒子だ」と考えた。この考え方は「ディラックの海」の持つ問題点を解決するものだったが、「ディラックの海」という考え方は後に物理学者らによって(別の方法で)修正された。

    ホーキングの時間順序保護説

    スティーヴン・ホーキングは「タイムマシンは不可能である」と述べた。彼は「過去に行くことを許容する時間的閉曲線が存在するためには、場のエネルギーが無限大でなくてはならない[要出典]」と述べた。

    未来へのタイムトラベル

    もし、自分がゆっくりと変化することや意識の低下などにより、変化を意識していないうちに周囲が変化していってしまうことも「タイムトラベル」と呼ぶならば、ウラシマ効果、コールドスリープ(冷凍睡眠)や重力ポテンシャルの高低差を利用することにより理論上可能とされる。ただし、これらの方法では時間を遡ることはできない。

    クリフォード・A・ピックオーバー(著)、青木薫(翻訳)『2063年、時空の旅』(講談社、2000年)ISBN 4062572907
    ポール・デイヴィス(著)、林一(翻訳)『タイムマシンをつくろう!』(草思社、2003年)ISBN 4794212232
    金子隆一『新世紀未来科学』(八幡書店、2001年)ISBN 4893503952
    キップ・ソーン(著)、林一(翻訳)『ブラックホールと時空の歪み アインシュタインのとんでもない遺産』(白揚社、1997年)ISBN 4826900775
    ジョン・タイター - 2000年にインターネット上で活動した自称タイムトラベラー
    トリアノンの幽霊 - 1901年にヴェルサイユ宮殿の離宮小トリアノン宮殿を観光した二人のイギリス人女性が、フランス革命時代に偶発的にタイムトラベルしてマリー・アントワネットに会ったと主張した事件
  12. 其他人也搜尋了