Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
    • 概要
    • 反響・興行
    • 評価
    • ストーリー
    • 作品設定
    • スタッフ
    • 主題歌
    • 商品・タイアップなど
    • 外部リンク

    大災害「セカンドインパクト」後の世界を舞台に、人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった少年少女たちと、第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描いたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(1995年 - 1996年)を、新たな設定とストーリーで「リビルド」(再構築)したものが『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズである。本作は2007年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、2009年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』に続く第3作目にあたる。タイトルの「Q」は、当初は雅楽の用語「序破急」に由来する「急」とされていた。 シリーズ第1作『序』は、TVシリーズ第壱話から第六話までのストーリーをほぼ踏襲していたが、第2作『破』からは、TVシリーズ第八話から第拾九話を元にしつつも、新たな登場人物、エヴァンゲリオン、使徒などが加わり『新劇場版』独自のストーリーへとシフトしていった。そして本作『Q』では、前作から14年後の世界におけるNERVと反NERV組織「ヴィレ」の戦いなど、TVシリーズや旧劇場版とは全く異なるストーリーが展開される。

    封切り時の上映館数は『序』の85、『破』の120より大幅に増え、日本全国224スクリーンで公開された。2012年11月17日・18日の初日2日間で観客動員数77万1764人、興行収入11億3100万4600円となり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった。これは、2012年オープニング週末成績2位、邦画の初動興収としては歴代4位(当時)の記録であった。 公開後9日間で観客動員数203万2147人、興行収入は28億5812万6200円を記録し、10日目(11月26日)には興収30億円を突破することが確実となった。一方、観客動員数は2週連続1位であったが、3週目は『007 スカイフォール』に抜かれ第2位となった。 2013年1月12日には観客動員数が363万以上となり、興行収入は50億円の大台を突破した。また、これにより全国94館(新規85館)の劇場による1月26日付けでの追加拡大公開も決まった。同年4月19日に日本国内の上映が終了し、最終的な観客動員数は382万6472人、興行収入は52億6737万3350円となった[注 1]。これは2012年の映画興行ランキング(2011年12月〜2012年11月に公開された映画)の中で、『BRAVE HEARTS 海猿』(73.3億円)、『テルマエ・ロマエ』(59.8億円)、『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(59.5億円)に次ぐ第4位の成績である。

    インターネット上や、映画雑誌『キネマ旬報』の編集部でも、本作の評価は賛否両論となっている。 1. 漫画家の松本零士は、「『現代映像』とでも呼べるものを切り開いた」と評し、世界観の表現、「目が回るから面白い」ストーリー展開の速さ、艦船(ヴンダー)のデザイン、色彩感覚に対し賛辞を送っている。 2. エッセイストの中村うさぎは、前作『破』を「生ぬるい仲良しごっこ」として否定したうえで、本作の「鬱展開」を絶賛し、「この展開こそ、エヴァよ!」「新劇場版シリーズは今回のQをもってようやくエヴァになった」と述べている。 3. 映画評論家の増當竜也は、観客が碇シンジと一緒に「浦島太郎的気分」にさせられることを「面白い」と評しているが、一方で登場人物の描写の不足を挙げ「どこか急ごしらえのストーリーによる粗雑さをも感じずにはいられない」と述べている。 4. 精神科医の斎藤環は、本作を構成する複雑な世界観と未成熟な感情の動きを「まさに、これぞエヴァ」と述べ、境界例(境界性人格障害)的な作品ゆえの限界、「人類補完計画」と「人間の条件」たるエディプスコンプレックスとの矛盾によって「『終わり』は終わりとして機能しない」と指摘しているが、その「承認による欲望の構造を暴露すること」により、妥協とも成熟とも治癒とも手を切った「メタ・ビルドゥングスロマン」として完結することにより伝説は上書きされるだろうと、最終作に期待を述べている。 5. 映画雑誌『映画秘宝』の読者による2012年のワースト映画ランキング「HIHOはくさいアワード」では、本作が第3位に選ばれている。

    US作戦

    前作『破』終盤で描かれた「ニアサードインパクト」から14年後。葛城ミサトをはじめ旧NERV職員らは、反NERV組織「ヴィレ」を結成し、NERVのエヴァを殲滅すべく活動していた。ヴィレは、式波・アスカ・ラングレーの乗るエヴァ改2号機と真希波・マリ・イラストリアスの乗るエヴァ8号機の2機によって、衛星軌道上にNERVが封印していた初号機を強奪する「US作戦」を実行する。改2号機は Evangelion Mark.04「コード4A」数体から妨害を受けるが、8号機の援護射撃でそれを突破。さらに初号機とともに格納されていたMark.04「コード4B」の迎撃により窮地に陥るも、一時的に覚醒した初号機によって助けられ、初号機とともに地球へと帰還する。

    ヴンダー

    ヴィレの旗艦「AAA ヴンダー」で目覚めた碇シンジは、ヴィレのメンバー、14年経ったミサトやリツコらと再会するが、「ニアサードインパクト」を引き起こした危険人物として白眼視され、もうエヴァには乗らないように警告される。ヴンダーは Mark.04「コード4C」の襲撃を受けるが、空中戦を展開しそれらを殲滅する。その戦闘後、リツコはシンジに、初号機から保護されたのは彼のみで、(前作『破』で)第10の使徒から救出したはずの綾波レイは発見されなかったこと、そしてシンジが今後エヴァに乗ってそれを覚醒させた場合、装着された首輪「DSSチョーカー」が発動し死ぬことを告げる。そこに、NERVのエヴァMark.09がヴンダーを急襲し、シンジを連れ戻そうとする。Mark.09から呼びかけるレイの声を聞いたシンジは、ミサトたちの警告を無視してMark.09とともにNERV本部へ向かう。

    NERV本部

    地表にあった第3新東京市が消滅し、荒廃したNERV本部へ戻ったシンジは、エヴァMark.09から降りたレイと改めて顔合わせし、碇ゲンドウからは渚カヲルとともにエヴァ第13号機に乗るよう命じられる。シンジはレイが生きていたことを知り、さらにピアノの連弾を通してカヲルと親しくなり次第に元気を取り戻すが、自身が起こした「ニアサードインパクト」が原因で14年の間にサードインパクトが起こり、一面が真紅に染まり荒廃、コア化した世界になったこと、そして今NERVにいるレイは別の複製体であり、自分の知るレイがまだ初号機の中にいることを知り、絶望する。第13号機完成後もシンジはエヴァに乗ることを拒むが、カヲルがシンジのDSSチョーカーを外して自分の首に移し説得したことで、カヲルと一緒に第13号機へと乗り込むことを決める。

    登場人物

    前作『破』から14年が経過しているが、エヴァのパイロットは「エヴァの呪縛」により外見に年齢変化がない。 主人公 1. 1.1. 碇シンジ(声:緒方恵美) - 主人公、「第3の少年」。カヲルと共に第13号機に搭乗する。 NERV・ゼーレ側の人物 1. 1.1. アヤナミレイ(仮称)(声:林原めぐみ) - Mark.09に搭乗するNERV所属のパイロット。ユイのクローンである綾波シリーズの初期ロット。アヤナミのカタカナ表記と「(仮称)」も含めて正式名称。 1.2. 渚カヲル(声:石田彰) - 「ゼーレの少年」とも呼ばれる第1の使徒。シンジと共に第13号機に搭乗。 1.3. 碇ゲンドウ(声:立木文彦) - NERV最高司令官(前作までの設定)。シンジの父。目には(キールのものと似た)バイザーを装着している。カヲル曰く「リリンの王」。 1.4. 冬月コウゾウ(声:清川元夢) - NERV副司令(前作までの設定)。 1.5. 碇ユイ- 碇シンジの母親。新劇場版シリーズにおける旧姓は「綾波」。エヴァシリーズの開発初期段階において、コアへのダイレクトエントリー方式を考案。自らその実験体に志願し...

    エヴァンゲリオン

    「使徒」に対抗すべく建造された人型兵器。特務機関NERVが開発し、保有・運用していたが、本作ではヴィレも保有・運用している。パイロットは円筒形のコックピット「エントリープラグ」に乗り、主に神経接続によって機体を操縦する。使徒と同じくA.T.フィールドを持ち、使徒のそれを中和・侵食・破壊することができる。初号機・2号機(TV版では弐号機)はTV版から引き続いて登場するが、新劇場版での新機体として Mark.06、8号機、Mark.09、第13号機が登場する。このほか、作中では正体不明であった「コード4A」「コード4B」「コード4C」もエヴァンゲリオンであることが、BD・DVDのブックレットにおいて明らかにされた(エヴァ4号機との関係は不明)。 汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン 試験初号機 1. 長い1本の角を持つ、双眼で紫色の機体。本作の序盤でヴィレが衛星軌道上から回収し、シンジを保護したのち「AAA ヴンダー」の主機(メインエンジン)として利用している。シンジとのシンクロ率は0.00%となっており、たとえ搭乗しても動かすことができないが、US作戦時にはアスカの危機に際...

    使徒

    第4から第10までの使徒はいずれも第3新東京市に来襲していたが、本作ではそのような描写はない。形状や能力はそれぞれ異なるが、必ず「コア」と呼ばれる部位(通常は赤色の球体)があり、それを破壊されると活動を停止し全身が血のような液体に変化(形象崩壊)する。第1作『序』の第6使徒出現時にゲンドウが「残り8体の使徒を倒さねばならない」と発言しているが、その場面の時点で未殲滅である第3の使徒と第6の使徒、『Q』終了現在新劇場版未登場の第11の使徒、そして本来なら存在することのないはずの第13の使徒を数に入れているのか不明である。 第1の使徒 1. 渚カヲルが第1使徒である(セカンドインパクト時アダムスとされる4体の巨人が描かれていたが詳細は不明である。)が、ゲンドウの策略により第13使徒に堕とされた。 第2の使徒「リリス」 1. 前作『破』まではセントラルドグマで磔にされていたが、本作ではセントラルドグマ最深部に首のない胴体、第一発令所跡地にレイの顔をした頭部がそれぞれ安置されている。槍が2本刺さっており、うち1本はMark.06とリリスを貫いている。 第12の使徒 1. マリによると「最...

    企画・原作・脚本・総監督:庵野秀明
    監督:摩砂雪、前田真宏、鶴巻和哉
    主・キャラクターデザイン:貞本義行
    主・メカニックデザイン:山下いくと

    テーマソング:宇多田ヒカル「桜流し」(EMIミュージック・ジャパン)

    1. 公開日まで主題歌に関する情報は伏せられていた。宇多田ヒカルは2010年に活動無期限停止を発表していたが、制作スタッフからの熱い要望と当該作品に対する強い思い入れにより制作された。音楽配信開始から2時間50分でiTunes Storeトップソングチャート第1位を獲得、レコチョクシングルデイリーランキングでも2日連続で1位を達成している。また後述のオリジナル・サウンドトラックにも収録されている。

    BD・DVD

    2013年4月24日に、劇場版からの再調整を施したBlu-ray Disc・DVD版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.』を発売。

    サウンドトラック

    2012年11月28日に、鷺巣詩郎によるサウンドトラック『Shiro SAGISU Music from "EVANGELION:3.0" YOU CAN (NOT) REDO.』(KICA-3202〜3、CD2枚組)が発売された。 また、2013年4月24日に発売されたBD・DVDには、初回特典CDとして使用楽曲を全て劇中サイズで収録した『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナル・サウンドトラック』が付属する。

    前売券

    前売券は特典付きのみ発売された。 1. 劇場限定前売券(特典:青いバンダナ) - 2012年7月14日発売、2000円。 2. アニメイト限定特典付き前売券(特典:青いTシャツ)- 2012年9月20日発売、3000円。 3. ローソン限定特典付き前売券(Mark.06ルームライト引換券付) - 7500円。 4. ローソン限定特典付き前売券(C-styleぷちえゔぁ新劇場版Limited edition引換券付) - 3000円。

    ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q - allcinema
    ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q - KINENOTE
    ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q - Movie Walker
    • 庵野秀明
    • 大月俊倫, 庵野秀明
  2. ヱヴァンゲリヲン新劇場版 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ヱヴァンゲリヲン新劇場版
    • 概要
    • 作品一覧
    • シリーズ経緯・略歴
    • 受賞歴
    • 製作体制
    • 作品設定
    • 客演
    • 関連映像作品

    大災害「セカンドインパクト」後の世界を舞台に、人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった少年少女たちと、第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描いたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(1995年 - 1996年放送)をリメイクしたものである。2006年に発表された仮称にあった「REBUILD」という語句は後にタイトルから消えたが、2007年の前編『序』までは新劇場版について(リメイクではなく)「リビルド(再構築)」という表現が作品紹介などの広報で多用された。 総監督の庵野秀明をはじめ監督の摩砂雪、鶴巻和哉、キャラクターデザインの貞本義行、音楽の鷺巣詩郎など、中心的なスタッフはTVシリーズと同じであり、声優も新キャラクター以外は同じである。全4部作から成る。当初は仮称の「前編、中編、後編、完結編」としていたが、2007年4月に序破急にちなむ「序、破、急、?」と発表され、さらに2009年6月に『急』が『Q』に、2012年11月に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:?』が『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』に改められた。 『序』『破』『Q』で使われる「ヱヴァンゲリヲン」という表記はタイトルでのみで、劇中に登場する機体は従来どおりの表記「エヴァンゲリオン」が使われる。 前編『序』はTVシリーズの第壱話から第六話までのストーリーを踏襲していたが、中編『破』は既存のストーリーを元にしつつ新たな機体やキャラクターが登場し、後編『Q』以降では『序』・『破』から14年後の世界を舞台としたまったく新たな物語が展開され、最終章『𝄇』は「非、そして反。」をキャッチコピーとし最後のエヴァンゲリオンを描いた。

    〈第1作 / 前編〉ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

    1. 主人公の碇シンジが父ゲンドウに呼ばれて第3新東京市に来てから、ヤシマ作戦(第6の使徒との戦い)までを描く。 2. 公開後2日間の観客動員数は23万6158人、興行収入は2億8000万円。最終興行収入は20億円。

    〈第2作 / 中編〉 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

    1. 旧北極基地でのマリと第3の使徒との戦いで始まり、アスカ登場から第10の使徒との戦いにおけるエヴァ初号機の覚醒(ニアサードインパクト)までを描く。 2. 公開後2日間の観客動員数は35万4852人、興行収入は5億1218万円。最終興行収入は40億円。

    〈第3作 / 後編〉ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

    1. ニアサードインパクトから14年後の世界において繰り広げられる、ミサト率いる反ネルフ組織「ヴィレ」とネルフの戦いや、エヴァ第13号機によるフォースインパクトの発動を描く。特撮短編映画『巨神兵東京に現わる劇場版』と同時上映。 2. 公開後2日間の観客動員数は77万1764人、興行収入は11億3100万円。最終興行収入は52.6億円[注 1]。

    アニメ雑誌『ニュータイプ』の2006年10月号で、『エヴァンゲリオン新劇場版 REBUILD OF EVANGELION(仮題)』[注 3]の制作が発表された。前編・中編・後編・完結編の全4部作の物語で、前編は2007年初夏、中編は2008年陽春、後編と完結編は同時上映で2008年初夏に公開予定とされた。 新劇場版は、前回のTVシリーズおよび劇場版を「旧世紀版」と呼称したいという庵野の意向を受けて製作されるもので、旧世紀版では明かされなかった「新たな真実」が描かれる、とされた。 プロデューサーの大月俊倫によれば、時間軸はTVシリーズと同一であるが、前編から後編までは旧作のフィルム映像を一切使用せず、現存する原画から新たに撮り直し、それに新画像を大幅に付け加えた作品になり、新設定や新キャラクターも登場するとされた。なお、タイトルから「新世紀」の文字が消えたのは、すでに21世紀(つまり「新世紀」)になってしまったからという理由であった。 スタッフは、庵野秀明が総監督、摩砂雪と鶴巻和哉が監督を務め、新たに興された庵野の個人アニメスタジオ「カラー」による制作のもと、脚本は前編を庵野、新作画部分の絵コンテは前編を樋口真嗣と京田知己、中編を佐藤順一がそれぞれ担当し、前編の総作画監督は鈴木俊二、作画監督は松原秀典が担当すると発表された。 2007年2月17日、全国の主要な映画劇場において、庵野による「所信表明」を書き記したポスターの掲示とともに特報映像(文字情報のみ)の上映が開始された。前編は2007年9月1日に公開するほか、中編の公開時期を2008年陽春から2008年、後編と完結編は2008年初夏から公開日未定と改められた。 なお、発表された庵野による所信表明文のタイトル「我々は再び、何を作ろうとしているのか?」は1995年7月にTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』が放送される前に庵野自身が発表した所信表明文「我々は何を作ろうとしているのか?」(貞本義行による漫画版第1巻に収録)に対するものである。 以下に、その後の最終作に至るまでの大まかな出来事の略歴を記す。放送履歴に関してはテレビ放送を参照。 2007年 1. 1.1. 4月11日、前編のタイトルが『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』と発表された。 1.2. 4月28日、『序』の前売り券第一弾が販売開始された。また、前...

    テレビ局の関与

    新劇場版では日本テレビが地上波放映、その他宣伝協力などで関わっている[注 5]。

    スタッフなど

    近年のアニメ製作では常態化している製作委員会方式もとられておらず、興行形態としては自主製作、いわゆるインディーズ映画となる。庵野秀明自身が原作・総監督・脚本・音響監督の他に出資も行うことで、原作者が権利も保持する側面を強め、自身がTV版で普及の要因を担った製作委員会方式とは異なる方式に立ち返る意図も示している。

    エヴァンゲリオン

    「使徒」に対抗すべく建造された巨大な人型兵器。パイロットは円筒形のコックピット「エントリープラグ」に乗り、主に神経接続によって機体を操縦する。使徒と同じくA.T.フィールドを持ち、使徒のそれを中和・侵食・破壊することができる。

    使徒

    「第3新東京市」に来襲する謎の敵。形状や能力はそれぞれ異なるが、「コア」と呼ばれる部位があり(通常は赤色の球体)、それを破壊されると活動を停止。新劇場版では、その際に全身が血のような液体に変化する(形象崩壊)。A.T.フィールドを持ち、エヴァンゲリオン以外の通常兵器はほとんど意味をなさない。なお、新劇場版における「第11の使徒」については、その存在が明らかとなっていない。

    ゲーム

    ※すべてテレビゲームソフト。ここでいう「登場」とは、本作に登場するキャラクターならびにロボットおよびゲームシナリオに組み込まれた幾つかのストーリーエッセンスの総称を指す。 スーパーロボット大戦シリーズ 1. ロボット作品のクロスオーバーゲーム。 『スーパーロボット大戦L』 1.1. 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」名義で登場。設定的には『破』までの展開を踏まえたもの。 『スーパーロボット大戦モバイル』 1.1. この作品よりクレジットが『〜:序』・『〜:破』のように別表記で登場。 『スーパーロボット大戦Card Chronicle』 1.1. 『序』・『破』が登場。 『第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇/天獄篇』 1.1. 前後編の二編構成。前編『時獄篇』では『序』・『破』が登場。後編『天獄篇』では『序』・『破』の展開を踏まえて『Q』が初登場する。 『スーパーロボット大戦X-Ω』 1.1. 配信時から『序』・『破』が登場し、後に『Q』が追加登場する。また、『エヴァンゲリオン ANIMA』の機体が登場しており、パイロットは新劇場版のキャラクターとなっている。 1.2. 2016年8月...

    ゲスト出演

    『新幹線変形ロボ シンカリオン』 1. 1.1. 第17話「西へ!!シンカリオンVS大阪名物!?」 1.2. 第31話「発進!!シンカリオン 500 TYPE EVA」 1.3. 劇場版 新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X

    日本アニメ(ーター)見本市

    『until You come to me.』 『evangelion:Another Impact(Confidential)』 『(Making of )evangel ion:Another Impact』 『新世紀いんぱくつ。』

    VRアクティビティ

    『エヴァンゲリオンVR THE 魂の座』 1. 2017年7月14日より『VR ZONE SHINJUKU』ほかバンダイナムコアミューズメント施設VR ZONE Portalで稼働のVRアクティビティ。2017年12月27日(水)より『エヴァンゲリオン VR The 魂の座:暴走』にバージョンアップ。

  3. 新世紀エヴァンゲリオンの登場兵器一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/新世紀エヴァンゲリオンの...

    新劇場版では、『Q』にてヴィレの艦隊に所属しているのが確認できる。 『シン』ではヤマト作戦時にN2爆弾搭載型宙対宙艦船流用式誘導弾として1隻が使用されネルフ本部を破壊する。[2] ソヴレメンヌイ級駆逐艦 新劇場版に登場。

  4. 新世紀エヴァンゲリオン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/新世紀エヴァンゲリオン

    新劇場版 シリーズ』開始後は区別のため「旧劇場版」とも呼ばれる。 シト新生 ... CRヱヴァンゲリヲン 〜始まりの福音〜 Light Ver.II(2010年11 月稼動開始) CRヱヴァンゲリヲン7(2012年1月稼働開始) CRヱヴァンゲリヲン7 Light Ver.III(2012年4月 ... ...

  5. 新幹線500系電車 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/新幹線500系電車

    新幹線500系電車(しんかんせん500けいでんしゃ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)に在籍する新幹線電車である。 JR西日本は、自社の路線である山陽新幹線の航空機に対する競争力強化の一環として、より一層の高速化を目指して「500系」を開発した。

  6. 新世紀エヴァンゲリオン (ゲーム) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/新世紀エヴァンゲリオン...
    • コンピュータゲームの一覧
    • 携帯電話用ゲーム
    • パチンコゲーム系
    • ゲスト出演作品
    • その他のゲーム
    • 脚注
    機種名の略称(Win -Windows 、Mac - Macintosh、PS - PlayStation、PS2 - PlayStation 2、PS3 - PlayStation 3、PSP - PlayStation Portable、N64 - NINTENDO64、GBC - ゲームボーイカラー、DS - ニンテンドーDS、SS - セガサターン、DC - ドリームキャスト、WS...
    廉価版は含まない。
    ここでいうコンピュータゲームとは、コンシューマーゲーム(テレビゲーム、携帯型ゲーム)およびパソコンゲームを指す。携帯電話用ゲームやアプリは別途記載。

    コンシューマゲームとして発売されたゲームの携帯電話用の再リリースは除外している。 アプリの多くは、2004年に「アニメ@GAINAX」として開設され2005年にリニューアルした「エヴァ&アニメiGAINAX」、2007年末に開設されたガイナックス作品のモバイルゲームサイト「エヴァ&GAINAXゲーム」にて購入できる。 パチンコゲームから演出をオリジナルゲーム化したアプリも携帯電話向けパチンコ・パチスロサイトにて提供されている。 ぷかぷかレイちゃんi(iアプリ) - メディア・マジック(i:2002年8月上旬周辺) エヴァあわせ(iアプリ) - メディア・マジック(i:不明) ミサトさん!ビール!(iアプリ、EZアプリ) - メディア・マジック(i:不明、EZ:2004年7月28日) セカンドインパクト(iアプリ、EZアプリ) - メディア・マジック(i:不明、EZ:2004年9月13日) パレットライフル、発射します!(iアプリ、EZアプリ) - メディア・マジック(i:不明、EZ:2004年9月13日) アルPEN大回転(iアプリ) - メディア・マジック(i:不明) ロンギヌスの槍投げ特訓(iアプリ) - メディア・マジック(i:2004年7月5日) ミサトさん危機一髪(iアプリ) - メディア・マジック(i:2004年7月下旬周辺) マグマダイバー(iアプリ、EZアプリ) - メディア・マジック(i:2004年10月11日、EZ:2004年11月8日) 脱出!!ネルフ本部(iアプリ、EZアプリ) - メディア・マジック(i:2004年11月1日、EZ:2005年1月1日) エヴァスピード (EZアプリ、iアプリ) - メディア・マジック(EZ:2005年2月1日、i:2005年2月7日) 人類舗装計画(iアプリ、EZアプリ) - メディア・マジック(i:不明、EZ:2005年4月1日) シンジと愉快な仲間たち ボンジョルノ!7ならべ(iアプリ) - メディア・マジック(i:2005年4月18日) 新世紀エヴァンゲリオンピンボール(iアプリ) - メディア・マジック(i:2005年5月16日) 使徒、侵入(EZアプリ、iアプリ、Vアプリ) - メディア・マジック(EZ:2005年6月1日、i:2005年6月6日、v:2005年10月12日) 瞬間、心、重ね...

    パチンコ実機の機能を家庭用ゲーム機上で再現したもの。実機攻略のシミュレーターとしても使用される。 1. 発売メーカーは総てディースリー・パブリッシャー 必勝パチンコ★パチスロ攻略シリーズ Vol.1 CR新世紀エヴァンゲリオン(PS2)(2005年10月20日) 必勝パチンコ★パチスロ攻略シリーズ Vol.5 CR新世紀エヴァンゲリオン・セカンドインパクト&パチスロ新世紀エヴァンゲリオン(PS2)(2006年6月8日) 必勝パチンコ★パチスロ攻略シリーズ Vol.10 CR新世紀エヴァンゲリオン 〜奇跡の価値は〜(PS2)(2007年6月7日) 必勝パチンコ★パチスロ攻略シリーズ Vol.11 新世紀エヴァンゲリオン 〜まごころを、君に〜(PS2)(2007年9月27日) 必勝パチンコ★パチスロ攻略シリーズDS Vol.1 新世紀エヴァンゲリオン 〜まごころを、君に〜(DS)(2008年2月21日) 必勝パチンコ★パチスロ攻略シリーズDS Vol.2 CR新世紀エヴァンゲリオン 〜使徒、再び〜(DS)(2008年6月12日) 必勝パチンコ★パチスロ攻略シリーズ Vol.12 CR新世紀エヴァンゲリオン 〜使徒、再び〜(PS2)(2008年6月26日) 必勝パチンコ★パチスロ攻略シリーズDS Vol.3 新世紀エヴァンゲリオン 〜約束の時〜(DS)(2008年12月4日) 必勝パチンコ★パチスロ攻略シリーズ Vol.13 新世紀エヴァンゲリオン 〜約束の時〜(PS2)(2008年12月18日) 必勝パチンコ★パチスロ攻略シリーズ Vol.14 CR新世紀エヴァンゲリオン 〜最後のシ者〜(PS2)(2009年7月30日) 必勝パチンコ★パチスロ攻略シリーズDS Vol.4 CR新世紀エヴァンゲリオン 〜最後のシ者〜(DS)(2009年7月30日) ほかにパチンコ実機の機能をブラウザゲームで再現したものが利用されている。用途は同上。プラットフォームはPSPACE、FIELDSモバイル。 Android Market、App Storeでのダウンロード販売も行われている。発売メーカーは全てフューチャースコープ

    スーパーロボット大戦シリーズ

    スーパーロボット大戦シリーズ(バンプレスト→バンダイナムコゲームス→バンダイナムコエンターテインメント) 1. 下記作品群にキャラ・EVAシリーズなどのロボが登場(シリーズでは「参戦」と呼称する)している。各作品では扱いが様々であるので、詳細は各項目先を参照。『F』から『第3次α』まではテレビ版とその劇場版、『L』以降は新劇場版シリーズからの参戦。 スーパーロボット大戦F(1997年・1998年、SS・PS) 1.1. 初登場作品。 スーパーロボット大戦F完結編(1998年・1999年、SS、PS) スーパーロボット大戦α(2000年5月25日、PS) 1.1. スーパーロボット大戦α for Dreamcast(2001年8月30日、DC) スーパーロボット大戦Scramble Commander(2003年11月6日、PS2) スーパーロボット大戦MX(2004年5月27日、PS2) 1.1. スーパーロボット大戦MX ポータブル(2005年12月29日、PSP) 第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ(2005年7月28日、PS2) スーパーロボット大戦L(2010年1...

    コンシューマーゲーム

    スーパーロボットピンボール(2001年2月23日、GBC) 1. 初号機が登場。 プリンセスメーカー5(PS2版:2008年2月7日、PSP版:2008年9月25日) 1. 「娘」の着せ替えアイテムとしての衣装に登場。 ファンタシースターポータブル2(PW第1弾:2009年12月17日、PW第2弾:2010年1月7日、DLC第1弾:2010年3月3日、DLC第2弾:2010年3月17日) 1. 服・パーツにプラグスーツが登場。コラボアイテムのパスワードでの配布や、PlayStation Storeでのダウンロードコンテンツ。 ファンタシースターポータブル2 インフィニティ(2011年) 1. 上記の前作のプラグスーツ、新たにスクールウェアが登場。コラボアイテムのパスワードでの配布や、PlayStation Storeでのダウンロードコンテンツ。 モンスターハンター フロンティアG※PC版もあり(2015年) 1. モチーフにした武具の生産素材がなど入手できるくじ、EVAが“自由区 シリアス ランド3”に一時契約ラスタとして狩りをサポートされる等。 巨影都市(2017年) 1. 巨...

    パソコンゲーム

    エミル・クロニクル・オンライン(2006年8月25日) 1. コラボレーションパッケージとして発売。コラボアイテムチケットが同梱。 メイプルストーリー(2018年) 1. パッケージ販売ではなく期間限定。

    テーブルトークRPG

    新世紀エヴァンゲリオンRPG ネルフ白書(角川書店) 新世紀エヴァンゲリオンRPG 使徒降臨(角川書店) 新世紀エヴァンゲリオンRPG 決戦! 第3新東京市(富士見書房) 新世紀エヴァンゲリオンRPG〈2〉使徒接近!(富士見書房)

    トレーディングカードゲーム

    新世紀エヴァンゲリオン カードゲーム(バンダイ) 新世紀エヴァンゲリオン カードゲーム第2弾(バンダイ) ドラゴン☆オールスターズ (富士見書房) ヴァイスシュヴァルツ (ブシロード) クルセイドシステムカードシリーズ(バンダイ) ヱヴァンゲリヲン バトルリンク(フィールズ)

    体感型ゲーム

    リアル脱出ゲーム×エヴァンゲリオン・ある使徒からの脱出(企画制作:SCRAP) 1. 1.1. 会場:富士急ハイランド、日程:2011年11月2日 - 11月6日、11月11日 - 11月13日、11月19日 リアル脱出ゲーム×エヴァンゲリオン・第3新東京市からの脱出(企画制作:SCRAP) 1. 1.1. 会場:超☆汐留パラダイス!2015、日程:2015年7月24日 - 8月30日 リアル脱出ゲーム×エヴァンゲリオン・第3新東京市からの脱出(再演)(企画制作:SCRAP) 1. 1.1. 会場:大阪ヒミツキチオブスクラップ、日程:2015年10月2日 - 11月1日(金土日のみ) 1.2. 会場:名古屋ヒミツキチオブスクラップ、日程:2015年10月16日 - 11月22日(金土日のみ) 1.3. 会場:西鉄ホール、日程:2015年11月25日 - 11月30日 1.4. 会場:新潟県民会館ギャラリーA、日程:2016年1月9日 - 1月11日、2016年1月16日 - 1月17日 リアル脱出ゲーム×エヴァンゲリオン・見えない使徒からの脱出(企画制作:SCRAP) 1. 1....

    ^ エヴァ20周年記念 スマホアプリ『ゆるしと エンジェルドロップ』リリース開始
    ^ SARSコロナウイルス2の流行の影響で延期や中止があったが、開催された会場と期間のみ記す。
  7. 新世紀エヴァンゲリオンの用語一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/新世紀エヴァンゲリオンの...
    • エヴァンゲリオン
    • 使徒
    • 組織
    • 場所
    • 兵器
    • その他
    • 新劇場版で初出の用語
    • 関連項目

    1. 正式名称は「汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオン」。略称はEVA(エヴァ)。 2. 人類が14年の歳月と、天文学的な経費をかけて製造した巨大な人造人間。生命の起源であり神に近い存在とされる第1使徒アダムまたは第2使徒リリスを複製し造られた素体に装甲板(実際は本来の力を抑え込むための拘束具)をつけることにより運用可能としたもの。A.T.フィールドを展開できるため、襲来する使徒を殲滅できる唯一の兵器とされる。しかし建造された真の目的は「人類補完計画」を遂行するためだとされる。

    チルドレン

    1. エヴァンゲリオンのパイロットとなる子供たちのこと。適格者とも表現される。マルドゥック機関によって選ばれた、母親のいない14歳の子供というのが基準。これは通常、パイロットとEVAのリンクのために母親の魂がEVAのコアに使われるためであり、またシンクロに重要なA10神経の活発な時期が14歳頃の思春期であるため。「ファースト・チルドレン」など、1人を示す場合でも単数形のチャイルド (child) ではなく複数形 (children)で呼称される。ただし、英語版のアニメやコミックではchildに直されている。 2. 新劇場版では「第○の少年(少女)」とのみ語られ、「チルドレン」という表現は一掃されている。

    プラグスーツ

    1. エヴァンゲリオンのパイロットが着用するタイトな戦闘用スーツ。パイロットのサポート(神経接続の補助、衝撃や温度変化の緩和、生命維持)をするのが目的であるため、必須なものではない。神経接続を効率よく行うため、パイロットは下着などを身に着けない。プラグスーツを着た後、左手首にあるスーツフィットスイッチで身体にフィットさせて着用する。中央には心肺蘇生のための電気ショック発生装置である丸いパーツがあり、左手甲部には各モード情報を表示するハンドモニターがある。基本的なデザインは似ているが男性用、女性用ほか、パイロットごとにカラーリングは異なる。また局地仕様の耐熱耐圧仕様のプラグスーツもあり、右側のスイッチで熱からパイロットを守るためにスーツが膨張するようになっている。 2. デザインした貞本義行によると、ウォータースポーツなどに用いられるドライスーツが原型となっているとのこと。

    アダム

    1. 第1使徒と呼ばれる生命体の源。中央にコアが見える光の巨人。太古から南極大陸の地下に存在し、第3から第17までの使徒を生み出した存在(ただし第17使徒は人為的に作りだされたもの)だとされている。劇中ではターミナルドグマに磔にされている白い巨人のことをアダムと呼称していたが、後にそれはリリスであることが判明した。 2. 2000年、ゼーレとゲンドウらは葛城調査隊を利用し、他の使徒が覚醒する前にロンギヌスの槍を使いアダムを卵にまで還元することで被害を最小限に食い止めようとし、結果セカンドインパクトを発生する。それにより魂はどこかへ消え、肉体はバラバラになって退化した。後に、アダム計画により肉体は胎児状にまで復元され、硬化ベークライトによって固められたサンプルは、加持リョウジによって碇ゲンドウに横流しされ、ゲンドウの右手へと移植された。漫画版ではゲンドウが胎児状のアダムを経口摂取し、自らの肉体に取り込むシーンがある。また魂はゼーレにより人型の肉体を与えられ、渚カヲルとなる。由来は創世記のアダムから。

    リリス

    1. 第2使徒と呼ばれる生命体の源。ジオフロントのターミナルドグマに磔にされている白い巨人。アダム系の生命を除く、現在地球上にいる全ての生物はこのリリスが由来であり、その最果てに生み出されたのが第18使徒リリン=人間である。劇中ではNERV上層部の人間以外にはその存在が伏せられており、さらにそれがアダムであるかのような情報操作が行われていた。魂は抜かれており、それは魂の宿らなかった綾波レイの肉体へと移植されている。 2. 新劇場版においてはNERV本部最深部のL-EEE(レベルトリプルE)と呼ばれる場所に当初よりロンギヌスの槍で磔にされており、サードインパクトのトリガーとなるものであるとミサトに語られている。シンジが戦う意思を固めた要素のひとつでもある。

    A.T.フィールド (Absolute Terror FIELD)

    1. 全ての生命が自らを形成するべく持っている自我境界、排他的精神領域であり、人間は自らの肉体を形成し個体を維持する程度の強さしか持たないが、使徒やエヴァンゲリオンはそこから更に防御壁(バリアー)の一種として展開できるほどの強力なA.T.フィールドを持つ。その際には位相空間や相転移空間とも呼ばれ、強力になるにつれ視覚化し、更には物質化され、極めて高い防御力を発揮する。N2兵器含め通常兵器ではほぼA.T.フィールドを突破できずダメージを与えることができないが、A.T.フィールド同士では中和したり強引にこじ開ける事が可能であり、それゆえEVAが唯一使徒に対抗できうる兵器だとされる。第5使徒ラミエル戦では、A.T.フィールドを貫くエネルギー産出量は、最低1億8000万キロワット(日本中の電力)が必要とされた。使徒レリエルのように構造の形成に重要な役割を果たしているものもある。 2. 前述したとおり、A.T.フィールドは全ての生命が自らを形成するべく持っている自我境界であるため、自我=A.T.フィールドが完全に消失すると、生命は肉体を維持できなくなりL.C.L.へと還元してしまう。シンジ...

    特務機関NERV(ネルフ)

    1. 正式名称は国際連合直属非公開組織 特務機関NERV[注 2]。ゲヒルン(後述)を発展解消して2010年に設立された、使徒殲滅を主要任務とする国連直属の超法規的組織。ドイツ語で神経の意味。本部の所在は日本国の芦ノ湖北湖畔の第3新東京市の地下、箱根大深度地下大規模空間(ジオフロント内)にあり、最高司令官は碇ゲンドウ、副司令官は冬月コウゾウ。また米国に第1・2支部、ドイツに第3支部を擁し、その他にも中国など世界各国に支部がある。 2. 国連から絶大な権限を委譲されており、使徒殲滅作戦時には国連・日本国政府から作戦指揮の全てを委任されている。汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオンを複数保有し、2015年現在、E計画・アダム計画・人類補完計画の3つのプロジェクトも極秘裏に進めている。国連直属の準軍事組織として、一定程度の訓練を受けた武装職員を雇用している。「非公開組織」となっているものの、少なくとも第3新東京市の住民にとっては存在は公然の秘密のようである(その前に第三新東京市は秘匿性を高めるためにNERV関係者と今まで定住してきたものしか住むことが許されない)。外部から接触できる「...

    ゲヒルン (GEHIRN)

    1. 特務機関NERVの前身となる国連直轄の非公開組織。ドイツ語で脳の意。軍事組織の色彩の濃いNERVとは異なり、あくまで研究機関としての色合いが濃い。実質SEELEの下部組織にあたり、国連直轄の人工進化研究所を隠れ蓑として活動していた。SEELEが求める計画を遂行可能な人材、技術、装備などを揃えるための準備組織としての側面を持ち、MAGIの完成とともに即時解体され、全計画の遂行組織である特務機関NERVへと移行した。 2. 初期案では『ふしぎの海のナディア』のネオアトランティスの残党にする案もあった。

    人工進化研究所

    1. 箱根の芦ノ湖ほとりにある国連直轄の研究機関。国連直轄の諮問機関である人類補完委員会により設立され、研究所はアダムの破片を手に入れたことでSEELEの強い介入を受けたとされる。それにより組織体形が強化され、非公開組織であるゲヒルンが設立された。そのため、実際は非公開組織ゲヒルンの隠れ蓑としての施設となっており、地下のジオフロント内にある現NERV本部がゲヒルン本部である。

    神奈川県第3新東京市(Tokyo-3・Tokyo-III)

    1. 表向きは「第二次遷都計画に基づき、将来の首都として建設されている都市」という名目の元に建設されているが、実態はNERV本部を狙って襲来する使徒の迎撃のための対使徒迎撃要塞都市。芦ノ湖北岸に位置する。偽装されたミサイルサイロやEVAの武器、電源コードを収納した兵装ビルなどがEVAの戦闘をサポートする。地下にはジオフロントが広がっており、高層ビルを収容することが可能。 2. 呼称は小松左京原作のSF映画『さよならジュピター』に登場する宇宙船「TOKYO-III」に因んでいる。

    1. 第3新東京市の地下にある巨大な空洞。実際は球状であり、直径は13.75km。しかしその89%が土砂で埋まっており、上部に直径6km、高さ0.9kmの空洞がある。 2. その中央にはNERV本部があり、上部は22層にのぼる特殊装甲で防護されている。第3新東京市が戦闘態勢に入ると、それに伴いジオフロントの上部からビルが生えてくる(これは天井都市と呼ばれる)。第3新東京市には集光ビルと呼ばれる巨大反射鏡があり、それによってこの地下にも光が届くようになっている。また周りにはリニアレールが螺旋状に敷設されており、上の都市との行き来を可能にしている。その他にもEVA専用の射出台がある。その地下中心部にはセントラルドグマがあり、その先に最深部のターミナルドグマがある。なお、新劇場版ではターミナルドグマとセントラルドグマの位置関係が逆転しており、ターミナルドグマが中心部であり、セントラルドグマが最深部となっている。 3. この箱根にあるジオフロントの正体はリリスの卵とも言える「黒き月」であり、またリリス系の生命の魂が生まれ還る場所であるガフの部屋でもある。また、南極にも同様の巨大な球状の空...

    セントラルドグマ

    1. ジオフロントの中心部に位置する。ターミナルドグマや水槽、ダミープラグ開発所、EVA素体廃棄所、射撃訓練所、MAGI(マギ)、地底湖につながっている。由来は生物学用語のセントラルドグマ。 2. 新劇場版では、ターミナルドグマとセントラルドグマの位置関係が逆転しており、ターミナルドグマは中心部であり、セントラルドグマが最深部となっている。

    EVAの装備兵器についてはエヴァンゲリオン (架空の兵器)#武装を参照。 N2兵器(エヌツーへいき) 1. 国連軍・戦略自衛隊が保有する武器のなかで、最大級の破壊力を持つ兵器のこと。地図を描き直さなければならないほど地形を吹き飛ばす威力があるが、使徒に対しては足止め程度にしかならない。N2地雷、N2爆雷、N2航空爆雷などがある。N2とはNo Nuclearの頭文字をとったものとされるが、水素爆弾の起爆剤に「反物質」を使用した純粋水爆という説もある(反応兵器、窒素爆弾も参照)。漫画版当初では「NN兵器」と表記されていた。庵野秀明と親しく本作品にも参加している樋口真嗣が監督した、2006年版の映画『日本沈没』にもN2爆薬が登場する。 J.A.(ジェットアローン/JET ALONE) 1. 第七話に登場。EVAの開発に対抗して日本重化学工業共同体・通産省・防衛庁が共同で開発した人型ロボット。遠隔操作で制御されており、パイロットは搭乗しない。核分裂炉を搭載し、150日間無補給で行動が可能だが、メルトダウンなど現行の原子炉と同等の危険も抱えている。 ロボットゆえにA.T.フィールドの展開や中和はできないが、開発責任者の時田シロウは「それも時間の問題」と意に介していない。戦略自衛隊は表向きは開発に関与していないとされるが、実際は技術提供などを行っている。JAの存在を邪魔と考えたゲンドウの策略によってOSを書き換えられて暴走し、計画は中止された[注 7]。 2. 名前の由来は『ゴジラ対メガロ』に登場したロボットの名前「ジェットジャガー」と、この元になった映画公開前に発表された一般公募作品「レッドアローン」より。 3. ゲーム『新世紀エヴァンゲリオン2』では、条件を満たすと改良型「JA改」(ジェットアローン改)が登場する。デザインは新規に描き起こされたものである。動力源にN2リアクターを採用したために放射能汚染の心配は無くなったが、機体冷却用に水源を近辺に確保し、常に冷却用の水を取り込み続ける必要がある。NERVへの対抗意識から完成を早めるため、本来手足の駆動実験機に過ぎなかった機体に原子炉を搭載して間に合わせたものがJ.A.と設定されている。攻撃方法は、胴体ごと腕を1回転させて持っているハンマーで殴りつける、相手を掴んで手首にある放電装置から強力な電流を相手に送り込むという...

    死海文書

    1. ゼーレが所持する謎の古文書。使徒の出現とサードインパクトの預言が記されている。実際に存在する死海文書とは別のものであり、ゼーレが所持するものはそれと区別して「裏死海文書」と呼ばれる。こちらはテレビアニメOPの最後のカットに出てくる天使文字(エノク語)で書かれている。 2. 新世紀エヴァンゲリオン2によれば、アダム(第一始祖民族ともされる)が地球に来て使徒を生んだ後に、自身を見失った時のために記した生命の種やロンギヌスの槍の使い方を記したマニュアルや運用時の計画書を、ゼーレの前身となる宗教団体が自身の教義に当てはめつつ写本したものが死海文書であり、そのうち特に重要でゼーレが秘匿したものが裏死海文書だとされる。なお、リリスも同様の計画書を残していたかは語られていない。 3. 新劇場版では裏死海文書に該当するものは「死海文書外典」と名称が変更されている。

    ファーストインパクト

    1. 地球が形成されてまもなく、衛星である月が出来る原因となった微惑星と原始地球の衝突=ジャイアントインパクトのこと。エヴァンゲリオンの世界では約40億年前に起きたとされ、漫画版と新世紀エヴァンゲリオン2では、リリスを乗せた「黒き月」を運ぶ小天体との衝突がこれにあたり、その小天体の残骸が衛星である月になったとされる。ただし、アニメ本編では「白き月」の場面でジャイアントインパクトと併記されており、エヴァンゲリオン・クロニクルもこれに付随する形で説明されている。

    1. 2000年9月13日に起きた世界規模の大災害。一般には大質量隕石[注 8]が南極大陸に衝突したことによると説明されている。40億年前に起きたとされるジャイアントインパクト以来の大衝突ということで、セカンドインパクトと称された。地軸が移動するほどの大爆発により南極大陸は消滅し、津波と海面水位の上昇により多くの都市が水没、日本では四季が無くなり夏が年中続くようになった。また、印パ国境の難民同士の衝突を契機に地域紛争が世界各地で発生し、戦争による被害も甚大なものとなった。それに巻き込まれたことによって当時の日本の首都東京に新型爆弾が投下され、東京は消滅した。 2. NERV職員など情報筋には、調査中であった第1使徒アダムが謎の大爆発を起こしたと説明されているが、それすらも欺瞞であった。実際は、アダムと使徒の接触で起こるとされる大爆発(後に「サードインパクト」と呼称される事になる現象)による人類の滅亡を防ぐため、他の使徒が目覚める前にアダムを卵にまで還元しようとした結果、その際に生じた副次的なエネルギーによるものであった。緊急避難的だったとはいえ、ゼーレによる仕組まれた人災と評する...

    エヴァンゲリオン(新劇場版)

    魂の器 1. エントリープラグの別名。 魂の座 1. プラグ内でパイロットが座るインテリアの別名。なお、旧作ではエントリープラグが魂の座と呼ばれていた。 特1号 1. 初号機に搭載されたダミーシステム搭載型エントリープラグの別名。 旧型プラグスーツ 1. 仮設5号機への搭乗時にマリが着用していたプラグスーツ。インターフェースヘッドセットの他に大型のヘルメットを着用する必要がある、腕部から伸びたケーブルがインテリアと接続されているなど、他のEVAパイロットのスーツに比べて機能が洗練されていない。 テスト用プラグスーツ 1. 3号機の起動実験の際にアスカが着用したプラグスーツ。通常のスーツに比べてインターフェースヘッドセットが大型化している他、胸部や背部がシースルー素材となっている。アスカ曰く「見えすぎ」とのこと。 2. 元は旧作の制作当時にプラグスーツのデザイン案の1つとして提案されたものであり、新劇場版の制作にあたってリデザインされたものである。 裏コード「ザ・ビースト」 1. 2号機に隠されていた「ヒトを捨て、戦闘に特化させた形態」と称される戦闘形態「獣化第2形態」を起動させる...

    組織(新劇場版)

    NERV・ユーロ支部 1. ヨーロッパを統括する特務機関NERVの欧州支部。規模は不明だが所在地は『シン・エヴァ』よりパリの凱旋門付近だと推測される。EVA2号機はこちらに保有登録されており、コアの封印に関するコードもユーロ支部が独占しているため、封印の解除も本部の判断だけでは行えないという不自由が生じている。 海洋生物研究所 1. 国際環境機関法人日本海洋生態系保存研究機構の下にある施設。第3新東京市の沖合いに建設され、現在の赤い海をセカンドインパクト前の海に戻す研究を行っている。上空から見た施設の形状は、生命の樹に酷似している。 2. セカンドインパクト以前の海の環境が人工的に再現されており、内部では魚やクラゲ、ペンギン、カメなど、セカンドインパクトで絶滅状態に陥った生物の姿を見ることができる。『破』ではシンジたちが社会科見学に訪れたが、内部環境を保全するために滅菌設備は厳重を極め、入場時には何重もの滅菌が必要であった。 IPEA 1. 2号機の封印を担当した組織で、EVAの封印格納地下式サイロを運用している他、仮設5号機の起動時にもシステムの製造元として名前が現れる。正式名...

    場所(新劇場版)

    レベルEEE(トリプルイー) 1. NERV本部セントラルドグマ最深部であり、旧作でいうターミナルドグマのこと。なお、新劇場版ではターミナルドグマとセントラルドグマの位置関係が逆転している。 ベタニアベース 1. 北極にある特務機関NERVの基地。第3の使徒が封印されていた。独自に「マルドゥック計画」を進めていたが、ゲンドウの指示を受けた加持の工作によって第3の使徒と仮設5号機を喪失し、計画は頓挫した。第3の使徒を用いた研究を行っていたらしく、その結果として人類の力のみでは使徒を止めることはできないことが判明した。なお、ベタニアはイエスがラザロを生き返らせた町の名前。 辺獄エリア 1.1. ベタニアベース内部のエリア名。第3の使徒をここで食い止めようとしたが失敗した。 アケロン 1.1. ベタニアベース上部の呪詛文様が刻まれた円柱が並ぶ場所。なお、アケロンは、地下を流れる川(ステュクス)の支流とされる川の名前。 タブハベース 1. 月面にあるゼーレ関連の基地。Mark.06が建造された場所であるが、NERV最高司令のゲンドウでさえ着陸の許可が下りなかった。なお、タブハはイエスがパ...

  8. 新世紀エヴァンゲリオンの登場人物 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/新世紀エヴァンゲリオンの...
    • 主要evaパイロット
    • 特務機関nerv(ネルフ)
    • Seele(ゼーレ)
    • Wille(ヴィレ)
    • 第壱中学校の生徒
    • 第3村
    • 母親たち
    • その他の人物
    • ゲーム版の人物

    碇シンジ(いかり シンジ)

    1. 声 - 緒方恵美 2. 本作の主人公。EVA初号機(新劇場版では初号機、第13号機)パイロット(サードチルドレン・第3の少年)。14歳。 3. 詳細は「碇シンジ」を参照

    綾波レイ(あやなみ レイ)

    1. 声 - 林原めぐみ 2. EVA零号機パイロット(ファーストチルドレン・第1の少女)。データ上は14歳。 3. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』では、Mark.09のパイロットである別個体・「アヤナミレイ(仮称)」が『Q』から登場する[注 1]。 4. 詳細は「綾波レイ」を参照

    惣流・アスカ・ラングレー(そうりゅう・アスカ・ラングレー)

    1. 声 - 宮村優子 2. EVA弐号機(新劇場版では2号機、3号機)パイロット(セカンドチルドレン・第2の少女)。14歳。 3. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』では、式波・アスカ・ラングレー(しきなみ・アスカ・ラングレー)として『破』から登場する。 4. 詳細は「惣流・アスカ・ラングレー」を参照

    葛城ミサト(かつらぎ ミサト)

    1. 声 - 三石琴乃 2. 特務機関NERV戦術作戦部作戦局第一課所属。EVAの戦闘指揮官。シンジの保護者兼直属の上司。29歳。『Q』以降は、反NERV組織ヴィレの艦艇「AAA ヴンダー」の艦長。43歳。 3. 詳細は「葛城ミサト」を参照

    赤木リツコ(あかぎ リツコ)

    1. 声 - 山口由里子 2. 特務機関NERV技術開発部技術局第一課所属。「E計画」担当・エヴァンゲリオン開発総責任者。スーパーコンピューターシステム「MAGI」の管理・運営担当者。30歳。『Q』以降は、反NERV組織ヴィレの艦艇「AAA ヴンダー」の副長。44歳。 3. 加持・ミサトとは大学時代からの友人[注 3]。コーヒーを愛飲しており、かつヘビースモーカー。飼い猫がいたが多忙のため祖母に預けているが、猫が好きで小物を集めている。 4. MAGI開発者・赤木ナオコの娘[注 4]であり、コンピューター技術者としては母譲りの優秀な技能を持ち、仕事に関しては時に冷徹とさえ思える姿勢でこなすが、一方で碇ゲンドウと愛人関係にあった。ゲンドウを愛していながらも、母がゲンドウの愛人であることも知っており、母に愛憎が交じり合う複雑な感情を抱えており、「科学者」としては尊敬していたが、「女(=愛人)」としては憎んでさえいた。また、母の人格を移植したMAGIを母と同一視していた。大学時代から頭髪を金髪に染めている。左目の下に印象的な泣きぼくろがあり、劇中では加持と再会して後ろから抱きつかれた際...

    碇ゲンドウ(いかり ゲンドウ)

    1. 声 - 立木文彦 2. 特務機関NERV最高司令官。碇ユイの夫で、シンジの実父。妻の姓である碇姓を使用しており、旧姓は六分儀(ろくぶんぎ)[注 7]。48歳。目的のために手段を選ばず、実際に陰謀や裏切りなど非情ともいえる手段を厭わずに実行している。 3. 1999年時は京都の大学に通い、生活していたが、悪い噂が絶えない人物だった[注 8]。当時、傷害事件を起こし警察に留置された際、京都の大学で教授をしていた恩師の冬月を身元引受人に指定し対面、この頃に赤木ナオコやユイと知り合った。 4. 2000年にユイと結婚(婿入り)し碇姓となり、息子のシンジが誕生、その名付け親となる。「ユイの背後(ゼーレ)に近づく手段として、彼女に近づいた」と噂されていたが、ユイを本当に愛し、相思相愛の仲でいた。セカンドインパクト発生直前まで葛城調査隊と共に南極にいたが、直前にデータを引き上げ、南極を脱出、2年後の国連調査団派遣の折にも冬月とともに参加した。ユイの死後、人類補完計画をゼーレに提案し推進者となり、「死んだユイにもう一度逢うこと」を究極的な目標とし、赤木ナオコ、彼女の死後はその娘リツコをそれ...

    キール・ローレンツ(ゼーレ01)

    1. 声 - 麦人 2. 秘密結社ゼーレの中心人物で、人類補完計画の最高指導者であり、NERVを陰で操る老人。年齢は不詳(企画書では67歳)。バイザーを常に装着している。半身が機械化されている。 3. セカンドインパクト発生前から既に碇ゲンドウとは関わりがあったようである。使徒殲滅の任務や人類補完計画の推進という重要な案件をゲンドウに任せていたことからも、彼にある程度の信頼を置いていた。ゼーレにおいてはモノリスナンバー01として、その中心的役割を担う。 4. 物語が進むにつれてゲンドウの真の目論見との齟齬が目立つようになり、弐拾参話で完全に決裂した後は渚カヲルをNERV本部へ送り込む。劇場版では戦略自衛隊を裏から操ってNERVへ侵攻させ、さらにEVA量産機たちも投入させる。最終的に自らの思い描いていた補完を迎え、満足のうちにバイザーと機械部分を残してL.C.Lと化した。 5. 新劇場版ではキールという個人名は一切登場せず旧作におけるキールに相当する人物はゼーレ01としてクレジットされている。当初から人類補完委員会議長ではなくゼーレのメンバーとして登場する。人間としての姿は見せず、...

    渚カヲル(なぎさ カヲル)

    1. 声 - 石田彰 2. エヴァンゲリオン弐号機(新劇場版ではMark.06、第13号機)のパイロット(フィフスチルドレン)。15歳。正体は第17使徒タブリス(新劇場版では第1の使徒であるが、『Q』で第13の使徒へ堕とされる)。 3. 詳細は「渚カヲル」を参照

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』より登場する、反NERV組織。メンバーはイメージカラーである青い色のバンダナを身につけている(主に左上腕部に巻いている)。一般人も参加している急造組織のため、機械類の操作に慣れていない描写がある。 鈴原サクラ(すずはら サクラ) 1. 声 - 沢城みゆき 2. 鈴原トウジの妹。旧世紀版では小学校2年生で、トウジとケンスケのセリフで触れられるのみで外見や名前は不明。第3使徒戦に巻き込まれて負傷し入院、トウジが度々見舞いに訪れていたが、なかなか退院できずにいた。その後トウジのEVA3号機搭乗と引き換えに、NERV本部の医学部に転院した。トウジがシンジを殴ったことに説教するなど、気の強さを伺わせる描写がある。 3. 漫画版では負傷箇所は頭となっており、傷は顔に達していた模様。ゲーム『新世紀エヴァンゲリオン2』ではナツミという名前を与えられ、声は長沢美樹がつとめた。 4. 新劇場版でも同様に負傷して入院するが、その後完治し退院。この時初めて画面に登場した。 5. 14年後ではWILLEに所属しヴンダークルーとして登場、シンジの管理担当医官で階級は少尉。天真爛漫かつ礼儀正しい性格で、普段は標準語だが興奮すると関西弁で話す。他のメンバーと違い、青いバンダナをゆるく首に巻いている。 6. シンジに対しては、かつて自分が使徒の襲撃から救われたこと、シンジによってニアサードが引き起こされ多くの人が死んだが、そもそもシンジがいなければ自分達も死んでいたであろうことから愛憎入り混じった感情を抱いているが、根本ではシンジのことを深く案じている。エヴァに乗ることでシンジが傷つくことをなによりも危惧し、彼が再度初号機に乗ろうとすると、銃を突き付けてまで止めようとした。 高雄コウジ(たかお コウジ) 1. 声 - 大塚明夫 2. ヴンダーの艦橋要員で機関長。ガタイのいいスキンヘッドの男性。加持の知り合いで彼を信用しており、「加持が信じた艦長(ミサト)をどこまでも信じる」と話す。 長良スミレ(ながら スミレ) 1. 声 - 大原さやか 2. ヴンダーの艦橋要員で操舵担当。褐色肌の女性。 多摩ヒデキ(たま ヒデキ) 1. 声 - 勝杏里 2. ヴンダーの艦橋要員で動力と船体担当。痩せ型の男性。 北上ミドリ(きたかみ ミドリ) 1. 声 - 伊瀬茉莉也 2. ヴン...

    鈴原トウジ(すずはら トウジ)

    1. 声 - 関智一 2. 第3新東京市立第壱中学校2年A組におけるシンジのクラスメートで、新劇場版では出席番号12番。エヴァンゲリオン3号機パイロット(フォースチルドレン)。住所は神奈川県第3新東京市仙石原5-22-24。関西弁を喋る熱血漢。一人称は基本的に「ワイ」もしくは「ワシ」。2001年12月26日生まれの14歳。身長165cm。本籍地は大阪府堺市南野田298-2。血液型B型。父親や祖父もNERVの関係者である。 3. いつも黒いウィンドブレーカー姿で登場している。EVA初号機の戦闘で妹が負傷した際は、シンジに辛く当たっていたが、後にシンジと和解し友人になる。シンジを「センセ」と呼ぶ。アスカやヒカリからは、シンジ・ケンスケ共々「3バカトリオ」と呼ばれる。初対面でのやり取りから、アスカからは毛嫌いされていて、しばしば口喧嘩する。実はミサトに憧れている。学生生活においてもジャージ姿に運動靴を履いているが、実はかなり運動が苦手である。いつも強がっているが、第3新東京市で繰り広げられるエヴァンゲリオンや使徒の戦闘にいつも怯えている[注 20]。後にエヴァンゲリオン3号機のパイロッ...

    相田ケンスケ(あいだ ケンスケ)

    1. 声 - 岩永哲哉 2. 第3新東京市立第壱中学校2年A組における、シンジのクラスメート(新劇場版では出席番号01番)。住所は神奈川県第3新東京市御殿場2-1398-2。軍事オタクでカメラマニア。常にビデオカメラを肌身離さず持ち歩いている。2001年9月12日生まれの14歳。身長157cm。本籍地は神奈川県横浜市港北区新吉田2-1398-2。血液型A型。 3. 箱根山中に1人でテントをはって泊りがけでサバイバルゲームをしたり、休み時間の教室内で戦闘機の模型を手に飛ばす真似をして遊んだり、アスカやクラスの女子を無断で撮影して写真をトウジと共に他の生徒に売り捌くなどの奇行にふける変わり者。一方で14歳とは思えぬ老成した一面や、鋭い人間観察眼を持つ。 4. 戦闘への憧れからエヴァンゲリオンのパイロットになることを強く望んでおり、司令官であるミサトに異常に憧れている。フォースチルドレン選出の際はミサトに直談判をしたが叶わず、チルドレンであることを快く思っていないシンジからは白眼視されている。自分もエヴァ搭乗者候補の1人であった事は最後まで知らなかった。NERV職員である父親の持つ情報...

    洞木ヒカリ(ほらき ヒカリ)

    1. 声 - 岩男潤子 2. シンジのクラスメートで、2年A組の学級委員長。同級生から「委員長」と呼ばれている。13歳。 3. 非常に真面目な性格で、そばかすがトレードマーク。アスカとは仲が良く、デートの斡旋をしたり、アスカが家出した際は自室に泊めていた。第3新東京市から疎開の際、ミサトからペンペンを預かる。 4. トウジにいつも口煩く説教ばかりしているが、実は淡い恋心を抱いている。惚れた理由は「優しいから」。アスカから諭され、彼のために弁当を作った。テレビ版では生還したトウジを見舞っているが、漫画版では彼の死を知らずに学校に戻るのを待ち続けていた(薄々は勘づいたようで、後に「シンジにはあまり会いたくない」という旨を語っていた)。 5. 新劇場版においては、トウジに恋心を抱いているようなシーンが存在しないが、第10の使徒襲来時にクラスメイトとともに避難している際、トウジに爆風から庇われているシーンが追加されている。テレビ版では省略された、アスカとの友情のシーンが追加されている。14年後の『シン』ではトウジと結婚しており、娘ツバメを設けている。 6. 名前の由来は村上龍の小説『愛と...

    『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』から登場する、ニアサードインパクトの生き残りが暮らす村の住人。 加持リョウジ(少年)(かじ リョウジ) 1. 声 - 内山昂輝 2. 加持とミサトの息子。父親とは同姓同名。 鈴原ツバメ(すずはら ツバメ) 1. トウジとヒカリの娘。乳児。 洞木ブンザエモン(ほらき ブンザエモン) 1. 洞木ヒカリの父。意気消沈し第3村に来たシンジが食事を摂らないことに怒る。

    碇ユイ(いかり ユイ)

    1. 声 - 林原めぐみ 2. シンジの実母で、ゲンドウの妻。ゲンドウが人類補完計画に力を注ぐ原因の人物でもある。1977年 - 2004年、享年27。ゼーレを後ろ盾にした出自を持つ。公的に「EVA開発のための実験中の事故で死亡」とされているが、実際はEVA初号機に肉体ごと取り込まれて同一化している。 3. 冬月とは京都の大学に在籍した時に知り合う。良くない噂の絶えなかったゲンドウと交際、後に結婚。セカンドインパクト後に息子を産み、人工進化研究所やゲヒルンといったゼーレ関連組織で優秀な研究者としてゲンドウと共に働いていた。サードインパクトを防ぐためのEVA建造に力を注ぎ、EVA初号機との接触実験の被験者も引き受けたが、その際の事故で肉体が消滅、その魂のみを初号機の中に残すこととなった。 4. 明朗な性格の持ち主で、人間に対する思考は前向きそのもの。「人類の生きた証を永遠に残す」というのがEVAに取り込まれ無限に生きる存在になった彼女自身の願いである。ゲンドウを「かわいい人」と呼ぶなどその人格にかなりの理解を持っており、周りからは交際を疎まれていたが、彼とは真っ当な相思相愛の関係だ...

    赤木ナオコ(あかぎ ナオコ)

    1. 声 - 土井美加 2. リツコの母親。スーパーコンピューターシステム「MAGI」の開発者。MAGIの人格移植OSは彼女の人格がベースになっている。リツコの同級生達にもその名が知られ、冬月とも以前からの知り合いであった様子が描かれている。ゲンドウの方は科学者としての彼女を利用するために関係を持っていただけであり、男女としての情愛は全くなかったが、ゲンドウとは愛人関係だった。2010年没。 3. 娘を彼女の祖母に預けて研究に没頭する生活を送り、娘とはもっぱら手紙での交流だった。セカンドインパクト後、ジオフロントに置かれた人工進化研究所においてゲンドウの元で働き、のちにMAGIを開発、しかしMAGIが完成したその日、1人目のレイから、ゲンドウがナオコについて「ばあさんはしつこい」「ばあさんは用済みだ」と話していたと聞かされ、彼女にユイの面影を見出し、逆上して絞殺。我に返った直後「母としての部分」を移植したMAGIに向かって投身自殺した。彼女の人格を移植したMAGIのうち、「女としての部分」を移植したカスパーはテレビ版第拾参話においては使徒イロウルのクラッキングに最後まで抗し、劇場...

    惣流・キョウコ・ツェッペリン(そうりゅう・キョウコ・ツェッペリン)

    1. 声 - 川村万梨阿 2. アスカの母親で、ゲヒルンの科学者。ドイツ人と日本人の混血。劇中一度も名前と顔は出ずシルエットのみ。1974年 - 2005年、享年31。 3. ユイ同様、エヴァンゲリオンへの接触実験を行うが失敗し、精神汚染により発狂、後に廃人同然となる。実は、その魂の大部分を後にEVA弐号機となるEVAの素体に残し、残余わずかの魂と肉体が弐号機からサルベージされた。入院中に女の子の人形を娘・アスカと思い込み、後にそれを道連れに縊死する。 4. 漫画版では何度か作中での描写があり、ロングヘア・毛先に少々パーマがかかっている髪型をした女性として登場。夫とは、すでに離婚している。原作同様、大半の魂は弐号機に取り込まれており、戦略自衛隊のNERV侵攻の際アスカの精神と呼応し、アスカの復活を促した。 5. 『碇シンジ育成計画』では、どこにでもいる母親の一人として登場しており、ユイ共々人工進化研究所の研究者としても登場。天然ボケな性格をしている。 6. 名前の由来はドイツ海軍航空母艦「グラーフ・ツェッペリン」と、和田慎二の漫画のキャラクター。

    ペンペン

    1. 声 - 林原めぐみ 2. 新種の温泉ペンギン[注 23]。正式名称は「BX293A PEN2」。性別はオス。ミサトの家に住み、冷蔵庫の形をした居室を与えられている。 3. 酒が飲めて、温泉や風呂が大好き。発声こそできないものの人間の言葉の意味を理解しているようで、自分で新聞を読んだりするなど、知能は相当高い。羽先に指のような鉤爪を持つ。企画書では2歳(CR新世紀エヴァンゲリオン・セカンドインパクトでは8歳)。終盤では、ミサトから第3新東京市から疎開する洞木家に預けられた。 4. 『序』では、ペンギン自体がセカンドインパクトで絶滅し、シンジ達の世代にとっては未知の存在となっている描写がある。『破』では、シンジ達と共に海洋生物研究所の社会見学に同行。収容されている生き残った仲間のペンギン達と挨拶を交わしている。『Q』『シン』では登場せず動向も不明だが、『シン』ではペンペンと同じ外見の温泉ペンギンの群れが第3村近くの湖に生息している。 5. 名前は、名前の繰り返しがかわいいだろうとの考えから命名された。温泉ペンギンとのアイデアは貞本義行による。

    時田シロウ(ときた シロウ)

    1. 声 - 大塚芳忠 2. 日本重化学工業共同体代表で、エヴァンゲリオンに対抗して造られたロボット「J.A.(ジェット・アローン)」の開発責任者。JA完成披露宴ではNERVに対して敵意をむき出した演説をし、リツコとミサトを激怒させた。その後のJA暴走時に、上の人間の指示に歯向かえず柔軟な対応がとれなかった。最終的に自らの危険も顧みずJAを止めようとするミサトの姿に心打たれ、許可なく停止パスワード「希望」を伝える。 3. 『新世紀エヴァンゲリオン2』では条件を満たすと、EVA量産機との戦いにJAの改修機である「ジェット・アローン改」をひっさげ、チルドレン達の援護に駆けつける。 4. 名前の由来は村上龍の小説『愛と幻想のファシズム』の登場人物。

    老教師

    1. 声 - 丸山詠二 2. シンジたちの在籍する第3新東京市立第壱中学校2年A組の担任。授業中突如としてセカンドインパクトとその当時の経験談を始めるが、いつも同じ内容のため生徒は誰も聞いていない。 3. 名前や年齢は不明であるが、テレビ版および新劇場版のスタッフクレジットでは「老教師」となっている。かつて小田原市根府川に住んでいたことから根府川先生という仮称を与えられ、漫画『鋼鉄のガールフレンド2nd』でもそのように名付けられた。ゲーム『名探偵エヴァンゲリオン』では、セカンドインパクトが発生した当時、中学生時代の葛城ミサトの担任教師だったという設定が追加されている。

    山岸マユミ(やまぎし マユミ)

    1. 声 - 氷上恭子 2. 『新世紀エヴァンゲリオン 2nd Impression』に登場。黒髪ストレートロングヘアーのメガネっ娘。14歳。 3. 国連職員である養父の転勤に伴ってシンジたちの通う第壱中学校2年A組に転入してきた転校生。幼少時に実母は実父に殺害されている。本が好きで内向的な性格であり、同じく内向的なシンジに惹かれていく。口に出してこそ言わないがかなり毒舌。デザインや性格は意図してシンジに似せてある。ゲームでたどるルートによっては、学園祭でシンジ、トウジ、ケンスケに誘われ、彼らの組む「地球防衛バンド」にボーカルとして参加し、清楚かつ美しい歌声を披露する。 4. キャラクターとしての版権はガイナックスではなくセガにあるが、ガイナックス制作アニメ『これが私の御主人様』などにアスカ達と一緒にぬいぐるみとして登場したり、ガイナックス・角川文庫から刊行された鋼鉄のガールフレンド・ストーリーブックに登場したりしている。

    霧島マナ(きりしま マナ)

    1. 声 - 林原めぐみ 2. 生年月日は2001年4月11日。14歳。血液型O型。出身地は鹿児島県阿久根市。父親は水没した旧東京の干拓作業員、母親は雑誌編集者。『新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド』『新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画』及びその漫画版に登場。 3. 第壱中学校2年A組への転入生。明るく積極的な性格で、シンジに想いを寄せていく。ゲームパッケージに書かれたマナの独白文章によると、かなりのナルシストである。『碇シンジ育成計画』では、進行次第でシンジと音楽部で活動するようになる。シンジに対する呼称は「シンジくん」であり、彼からも「マナ」と呼ばれる。

    ムサシ・リー・ストラスバーグ

    1. 声 - 結城比呂 2. 『鋼鉄のガールフレンド』に登場。戦略自衛隊の少年兵で陸上軽巡洋艦「トライデント級」のパイロット。マナ、浅利ケイタと過去を同じくする。14歳。

  9. 使徒 (新世紀エヴァンゲリオン) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/使徒_(新世紀...
    • 概要
    • 起源
    • 特徴
    • 新劇場版に登場する使徒
    • 脚注
    • 関連項目

    本作における「使徒」とは、特務機関NERV(ネルフ)本部のある第3新東京市に襲来する、謎の生命体の呼称である。他の使徒と連携することはなく、必ず単体で襲来する。 各使徒の名前は、聖書偽典のエノク書の天使の名に由来する。人類も第18使徒(リリン)とされているが、単に使徒と呼ぶ場合は、人類と敵対する使徒を指す場合が多い。なお、ゲーム『新世紀エヴァンゲリオン2』によれば、各使徒の名前は人類が勝手につけたものだとされる。 総数は、テレビ版においては、アダム、リリス、リリン(人類)を含めた全18種が登場する。漫画版においては、マトリエル、イロウル、レリエルは登場せず、リリスは「生命の卵」で使徒とはされておらず、リリンも含めて全13種(ミスにより第7使徒が2回勘定されている)となっている。 使徒の襲来目的は、第3新東京市の地下の空洞(ジオフロント)内にあるNERV本部に幽閉されている第1使徒アダム(実際に幽閉されていたのはリリス)と融合し、サードインパクトを引き起こすことによって、人類の滅亡を図ることであるとされる。なお『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』のパンフレットでは、生命の実(S2機関)を得たヒトが使徒であり、知恵の実を得たヒトが人類であるとされており、この両者が持つ二つの実を同時に手にすること、それが人類補完計画であると説明されている。 なお、使徒という語は本来、英語における「Apostle」の対訳であるが、本作および英語版おいては、一貫して(各使徒の命名理由に沿った)「Angel」の表記がなされている。

    使徒に関する設定は制作の経緯から何度か変更されたため、新旧設定が錯綜している。例えば、下記にある「第1始祖民族」の設定は、企画書段階で存在した設定であったがアニメ内では一切触れられておらず、2003年に発売されたゲーム『新世紀エヴァンゲリオン2』で、アニメの内容に適合させて現れたものである。また、貞本義行の漫画版でも、以下の設定が第1始祖民族の設定を除き、ほぼそのまま再現されている。現時点において公にされた諸設定を統合すれば、下のようになる。 使徒は第1始祖民族が造りあげた「月」をその起源としている。月は宇宙から飛来し、本来1つの星に1つの月として撒かれたはずだったが、地球には「白き月」と「黒き月」の2つの月が落下した。その内の「白き月」にいた始祖アダム(第1使徒)が第3~16の使徒を産み出した(第17使徒は人為的に造られた)。一方、「黒き月」にいた始祖リリス(第2使徒)は原始生命を生み出し、その進化の先に第18使徒リリン(人類)がいる。それぞれの月は地下の大空洞(ジオフロント)として知られているが、実際にはそこから発生した生命の魂が帰り再生を待つ場所、「ガフの部屋」と呼ばれる場所の機能を持っている。 本来は白き月のアダムから生まれた使徒が地球を支配する生命となるはずだった。しかしアダムその他の使徒が活動を始めようとした瞬間に黒き月が降ってきた(=ファーストインパクト)。これによりアダムは活動を停止し、生み出された使徒も目覚めることはなく、やがて黒き月のリリスが産み出した生命が地球を支配することとなった。その進化の果てに生まれた人類は寿命が限られた代わりに「知恵の実」(高い知能と「心」)を持つ。一方でアダムより産まれし第3~16使徒は「生命の実(=S2機関)」を持っている。基本的にエヴァンゲリオンの世界は2000年9月13日にゼーレと碇ゲンドウ達が葛城調査隊を利用して発生させたセカンドインパクト後の使徒らが活動を再開した世界を描き、人類と使徒の戦いは「知恵の実」をもつ者(人類)と「生命の実」をもつ者(使徒)との生き残りをかけた戦いであると言える。 また人類、使徒ともに知恵の実と生命の実を片方しか持っていない不完全な生命体であり、人類は使徒を殲滅する為に科学の力でエヴァンゲリオンを作りS2機関に迫ろうとした様に、また使徒はインパクトを起こすことで人類を滅ぼし、ま...

    使徒は独自の波長パターン(Blood Type)を持っており、MAGIシステムによりパターン青と判断されれば使徒(とりわけアダム系使徒)とされる。様々な姿や能力を持つが、構成素材の差(光の様な波と粒子の性質を併せ持つ物と劇中では説明されている)こそあるものの、信号の配置と座標の99.89%までは、人類の遺伝子と共通である。これはヒトの個々人の遺伝子の差に由来する。 アダム系使徒は「コア」と呼ばれる赤い光球を持ち、それを破壊されることで活動を停止する。また、S2機関(スーパーソレノイド機関)と呼ばれる永久機関を体内に持つ(コアとは別のものである)。A.T.フィールド (Absolute Terror Field、絶対不可侵領域)と呼ばれる不可視の防壁(干渉等により可視となることもある)を周囲に展開し、通常兵器ではそれを突破することができない。そのため、同種の防壁を展開することで、相手のA.T.フィールドを侵食・中和できるエヴァンゲリオンのみが、人類の保有する唯一の対抗手段である。 アダム系使徒はそれ単体で完結している単体生命だとされる。必ず1体ずつでしか攻めて来ない(第17使徒タブリス=渚カヲルはその限りではない)が、情報の受け継ぎや共有があるとされる。また人類を滅ぼそうとする一方で、自身にない知恵の実を持つ人類に興味があるとされ、次第に攻撃とは違った接触をするようになってくる。 アダムやリリスといった生命の始原たる使徒は、生命の種や始祖などとも呼ばれ、生命を生み出したりアンチA.T.フィールドを展開させ、生態系をL.C.L.に還元させる力を持つなど、他の使徒達とは一線を画す創造主的な存在である。神に近しい存在とされ、ゼーレなどは神と呼称する時もある。

    新劇場版に登場する使徒は、リリスを除き命名されていない[注 6][注 7]。総数は(欠番の使徒を除いて)12種。 新劇場版の使徒は、コアが破壊されると自らの形態を維持できなくなり、大量の赤い液体に変化する。この現象をNERVは「形象崩壊」と呼ぶ。また、頭部に天使の輪のような物が一瞬だけ描かれており、使徒が殲滅された際には空間に虹がかかる。 なお、第11の使徒のみ劇中に登場せず、言及もされていない。この他、第1作『序』における第6の使徒出現時に、碇ゲンドウは「我々は残り8体の使徒を倒さねばならん」と発言しているが、その中に第11・第13の使徒が含まれているのかは不明。

    注釈

    1. ^ これらの使徒については、パラレルワールドの存在とされアニメ版では存在しない、またはイレギュラー扱いされ、正式な使徒としてカウントされていない。 2. ^ 零号機に関しては異説あり。 3. ^ ただし、零号機もリリスから作られた可能性がある。 4. ^ なお、アルミサエルに触れてさえいれば、そこからも侵食出来る。 5. ^ アニメ版ではプログナイフで刺された際、レイの声で悲鳴を上げている。 6. ^ 第1作『序』のパンフレットにはサキエル(第4の使徒)・シャムシエル(第5の使徒)・ラミエル(第6の使徒)の名前も書かれているが、その後発売された関連商品ではそれらの名前の表記が無くなっている。 7. ^ 他に、セカンドインパクトを起こした「アダムス」、人類を指しての「リリン」の呼称は用いられているが、それらがテレビ版および旧劇場版と同じく使徒とみなされているかは不明。

  10. 其他人也搜尋了