Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 味覚障害とは. 味覚障害の診療の流れ. 味覚障害の種類には、味が薄い、わかりにくい(味覚減退・脱失)、塩味など特定の味だけわかりにくい(解離性味覚障害)、何を食べてもまずく感じる(悪味症)、何も食べていないのに口の中に味がする(自発性異常味覚)、においがわからないので味がわからない(風味障害) があります。 味覚障害には口腔乾燥症(ドライマウス)や舌痛などの他の口内症状も同時に見られることもあります。 血液検査では、血清亜鉛、鉄、銅、ビタミンB12、葉酸値および、必要に応じて他の項目も調べます。

  2. Q3. 医療安全推進部は、どのような職種の方が担当しているのですか?. A3. 室長には、副院長を医療安全責任者とし、専任の医療安全管理者を配置しております。. その他に医療技術職や事務員等が所属しております。. Q4. 医療安全管理委員会とは、どのよう ...

  3. 2016年5月1日 · 今回は入局4年目の木村真智子先生と入局2年目の私の二人で参加し、それぞれポスター発表をしました。 私は初めて海外学会で発表するということもあり大変緊張しましたが英語での質問にも拙いながらなんとか答え、無事終えることができました。

  4. 2019年には、日本医学教育評価機構の認証評価で適合を獲得し、2026年に2回目の認証評価を受審の予定です。. 2019年の認証評価では、臨床実習の更なる充実を求められたため、2024年度からは、臨床実習の必修科を増加し、臨床実習の開始時期を5年生の4月から4 ...

  5. 個々の病院での医療事故対策. 5 課題別研修Aにおける研修内容・学んだこと・新たな発見. 医療事故対策について、過去の反省から病院内に医療安全対策室を設けているが、医療のもつ不確実性から、医療事故をゼロにすることは困難だろう、との答えをいただいた。 しかし、その不確実性に対する対策も考えることができ、それは「医療人の意識改革」「事故発生後の対応や、再発防止のためのシステム構築」「社会への情報公開」とあげられた。 が特に気になったのは「医療人の意識改革」で、が知っている医療事故のほとんどが、医療人の単なる知識不足によるものだったからだ。 日々新しい機器、薬品が開発される中では、やはり医療人が自覚して勉強を怠らないようにする必要性を感じた。 また「現代は医師不足ではない。

  6. 研究に係る秘密情報及び成果の取扱いに関する誓約書. 研究生等を対象とした、研究に係る秘密情報及び成果の取扱い指針 . 平成22 年9 月17日制定 . 1.趣旨 . 大学における研究活動の成果は、研究に携わった各個人の創意と努力の結晶であり、その成果を生み出したことに伴う名誉及び権利は適正に保護され、確保されることが必要である。 このためには、その成果を公表する以前の段階において、研究成果に係る情報が不用意に公開され、あるいは外部に知られることのないように適切に管理する必要がある。 また、共同研究、受託研究等において学外から提供される秘密情報についても、不用意に開示・漏洩し、社会の信頼・信用を損なうことのないよう対策を講じる必要がある。

  7. 私は本学内分泌内科入局後、中央検査部に移り、感染症科の立ち上げから関わってまいりました。 その後、順天堂大学に移籍し、本学へは8年ぶりの復帰になります。