Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 移動式水冷扇 相關
    廣告
  1. 冷風扇 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/冷風扇

    冷風扇(れいふうせん)とは、水が蒸発する際に気化熱を奪うことを利用した、主に家庭用の簡易な冷房装置のことである。 水冷式冷風機と称されることもあるが、冷風機や水熱源ヒートポンプパッケージ方式(水冷エアコン)とは原理効果ともに異なる。

  2. 冷風機 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/冷風機
    • 原理と特徴
    • 冷風扇と見分ける方法
    • 利用が効果的な場所など
    • 冷風機の著名メーカー

    冷風機(スポットクーラー)は、コンプレッサーと熱交換器を備え、室内の空気を吸いこみ、冷風と熱風を同時に吐出する機械である。原理的には、冷風扇よりも室外機を持つ一般的な窓用エアコンやルームエアコンに近い。キャスターや取っ手がついている機種が多く、移動や設置が容易であるという利点を持つ。 大電力を消費するコンプレッサーを備え、背面から熱風を吐き出すため、締め切った屋内で用いると全体的な室温は上がる。冷えるのは冷風吐き出し口正面の狭い範囲だけである。 排気を室外に捨てるための専用のダクトや、それを窓枠に取り付ける隔壁(パネル)などがオプションとして用意されているものがある。しかし、吸気ダクトを備える製品は家庭用ではほとんどない。このため排気ダクトのみを使用しても、稼動に伴って必ず部屋の別の場所から外気が入りこむので、部屋全体の冷房はやはりできない。これが窓用エアコンとの相違であり、冷風機の本質的な欠点である。したがって、部屋全体の冷却を当初からあきらめている場所、あるいは屋外ではこの欠点は無視できる。また大きな熱源があるなどの理由で、エアコンを使って部屋全体を冷やそうとすると非常に多くの電力を消費してしまう場所に有効である。工場や厨房で使われるというのは、このような意味である。 さらに、冷風機は機体の大きさに制限があるため、一般的なルームエアコンに比較して冷房能力そのものが小さいため、エアコンと比較して消費電力は少ないように見えるが、どれだけ稼動しても全体の室温は下がらず、常に高出力で運転し続けなければならない。そのため昨今(2011年現在)中価格帯以上の家庭用エアコンで普及しつつある、インバーター方式でのモーター制御も冷風機ではその無意味ぶりからあまり採用されておらず、温度設定といったものはなく、消費電力は常にほぼ一定であり、振動や騒音も無視できない。一方エアコンは部屋の温度が下がると消費電力が大幅に低下するため、使うシーンによっては総合的な消費電力がエアコンよりも多くなる場合がある。 このほか、冷却器から発生する水(ドレン水)が本体に備え付けられたタンクに溜まっていくため、これを室内で処理しなければならない点も注意が必要である。タンクが満水になると自動的に停止する。高級機では気化式ノンドレンと称して、ドレン水を蒸発させ、排気とともに放出する機能を備えるものも存在...

    冷風扇と見分けるための、冷風機の特徴は次の通りである。 1. 操作パネルに「除湿」の文字がある(同時に単機能の除湿器の可能性もある)。 2. 水タンクを備えているが、水の投入口がなく、水を捨てる為にタンク自体が容易に取り外せる。 3. 新品の場合、価格帯が異なる(冷風扇は数千円〜1万円前後、冷風機は最低でも2万円前後)。 4. コンプレッサーがあるため消費電力が桁違いに大きい(冷風扇は数十W程度、冷風機は約200〜700W)。 5. 動作させると冷蔵庫のようなコンプレッサー音がする。 6. エアコンと同じく「冷房能力」か「除湿能力」の表記がある。 7. 冷風機はその構造上最低でも3つ(吸入口が冷風・熱風共用の場合)の通気口が存在する。

    厨房、食品工場(熱気が強烈な場所)一般の空調で部屋全体を冷やそうとすると莫大な能力を要する所のように外気温度の方が室温より低い場所
    一人住まいの住居(部屋全体の冷却が不要で、自分一人が涼めれば十分な場合。アイロンかけ、料理の際、風呂上りなど)
    ガレージなどでの作業時
    屋外での作業・販売に従事する際
  3. 扇風機 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/扇風機
    • 概説
    • 構造と機能
    • 種類
    • 扇風機を製造しているメーカー
    • 規格
    • トピック
    • 他の動力による扇風機
    • 関連項目

    同じ気温下でも風が当たると、人体が発した熱が滞留しにくいうえ、汗の蒸発熱により体温を抑制し、涼しく感じる。電気扇風機は、モーターに羽根(ファン、プロペラ)をつけ、そのモーターによってファンを回転させる送風機で風を作りだしている。

    羽根

    ごく一般的な電気扇風機のプロペラファンの枚数は、直線で構成できる2翅の他は、長らく3翅が主流であった。近年では効率化の観点から[要出典]5翅が多い。これは、正三角形、正五角形のように、対角線が一筆書きになる図形を基にした放射線の方が、図面上配列を均一にしやすいことや、成型時に中心を取りやすく、かつ、工作精度の限界による図形上の中心と重量上の中心のズレが発生しても偏回転を起こしにくく、設計・製造の両面で有利であったためである。 これに対して、4翅、6翅といった偶数のものは、同様の理由から少数派である。4翅は普及黎明の商品に見かけることがあるが、金属プレス加工やプラスチック一体成型のプロペラが主流になるにしたがって姿を消していった。 唯一、東芝だけがプラスチック一体成型のプロペラ全盛期に至っても一貫して4枚羽根を採用し続けてきた。主に東急車輛製造(一部、日本車輌製造)製の鉄道車両のオート扇に4翅扇風機が見られるのは、東芝が同社に電装品を納入している関係による。 また、2011年に東芝は、7翅(家庭用)の販売も始めた。 なお、羽根の見えない、いわゆる羽根のない扇風機も存在する。

    モーター

    商用電源(単相100V)用のモーターとして大正時代から使用されたのが、不平衡三相により三相巻線を駆動する誘導モーター(モノサイクリック始動形単相誘導電動機)や分相型の誘導モーターであった。1955年(昭和30年)にコンデンサモーターの扇風機が発売されると、始動トルクが大きく、回転も滑らかになり、扇風機用モーターの主流になった。小型の扇風機には、くま取りコイルモーターが使用される。構造が簡単で安価であるが、効率が悪いため大型の扇風機に使用することはできない。2011年以降の節電ブームで、効率の高いDCブラシレスモーターを使用した扇風機も人気となった。DCブラシレスモーターは広い速度範囲での変速運転が可能で、低速度でも安定して回転する。ただし、直流を作るための回路やモーターの駆動回路が必要となるため、コンデンサモーターを使用した扇風機に比べると高価になる。

    ガード部

    ガード部分は、前後面ともに中心から放射状に骨が張られているのが主流だが、(乳幼児などの指が入らないよう)目を細かく菱形格子状に設計している商品もある。 なお、ガード部に被せる網目状のネットも市販されている。

    座敷扇・リビング扇

    (あくまで日本での、日本的な呼称だが)座敷等で使用することを目的とした比較的背の低い自立型のものは、座敷扇(ざしきせん)と呼ばれ、高さ70cm程度が一般的であるが、首を伸ばすことで更に20cm程度高くすることができる。これに対して、リビングルーム(居間)等で用いられる比較的背の高い自立型のものは、リビング扇(-せん)と呼ばれる。 1. 羽根は、一般に3枚から5枚程度で、直径は約 30 - 35cm。 2. 風量(羽根の回転速度) - 一般的に3段階から5段階程度の切り替えができる。無段階で風量を変えられるものや、自動的に風量が増えたり減ったりするもの、1/f ゆらぎで風量が変化するものなどもある。「リズム風」などともあるほか1970年代ごろの扇風機の一部にはかなりの低速で回転が出来る「超微風」(一部メーカーでは「超低速」)というモードがあり、これらが現在の「うちわ風」(日立)、「ゆっくり風/ふわり風」(東芝)、「ベビー風」(三菱電機)などが継承している。DCモーター扇風機ではほとんどの機種で装備されている。 3. 風向 - 上下方向への角度調節、左右への自動首振りができる。中には...

    フロア扇

    主に洋間等で使用するもので支柱が極めて長い又は支柱の中間から上部に操作部があるもの。機能については座敷扇とほぼ同じ。

    壁取付扇・壁掛扇

    壁や柱に取り付けて使用するもので、壁取付扇、壁掛扇と呼ばれる。高所にあるため、首を斜め下に向けて使用する。また、操作には引き紐(プルスイッチ)や、リモコンを用いる。床に設置スペースをとらないので、邪魔にならない。 1980年頃に発売された壁掛け扇風機には、赤外線でなく超音波を使用したリモコンのものもある。

    日本のメーカー

    1. 日立製作所(日立コンシューマ・マーケティング) - 日立製作所本体は扇風機生産撤退したがグループ会社の日立リビングサプライがOEMを発売しており2015年からHITACHIブランドで発売。なお2015年から日立コンシューマ・マーケティングリビングサプライ社から販売されている。 2. 東芝ライフスタイル(東芝ホームテクノ) -2017年5月当時、2015年の新製品が発売されて以来新製品が発売されていないため撤退したのか分からない不透明な状態が続いていたが2018年4月に新製品が発売された。なお、関連会社の東芝エルイートレーディングから「My Fresh」ブランドで壁掛扇とグリップ扇が発売されている。 3. 三菱電機- ACリビング扇の微風は「ベビー風」を採用。 4. シャープ - 一時期撤退していたが2011年から再参入し、プラズマクラスターを搭載している。 5. パナソニック(パナソニック エコシステムズ) - 一時撤退していたが、2012年に新製品が発売された。ACリビング扇の一部機種は三洋電機製のデザインを継承。 6. ユーイング(旧・森田電工) - 2021年2月28...

    外国のメーカー

    1. HATARI - 1980年に誕生したタイ王国のメーカー。

    日本工業規格(JIS)C 9601「扇風機」"Electric Fans"は、扇風機の形状・性能・安全基準・試験方法などについて規格化している。 扇風機の形状により、卓上用・座敷用・床上用・壁掛用・天井吊り下げ首振り形の5種類をまず定義している。座敷用と床上用はともに床置き形であるが、首の高さ調節機構による最大高さが1.3メートル未満のものを座敷用、それ以上のものを床上用としている。その他は前述のとおりである。このほか、「扇風機前方の風速分布が同心円状とは大きく異なる」もの特殊形としている。 羽根の大きさは直径20・25・30・35・40センチメートルの5種類が定義されている。各大きさによる風速・風量の最大およびその状態での消費電力の最大は以下の通りである。測定方法や条件、測定値の許容範囲等は規格による。

    扇風機の火災事故

    古い扇風機は、経年劣化により火災を引き起こす可能性もあるため、製品評価技術基盤機構(NITE)などの団体が注意を呼びかけている。 特に、安全対策が施されていない「くま取り型モーター」を採用した扇風機(安価な製品に多い)に対し、課題を感じている専門家もいる(構造的には強いが、コンデンサの劣化や電気配線に損傷が発生すると短絡出火につながる)。扇風機に採用されているモーターの種類には、他に「誘導モーター」「整流子モーター」がある。 また、火災原因の一つへの対応としては、「ホコリ防止加工」が施されている商品もある。 2010年(平成22年)以降、消費者庁が報告を受けた62件の扇風機による火災事故で、15年以上の使用による事故32件のうち、28件が製造から35年以上経過した製品であり、それらの製品については、製造メーカが使用の即時中止を呼びかけている。そのため、電気用品安全法の電気用品の技術上の基準を定める省令が改正され、2009年4月以降に製造された扇風機については、長期使用製品安全表示制度により製造年と設計上の標準使用期間が記載されている。

    節電

    2011年には、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)及び東京電力・福島第一原子力発電所での事故による電力危機で、初夏以降、日本国内各地で(エアコンより省エネの)扇風機の需要が急増、品薄状態となった。

    かつては手回式の扇風機が用いられたこともある。
    アメリカでは石油ランプを熱源とするスターリングエンジンを動力とした扇風機(ホットエアー・エンジン・ファン)や石油ストーブの上部に取り付けて温風を送るエアサーキュレーターが一時期普及していたが、電気扇風機の出現と送電網の発達で役目を終えた
  4. 冷却塔 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/冷却塔
    • 型式
    • 分類
    • 理論
    • 運転、運用
    • 日本の冷却塔メーカー
    • 関連項目

    冷水池

    1. 冷水池(Cooling Pond)は、自然・人工湖沼の表面の蒸発のみを利用するものである。広大な面積が必要であるが、動力の消費は少ない。

    噴水池

    1. 噴水池 (Spray Pond) は、池の表面で上向きに水を噴霧して冷却するものである。強制通風式冷却塔の1000倍以上の設置面積が必要である。噴水としての装飾効果を兼ねて使用されることがある。

    大気式冷却塔

    1. 大気式冷却塔 (Atomospheric Cooling Tower) は、格子状の板を上下に重ね上部から水を落とし、横方向から自然通風で冷却するものである。冷却効率が悪く、強制通風式冷却塔の10倍以上の設置面積が必要である。ほとんど使用されることは無い。

    大気と熱媒体との接触方法による分類

    開放型 1. 開放型は、その上部より水を落とし、大気と接触させて蒸発させることで、水を冷却するものである。以下の特徴がある。 1.1. 1.1.1. 冷却水そのものを直接的に蒸発させ、蒸発熱を逃がすので効率が良く、理論的には湿球温度まで低下させることが出来る。 1.1.2. 本体の構造が簡単で故障が少ない。 1.1.3. 大気中の粉塵・汚染物質で水が汚染され、さらに蒸発による濃縮があるため、定期的に一定量の水の入れ替え(ブローと給水)が必要である。 1.1.4. 冷却水の中で藻類や原生動物が繁殖すると、これらに寄生する通性細胞内寄生性菌のレジオネラの繁殖環境を形成し、熱交換時に発生するエアロゾルによってレジオネラ症の感染源となることがある(在郷軍人病)。対策として、水の入れ換えや薬剤処理を行う設備とその維持管理が必要となる場合もある。 密閉型 1. 配管回路内に熱媒体を密閉し循環させて、場合により熱交換器へ散水することにより熱交換を行うものである。以下の特徴がある。 1.1. 1.1.1. 蒸発熱を利用できない分、効率は開放型に劣る。 1.1.2. 大気中の粉塵・汚染物質による循...

    大気と熱媒体との流れの関係による分類

    一般的な熱交換器と同様、流れの方向によって以下のように分類される。 向流型 1. 大気と熱媒体が(一般には鉛直方向の)逆向きに対向するように流れるもので、効率が最も良いが設置に工夫が必要である。 直交流型 1. 大気と熱媒体が直交するように流れるもので、多数を並べて設置することが可能である。効率は向流型より悪くなる。 並流型 1. 大気と熱媒体が同じ向きに流れるもので効率が悪いためほとんど使用されない。 混合流型

    用語

    冷却トン 1. 冷却能力を表す指標。1冷却トンは13 L/minの水量を標準的な温度条件(入口冷却水温度37℃、出口冷却水温度32℃、入口空気湿球温度27℃)で冷やすときの冷却熱量で定義され、1冷却トン = 約4.535 kWである。 レンジ、アプローチ 1. 一般的な熱交換器と同様の考えで、冷却塔に入る水温と出る水温の差をレンジ、冷却塔から出る水温と外気の湿球温度の差をアプローチという。

    熱交換の基礎式

    冷却塔の熱交換部では、エネルギ保存則より「水温低下により水が失う熱量」=「蒸発潜熱を含む熱交換により空気が得る熱量」、すなわち 1. d Q = − L c w d t w = G d h {\\displaystyle \\mathrm {d} Q=-Lc_{\\mathrm {w} }\\mathrm {d} t_{\\mathrm {w} }=G\\mathrm {d} h} が成り立つ。ここで 1. dQ:熱交換部で交換される熱量 (W) 2. L:水量 (kg/s) 3. cw :水の比熱(J/(kg K)) 4. tw:水温 (℃) 5. G:空気量 (kg(DA)/s) 6. h :湿り空気のエンタルピ(J/kg(DA)) である。またこの熱量はニュートンの冷却の法則、フィックの法則およびルイスの関係をもちいることで、境膜のエンタルピーと空気のエンタルピーの差に比例すると考えることができる。 1. d Q = K ( h s ( t w ) − h ) a d V {\\displaystyle \\mathrm {d} Q=K(h_{\\mathrm {s} }(t_{\\mathr...

    冷却能力の計算方法

    冷却能力は、水量、風量、冷却水温度、大気温湿度など多くのパラメータに依存している。しかし移動単位数(NTU)という無次元数を用いると、パラメータを減らし解析を容易にすることができる。NTUには、冷却塔が出せる能力を表す有効NTU(available NTU、(NTU)a)と、温度等の仕様条件から計算される必要NTU(required NTU、(NTU)r)の2種類がある。 1. ( N T U ) a = K a V L {\\displaystyle \\mathrm {(NTU)_{a}} ={\\frac {KaV}{L}}} 2. ( N T U ) r = ∫ t w , o u t t w , i n c w d t w h s ( t w ) − h {\\displaystyle \\mathrm {(NTU)_{r}} =\\int _{t_{\\mathrm {w,out} }}^{t_{\\mathrm {w,in} }}{\\frac {c_{\\mathrm {w} }\\mathrm {d} t_{\\mathrm {w} }}{h_{\\mathrm {s} }(t_{\\ma...

    冷却水温度の制御

    冷却水の温度を一定に保つため各種制御が使用される。 1. 送風機の速度制御 - 大気との接触効率を変化させる。 2. 循環流量の制御 - 循環流量を変化させることにより大気との接触時間を変化させる。

    白煙

    冷却塔より排気される空気はほぼ飽和蒸気であるため、雨の日や冬季など、外気の相対湿度が高い場合に排気が過飽和状態となって結露し、白煙が立ち上るように見えることがある。この白煙は周囲の視界の障害となったり、火災に誤認されトラブルになる場合がある。白煙を防ぐには熱交換後の空気の相対湿度を下げてから排気することが必要であり、空気を加熱する方法や外気と混合する方法などが用いられる。

    使用上の注意

    開放型の場合は水が蒸発するので補給水が必要であり、下部に溜まった水が少なくなれば自動的に補給されるようになっている。循環する間に腐ったり、藻が発生することもあるので防腐剤や防錆剤などの薬品を投入することがある。この水が飛散すると防腐剤入りの雨が降ることになるので、古いビルの下を歩くときは注意が必要である。 既述のとおり、レジオネラ菌の発生には特に気を付けなければならず、法令(建築物環境衛生管理基準)に従い冷却塔及び冷却水の定期的な点検・清掃等が必要である。

  5. ニュートンの冷却の法則 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ニュートンの冷却の法則

    ニュートンの冷却の法則(ニュートンのれいきゃくのほうそく、英: Newton's law of cooling )は、液体や気体などの媒質中におかれた高温の固体が媒質によって冷却される様子を表した法則である。 この法則は経験的に導かれた法則なので媒質と固体との温度差が ...

  6. 扇子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/扇子
    • 形態
    • 構成
    • 歴史
    • 種類
    • 用途
    • 家紋
    • 文様や画題
    • 扇を名称に含む動植物
    • 扇子の登場する作品
    • ギャラリー

    数本から数十本の細長い竹や木でできた骨を束ねて端の一点(要=かなめ)で固定し、使わないときは折りたたみ、使用時に展開する。骨にはたいてい紙が貼られており、展開すると紙を貼られた部分が雁木形の扇面となる。折り畳むことで小さく納めることができる。開閉の方法は、骨を右手親指でずらすように押すことで開く。一般的には右利き用であるが、左利き用も販売されている。また、扇子そのものを振ることで開く方法もある。折りたたんだ際の形状が持ち運びに優れていることから、夏場の外出時での涼みに使えるとして愛用する人も多い。 扇子を開く角度はだいたい90度から180度の間であり、円を三等分した中心角120度前後のものが主流である。扇子を開いた形は「扇形」(おうぎがた/せんけい)と称し、幾何学の用語にもなっている。このような扇子の形状は「末広がり」に通ずるので縁起の良いものとされ、めでたい席での引出物としても用いられる。

    1. 骨の材質は、一般的には竹製または木製の物が多く、先端部ほど薄く細くなるテーパ構造になっている。大抵の扇子の骨は細長く、折り畳んだ和紙を張って開くと段になるように展開する。骨組みのうち一番外側の部分(親骨)は特に太く、内側の骨(仲骨)とは逆に先端部ほど太くなっている。親骨に装飾として漆塗りや蒔絵などの細工が施されているものもある。また象牙、鼈甲なども骨の素材とすることがあるが、これはもっぱら洋扇で使われる。白檀などの香木を平たく削ったものを重ねて作られる扇子があるが、この形式の扇子はすたれ気味であり、紙を貼ったものが主流である。

    扇面

    1. あおぐ時に風を送る部位。骨が完全に開ききらないように固定する働きもある。本来は「糊地」(のりじ)という加工した和紙を貼るが、合成繊維や布を貼ったものもある。この扇面に絵を描く必要から、湾曲した形状(いわゆる扇形)の紙に描く、扇絵と呼ばれる日本画の形式が発展した。この扇絵を得意としたのが、俵屋宗達であるといわれている。

    1. かなめ。扇を開く際に根本で止めるもの。扇子の要は、金属やプラスチック、角、鼈甲、鯨ひげなどで骨を束ねている。この部位が壊れると扇子としての用をなさなくなるため、最も重要な部分である。ここから、「肝心要」の語源となった。なお野球で球場を扇に喩えて要に位置し、守備陣の要所となることから捕手を指して「扇の要」と呼ぶことがある。

    「扇」という漢字は本来軽い扉のことを意味し、そこから転じてうちわ(団扇)のことをいうようになった。うちわは紀元前の中国で用いられたという記録がある。また古代エジプトの壁画にも、王の脇に巨大な羽根うちわを掲げた従者が侍っている図があり、日本では利田遺跡(佐賀県)において、うちわの柄が出土した例がある。このようにうちわは文明発祥時から存在するが、木の薄板を重ねたり、また紙を折りたたんで製作する扇は日本で発明されたものである。 開閉のできる「扇」を中国発祥とする話もあるが、うちわを意味する「扇」のことを誤解したものである。日本では檜扇や紙を折りたたんで製作した「扇」については平安時代以降に記録や遺物が存在するが、中国大陸においてはそれ以前にこの開閉式の「扇」があったという確かな記録もなければ遺物も存在しない。それ以前の中国の古文献において見られる「扇」とは「うちわ」のことであり、「扇子」についても同様である。『両山墨談』(嘉靖18年〈1539年〉跋)には「宋元以前、中国未有摺扇之製」(宋、元の時代以前に、中国には「摺扇」〈折りたたみのできる扇〉はなかった)とあり、また『名物六帖』(伊藤東涯編著)は「扇」について、「今所謂団扇也、摺扇称扇、則亦甚晩、始于明之中葉」(今いうところの団扇のことである。「摺扇」を指して「扇」と称することはずいぶん後になってからのことであり、これは明の時代の半ばに始まったことである)としている。日本の扇は、中国大陸には北宋の時代に伝わった(後述)。 最初に現れた扇は30cmほどの長さに2〜3cm幅の薄い檜の板を重ねて作る檜扇と呼ばれるもので、これは奈良時代の実例が発掘されている。紙は貼られておらず、その起りは一説には木簡を束ね一方の端に穴を開け、そこに紐などを通して縛ったものだという。また檜扇のそもそもの用途は開いて煽ぐものではなく、メモ帳として物を書きつけるものであった。のちに檜扇は冬の季節の扇とされた(詳しくは檜扇の項参照)。 その後、平安時代の中頃までに、5本または6本の細い骨に紙を貼った蝙蝠扇(かはほりあふぎ)が夏の扇として現れる。これが現在一般に見られる扇の原型であるが、このころの紙貼りの扇は扇面の裏側に骨が露出する形式であった。平安時代には扇はあおぐという役割だけでなく、儀礼や贈答、コミュニケーションの道具としても用いられた。具体...

    冬の扇

    1. 檜扇や中啓。主に儀礼用。中啓は能楽をはじめとする諸芸能でも使われる。古くは10本骨の沈折(しずめおり)の扇も広く用いられ、これは夏冬共用の形式であった(「沈折」については中啓の項参照)。

    夏の扇

    1. 蝙蝠扇。現在一般に市販されている両面貼りの骨の多い扇子も夏の扇である。なお公家の夏の扇は江戸時代に至るも蝙蝠扇と称し、骨が扇の裏面に露出していた。

    軍扇

    1. その昔武将が戦場に携えた扇。その形式は時代によっていくらか相違はあるが、だいたいは骨は黒の塗骨、表は赤地に金の丸で日輪をあらわし、裏は紺色の地に銀で月と星(多くは北斗七星)を描くといったものであった。

    風を送る

    1. 扇子を手にして使う様子。 2. 扇子の主用途。暑い時に、手元で扇子を開いて自ら風を送ることで涼しさを得る目的で扇ぐ。繊細な構造であるため、強い風を送るのには向いていない。成田山などの寺社で護摩を焚く場合には、点火後、扇子を広げて火を扇ぐ所作が見られる。

    口を隠す

    1. 礼儀として、笑う時に歯が見えないように口の前を覆う。

    贈答

    1. 古くは江戸時代の正月に、親しい相手に白扇を贈る習慣があった。またほかに儀礼用として、杉原紙1帖に白扇1本をひと組の贈答品にした。現在は能楽で節目の舞台をする時に、出演者や贔屓の方に配る(被き扇)。落語などでも行われる慣習である。かつては販売促進の物品に使われていたこともあったようだが、うちわにその座を追われた格好である。 2. この他、平安時代などにおける貴族階級で上位の階級の者が、親しい下位階級の者に下賜する時の贈答品としても用いられた。

    日本の家紋の意匠としても用いられ、摺り畳扇を図案化した扇紋(おうぎもん)と板扇を図案化した檜扇紋(ひおうぎもん)がある。扇紋には「五本骨扇」などの骨の数によって表されるものや、より写実的な図案の「雁木扇」や反り返りの付けられた「反り扇」、また、扇の部位を用いた「扇骨」(おうぎぼね)や「地紙」(じがみ)といったものもある。佐竹氏の「佐竹扇」、島原藩の「島原扇」や浅野氏の「浅野扇」などがあり、高崎藩や三遊亭の紋である「高崎扇」(三つ雁木扇)は小説などにも出てくる。檜扇紋では、「山崎扇」や「秋田扇」などがある。

    文箱や硯箱、染織の意匠としても用いられた。「扇面源氏蒔絵文庫」には文庫の蓋表から側面にかけて、『源氏物語』の一場面が描かれた扇を2面描いている。扇子や扇子を持った婦人は、日本画の題材としても多く描かれた。

    男子用の檜扇。彩色などせず白木のままとし、白糸で上端を緘じて扇を形作る。
    彩絵檜扇。平安時代、厳島神社。女子・児童用の形式。
    蝙蝠扇。平安時代頃の五本骨の形式を模したもの。
    軍扇。
  7. 魚雷 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/魚雷
    • 概要
    • 歴史
    • 魚雷の種類と直径
    • 制御
    • 弾頭
    • 推進機構
    • 魚雷一覧
    • 出典
    • 関連項目
    • 外部リンク

    開発当初の魚雷は信頼性が低かったが、航走距離の延伸、命中率を向上させるために多くの技術改良がなされる一方で、その防御方法も編み出された。初期の魚雷は単純なジャイロ誘導であり、直進することしかできなかった。当時は低い命中率を補うため同時に複数の魚雷を扇状に発射し、いずれか1本でも命中することを期待する戦術を採っていた(通常、商船など低速な目標に対しては1-2本だが、軍艦などの高速な目標に対しては4-6本発射していた)。第二次世界大戦時から、艦船が出す音響などを感知して追跡するホーミング魚雷の開発・配備が進んだ。 魚雷の発射にはいくつかの方法がある。潜水艦においては魚雷発射管を用い、管に装填した魚雷を高圧空気または水圧で押し出す。潜水艦の運動性能が低かった時代(1950年頃まで?)には、艦首と艦尾に発射管を装備しているのが一般的であった。潜水艦の速度が向上した現在では、対戦する艦船に近距離追尾される状況が減ったので、艦首だけに装備することがほとんどである。 水上艦においては、喫水線下(第一次世界大戦頃までの戦艦)または甲板(第二次世界大戦頃までの巡洋艦や駆逐艦)、艦首付近(初期の小型艇)に設置された魚雷発射管を用いることが一般的であった。魚雷艇(PTボート、Sボート)などでは、甲板上から側方や後方へ落射させるものもあった。航空機からの発射では、第二次世界大戦時は飛行する航空機(雷撃機)から投下する方法が主であった。第二次世界大戦時においては、艦艇への攻撃力として高く期待されていたため、各国において威力向上・誘導方法の向上が検討されており、現在のミサイルに近い高価・高度な兵器として扱われた。 反面、魚雷は艦船にとって防御上の弱点にもなり得た。魚雷兵装は甲板上に合計数百キログラムから数トンにもなる爆薬がほぼ無防備に置かれている状態であり、特に装甲防御を持たない駆逐艦では機銃や砲弾破片程度でも魚雷の弾頭が爆発する危険があり、第二次世界大戦では搭載魚雷の爆発による轟沈艦が多数出ている。戦艦の一部に装備されていた魚雷発射管は戦間期に撤去が進み、巡洋艦の中には魚雷が弱点となることを嫌って搭載しない艦も多かった。 第二次世界大戦頃までは一部の海岸防衛施設にも配備され、実戦で戦果を挙げた例もある(オスロフィヨルドの戦い)。 現代では水上艦から甲板上の魚雷発射管から水中に向けて射出...

    現在 torpedo (魚雷) と呼ばれる自航式の魚雷が発明されるまで、torpedoという単語は、一般に見つけにくくなるような能力を持つどんな種類の爆発する兵器にも使えるものであり、現代で言うところのブービートラップや地雷、機雷も意味するものだった。南北戦争当時に多用された外装水雷 (英:スパートーピード〈Spar torpedo〉)もこれであり、長い竿の先に爆薬を取り付けて敵艦の吃水線下で爆発させる刺突爆雷の一種である。初期の水雷艇や潜水艇の主要武器であったが、体当たりするまで接近する必要があるので危険で、成功したとしても自分も爆発に巻き込まれる場合も多く、ほとんど特攻兵器と言って差し支えがないが、南北戦争ではスループや装甲艦を沈めるそれなりの成果を上げており、有効性もあるため用兵側からは改良が望まれていた。 史上初の自航式魚雷のプロトタイプは、ジョヴァンニ・ルッピス(英語版) (クロアチア語: Ivan Lupis) と ロバート・ホワイトヘッド(英語版)によって設けられた委員会によって製作された。ルッピスはオーストリア・ハンガリー帝国の港町フィウーメ(現在のクロアチアのリエカ) 出身のオーストリア海軍士官であり、ホワイトヘッドはイギリス人技術者で町工場の経営者だった。1864年、ルッピスはホワイトヘッドに、陸からロープを引っ張ることによって駆動する浮遊兵器、salascoste (沿岸防御機の意) の計画を披露し、これを完成させるための契約を行った。 ホワイトヘッドは実質的にその兵器を改善することができなかったが、それは時限式のモーター、接続されたロープ、海面上を攻撃する方法によって、遅くて取り回しのきかない兵器になっているためだった。しかし彼は契約後にその問題について検討を続け、やがて圧縮空気により水中を自ら進むよう設計された管状の装置、Minenschiff (機雷船の意) を開発した。これが初の自航式魚雷であり、1866年12月21日に開かれたオーストリア帝国海軍の委員会で公式に発表された。 初期には適切な深度を保つことが非常に難しかったが、ホワイトヘッドはこれを克服する秘策を1868年に導入した。それは Pendulum-and-hydrostat_controlという、振り子と水平舵により魚雷が適切な深度になるように調整する制御方法だった。...

    現代の魚雷は目的により大きく2種類に分類される。一つは主として対艦攻撃用の大型・長射程の魚雷であり、長魚雷(重魚雷)と呼ばれる。もう一つは対潜水艦攻撃用の小型・短射程の魚雷であり、短魚雷(軽魚雷)と呼ばれる。対艦ミサイルの発達により長魚雷は数を減らしており、潜水艦搭載用の一部を除き水上艦用のものはすでに用いられていない。短魚雷が現代の魚雷の主流であり、水上艦・航空機などに搭載される。短魚雷は誘導兵器であり、誘導魚雷を指して短魚雷と呼ぶ場合もある。 魚雷の直径は、内部容積の大きさに直結し射程や炸薬重量に影響があるので、砲の口径同様に重要である。魚雷の直径は砲ほどではないが魚雷のクラス分けにも用いられる。全長、重量、その他の要素は相互に影響される。航空機発射型魚雷の場合重量が重要であり、装着点や発射速度に影響がある。近年の魚雷設計において補助魚雷は盛んに開発されていて、通常は集合型パッケージが使用される。飛行機と発射装置のバージョンによって異なるものになる。形状は標準化と扱いやすさと運搬に主眼が置かれ、兵器体系の効率化が図られる。運搬の効率化が実行されると運用上有利になる。 いくつかの一般的な魚雷の直径は以下のとおりである。: 1. 324 mm(12.75 インチ )は最も一般的な短魚雷である。 2. 406 mm(16 インチ)はソビエト連邦の初期のASW魚雷に使用された。エコー級と初期のデルタ級潜水艦に搭載、21インチ魚雷発射管に付加された。 3. 450 mm(17.7 インチ)は旧日本海軍において標準だったほか、第2次世界大戦中のイタリア海軍でも使用された。また、雷撃機で使用された。ときどき、18インチと換装された。 4. 483 mm(19 インチ)は最初にアメリカ海軍の誘導魚雷であるMark 24 FIDO 魚雷(en:Mark 24 Mine)で採用されたほか、Mk.27魚雷(英語版)やMk.32魚雷、Mk.37魚雷でも用いられたが、現在ではすべて退役している。 5. 533 mm(21 インチ)は第二次世界大戦における重魚雷の標準的なサイズであった。以下のものが含まれる: 5.1. 第二次世界大戦時の魚雷 5.2. 旧日本海軍の潜水艦 5.3. ドイツ海軍の魚雷(G7a / G7e) 5.4. NATOの魚雷 5.5. いくつかのソ連とロシアの魚...

    初期の魚雷は制御装置を持たなかったので潮流や波の影響を受けやすく、目的の方向に真っ直ぐ進むことすらままならなかった。航走距離が短かったこともあるが、命中させるためにはできる限り目標に接近して発射することが要求された。 第一次世界大戦の頃になると、深度、速度、進路の調整を可能にする装置が開発された。これにより命中精度が向上するとともに、標的に対して放射線状に複数の魚雷を発射することや、航行する遠距離の艦船も攻撃目標とすることなどが可能になった。 オーストリアの海軍士官で技師の ルートヴィヒ・オプリー(Ludwig Obry)が1895年に魚雷操舵用のジャイロスコープ装置(英語ではObry's Gyroscope、ロシア語ではприбор обри)を考案し、魚雷の精度を高めた。 深度調整装置 1. 常に一定の深度を保たせる(深度が浅過ぎれば波の影響を受け、深すぎると敵艦の下を通り抜けてしまうが、後に艦底直下で起爆させる事を狙う様にもなった)ための装置。また、標的により大きな被害を与えるため、敵艦種によって航走深度を変更するのに使用した。 速度調整装置 1. 速度が常に一定になるように調整する装置。何秒で何メートル進むか正確に設定できるようになり、航行する標的に対し、魚雷の未来位置を予測して発射することが可能になった。 自動操舵装置 1. ジャイロスコープと連動しており、発射前に方位を設定しておくと、魚雷が外乱によって進行方向がずれてもジャイロスコープの示す方位と操舵装置に設定した進路とのずれを感知し、設定した進路に戻るよう自動的に舵を制御することで直進ができるようになった。

    魚雷の弾頭には各国で魚雷用に開発された爆薬が搭載されていた。魚雷や爆雷は、水中爆発で発生するバブルパルスによって目標を破壊する。このため、空気中で使用する爆薬とは成分が異なるものが使用されている。信管についても、触発信管のほか、遅延信管、対水上艦向けについては磁気信管(直撃によらず艦船の直下で起爆し、竜骨・船底を破壊する)を使用しているものもある。磁気信管は「艦底起爆魚雷」として、太平洋戦争中の日本海軍でも開発され、一部の潜水艦で実戦に使用された。 イギリス 1. トーペックス アメリカ 1. HBX爆薬 2. PBXN-103 3. PBXN-111 日本 1. 九七式爆薬 ドイツ 1. SW18: TNT 50%, HMD 24%, アルミ粉15% 2. SW36S: TNT 67%, HMD 8%, アルミ粉 25% 3. SW39: TNT 45%, HMD 5%, 硝酸アンモニウム30%, アルミ粉 20% 4. SW39a: TNT 50%, HMD 10%, 硝酸アンモニウム 5%, アルミ粉 35%

    初期の魚雷は内燃機関により気泡(雷跡)が発生するため、敵側から発見され回避行動をとられたり、発射した潜水艦の位置がすぐ特定されたりする事も多かった。そのため雷跡を残さない様々な推進方式が考案されたが、当然射程距離と雷速と最大対応深度との兼ね合いもあった。

    S型潜水艦(S-56)の発射管室。壁面には兵員用の簡易ベッド、天井には魚雷搬送用のホイストクレーンが設けられている。
    魚雷発射管へ装填される魚雷の様子(フランス原子力潜水艦ル・ルドゥタブル)
    Mk 32 短魚雷発射管から発射されるMK-46魚雷
    Blair, Clay. Silent Victory. Philadelphia: Lippincott, 1975.
    Milford, Frederick J. "U.S. Navy Torpedoes: Part One--Torpedoes through the Thirties". The Submarine Review, April 1996. {quarterly publication of the Naval Submarine League, P.O. Box 1146, Annanda...
    _______. "U.S. Navy Torpedoes: Part Two--The Great Torpedo Scandal, 1941-43". The Submarine Review, October 1996.
    _______. "U.S. Navy Torpedoes: Part Three--WW II development of conventional torpedoes 1940-1946". The Submarine Review, January 1997.
    Modern Torpedoes And Countermeasures
    US Navy torpedo data cut and pasted from a Navy Fact File[リンク切れ]
    A slightly more recent writeup on the Mk-48 is available at a SSBN 624 web site by Clwyd
  8. 林家木久扇 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/桂木久男
    • 来歴・人物
    • 役職
    • 略歴(落語家として)
    • 略歴(笑点)
    • 略歴(自分)
    • 略歴(弟子入り)
    • 略歴(芸能)
    • 略歴(闘病)
    • 親子ダブル襲名
    • ギャグ・持ちネタ

    実家は商売をしており比較的裕福な幼少期を過ごしたが、太平洋戦争による使用人の出征、東京大空襲による店の全焼など被害に巻き込まれ、家族が離散。小学4年生の時から新聞配達をして家計を支えた。自分を支える経済、お金の入ってくる道を発見工夫して上昇していくことが大切で、「金はあるに越したことはない」という考えを持つに至る。そのためか貧乏を嫌い、終生長屋暮らしだった師匠彦六を「清貧に甘んじ人情に厚い人」と評する一方で「噺家は貧乏でもいいという姿勢」を欠点とし、「噺の中に出てくる人物と同色の暮らし向きをして、若手落語家たちにあれが老成大家の未来像なんだと植えつけてしまった(例として、落語会のギャラを自分の分だけでなく、弟子達の分まで半分相手に返してしまう行動など)」と記している。 寄席に登場し一礼すると、「スーパースターの林家木久扇でございます」と挨拶し、観客の笑いを誘い、掴みを取る。 「現在の多くの若い落語家は経済観念が欠落している」とも批判している。インタビュー依頼電話に「私が喋るのは只じゃござんせん」とプロ意識を持っていた師匠彦六の天敵6代目三遊亭圓生、豪邸を建てた3代目古今亭志ん朝、師匠彦六と同じ長屋住まいだが「横丁の大金持ち」とあだ名されるほど貯金をして、脳溢血で倒れた際入院費・治療代を全額貯金を払って亡くなり、一方亡くなる直前まで金のことを考えていた師匠彦六の友人9代目桂文治を賞賛している。 木久扇が圓生の考えに賛同する部分は特に経済観念であり、噺家活動の方向性については「落語は古典でなくては、のかたまり」「指導力のある人だが、一方的」と感じていたと『ぼくの人生落語だよ』で記している。また、志ん朝の父・5代目古今亭志ん生は対極的に“貧乏長屋”の代名詞として、今なお志ん生一門中心に噺家の小咄のネタとなっている。 木久扇のライバルは“先月の売り上げ”である(ラーメンだけでなく、噺家・作家としての売り上げも含む)。 多芸多趣味であることもあり、落語界の外に多くの知己を持っている。大御所になってからも、絵の師匠に弟子入りしたりしている。 『笑点』などで脱力的なキャラクターが認知されているが、エッセイや著書からは、キャラクターのイメージとは異なる相当のインテリであることを窺わせる。時代劇や日本史に造詣が深く、NHKの歴史番組などにゲスト出演する際は、笑点でのキャラクター...

    一般社団法人落語協会相談役、真打
    社団法人日本漫画家協会正会員
    日本俳人協会会員
    演芸番組『笑点』(日本テレビ)の大喜利メンバー
    1937年(昭和12年)10月19日、東京市日本橋区(現・東京都中央区)生まれ。
    1944年(昭和19年)青森県八戸市へ疎開。八戸市立柏崎小学校に在学[注釈 4]。
    1945年(昭和20年)3月10日、東京大空襲で実家の雑貨問屋が全焼し、廃業。
    1947年頃 西荻窪に移るが、両親が離婚[注釈 5]、母側に引き取られる。
    1969年(昭和44年)11月9日、『笑点』のレギュラーに加入。
    1982年(昭和57年)2月7日放送の『笑点』で彦六追悼特集に兄弟子2代目橘家文蔵、林家枝二、弟弟子林家九蔵と出演。
    2019年(令和元年)11月、『笑点』出演50周年を迎えた。
    1967年(昭和42年)5月、当時の本牧亭席亭の妹(武津子夫人)と結婚。その際に自身の結婚式と他人の結婚式の司会の営業をダブル・ブッキングしてしまい、自分の結婚式には、新郎席に柳家小きんが代理人として座るという事態となった。このことは「クイズダービー」の問題(三択問題)になり、BS日テレで放送された笑点ドラマスペシャルでも木久扇自身のナレーションで紹介された。
    1975年(昭和50年)9月29日、長男・宏寿(後の林家きくお、2代目林家木久蔵)誕生。
    1981年(昭和56年)12月、日本で初めてラーメンについての単行本を出し、ラーメン・ブームの火付け役となる。
    1982年(昭和57年)12月、林家時蔵が、兄弟子の5代目春風亭柳朝門下より二つ目で移籍(時蔵は、元は弟弟子)。
    1987年 4月、林家きく姫が入門。
    1989年 林家彦いちが入門。
    1992年(平成4年)、林家久蔵が入門。
    1975年12月、シングル「酔姫エレジー」をリリースし歌手デビュー。
    1991年(平成3年)、芸歴30周年。
    1998年(平成10年)、大長編ドラえもん『ドラえもん のび太の南海大冒険』に、声優としてゲスト出演。
    2000年(平成12年)4月、初期の胃がんであることが発覚。その後、5月に手術を受けた。
    2014年(平成26年)7月、初期の喉頭癌により約1カ月半に渡って休養することを明らかにした。
    父・洋:初代林家木久蔵→林家木久扇
    子・宏寿:林家きくお→2代目林家木久蔵

    笑点の大喜利で披露した場合、大抵座布団を没収されたり他のメンバー(主に歌丸や6代目円楽)から呆れたリアクションを取られたりするものも多い。自身の回答が滑った事を察した際には「ウケないね」などと言って、自ら座布団を返上するケースもある。 1. ダジャレ小噺 1.1. 寄席などで披露する。ダジャレを用いたさまざまな小噺を披露する。 1.2. 「これは絵ですか?」「えぇ」「いい絵ですね」「いいえ」 1.3. 「屋根」という言葉を出して「や〜ね〜。」(例:「雨が漏りますね」「や~ね~」など) 1.4. 「アルジェリア」「ナイジェリア」(例:「アルジェリアは日本では有名でない」「そんなことナイジェリア」など) 1.5. 笑点では司会者(歌丸)や観客に先に言われてしまうことが多い。 2. 木久蔵ラーメン 2.1. 笑点や寄席などで披露する。ほかのメンバーから「不味い」「保健所の査察(食中毒の調査)を受けた」「返品が多い」などといじられるが、稀にヨイショされることもある。また、木久扇本人も自虐ネタにすることが多い。『木久扇ナポリタン』や『木久扇ワンタンメン』など、関連商品のネタも多い(食品の返品は消費者契約法により、日本国内では返品不可であることがほとんどである)。最近は、たい平が木久蔵ラーメンに対抗して発売した『秩父たい平カレー』や6代目円楽の『円楽腹黒ラーメン』をライバル視しており、たい平や円楽とネタで「不味い」などと罵倒し合う事が多い。 3. 木久扇無理問答 笑点で披露する。「一本でも、にんじんとは、これいかに?」「二本でも、ゴボウというが如し」と言うように普段は流されがちな素朴な疑問を問答にして披露することが多い。 1. その時々に流行っている楽曲 1.1. 会いたかった(AKB48の楽曲)、Z女戦争(ももいろクローバーZの楽曲)、U.S.A.(DA PUMPの楽曲)など 1.1. いずれも独特のリズムで歌う。挨拶や大喜利の回答では踊ることもある。 2. おやじの海(村木賢吉の楽曲) 2.1. 笑点で披露する。答えでおできなどと発言すると歌う(海と膿をかけている)。 3. チャンチキおけさ(三波春夫の楽曲) 3.1. 笑点で披露する。警察・探偵に関する問題になると歌う(鑑識とチャンチキをかけている)。 4. ミネソタの卵売り(暁テル子の楽曲) 4.1. 笑点で披露す...

  9. 移動現象論 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/移動現象論
    • 歴史
    • 移動現象を表す方程式
    • 拡散現象を表す方程式
    • 無次元数による比較
    • アナロジー
    • 参考文献
    • 関連項目

    流体中における運動量、熱および物質の移動現象については、それぞれの分野でデータの蓄積を中心に個別的かつ経験的に発展してきたが、それらがいずれも類似の基本法則に支配されることに着目し、共通の視点から取り扱う新しい工学体系として提案したのはBird (1960)であった。

    移動現象は物理学や化学のさまざまな分野で現れ、その法則も類似している。一般に、物理量の空間勾配を駆動力にして、それに比例した大きさの流束(単位時間、単位面積当たりに移動する物理量)が生じるという形になっている。このときの比例係数を一般に輸送係数とよぶ。 各現象の名称については、熱交換、物質交換などのように、「移動」を「交換」と呼び換えることがある。 運動量移動 1. 流体力学の分野のニュートンの粘性の法則によると、せん断応力(運動量流束)τxy はせん断速度(英語版)(速度vx の勾配)に比例する: 1.1. τ x y = − μ ∂ v x ∂ y . {\\displaystyle \\tau _{xy}=-\\mu {\\frac {\\partial v_{x}}{\\partial y}}.} 2. 比例係数μは粘性係数と呼ばれる。 熱移動 1. 伝熱工学の分野のフーリエの法則によると、熱流束q は温度T の勾配に比例する: 1.1. q = − λ ∂ T ∂ y . {\\displaystyle q=-\\lambda {\\frac {\\partial T}{\\partial y}}.} 2. 比例係数λ は熱伝導率と呼ばれる。 物質移動 1. 拡散に関するフィックの拡散の(第一)法則によると、質量流束j は濃度c の勾配に比例する: 1.1. j = − D ∂ c ∂ y . {\\displaystyle j=-D{\\frac {\\partial c}{\\partial y}}.} 2. 比例係数D は拡散係数と呼ばれる。 電荷移動 1. 電磁気学における電気伝導によると、電流密度(電荷の流束)J は電界E (電位V の勾配)に比例する: 1.1. J = σ E = − σ ∂ V ∂ x . {\\displaystyle J=\\sigma E=-\\sigma {\\frac {\\partial V}{\\partial x}}.} 2. 比例係数σ は電気伝導率と呼ばれる。

    それぞれの物理量に対応する保存則から、物理量の時間変化は流束の発散で表される。上記の各例についてこのことを定式化すると、以下の拡散方程式で表される。 運動量の拡散 1. ρ ∂ v x ∂ t = μ ( ∂ 2 v x ∂ x 2 + ∂ 2 v x ∂ y 2 ) {\\displaystyle \\rho {\\frac {\\partial v_{x}}{\\partial t}}=\\mu \\left({\\frac {\\partial ^{2}v_{x}}{\\partial x^{2}}}+{\\frac {\\partial ^{2}v_{x}}{\\partial y^{2}}}\\right)} 熱拡散(熱伝導方程式) 1. ρ c p ∂ T ∂ t = λ ∂ 2 T ∂ x 2 {\\displaystyle \\rho c_{\\mathrm {p} }{\\frac {\\partial T}{\\partial t}}=\\lambda {\\frac {\\partial ^{2}T}{\\partial x^{2}}}} 物質拡散(フィックの拡散の第二法則) 1. ∂ c ∂ t = D ∂ 2 c ∂ x 2 {\\displaystyle {\\frac {\\partial c}{\\partial t}}=D{\\frac {\\partial ^{2}c}{\\partial x^{2}}}} 電荷の拡散 1. 電荷保存則から電荷(または電位)の拡散方程式が導かれる可能性があるが、そのような方程式は未だ知られていない。 磁場の拡散 1. 磁気流体力学においては、拡散方程式に類似する次の方程式がある。これは誘導方程式と呼ばれる。 1.1. ∂ B ∂ t = 1 μ σ ∇ 2 B + rot ⁡ ( v × B ) {\\displaystyle {\\frac {\\partial {\\boldsymbol {B}}}{\\partial t}}={\\frac {1}{\\mu \\sigma }}\ abla ^{2}{\\boldsymbol {B}}+\\operatorname {rot} ({\\boldsymbol {v}}\\times {\\boldsymbol {B}})} 2. ここでB は磁束密度、μは透磁率、σは導電率、1/(μσ)は磁気拡散係数(英語版)、vは速度である。

    上記の各移動現象は同時に起こることも多く、各流束の大きさの比較が重要になることがある。粘性係数は動粘性係数νで、熱伝導率は熱拡散率α で考えると(拡散係数はそのままでよい)全て単位がm2/sとなる。そのため、それぞれの値の比をとった無次元数を調べることにより、大きさの比較をすることができる。 1. 動粘性と熱拡散率の比をプラントル数という。 2. 動粘性と物質拡散の比をシュミット数という。 3. 熱拡散と物質拡散の比をルイス数という。

    運動量移動について、移動方向に流れがある場合の運動量流束τf は抵抗係数f を用いてτf = -fρvx2/2 で表すことができる。これと流れがない場合の流束との比は次式のように抵抗係数とレイノルズ数で表される。
    熱移動について、流れがある場合の熱流束qf は熱伝達率h を用いてqf = -hΔT であるから、流れがない場合の熱流束との比はヌセルト数Nu またはスタントン数St で表される。
    物質移動についても同様にして、流れがある場合とない場合の質量流束の比はシャーウッド数Shで表される。
    ^ R. B. Bird; W. E. Stewart; E. N. Lightfoot (1960). Transport Phenomena - この分野の古典的名著であり、化学工学を専門とする人間にとってはバイブル的な存在となっている。
    ^ 浅野康一 『物質移動の基礎と応用』 丸善、2004年。ISBN 4-621-07356-7。
    ^ 谷口尚司; 八木順一郎 『材料工学のための移動現象論』 東北大学出版会、2001年、86頁。ISBN 4-925085-44-1。
    ^ 菊池義弘; 松村幸彦 『伝熱学』 共立出版、2006年、185頁。ISBN 4-320-08156-0。
  10. 扇祭 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/那智の火祭

    扇祭(おうぎまつり)または扇会式法会(おうぎえしきほうえ)とは、熊野那智大社(和歌山県 東牟婁郡 那智勝浦町)の例大祭。 熊野那智大社の例大祭は、那智火祭り [1] の通称で知られるが、正式には扇祭または扇会式法会 [2] [3] である。今日では例年7月14日に ...

  11. 其他人也搜尋了
  1. 移動式水冷扇 相關
    廣告