Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 穀雨養生飲食 相關

    廣告
  2. 5月主打星現省價!天天喝石斛滴雞精,特別添加養顏漢方,由內而外逆齡保水,Keep好狀態! 肌膚保水力Up!田原香石斛滴雞精,今天結帳省$200。專業中醫師調配,孕媽咪也能安心喝。

搜尋結果

  1. ja.wikipedia.org › wiki › 穀雨穀雨 - Wikipedia

    穀雨 (こくう)は、 二十四節気 の第6。. 三月中(通常 旧暦3月 内)。. 現在広まっている 定気法 では 太陽黄経 が30 度 のとき( 黄道十二宮 では 金牛宮 の原点に相当)で 4月20日 ごろ。. 暦 ではそれが起こる 日 だが、 天文学 ではその瞬間とする。. 平気 ...

  2. 飲食養生鑑 は食べ物と 五臓六腑 の働きを一般の人の 身体観 、 養生観 を教育するために描かれた 錦絵 である。 概要. 暴飲暴食など、日常生活の不摂生を諫めている [4] 。 飲食養生鑑は 臓腑 の動きを 擬人化 した 小人 と彼らの セリフ が書かれている [5] 。 臓腑の動きを小人たちに見立てたもので、類似作品には 房事養生鑑 が存在し、こちらは女性の体内を 遊廓 に見立てたものである [1] 。 脚注. ^ a b もうひとつの学芸員室-江戸に学ぶ からだと養生-養生鑑 、内藤記念くすり博物館 - 2023年7月13日閲覧。 ^ 東京大学総合図書館鶚軒文庫 - 2023年7月13日閲覧. ^ 特集 養生と医学 、東京国立博物館、2015年7月7日。

    • 52.8 cm × 38.6 cm (20.8 in × 15.2 in)
    • 嘉永三年 1850
  3. 二十四節気は1太陽年を24分割し、節気( 清明 ・立夏など)と中気(春分・ 穀雨 など)を配置するが、その方法には平気法と定気法の2種類がある。. 平気法. 恒気法 、 時間分割法 ともいう。. 1太陽年を24等分した約15日ごとに設けられ、冬至を起点として約 ...

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 食育食育 - Wikipedia

    語源 石塚左玄 「食育」という言葉は、石塚左玄(福井県)が1896年(明治29年)と1898年(明治31年)の著作(『化学的食養長寿論』、『通俗食物養生法』)で「体育智育才育は即ち食育なり」 [1] と造語し用いられている。 1903年(明治36年)には報知新聞編集長・村井弦斎が、連載していた人気 ...

  5. ja.wikipedia.org › wiki › 土用土用 - Wikipedia

    土用 (どよう)とは、 五行 に由来する 暦 の 雑節 である。 1年のうち不連続な4つの期間で、 四立 ( 立夏 ・ 立秋 ・ 立冬 ・ 立春 )の直前約18日間ずつである [1] 。 俗には、 夏 の土用(立秋直前)を指すことが多く [2] 、夏の 土用の丑の日 には 鰻 を食べる習慣がある。 各土用の最初の日を 土用の入り (どようのいり)と呼ぶ。 最後の日は 節分 である。 歴史. 五行では、 春 に木気、 夏 に火気、 秋 に金気、 冬 に水気を割り当てている。 残った土気は季節の変わり目に割り当てられ、これを「土旺用事」、「土用」と呼んだ。 土用の間は、土の気が盛んになるとして、動土・穴掘り等の土を犯す作業や殺生が忌まれた。

  6. ja.wikipedia.org › wiki › 清明清明 - Wikipedia

    清明 (せいめい)は、 二十四節気 の第5。. 三月節( 旧暦2月 後半から 3月 前半)。. 現在広まっている定気法では 太陽黄経 が15 度 のときで 4月5日 ごろ。. 暦 ではそれが起こる 日 だが、 天文学 ではその瞬間とする。. 恒気法 では 冬至 から7/24年(約106.53 ...

  7. ja.wikipedia.org › wiki › 養生訓養生訓 - Wikipedia

    養生訓 』(ようじょうくん)は、 正徳 2年( 1712年 )に 福岡藩 の 儒学者 、 貝原益軒 によって書かれた、 養生 ( 健康 、 健康法 )についての指南書。 益軒83歳の著作で、実体験に基づき健康法を解説した書である [1] 。 長寿を全うするための身体の養生だけでなく、精神の養生も説いているところに特徴がある。 一般向けの生活心得書であり、広く人々に愛読された [1] 。 現代でも 岩波文庫 、 中公文庫 、 講談社学術文庫 など多くの出版社や原文付き現代語版や口語訳、解説書などが出版されている。 ジョージ秋山 による漫画化や、海外向けの英訳もなされている。 構成. 第一巻 総論上. 儒教思想 に基づき、養生の目的と意義を述べる [2] 。 第二巻 総論下.