Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 竹 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/竹
    • 分類
    • 利用
    • 文化
    • 脚注
    • 関連項目
    • 外部リンク

    草本(草)と木本(木)との区別上の位置づけ

    タケが草本か木本かは意見が分かれている。多くの草本類と同じく茎にあたる稈に年輪は見られないが、一方で木本類のように堅くなる性質がある。また、通常の木本と異なり二次肥大成長はせず、開花後は枯死することが多い。分類上も、タケは単子葉植物であるイネ科植物で、イネ科をはじめとする単子葉植物は大半が草本として扱われている。このようにタケには草本の特徴が多く見られるため、タケを多年草の1種として扱う学説が多い。「木#学術的な定義を巡って」も参照。

    タケ亜科内の位置づけ

    タケ類はイネ科タケ亜科に属する。熱帯性木本タケ類と温帯性木本タケ類の2つの系統を合わせてタケ連として扱うこともある。タケ亜科にはタケ連のほかに Olyreae 連が属するが、Olyreae連は典型的な草本であり、タケ連のような木質の茎を作らない。 Sungkaew et al.(2009)の分子系統学的解析によると、タケ連は単系統ではなく、熱帯性木本タケ類と温帯性木本タケ類の2つの系統に分かれる。熱帯性木本タケ類が Olyreae と姉妹群となり、温帯性木本タケ類はそれら全体と姉妹群である。彼らはこの結果から、温帯性木本タケ類を Arundinarieae連に分割すべきとしている。 : 日本に分布

    主な種

    タケ類の種は、世界で600種とも1,200種とも言われる。日本には150種、あるいは600種があるといわれる(いずれも学説によって異なる)。日本に生育するタケ類のうち、代表的なものを以下に挙げる。 1. マダケ Phyllostachys bambusoides 2. モウソウチク Phyllostachys heterocycla f. pubescence 3. ハチク Phyllostachys nigra 4. ホテイチク Phyllostachys aurea 5. キッコウチク Phyllostachys heterocycla f. heterocycla 6. ホウライチク Bambusa multiplex 7. ナリヒラダケ Semiarundinaria fastuosa 8. チシマザサ(ネマガリダケ)Sasa kurilensis 9. トウチク Sinobambusa tootsik 10. シホウチク Chimonobambusa quadrangularis 11. カンチク Chimonobambusa marmorea 12. ヤダケ Pseu...

    概説

    ある程度大きく育った竹から、水を通さない硬い節で複数に仕切られた稈(かん)と呼ばれる茎などが得られる。伐採後に乾燥させた竹の稈は強靭であり、細工が容易で、木材に乏しい弾力性に富んでいる。そのため、和弓や釣竿など、バネ性の必要な製品の素材として古来広く利用されてきた。 竹竿は内部が空洞なので、管としての性質を強く持つ。つまり、しなやかで強い素材である。しかもそれを構成するのが細長い繊維細胞であり、これも管である。したがって、特に引っ張りには強い。しかし、横からの力には管が壊れる形での破壊が起こりやすい。また、加重を支えるのには向かない。状況に応じ、そのまま、また、割って細い板状にして使用される。横からつぶしたものはロープのようにも使用される。さらに細い棒状にしたものは竹ひごと呼ばれる。 伐採したままの竹を青竹(実際には緑色)と呼ぶ。火で焙ったり(乾式)、苛性ソーダで煮沸したり(湿式)して油抜きをした晒し竹、ある程度炭化させた炭化竹、伐採後に数カ月から数年間自然に枯らしたもの、家屋の屋根裏で数十年間囲炉裏や竈の煙で燻された煤竹と、種々の素材が得られる。これらは弾力性、硬さ、耐久性など...

    建材・内装材

    1. 竹小舞:和風建築の塗り壁の素地 2. 竹筋コンクリート:鉄が不足していた時期に鉄筋の代用として竹の骨組を配したコンクリート工法。 3. 床材 4. すだれ 5. 建築外部足場:日本ではあまり見ないが、香港や台湾、中国、東南アジアでは、比較的高いビルの建築現場でも足場材として使われる。 6. 冬囲いの材料 7. 竹垣 8. 竹シーツ:小さく切った竹片に隙間を設けながらつづり合わせてシート状にしたもの。暑い時期に体を冷やしてくれる冷却寝具として使用されている。

    パイプ・容器

    ある程度の長さに切り、途中の仕切りを突き抜けば、パイプができる。大きいものは直径10センチメートルくらいから細いものまである。また、これを縦に半分に切り、水を流すことにも用いられる。 1. 調理器具: インドシナ半島のタイ東北部、ラオス、カンボジアなどでは、竹にもち米とココナツミルクを詰めて火にかけ炊き上げたものが飯として供されることがある。 2. 火吹き竹: かまどの火に空気を送るために使う、風呂沸かしや焚き火にも使う。 3. 吹き矢の筒 4. 樋: 半分に割って、節をそぎ落とした状態で利用する。軒に渡すことで雨樋にしたり、流しそうめんの流路、水飲み場の導水、温泉の湯冷まし路などにしたりして利用される。 5. 楽器: 日本では尺八、篠笛、能管、龍笛、笙、篳篥などの竹製管楽器が伝統的。囲炉裏の上に保存し数十年にわたって燻して炭化したものを材料として使用した。現在の日本では囲炉裏の習慣はないので、人為的に処理を行う。外国には竹製の打楽器や琴がある。竹製楽器のみのオーケストラ団がある。バリ島のジェゴグなどがある。かつてはヤマハが集成材をボディに使用したアコースティックギターを発売して...

    文学作品

    1. 竹取物語、舌切り雀 - 作者不詳の日本の民話(おとぎ話)。 2. 美女と竹林 -(2008年8月22日発売、単行本、光文社)森見登美彦の虚実取り混ぜたエッセイ。知人の所有する竹林の管理を任された作者の苦闘を書く。 3. パニック - 開高健

    習俗・慣習

    1. 青々としてまっすぐ伸びる様子から、榊(さかき)とともに清浄な植物のひとつとされている。 2. 地鎮祭などの神事において、不浄を防ぐために斎み清める場所の四隅に立てる葉付きの青竹を、斎竹(いみだけ)という。青竹には清浄な神域を示す注連縄を張り廻らせ、紙垂(しで)を垂らす。 3. 3本の竹を松で囲み、荒縄で結んだものを門松と呼び、正月に玄関や門前に立てる。 4. 竹は種類によるが、前述のように67年から120年に1度花を咲かせ、結実し枯れる。花が咲くと竹が枯れ、地下茎で繋がった1個体の竹は枯れる。「en:Bamboo blossom」も参照 5. 竹の花がつける実は野鼠の餌となる。非常に稀な出来事であるため、平時の食物連鎖ではあり得ない野鼠の大量発生を引き起こし、急増した野鼠が他の植物などを食害することが知られている。この現象はインドでmautam(bamboo death)と呼ばれ、壊滅的な農業被害が発生している。このことから「竹の花は不吉の前兆」とする民間伝承が生まれた。 6. 七夕- 笹を飾る。 7. 松、竹、梅3つをあわせて松竹梅(しょうちくばい)と呼び、縁起が良いもの...

    ことわざ、慣用句など

    1. 竹を割ったよう 2. 破竹の勢い - 杜預による言葉。 3. 竹馬(ちくば)の友 4. 竹箆(しっぺ)返し 5. 木に竹を接ぐ 6. 松竹梅 7. 竹植うる日 - 陰暦5月13日。夏の季語で、江戸時代の俳人松尾芭蕉は「降らずとも竹植うる日は蓑(みの)と笠(かさ)」と詠んだ。この日に竹を植えると枯れないという中国の俗信がある。竹酔日(ちくすいじつ)。 8. 竹に油を塗る - 1.若くて美しいこと 2.弁舌の達者なこと。 9. 竹の子の親まさり 10. 竹八月に木六月 - 伐採に適した時期、陰暦。 11. 竹屋の火事 - ポンポンと怒るようす。 12. 竹藪に矢を射るよう - 無益なことの譬え。 13. 名を竹帛(ちくはく)に垂る 14. 竹藪焼けた(たけやぶやけた)- 回文の一つ。

    ^ a b c d e f 岩槻秀明『散歩の樹木図鑑』新星出版社、2013年、247頁。
    ^ “明治末期以来? 周期120年、各地でハチク咲く”. YOMIURI ONLINE (2017年6月4日). 2017年6月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月4日閲覧。
    ^ 農林水産省 森林総合研究所 1997年
    ^ 大分県農林水産研究センタ−林業試験場
  2. 賤ヶ岳の戦い - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/賤ヶ岳の戦い
    • 清洲会議
    • 合戦にいたるまで
    • 合戦
    • 賤ヶ岳の七本槍
    • 合戦の性格
    • 合戦の影響
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    天正10年6月2日(1582年6月21日)、織田信長とその嫡男で当主の織田信忠が重臣明智光秀の謀反によって横死する本能寺の変が起こり、その後まもない山崎の戦いで光秀を討った羽柴秀吉が信長旧臣中で大きな力を持つにいたった。6月27日(7月16日)、当主を失った織田氏の後継者を決定する会議が清洲城で開かれ、信長の三男・織田信孝を推す柴田勝家と嫡男信忠の子である三法師(のちの織田秀信)を推す羽柴秀吉との間で激しい対立が生じた。結果的には同席した丹羽長秀・池田恒興らが三法師擁立に賛成したため勝家も譲らざるをえず、この後継者問題は形の上ではひとまず決着をみた。ただし、近年の説として、勝家も三法師擁立自体には賛成していたが、その成人までの名代(当主代理)をどうするかで対立したとする説もある。

    両陣営の動き

    この後双方とも周囲の勢力を自らの協力体制に持ち込もうと盛んに調略を行うが、北陸の柴田側の後方にある上杉景勝や、信孝の地盤である美濃の有力部将・稲葉一鉄が、羽柴側になびくなど秀吉に有利な状況が出来つつあった。一方で勝家の側も土佐の長宗我部元親や紀伊の雑賀衆を取り込み、特に雑賀衆は秀吉の出陣中に和泉岸和田城などに攻撃を仕掛けるなど、後方を脅かしている。

    勝家による和平交渉

    10月16日、勝家は堀秀政に覚書を送り、秀吉の清洲会議の誓約違反、及び不当な領地再分配、宝寺城の築城を非難している(『南行雑録』)。11月、勝家は前田利家・金森長近・不破勝光を使者として秀吉のもとに派遣し、秀吉との和睦を交渉させた。これは勝家が北陸に領地を持ち、冬には雪で行動が制限されることを理由とした見せかけの交渉であった。秀吉はこのことを見抜き、逆にこの際に三将を調略しており、さらには高山右近、中川清秀、筒井順慶、三好康長らに人質を入れさせ、畿内の城を固めている。

    秀吉による長浜城、岐阜城攻め

    12月2日(12月26日)、秀吉は毛利氏対策として山陰は宮部継潤、山陽は蜂須賀正勝を置いた上で、和睦を反故にして大軍を率いて近江に出兵、長浜城を攻撃した。北陸は既に雪深かったために勝家は援軍が出せず、勝家の養子でもある城将柴田勝豊は、わずかな日数で秀吉に降伏した。さらに秀吉の軍は美濃に進駐、稲葉一鉄などから人質を収めるとともに、12月20日(1583年1月13日)には岐阜城にあった織田信孝を降伏させた。

    対峙

    3月12日(5月3日)、柴田勝家は佐久間盛政、前田利家らと共におよそ3万の軍勢を率いて近江国柳ヶ瀬に到着し、布陣を完了させた。一益が篭る長島城を包囲していた秀吉は織田信雄と蒲生氏郷の1万強の軍勢を伊勢に残し、3月19日(5月10日)には5万といわれる兵力を率いて木ノ本に布陣した。双方直ちに攻撃に打って出ることはせず、しばらくは陣地や砦を盛んに構築した(遺構がある程度現在も残る)。また、丹羽長秀も勝家の西進に備え海津と敦賀に兵を出したため、戦線は膠着し、3月27日(5月18日)秀吉は一部の軍勢を率いて長浜城へ帰還し、伊勢と近江の2方面に備えた。秀吉から秀長に「(自軍の)砦周囲の小屋は前野長康、黒田官兵衛、木村隼人の部隊が手伝って壊すべきこと」と3月30日付けの書状が送られたが、この命令は実行されていない。

    交戦

    4月16日(6月6日)、一度は秀吉に降伏していた織田信孝が伊勢の一益と結び再び挙兵、岐阜城下へ進出した。ここに来て近江、伊勢、美濃の3方面作戦を強いられることになった秀吉は翌4月17日(6月7日)美濃に進軍するも、揖斐川の氾濫により大垣城に入った。秀吉の軍勢の多くが近江から離れたのを好機と見た勝家は部将・佐久間盛政の意見具申もあり、4月19日(6月9日)、盛政に直ちに大岩山砦を攻撃させた。大岩山砦を守っていたのは中川清秀であったが、耐え切れず陥落、清秀は討死。続いて黒田孝高の部隊が盛政の攻撃を受けることとなったが、奮戦し守り抜いた。盛政はさらに岩崎山に陣取っていた高山右近を攻撃、右近も支えきれずに退却し、木ノ本の羽柴秀長の陣所に逃れた。この成果を得て勝家は盛政に撤退の命令を下したが、再三の命令にもかかわらず何故か盛政はこれに従おうとせず、前線に着陣し続けた。 4月20日(6月10日)、劣勢であると判断した賤ヶ岳砦の守将、桑山重晴も撤退を開始する。これにより盛政が賤ヶ岳砦を占拠するのも時間の問題かと思われた。しかしその頃、時を同じくして船によって琵琶湖を渡っていた丹羽長秀が「一度坂...

    勝家の敗走

    ところがこの激戦の最中、茂山に布陣していた柴田側の前田利家の軍勢が突如として戦線離脱した。これにより後方の守りの陣形が崩れ佐久間隊の兵の士気が下がり、柴田軍全体の士気も一気に下がった。これは秀吉の勧誘に利家が早くから応じていたからではないかと推測される。このため利家と対峙していた軍勢が柴田勢への攻撃に加わった。さらに柴田側の不破勝光・金森長近の軍勢も退却したため、佐久間盛政の軍を撃破した秀吉の軍勢は柴田勝家本隊に殺到した。多勢に無勢の状況を支えきれず勝家の軍勢は崩れ、ついに勝家は越前・北ノ庄城に向けて退却した。

    秀吉方で功名をあげた兵のうち以下の7人は後世に賤ヶ岳の七本槍(しずがたけ の しちほんやり)と呼ばれる。実際に感状を得、数千石の禄を得たのは桜井佐吉家一、石川兵助一光も同様である。江戸初期の『甫庵太閤記』に見られる"賤ヶ岳の七本槍"の呼び名が初見である。7人というのは語呂合わせで、『一柳家記』には「先懸之衆」として七本槍以外にも石田三成や大谷吉継、一柳直盛も含めた羽柴家所属の14人の若手武将が最前線で武功を挙げたと記録されている。天正期成立の大村由己『天正記』内"柴田合戦記"には7人に加え桜井.石川の9人が挙げられている。後年七本槍は豊臣政権において大きな勢力を持つに至ったが、譜代の有力な家臣を持たなかった秀吉が自分の子飼いを過大に喧伝した結果ともいえる。福島正則が「脇坂などと同列にされるのは迷惑だ」(中傷の意図も否定できない)と語ったり、加藤清正も「七本槍」を話題にされるのをひどく嫌った(今日の研究では清正の立身は羽柴家の財務・民政における功績の部分が大きく、賤ヶ岳の戦功は異例に属していたとされる)などの逸話が伝えられており、当時から「七本槍」が虚名に近いという認識が広まっていたと推定される。 1. 脇坂安治(1554年 - 1626年) 2. 片桐且元(1556年 - 1615年) 3. 平野長泰(1559年 - 1628年) 4. 福島正則(1561年 - 1624年) 5. 加藤清正(1562年 - 1611年) 6. 糟屋武則(1562年- 不詳) 7. 加藤嘉明(1563年 - 1631年)

    この戦いは柴田勝家、滝川一益と羽柴秀吉、丹羽長秀の織田政権内での主導権争いであると同時に、信長次男織田信雄と三男織田信孝の対立でもあった。両者の対立がそのような形をとったことは、戦国時代の幕府の政争が将軍の家督争いという形をとってきたことと相似する。そればかりか、勝家の場合は備後国鞆ノ浦(広島県福山市)にあって京都への帰還をもくろんでいた征夷大将軍足利義昭の擁立さえ試みていた。 この戦いで、一向宗の本願寺勢力は秀吉方に与力すると申し出ている。本願寺が加賀の一揆を動員して秀吉に忠節をつくすと申し入れてきたことに対して、秀吉はこれを賞賛し、柴田領の加賀・越前で活躍すれば加賀を本願寺に返還すると応えている。とはいえ、本願寺にそのような力は残っておらず、実際、勝家が一向宗残党を警戒した様子はない。

    この合戦の結果、多くの織田氏の旧臣が秀吉に接近、臣属するようになった。また合戦終了の2日後の4月25日(6月15日)に秀吉は中国地方の戦国大名・毛利輝元の重臣・小早川隆景に書簡を送り、自軍の勝利に終わったことを報告するとともに、中立状態にあった毛利氏の自らへの服属を暗に促した。戦後処理終了後ほどなく、秀吉は畿内の石山本願寺跡に大坂城の築城を開始し、同年5月には朝廷から従四位下参議に任命された。さらに合戦終了後、秀吉のもとには徳川家康・上杉景勝・毛利輝元・大友義統など各地の有力大名が相次いで使者を送り、戦勝を慶賀し親交を求めたことも秀吉の畿内における権力掌握を象徴した。しかし臣従したとはいえ、丹羽長秀、池田恒興、森長可、蒲生氏郷、堀秀政、長谷川秀一などの織田家旧臣が大幅な加増を得ていることも見逃せない事実である。

    『賎ヶ岳の戦い―秀吉VS勝家覇権獲得への死闘』学習研究社〈歴史群像シリーズ 15〉、1989年12月。ISBN 4051051528。
    池上裕子、池享・小和田哲男・小林清治・峰岸純夫『クロニック戦国全史』講談社、1995年12月。ISBN 4062060167。
    高柳光寿『戦史ドキュメント 賤ヶ岳の戦い』学習研究社、2001年1月。ISBN 4059010251。
    神田千里『日本の中世11 戦国乱世を生きる力』中央公論新社、2002年8月。ISBN 4-12-490220-4。
    • 30,000
    • 柴田軍
    • 不明
  3. 多利思比孤 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/多利思北孤

    多利思北孤(たりしひこ)は、『隋書』「卷八十一 列傳第四十六 東夷 俀國」で記述される倭国王である。『隋書』では他の中国史書が「倭」としている文字を「俀」と記述している[1]。『北史』にも記されている。

  4. 王維 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/王維
    • 人物像
    • 経歴
    • 画の特徴とその評価
    • 輞川
    • 裴迪
    • 伝記資料
    • 参考文献

    王維は、仏教を信奉し、乱の際に「香水銭」と呼ばれる授戒による軍費調達によって粛宗の信任を得た荷沢神会の支持者の一人であった。そのため、なまぐさを食べず、派手な服装はしなかったと伝えられる。また、早くして妻を亡くしたが、以後、再婚せず、30年間、独身を貫いた。 王維はその高潔清雅な性質と作品群によって、後世、高い評価を受けていたが、朱熹のように「其の人既に言うに足らず、詞も清雅なりといえども、また萎弱にして、気骨少なし」という評価や、清代の徐增からは「天才は李太白(李白)、地才は杜子美(杜甫)、人才は王摩詰」という評価も受けている。近代の研究家からも「高人であるが、凡人であった」、「彼は世の汚濁をうとみながらも、捨て得ず、荏苒として安易な一生を送った凡人に過ぎない」(小林太市郎)という厳しい評価をされている。 総じて、貴族制度に対する批判やその作品の芸術性の高さについては高い評価を受けるが、貴族と士族との間で揺れ動く、政治姿勢の消極的な態度は批判を受けている。また、彼の作品群の隠遁性向が強いことに対する毀誉褒貶も大きい。

    若年時代

    父は汾州の司馬になった後、河東に移り住んだ王処廉。母の崔氏は敬虔な僧の普寂に師事していた仏教徒で、王維はその影響を強く受けながら成長した。名の維と字の摩詰とは、『維摩経』の主人公である居士の“維摩詰”の名を分割したものである。風姿が洗練されていて上品で、博学多芸であり、幼少から文名を挙げ、音律にすぐれ、琵琶に通じていた。9歳で辞を綴ることを知り15歳のころから都に遊学し、詩によって、開元年間からすでに盛名があり、王族や貴顕からも厚く迎えられ、さらに名声を高めた。玄宗の兄の寧王李憲や玄宗の弟の薛王李業に至っては、師や友のように彼に対していた。15歳頃に彼が作成した詩が現存している。 親孝行で兄弟とも親しみ、妻との仲も「友愛の極」であったと伝えられる。そればかりでなく、草書・隷書にすぐれ、音楽についても、音楽演奏の図を見ただけで、「霓裳羽衣の曲の第三畳最初拍」と即答したという説話に残っている。さらに、画にも多大な才能を有していた。 玄宗のもう一人の弟である岐王李範のもとにも出入りしており、「集異記」に張九齢の弟である張九皋と府試(科挙の長安で開かれる予備試験)で争い、岐王の楽人に扮し...

    中央と地方と、官と在野と

    開元7年(719年)、進士に及第し、弟の王縉とともに、俊才ぶりにより、名声を得る。大楽丞になるも、開元8年(720年)、微罪を得ていったん済州司倉参軍に左遷される。この理由として「集異記」は、皇帝しか舞ってはいけない「黄師子」という舞を彼の楽人が舞ったことに連座したと伝えられるが、諸王に近づきすぎたため、玄宗による切り離し政策により左遷されたという説もある。開元14年(726年)頃、官を辞めて、長安に帰る。この頃、張九齢と孟浩然に詩才を激賞される。開元19年(731年)頃、妻が死去し、輞川に土地を購入し、別荘を構え隠棲する。 程なく多くの士人からの推薦により、中央に復帰。張九齢の抜擢により、開元22年(734年)には右拾遺に就任する。科挙出身者を中心とする士族派閥に与し、韋恒・韋済兄弟とも親しく交際し、彼らの父の韋嗣立の建てた別荘で開かれた宴に張九齢・裴耀卿・韓休らとともに列席し、宴の序を作成している。また、道士の尹愔とも親しくしていたことが伝えられる。この頃に、孟浩然を宮廷にいれて詩を吟じていたところ、たまたま玄宗が訪れたため、孟浩然は机の下に隠れた。王維は真実を話し、玄宗に孟...

    虜囚、解放と晩年

    しかし、安史の乱が勃発、至徳元載(756年)、王維は出奔した玄宗の後を追いかけたが、追いつけず、隠れていたところを、安禄山の軍に囚われる。この時に病気を偽ったが、洛陽に移され、強要されて安禄山政権の給事中に任じられる。この時、梨園の楽人たちが安禄山のために演奏させられ、楽人の1人である雷海青が殺されたのを聞き、嘆いて、これを詩に読む。至徳2載(757年)、唐軍により洛陽が奪還され、陳希烈らとともに帰順する。しかし、玄宗に代わって皇帝となった粛宗に、安禄山に仕えた罪を厳しく問われた。弟の王縉らの取り成しと、先の詩がすでに伝えられたことにより、太子中允に降格されただけで許された。 その後、出家を願い出たが、粛宗の許可が得られなかった。この頃、杜甫に励ましの詩を贈られる。乾元元年(758年)、集賢学士に昇進する。同年さらに、中書舎人、再び給事中へと累進した。この頃、杜甫・賈至・岑参と詩を詠じあう。上元2年(761年)、尚書右丞となり、飢饉の際に自分の職田の粟を飢民のために施すことを求めた上書や自分の引退と引き替えに、蜀州刺史にされていた王縉を中央に帰すことを求める「躬を責め弟を薦むる表...

    画の描き方について論じた「画学秘訣」いう文を残した。 水墨画にすぐれ、画師たちに、その筆致は「天機」によるもので、学んで及ぶものではないと評価された。彼は、墨だけによる「白描画」を描き、工人たちに彩色させていた。画風は呉道玄に似ていたが、風格は傑出したものがあった。鄭虔・畢宏とともに三絶と呼ばれた。同時代の李思訓に勝るという評価もある。 晩唐の張彦遠は「歴代名画記」において、画法に通じ、筆力は力強いものがあると評価しているが、同時に技巧に走りすぎているという批判もしている。 同じく、晩唐の朱景玄は「唐朝名画録」において第4位「妙品上」に評価しており、その作品群を絶賛している。 北宋の蘇軾も「詩中に画あり。画中に詩あり」と称している。 山水画において、後世にも不動の地位を得ており、明代には北宗画の祖と呼ばれる李思訓に対し、南宗画(南画、文人画)の祖とされた。 また、馬の画家として知られる韓幹を若い頃にその画才を見いだし、資金援助を行い、画の勉強をさせ、大成に導いたというエピソードも残っている。

    輞川は、長安の東南に位置する藍田県にある、藍田山と嶢山の間から流れ、ハ水に注ぐ川である。王維は、その源流の30唐里ほど南のところに、かつて宋之問が別荘としていた土地を買い上げ、自分の別荘を建てた。近隣には多くの長安の名士たちが別荘を構えていた。これは、当時の道教と仏教の思想の融合した山間隠棲の風習にのったもので、王維によって、その流行が促されたとされる。 王維は開元年間より住み始め、天宝9載(750年)頃にほぼ完成する。そこで、同じく別荘を構えていた銭起らと交際していた。王維が清浄を好み、潔癖さを伝える説話も存在する。王維が友人の裴迪と交わした詩は「輞川集」としてまとめられた。一貫して、清浄に対する憧憬と幽遠の表現がテーマとなっている。 王維の別荘は、北垞・南垞という宅院、文杏館・竹里館・臨湖亭という茅亭、華子岡・斤竹嶺という岡、鹿柴・木蘭柴という囲い、漆園・椒園という園、辛夷塢・宮槐陌という道、孟城坳という名跡、金屑泉という泉、欹湖という湖、茱萸沜・柳浪・欒家瀬・白石灘という名所があり、「輞川集」に全て題材としてとられている。これを画に写したものは「輞川図」と名付けられ、転写されたものが世に流布し、唐末には各地で眺められ、刺青として入れるもの、料理にそれを形作ったものもあったと伝えられる。

    王維の「輞川集二十首」に唱和した詩人であり、また天宝十五載に王維が安禄山の乱に巻き込まれて賊軍に囚われた時も側を離れず、王維の口号詩を伝えた人物である。現存する二十八首の詩はすべて王維との唱和、贈答詩であり、『王右丞文集』に収められたことによって残った。裴迪は開元4年に生まれ、天宝3・4載に王維・王昌齢らと長安の青龍寺に訪れ詩を唱和した。天宝中に王維・盧象らと崔興宗の林亭を訪れ詩を唱和した。(以下、入谷仙介氏、と陣内孝文氏に基づく。)『新唐書』には「中宗時代の宰相であった裴談・裴炎と同族である洗馬裴氏、任城県尉裴回の長子」とある。杜甫の「和裴迪登新津寺寄王侍郎」詩、「和裴迪登蜀州東亭送客逢早梅相憶見寄」詩、「暮登四安寺鐘樓寄裴十迪」詩、には「裴迪は、蜀州刺史となった王維の弟の王縉とともに、蜀州へ行った」とある。『全唐詩』の李頎の「聖善閣送裴迪入京」詩には、「裴迪は尚書郎となった」とあるが、他の資料にこのことは見えない。

    『旧唐書』巻百九十 列伝第百四十下 文苑下「王維伝」
    『新唐書』巻二百二 列伝第百二十七 文芸中「王維伝」
    『王維詩集』小川環樹、都留春雄、入谷仙介訳注(岩波文庫、1972年)、重版多数、ISBN 400-3200314
  5. 竹斯国 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/竹斯国

    概要 竹斯國は『隋書』「巻81 列傳第46 東夷 俀國」と『北史』「巻94 列傳第82」に現れる。 遣隋使が持参した俀国(倭国)多利思比孤(『隋書』では多利思北孤)から隋の煬帝へ宛てた国書に現れる「日出處天子(日出る處の天子)」の文章の直後に記述されている。

  6. 桃園駅 (台湾鉄路管理局) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/桃園駅_(台湾鉄路管理局)
    • 歴史
    • 駅周辺
    • 隣の駅
    • 外部リンク
    1893年(明治26年)10月30日 - 清朝全台鉄路商務総局鉄道の桃仔園火車碼頭として開業。
    1905年(明治38年)7月1日 - 縦貫線改線工事の際に駅舎を新築し、桃園駅と改称(当時の表記は「桃園停車場」)。
    2005年10月27日 - 貨物線であった林口線での無料旅客輸送を開始。

    台湾鉄路管理局

    1. ■縦貫線 2. ■林口線(廃線)

    全台鉄路商務総局(劉銘伝鉄道)

    1. 台北新竹線(廃止)

  7. 麻雀牌 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/麻雀牌
    • 材質
    • 牌の大きさ
    • デザイン
    • 牌の種類
    • 牌の表記法
    • 関連項目
    • 外部リンク

    現在、日本では主にユリア樹脂、またはカゼイン樹脂製のものが一般的である(中国ではアクリル樹脂製が多い)。ユリア樹脂製の牌では、通常、重量を増やすために中に鉄が埋め込まれている。また、自動卓用の牌においては、牌の表裏を揃えるために磁石が埋め込まれている。 また、珍しい材質として木、紙、ガラス、真鍮、アルミニウム、ヒスイ、メノウ、純金、金メッキ、シェル(貝殻)などで作ったものがある。ガラス製のものは透明ながらも裏から見ると牌の種類が判別出来ないように工夫されており、紙製のものは麻雀牌の図柄が印刷されたカード型のものが出回っている。また、紙製カードの裏面をマグネットシートに加工しているタイプも存在する。

    現在、日本で主に使われている牌の大きさは、縦26mm×横20mm×厚み16mm 程度である。全自動卓などでは、縦28mm×横21mm×厚み16mm〜縦30mm×横22mm×厚み17mm牌が使われていることが多い。通常、牌の縦横比は4:3である。麻雀牌は、製造年代や製造業者によってわずかに大きさが異なる。全自動卓用の牌は、手積み用の牌よりも若干牌や図柄が大きいものが多い(見やすいため)。歴史的には、牌は少しずつ大きくなってきている(見やすく扱いやすく、またイカサマを防止するために「隠しにくく」)。 中国や香港などで一般的に使われている麻雀牌は、日本の牌の1.5〜2倍くらいの大きさがある。日本ではこれをゲタ牌と呼んでいる。大きいものでは、ゲタ牌よりももっと大きい牌もある。小さい牌は、普通の牌の半分〜1/3の大きさのミニ牌がある。

    麻雀牌のデザインは、大まかには以下の紹介における画像と一致する。ただしこれは中国風のデザインであり、他にもいくつかのバリエーションがある。 1. 日本や欧米で使われている牌では、五萬の「五」はにんべんの付いた「伍」の字が一般的である。 2. 三元牌の白は、日本では無地のものが一般的であるが、日本以外ではフレームのようなものが書かれているのが一般的である。一部の牌では文字で白と書かれていたり、フレーム・縁どりのようなものが書かれていることもある。特に牌全体が同一色になっている特殊な牌セットでは、牌の背も牌の腹も無地だと表裏の区別が付きにくいため、牌の腹になんらかの加工が施されている。 1. 三元牌の發の字は、文章中および画像では旧字体の「發」を使うことが多いが、日本国内で製造・流通している麻雀牌では「殳」の部分を「矢」に変えた異体字「[注 1]」を使うことが多く、「弓」の部分を「子」に変えた異体字「」を使うこともある。旧字体(繁体字・正体字)の「發」は現在でも香港や台湾などで使われている字体で、簡体字を使用している中国大陸でも国内で使用される麻雀牌では「發」を使用している。 2. 八索は、「上がW形、下がM形」の配置が一般的だが、誤って逆の「上がM形、下がW形」の配置になっているものも存在する。また、一部には「米」の字型や「×」字型のデザインも存在する。 1. 一索のデザインは、国・地域だけでなく、製造業者によっても千差万別である。一索には通常孔雀がデザインされているが、骨董品の中には鶴、雀といった別の鳥類がデザインされているものもあるほか、タケノコや魚がデザインされている稀少品も存在する。 2. 花牌のデザインも国・地域によってバラエティに富んでおり、例えばシンガポールでは、春夏秋冬・梅蘭菊竹の花牌8種の他に、「ムカデ」「ネコ」「ネズミ」「ニワトリ」がデザインされている花牌(Animal Tiles)が使用される。(#花牌の節も参照のこと) 3. 欧米の牌には、普通インデックスが付されている。これは風牌の漢字・萬子の漢数字を識別するのが難しいためで、右の画像に見る通り、牌の左肩にアラビア数字やアルファベットが振られている。東はEastのE、南はSouthのS、西はWestのW、北はNorthのNである。 4. 筒子の丸のデザインは、国・地域だけでなく、製造業者...

    麻雀の牌はいくつかのグループに分かれ、役などに深く関係している。主な分類を以下に示す。 1. 1.1. 萬子・筒子・索子の3種が数牌に該当し、字牌は風牌と三元牌に分かれる。 1.2. あとの節でも詳述するが、么九牌とは「字牌7種と老頭牌6種の総称」であり、老頭牌は么九牌に含まれる。

    漢字で表記する場合
    半角英数字で表記する場合
  8. 竹田恒泰 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/竹田恒泰
    • 略歴
    • 政治的主張
    • 騒動、批判
    • 人物
    • 学歴
    • 血縁
    • 系図
    • 著書
    • 連載
    • メディア出演

    日本オリンピック委員会(JOC)前会長の竹田恆和の子。明治天皇の女系の玄孫にあたる。男系では南北朝時代の北朝第3代崇光天皇の19世の子孫(皇胤)にあたる。 慶應義塾高等学校(英語会に所属)を経て、慶應義塾大学法学部法律学科で環境学を専攻して卒業する。 イラク戦争前の2003年(平成15年)1月、一水会代表の木村三浩らとともに「ブッシュ政権のイラク攻撃を止めさせる緊急アピール」発起人となった。そして同会のイラク訪問団(団長:木村三浩)に、鈴木邦男(一水会顧問)、塩見孝也(元赤軍派議長「自主日本の会」会長)、平野悠(ロフトプラスワン席亭)、PANTA(音楽家「頭脳警察」)、沢口友美(ダンサー)、雨宮処凛(ノンフィクションライター)、大川豊(大川興業総裁)らとともに参加した。 2006年(平成18年)に著書『語られなかった皇族たちの真実』で山本七平賞を受賞した。 2007年(平成19年)から2014年(平成26年)3月まで慶應義塾大学大学院で非常勤講師として勤務した。大学院では通年の講座「憲法特殊講義(天皇と憲法)」を小林節と共同で担当し、のちに単独で「憲法特殊講義I(公政)」、「憲法特殊講義II(公政)」を半期ずつ受け持った。 2015年(平成27年)度から皇學館大学現代日本学部で非常勤講師として、春学期は現代人権論、秋学期は日本国家論を講義する。 2008年(平成20年)12月に「天皇は本当に主権者から象徴に転落したのか?」でアパグループが主宰する第2回「真の近現代史観」懸賞論文で“最優秀藤誠志賞”を受賞した。 「竹田研究会」を主宰する。 近代皇族の研究家である小田部雄次は、2010年(平成22年)に底本が発行された自著で、「近年の竹田は芸能界になじみ醜聞が増えた」と記している。 2012年(平成24年)10月29日YouTubeに開設した竹田恒泰チャンネルで、特番を除いて週に一度配信している。後に同チャンネル放送の中国、韓国報道に焦点を置いた本『面白いけど笑えない中国の話』や『笑えるほどたちが悪い韓国の話』などが発売された。 2015年(平成27年)4月19日、「一般女性と結婚した」と発表した。 2016年(平成28年)7月1日、外貨両替業を行う株式会社エクスチェンジャーズを創業。 2016年(平成28年)10月に第1子となる長女が誕生。12月にYouTube...

    選択的夫婦別姓制度への反対

    選択的夫婦別姓制度導入に反対している。自身のTwitterで「夫婦別姓の問題点は①婚外子が増える、②表札があげられなくなる、③墓が守られなくなる、そしてひいては、④日本の伝統的家族制度が崩壊することにつながる」「夫婦別姓論者が『女性の人権』を口にする。だが平等とは機会が平等という意味である。夫婦の合意があれば妻の姓を名乗ることも自由であるから、夫婦同姓は女性の人権侵害に当たらない。社会の一員である前に家族の一員であり、不自由があるのはむしろ当然。夫婦同姓を合憲とする最高裁の判断は正しい」「選択的夫婦別姓では、子供の姓をどうするかで夫婦で意見が割れた場合、大きな問題となる。子供のことを考えたら、夫婦同姓ならその問題は起き得ない」と述べている。

    嫡出子相続差別撤廃への反対

    最高裁判所大法廷が、2013年(平成25年)9月4日に婚外子を相続において差別する民法の規定が違憲であると判断を下し、それに従い民法が近く改正されることに関して「平等っていうのは、あくまでも原則。合理的な理由があれば原則はなくしていい」と述べ、反対を表明している。

    脱原子力発電

    高校生の時の英語ディベートを契機に、長年保守の立場から脱原発を主張している。既に2011年(平成23年)の福島第一原子力発電所事故以前から、脱原発を求める記事を新聞に発表してきたが、事故後は脱原発の立場の発言をTwitterへ投稿し、2011年(平成23年)に、脱原発を主張する著書を出版するなど、その姿勢を一層鮮明にしている。とりわけ「原発を推進する人たちは、戦争が起きた場合に原発こそが最初に攻撃目標になることを知っているだろうか」「もし原発がミサイル攻撃を受けたら、通常兵器であっても核兵器を使用されたのと同じだけのダメージを受ける。すなわち、原発を保持することは、自国向けの核兵器を配備しているのと同じことである」と述べるなど、国土に原発を置くことに対する国防・安全保障上のリスクをたびたび主張している。一方で、雁屋哲の『美味しんぼ』騒動に対しては「脱原発派を貶める行為」と批判的な見解を取っている。

    旧皇族であるかどうか

    竹田は著作『旧皇族が語る天皇の日本史』などで自身が「旧皇族である」と自称してきたが、「旧皇族という自称は誤りである」との指摘がある。恒泰の父である恆和は、父の恒徳王が皇籍離脱した後に生まれているため、生涯で一度も皇族であったことはない。また、1920年5月19日に内規として裁定された「皇族の降下に関する施行準則」では「長子孫の系統四世を除く全ての王が華族に降下する」ことに定められている。竹田宮の場合竹田宮恒久王が1世、離脱した竹田宮恒徳王が2世、同じく離脱した竹田宮恒正王が3世であり、この世代以降は全て皇族ではなく華族となる。皇籍離脱(臣籍降下)した場合、宮家の皇族は侯爵に叙されるが、二人目以降の降下の場合は伯爵に叙されるため、三男の恆和は伯爵に叙されていたはずであり、旧皇族の子孫ではあるが、この家系は旧華族であるとも言える。

    在特会への発言

    2013年10月20日放送の『たかじんのそこまで言って委員会』にて、「在特会が活動したおかげで在日の特権の問題が明らかになった」「例えば、通名というのがあって、日本人の名前に変えることによって、犯罪歴や金融関係の経歴を全部消すことができ、また新たな犯罪ができる」と発言。大阪の「コリアNGOセンター」から放送局である読売テレビへ「通称名の使用や変更で犯罪歴や経歴の抹消はできず、事実に反する」「在日コリアンが犯罪集団で危険な存在であるというゆがんだ偏見を助長する」との抗議申し入れがなされ、放送倫理・番組向上機構へ審理申し立てがなされた。番組は11月3日、放送冒頭で「一部不正確で誤解を生む表現があった」と謝罪した。 上記の番組内での発言に対して池田信夫が「この自称皇族は頭がおかしいですよ。マスコミが相手にするのはやめるべき」とTwitter上で発言。竹田も「理由なく『頭おかしい』とは、およそまともな学者の作法ではないです」「私がいつ皇族を自称したのか、その根拠を示してほしいです」などと反論し、応酬となった。

    長崎原爆被爆者へのツイート

    日本への原子爆弾投下で長崎の被爆者の語り部に生徒が「死に損ない」と言った事件に関し、2014年、Twitterで「年寄りに暴言は良くない」としながらも「被爆者と自称して1時間1万円で生徒に被爆体験を語るふりをし、実際は反日思想を植えつける話をしていた模様。そういうことするぐらいなら、平和教育はもうやめたほうがよい」などと投稿した。小林よしのりは被爆者を偽物と呼んだ竹田に「我慢がならない」と手厳しく批判したが、竹田は今も反応はしていない。

    「若きイケメン」「たたずまいに気品がある上に、日本古来の伝統を体現した本物の教養を持つ人」と、いわゆる「ネトウヨ」を中心に支持を集めている。J-CASTニュースでは、竹田を「ネトウヨのアイドル」「ネトウヨの代表」と称される、と記事にしている。
    香港の国家安全法について「対岸の火事でない。昨日のウイグル・今日の香港・明日の香港・明後日の沖縄九州。中国が尖閣の次に狙うのは沖縄」と述べた。
    1982年(昭和57年)3月 松濤幼稚園卒園
    1988年(昭和63年)3月 慶應義塾幼稚舎卒業
    1991年(平成3年)3月 慶應義塾普通部卒業
    1994年(平成6年)3月 慶應義塾高等学校卒業
    高祖父:北白川宮能久親王
    高祖父:明治天皇
    高祖母:園祥子
    高祖父:三条実美

    家系

    崇光天皇の19世男系子孫であり、女系では明治天皇の玄孫にあたる。系譜は「伏見宮#系図」を参照のこと。 皇籍離脱後

    単著

    1. 語られなかった皇族たちの真実 若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」(小学館、2006年1月)ISBN 4093876258 2. (文庫版、小学館文庫、2011年2月)ISBN 4094085904 3. エコマインド - 環境の教科書(ベストブック、2006年9月)ISBN 4831400955 4. 旧皇族が語る天皇の日本史(PHP新書、2008年2月)ISBN 978-4569697116 5. 中国語版『日本天皇的史話』(商訊文化事業股份有限公司、2008年8月) 6. 怨霊になった天皇(小学館、2009年2月)ISBN 978-4093878272 7. 日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか(PHP新書、2011年1月)ISBN 978-4569794297 8. 原発はなぜ日本にふさわしくないのか(小学館、2011年6月)ISBN 4093881928 9. 日本人はなぜ日本のことを知らないのか(PHP新書、2011年 10. 現代語古事記(学研パブリッシング、2011年9月)ISBN 978-4054050754 11. 怨霊になった天皇(小...

    共著

    1. 辛酸なめ子 『皇室へのソボクなギモン』(扶桑社、2007年10月、のち文庫化、扶桑社文庫、2012年4月)ISBN 978-4594054915 2. 八木秀次 『皇統保守』(PHP、2008年8月)ISBN 978-4-569-65511-6 3. 岡野弘彦、金美齢、高橋史朗、畠山圭一、松浦光修 『君たちが、日本のためにできること 大学生に伝えたい祖国との絆』(明成社、2011年3月)ISBN 978-4-944219-99-5 4. 呉善花 『日本人て、なんですか?』(ビジネス社、2011年11月)ISBN 978-4828416496 5. 塩沼亮潤 『日本人の宝』(PHP研究所、2012年4月)『日本がもっと好きになる神道と仏教の話』(PHP文庫、文庫化 2014年4月)ISBN 978-4569760919 6. 西尾幹二 『女系天皇問題と脱原発』(飛鳥新社、2012年12月)ISBN 978-4864102193 7. 櫻井よしこ、百地章 『「女性宮家創設」ここが問題の本質だ!』(明成社、2012年12月)ISBN 978-4905410201 8. 久野潤『決...

    ムック

    1. これならわかる! 『古事記』(学研パブリッシング、2012年8月)ISBN 978-4056067255編著 2. 日本を元気にする本(学研パブリッシング、2013年9月)ISBN 978-4056101942

    過去

    1. 北海道神宮『北の志づめ』「天皇弥栄(すめらぎいやさか)」(2009年1月 - ?) 2. フジテレビジョンウェブサイト内『少年タケシ』「皇室のきょうかしょ〜Imperial Mind〜」(2006年7月 - ?(サイトは2012年終了)) 3. 月刊食生活「和の国の優雅な生活」(2011年5月 - ?) 4. Voice 4.1. 「天皇の日本史」(2007年9月 - 12月) 4.2. 「ジャパン・ルネッサンス〜日本文明復興」(2010年4月 - 11月) 5. 環境ビジネス「環境学者が行く名城探訪」(2009年2月 - 2010年3月) 6. フジサンケイ ビジネスアイ「エコマインドアイ」(2006年10月 - 2008年9月、毎週水曜連載) 7. Voice「日本はいつどのようにできたのか新・日本建国論」(2011年6月 - 10月) 8. Grazia(講談社) 9. 新潮45「弟宮」(2011年10月 - 2012年8月、全11回) 10. Lien(リアン)「竹田恒泰のつねづねなるままに」(2013年1月 - 2017年1月)

    現在の出演番組

    1. たかじんのそこまで言って委員会→そこまで言って委員会NP(読売テレビ) - 2012年からレギュラーとして出演 2. ニホンのナカミ(2014年8月3日 - 、FM-FUJI他に茨城放送・岐阜放送・和歌山放送・西日本放送・四国放送・南日本放送(以上県域局)・FM立川(cFM)・Team J Station(ロサンゼルス)でネット) 3. 真相深入り!虎ノ門ニュース(2017年1月12日 -、DHCシアター)-コメンテーター(毎月第2・第4木曜日/レギュラー昇格前にも2016年2月9日、4月8日、5月18日、7月27日、8月24日、9月28日、11月24日にも出演) 4. 竹田恒泰の富山チャンネル(FMとやま) - 2018年4月以降は自社番組の1コーナーに出演

    過去の出演番組

    1. もてもてナインティナイン(TBS) 2. えにしの記憶(TOKYO MX) - 宮澤典一役 3. 朝まで生テレビ!(テレビ朝日) - ゲスト出演 4. 森田一義アワー 笑っていいとも!(2013年2月12日、フジテレビ) - 「テレフォンショッキング」にゲストとして出演 5. 情報プレゼンター とくダネ! (2013年11月15日、フジテレビ) - ゲスト出演 6. グッド!モーニング(2013年12月24日、テレビ朝日) - VTR出演 7. サワコの朝(2014年2月15日、TBS) - ゲスト出演 8. ノンストップ!(2014年2月28日、フジテレビ) 9. 行列のできる法律相談所(2014年3月30日、日本テレビ) 10. バイキング(2014年4月10日・4月24日・5月8日・6月5日・2016年4月22日、フジテレビ) 11. 情報ライブ ミヤネ屋(2014年5月28日、日本テレビ) 12. ニュースな晩餐会(フジテレビ) 13. ゴゴスマ 〜GO GO!Smile!〜(CBCテレビ)- 月曜レギュラー 2020年6月5日、出演拒否を局から通告される(愛知県知...

  9. 前橋汀子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/前橋汀子
    • 来歴
    • 人物・演奏スタイル
    • テレビ出演
    • 著書
    • 外部リンク

    白系ロシア人音楽教師の小野アンナと、桐朋学園子供のための音楽教室の斎藤秀雄に師事。少女時代、ヨーゼフ・シゲティとダヴィッド・オイストラフの来日演奏会に接しヴァイオリニストの道を志す。中学生からロシア語を独学し、17歳でレニングラード音楽院に留学、ミハイル・ヴァイマンに師事する。1963年に一時帰国した後、新ウィーン楽派や同時代の音楽への興味から、ジュリアード弦楽四重奏団のロバート・マンに入門すべく渡米し、ニューヨーク州のジュリアード音楽院に留学、名伯楽として知られるドロシー・ディレイ教授にも師事。さらにニューヨークから渡欧して、スイスはモントルーにてヨゼフ・シゲティとナタン・ミルシテインの薫陶を受ける。シゲティの他界後もモントルーに暮らし、最晩年のチャップリンやココシュカとも親交を結んだ。 国際的に活躍。ストコフスキーの指揮によりカーネギー・ホールでアメリカ・デビューを果たしたほか、ズービン・メータ、クルト・マズア、小澤征爾、クリストフ・エッシェンバッハら著名指揮者のもと、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やロサンジェルス・フィルハーモニック、クリーヴランド管弦楽団などの一流オーケストラとも共演している。ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団やチューリヒ・トーンハレ管弦楽団とは録音も行なってきた。 2004年、日本芸術院賞受賞。 2007年、エクソンモービル音楽賞受賞。 2011年6月、紫綬褒章受章。2017年4月、旭日小綬章受章。 2017年、演奏活動55年を期に、初の自叙伝「私のヴァイオリン」(早川書房)を上梓。

    恩師シゲティが捨てたロマンティックなレパートリー(チャイコフスキー、ブルッフ、シベリウスの協奏曲、小品集)の演奏・解釈に特色がある。師シゲティやミルシテインと同じく、J.S.バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータを得意とする。レコードやCD制作も数多い。演奏それ自体に加えて、凛としたステージマナーや美しい容姿に惹かれて、ファンを公言する著名人(作家の深田祐介や演劇界の蜷川幸雄・萩原健一・加賀まりこら)は少なくない。実妹の前橋 由子(まえはし ゆうこ、1945年11月17日 - 1999年2月18日)はピアニストで、コンサートやレコーディングで多く共演した。

    私の音楽会 日本テレビ1973年から1982年の間に7回出演。
    夜のヒットスタジオ(1984年9月17日、フジテレビ)(ドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」とクライスラーの「美しきロスマリン」を前橋由子の伴奏で演奏。)
    今夜も生でさだまさしスペシャル「いつでも夢を!朝まで生で音楽会」(2013年3月31日NHK総合)
    『私のヴァイオリン 前橋汀子回想録』早川書房、2017年8月。ISBN 978-4-15-209705-7。
    『ヴァイオリニストの第五楽章』日経BP、2020年11月。ISBN 978-4-53-217690-7。
  10. 台湾鉄路管理局 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台湾鉄道管理局
    • 概説
    • 歴史
    • 運行形態
    • 路線一覧
    • 使用車両
    • 運賃
    • 駅区分
    • 技術協力
    • 関連事業
    • 関連商品

    日本の降伏を受け、中華民国政府が接収した台湾島内の鉄道路線を運営する目的で設立された台湾鉄路管理委員会を直接の前身とする鉄道事業体で、1948年3月1日に発足した。設立当初は地方政府である台湾省政府の管轄下であったが、台湾省の機能が凍結された1999年に中央政府の管轄下となって現在に至る。台北駅ビルに本部を構え、2018年11月現在の局長は張政源。 日本統治時代に建設された多く路線を引き続き運営している他に、東部を中心に存在した鉄道空白地帯を結ぶ東部幹線・南廻線および一部の支線を建設、あわせて1,100キロメートルを超える路線を運営している。また、管理局発足後も恒常的に設備の近代化が行われており、現在では主要幹線の殆どが電化・複線化されている。年間利用者はおよそ1億7千万人。 長らく西部幹線の長距離輸送を経営の柱としてきたが、台湾高速鉄道の開業後は高速鉄道を補完する短中距離輸送の利便性を高めるため、高頻度・等間隔の都市型ダイヤへの移行を進めている(台鉄捷運化)。また、高速バスとの競合が激化している東部幹線の長距離輸送の改善にも力を入れており、台東線の電化・重軌条化や日本製振り子電車の投入を進めている。 公社化を経た後に民営化する計画もある。なお台湾の国鉄には台鉄のほかに、林業用に由来し日本の農林水産省に相当する林務局が運営[注 1] する阿里山森林鉄路がある。

    1945年(昭和20年) - 日本の台湾統治終了により、台湾島内の国営鉄道事業を台湾総督府交通局鉄道部から中華民国台湾省行政長官公署下の台湾鉄路管理委員会に移管。
    1947年(民国36年) - 行政長官公署の廃止に伴い台湾省政府管轄下に移管。
    1949年(民国38年) - 台北鉄路公司(旧台北鉄道株式会社)新店線を買収。

    2006年11月に一新され、2017年6月時点で運用されている列車種別は次の通りである。 1. 自強号(繁体字:自強號):日本の特急に相当する。 2. 莒光号(繁体字:莒光號):急行に相当する。 3. 復興号(繁体字:復興號):準急に相当する。 4. 区間快車:快速に相当する。/区間車:普通列車に相当する。 5. 普快車:普通列車に相当する。 6. 観光列車(環島之星):ジョイフルトレインに相当する。 長らく台北市と高雄市を結ぶ長距離輸送に主軸が置かれてきたが、現在は台湾高速鉄道にその座を譲り、台北と高雄の2大都市圏と地方都市との連絡を中心とした運行ダイヤが組まれている。すなわち、台湾各地の地方都市と2大都市圏を長距離輸送の基幹となる自強号・莒光号の優等列車で結びつつ、区間車・区間快車でそれらの優等列車を補完するというダイヤである。また、前述の2大都市圏とその周辺では都市近郊鉄道として都市圏輸送も担っており、従来の汽車型ダイヤから高頻度運転の都市型ダイヤへの移行(台鉄捷運化)が進められている。 なお、2006年11月までに廃止された列車種別は次の通りである。 1. 観光号(中国語版):1961年~1978年に運行されていた優等列車。 2. 対号特快(中国語版):1949年~1988年に運行されていた優等列車。 3. 光華号:1966年~1979年に運行運行されていた優等列車。 4. 台東線光華号:1968年~1982年に台東線で運行されていた優等列車。 5. 莒興号(中国語版):1980年に運行開始した優等列車。1981年までに莒光号か復興号のいずれかに変更され消滅。 6. 通勤電(電聯)車:1990年に運行開始、2006年に区間快車/区間車へ改称。冷房付き列車だった。 7. 冷気柴客:1998年に運行開始、2006年に区間快車/区間車へ改称。冷房付き列車だった。 8. 平快車(中国語版):2006年に普快車へ統合された。 9. 普通車:2006年に普快車へ統合された。 1. EMU型自強号のネームプレート 2. 三貂嶺駅を通過する莒光号 3. 南港駅に入る復活運転の光華号 4. 台東線を走る「環島之星」

    計画線

    1. 恒春線(内獅 - 恒春) 2. 海生館線(車城 - 海生館) 恒春線の支線 3. 北宜直線鉄道(南港 - 礁渓)

    計画中断

    1. 中横鉄道(台中 - 花蓮)

    廃止線

    1. 林口線(桃園 - 林口) 2. 旧山線(三義 - 后里) 3. 淡水線(大稲埕/北門 - 台北 - 淡水) - 現・台北捷運淡水線 4. 新北投線(北投 - 新北投) - 現・台北捷運新北投支線 5. 新店線(万華 - 新店郡役所前) 6. 中和線(板橋 - 中和) 7. 東港線(鎮安 - 東港) 8. 東勢線(豊原 - 東勢) 9. 神岡線(潭子 - 清泉岡) 10. 台東海岸線(台東 - 台東海岸) 11. 花蓮臨港線(花蓮 - 花蓮港) 12. 高雄臨港線(高雄港 - 前鎮 - 高雄)

    詳細は台湾鉄路管理局の車両形式(中国語版)を参照のこと。
    EMU700型電車
    TEMU2000型電車
    E200型電気機関車

    列車の運賃については、日本と違い、列車ごとにそれぞれ別々の運賃体系(日本の「普通運賃」の上に特急料金、指定席料金を追加する方式とは異なる)が設定されており、たとえ同一種別の列車同士であっても、2列車以上を乗り継ぐ場合は運賃の通算を行わない。莒光号以上の優等列車は原則として全車指定席で、混雑区間の普通車に限って「自願無座」(日本の立席特急券に相当)が発売される場合がある。ちなみに、観光列車や一部の莒光号には日本のグリーン車に相当する「商務車」という特別席が設定されているが、前述の通り乗車券以外の料金券が存在しないため、この車両・座席には上位種別の料金(この場合自強号)が適用される。そのため、時刻表上は自強号として別列車扱いされており、乗車券も自強号で発券される。 種別ごとの運賃は以下の通り。(10kmまでは一律10kmの運賃が初乗りとして適用) なお、小児・65歳以上の老人・障害者は半額となるが、小児運賃の適用基準が年齢である日本とは異なり、身長(115cm以上150cm未満)となっている。また、莒光号において座席指定を受けずに(自願無座)81キロメートル以上を乗車した場合は上記運賃から2割引となる。 この他に、1ヶ月、3ヶ月有効の定期乗車券、団体乗車券、各種企画乗車券も存在する。かつては入場券(6元)も発売されていたが、2013年6月1日に廃止された(身分証との交換で通行証を貸与する形式に変更)。 1. 普悠瑪自強号の乗車券 2. 定期券 3. 入場券 4. TR PASS学生版 5. プリペイドカード 6. セブンイレブンi-bon端末発券の莒光号乗車券

    2018年11月現在。廃駅はCategory:台湾の廃駅を参照。 1. 特等站: 台北、台中、高雄、花蓮…計4駅 2. 一等站: 基隆、七堵、南港、松山、萬華、板橋、樹林、桃園、中壢、新竹、竹南、苗栗、豐原、彰化、員林、斗六、嘉義、新營、台南、岡山、新左營、屏東、潮州、瑞芳、宜蘭、蘇澳新、玉里、台東…計28駅 3. 二等站: 八堵、汐止、鶯歌、大甲、臺中港、沙鹿、新烏日、田中、二水、斗南、隆田、善化、永康、中洲、楠梓、鳳山、雙溪、羅東、冬山、蘇澳、東澳、和平、新城 (太魯閣)、竹東…計24駅 4. 三等站: 山佳、内壢、埔心、楊梅、富岡、湖口、新豐、竹北、後龍、白沙屯、通霄、苑裡、清水、龍井、大肚、追分、銅鑼、三義、后里、潭子、成功、社頭、林內、大林、民雄、新市、保安、大湖、路竹、橋頭、九曲堂、西勢、南州、林邊、枋寮、加祿、枋野、大武、金崙、太麻里、知本、四腳亭、猴硐、三貂嶺、福隆、頭城、礁溪、二結、永樂、南澳、漢本、和仁、崇德、北埔、吉安、志學、壽豐、鳳林、萬榮、光復、富源、瑞穗、東里、富里、池上、關山、瑞源、鹿野、花蓮港…計70駅 5. 簡易站: 三坑、百福、五堵、汐科、浮洲、南樹林、北新竹、三姓橋、豐富、泰安、大慶、烏日、嘉北、水上、柳營、南科、大橋、仁徳、左營(舊城)、內惟、美術館、鼓山、三塊厝、民族、科工館、正義、後庄、竹田、平溪、菁桐、林榮新光、豐田、千甲、新莊、集集、車埕、長榮大學…計34駅 6. 甲種簡易站: 北湖、香山、大山、新埔、日南、花壇、南靖、後壁、林鳳營、佳冬、大里、龜山、竹中…計14駅 7. 乙種簡易站: 栗林、頭家厝、松竹、太原、精武、五權、大慶、烏日、大村、瀧溪、康楽、三民、東竹、南平、貢寮、四城、景美、海端、山里、九讚頭、內灣、六家、水里、沙崙…計25駅 8. 丙種簡易站: 十分、濁水…計2駅 9. 招呼站 (無人駅): 新富、崎頂、談文、龍港、造橋、南勢、永靖、石榴、石龜、拔林、六塊厝、歸來、麟洛、崁頂、鎮安、東海、內獅、枋山、暖暖、牡丹、大溪、石城、外澳、頂埔、中里、新馬、武塔、平和、大富、瑞和、大華、望古、嶺腳、上員、榮華、橫山、合興、富貴、源泉、龍泉、海科館、八斗子…計42駅 10. 号誌站 (信号場): 談文南、大肚溪南、中央、古莊、…計4駅 11. 貨運站(貨物駅): 五堵(貨)、新竹(貨)…計2駅 1. 特等站の...

    公式店舗の運営、各種グッズの企画・販売(「台鉄本舗(台鐵本舗)」や「台湾鉄道故事館(台灣鐵道故事館)」は民間経営)
    タカラトミー・プラレールシリーズ - 台湾国内で太魯閣号・普悠瑪号のセット商品が販売されている。
    鉄道模型 - 現地メーカーの鉄支路模型などから当局のNゲージ車両が製品化されている。
  11. 其他人也搜尋了