Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 市村正親 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 市村正親

    2021年 7月24日、篠原涼子との離婚 を発表。長男と次男の親権は市村が持つという [7]。 人物 パーマをかけた髪形が特徴。 歌唱力については本人も認めるほどの悪声で恵まれているとは言えないものの、いざ舞台に上がればそれを補って余り ...

    • 市村 正親(いちむら まさちか)
    • 1949年1月28日(72歳)
  2. 篠原聡子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 篠原聡子
    • 人物・来歴
    • 著書
    • 参考文献
    • 外部リンク

    千葉県立千葉女子高等学校卒業後、日本女子大学住居学科に進学し1981年に卒業。1983年、同大学大学院修士課程修了。1983年から1985年まで香山アトリエに勤務。1986年、空間研究所を設立。1996年、「大阪府営泉大津なぎさ住宅(仮称)設計競技」で優秀作1席に入選。1997年から日本女子大学住居学科専任講師。2001年から日本女子大学住居学科助教授。2010年から日本女子大学住居学科教授。2020年から日本女子大学学長。 Y-HOUSE、キヨサト閣で日本建築学会賞作品選集入選。RIGATO-Fで東京建築士会住宅建築賞。「燈居」で東京建築賞奨励賞。Superar kinuta、StylehouseC棟D棟でグッドデザイン賞。その他の作品に、東金市立嶺南幼稚園、Rete tamaplaza など、多数。

    変わる家族と変わる住まい (小泉雅生、大橋寿美子と共著、ライフスタイル研究会、2002年8月)
    住まいの境界を読む (2008年5月)
    生活文化論 (シリーズ生活科学)(佐々井啓、飯田文子と共著、2002年4月)
    日経アーキテクチュア 2009年12月14日号、日経BP社
    新建築住宅特集 2008年11月号、新建築社
    新建築 2009年7月号、新建築社
    建築士 2010年5月号、日本建築士会
    空間研究所ウェブサイト - archive.today(2013年4月27日アーカイブ分)
    • 建築家
    • 日本
  3. 篠原ともえ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 篠原ともえ
    • 略歴
    • 人物
    • 受賞歴
    • 音楽
    • 出演
    • 書籍
    • 参考文献
    • 外部リンク

    生い立ち

    10歳の頃からデザインに興味を持ち、人形の服や小物を自作するようになる。幼少時は大人しい性格だったが、小学4年の時にバレエを始めたのを機に明るい性格に変わる。 中学1年の時に軽音楽部でバンドを始め(ギター兼ボーカル担当)、中学3年の夏休みにソニー歌手オーディションに合格し、新人開発部に所属。デビューに向けてボイストレーニングのレッスンを受ける。 1994年4月、東京都立八王子工業高等学校(現・東京都立八王子桑志高等学校)・応用デザイン科に進学。

    芸能界デビュー

    1995年春、ソニーのラジカセ「Dr.CHANGER」のCMの企画を持ってきたディレクターに見出され、石野卓球 プロデュースにより同年7月1日に「篠原ともえ+石野卓球」名義のシングル「チャイム」でデビュー。 1996年、フジテレビ『HEY!HEY!HEY!』でのダウンタウンへの機転の利いた傍若無人ぶりや レギュラー出演の『LOVE LOVE あいしてる』ゲストの楽屋襲撃コーナー「篠原ともえのプリプリプリティ!!」で人懐こいハイテンションなキャラクターで人気を得ると、数々のバラエティ番組に出演。 1997年3月1日石野卓球プロデュースによる最後のシングル「ウルトラリラックス」を発表。この年に東京都立八王子工業高等学校(現・東京都立八王子桑志高等学校)・応用デザイン科を卒業。高校の推薦により戸板女子短期大学・被服科に進学するが、裁縫技術を学ぶため翌年に文化女子大学短期大学部・服装学科を一般受験で編入し直した。 同年4-6月、ドラマ『FiVE』で連続ドラマ初出演。同年8月には映画『デボラがライバル』で銀幕デビュー。 1998年、初のバラードシングル「ココロノウサギ」を発表。エステティッ...

    2000年代

    2000年1月、ファッションショー「しのコレ〜21世紀に作る21歳の篠原ともえがデザインする21体の服〜」を在学中の大学にて開催。同年10月に作詞・作曲・衣装デザインを手掛けたミュージカル『天使からの招待状』で初舞台。 2001年3月、文化女子大学短期大学部・服装学科を卒業。同年ミュージカル「ありがとうサボテン先生」では出演・自身初のコスチュームデザイナーとして参加した。 2002年、初めてのストレートプレイ舞台・第九回竹中直人の会『月光のつゝしみ』に出演する。同年So-netによるインターネットコンテンツ「Happy Store」では日本初の生中継でのレギュラーパーソナリティを務め話題となった。 2004年から2008年までキッズステーションの教育番組『モンすたージオ』で歌のお姉さんとして出演の他、本人のコスチューム製作を担当し本人作詞・作曲による楽曲提供も行う。 2005年、アニメ『こどものおもちゃ』がフランスのテレビ局でも放送され、篠原が歌っていた後期OP曲「ウルトラリラックス」にも注目が集まり、クラブで頻繁にプレイされるなどヨーロッパで注目を集める。そのため、篠原は200...

    シノラー

    1996年夏から1999年頃にかけて、個性的な篠原のファッションを模倣するティーンエイジャーの女性が数多く現れ、一種のファッションリーダーと化した。「シノラー」と呼ばれるファンを多く抱え、子供や女の子だけにとどまらず男女・年齢問わず男シノラーや親父シノラーが登場するなど社会現象となる。のち、この流行に疎く、これを正確に捉えることができなかったメディアの誤用により、シノラーという言葉が篠原自身の愛称として使用されるようになった。篠原本人のくねくねした動きや「ぐふふ〜」「クルクル!」「プリプリ!」語尾に「ですぅ〜」をつける等、ファッション以外にも言動もシノラー要素となる。シノラー初期は篠原自身が衣裳を制作していたが、スタイリストがついてからは篠原がデザイン画を描くことでオリジナル性のある衣裳を作っていた。

    シノラーファッション

    シノラーファッションの構成要素は、お団子頭とぱっつん前髪(初期はSUPER LOVERS)、ハーフパンツにサスペンダー、くしゃくしゃ靴下にごつごつとした靴(初期はドクターマーチン)、顔に星などのシールを貼り、100円ショップで売っているキラキラしているアクセサリー、なわとびで作った腕輪と目玉指輪、縁日の露店で売っている腕パッチン(篠原曰く「ミラクル・パッチン」)と腕時計を二つ、動物キャラクターなどのポシェットをつけ、髪にはモールや、ウサギ帽子などを被り、羽を付けたランドセルなど。原色を多用しランダムに身に付ける。メイクは黒髪、ナチュラルな太眉であるのも特徴。その後パンクスタイルのパンクシノラーや子供服をアレンジしたチャイルドシノラー等、様々なアレンジもされている。トレードマークのお団子頭は事務所に所属する前に「自分が一番伝わるスタイル」と自分で考え出したもの で、前髪パッツンは切ると気合が入るから。

    シノラーグッズ

    シノラーグッズは篠原本人がデザインをしたもので「シノラー人形」やビニール素材のダッコちゃん人形風の「しのタコ」といった商品もライブ会場で発売された。「シノラー人形」は初期のシノラーバージョンと、後期のうさぎシノラーバージョンの二種類があり、フジテレビ『HEY!HEY!HEY!』の出演の際には松本人志にプレゼントしたシノラー人形を投げられている。「しのタコ」は類似コピーされたものが縁日等でも売られ天才バカボンとシノラーを組み合わせた「シノラボン」等のグッズも当時、販売されていた。

    1996年 第34回 ゴールデン・アロー賞新人賞 (芸能)
    2000年 第17回 ベストジーニスト協議会選出部門
    2015年 COTTON USA AWARD 2015
    2016年 第20回全国きものデザインコンクール 京都府知事賞

    初作詞は「忘れちゃうモン」(シングル「やる気センセーション」のカップリング。実質的には電気グルーヴの未発表楽曲の補作詞)。初プロデュースはしのランドPUNKの「まるもうけ」。アルバム『MEGAPHONE SPEAKS』製作時、1997年9月に初めて機材(TASCAM PORTASTUDIO 414)を購入し、作曲を始めている、その後、1999年秋までにOMNICHORD、YAMAHA MD8、ローランド・MC-303などを購入。作曲の際は、鼻歌をサンプリングして少しずつ加工し、その音源をプロの編曲家、あるいはコラボレーションするミュージシャンに渡して補作曲・編曲してもらうというスタイルを取っている。

    テレビ番組

    現在のレギュラー番組 1. みいつけた!/みいつけた!さん「いすのまちのコッシー」(2009年-、NHK教育) ‐ レグ、さぼはらさぼえちゃん 役(ナレーションも兼務) 2. 自然科学 はじめの一歩('15)(開設年度2015年〜、放送大学BSキャンパスon(232ch)) - 聞き手 不定期出演 1. TOKYOディープ!(2015年 - 、NHK BSプレミアム) 2. 世界ふれあい街歩き(2013年 - 、NHK総合) ‐ ナレーション 過去のレギュラー番組※単発ゲスト出演を除く出演番組を列挙する。詳細な出演リストは公式サイトを参照。 1. LOVE LOVE あいしてる (1996年 - 2001年、2017年7月21日、フジテレビ) - コーナー担当&提供クレジット読み(週代わり) 2. VIDEO JAM (1996年、テレビ朝日) 3. 新春かくし芸大会(1997年 - 1999年、フジテレビ) 4. POWDER (1997年、スペースシャワーTV) 5. パパイヤアルマジロ (1997年、スペースシャワーTV) 6. MUSIC HAMMER(1998年 - 2...

    テレビドラマ

    1. 踊る大捜査線 第6話「張り込み・彼女の愛と真実」・特別編 湾岸署事件ファイル (1997年、フジテレビ) - 本人 役(湾岸署1日署長という設定) 2. 川の見える病院から 幼い命を救いたい! 熱血先生とがんと闘う子どもたちの涙の記録 (1997年、テレビ朝日) - 弘子 役 3. FiVE(1997年、日本テレビ) - コスギカヨ 役 4. 新宿暴走救急隊第5話「恋する胃潰瘍! マダムパパの大変身!!」(日本テレビ) - ゲスト 5. (秘)恋愛ドラマ Suite Rooms203号室「アレルギー」 6. 先生知らないの? (1998年、TBS) - 金沢愛子 役 7. 夜逃げ屋本舗 (1999年、日本テレビ) - 深町小糸 役 8. 今夜は営業中!(1999年、日本テレビ) 9. バーチャルガール(2000年、日本テレビ) - 水野ハナ 役 10. 恋する日曜日 第4・5話 「もう一度夜を止めて」 (2003年、BS-i) - 宇佐見琴子 役 11. 恋する日曜日 「僕の部屋から」 (2005年、BS-i) - 白鳥清美 役 12. 月曜ミステリー劇場・女タクシードライ...

    ナレーション

    1. HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP (1999年、フジテレビ) - オープニング口上 2. 課外授業ようこそ先輩 (2003年 - 不定期、NHK総合) 3. 熱中時間 忙中"趣味"あり (2004年 - 2009年、NHK-BS2) 4. 騎馬 劇団 ジンガロの魔法(2005年、NHK総合) 5. 元気が出るごちそうバラエティー たべごろマンマ! (2005年-2007年、日本テレビ) 6. 夢のちから (2006年-2007年、東海テレビ) 7. アジアンスマイル (2009年、NHK BS1・NHK総合) 8. 全身音楽体験〜大野和士と子どもたち〜(2009年、NHK教育) 9. 印象派スペシャル (2010年、NHK-BS hi) 10. 伝統芸能の若き獅子たち (2010年、NHK-BS hi) 11. 直伝 和の極意「彩りの和菓子・春紀行」 (2011年3月29日 - 5月31日、NHK教育) 12. ミ・ラ・イ〜小さな希望たちの讃歌〜 (2011年、BSフジ) 13. 坂本 九 生誕70年特別番組 (2011年、TVK) 14. 旅のチカラ (2...

    ウルトラリラックス (1997年、TOKYO FM出版) - フォトエッセイ
    100%!!! SHINOHARA TOMOE (1999年、マガジンハウス) - フォトエッセイ
    篠原ともえのハッピィトーク (2001年、シンコーミュージック) - B・PASSの連載をまとめたもの。
    おばあちゃんのおくりもの (2000年、小学館) - 絵本、翻訳
    月刊カドカワ 1997年2月号
    アルバム 『MEGAPHONE SPEAKS』付属ブックレット「MEGAPHONE SPEAKS LIKE THIS」(1998年)
  4. 米倉涼子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 米倉涼子
    • 生い立ち
    • 人物
    • 出演
    • 受賞歴
    • 作品
    • 外部リンク

    横浜市立南希望が丘中学校を経て、神奈川県立旭高等学校卒業。 5歳からの15年間、クラシックバレエを続けていた。小学3年生からは牧阿佐美バレヱ団のジュニアスクールに通い、その後AMスチューデンツに合格、谷桃子バレエ団にも通ってコンクールにも出場した[注釈 1]。 1992年、高校生の時に友人が応募してくれたことがきっかけで、オスカープロモーション主催「第6回全日本国民的美少女コンテスト」の審査員特別賞を受賞[注釈 2]、翌年モデルとしてデビューし、ファッション雑誌 『CanCam』(小学館)などに掲載された。 1999年6月30日、「女優宣言お披露目発表会」を行った。以後は女優として、トレンディードラマを中心に活動する。女優に転じた際には誰かのようになりたいとは考えていなかったが、ドラマ『非婚家族』で共演、芝居を教えてくれた真田広之の姿を目の当たりにして、「真田広之のような芝居が好きな役者になりたい」と決意する。「米倉と松本清張の3部作」である『黒革の手帖』、『松本清張 けものみち』、『松本清張 わるいやつら』では悪女役を演じて役柄を広げ、2006年秋には『黒革の手帖』の舞台版で本人念願の舞台を公演した。これが予想以上の反響を呼び、本人が役者としての精神を持つきっかけとなった。 2008年には『CHICAGO』の日本版で、ミュージカルに初出演。米倉はブロードウェイで鑑賞したこの作品に魅了され、日本版の構想を聞きつけると自ら売り込んで主役を得た。それまで本格的な歌を披露した経験はなかったが、主役をこなし、月刊誌『ミュージカル』が選んだ「2008年ミュージカルベストテン」の女優部門で7位に入った。2010年にも同作品を再演、この頃からブロードウェイ進出を考え始め、2011年には渡米して三ヶ月間ジャズダンスやバレエのレッスンを受けた。2012年7月には『CHICAGO』でブロードウェイで主演デビュー。日本人女優がアジア系でないアメリカ人の役柄を演じるのはブロードウェー史上初で、アジア出身の俳優としても初めて。同年10月から主演を演じる『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』シリーズは当たり役であり、最高視聴率27.4%を記録するなど人気シリーズとなっている。 2014年12月26日に2歳年下の一般人男性と結婚。しかし、2016年12月30日に協議離婚が成立した。 2020...

    名前の由来

    8月の非常に暑い日に生まれたことから、名前だけでも涼しくということで両親が「涼子」と名付けた。

    主演女優

    米倉は自分自身のことを「クールな役を演じることが多いからかっこいいイメージがありますが、実は暗い性格で自信がなく、よく周りのスタッフから「お前は自信がなさ過ぎる」と言われる」と語っており、『黒革の手帖』『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』などのゼネラルプロデューサーを務める内山聖子は「実はもの凄く小心者」「人見知り」「姉御肌というより、甘えっ子です」と語っている。 バラエティ番組にも積極的に出演している数少ない主演女優でもあり、『THE夜もヒッパレ』、『第43回日本レコード大賞』で司会進行他、リーダーシップを発揮している。 『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』では難しい手術シーンもすべて本人が演じている。テレビ朝日関係者によると念のために本物の医師をスタンバイさせているが、米倉の方がうまかったので「もはや、簡単な手術ぐらいならできちゃうかも」と本人が発言したこともある。

    その他

    当初、高校卒業後は英語の専門学校か、トリマーの専門学校[注釈 4]への進学を希望していた。しかしトリマーの学校の方は、ちょうど犬の病気が増えていた時期だったことから、仕方なく辞退した。 初恋の人と語っていたのは、弟が幼稚園児の時に所属していたサッカークラブのコーチ。そのコーチは、当時高校生だった。 神田うのとは、中学1年生の時に横浜のバレエ教室で一緒にレッスンをしていた間柄だった。 大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」での共演をきっかけに2003年から2005年春まで市川海老蔵と交際していた。2007年3月、パリ・オペラ座へ海老蔵の歌舞伎公演を観に行ったことで復縁説が浮上していたが、米倉は否定している。 仕事などで古いつきあいのある松岡昌宏(TOKIO)が好きであることを2013年頃から公言している。2014年4月に『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にゲスト出演した際には、松岡を「理想のタイプ」と評したほか、松岡に対し何度も結婚を迫っていることも明らかにされた。 天海祐希のことを「親方」と呼び、プライベートでも仲が良い。 早河洋(現:テレビ朝日会長)のことは、「洋」と呼び捨てで呼...

    テレビドラマ

    1. 恋の神様(2000年1月 - 3月、TBS) - 西園寺エリカ 役 2. 天気予報の恋人(2000年、フジテレビ) - 須藤郁子 役 3. 20歳の結婚(2000年、TBS) - 中願寺蘭子 役 4. ストレートニュース(2000年、日本テレビ) - 市野由香 役 5. ラブ・レボリューション(2001年、フジテレビ) - 遠藤真理子 役 6. 非婚家族(2001年、フジテレビ) - 的場ひかる 役 7. 愛と青春の宝塚(2002年、フジテレビ) - エリ 役 8. プリティガール(2002年、TBS) - 倉井歩美 役 9. 整形美人。(2002年、フジテレビ) - 主演・早乙女保奈美 役 10. ソナギ〜雨上がりの殺意(2002年、フジテレビ) - 主演・大月千鶴 役 11. 大河ドラマ 武蔵 MUSASHI(2003年、NHK) - お通 役 12. 奥さまは魔女(TBS) - 主演・松井ありさ 役 12.1. 奥さまは魔女(2004年) 12.2. 奥さまは魔女 リターンズ(2004年) 13. 黒革の手帖(テレビ朝日) - 主演・原口元子 役 13.1. 松本清張...

    その他のテレビ番組

    1. ソトロケ(1999年、よみうりテレビ) 2. 明石家マンション物語(2001年、フジテレビ) 3. 明石家ウケんねん物語(2001年、フジテレビ) 4. THE夜もヒッパレ(2002年、日本テレビ) - 司会 5. 第43回日本レコード大賞(2001年、TBSテレビ) - 司会 6. 24時間テレビ 「愛は地球を救う」(2010年、日本テレビ) - チャリティーパーソナリティー 7. EARTH fiendly スペシャル「米倉涼子ドイツ未来街道を行く森と古城&エコライフを訪ねる旅」(2012年10月21日、BS朝日) - ナビゲーター 8. 米倉涼子・悪女伝説を訪ねて〜コンスタンツェ・モーツァルト〜(2013年4月6日、BSフジ) - ナビゲーター 9. ZIP!(日本テレビ、半熟ことば) 10. 米倉涼子 フランス 美食の旅〜ワインと料理 マリアージュの奇跡〜(2014年3月16日、BS朝日) - ナビゲーター 11. 米倉涼子のなんでもやります! 私ニューヨークでも失敗しないのでSP(2014年10月5日、テレビ朝日) 12. 米倉涼子のミュージカルライフ〜ブロードウ...

    ネットドラマ

    1. 新聞記者(2021年配信予定、Netflix) - 主演・松田杏奈 役

    1992年
    2001年
    2002年
    2003年

    写真集

    1. tough(2000年、朝日出版社)

    出版

    1. 米倉涼子 ryoko yonekura(2002年、ダイヤモンド社) 2. 米倉涼子2003ファッションBOOK(2002年、光文社) 3. 米倉涼子 digi+KISHIN(2004年、朝日出版社)

    映像

    1. 米倉涼子 in fiji(1995年、ソニーPCL)ビデオCD 2. 米倉涼子 digi+KISHIN(2003年、小学館)DVD

    米倉涼子 (ryoko_yonekura_0801) - Instagram
    米倉涼子 - 日本映画データベース
    米倉涼子 - allcinema
  5. 国仲涼子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 国仲涼子
    • 来歴
    • 人物
    • 主な出演作品
    • 受賞歴
    • 作品
    • CD
    • 外部リンク

    学生時代

    1. 小学生の頃にそろばんを習っていた。 2. 中学時代は陸上部に所属。高校の志望校は早い時期から決めており、「そろばんが好きで数学も得意。那覇商業に絞っていた」ことと、「夏の制服がかわいい。この制服を着たい」思い、入学している。 3. 高校時代は部活動には所属せず、那覇市内の軽食店でアルバイトに励む。ほぼ毎日、授業が終わるとバスに乗って通い、夏休みは大忙しであった。 4. 楽しい高校生活を送っていたが悩みはあり、特に進路や就職のことで友人と悩みを共有した。「無趣味で好きなものが見つからない自分に焦った。何になりたいんだろうと悩んだ」という。そんな頃、アルバイト中にスカウトされる。仕事があるか分からず、不安でいっぱいだったが、両親は「何事も経験。取りあえず行ってごらん。だめだったら帰っておいで」という考えだった。その後上京する。

    芸能界へ入る

    1. 1998年、『アイドルハイスクール 芸能女学館』(フジテレビ)にレギュラー出演した後、翌1999年『L×I×V×E』(TBS)で女優デビュー、同年、深夜ドラマ『悪いオンナ「プレイヤー」』(TBS)でドラマ初主演を果たす。 2. 2001年放送のNHK連続テレビ小説『ちゅらさん』でヒロイン・恵里役を演じ、第39回ゴールデン・アロー賞「放送新人賞」や第26回エランドール賞「新人賞」を受賞。 3. 2001年、NHK金曜時代劇『五瓣の椿』で時代劇に初挑戦し、第27回ブルガリア・ゴールデンチェスト国際テレビ祭「最優秀女優賞」を受賞。 4. 2003年、NHK月曜ドラマシリーズ『ちゅらさん2』のテーマソング『琉球ムーン』で歌手デビュー。2004年にはアルバム『ふるさと』、2ndシングル『めぐり逢えたね』(『ちゅらさん3』テーマソング)やDVD『音景色』をリリース。 5. 2003年、『ミラーを拭く男』で映画デビュー。 6. 2005年、関西テレビ系列のドラマ『みんな昔は子供だった』で、ゴールデンタイムでは初の民放連続ドラマ主演を果たす。 7. 2014年11月21日、関西テレビ系列の...

    エピソード

    1. 幼い頃から活発な子だった。「おてんばでした。ショートカットで色黒。男の子に間違われていた」という

    交友関係

    1. 島谷ひとみはお互いに親友と呼ぶ仲。テレビでは、2002年のドラマ『探偵家族』(日本テレビ)第8話や、バラエティー番組『ブルブルアンタッチャブル』(テレビ朝日)(2007年10月12日放送)で共演している。 2. 田中好子とは、『ちゅらさん』での共演を機に親交を深め、東京の「母親」として慕い、韓国旅行を共にしたり、『森のささやき』(フジテレビ、田中がレギュラーでナレーションを担当)の特別編(2010年7月31日放送)で尾瀬を訪れたこともあった。実生活でもドラマの世界そのままに、田中は国仲を「恵里」、国仲は田中を「お母さん」と呼んでいた。しかし2011年4月21日、田中は乳がんでこの世を去り、24日の通夜で国仲は、「いろんなものをもらってばかりで、私からは何もしてあげられなかった」「いつもかわいい声で『恵里』って呼んでくれた姿が印象的でした」と涙ながらに報道陣の前で語った。 3. SHEILAとは『結婚できない男』(関西テレビ)で共演して以来、プライベートで旅行をする仲。国仲はSHEILAを「シェイ姉」と呼び慕っている。

    評判

    1. 『朝日新聞』2010年9月25日付のbeランキング「心に残る朝ドラヒロイン」アンケート結果では、『ちゅらさん』のヒロインを務めた国仲は第3位だった。これは、第1位の樫山文枝(『おはなはん』)、第2位の田中裕子(『おしん』)に次ぐ順位である。

    映画

    1. ミラーを拭く男(2003年、パル企画) - 皆川真由美 役 2. 電車男(2005年、東宝) - リカ 役 3. そのときは彼によろしく(2007年、東宝) - 柴田美咲 役 4. HERO(2007年、東宝) - 松本めぐみ 役 5. 感染列島(2009年、東宝) - 三田多佳子 役 6. ダーリンは外国人(2010年、東宝) - 三佳 役 7. 相棒シリーズ X DAY(2013年、東映) - 麻生美奈 役

    テレビドラマ

    1. L×I×V×E(1999年4月 - 6月、TBS) - 村西啓子 役 2. 国産ひな娘(1999年4月 - 9月、テレビ東京) 3. 悪いオンナ「プレイヤー」(1999年11月、TBS) - 主演・赤坂真子 役 4. shin-D「ナツのツボミ」(2000年5月 - 6月、日本テレビ) 5. Summer Snow(2000年7月 - 9月、TBS) - 鈴木美紗 役 6. ちゅらさんシリーズ(NHK) - 主演・古波蔵(上村)恵里 役 6.1. ちゅらさん(2001年4月 - 9月) 6.2. ちゅらさん2(2003年4月) 6.3. ちゅらさん3(2004年9月) 6.4. ちゅらさん4(2007年1月13日・20日) 7. 五瓣の椿(2001年11月 - 12月、NHK) - 主演・おしの 役 8. 夢のカリフォルニア(2002年4月 - 6月、TBS) - 麻生恵子 役 9. 探偵家族(2002年7月 - 9月、日本テレビ) - 田中亜湖 役 10. 天才柳沢教授の生活(2002年10月 - 12月、フジテレビ) - 柳沢世津子 役 11. ブラックジャックによろし...

    教育

    1. ボキャブライダー on TV(2016年9月 - 10月、2017年4月 - 、NHK Eテレ) - 国仲涼子役

    写真集

    1. 素顔のままで。(1999年10月、テイ・アイ・エス、撮影:野村誠一)ISBN 4886182135 2. 23ans(2002年7月、ワニブックス、撮影:根本好伸)ISBN 4847027205 3. 国仲涼子写真館〜風の記憶〜(2004年3月26日、主婦と生活社、撮影:堤隆繁)ISBN 4391129272 4. COLORS(2011年7月27日、ワニブックス、撮影:根本好伸)ISBN 978-4847043833

    シングル

    1. 琉球ムーン(2003年4月25日) 2. めぐり逢えたね(2004年9月29日)

    アルバム

    1. ふるさと(2004年2月18日)

    DVD

    1. 音景色(2004年11月、ポニーキャニオン)ビデオクリップ集。

  6. 浜崎りお - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 浜崎りお

    浜崎 りお(はまさき りお、1988年 6月11日 - )は、日本の元AV女優である。 埼玉県出身。オフィスオールドクルー所属。 現在の名義以外に「りお」「里緒」「Rio」「篠原絵里香」「森下ミキ」「IZUMI」「玲香」「まい」「森下えりか」「森下エリカ」「えりか」など ...

  7. 藤原紀香 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 藤原紀香
    • 略歴
    • 人物
    • 作品
    • 出演
    • 書籍
    • 受賞歴
    • 関連項目
    • 外部リンク
    1984年、西宮市立生瀬小学校卒業・親和中学校進学。
    1989年、毎日放送が毎年公募していた 選抜高等学校野球大会の「セブンティーンレポーター」の一人に選ばれる。
    1990年、親和女子高等学校→神戸親和女子大学文学部英米文学科に進学。
    1991年、神戸親和女子大学在学中に、第24回(1992年度)ミス日本グランプリコンテストに応募しグランプリを受賞。

    英語検定2級、着物着付け3級の資格を持つ。趣味は、写真、釣り、加圧トレーニング、映画鑑賞、タンゴ、スポーツ全般(特技も)、アロママッサージ。「三分前は過去」「一期一会」「NO PAIN NO GAIN」が彼女自身の好きな言葉だという。 建築設計事務所経営の父、専業主婦の母と3歳下の弟がいる。和歌山県出身の両親が結婚前によく紀ノ川周辺でデートをしており、思い出深い「紀ノ川」の「香り」にちなんで紀香と命名された。父は満州生まれであり、引揚げの際に家族を失っている。 小学生時代は、当時男児しか入れなかった少年野球チームに特別に入り、3番ファーストだった。中学・高校時代は阪急電鉄で通学。中学時代はバスケットボール部に所属し、高校時代は落語研究会に所属していた。芸名は「親和亭かつお」だった。 海洋動物が大好きで、小学校の頃の夢はイルカショーのお姉さん。一緒に寝泊りして飼育することに憧れていたという。ほかにも、高校生のときは世界史が好きで歴史考古学者の助手が夢、歌が好きで小学校のころはピンクレディーになるのが夢だったという。 母親は紀香よりも身長が高く、高校時代には「オリーブ」と呼ばれていた。その後、ミス和歌山コンテストに出場して最終選考まで残ったが、厳しかった父親に反対されて諦めた。娘にその望みを託し、「お見合いの箔つけにでもなれば」とミス日本グランプリに紀香に知らせず応募。その後、通知が来た際、紀香に伝え、最終選考まで残りグランプリを受賞。が、芸能界入りには両親ともに最初は反対であった。2006年12月10日の結納時に、あまりにも報道陣が取り巻いていたため、タクシーにうつむいて乗車、報道陣に影武者と書かれ、写真を撮られているが、影武者のつもりはなかった。実際に母子でのツーショットの写真が掲載されたときには美人であったという高い評価があった。 自著である『藤原主義』によると、芸能界デビュー当初は神戸の実家から新幹線や飛行機で東京などの仕事場に通っていたが、阪神・淡路大震災で知人を亡くして「やり残したことを後悔しながら死ぬのは嫌だ。これからは自分の夢に向かって生きていこう」と決意し、親元から離れて上京することを決意した。その時、家族会議が行われ、母から「あんたの帰るところはここやで。ダメやと思ったら自分で引き際を決めて帰ってきなさい」と言われ、上京。父親は最後まで首を縦に...

    シングル

    1. 都市桃花源※ジャッキー・チェンとデュエットソングを台湾のみでリリース 2. START YOUR LIFEkom「レオパレス」のCMソング

    テレビドラマ

    1. 毎度おジャマしまぁす(1995年、TBS) - 緑山千鶴 役 2. 湘南リバプール学院(1995年、フジテレビ) - 野村まりこ 役 3. ひとつ屋根の下2(1997年、フジテレビ) - ヨシカワミチコ 役 4. それが答えだ!(1997年、フジテレビ) - 小野たみえ 役 5. ラブジェネレーション(1997年、フジテレビ) - 高木エリカ 役 6. ニュースの女(1998年、フジテレビ) - 星野夏美 役 7. WITH LOVE(1998年、フジテレビ) - 今井佳織 役 8. ハッピーマニア(1998年、フジテレビ) - 福永ヒロミ 役 9. あきまへんで!(1998年、TBS) - 青木あやめ 役 10. ナオミ(1999年、フジテレビ) - 初主演・藤堂直海 役 11. 危険な関係(1999年、フジテレビ) - 速水有季子 役 12. 金曜日の恋人たちへ(2000年、TBS) - 主演・鎌倉まどか 役 13. 億万長者と結婚する方法(2000年、日本テレビ) - 主演・芹沢一夏 役 14. 金曜エンタテイメント「花瀬ちなつの殺人スクープ 〜京都・大阪・神戸を結ぶ...

    映画

    1. ビッグタウンふたりの朝(1993年、東映) - 加代子 役 2. 花より男子(1995年、東映) - 山野美奈子 役 3. BAD GUY BEACH(1995年、アルゴ・ピクチャーズ) - ティミー・リン 役 4. 人間椅子(1997年、ケイエスエス) - パーティードレスの女 役 5. あやまり屋稼業(1997年) - エリコ(健一郎の元恋人) 役 6. CAT'S EYE(1997年、東宝) - 来生泪 役 7. GTO(1999年、東映) - 喜多嶋薫役 8. SPY N(2000年、ギャガ) - 主演・インターポール 役 9. サバイバルファミリー(2017年、東宝) - 斎藤静子 役 10. 一夜再成名(2018年公開、中国映画) - 歌を捨てた演歌歌手 役 11. 癒しのこころみ〜自分を好きになる方法〜(2020年、イオンエンターテイメント) - 鈴木カレン 役

    舞台

    1. OVERSEAS(2003年) 2. ドロウジー・シャペロン(2009年) 3. キャバレー(2010年・2012年) - 主演・サリー・ボウルズ 役 4. マルグリット(2011年) - 主演・マルグリット 役 5. 南太平洋(2015年) - 主演・ネリー・フォーブッシュ 役 6. 熱海五郎一座 新橋演舞場シリーズ 第四弾 フルボディミステリー「消えた目撃者と悩ましい遺産」(2017年) 7. 花盛り四人姉妹〜吉野まほろば物語〜(2018年) 8. 華の太夫道中(2019年2月) 9. サザエさん(2019年9月3日 - 10月13日) - 主演・フグ田サザエ役

    雑誌

    1. JJ(光文社) - 同誌専属モデルとしてデビューし、神戸代表として活動。 2. CanCam(小学館) 3. MISS(世界文化社) - 1年間表紙を務めた。 4. GISELe(主婦の友社) - 「紀香ちゃん☆ねる」でエッセイを担当。

    写真集

    1. NORIKA(1999年、ワニブックス、ISBN 4-8470-2526-1) 2. Origin Norika in Kenya(2004年2月27日、ワニブックス、ISBN 4-8470-2796-5) 3. N. Perfect body(2012年11月、講談社、ISBN 978-4-06-218096-2)

    著書

    1. KOKOPELLI(ココペリ) 藤原紀香フォトエッセイ集(2000年1月1日、ワニブックス、ISBN 4-8470-1320-4) 2. 藤原主義 強く、美しい人になる61のヒント(2001年8月20日、幻冬舎)(2003年 幻冬舎文庫、ISBN 4-344-40413-0) 3. カンダクゥ 笑顔で(2002年12月31日、日本テレビ放送網、ISBN 4-8203-9842-3) 4. Wish books 風を感じて 紀香のハワイ日記(2005年2月28日、幻冬舎文庫、ISBN 4-344-00737-9) 5. 紀香魂 ハッピー・スピリット(2007年5月30日、幻冬舎、ISBN 978-4-344-01331-5) 6. 紀香バディ!(2007年8月21日、講談社・VoCE編集部、ISBN 978-4-063-53707-9) 7. 紀香バディ2!〜リアル〜(2009年12月10日、講談社・VoCE編集部、ISBN 978-4-062-15932-6) 8. N.Perfect body(2012年11月28日、講談社、ISBN 978-4-062-18096-2)

    1992年
    1998年
    1999年
    2000年
    NORIKA FUJIWARA OFFICIAL WEBSITE|藤原紀香オフィシャルサイト - ウェイバックマシン(2013年8月21日アーカイブ分)
    紀香 藤原 - Myspace
  8. 光とともに… - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 光とともに…

    光とともに…〜自閉症児を抱えて〜 ジャンル ファミリー 漫画 作者 戸部けいこ 出版社 秋田書店 掲載誌 フォアミセス 発表号 2001年 - 2010年 5月号 発表期間 9年 巻数 全15巻 (文庫版 全10巻) テレビドラマ:光とともに…〜自閉症児を抱えて〜

  9. 整形美人。 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 整形美人。
    • あらすじ
    • キャスト
    • スタッフ
    • 備考
    • 外部リンク

    代々、ブスの家系に生まれ、醜い容姿を持つ故に愛を得られず、苦悩の日々を送ってきた女・早乙女保奈美。一念発起をした彼女は、地中海で約800万円の大金をかけた全身整形を受け、完全無欠の美女に変身。憧れのモデルにデビューして、幸せな人生を手に入れる。しかし、彼女が一目惚れした男性・華道家元の跡取り息子・藤島流翠は、そんな彼女の「心のブス」を見抜いていた。

    早乙女 保奈美 - 米倉涼子

    1. 本作の主人公。26歳。容姿の醜さが原因で、周囲から酷い扱いを受けて苦しんだ末、地中海で約800万円の全身整形手術を受けて、美人に生まれ変わる[注釈 1]。以後、街に行けば周囲から注目を浴び、モデルデビューも果たして、幸せな人生を手に入れる。そんな中、花屋で出会った流翠に一目惚れして、彼に近付く。

    藤島 流翠 - 椎名桔平

    1. 華道『藤島流』の次期家元。全国に5万人の門下生を持つ名門で、周囲からの期待も大きい。花をこよなく愛し、他人を外見だけで判断しない。

    竹田 良平 - 加藤晴彦

    1. 保奈美の幼馴染。保奈美を「ブス」とけなしているが、実は彼女のことが気になっている。実家は運送屋。

    演出 - 藤田明二、都築淳一
    演出補 - 高橋伸之
    プロデューサー - 小岩井宏悦、高橋萬彦
    脚本 - 吉田智子
    第5話(2002年5月7日放送)に、虻川が芸人としてレギュラー出演中だった『はねるのトびら』メンバー全員が保奈美の同級生役としてゲスト出演した。ただし山本博(ロバート)だけは編集の都合でカットされた。山本はその事実を受け止めきれずに「はねトび」収録中にもかかわらず静かに涙を流した。
    第9話(2002年6月11日放送)で整形をテーマにした番組『B.C.ビューティー・コロシアム』のシーンが使われた。本物の番組のセットを使い、司会も和田アキ子がそのまま出演(島田紳助は裏番組に出ていたため出演していない)。保奈美が実際に一般参加者として出演してるかのような、番組の雰囲気そのままの演出で、整形を世間にカミングアウトするシーンとして使われていた。
    主題歌を担当したスガシカオ曰く、最終回はワールドカップの中継があった関係で視聴率が低かったとのこと。
  10. 競艇選手一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 競艇選手一覧

    競艇選手一覧(きょうていせんしゅいちらん)は、日本で活動する競艇選手の一覧である。 既に引退した選手を含む。(2020年2月末現在) (+印は引退選手・†印は故人)