Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 篠原涼子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 篠原涼子

    篠原 涼子しのはら りょうこ、1973年 8月13日 - )は、日本の女優、歌手。 群馬県 桐生市 出身。 ジャパン・ミュージックエンターテインメント ( イー・コンセプト )所属。

  2. 市村正親 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 市村正親
    • 略歴
    • 人物
    • 出演(俳優)
    • 出演(声優)
    • 受賞歴
    • 外部リンク

    父親は川越のローカル月刊紙「武州新報」を立ち上げた新聞記者で、母親は飲食店を営んでいた。子供の頃は母親にカネを貰い定食屋に行き一人で夕食を食べ、その店の向かいに有った映画館で過ごしていると父親が迎えに来て、そのまま飲み屋に連れていかれ、奥で寝ていたという。電線を拾い集めてはクズ屋に売ってこづかいを稼いでいた。 川越小学校〜埼玉県川越商業高等学校卒業。舞台芸術学院卒業後、西村晃の付き人を3年間務める。 1973年、劇団四季『イエス・キリスト=スーパースター(後に『ジーザス・クライスト=スーパースター』)』の端役を狙ってオーディションを受け合格、後にヘロデ役を獲得してデビュー。翌年、正式に劇団四季へ入団。『エクウス』では、全裸での演技が話題となった。『オペラ座の怪人』では主役のオペラ座の怪人を演じるなど、1980年代の劇団四季を代表する看板俳優となるまでに至るも、1990年に同劇団を退団。 退団後はミュージカル、ストレートプレイ、テレビドラマ、ナレーション、一人芝居など様々なフィールドで活躍。名ミュージカル俳優と称されるほど演技水準は高く、『ミス・サイゴン』で演じたエンジニア役では「世界一のエンジニア」と言われるほどのエンターテーナーぶりを見せた。 1984年、劇団四季の女優・八重沢真美と結婚したが、2003年5月に離婚。 1989年、『第40回NHK紅白歌合戦』に歌手として出場した。この時の曲は「オペラ座の怪人」。 2001年に彩の国シェイクスピア・シリーズの『ハムレット』でハムレット役を演じた際、共演した女優の篠原涼子と知り合い、2005年12月8日に結婚。2008年5月に第一子となる長男が誕生。2012年2月に第二子となる次男が誕生。 2007年4月、長年の功績を称えられ紫綬褒章を受章。 2008年4月、TBS系の番組『THE世界遺産』のナレーターに起用される。 2014年7月、初期の胃がんにより出演中だった『ミス・サイゴン』を降板。代役は筧利夫が務めた。また主演予定だったテレビドラマ『おやじの背中』最終話も降板し、代役を小林隆が担当した。 2015年9月、舞台『NINAGAWA マクベス』出演中に右ひざ半月板を損傷。降板せず、公演終了を待って10月21日に手術を実施。11月上旬にミュージカル『スクルージ』の稽古から仕事復帰。 2021年7月24日、篠原涼子...

    パーマをかけた髪形が特徴。
    歌唱力については本人も認めるほどの悪声で恵まれているとは言えないものの、いざ舞台に上がればそれを補って余りある存在感と演技力を発揮する。
    俳優として活動する傍ら、岩谷時子音楽文化振興財団の評議員を務めている。
    『古畑任三郎』(フジテレビ)にゲスト出演(犯人役)して以降、たびたび三谷幸喜作品には起用されている。

    映画

    1. 涙になりたい(1966年、日活) - チンピラB 役 2. ホテル ビーナス(2004年、松竹) - ビーナス 役 3. ベロニカは死ぬことにした(2006年、角川映画) - 院長 役 4. 十三人の刺客(2010年、東宝)- 鬼頭半兵衛 役 5. ステキな金縛り(2011年、東宝) - 阿倍つくつく 役 6. テルマエ・ロマエ(2012年、東宝) - ハドリアヌス 役 6.1. テルマエ・ロマエ2(2014年、東宝) - ハドリアヌス 役 7. 愛と誠(2012年、角川映画・東映) - 早乙女将吾 役 8. のぼうの城(2012年、東宝・アスミック・エース) - 豊臣秀吉役 9. 劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL(2013年、東宝) - 猪口誠 役 10. 高台家の人々(2016年、東宝) - 高台茂正Jr.(マサオ) 役 11. 泥棒役者(2017年、ショウゲート) - 前園俊太郎 役 12. 燃えよ剣(2021年10月15日公開予定、東宝) - 本田覚庵役 13. 劇場版 ルパンの娘(2021年10月15日公開予定、東映...

    テレビドラマ

    1. 大河ドラマ(NHK) 1.1. 獅子の時代(1980年) - 小此木恭平 役 1.2. 江〜姫たちの戦国〜(2011年) - 明智光秀役 2. 微笑天使(1981年1月8日 - 3月26日、MBS) - 原秀夫 役 3. 古畑任三郎 3rd season「絶対音感殺人事件」(1999年5月18日、フジテレビ) - 黒井川尚 役 4. 真夜中のアンデルセン(2002年8月9日、NHK) 5. HR第18話(2003年2月12日、フジテレビ) - 神野正親 / チェッキー 役 6. 砂の器(2004年1月18日 - 3月28日、TBS) - 麻生譲 役 7. オーダーメイド〜幸せ色の紳士服店〜第5話(2004年12月27日、NHK) - 尾川峰山 役 8. マイ☆ボス マイ☆ヒーロー(2006年7月8日 - 9月16日、日本テレビ) - 榊喜一 役 9. バンビ〜ノ!(2007年4月18日 - 6月27日、日本テレビ) - 宍戸鉄幹 役 10. ハタチの恋人(2007年10月14日 - 12月16日、TBS) - 鈴木風太 役 11. 金曜プレステージ『和田アキ子物語』(200...

    CM

    1. グリコ カフェゼリー(1982年) 2. サントリー「Diet生 クリアテイスト」(2008年) 3. エスエス製薬エスカップ(2010年) 4. 麒麟麦酒キリンワインカクテル ワインスプリッツァ(2012年) 5. ソフトバンクモバイル「拍手」篇、「乾杯」篇、「日本のスマホ」篇、「スマホ盛り上がり」篇、「誰だ」篇、「パーティ」篇、つなカール「わかってない」篇、「ゴルフ場」篇(2013年 - 2014年) 6. エーザイナボリンS「眼精疲労宴」篇(2014年) 7. 明治『明治プロビオヨーグルトLG21』「乳酸菌がすごい・お奨め」篇、「乳酸菌がすごい・健康管理」篇(2016年)「乳酸菌ダンス・ひとりミュージカル」篇、「乳酸菌ダンス・ひとり」篇、「乳酸菌ダンス・ふたり」篇 (2017年) 8. バンダイナムコエンターテインメント「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」「新作舞台 オーディション」篇、「新作舞台 初日」篇(2017年)

    テレビアニメ

    1. ポケットモンスターシリーズ(テレビ東京) - ミュウツー 役 1.1. ポケットモンスター ミュウツー! 我ハココニ在リ(2000年) 1.2. ポケットモンスター(2020年)

    劇場アニメ

    1. ジャックと豆の木(1974年、日本ヘラルド映画) - ジャック 役 2. サンリオ映画コレクション 妖精フローレンス(1985年、サンリオ映画制作部) - マイケル 役 3. 劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲(1998年、東宝) - ミュウツー 役 4. くるみ割り人形(2014年) - ドロッセルマイヤー、不思議婆さん、人形遣い、時計商人 役 5. ジョバンニの島(2014年、ワーナー・ブラザース映画) - 瀬能辰夫 役 6. ドラえもん のび太の宇宙英雄記(2015年、東宝) - イカーロス 役 7. バースデー・ワンダーランド(2019年、ワーナー・ブラザース映画) - ヒポクラテス 役 8. ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年、東宝) - ミュウツー 役

    OVA

    1. ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン(2005年、スクウェア・エニックス) - レッドXIII 役 ※友情出演

    1980年:第18回 ゴールデン・アロー賞演劇賞(『かもめ』『エレファントマン』)
    1983年:第34回 芸術選奨文部大臣賞新人賞(『ユリディス』『エクウス』)
    1992年:第18回 菊田一夫演劇賞大賞(『ミス・サイゴン』)
    1992年:第47回 文化庁芸術祭賞(『ミス・サイゴン』)
    • 市村 正親(いちむら まさちか)
    • 1949年1月28日(72歳)
  3. 篠原リョウ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 篠原リョウ

    篠原 リョウ(しのはら りょう、1989年 2月27日 - )は、日本のAV女優。 身長:175cm、スリーサイズ:B83(Cカップ)・W59・H87。血液型:A型。 趣味、特技:ショッピング、カラオケ、映画鑑賞、料理 ...

  4. 篠原聡子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 篠原聡子
    • 人物・来歴
    • 著書
    • 参考文献
    • 外部リンク

    千葉県立千葉女子高等学校卒業後、日本女子大学住居学科に進学し1981年に卒業。1983年、同大学大学院修士課程修了。1983年から1985年まで香山アトリエに勤務。1986年、空間研究所を設立。1996年、「大阪府営泉大津なぎさ住宅(仮称)設計競技」で優秀作1席に入選。1997年から日本女子大学住居学科専任講師。2001年から日本女子大学住居学科助教授。2010年から日本女子大学住居学科教授。2020年から日本女子大学学長。 Y-HOUSE、キヨサト閣で日本建築学会賞作品選集入選。RIGATO-Fで東京建築士会住宅建築賞。「燈居」で東京建築賞奨励賞。Superar kinuta、StylehouseC棟D棟でグッドデザイン賞。その他の作品に、東金市立嶺南幼稚園、Rete tamaplaza など、多数。

    変わる家族と変わる住まい (小泉雅生、大橋寿美子と共著、ライフスタイル研究会、2002年8月)
    住まいの境界を読む (2008年5月)
    生活文化論 (シリーズ生活科学)(佐々井啓、飯田文子と共著、2002年4月)
    日経アーキテクチュア 2009年12月14日号、日経BP社
    新建築住宅特集 2008年11月号、新建築社
    新建築 2009年7月号、新建築社
    建築士 2010年5月号、日本建築士会
    空間研究所ウェブサイト - archive.today(2013年4月27日アーカイブ分)
    • 建築家
    • 日本
  5. 篠原欣子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 篠原欣子

    篠原 欣子(しのはら よしこ、1934年 10月19日 - )は、日本の実業家、学校法人理事長。 パーソルテンプスタッフ創業者。 パーソルホールディングス取締役会長。 篠原学園専門学校理事長。

  6. 篠原一 (作家) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 篠原一_(作家)

    篠原 一(しのはら はじめ、1976年 6月17日 - )は、日本の小説家。 千葉県出身。 桜蔭高校在学中に当時史上最年少(17歳)で文學界新人賞を受賞してデビュー。 その後立教大学 文学部に進学。 立教大学 大学院文学研究科ドイツ文学専攻博士前期課程(修士課程)修 ...

  7. 米倉涼子 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 米倉涼子
    • 生い立ち
    • 人物
    • 出演
    • 受賞歴
    • 作品
    • 外部リンク

    横浜市立南希望が丘中学校を経て、神奈川県立旭高等学校卒業。 5歳からの15年間、クラシックバレエを続けていた。小学3年生からは牧阿佐美バレヱ団のジュニアスクールに通い、その後AMスチューデンツに合格、谷桃子バレエ団にも通ってコンクールにも出場した[注釈 1]。 1992年、高校生の時に友人が応募してくれたことがきっかけで、オスカープロモーション主催「第6回全日本国民的美少女コンテスト」の審査員特別賞を受賞[注釈 2]、翌年モデルとしてデビューし、ファッション雑誌 『CanCam』(小学館)などに掲載された。 1999年6月30日、「女優宣言お披露目発表会」を行った。以後は女優として、トレンディードラマを中心に活動する。女優に転じた際には誰かのようになりたいとは考えていなかったが、ドラマ『非婚家族』で共演、芝居を教えてくれた真田広之の姿を目の当たりにして、「真田広之のような芝居が好きな役者になりたい」と決意する。「米倉と松本清張の3部作」である『黒革の手帖』、『松本清張 けものみち』、『松本清張 わるいやつら』では悪女役を演じて役柄を広げ、2006年秋には『黒革の手帖』の舞台版で本人念願の舞台を公演した。これが予想以上の反響を呼び、本人が役者としての精神を持つきっかけとなった。 2008年には『CHICAGO』の日本版で、ミュージカルに初出演。米倉はブロードウェイで鑑賞したこの作品に魅了され、日本版の構想を聞きつけると自ら売り込んで主役を得た。それまで本格的な歌を披露した経験はなかったが、主役をこなし、月刊誌『ミュージカル』が選んだ「2008年ミュージカルベストテン」の女優部門で7位に入った。2010年にも同作品を再演、この頃からブロードウェイ進出を考え始め、2011年には渡米して三ヶ月間ジャズダンスやバレエのレッスンを受けた。2012年7月には『CHICAGO』でブロードウェイで主演デビュー。日本人女優がアジア系でないアメリカ人の役柄を演じるのはブロードウェー史上初で、アジア出身の俳優としても初めて。同年10月から主演を演じる『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』シリーズは当たり役であり、最高視聴率27.4%を記録するなど人気シリーズとなっている。 2014年12月26日に2歳年下の一般人男性と結婚。しかし、2016年12月30日に協議離婚が成立した。 2020...

    名前の由来

    8月の非常に暑い日に生まれたことから、名前だけでも涼しくということで両親が「涼子」と名付けた。

    主演女優

    米倉は自分自身のことを「クールな役を演じることが多いからかっこいいイメージがありますが、実は暗い性格で自信がなく、よく周りのスタッフから「お前は自信がなさ過ぎる」と言われる」と語っており、『黒革の手帖』『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』などのゼネラルプロデューサーを務める内山聖子は「実はもの凄く小心者」「人見知り」「姉御肌というより、甘えっ子です」と語っている。 バラエティ番組にも積極的に出演している数少ない主演女優でもあり、『THE夜もヒッパレ』、『第43回日本レコード大賞』で司会進行他、リーダーシップを発揮している。 『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』では難しい手術シーンもすべて本人が演じている。テレビ朝日関係者によると念のために本物の医師をスタンバイさせているが、米倉の方がうまかったので「もはや、簡単な手術ぐらいならできちゃうかも」と本人が発言したこともある。

    その他

    当初、高校卒業後は英語の専門学校か、トリマーの専門学校[注釈 4]への進学を希望していた。しかしトリマーの学校の方は、ちょうど犬の病気が増えていた時期だったことから、仕方なく辞退した。 初恋の人と語っていたのは、弟が幼稚園児の時に所属していたサッカークラブのコーチ。そのコーチは、当時高校生だった。 神田うのとは、中学1年生の時に横浜のバレエ教室で一緒にレッスンをしていた間柄だった。 大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」での共演をきっかけに2003年から2005年春まで市川海老蔵と交際していた。2007年3月、パリ・オペラ座へ海老蔵の歌舞伎公演を観に行ったことで復縁説が浮上していたが、米倉は否定している。 仕事などで古いつきあいのある松岡昌宏(TOKIO)が好きであることを2013年頃から公言している。2014年4月に『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にゲスト出演した際には、松岡を「理想のタイプ」と評したほか、松岡に対し何度も結婚を迫っていることも明らかにされた。 天海祐希のことを「親方」と呼び、プライベートでも仲が良い。 早河洋(現:テレビ朝日会長)のことは、「洋」と呼び捨てで呼...

    テレビドラマ

    1. 恋の神様(2000年1月 - 3月、TBS) - 西園寺エリカ 役 2. 天気予報の恋人(2000年、フジテレビ) - 須藤郁子 役 3. 20歳の結婚(2000年、TBS) - 中願寺蘭子 役 4. ストレートニュース(2000年、日本テレビ) - 市野由香 役 5. ラブ・レボリューション(2001年、フジテレビ) - 遠藤真理子 役 6. 非婚家族(2001年、フジテレビ) - 的場ひかる 役 7. 愛と青春の宝塚(2002年、フジテレビ) - エリ 役 8. プリティガール(2002年、TBS) - 倉井歩美 役 9. 整形美人。(2002年、フジテレビ) - 主演・早乙女保奈美 役 10. ソナギ〜雨上がりの殺意(2002年、フジテレビ) - 主演・大月千鶴 役 11. 大河ドラマ 武蔵 MUSASHI(2003年、NHK) - お通 役 12. 奥さまは魔女(TBS) - 主演・松井ありさ 役 12.1. 奥さまは魔女(2004年) 12.2. 奥さまは魔女 リターンズ(2004年) 13. 黒革の手帖(テレビ朝日) - 主演・原口元子 役 13.1. 松本清張...

    その他のテレビ番組

    1. ソトロケ(1999年、よみうりテレビ) 2. 明石家マンション物語(2001年、フジテレビ) 3. 明石家ウケんねん物語(2001年、フジテレビ) 4. THE夜もヒッパレ(2002年、日本テレビ) - 司会 5. 第43回日本レコード大賞(2001年、TBSテレビ) - 司会 6. 24時間テレビ 「愛は地球を救う」(2010年、日本テレビ) - チャリティーパーソナリティー 7. EARTH fiendly スペシャル「米倉涼子ドイツ未来街道を行く森と古城&エコライフを訪ねる旅」(2012年10月21日、BS朝日) - ナビゲーター 8. 米倉涼子・悪女伝説を訪ねて〜コンスタンツェ・モーツァルト〜(2013年4月6日、BSフジ) - ナビゲーター 9. ZIP!(日本テレビ、半熟ことば) 10. 米倉涼子 フランス 美食の旅〜ワインと料理 マリアージュの奇跡〜(2014年3月16日、BS朝日) - ナビゲーター 11. 米倉涼子のなんでもやります! 私ニューヨークでも失敗しないのでSP(2014年10月5日、テレビ朝日) 12. 米倉涼子のミュージカルライフ〜ブロードウ...

    ネットドラマ

    1. 新聞記者(2021年配信予定、Netflix) - 主演・松田杏奈 役

    1992年
    2001年
    2002年
    2003年

    写真集

    1. tough(2000年、朝日出版社)

    出版

    1. 米倉涼子 ryoko yonekura(2002年、ダイヤモンド社) 2. 米倉涼子2003ファッションBOOK(2002年、光文社) 3. 米倉涼子 digi+KISHIN(2004年、朝日出版社)

    映像

    1. 米倉涼子 in fiji(1995年、ソニーPCL)ビデオCD 2. 米倉涼子 digi+KISHIN(2003年、小学館)DVD

    米倉涼子 (ryoko_yonekura_0801) - Instagram
    米倉涼子 - 日本映画データベース
    米倉涼子 - allcinema
  8. 篠原弘次郎 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 篠原弘次郎
    • 来歴
    • 人物
    • 関連項目
    • 外部リンク

    セレッソ大阪U-15からセレッソ大阪U-18に進み、2009年に東福岡高校に転校した。2010年からファジアーノ岡山FCへ加入。同年4月よりネクスト所属となる。 2014年シーズンは契約を更新後、ロアッソ熊本へ期限付き移籍した。なお、岡山との試合に出場できない契約条件ではなく、第41節の岡山戦ではフル出場した。 2015年シーズンより、ファジアーノ岡山へ復帰する。 2018年、アビスパ福岡へ完全移籍。 2020年12月24日、松本山雅FCへの完全移籍が発表された。

    2015年12月14日、一般女性と結婚し、その後離婚(時期不明)。 2019年12月3日、地元福岡のテレビである福岡放送(FBS)の女性アナウンサー・石川愛と入籍したことを発表した。 2020年7月10日に第一子(長男)が誕生したことを公表。

    篠原弘次郎 - J. League Data Siteによる選手データ (日本語)
  9. 浜崎りお - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 浜崎りお

    浜崎 りお(はまさき りお、1988年 6月11日 - )は、日本の元AV女優である。 埼玉県出身。オフィスオールドクルー所属。 現在の名義以外に「りお」「里緒」「Rio」「篠原絵里香」「森下ミキ」「IZUMI」「玲香」「まい」「森下えりか」「森下エリカ」「えりか」など ...

  10. 魔法のステージファンシーララ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 魔法のステージファンシー
    • 概要
    • ストーリー
    • 魔法
    • 登場人物
    • スタッフ
    • 主題歌・挿入歌
    • 各話リスト
    • 漫画版

    ぴえろ魔法少女シリーズの第5作。前作『魔法のアイドルパステルユーミ』から12年を経て登場し、放送当時「ぴえろ創立20周年記念作品」、「ぴえろ魔法少女シリーズ開始15周年記念作品」として大々的に宣伝された。当時アイドルだった大森玲子が主役声優と主題歌を担当したが、大森が所属していた事務所・ホリプロは本作の製作に関与していない。 1998年4月5日から同年9月27日まで、テレビ大阪を制作局としてテレビ東京系で日曜日9時30分から10時00分(JST、以下同じ)に放送された。日曜日9時30分から10時00分のテレビ大阪制作枠は、1989年6月にパソコン情報番組『パソコンサンデー』が終了して以降、トーク番組やドキュメンタリー、紀行番組などが放送されていたが(テレビ大阪制作日曜朝9時30分枠のアニメ#概要も参照)、本作からは読売広告社が代理店を務めるアニメ枠となり、2011年3月終了の『最強武将伝 三国演義』に至るまでに約13年間続いた。 本作は1986年から文具商品で展開された『魔法のデザイナーファッションララ』と『魔法のステージ アイドルココ』が原型となっている。1988年にはこの『ファッションララ』を原作としたOVA『ハーバーライト物語』も製作され、当時は同作がシリーズ5作目と宣伝された。しかし現在、ぴえろの公式サイト上では1998年製作の本作品を5作目の扱いとし、『ファッションララ』、『アイドルココ』との直接的な関連も否定している。 主人公が魔法で変身し、アイドルとして芸能界を舞台に活躍する点は『魔法の天使クリィミーマミ』および『魔法のスターマジカルエミ』、魔法のアイテムがペンである点は『魔法のアイドルパステルユーミ』のコンセプトを受け継いでいる。また、ララに変身して服などを変えることで様々な姿に扮しており、『魔法の妖精ペルシャ』のようなコスプレ的な要素も含まれている。作風としては、『エミ』同様に日常描写を掘り下げて描いており、魔法を使って変身するシーンなども回が進むにつれ省略されることが多くなっていった。 前作まで行われていた玩具メーカーとのタイアップは本作では行われておらず、放送当時のタイアップ商品は『ファッションララ』で提携していたセイカから文具が販売された程度だった。 シリーズ構成を担当した望月智充は放送期間の延長も想定して4クール(52話)の放送も視野...

    主人公・篠原みほは、漫画が好きで少し空想癖のある小学3年生の少女。ある日みほは、異世界「時間(とき)の記憶」にすむ妖精・ピグとモグに出会う。人間の世界に迷い込んでしまったピグとモグは、しばらくの間みほの家に匿われることになり、そのお礼としてみほに魔法のペンとスケッチブックを預ける。魔法の力により15歳くらいの姿に変身したみほは、ファッションモデルにスカウトされ、ファンシーララとしてデビューすることになる。

    変身の魔法と、描いたものを実体化させる魔法を使うことができる。魔法のペンを使ってスケッチブックに実体化させたいものを描き、「ダブダブ」と呪文を唱えることで描かれたものが実体化する。実体化したものを消す時は「ブカブカ」と呪文を唱えるか、ページを開いた状態のスケッチブックの上に実体化させたものを置き上から力を加えそのまま閉じる。ただし先に実体化させていたものがあった場合には、一緒にそれらも消えてしまうことになる。作中では主にララとしての服などを実体化させるのに使用しているが、子猫のような動物の実体化も可能である(第8話)。 ペンには鎖がついており、主人公のみほはこれでスケッチブックにつけてリュックにしまっている。変身の際には鎖に両手を通し、この状態で手を動かしながら「時の記憶に思いを込めて、今、ファンシーララに、華麗なる、成長~」と呪文を唱えて両手を掲げることでみほはファンシーララへと「華麗なる成長」を遂げ、変身が完了する。本作では変身後のプロポーションに合わせて服装が変化することはないので、みほは先に変身後のサイズに見合った服を描き、それに着替えてから変身を行っている。 本作では回が進むにつれ変身シーンが省略されていった。本編ではオープニングの変身シーンのように変身後の衣装がいつも決まっているわけではなく、毎回変身シーンを入れると先に服を着替えた上で変身をするという設定からその都度服を描き直さなくてはならず、『エミ』や『ユーミ』のように変身シーンをバンクシーンとして利用することもなかった。

    篠原家

    篠原 みほ(しのはら みほ) 1. 声 - 大森玲子 2. 本作の主人公。9歳。藤が丘小学校に通う小学3年生で、クラスは3組。将来の夢は漫画家で、「ファンシーララ」という漫画も描いている。また、アイドル歌手にも憧れを抱いている。妖精ピグとモグから魔法のアイテムとしてペンとスケッチブックをもらい、自分が描いている漫画の主人公・ファンシーララの姿に変身できるようになった。 3. 「夢見る少女」で、自分の理想や願望を想像してはそれに陶酔していることもしばしば。変身してララになってもそれは変わらない。内気な性格で、第1話での自己紹介ではあがってしまったほか、知らない人に話し掛けるのも苦手である(第16話)。また、超常現象に興味をもち、幽霊や河童などの存在を信じている。第17話において父の田舎でTV局の取材を受けた際に「河童を見た」と言ったことで、新聞部所属の双子の姉妹・二木サヤカ(ふたつきサヤカ)・アスカ(声 - 横山智佐、かないみか)から徹底的にマークされてしまった(第22話)。 ファンシーララ 1. みほの成長した姿。彼女の未来像を反映したものであり、名前は自分の描いている漫画の主人...

    藤が丘小学校3年3組

    みほのクラスメイト達。 吉田 太郎(よしだ たろう) 1. 声 - 山口勝平 2. みほの幼馴染の少年。みほはフルネームで呼んでいる。第3話で人気タレント・夢野美樹のいとこであることが判明する。がさつで乱暴なところがあり、しばしばみほにちょっかいを出しているため、彼女からの印象はよくない。少年野球の所属チームは「ガンバローズ」で、「ブラッキーズ」のエース・星沢(声 - 柊美冬)とはライバル。そんな彼の将来の夢は野球選手である(第24話)。第21話において算数の答案で25点となっていることから、勉強は苦手のようである。 3. 一年生の時に「みほとけっこん」と願い事を紙に書いており(第7話)、みほのことが気になっている。なお、みほの姉・ちさには幼少時にからかわれたこともあり、彼女のことは苦手である(第19話)。 4. ララのデビューシングルの購入者第1号(第10話)。24話ではみほはララに変身して彼の前に現れ、ファーストコンサートのチケットを直接手渡している。 結城 あきる(ゆうき あきる) 1. 声 - 南央美 2. みほの親友。体型はややぽっちゃり気味だが、そんな彼女の将来の夢は...

    芸能関係者

    羽根石 由美(はねいし ゆみ) 1. 声 - 田中敦子 2. リリカルプロの社長で元モデル。原宿で見かけたララの姿を見てそのスター性を確信し、急病で仕事に出られなくなったモデルの穴埋め要員としてララを撮影現場に連れて来た。撮影終了後に「このまま縁を失いたくない」としてララに自分の携帯電話を渡し、以後ララを自社の専属モデルとして積極的に売り出すようになる。 3. 第15話は彼女にスポットを当てたエピソードとなっており、バツイチであることが明かされた。かつての夫は、人気タレント相川ひろやのバックバンドを務めるギタリスト・岸(声 - 中村彰男)。また、彼との間に生まれた子に達平(声 - 亀井芳子)という5歳くらいの男の子がおり、離婚後は岸に引き取られたがその後も時々会っている。 菅野 江美子(かんの えみこ) 1. 声 - 金沢映子 2. リリカルプロの常駐スタッフとして、経理などのデスクワーク全般を担当する。メガネをかけており、主に青いチャイナ服を着用している。 3. ハンドルを握ると性格が変わり、スピードを出しすぎたためにヨシオの車をオーバーヒートさせてしまった(第13話)。 川口...

    原作 - スタジオぴえろ
    企画 - 大野実(読売広告社)、布川ゆうじ(スタジオぴえろ)、渡辺繁(バンダイビジュアル)
    連載 - 月刊りぼん(集英社、漫画/春日るりか)
    シリーズ構成 - 望月智充

    オープニングテーマ - 「La La La 〜くちびるに願いをこめて〜」

    1. 作詞 - 大森祥子 / 作曲 - 池毅 / 編曲 - カラードマーケット / 歌 - 大森玲子

    エンディングテーマ - 「しあわせな き・ぶ・ん」

    1. 作詞・作曲 - 松浦有希/ 編曲 - カラードマーケット / 歌 - 大森玲子

    本作の第1話放送前の1998年3月28日、『アニメなわけ 〜ララにきいてよ〜』が放送された。みほ(ララ)役の大森玲子がぴえろを訪問し、本作の制作現場を見学するという内容で、大森がセル画の色塗りに挑戦する様子などが映された。

    春日るりか原作の同名の漫画作品が『りぼん』1998年5月号から11月号、および同年発行された「夏休みおたのしみ増刊号」に連載された。単行本全2巻。 基本的キャラクターや、スケッチブックとペンで変身する設定は同じだが、キャラクターデザインがアニメと異なるほか、みほが漫画好きとの描写がないなど、キャラクター設定にも変更がある。