Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 企業排球聯賽 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/企業排球聯賽

    企業排球聯賽(きぎょうはいきゅうれんさい、英語: Enterprise Volleyball League)は、台湾のアマチュアバレーボールリーグである。運営は中華民国バレーボール協会。2004年発足。女子は第6回より開始。第11回より男女各5チームとなった[1]。

  2. 新幹線変形ロボ シンカリオン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/劇場版_新幹線変形ロボ...

    『新幹線変形ロボ シンカリオン』(しんかんせんへんけいロボ シンカリオン)は、ジェイアール東日本企画・小学館集英社プロダクション・タカラトミーの3社によって立ち上げられたプロジェクトにより開発され、2015年3月16日から展開 [1] されている「新幹線」から ...

    • プロジェクトシンカリオン
    • 下山健人
  3. OK超商 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/OK·MART
    • 概説
    • 來來超商股份有限公司
    • 沿革
    • 関連項目
    • 外部リンク

    台湾におけるサークルKは1988年9月に出店開始。当時は中国語圏の他地域と同様にOK便利店の店舗名称で展開された[注 1]。 2005年にサークルKとのライセンス契約を終了し、独自で経営することとした。その際に現在のロゴマークに変更。 そして2007年12月に店舗名をOK超商に変更した。なお、超商[注 2]とは元来統一超商(台湾におけるセブン-イレブン)の略称であり、台湾では便利商店がコンビニエンスストアを指していた[注 1]が、超商という言葉が定着し現在はどちらもコンビニエンスストアの意味で使用されている。 OK超商では2015年10月1日にポイントカードサービスの得易Ponta(東森整合行銷股份有限公司と三菱商事株式会社の子会社である株式会社ロイヤリティマーケティングがジョイントベンチャーで展開)の機能を組み込んだOK好利聯名卡が導入された[広報 1][広報 2]。一卡通票證公司(中国語版)ならびに東森整合行銷股份有限公司(Eastern Intergrated Marketing)と提携し一卡通票證(iPASS)のカードブランドで発行される[広報 1][広報 2]。なお、得易Pontaはサービスそのものが2018年12月31日に終了している。 2018年6月よりOKmini店舗の展開を開始。自動販売機型の小型店舗で、キャッシュレス決済に対応している。 2019年5月現在、OK超商は902店舗を展開している。 統一超商や全家便利商店、そして萊爾富便利商店とともに台湾における四大超商(日本語訳:四大コンビニ)と呼ばれている。 1. 桃園市の店舗 2. 高雄市(香蕉碼頭)の店舗

    來來超商股份有限公司は、OK超商を運営する企業。 当社は1988年5月12日に眾利超商股份有限公司として豐群企業集團(中国語版)とザ・サークルK・コーポレーション(現・サークルKストアーズ Inc.)のジョイントベンチャーで設立された。1988年内には富群超商股份有限公司に商号を変更。 前述のとおり2005年にサークルKストアーズ Inc.とのライセンス契約を打ち切ったことに伴い、商号を來來超商股份有限公司へ変更した。

    2005年 - サークルKストアーズとのライセンス契約が満了。ロゴマークを変更する[注 3]。運営会社が來來超商股份有限公司に商号変更。
    2015年10月1日 - 得易Pontaの機能を組み込んだ一卡通票證ブランドのカードであるOK好利聯名卡を導入[広報 1][広報 2]。
  4. 紅色ノ狂宴 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/紅色ノ狂宴

    紅色ノ狂宴 (ア・カ・イ・ロ・ノ・ウ・タ・ゲ) 対応機種 Windows 98/Me/2000/XP 発売元 アアル ジャンル アドベンチャーゲーム 伝奇SF ダーク・ファンタジー サスペンス 発売日 2001年12月21日 レイティング 18禁 キャラクター名設定

  5. 魔都紅色幽撃隊 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/魔都紅色幽撃隊_DAYBREAK...
    • ストーリー
    • システム
    • 登場人物
    • 小説
    • 外部リンク

    暮綯學園高等学校に転校してきた転校生(主人公)は、校舎内を彷徨う少女の霊を見かけた後、悪霊に遭遇する。 悪霊たちから主人公を救ったのは、学校の生徒である支我と見慣れない女性だった。 女性は、伏頼 千鶴と名乗り、夕隙社というオカルト関係の出版社の経営社にして"幽撃隊"という悪霊退治を裏稼業とする集団のリーダーだと自己紹介を行った。 その出会いがきっかけで、主人公は支我たちとともに、東京に潜む霊たちとの戦いに身を投じていくのであった。

    アドベンチャーパート

    今井が過去に手掛けた作品同様、今作でも感情入力システム(愛・友・悩・怒・悲)が採用されているほか、五感を入力するシステムも搭載されている。 たとえば、握手をしたいと思ったら、友(感情)と触(五感)を選ぶことで、その行動を実行することができる。

    バトルパート

    戦闘はウィジャパッド上で行われ、プレイヤーは様々なアイテムを設置して戦闘に役立てることができる。バトルが終了すると依頼人から追加報酬をもらうことができ、貰ったポイントを割り振ってステータス強化に役立てることができる。ただし、戦闘中に攻撃が空振りして物品を破壊した場合は弁償することになる。

    インターバルモード

    夕隙社を舞台としたパート。主人公のスキルを強化したり、依頼をチェックすることが可能である。

    主要人物

    東摩 龍介(とうま りゅうすけ) 1. 本作の主人公。暮綯學園高等学校の3年生のクラスに転校してきた男子生徒。夕隙社の一員としての支我たちの活動に遭遇して以来、夕隙社のアルバイトとして働いている。 2. 名前・誕生日・出身地・得意科目などは、プレイヤーが任意で変更可能。 深舟 さゆり(みふね さゆり) 1. 声 - 桜 稲垣早希 2. 暮綯學園高等学校の学級委員長。霊を見ることはできるものの、その存在を否定する発言をたびたびしている。 支我 正宗(しが まさむね) 1. 声 - 沢城千春 2. 暮綯學園高等学校の3年生で主人公とは同級生。冷静沈着で成績は学年トップ。足が不自由であるため車いすで移動することが多く、夕隙社のアルバイトとして動くときは中継車の中から援護を行っている。趣味はパソコンと車いすテニス。 伏頼 千鶴(ふくらい ちづる) 1. 声 - 妃宮麗子 2. 夕隙社の社長兼編集長にして"幽撃隊"リーダー。 小菅 春吉(こすげ はるきち) 1. 声 - 関口英司 2. 夕隙社のアルバイトである小太りの男性。ロックを愛していており、エレキギターを持ち歩いている。高校を中退し...

    陸上自衛隊庚種特務師団

    陸上自衛隊の一師団で、霊に関する事象を扱うため、民間団体である夕隙社と衝突することがある。 音江 友清(おとえ ともきよ) 1. 声 - 加瀬康之 2. 陸上自衛隊庚種特務師団に所属する1等陸士であり、主人公らと同年代。身体から発する微弱な磁気を生かして霊の動きを知ることができるため、人間ソナーの異名を持つ。銃剣道に長け、武器は木銃。軽い性格である。 3. 『DAYBREAK SPECIAL GIGS』では学校への潜入捜査の為、制服姿で登場することもある。 八汐 沙和子(やしお さわこ) 1. 声 - 土師亜文 2. 陸上自衛隊庚種の准陸尉で、主人公らと同年代。体液に含まれる鉄分濃度が高く、その体液を武器に霊に立ち向かう。同僚である音江とは対照的に真面目で正義感が強い性格をしており、よく衝突する。 3. 『DAYBREAK SPECIAL GIGS』では音江同様制服姿で登場することもある。

    その他の人物

    久伎 千草(くき ちぐさ) 1. 声 - 竹葉佑実子 2. 中央区の高校3年生。チェス部の部長を務めており、チェス関連の用語を口にすることもある。事故で弟を亡くした過去を持つ。 山川 虎次郎(やまかわ こじろう) 1. 声 - 浜田賢二 2. 江戸川区にある暴力団『火暮会』若頭。超常現象は信じていなかったが、夕隙社の裏稼業に出会って以来、夕隙社に出入りしており、霊に有効な弾丸の込められたリボルバーを用いるようになった。また、タバコに似た、ハッカ味の菓子を口にくわえることが多い。 曳目 てい(ひきめ てい) 1. 声 - 遠藤ゆりか 2. 荒川区の高校3年生。弓道部の部長を務めている。実家は織部神社。 3. 『DAYBREAK SPECIAL GIGS』では制服姿で登場することもある。 龍蔵院 鉄栴(りゅうぞういん てっせん) 1. 声 - 柳沢超 2. 目黒区の鎧扇寺高校の槍術部部長を務める高校3年生。言葉の訛りとスキンヘッドが特徴。実家は槍術の名家。 楓 伊久(かえで いく) 1. 声 - 水崎綾 2. 豊島区に暮らす女子高校3年生。 3. 奇術部長を務めており、猫のパーツがつ...

    魔都紅色幽撃隊 FIREBALL SUMMER GIG

    1. 小説オリジナルストーリー。ベストセラーズより発売。著者は朱鷺田祐介と西上柾。カバーイラストは高橋昂也。本文イラストは茜kiyo。

  6. 三体 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/三体
    • 設定
    • あらすじ
    • 翻訳
    • その他
    • 受賞歴
    • 各言語への翻訳
    • 関連項目

    小説の基本設定には、ニュートン力学にある古典的な三体問題を取り込んだものがある。とある三重星系には、生きと滅びを繰り返す三体星人があり、その中の最も新しい世代の三体星人は、地球文明の科学技術より数倍先端なものを有している。

    文化大革命の時、中国共産党中央委員会に直属する「紅岸基地」という、異星人を探すために作られた極秘基地があった。清華大学の物理学教授である父親が紅衛兵の批判を受け、死を強いられたのを目にした天体物理学専攻の女子大生葉文潔は、色々な事情でこの極秘基地に入った。彼女はそこで偶然に太陽の増幅反射機制を究明した。その後、彼女はこの機制を駆使して、密かに地球文明の情報が入った電波を宇宙に送り出し始めた。地球と最も近い恒星系の惑星に生きている異星人——三体星人がこの情報を受け取った。それから、三体の世界と地球の世界は、関わりを持ち始めた。[注 1] 三体星人たちの世界は、地球人が想像しがたい、過酷極まりない世界である。その世界は3つの質量がほぼ一致な恒星からなるため、解析的に解くことはできないとされる(多体問題)。三体星人たちが住む惑星は、この三つの恒星の引力で乱れた軌道を取る。もし一つの恒星が惑星を捕まえて、それをその恒星に回らせたら、三体星人はしばらく穏やかな発展期を迎える。この時期を「恒紀元」と呼ぶ。もしそうでなかったら、日の昇りと暮れは一定の決まりでなくなる。この時期を「乱紀元」と呼ぶ。彼らは「乱紀元」に備えて臨時脱水機能を進化し、危機に対応したが、それはいつでも有効ではない。なぜなら、恒星の運動が乱れるせいで、時には惑星を近寄せすぎたり、時には惑星を遠ざけすぎたりして、それに伴って惑星の地表は数千度にまで熱され暑すぎる気候になったり、液体窒素の温度にまで達する寒すぎる気候になったりする。より恐ろしいことに、もし惑星が複数の恒星に同時に近づけば、惑星は複数の引力を受けて裂けてしまう。以上により、三体星人の文明は数百回の滅びを迎えざるを得なかった。しかし更に最も恐ろしいことがある。彼らの住む惑星は、恒星に対して質量が小さいので、いつかは軌道の乱れで、恒星に落ちる可能性がある。そうなれば、三体星人とその文明は永遠に滅亡する。だから彼らにとって残った選択は、宇宙に移民するのみである。三体人はいつも天災に脅かされているため、帝国主義的な社会体制と地球人の道徳を無視する価値観を取らざるを得なかった。そうしないと生き延びることができないからである。[注 1] 三体の世界と地球の世界が関わりを持ち始めた後、自然破壊に不満を抱いて人類文明に絶望した人たちは、「地球三体組織」(ETO...

    初めて『科幻世界』で連載された本小説の第一章「狂乱の時代」(中: 瘋狂年代)には、文化大革命を描く一段落があり、それは清華大学の紅衛兵(中国語版)及び百日大武闘(中国語版)(ゲバルト)を下敷きとする。中国本土で刊行される単行本では、この部分は「中国の政治・社会状況に照らして、文革から語り起こすのは得策ではないという判断」から第七章に移されたが、英語版では著者が本来意図していた構成に戻され、日本語版もそれに準じている。 ケン・リュウが翻訳した英語版は「中国人読者をして『原作より読みやすい』と言わしめた名訳」とされており、日本語版の翻訳者である大森は「ケン・リュウの英訳が原文に忠実でありながら非常に明解でわかりやすかった」として日本語版の目標にしたと述べている。また著者の劉慈欣は「中国文学が外国語に翻訳されると何かが失われやすいものですが、『三体』では、むしろ得ていると思います」とし、中国のSFファンに向けて、英語が理解できるのであれば英語版を読むよう勧めている。

    2015年、第73回ヒューゴー賞の長編小説部門を受賞。アジア人作家の作品では初めての受賞となった。 2015年、Facebook社CEOマーク・ザッカーバーグが、2週間ごとにお勧めの本を一冊紹介する企画「A Year of Books」で「三体」をその一冊に選んだ。ザッカーバーグは「最近読んだ重厚な経済学や社会科学の本からの楽しい休憩になる」と推薦した。 2017年1月16日、当時のアメリカ大統領バラク・オバマは、米紙ニューヨーク・タイムズのインタビューで、「三体」シリーズの愛読者であると自ら明かした。彼は「とても想像力豊かで本当に面白かった。広大な宇宙の運命について読んでると、日々直面している議会の問題はかなり些細なもので心配するようなことではないと思えた」と語っている。 アメリカの映画監督であるジェームズ・キャメロンは劉慈欣との会見で三体三部作の愛読者であることを自ら明かした。日本のゲームデザイナーである小島秀夫も「三体」シリーズの愛読者であり、日本語版に「普遍性と、娯楽性、そして文学性の、まさに『三体』の重力バランスの絶妙なるラグランジュ点でこそ生まれた、奇跡の『超トンデモSFだ』」と推薦文を寄せている。

    2006年 - 第19回中国銀河賞(中国語版)特別賞
    2013年 - 第1回西湖・類型文学双年賞金賞
    2015年2月21日 - ネビュラ賞長編小説部門最終候補
    2015年4月16日 - ヒューゴー賞長編小説部門最終候補

    各言語名と各国版題名を発行年順にまとめる。 1. 朝鮮語: 삼체2013年 2. 英語: The Three-Body Problem2014年 3. トルコ語: Üç Cisim Problemi2015年 4. フランス語: Le Problème à trois corps2016年 5. ドイツ語: Die drei Sonnen2016年 6. ギリシア語: Το πρόβλημα των τριών σωμάτων2016年 7. ハンガリー語: A Háromtest-probléma2016年 8. ポルトガル語: O Problema dos Três Corpos2016年 9. ロシア語: Задача трех тел2016年 10. スペイン語: El problema de los tres cuerpos2016年 11. タイ語: ดาวซานถี่ อุบัติการสงครามล้างโลก2016年 12. ベトナム語: Tam Thể2016年 13. ウクライナ語: Проблема трьох тіл2016年 14. イタリア語: Il problema dei tre corpi2017年 15. ルーマニア語: Problema celor trei corpuri2017年 16. チェコ語: Problém tří těles2017年 17. ポーランド語: Problem trzech ciał2017年 18. フィンランド語: Kolmen kappaleen probleema2018年 19. 日本語: 三体 2019年

  7. レッドスプライト - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/レッドスプライト
    • 概要
    • 人工衛星からの観測
    • スプライトの研究機関・研究者
    • 関連項目
    • 外部リンク

    スプライトは、アメリカ合衆国の Franzらが1989年に、夜間ビデオカメラの較正をしていた時に偶然に撮影した発光現象である。その色 (red) と妖精 (sprite) のようにひょっこり姿を現すことから、「レッドスプライト」と呼ばれるようになった。現在では単に「スプライト」と呼ぶ。理論としてはチャールズ・ウィルソンが提唱していたが、当時はカメラも高性能ではなく、たとえ目撃しても目の錯覚だといわれていた。 Franzらの発見後、様々な科学者により盛んに研究され、実像が明らかになりつつある。色は赤色で、高度約50〜80kmで発光し、鉛直方向の大きさは20km程度、水平方向の大きさは数km〜70km程度である。スペクトル解析によると、窒素分子の first positive bandが支配的であることから、窒素分子がその発光に寄与していることが分かった。 スプライトの種類はその形状によっていくつかに分類されており、未発見の種類もあるかもしれない。 1. キャロットスプライト 2. カラム状スプライト 3. 妖精型スプライト(日本語訳では妖精型妖精となるが、より形状が妖精のようだったためこう名付けられた) また、場所によって出やすい種類もあるようで、太平洋沖ではキャロットが、日本海側ではカラム状及び妖精型が出やすいといわれている。 雷雲からの放電現象としては雷が一般的に広く知られているが、従来より、雷雲から上方に何らかの形で放電や電流が流れているのではないかということが、専門家からは示唆されていた。スプライトの発見がこれほど近年まで発見されなかったのは、雷雲上の現象であることから、雷雲の真下からでは観測不可能なことや、その発光自体が長くても100ミリ秒程度で、人間の目が追いつかなかったということや、カメラで捉えるにしても、高感度である必要があったからではないかと思われる。 近年、日本では、科学者だけでなくアマチュアや高校生も数万円程度の比較的安価なビデオカメラ等を用いてスプライトの撮影を活発に行っており、専門家も発見していない特性をも明らかにしている。特に高校生は、高校生天体観測ネットワークが研究テーマにし、冷却CCDカメラといった機材を貸し出したり、観測するためのマニュアルを発行したりして、新発見に力を入れている。

    詳細なデータを得るために、近年では人工衛星からの観測も行われている。 台湾のROCSAT-2は地上のリモートセンシングが主な目的だが、レッドスプライトや大気観測のためにISUAL観測器が搭載されている。 日本では、東北大学の研究チームがレッドスプライトを真上から観測するため、超小型衛星「雷神」を2009年に打ち上げた。しかしトラブルにより観測が順調にいかなかったため、後継機として「雷神2」を計画。2014年5月24日に打ち上げ、同年中に高解像度地表撮影、同スペクトル撮影にそれぞれ成功した。

    早川正士(電気通信大学)
    山本真行(高知工科大学)
    宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター (2004年4月14日). “国際宇宙ステーションのクルー交代/ソユーズ宇宙船交換ミッション(8S) - ESAの実験 -”. 宇宙航空研究開発機構:JAXA. 2012年4月29日閲覧。- LSO(Lightning and Sprite Observation)雷とスプライトの観測
    “太陽惑星空間系領域(Cグループ)”. 東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻. 2012年4月29日閲覧。
    “Hayakawa Lab. Web Page”. 電気通信大学電子工学科 (2007年6月5日). 2012年4月29日閲覧。
    “SonotaCo.JP :: Board Index”. 2012年4月29日閲覧。- SonotaCOによるスプライトフォーラム
  8. 光化学反応 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/光化学反応
    • 光化学反応の種類
    • 非循環的電子伝達系
    • 循環的電子伝達系
    • 酸素非発生型光合成の電子伝達系
    • バクテリオロドプシン
    • 関連項目

    光化学反応は、その電子伝達過程によっていくつかの種類がある。また酸素発生型と酸素非発生型の光合成も光化学反応を担う複合体の数や種類などが異なっている。 1. 酸素発生型 1.1. 非循環的電子伝達系 1.2. 循環的電子伝達系 2. 酸素非発生型 2.1. 緑色硫黄細菌型(循環型光リン酸化) 2.2. 紅色非硫黄細菌型(非循環的光リン酸化) この中でも、緑色植物の担う酸素発生型光合成の非循環型電子伝達系が「水の光分解」、すなわち酸素の発生に関与する光化学系反応であり、もっとも研究が進んでいる。循環的電子伝達系は緑色植物の中ではATP合成の補助的な役割を担っていると考えられている。なお、酸素発生型の光化学系複合体 (I, III) はそれぞれ、酸素非発生型の光化学系複合体と相同性があると言われている。詳細は以下に述べる。

    光化学反応の非循環的電子伝達系は水の光分解を行い、植物のみならず地球科学的にも非常に重要な反応を担っている。しかしながら、いくつかのタンパク質複合体が関与する複雑な反応系の一つでもあり、その詳細が今でも明らかになっているとは言いがたい。しかしながら、光化学反応の最初の研究でもあるヒル反応が観察された1939年以降、光化学系複合体の反応中心粒子の立体構造が明らかになり、その電子伝達過程が極めて短い時間内におきていることも明らかになっている。以下に、光化学反応を担当するタンパク質複合体および個々の電子伝達反応について述べる。 光化学反応は以下のタンパク質複合体により行なわれる。 1. 光化学系複合体II(光化学系II) 2. シトクロムb6/f複合体 3. 光化学系複合体I(光化学系I) 4. CFo-CF1ATP合成酵素 上記のタンパク質複合体は全て葉緑体のチラコイド膜に配置しており、構造解析は困難を極める。 非循環的電子伝達系を単純化すると、以下の段階に分けられる。 1. 光化学系IIにて光エネルギーを吸収し、色素分子が励起されて複合体全体で酸化還元反応が起き、水が分解されて電子が引き出される。この時に、発生するプロトンはそのままプロトン濃度勾配となる。 2. 光化学系IIで供与された電子はプラストキノンを通じてシトクロムb6/f複合体に伝達され、プロトンポンプおよびスカラー反応が起き、プロトン濃度勾配が形成される。 3. 電子はシトクロムb6/f複合体からプラストシアニンを通じて光エネルギーを受けて励起した光化学系Iに伝達される。 4. 光化学系Iで再び電子は光エネルギーを受けて励起され、酸化還元電位の低いフェレドキシンに伝達される。 5. 還元型フェレドキシンは、光化学系Iに含まれるフェレドキシン-NADP+レダクターゼ (FNR) で触媒され、光化学系の最終的な還元物質NADPHが生産される。 6. 1.および2.で発生したチラコイド内腔側に発生するプロトン濃度勾配を利用してCFo-CF1ATP合成酵素でATPのリン酸化が行なわれる(光リン酸化)。 5.および6.で合成されたNADPHおよびATPは、カルビン - ベンソン回路にて炭酸固定に用いられる。なお、非循環的電子伝達系の収支式は以下の通りである。 1. 12H2O + 12NADP+ → 6O2...

    酸素発生型光合成の循環的電子伝達系は光化学系Iの反応を通じて、より光リン酸化を効率的に行なう反応系である。膜を介した物質輸送(能動輸送)などに多量のATPが必要であり、葉緑体もその例外ではない。しかしながら非循環的電子伝達系のみで生産されるプロトン濃度勾配のみではATPの合成が追いつかず、循環的電子伝達系が存在していると考えられる。循環的電子伝達系の経路は以下の通りである。 1. 光化学系Iが光エネルギーを受けて、初発電子受容体に電子伝達を行う。 2. 初発電子受容体からFe-Sクラスターを経て、フェレドキシンに伝達される。 3. フェレドキシンからプラストキノンへ伝達される。 4. プラストキノールはシトクロムb6/f複合体で還元される。 5. 1.に戻る。 シトクロムb6/f複合体を電子が通過するたびに4プロトンがチラコイド内腔へ輸送され、プロトン濃度勾配を形成する。

    酸素非発生型光合成は光合成細菌の行なう光合成反応である。紅色非硫黄細菌の行うものは、最終電子受容体として酸素を用いる非循環的電子伝達系に対し、緑色硫黄細菌では循環的電子伝達系が見られる。緑色植物との違いは酸素を発生しないこともあるが、なにより光化学反応系の所在にあり、真正細菌では反応中心粒子が細胞膜に存在するために呼吸鎖複合体との共同的な働きが行なわれる。

    バクテリオロドプシンは古細菌の高度好塩菌の紫膜にみられる分子量27,000の膜タンパク質であり、レチナール分子で光を吸収してプロトン濃度勾配を形成するプロトンポンプである。高度好塩菌には光合成経路は一切存在しないが、光化学反応という観点より、バクテリオロドプシンの反応もその範疇に入れられることが多い。反応素過程はバクテリオロドプシンが単体で行なうものであり、電子伝達経路の一切が存在しない。 形成されたプロトン濃度勾配はATP合成に用いられ、光リン酸化反応が見られる。高度好塩菌は、有機物を酸化し酸素を最終電子受容体としてATP合成を行う通常の好気呼吸をおこなうが、飽和塩濃度では酸素溶解度が低下することからこのような光化学反応を獲得したと考えられている。 したがって、バクテリオロドプシンの誘導条件は 1. 光の存在 2. 低酸素濃度 の2点である。こうした条件では高度好塩菌はまさに光合成従属栄養的に生育する。

  9. 海洋無酸素事変 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/海洋無酸素事変
    • 発見と認識
    • 仕組み
    • 化石燃料との相関
    • 関連項目

    1976年に Seymour Schlanger、Hugh Jenkyns らにより初めて報告されたこの事変は、有機物が分解されないまま地圧等で変成されて生成された黒色頁岩のような地層が、浅海・深海を問わず、海洋規模ないし全地球規模で同時に堆積していることから見いだされた。この地層の調査から、過去に少なくとも 3回の大規模な海洋無酸素事変 (OAE) が起きたことが認識されている(なお、この他にも幾度か絶滅事変が起きているが、その原因についても研究が進められている)。 この事象が起きると海底付近は無酸素(または極度の低酸素)状態となり、有機物を分解する好気性細菌や動物が生息できない状態となる。海底へ沈んだ生物の死骸等(デトリタス)を分解する生物が海底にいなくなるため、沈んだデトリタスはそのまま堆積する。 つまり、この事象が起きた年代の地層には大量の植物プランクトンや陸生植物その他の生物の死骸が分解されないまま堆積していることが特徴で、そうした地層が特定の年代かつ広範囲にわたって見られることや、その葉理の様子から、海洋無酸素事変の発生が見いだされる。最近ではジュラ紀前期および白亜紀中 3期間で認識されている(en:Hangenberg event、en:Aptian extinction、en:Cenomanian-Turonian boundary event)。 局所的な富栄養化や生物相の貧困化による酸素欠乏状態は現代でも見られる(たとえば赤潮など)が、それが全球規模に拡大すると、逃げ場を失った生物の大量絶滅が起こり、生物多様性が著しく減退する。事実、その時代の地層から発見される化石の種類などからその傾向が見出されている。 また、表層と深層の間で水循環が起こらない、当時と似た環境を研究することで、当時の環境を推定する研究もされている。たとえば日本の上甑島・貝池や、アメリカ合衆国ニューヨーク州のグリーンレイク、黒海などの部分循環湖が該当し、こうした環境では表層部に炭素固定を行う植物プランクトンや窒素固定も行うシアノバクテリアが生息するものの、ある水深(貝池では5メートル、グリーンレイクでは 20メートル付近)を超える深層は水の循環がない酸素欠乏状態となり、その境界部には紅色硫黄細菌や緑色硫黄細菌などの嫌気性光合成細菌が高密度で生息(これらは酸素は無いが太陽光が...

    海洋無酸素事変が起きた直接の要因としては、海洋表層部の生物の活発化、熱塩循環の停滞、陸地からの有機物流入量の増加などが考えられるが、何らかの間接的なイベントが、これらを引き起こした可能性がある。 その当時は地殻変動や火山活動が活発であり、地殻からの炭素噴出や生物の働きなどの影響で大気中の二酸化炭素濃度が高く、温室効果によって地球全体の気温が現代より 6 - 14℃高い時期があり、中でも極地の気温はかなり高くなったと考えられている(この他、メタンハイドレートの大量融解が起こり大量のメタンが大気中に放出されたことをきっかけに挙げる説もある)。これらをきっかけとして生じた気候変動は一定期間続き、数万年から数百万年をかけて徐々に復元していくシナリオが仮定されている。 温室効果によって気温とともに海水温も上昇していく。極地ほど温暖化の影響が大きく、海氷が溶けるとともに陸上の氷床も溶けて海へ流れ込んで海面が上昇する。氷床由来の塩分の低い水は密度が低く、海水の上に滞留し、極地から深層へ流れている熱塩循環を阻害するように働き、深層流が担っていた海底への酸素と熱の移動が停止する。 海底には海中生物の死骸や、それを分解する海底生物への酸素供給が絶たれるため、酸素呼吸していた海底生物は死滅し、死骸が分解されないまま堆積・化石化する。酸素の少ない水中へ没した植物の遺骸は分解されず泥炭として堆積していく。表層海水温が上昇することで大量の蒸発を促し、大気中の水蒸気量が増えたことで大規模な降雨を伴う低気圧が発達、陸上からは土砂とともに大量の栄養素が流入して表層の富栄養化を進める。全海洋規模で海底では嫌気性バクテリアの発生を促し、また表層では大気中の高濃度の二酸化炭素が植物プランクトンの大発生をもたらし、光合成が活発化する。 海洋中の二酸化炭素は徐々に消費され、大気中の二酸化炭素も海水中に溶け込むようになるため分圧が下がり、大気の温暖化効果を弱める。加速度的に起きた効果のため、今度は地球寒冷化が起き、極地で氷床が拡大していき、海面が下降していく。真水の流入が減ることで比重が増した海水は深層へ沈む流れを生じて熱塩循環が復活、酸素は嫌気性バクテリアを酸化する猛毒として働き生物相を交代させてゆく。つまりこの状態が恒常的に続くことはなく、変化に若干の振動を伴いながら次第に終息する。 堆積層で発見され...

    この現象が起きていた時代の海底付近の地層は黒色頁岩となるが、これは当時の太陽エネルギーと二酸化炭素を用いて光合成を行った植物の死骸(有機物)が分解されずに堆積したものである。こうした地層では当時の生物が分解されないまま残ることから、その化石が良い状態で発見されることで知られる(ジュラシック・コーストなど)。 さらに、温度・圧力等の諸条件が重なった場所(かつてのテチス海など)では石油や天然ガスの地層が形成される。現代人が化石燃料として掘り出して使っているものはこれであり、つまり数千万年以上前の太陽エネルギーよって生成された有機物が濃縮されたものを取り出して使っていると言える。 なお、人類はこの100年あまりで埋蔵石油量の半分あまりを消費したと考えられており(石油ピークを参照)、大気中の二酸化炭素濃度は当初の約 280ppm から 410ppm ほどにまで増加し、今後はさらに増加すると見込まれている。しかし現時点でも極地での融氷が加速しながら続いている、海流の減衰や一部滞留が観測される、などの海洋無酸素状態が引き起こされる兆候が見られるとも指摘されている。

    海流、部分循環湖
    大量絶滅、P-T境界
    化石燃料、石油、天然ガス、オイルシェール
  10. 太陽 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/太陽_(占星術)
    • 概要と位置
    • 構造
    • 太陽活動
    • 太陽の謎
    • 太陽の歴史と未来
    • 人類の太陽認識と観測
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    太陽の半径は約70万キロメートルであり、地球の約109倍に相当する。質量は地球の約33.3万倍にほぼ等しい約1.989×10^30kgであり、太陽系の全質量の99.86%を占める。平均密度は水の1.4倍であり、地球の5.5倍と比べ約1/4となる。 太陽が属している銀河系では、その中心から太陽までの距離は約2万5千光年であり、オリオン腕に位置する。地球から太陽までの平均距離は約1億4960万キロメートル(約8光分19光秒)である。この平均距離は地球太陽間距離の時間平均と考えても、地球の軌道長半径と考えてもどちらでも差し支えない。なお、この平均距離のより正確な値は 7011149597870700000♠149597870700 m(誤差は 3 m)で、これを1天文単位 (au) と定義する。なお、2012年8月の国際天文学連合 (IAU) の決議で 1 au の値は誤差 ±3 m を除いて正確に 7011149597870700000♠149597870700 m であると再定義された。この距離を光が届くのに要する時間は8.3分であるので、8.3光分とも表せる。 太陽の数値を単位に用いるような場合、それらは太陽を表す記号☉をつけて表す。例えば質量ならばM☉、太陽光度ならばL☉で表示する。時間の基準も、現在は原子時計で決まる1秒を基底にしているが、かつては地球の自転と公転、人間の視点からすると日の出や日の入りや季節の一巡を基準に「日」や「年」を決める太陽暦・太陰太陽暦が使われた。

    太陽はほぼ完全な球体であり、その扁平率は0.01%以下である。太陽には、地球型惑星や衛星などと異なり、はっきりした表面が存在しない。 太陽は、中心核(太陽核)・放射層・対流層・光球・彩層・遷移層・コロナからなる。可視光にて地球周辺から太陽を観察した場合の視野角と概ね一致するため、このうち光球を便宜上太陽の表面としている。また、それより内側を光学的に観測する手段がない。太陽半径を太陽中心から光球までの距離として定義する。光球には周囲よりも温度の低い太陽黒点や、まわりの明るい部分であるプラージュと呼ばれる領域が存在することが多い。光球より上層の、光の透過性の高い部分を太陽大気と呼ぶ。プラズマ化した太陽大気の上層部は太陽重力による束縛を受けにくい。このため惑星間空間に漏れ出し海王星軌道まで及んでいる。これを太陽風と呼び、オーロラの原因ともなる。 太陽は光球より内側が電磁波に対して不透明であるため、内部を電磁波によって直接見ることができない。太陽内部についての知識は、太陽の大きさ、質量、総輻射量、表面組成・表面振動(5分振動)などの観測データを基にした理論解析(日震学)によって得るしか方法がないのが現実である。理論解析においては、太陽内部の不透明度と熱核融合反応を量子力学により推定し、観測データによる制限を境界条件とした数値解析を行う。よって、太陽中心部の温度、密度などはこのような解析によって得られた数値でありなおかつ推定値でもある。

    エネルギー源

    光輝く太陽はどのようなエネルギーを源にしているかという問題は、19世紀頃までに続々と発見された化学反応ではとうてい解明できず、大きな疑問となっていた。当初は重力ポテンシャルエネルギーという想像もあったが、19世紀末に放射能が発見されると原子核反応が候補となった。そして1938年に核融合反応が発見されると、これが太陽活動のエネルギー源と考えられるようになった。 標準太陽モデル 太陽の内部構造は直接観測できない。そのため、1950年代 - 1960年代にかけてこれを理論的に構築する試みが行われた。これにより、熱核融合反応にて水素をヘリウムへ変換することでエネルギーを生み出す太陽46億年の歴史過程を求め、熱伝導や重力バランスを説明する現在の構造を試算した結果が「標準太陽モデル」と呼ばれる。このモデルによって、太陽中心温度や密度が計算された。

    差動回転

    太陽内部の物質は極端な高温のために全てプラズマの状態にあるとされる。このように剛体でないため、太陽は赤道付近の方が高緯度の領域よりも速く自転し、周期は赤道部分で約25日(地球上の観測では地球公転運動の影響から27日となる)、極近くでは約30日である。この太陽の赤道加速型「差動回転」(または「微分回転」)のために、太陽の磁力線は時間とともにねじれていくことになる。ねじれて変形した磁力線はやがて磁場のループを作って太陽表面から外へ飛び出して、太陽黒点や紅炎(プロミネンス)を作ったり、太陽フレアと呼ばれる爆発現象を引き起こしたりする。この天体現象については地球からの観察に限って言うと、日食の間であれば比較的観察しやすい条件下にある。

    表面現象

    太陽表面には、数時間から数ヶ月にかけて現れては消えるしみのような太陽黒点などさまざまな現象が生じる。また爆発現象である太陽フレアや紅炎(プロミネンス)、CME(コロナ質量放出)なども観察できる。これらを発生させる原因は太陽磁場の磁力線管である。黒点は磁力線管が浮き上がり光球面と交わる部分に2つが対になって生じ、太陽エネルギー放出を阻害するためにその領域の温度は相対的に低くなる。 太陽フレア 太陽フレアは黒点上のコロナ部分周辺で数分から数十分発生する強力な爆発現象で、高さ1 – 10万キロメートルのフレアリボンという明るい帯状の光と強いX線を放ちながら、10×1022 - 10×1025ジュールの高エネルギー粒子が宇宙空間に放たれる。紅炎は黒点形成に関わる磁力線管に蓄積された2000 - 3000Kの高温プラズマに耐えられず、付け根部分が破壊する現象で、これも高エネルギー粒子の放出が伴う。 コロナ質量放出(コロナガス放出、Coronal mass ejection, CME) コロナ内でもコロナ質量放出(コロナガス放出、Coronal mass ejection, CME)という現...

    三態においての分類

    これは太陽だけでなく他の恒星にも言えるが、太陽には固体からなる地球型惑星や衛星、液体が大半を占める木星型惑星や天王星型惑星などと異なり、はっきりした表面が存在しない。かつては、太陽を始めとする主系列星や未来の太陽の姿とされる赤色巨星は、気体で構成される、という説が有力であった。しかしながら、内部の重力の影響で、表面は気体だが、内部は液体ならびに固体で構成されている、とする説もある(前述の通り、核ではかなりの高温高圧になっているため、密度も非常に高くなっている)。21世紀初頭では、太陽の内部はプラズマや超臨界流体といった、固体でも液体でも気体でもない第四の状態となっている、とする説が最も有力となっている(中でも、既述したプラズマ説が最も有力)。このため、太陽の内部構造が三態のいずれかに該当するかについては結論は出ておらず、いまだにわかっていない。

    コロナ加熱問題

    太陽の表面温度は約6,000度であるのに対し、太陽を取り囲むコロナは約200万度という超高温であることが分かっているが、それをもたらす要因は太陽最大の謎とされた。1960年代までは太陽の対流運動で生じた音波が衝撃波へ成長し、これが熱エネルギーへ変換されてコロナを加熱するという「音波加熱説」が主流の考えだった。 1970年代からスカイラブ計画を通じてコロナのX線観測が行われたところ、コロナの形状は太陽の磁場がつくるループに影響を受けていることが判明し、ここから太陽磁場の影響による加熱が提唱された。しかし他にも磁場に伴うアルベーン波説や、フレアによる加熱説などもあり、結論には至っていない。

    太陽ニュートリノ問題

    太陽内部の核融合反応に伴って、太陽からはニュートリノが常時放出されている。これは可視光で調査不能な太陽内部を直接知る手段として注目された。標準太陽モデルで求められた陽子-陽子連鎖反応による太陽ニュートリノは、以下の4種類が想定された。 これらの名称およびエネルギー値は上から、p-pニュートリノ (0.42MeV)、pepニュートリノ (1.44MeV)、ベリリウム・ニュートリノ(0.38MeVおよび0.86MeV)、ボロン・ニュートリノ (6.7MeV) である。 太陽ニュートリノ観測は1960年代にアメリカ、1985年から日本でそれぞれ行われたが、その結果は、恒星内部の核反応の理論から予測される値の半分程度しかないことが分かった。その後行われた高精度が期待される手法による観測でも理論値よりも測定値が低い結果が再現された。複数の観測法で同じ傾向の結果が出たために、方法的欠陥とは考えられなくなった。 1990年代に複数の仮説が提案された。ひとつは素粒子物理学におけるニュートリノ振動が影響するというものであった。ニュートリノが質量を持つと仮定すると、そのフレーバー(電子型、ミュー型、...

    太陽は過去の超新星の残骸である星間物質から作られた種族Ⅰの星であり、太陽は超新星爆発で四方八方に散らばった星間物質が何らかの影響によってふたたび集まって形成されたと考えられている。この根拠は、主に質量の大きな高温の星の内部で元素合成によって作られる鉄や金、ウランといった重元素が太陽系に多く存在していることにある。このとき同じ星雲からは1000から2000個程度の星が生まれ星団を形成したが、重力的な束縛がない散開星団は45億年の間に散逸したと考えられている。HD 162826 や HD 186302 はこのときに同じ星雲から生まれた「太陽の兄弟星 (solar sibling) 」とされている。 太陽の中心核では水素原子4個がヘリウム原子1個に変換される熱核融合が起きるが、この反応で圧力がわずかに下がり、それを補うために中心部は収縮し、温度が上がる。その結果核融合反応の効率が上昇し、明るさを増していく。45億年前(太陽誕生から1億年後)に主系列星の段階に入った太陽は、現在までに30%ほど明るさを増してきたとされている[注 3]。今後も太陽は光度を増し続け、主系列段階の末期には現在の2倍ほどの明るさになると予想されている。 太陽は超新星爆発を起こすのに十分なほど質量が大きくない。20世紀末 - 21世紀初頭の研究では太陽の主系列段階は約109億年続くとされており、63億年後には中心核で燃料となる水素が使い果たされ、中心核ではなくその周囲で水素の核融合が始まるとされる。その結果、重力により収縮しようとする力と核融合反応により膨張しようとする力の均衡が崩れ、太陽は膨張を開始して赤色巨星の段階に入る。外層は現在の11倍から170倍程度にまで膨張する一方、核融合反応の起きていない中心核は収縮を続ける。この時点で水星と金星は太陽に飲み込まれ、高温のために融解し蒸発するだろうと予想されている。 76億年後には中心核の温度は約3億Kにまで上昇し、ヘリウムの燃焼が始まる。すると太陽は主系列時代のような力の均衡を取り戻し、現在の11 - 19倍程度にまで一旦小さくなる。中心核では水素とヘリウムが2層構造で核融合反応を始める結果、主系列段階よりも多くの水素とヘリウムが消費されるようになる。この安定した時期はおよそ1億年程度続くとされるが、主系列期の109億年に比べれば1パーセントにも...

    神話信仰

    太古の時代から、太陽を人格として捉えた太陽神は世界の多くの神話・伝承などで最高神などとして描かれることが多く、太陽崇拝の対象であることも多い。その性質も、昼夜を分け世界を統治する男性神でもあれば、植物を育て恵みを与える女性神として考えられることもあった。月とともに普遍的な太陽神についての誕生や成立に関する説話は世界各地に伝記および伝承などの形で残されている。

    古代の観測

    太陽を天文学的に観測した初期の例は、古代ギリシアのアナクサゴラス(紀元前500年頃 – 紀元前428年頃)が800キロメートル離れたシエネ(アスワン)とアレキサンドリアで同時刻の太陽視差を測定し、三角法で距離と大きさを求めた。これは、地球は平面という前提でなされたもので、距離を6400キロメートル、直径を56キロメートルと算出し「太陽はペロポネソス半島ほどの大きさ」と述べた。実際とはかけ離れた数字だが、当時のギリシア人はあまりの大きさに誰も信じなかったという。 地球が球体という前提で距離を計算したアリスタルコス(紀元前310年 - 紀元前230年)が日食時に月と太陽の視差がほぼ同じという観察を根拠に三角関数を用いて月と太陽までの距離を計算した。さらにヒッパルコス(紀元前160年 - 紀元前125年)が精度を高めた計算を行った。

    宇宙の中心の座

    歴史に残る最初の地動説は、紀元前500年頃のフィロラオスだが、彼の唱える宇宙の中心は太陽ではなく仮想的な「火」だった。太陽中心の地動説はサモス島のアリスタルコス(紀元前310年 - 紀元前)が観測を元に唱えた。 しかし、クラウディオス・プトレマイオス(83年頃 - 168年頃)が確立した天動説型太陽系モデルの体系化を成し遂げた。これを含む古代ギリシア学問はアラビア世界を経て12世紀にヨーロッパが取り入れ、キリスト教的世界観に組み込まれた。 中世ヨーロッパで地動説は、ニコラウス・コペルニクス(1473年 - 1543年)によって唱えられ、ガリレオ・ガリレイ(1564年 - 1642年)が望遠鏡を用いた天体観測を重ね、木星の衛星(ガリレオ衛星)軌道から地動説を提唱したが、二度の宗教裁判の末に敗れた。しかし地動説はヨハネス・ケプラー(1571年 - 1630年)が堅持し、アイザック・ニュートン(1642年 - 1727年)が万有引力の法則で理論的に説明したことで広く受け入れられるようになった。

    編集長:水谷仁『ニュートン別冊 宇宙創造と惑星の誕生』ニュートンプレス、東京都渋谷区代々木2-1-1新宿マインズタワー、2005年。ISBN 4-315-51724-0。
    編集長:水谷仁「ニュートン2005年12月号、雑誌07047-12」、ニュートンプレス、2005年。
    編集長:水谷仁『ニュートン別冊 太陽と惑星 改訂版』ニュートンプレス、2009年。ISBN 978-4-315-51859-7。
    『核融合炉工学概論』関昌弘、日刊工業新聞社、2001年。ISBN 4-526-04799-6。
  11. 其他人也搜尋了