Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 栄養管理部|東京女子医科大学病院. Nutrition Support Unit. 特徴. 栄養部は、入院患者様が食事を美味しく食べていただく為、適時適温食の対応と選択食を実施し、更に、個々の嗜好についても充実を図りながら提供しています。 栄養指導については、管理栄養士を常時配置し、患者様が日常生活を安心して過ごせるよう、医師、看護師連携のもと、具体的な助言と相談に応じています。 入院・外来ともに個人・集団それぞれ月曜日から土曜日まで行っています。 栄養サポートチーム. 医師、口腔外科医師、管理栄養士、看護師、薬剤師、理学療法士、言語聴覚士などの多職種がチームを組み、栄養管理が必要な患者様の入院中の栄養サポートを行っています。 >栄養サポートチーム専門療法士実地修練生の募集(PDF)

  2. ① 天然に含まれるもの. 牛や羊などの反芻(はんすう)動物では、胃の中の微生物の働きによってトランス脂肪酸が作られるため、牛肉や羊肉、牛乳や乳製品の中には微量のトランス脂肪酸が含まれます。. ② 工業的に作られるもの. 常温で液体の植物油に水素添加して製造されたマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングや、それらを原料につかったパン、ケーキ、ドーナッツなどの洋菓子・揚げ物などにトランス脂肪酸が含まれます。 また、植物油を精製する高温処理工程でシス型の不飽和脂肪酸からトランス脂肪酸ができるため、植物油にも微量のトランス脂肪酸が含まれています。 日本人のトランス脂肪酸摂取量と体への影響.

  3. 主な対象疾患. 本態性高血圧、二次性高血圧(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫など内分泌性高血圧を含む)、妊娠高血圧症候群、悪性高血圧の他に、下垂体疾患(先端巨大症、プロラクチノーマ、クッシング病、下垂体機能低下症 ...

  4. 循環器内科学教室は昭和30年に開設以来、常に我が国の循環器学の中心的役割を担っております。. 講座の主な研究テーマは、基礎研究として心筋再生学,動脈硬化に関する細胞免疫学、血栓凝固学および心筋細胞電気生理学であります。. これらはすべて ...

  5. 2012年4月1日 · 糖尿病内科 医師 長谷 美智代. 糖尿病は血液の中の糖分が上昇し、全身の血管を傷つけることによって、様々な合併症を引き起こす病気です。 糖尿病で失明した、透析になった、壊疽になった・・等、時々耳にされることもあるかと思います。 しかし、糖尿病と診断されても、きちんと管理を行い合併症さえ出さなければ、決して恐れる病気ではありません。 今回のコラムは、糖尿病の3大合併症の一つである、腎臓の障害、糖尿病性腎症のお話です。 腎臓は握りこぶしぐらいの大きさの臓器で、背中の裏側に2個あります。 細い血管がたくさん走っており、血液から老廃物をろ過しておしっこを作っています。 血液の中の糖分、つまり血糖値が高くなると、腎臓の細い血管が傷つき、腎臓が痛んでしまいます。 これが糖尿病性腎症です。

  6. 研究概要. 将来の環境変化による食肉生産への深刻な影響が危惧されており、従来型の穀物を飼料とした家畜飼育に替わる新たな食肉生産システムの創出が急務となっている。. 本研究開発では、家畜飼料となる穀物の栽培を藻類の培養に、家畜飼育を動物 ...

  7. 2023年1月17日 · 培養肉生産のための藻類栄養と培養上清を用いた血清・穀物由来成分フリー培地に関する論文がScientific Reports誌に掲載されました. 山中久美子 特任助教の論文です。. “Development of serum-free and grain-derived-nutrient-free medium using microalga-derived nutrients and ...