Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 終身意外險 相關
    廣告
  1. ER緊急救命室 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ER_緊急救命室
    • 制作
    • 評価
    • エピソードリスト
    • 放送中止
    • 放送局
    • DVD
    • 関連項目
    • 外部リンク
    原作 - マイケル・クライトン(五人のカルテ)
    プロデューサー(主な) - ニール・ベア(英語版)、キャロル・フリント(英語版)、ディー・ジョンソン、ジョー・サックス(英語版)
    演出(主な) - ミミ・レダー、ブレット・ファリス、レスリー・リンカ・グラッター、ジョナサン・カプラン

    初期シーズンの90年代後半にはアメリカの木曜のプライムタイムにおいて、ほぼ毎週視聴率トップを独占し、NBCの黄金時代を築く一角となり、日本にもこの人気が上陸。NHKが深夜放送で高視聴率をマークしたり、各テレビ局でも海外の医療ドラマを放送したり救命病棟24時のようにERに触発されて制作されたドラマが多くなった。 だが、初期の主演俳優を失い、ノア・ワイリーが抜けた後のシーズン12以降は視聴率が大きく低下、2009年のシーズン15で終了となった。なお、2009年4月2日の最終話では視聴者数が1620万人となり、最終話の視聴者数としては最高潮を迎えることになり「ジェシカおばさんの事件簿」以来となった。 米国では、初回シーズン放映時にERは各エピソードで1900万人の視聴者を獲得し、その年で2番目に視聴された番組となった(一位はとなりのサインフェルド)。次のシーズン2,3では北米で最も視聴された番組となった。5年ものの間、ERはとなりのサインフェルドと視聴率トップ争いを繰り広げていたが、1998年にとなりのサインフェルドは終了し、ERは再びトップを取得した。最終シーズン15においては、1億6400万人の視聴者を獲得している。 最も高視聴率であったエピソードは、シーズン2第7話の「地獄からの救出 - Hell and High Water」の45%であり、4800万人が視聴していた。これは1985年のドラマ「ダラス」の46%に次ぐ値である。

    日本での放送はNHKが最も進んでおり、BS2で全15シーズンが放送完了。BShiでもシーズン12まで放送。初期のシーズンはフィルムからHDリマスターが行われ、スタンダードサイズの放送に比べより多くの物が映っている事が判る。総合テレビでもシーズン13まで放送された。CSでも過去のシーズンが再放送されている。 日本語版の演出力や翻訳の質、キャスティングの点でNHKで放映されている海外ドラマの中でもトップレベルが維持されているとされる。放送前にはNHKと東北新社が新人オーディションを開催している。日本のレギュラー陣は勿論ゲスト声優も実力者が揃い、総出演者数は延べ3200名を数えた。本国の生放送(シーズン4第1話)に併せた吹替えの一話ノンストップ収録も放送用のほか、ビデオ用の東海岸ヴァージョン、西海岸ヴァージョンと、3回も実現させている。NHK放映時の次回予告は日本語版オリジナル。殆どの場合番組冒頭でそれまでのあらすじを振返る箇所の転用であり、予告にも関わらず二ヶ国語放送の副音声への切換により、主要キャストが交替で"previously on ER"と言っているのが判る[注 2]。初期のシーズンでは吹替音声はモノラルのみで、衛星/地上波のデジタル放送移行に伴い吹替版もステレオ収録に移行した。 2011年10月からはWOWOWプライムで第1シーズンから再放送されている。フルHD解像度でシーズン14~15を放送したのは同局が日本初(NHKの最終2シーズン放送はSD解像度のBS2のみ)。スーパー! ドラマTVとDlifeがNHKの「予告編」とオープニング/エンディング映像、日本語版クレジットを流用し、スーパー! ドラマTVは本国版のクレジットも放送。WOWOWの放送は本編のみである。

    2002年、シーズン6においてNHK総合は第13話と第14話(トータルでは126話と127話)の放送を中止した。前年にNHK-BS2で当シーズンを放送した際は放送していた。この回は精神分裂症(統合失調症)を扱っていた。前週では該当の回の予告編を放送していたにもかかわらず、放送時に中止および次回の繰り上げを告げる字幕を入れたのみで中止した。NHKは後に「内容が精神障害者への差別を助長、社会復帰への障害となる恐れがあるので、NHKの判断で放送を中止した」と説明した。

    放送時間はそれぞれの国・地域の現地時刻。 1. NBC(アメリカ合衆国・新作) 1.1. シーズン 01 1994年09月19日 - 1995年05月18日 1.2. シーズン 02 1995年09月21日 - 1996年05月16日 1.3. シーズン 03 1996年09月26日 - 1997年05月15日 1.4. シーズン 04 1997年09月25日 - 1998年05月14日 1.5. シーズン 05 1998年09月24日 - 1999年05月20日 1.6. シーズン 06 1999年09月30日 - 2000年05月18日 1.7. シーズン 07 2000年10月12日 - 2001年05月17日 1.8. シーズン 08 2001年09月27日 - 2002年05月16日 1.9. シーズン 09 2002年09月26日 - 2003年05月15日 1.10. シーズン 10 2003年09月25日 - 2004年05月13日 1.11. シーズン 11 2004年09月23日 - 2005年05月19日 1.12. シーズン 12 2005年09月22日 - 2006年05月18日 1.13. シーズン 13 2006年09月21日 - 2007年05月17日 1.14. シーズン 14 2007年09月20日 - 2008年05月15日 1.15. シーズン 15 2008年09月25日 - 2009年04月02日 2. TNT(アメリカ合衆国・再放送) 3. Raidue(イタリア・新作) 4. FOXライフ(イタリア・再放送) 5. France 2(フランス) 6. TSR 1(スイス) 7. RTL-TVI(ベルギー) 8. CTV and SRC(カナダ) 9. チャンネル4(新作)and Sky One (イギリス・再放送) 10. Pro7(ドイツ・新作) 11. Kabel1(ドイツ・再放送) 12. NHK(日本・新作、再放送)[注 38]。 12.1. シーズン 01 1996年04月01日 - 1996年09月16日(月曜日 22:00 - 22:50) 12.2. シーズン 02 1997年04月07日 - 1997年09月15日(月曜日 22:00 - 22:50) 12.3. シーズン 03 1998年04...

    全てワーナー・ホーム・ビデオより発売。 シーズン1 1. 1.1. 1999年09月10日 ER 緊急救命室 I コレクターズセット(6枚組) 1.2. 2000年11月10日 ER 緊急救命室 I アンコール コレクターズセット(7枚組) 1.3. 2001年05月18日 ER 緊急救命室 I ソフトシェル1(4枚組 第1話 - 第13話収録) 1.4. 2001年06月22日 ER 緊急救命室 I ソフトシェル2(3枚組 第14話 - 第25話収録) 1.5. 2008年06月05日 ER 緊急救命室 I 廉価版1(4枚組 第1話 - 第13話収録) 1.6. 2008年06月05日 ER 緊急救命室 I 廉価版2(3枚組 第14話 - 第25話収録) 1.7. DVDレンタル開始日 1.7.1. 2002年12月25日 vol.1 - 7(第1話 - 第25話) シーズン2 1. 1.1. 2000年02月11日 ER 緊急救命室 II コレクターズセット(6枚組) 1.2. 2000年11月10日 ER 緊急救命室 II アンコール コレクターズセット(6枚組) 1.3. 2001年08月23日 ER 緊急救命室 II ソフトシェル1(3枚組 第1話 - 第10話収録) 1.4. 2001年09月28日 ER 緊急救命室 II ソフトシェル2(3枚組 第11話 - 第22話収録) 1.5. 2008年06月05日 ER 緊急救命室 II 廉価版1(3枚組 第1話 - 第10話収録) 1.6. 2008年06月05日 ER 緊急救命室 II 廉価版2(3枚組 第11話 - 第22話収録) 1.7. DVDレンタル開始日 1.7.1. 2002年12月25日 vol.1 - 6(第1話 - 第22話) シーズン3 1. 1.1. 2000年05月16日 ER 緊急救命室 III コレクターズセット(6枚組) 1.2. 2000年11月10日 ER 緊急救命室 III アンコール コレクターズセット(6枚組) 1.3. 2001年10月25日 ER 緊急救命室 III ソフトシェル1(3枚組 第1話 - 第10話収録) 1.4. 2001年11月23日 ER 緊急救命室 III ソフトシェル2(3枚組 第11話 - 第22話収録) 1.5. 2008年06月...

    ER(救急救命室)
    サード・ウォッチ(ER緊急救命室シーズン8の第19話でサード・ウォッチ第3シーズン第19話とクロスオーバー)
    ER - インターネット・ムービー・データベース(英語)
    ワーナー海外TVドラマシリーズ - Facebook
  2. 柴咲コウ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/柴咲コウ

    柴咲 コウ(しばさき コウ、1981年 8月5日 [2] - )は、日本の女優、歌手、実業家(Les Trois Graces〈レトロワグラース〉代表取締役 CEO)。 日本国外向けの歌手活動名義はMuseK(ミュゼック) [3]。 東京都 豊島区生まれ [4]。 スターダストプロモーションを経て ...

  3. 森田必勝 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/森田必勝
    • 生い立ち
    • 高校時代
    • 浪人時代
    • 早大入学へ
    • 三島由紀夫との出会い
    • 日学同と「楯の会」の間で
    • 「楯の会」学生長へ
    • 決起に向けて
    • 昭和45年11月
    • 必勝自決の衝撃

    1945年(昭和20年)7月25日、三重県四日市市大治田町905番地(現・大治田2丁目7-21)に、父・森田和吉と母・たまの間に次男として誕生。父・和吉(明治33年生)は、市内の国民学校・内部小学校の校長をし、母・たま(明治39年生)は女学校の代用教員をしていた[注釈 1]。 四日市が米軍のB29爆撃機による大空襲に見舞われ、防空壕に逃げ惑う日々の中で生まれた男児に両親は、日本は「必(まさ)に勝つべし」という願いを込めて「必勝」と名づけた。必勝の上には、兄・治(昭和4年生)と、富士子(大正14年生)、高根(昭和9年生)、妙子(昭和11年生)の3人の姉がいた。 1948年(昭和23年)1月、必勝が2歳半の時に父・和吉が結核で死去し、続いて3歳の誕生日の7月25日にも母・たまが亡くなった。幼い必勝は以後、兄と姉に育てられた。20歳上の長姉・富士子はすでに他家に嫁いでいたため、11歳上の次姉・高根と、9歳上の末姉・妙子が母親代りとなり、父親代りの16歳上の兄・治が行商のかたわら学業に励み、市内の南中学校の英語教師となって家計を支えた[注釈 2]。 1951年(昭和26年)4月、必勝は四日市市立河原田小学校に入学。友達から「まさかっちゃん」「まかやん」と呼ばれ、成績が優秀で野球選手を夢見る明るい子供だった。しかし5年生になる年、兄・治が結婚したことに伴い、必勝は末姉・妙子と共に、群馬県渋川市の子宝の無い伯母(父の姉)・森もとの家へ預けられることになり、5年生の1学期に転校した。 ところが、夫婦共働きの伯母は生活が「きつい」と治に訴え、必勝は再び3学期から実家に戻った。しかしその時、最も慕っていた母代りの次姉・高根が富洲原町に嫁いでしまっていた。まだ甘えたい盛りの必勝はこのことに、かなり動揺していた様子だったという。 1958年(昭和33年)、河原田小学校を卒業した必勝はカトリック系の男子校海星中学校に入学した。入学と同時に、兄夫婦のいる母屋から、離れの家屋に起居することになった。やがてその離れに、夫と死別した伯母・森もとと同居するようになり、必勝の母代りとなった。 中学時代は、英語弁論大会で入賞し、詩を書いてみたり、小説を読んだりした。また、成長と共に社会に目を向けるようになるが、この当時はまだ右翼的でなく、中学3年の10月12日の日記には、〈今日、僕が政治家で一番好...

    1961年(昭和36年)、付属の海星高校へ進学。最初は弁論部、次に卓球部、柔道部に所属した。夏休みには友人3人と、琵琶湖、京都、姫路城、岡山、広島、九州まで自転車で旅行することもあった。 高校1年の日記には、〈おれの心は傷ついた野獣〉、〈人間って何とつまらない動物だろう。わずか六十年の間にいろんな苦しみ悲しみ、喜びをし、黙々と生きているだけだ〉といった文章も見られ、翌年1月には、〈人生のはかなさ、うつりかわりというものをつくづく感じる。今なにかしら、苦しい。おれの心を本当に判ってくれるのが、この世の中に何人いるだろうか? 一人もいないのでは、ないだろうか?〉など孤独感を綴った。 高校2年になると、必勝は生徒会長に立候補し、2年間会長を務めた。成績も上位で、理数系は不得意であったが常に上位30番以内のA組であった。活発な必勝であったが、時おり、〈死にたくないが、死についてすごくあこがれる。このままポッと死んでしまったところで悲しむ者はいないし、遠いのじゃなくて漠然と憧れる〉という思いや、母恋も感じていた。 他にも、〈おれはこれくらいのことでへこたれはしないが、やはり母がいないのが寂しい〉といった記述も見られ、上田牧子との結婚願望も強かった。 高校2年の夏休みの1962年(昭和37年)7月25日から、必勝は友人3人と北海道まで徒歩とヒッチハイクの野宿の旅を決行した。南中学2年生の上田茂は静岡で、もう1人の友人は東京で脱落したが、森田は1人で足を豆だらけにして北海道まで到達した。 必勝はこの冒険で自信をつけた夏休み後の日記に、〈浮ついたことは極度に避け、立派な人間になりたい。おれには日本、いや世界を背負うという義務がある。それにはしっかり落ち着いて勉強し、どんな苦境にも負けないファイトと、強い精神を学ぼう。(中略)誰からも好かれる立派な人、森田必勝になりたい。(中略)必ずや何かの形でおれが日本をにぎってやる。雑草のようにからみついてやるその基礎をしっかり作ろう〉と記した。 近所の上田家の父・利夫を父親のように慕っていた必勝は、利夫が早稲田実業の夜間部にいた頃の制服姿の写真を見て、自分も早稲田に進みたいと思うようになった。また、富洲原町にいる次姉・高根の家に牧子を連れていき、「あの子と結婚するんや」と姉に言った。 上田家の母・ミチコは、必勝が娘・牧子と結婚したがってい...

    1964年(昭和39年)、必勝は高校を優秀な成績で卒業したが、第一志望の早稲田大学政治経済学部の受験や他の明治大学まで不合格となった。4月から名古屋市の予備校に通い始め、2年間の不安で苦しい浪人期間を過ごすことになった必勝は、早稲田大学に入りたい一心であった。 浪人中、必勝は早大での内ゲバに対し、〈全学連がなぐり込みをやる。全く頭に来る。俺も木刀でも持って暴れたい心境だ。でも大学生だったらこういうことは、しないだろう。全くバカな野郎たちだ〉と批判した。女子との交際も自制して、〈頭の中で考えるだけだ。すべて大学生になってからのことだ〉と合格のための勉強に励んだ。 政治的関心については、〈最近の国際情勢を見ていると、頭がおかしくなりはしないかと心配だ。まず第一に頭にくるのは、中国の核実験、しないでもいいものをしやがって全く頭へ来る。バカにつける薬は無しってところだ〉と記し、自分が立派な指導者になる決意をした。 必勝は辛い2浪人中、〈きれいなものが、見たい。本当にきれいなものが――。美しい、素晴らしいものが、女性でもいい、絵でもいい、音楽でもいい、とにかくきれいなものが見たい〉と綴った。また、将来の夢として四日市の市長になって公害をなくすことなどを掲げ、以下のような設計図を描いた。 高校から浪人時代にかけて必勝は、谷崎潤一郎、川端康成、太宰治、石坂洋次郎、島崎藤村、芥川龍之介などの代表作を読書した。谷崎の『春琴抄』では、佐助に共感し〈俺もこの時代でこういう環境に置かれたならやはりこうしていただろう〉とし、川端の『伊豆の踊子』では、〈実にいい。きれいだ〉、〈俺達にはこういう感情が欠けているように思う。(中略)俺も一度こういう旅がして見たい。実に素晴らしいと思う〉と感動を記した。

    1966年(昭和41年)3月、必勝は早稲田大学教育学部国語国文学科の受験に合格した。兄・治が入学費用や生活費を出してくれ、上京した必勝は渋谷区西原町3丁目36の下宿住まいを始めた。代々木にはシナリオ専門学校に入学した同郷の友人・塩竹政之がいた。 大学内は全共闘が暴れていたため、5月に延期となった入学式に、必勝は羽織袴に高下駄という応援団長のような姿で出席し、入学記念のアンケートに好きな言葉として、〈我事に於て悔いず〉と答えた。 空手部に入部した森田は、年長者だったこともあり、クラス委員に選出された。この頃、学内で暴れ続ける左翼に対する憎しみが増し、〈授業を受けたい学生がたくさん居るのに、共闘会議は何の権利があってバリケードを築けるのだろう? ヤツラの方法が僭越に思えてならない。力ずくでもバリケードを除く勇気ある学生はいないのか? 早稲田精神は死んだのか!〉と憤懣を記した。 5月に必勝は、革マル(反日共系)、民青(日共系)ら左翼が壟断するクラス委員総会の席で、民族派右翼青年の斉藤英俊と出会った。喫茶店「ジュリアン」(大学院生・矢野潤が経営)で2歳年上の斉藤からいろいろ話を聞いた必勝は、〈いい先輩と知り合えて、今日は一日中爽快だ〉と記した。 同年11月、必勝はキャンパスで再会した斉藤に誘われ、左翼に牛耳られた早稲田の正常化を目指す民族派学生組織「日本学生同盟」(日学同)の結成(11月14日)に参加することになった。この同盟参加に、〈俺の血が騒ぎ出した〉必勝は、「本部」と呼ばれる日学同事務所のある新宿区早稲田町36番地の二階建ての家に引っ越すことになった。 日学同には宮崎正弘、持丸博、阿部勉、伊藤好雄も参加し、全国39大学72サークルも集結していた。この頃、彼らは機関紙『日本学生新聞』の創刊に向けて準備していた。必勝も夕方に毎日新聞発送のアルバイトをして生活費を稼ぎながら、『古事記』『日本書紀』を読み、建国記念日の由来を学んでいた。 一方、1967年(昭和42年)1月5日、豊島区にある育誠社という出版社から民族派月刊誌『論争ジャーナル』(編集長は中辻和彦、副編集長は万代潔)が発刊された。中辻と万代は3日に1度の割で作家・三島由紀夫を訪問していた。 同じ平泉澄門人の中辻と付き合いのある持丸博も同じ頃に三島を訪問し、2月に創刊する『日本学生新聞』に寄稿を依頼した。三島は...

    1967年(昭和42年)2月7日に創刊された『日本学生新聞』に三島由紀夫の寄稿文「本当の青年の声を」が掲載され、「明晰な言葉で明澄な日本語で自分の手にしつかりつかんだ思想だけを語つてほしい」と激励した。 3月の春休みに帰省した際、伊勢神宮に参拝した必勝は、そこに掲げられた日の丸を見て、〈あの素晴らしい白地に赤の日の丸、幾何学的にも、世界一美しい旗を、心ある一部の人をのぞいて、多くの日本人はなぜ無関心でいるのでしょう? もっと、美しいものは美しい、良いものは良いと、何故、人々は素直に受け入れないだろう〉と疑問を抱いた。 同年4月、必勝は斉藤英俊と、防衛問題を研究する「早大国防部」を結成した。日学同の運動にますます挺身し、左翼が正門前に立てた看板を叩き壊したりした空手部の必勝は、武闘に備えて日学同本部に置かれていたベンチプレスで身体を鍛えていた。 この頃、三島が民兵の防衛隊構想を練っていることが日学同に伝わり、必勝は、「世界的に著名な作家が私兵軍団を作るなんてヘミングウェイみたいだね」と言ったという。三島とまだ面識のない必勝は、〈あのキザな三島さんが、それをやるというのは何かチグハグな感じだ〉とも思った。 日学同の運動のため、ビラ作りやビラまき、演説、オルグに明け暮れる毎日を送る必勝は、先輩から教えられた「俺の恋人、誰かと思ふ 神のつくりた日本国」という徳富蘇峰の歌を気に入り、愛吟するようになった。 同年6月19日、六本木の喫茶店「ヴィクトリア」で行われた三島と早大国防部代表との会見で、必勝は初めて三島と顔を会わせた。自衛隊体験入隊を希望していた早大国防部は、その日程と駐屯地先を三島と懇談して決めた。すでに論争ジャーナル組も体験入隊を希望し、三島、日学同、論争ジャーナル組の三者関係が徐々に出来上がった。 その3日後、必勝は専修大学のストで左翼と話し合った時のことを、〈小さなことで言い合い、全くくだらない〉と唾棄し、〈日本人とは何か、いったいいかなるときでも、最上の死に方が出来るのが、日本人なのか〉と記した。 7月2日から1週間、必勝ら早大国防部13名が自衛隊北恵庭駐屯地で体験入隊し、戦車にも試乗した。必勝は、〈それにしても自衛官の中で、大型免許をとるためだとか、転職が有利だとか言っている連中のサラリーマン化現象は何とかならないのか〉と綴り、自衛隊員が〈憲法について...

    1968年(昭和43年)4月、早大3年生となった必勝は早大国防部の部長に選出され、多忙となった。同年5月3日から5日に、民族派学生組織初の理論合宿「学生文化フォーラム」が八王子の大学セミナーハウスで行われた。この合宿は約70人が集まり、林房雄、三島由紀夫、村松剛のシンポジウムも開かれた。 必勝はこの合宿での幹部自己紹介で、「ぼくは、国のために死にたいと思います」と言い、一同の度肝を抜いた。この合宿で必勝と親しくなった小川正洋(明治学院大学法学部2年)は、三島が「右翼は理論ではなく心情だ」と発言したことに感動した。 同年6月15日、「全日本学生国防会議」が結成され、必勝が初代議長に就任した。必勝が議長になると日学同から伝え聞いた三島は祝辞を快諾し、市ヶ谷の私学会館での結成大会で万歳三唱した。閉会後に行われたデモ行進(靖国神社から麻布狸穴町のソ連大使館まで)でも、三島はわざわざタクシーで随伴して、窓から必勝に笑顔で手を振って激励して帰っていった。翌日の6月16日には、一橋大学小平キャンパスで行なわれた三島のティーチ・イン(「国家革新の原理――学生とのティーチ・イン」)を見に行き、昨日のお礼を三島に述べた。 同年6月23日、必勝は早大国防部メンバーと逗子海岸に海水浴に行った。沖合の小島まで6キロ泳いだ休憩の時、田中健一(亜細亜大学法学部)が、「ノサップから貝殻島まで、あれぐらいの距離だろうな」と言ったことから、8月上旬の北方領土視察と返還運動の際に、貝殻島までの3.7キロを泳いで上陸し日章旗を立てる決死の作戦を必勝は考えた。 遠泳作戦の志願者は必勝と遠藤秀明(早大商学部1年)の2人だけだった。結局、水温の低さで決行は無理となり、地元の漁船を盗んで渡っていく作戦も挫折し失敗してしまったが、必勝は水晶島に駐在するソ連の監視船に銃殺されるか、あるいは拿捕され長期抑留になるのを覚悟で臨み、「どうせ国に捧げた命だ。少しでも祖国の歴史の先覚的役割を担いたい」と別れの盃を仲間たちと交わした。 同年8月15日、必勝は靖国神社を参拝し、「靖国法完徹全国大会」に学生代表として出席した。8月20日には、ソ連によるチェコスロバキア進攻(チェコ事件)に抗議するため、ソ連大使館前で座り込みをし、北方領土返還を訴えた。 同年9月以降、日学同と論争ジャーナル組との橋渡し役であった必勝は、次第に銀座...

    1969年(昭和44年)2月1日、必勝は論争ジャーナル組に完全に傾き、小川正洋、野田隆史、田中健一、鶴見友昭、西尾俊一の5人と共に日学同を正式に脱退した。日学同は追随者を増やさないために彼らを名目上、除籍処分とした[注釈 3]。 必勝は日学同を脱退後、田中健一の下宿先である新宿区十二社(西新宿4丁目)にあるアパート小林荘8号室に住み、他の脱退メンバーも頻繁に泊まりに来るようになった。6人は「十二社グループ」と呼ばれ、テロルも辞さない一匹狼の集団であった。 田中健一は30万円もする高価な脇差を買ってきて、必勝と共に切腹の練習をした。この頃、「お前は切腹できるか」と必勝から問われた者もいるという。田中は稽古中に実際に脇差の先を腹に押し当ててしまい、傷痕はのちにも残ってしまった。 同年2月15日に発刊された楯の会機関誌『楯』の創刊号には、「永遠の恋人」と題した必勝の一文が掲載された。この〈恋人〉とは、必勝が愛吟していた徳富蘇峰の歌にある「神のつくりた日本国」のことである。 同年2月19日、山本舜勝1佐の指導の下、板橋区の松月院で合宿し、楯の会の特別訓練が23日まで行われた。同年4月、必勝は楯の会の活動とは別に、「十二社グループ」のメンバーと政治結社「祖国防衛隊」(三島の祖国防衛隊と同名)を結成し、隊長となった(副隊長は小川正洋)。必勝の縁者の倉田賢司(立命館大学1年)も加えて7人となった。 同年3月1日から、三島が引率する第3回の自衛隊体験入隊が陸上自衛隊富士学校滝ヶ原駐屯地で29日まで行われ、この回で必勝の仲間の鶴見友昭、小川正洋、田中健一が参加して楯の会会員となった。9日から15日には、体験入隊経験者を対象とする上級のリフレッシャーコースが行われ、これに必勝も引率者として参加し、中核体は精鋭されていった。 この回の体験入隊を取材したロンドンの『ザ・タイムズ』記者のヘンリー・スコット=ストークスからインタビューを受けた必勝は、「なぜ楯の会に入ったのか」という質問に、「三島に随いていこうと思った。……三島は天皇とつながっているから」と答えた。 同年5月頃から、三島の指示により楯の会の7、8名が居合を習い始め、9名に日本刀が渡され、持丸博、倉持清、小川正洋、小賀正義らと並んで、必勝もその「決死隊」メンバーの中にいた。 同年5月13日、三島が東大教養学部教室で開催された...

    1970年(昭和45年)の正月休みの頃、三重県四日市市に帰省した必勝は、大学を留年したいと兄・治に申し出た。治は、「君の人生だから勉強することがあるならそれでもいいが、もう二浪しているんだよ。留年後は自分で稼ぎなさい」と言った。 幼馴染で初恋の上田牧子は、必勝が大学卒業後にどうするか決めずに留年すると聞き、「学生の身分でなければ(楯の会の)学生長ができないの?」と訊ねたが、必勝は「そうでもないんだけど」と曖昧に言葉を濁したという。 同年3月1日から28日まで、第5回の体験入隊が陸上自衛隊富士学校滝ヶ原駐屯地で行われ、必勝も学生長として三島と共に学生を引率した。この3月頃から、必勝は三島と決起計画を話し合うようになるが、まだ具体策はなかった。 春休みに必勝は、福井県に帰省している田中健一の実家を訪ねた。しかしその時に健一は不在で、父親が応対に出た。田中の父は何かを感じ、「うちの息子を危険な目に遭わさんといてくれ、一人息子やから」と必勝の手を握って頼んだ。 必勝は落胆した様子で、田中の父親が楯の会の活動を危険視していたというニュアンスで、野田隆史に語ったという。この頃、必勝は、三島との行動を共にする同志を誰にするか、考えていたのではないかと推定されている。 同年4月3日、三島は帝国ホテルのコーヒーショップで小賀正義と会い、最後まで行動を共にする意志があるかを訊ね、小賀は承諾した。4月10日には、自宅に招いた小川正洋にも、「最終行動」に参加する意志があるかどうか三島は打診し、小賀同様に小川も沈思黙考の末に承諾した。 同年4月下旬に三島は、少年時代の感情教育の師であった蓮田善明の伝記が綴られた本(小高根二郎著)を山本舜勝1佐に献呈した。5月中旬、三島宅に必勝、小賀、小川の3名が集まった。山本1佐にまだ一縷の望みを持っていた彼らは、楯の会と自衛隊が共に武装蜂起して国会に入り、憲法改正を訴えるという「最良の方法」を討議するが、具体的な方法はまだ模索中であった。 この頃から必勝の目は険しくなり、いつものように小賀正義と並んで「ぼくは必勝、かれは正義」とおどける愛嬌を見せなくなった。下宿の小林荘の廊下のピンク電話で、故郷の兄・治と口論し、「おれはおれの信念でやってんのや」と怒っている風景も見られた。同年6月2日から4日まで、陸上自衛隊富士学校滝ヶ原駐屯地で、上級者会員のリフレ...

    1970年(昭和45年)11月3日、必勝ら5人は六本木4丁目のサウナ「ミスティー」に集合し、檄文と要求項目の原案を検討した。この時、三島は全員が自決するという計画を止めさせ、小賀、小川、古賀の3名に生き残ることを命じ、「連隊長を護衛し、連隊長を自決させないように連れて行く任務も誰かがやらなければならない。その任務を古賀、小賀、小川の3人に頼む。森田は介錯をさっぱりとやってくれ、余り苦しませるな」と言った。 必勝は、「俺たちは、生きているにせよ死んで行くにしろ一緒なんだ、またどこかで会えるのだから」、「(われわれは一心同体だから)あの世で魂はひとつになるんだ」と言った。三島は必勝にも前日に、「森田、お前は生きろ。お前は恋人がいるそうじゃないか」と自決を止めるように説得していた。 しかし必勝は、「親とも思っている三島先生が死ぬときに、自分だけが生き残るわけにはいきません。先生の死への旅路に、是非私をお供させて下さい」と押し切り。その後に小賀ら3人も、「一緒に生きて先生の精神を継ごう」と説得し、三島も必勝が思い直すことを期待したが、必勝の決意は固く揺るがなかった。 11月4日から6日まで、三島と楯の会は陸上自衛隊富士学校滝ヶ原駐屯地で、上級者のリフレッシャーコースを行なった。この回は鉄道爆破の訓練をした。訓練終了後、必勝ら5人は、御殿場市内の御殿場館別館で開かれた慰労会で、他の会員や自衛隊員らと密かに別離を惜しんだ。必勝は小学唱歌「花」を歌った。 11月10日、必勝と小賀、小川、古賀の4人は、菊地勝夫1等陸尉との面会を口実に、市ヶ谷駐屯地に入り、32連隊隊舎前を下見して駐車場所を確認した。11月12日、必勝、小川、小賀の3人は、東武百貨店で開催された「三島由紀夫展」を見学した。その夜、スナック「パークサイド」で、必勝は小川に自分の介錯を依頼した。 この頃、「十二社グループ」の野田隆史は小林荘に泊まりに来て、別れ際にいつものように必勝を小便横丁の焼き鳥屋に誘うが、この時必勝は、「勘弁してくれ」と頭を振って断わるばかりであったという。野田を決起の同志に選ばなかったことを、必勝は心苦しく思っていたのかもしれないと推察されている。 11月14日、必勝ら5人は、サウナ「ミスティー」に集合した。32連隊隊舎前で待機させる記者2名をNHK記者・伊達宗克とサンデー毎日記者・徳岡孝夫...

    友人会員など

    必勝から封書2通を託されていた田中健一(3期生)は、三島のメモの指示通りに「11時」という時刻を厳守して、楯の会11月例会が予定されていた市ヶ谷会館の玄関受付のところで徳岡孝夫にそれを渡した。 パトカーのサイレンが周囲で騒がしくなる中、代表の者に取り次いでほしいと会館にかかってきた電話で、三島の行動を知った田中は、隣室にいた約30名の会員を作業服に着替えさせた。2隊に分かれて突っ込もうかという話を西尾俊一(4期生)と相談し、一旦部屋から出ていった2人はまもなく戻ると、「先生の指示があるまでしばらく待機せよ」と会員らに命じた。この時、市ヶ谷会館は警察に包囲されていた。 三島と必勝が割腹自決したニュースを詳しく知った11時45分頃、田中は全員を制服に着替えさせ、会館の玄関前に整列させた。その時田中は、あとの指揮を鶴見友昭(3期生)に任せ、特殊警棒を振り回しながら警官隊を突破しようとした。西尾と今井丈美(千葉経済大学、5期生)もそれに続き、3人は公務執行妨害で逮捕された。残った会員たちは任意同行を求められ、整列して「君が代」を斉唱した後、「天皇陛下万歳」を三唱し、四谷署に連れて行かれた...

    故郷の人々

    必勝の兄・治は、勤務先の中学校の文化祭事業に加わって体育館にいた時に、中日新聞関係者からの電話で事件を知った。内装のアルバイトをしていた高校時代の同級生・塩竹政之は、姉からの電話を受け、急遽、治と連絡をとった。 石川県金沢市でピアノ運送助手のアルバイトをしていた上田茂は、カーラジオで三島の行動が報じられた時に、「あ、森田さんも死ぬんだな」と直感した。その日、金沢は曇っていたため、曇天の日になると、上田は必ず必勝のことを思い出すことになる。 必勝の初恋の人・上田牧子は、四日市市の勤務先に持ち込まれた号外によって必勝の死を知った。必勝が帰省していた時から何となく必勝の異変を感じていた牧子は、「ああ、とうとうやったか」と思った。

  4. 東條英機 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/三奸四愚

    東條 英機(とうじょう ひでき 1884年 7月30日 [注釈 3] - 1948年 12月23日 [1] )は、日本の陸軍 軍人、政治家。 階級は陸軍大将。 栄典は従二位 勲一等 功二級。 現在の百科事典や文科省検定教科書等では新字体で東条 英機と表記されることが多い [注釈 4]。 ...

  5. アドルフ・ヒトラー - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/アドルフ・ヒトラー

    アドルフ・ヒトラー(ドイツ語: Adolf Hitler, 1889年 4月20日 - 1945年 4月30日)は、ナチス・ドイツの政治家 [1]。 ドイツ国首相、および国家元首(総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。 「自分たちが最も優秀 ...

  6. ナポレオン・ボナパルト - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ナポレオン・ボナパルト

    ナポレオン・ボナパルト(フランス語: Napoléon Bonaparte、出生名: ナポレオーネ・ディ・ブオナパルテ、Napoleone di Buonaparte、1769年 8月15日 - 1821年 5月5日)またはナポレオンはフランス革命期の軍人・皇帝・革命家。即位してナポレオン1世(フランス語: ...

  7. バルジの戦い - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/アルデンヌ攻勢
    • 概要
    • 名称
    • 戦闘前の状況
    • ドイツ軍の攻撃
    • 連合軍の反撃とその後
    • 戦局への影響
    • 参考文献
    • この戦いを題材とした映像作品
    • この戦いを題材としたゲーム

    1944年12月16日、連合軍の重要な兵站基地であったアントワープ占領を目標として、ドイツ軍の3個軍がアルデンヌ地方においてアメリカ軍に攻撃をかけた。アメリカ軍はアルデンヌでのドイツ軍の攻撃を予期しなかったため、アルデンヌには実戦経験が皆無か、以前の戦闘で消耗していた師団ばかりが配置されていた。その上悪天候により航空支援も受けられず、緒戦では多くの戦線でドイツ軍の突破を許した。しかしながらドイツ軍の補給線が伸びて行く一方で、アメリカ軍は増援部隊の到着により防衛線を着々と固めていき、12月25日には最大でもミューズ川手前でドイツ軍の攻勢は阻止され、戦線は「バルジ」(突出部の意)を形成していた。翌年の1945年にはアメリカ軍による「バルジ」への反撃が開始され、ドイツ軍の作戦は失敗し、ドイツ軍は貴重な戦力や物資を余計に消耗することとなった。

    アメリカをはじめとする欧米では、ドイツ軍の突出した戦線「バルジ」にちなんで「バルジの戦い」(Battle of the Bulge)という名称が主に使われる。 ドイツでは作戦の正式名称であった「ラインの守り作戦」(Unternehmen Wacht am Rhein)または西方総軍司令官ゲルト・フォン・ルントシュテット元帥の名前をとって「ルントシュテット攻勢」(Rundstedt Offensive)の名が使われている。 そのほか「アルデンヌの戦い」(Battle of the Ardennes)という名称もある。 日本では「バルジの戦い」が一般的だが、「バルジ大作戦」とする資料も存在する。 以下、断りがなければ戦闘名はすべて「バルジの戦い」とする。

    連合軍進撃の停滞

    1944年6月6日から始まったノルマンディー上陸作戦以降アメリカ・イギリス軍を主体とする連合軍(以下連合軍)はフランスで進撃を続け、8月25日にはパリの解放が実現した。その後も連合軍はドイツ軍を追撃したものの、予想以上に早い連合軍の進撃は補給線の延長を招いたため連合軍の進撃は停滞し、戦線は膠着状態にあった。9月4日にはイギリス軍が良好な港湾があるベルギーのアントワープを解放したものの、海とアントワープの間の水路の両岸にあるドイツ軍陣地の掃討が難航したため、港湾を補給拠点として使用する目処は立っていなかったのである。 この状況を打開するため、または「クリスマスまでに戦争を終わらせる」ために9月17日からオランダへの侵攻作戦、いわゆるマーケット・ガーデン作戦が開始された。だが、ドイツ軍の能力をあまりに軽視した作戦計画は作戦の進行とともに次々と欠陥を露呈し、本作戦は多くの犠牲とともに失敗した。戦線は再び膠着し、連合軍は一時的に進撃を中止して部隊の再編成とともに補給対策に取り組み始めた。また、東部戦線ではソ連軍によるバグラチオン作戦がポーランドの東部で息切れしていた頃で、小休止状態にあった。

    ヒトラーの「最後の賭け」

    ドイツのアドルフ・ヒトラー総統は戦況がやや停滞しているとの見通しを立て、東部・あるいは西部戦線での反撃作戦を構想した。だが、広大な東部戦線ではある一地域での反撃成功はあまり大勢に影響しない上にソ連赤軍はすぐに損害を埋め合わせる可能性が高く、東部戦線での攻撃計画は見送られた。最終的にヒトラーは3個軍によってアルデンヌ地方から連合軍の重要な兵站基地であったアントワープへ進撃、占領すると同時にオランダ方面で行動していたイギリス軍を包囲、「第二のダンケルク」を作り、連合軍に打撃を与えて講和に持ち込んでソ連との対決に全力を注ぐことを方針として定めた。軍部首脳のルントシュテットやモーデルは、この計画は無謀だとして反対した。 もう一つの案として、北部の広大な戦線に分散するコートニー・ホッジス将軍麾下の第1軍を挟み撃ちにして壊滅させることが提案された。敵軍の包囲、分断は容易であり、自らの損害も最小限に押さえられるとされたが、所詮連合軍の戦力の一部を減らすだけでしかなく、戦争の趨勢を変えられる案ではないとして却下された。 作戦時期はアルデンヌの森に霧が立ち込める冬とされた。すでに制空権は連合軍側に...

    計画の立案

    9月中旬までに、アルデンヌの森を通って攻撃を行うことが決定された。主力は西方に進撃しムーズ川に達したところで北西のアントワープとブリュッセルに進撃する予定であった。最も困難なのは作戦開始での迅速な移動と考えられたが、ムーズ川を越えれば劇的に改善され、海岸への到達が可能になるはずであった。作戦は連合軍諜報部にラインラントの防御作戦と誤認させるため「ライン(河)の守り」Wacht am Rheinと名付けられた。これはドイツの歌から取られた名称でもある。 4個軍の作戦投入が決定された: 1. ヨーゼフ・ディートリヒの率いる第6SS装甲軍は、1944年10月26日に新しく編成された。同軍は武装親衛隊の精鋭師団、第1SS装甲師団「ライプシュタンダルテ・アドルフ・ヒトラー」および第12SS装甲師団「ヒトラーユーゲント」を組み込んだ。彼らは主要攻撃部隊として北部の攻撃を行い、その目標はアントワープの確保であった。 2. ハッソ・フォン・マントイフェルの率いる第5装甲軍は、中央攻撃ルートに割り当てられブリュッセルの確保が目的となった。 3. エーリッヒ・ブランデンベルガーの率いる第7軍は、側面...

    1944年12月16日、ドイツ軍はベルギーのアルデンヌの森を通って進撃を開始した。折からのひどい悪天候により連合軍は航空機を飛ばすことができず、大いにドイツ軍の助けとなった。 突然の反撃に不意を突かれた第8軍団(英語版)の司令官トロイ・H・ミドルトン(英語版)少将は、ドイツ軍の規模やその意図についての情報を全く持たない中で、「諸隊が現在地を撤退するのは、そこが持ち堪えられなくなったとき、ただ、その時にかぎる」と実質的な死守命令を出した。隷下の各師団からはドイツ軍の戦力が強大なことや、いたるところで前線が突破されているという情報がもたらされたが、ミドルトンの死守命令が覆ることはなく、さらに「一切の陣地はいかなる犠牲をはらっても、これを堅持せよ」と強い命令を下している。 死守命令を受けたアメリカ軍各師団はクレルヴォー(英語版)ホージンゲン(ドイツ語版)など一部拠点で頑強に抵抗して、旅団、連隊、大隊など高級部隊長の戦死や負傷が続出し、壊滅するか、捕虜となるか、包囲されるかという窮状に陥った。しかしながら、ドイツ軍の足止めには成功して、進撃速度は計画より大きく下回ることとなった。結局、驚きと混乱に乗じたドイツ軍の快進撃は最初の数日間しか続かず。12月下旬に差し掛かると、ドイツ軍の主力部隊はあちこちの地域で各地から急行してきたアメリカ軍による強力な抵抗に会い、前進は非常に遅くなった。また各戦線の進撃速度にも大きなバラつきが生じ、速攻に成功した部隊に包囲反撃が集中する事態が続出した。 ヒトラーは、どうやら連合軍がこの事態に対応するのに時間がかかると考えていた節がうかがわれる。ドイツ軍の大規模な攻勢だと認識するのに数日、アイゼンハワーが各国首脳に相談して部隊の配置転換を命令するのに数日、そして配置転換するよう命令された部隊が現地に到着するのに数日。それだけ時間があれば作戦は間違いなく成功すると思ったのだろう。しかし実際は連合軍の反応はヒトラーの予想を遥かに上回るほど早く、またアイゼンハワーの決断も早かった。彼はどの首脳と相談することもなく部隊の配置転換を断行し、当時フランスで再建中だった第101空挺師団をバストーニュに急派した。ヒトラーの思惑は初日から砕かれてしまった。

    12月23日には天候が回復し、連合軍は空爆と空輸を開始した。航空爆撃はドイツ軍の補給基地に壊滅的な打撃を与え、P-47 サンダーボルト戦闘機は路上のドイツ軍を攻撃した。さらにバストーニュへの空輸で医薬品、食料、毛布、弾薬が補給された。ボランティアの外科医チームがグライダーで現地に入り、負傷者の救援を行った。 バストーニュを後に残して西に向かったドイツ軍(第5装甲軍の第2装甲師団(英語版))はムーズ川の手前のセルまで達したが、燃料と弾薬の枯渇が致命的であった。12月24日にここでアメリカ軍と衝突し、ドイツ軍の進撃は停止した。バルジの戦いでドイツ軍が最も西へ進出できた地点はセルとなり、ついに目的としていたムーズ川には到達できなかった。また、作戦が開始されるとドイツ軍は無線封鎖を解除したため、連合軍の情報部は容易にドイツ軍の位置を割り出して、的確に反撃することができた。この時点までドイツ軍の損失はパイパー戦闘団の消耗を別として軽微なものであった。24日の夜にハッソ・フォン・マントイフェルは作戦の停止と撤退を進言したが、ヒトラーはそれを拒絶した。セルのドイツ軍はアメリカ軍との3日間の戦闘により壊滅した。 12月26日 - バストーニュの南35kmにあったパットンの第3軍の第4装甲師団(英語版)は12月22日にバストーニュに向けて進撃を開始したが、ドイツ軍の抵抗のため進撃は簡単ではなかった。5日間の激戦の末、この日の16:50に師団の1個大隊(エイブラムス中佐が指揮)がバストーニュに達し、バストーニュの包囲は破られた。 1945年1月1日 - ヒトラーはドイツ空軍最高司令官ヘルマン・ゲーリングに「ライン(河)の守り」にドイツ空軍による全力支援を命じており、地上軍進撃開始と同時にドイツ空軍が連合軍飛行場を攻撃して、空からの脅威を排除するボーデンプラッテ(大鉄槌)作戦が計画されていた。アドルフ・ガーランドをはじめとする多くの現場指揮官の反対を押し切って準備は進められていたが、地上軍が進攻を開始すると、ドイツ空軍は通常の支援任務に駆り出されて、いったん作戦は棚上げになった。ドイツ空軍は12月末までに昼夜を問わず述べ900回も出撃したが、天候が回復するにつれて損失も蓄積し連合軍に制空権を奪われていた。そこで、年末の12月31日午後に戦闘航空兵団司令官ディートリヒ・ペルツ(英語版...

    ドイツの初期の攻勢は連合国を驚かせ、いくつかは成功したが西部戦線での主導権を奪還するに至らなかった。当初予定していたドイツの目標は達成出来ず、アルデンヌ攻勢は多くの損害を生み出し、連合国の反撃により、押し戻される結果になった。 この作戦によって連合軍は、より多くの戦力を割かねばならなくなり、進攻計画に数ヶ月の遅れを生じさせたが、ドイツ軍が決定的な敗退と損失を被ったことで、戦争の終結は早まった。また、防御を固めるのではなく攻勢に出てきたドイツ軍の中核を補給が続かなくなった時に壊滅させたことで、進攻による連合軍の被害は最小限に抑えられたと考えることもできる。さらにドイツは東部戦線に軍を回す余力もなくしたため、ソ連の進撃速度を速めるという結果も生んだ。 この戦いによるドイツ軍の損害は致命的なものであり、最後の予備兵力を失うことになった。ドイツ空軍は壊滅し、残存戦力はジークフリート線まで押し返された。 初期のドイツの成功により、イギリス首相のチャーチルは1月6日にスターリンに連絡し、東部戦線からドイツに圧力をかけてもらう様要請し、1月12日には、ソ連赤軍はヴィスワ=オーデル攻勢を開始した。当初の予定ではこの作戦は1月20日に攻勢を開始する予定であったが、チャーチルの要請と月末の天候が悪化が予想された事から作戦を早めた。

    ウィリアム・K・グールリック/オグデン・タナー 共著、明石信夫 翻訳、『ライフ 第二次世界大戦史 「バルジの戦い」』、タイム ライフ ブックス
    Sandler, Stanley (2002), Ground Warfare: An International Encyclopedia, ABC-CLIO, ISBN 1-57607-344-0
    ハンソン・ボールドウィン『勝利と敗北 第二次世界大戦の記録』木村忠雄(訳)、朝日新聞社、1967年。ASIN B000JA83Y6。
    フリードリヒ・フォン・メレンティン『ドイツ戦車軍団全史―フォン・メレンティン回想録』矢嶋由哉(訳)、朝日ソノラマ、1980年。ISBN 4257031190。
    『前線命令』(原題:The last blitzkrieg)
    『バルジ大作戦』(原題:Battle of the Bulge)
    『大反撃』(原題:Castle Keep)

    ウォーシミュレーションゲーム(ボードゲーム)

    1. Battle of the Bulge(1965年度版), アバロンヒル, 1965 2. Wacht am Rhein, SPI, 1977 3. Battles for the Ardennes, SPI, 1978 3.1. バトル・フォー・ジ・アルデンヌ(上記の日本語版), サンセットゲームズ, 2006 4. The Bulge, SPI, 1979 4.1. バルジ大作戦(上記の日本語版),『ベーシック3』版, ホビージャパン, 1983 4.2. バルジの戦い(上記のリメイクバージョン), ウォーゲームハンドブック2016版, 国際通信社, 2016 5. Dark December, Operational Studies Group(OSG), 1979 5.1. バルジの戦い(上記の日本語版), 『シックス・アングルズ別冊第2号版』, シックス・アングルズ, 2005 6. Battle of the Bulge(1981年度版), アバロンヒル, 1981 7. バルジ大作戦, エポック社, 1981 7.1. 『コマンドマガジン日本版第23号』付録版...

    リアルタイムストラテジー(コンピュータゲーム)

    1. クロースコンバット4 ~バルジの戦い~, メディアクエスト, 2000 - Windows95/98/Me/2000 2. 1944 ~バルジの戦い~, ズー, 2005 - Windows98/Me/2000/XP

  8. 兄弟芸能人一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/兄弟芸能人一覧

    兄弟芸能人一覧(きょうだいげいのうじんいちらん)は、兄弟姉妹で活躍する芸能人の一覧である。 以下の形式による。 原則として出生順に表記する。 女性は姓名の後に*を付加して表記する。 双子の人物は双子の有名人の一覧#芸能人に記載する。

  9. 格差社会 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/地域格差
    • 世界的傾向
    • 格差の発生の背景・原因
    • 格差の再生産・固定化
    • 格差の是正
    • アメリカ合衆国
    • 韓国
    • 中華人民共和国
    • 格差社会に関する議論
    • 参考文献
    • 関連項目

    国際通貨基金の報告書『World Economic Outlook Oct.2007』では、過去20年間の傾向として、ほとんどの国や地域で所得の国内格差が拡大しているとしている。 経済学者のトマ・ピケティは「ヨーロッパや日本では今(2014年)、20世紀初頭と同じレベルにまで格差が広がっている。格差のレベルは、第一次世界大戦より以前の水準まで逆戻りしている」と指摘している。

    IMFは格差の主因として「技術革新」と「金融のグローバル化」を指摘している。 また、ニューズウィーク日本語版 2007年12月5日号では「経済学の通説では、格差の拡大はグローバル化と自由貿易の避けがたい副産物であるとされている」と紹介されている。

    格差の固定化

    大阪大学社会経済研究所教授大竹文雄の『賃金格差拡大に耐えられる社会に』の中では次のように著述されている[要出典]。

    貧困の文化

    1960年代以降のアメリカでは「貧困の文化」en:Culture of povertyという概念が提示され、格差の再生産・固定化に強く関与していると言われている。 「貧困の文化」とは貧困者が貧困生活を次の世代に受け継ぐような生活習慣や世界観を伝承しているサブカルチャーであり、このサイクルを打破することが格差社会を解決するために不可欠だ、という考えが広がっている。この概念は人類学者オスカー・ルイスの著書『貧困の文化-メキシコの“五つの家族”』からその名を取る。民主党のモニハン上院議員en:Daniel Patrick Moynihanのレポートなどに採用され、アメリカの対貧困政策に大きな影響を与えている。 しかし貧困の文化の概念には、人類学者や社会学者などから数多くの批判がなされており、しかも現実のデータとあっていない(Goode and Eames, 1996)。またこの概念は本来発展途上国を対象としたものであるため、先進国の政策に応用するのは不適切な面がある。また、ワーキングプアのように勤勉な労働者でありながら、労働条件や環境が劣悪なために貧困に陥ってしまうといった社会現象を説...

    教育・訓練

    他には、格差是正のために「教育の拡充」「技術革新により賃金の低下を余儀なくされた低技能労働者の再訓練」を提言する意見もある。 国際通貨基金の報告書『World Economic Outlook Oct.2007』(世界経済概要2007年10月版)では、格差是正のためには、職業教育・訓練機会の増加によって高技能者を増やすことによって所得水準の底上げ、格差の縮小が行えるとしている。 技術革新 1. IT化などの技術革新により生産性が向上すると、低技能の労働者の価値が相対的に下がり、高技能な業務を行う労働者の価値が相対的に上がる 教育 1. 教育を受ける機会が平等になるほど、高技能な労働者の比重が高まり、所得が底上げされることによって格差が小さくなる

    「アメリカンドリーム」という言葉があるアメリカだが、特にレーガノミックス以降格差の拡大・固定化が危惧されている。 例えば、ニューヨーク市の上位層と下位層の格差(上2割と下2割の所得の比率)は、40倍となっており、この中には黒人層の失業率が高いなど、人種問題も影を落としているとされる。2011年10月には、「たった1パーセントの富裕層が残りの99パーセントを搾取している」と叫ぶ人々による抗議行動「ウォール街を占拠せよ」が展開された。 1980年代のアメリカで貧富の格差が拡大したとされる統計データ、「富裕層がより豊かになり、貧困層はそのままであった」という見解について、経済学者のスティーヴン・ランズバーグは、 1. 1980年代のアメリカでは所得税率の大幅な引き下げが実施された。税率が下がると、人は所得隠しに熱心でなくなる。それだけで富裕層の所得が上昇したかのように見える。低所得者層は、税率が低く賃金など捕捉されやすい収入が主な所得源であるため、所得の100%を申告する。よって、低所得者層の所得に変化はない。一方で高所得者は所得隠しの動機・機会も多いが税率が下がれば、所得隠しをしなくなる。結果、高所得者層の所得が増え格差が広がったように見える 2. 家庭崩壊が貧困の拡大があったかのような統計的錯覚を生んだ。家族が離散すると中産階級世帯が1つなくなり、そのかわり低所得者層が2つ生まれる 3. 年間所得の格差は必ずしも生涯所得格差の拡大を意味しない と反論している。 フリードリヒ・ハイエクは、自由の伝統を持つアメリカで、「社会保障制度」「累進課税」など「結果の平等」を目指した政策が導入された結果、自由への脅威が生まれたと考えていた。

    アジア通貨危機以降慢性的に不況・雇用不足が続いている上、伝統的な男女格差・地域対立・学歴崇拝が存在しそれが大きな社会格差を生み出している。但し韓国の場合大学進学率は9割を超え、格差は学歴間というよりは学校間が主たる問題となりつつある。 また男女間格差については韓国においては男子のみに兵役義務があり、この分除隊後の男性を優遇せざるを得ないという主張が性別格差擁護派からは主張されている[要出典]。 また、他国同様移民差別が激しく、韓国永住他国市民への地方参政権が与えられ小康状態になるまでの間、華僑差別が問題となってきた。またイスラーム圏からの移民、中国朝鮮族や脱北者を含めた新規移住者が社会的・経済的に差別を受けて下層階級であることを余儀なくされている。 2010年代においても格差は解消されておらず、若年層においては低所得世帯の出身者を意味する「泥スプーン」組、裕福な家庭の子息を示す「金スプーン」組という言葉が用いられ、泥スプーンから脱出する困難さが話題となる。

    鄧小平時代に改革開放がすすめられ、国家資本主義経済が導入された。沿岸部、特に歴史的に早くから開かれていた上海や、改革開放当初に経済特区とされた14沿海都市などでは裕福層が多い。一方で内陸部、特に各自治区では非常に貧しく、民工とよばれる出稼ぎ労働者への賃金格差や、人身売買もされる黒孩子などの社会問題が発生している。上海・北京・広州などの大都市・沿海部の4億人の地域と、内陸農村部の9億人の地域で経済格差が存在する(2010年時点)。上海などの主要都市部と内陸農村部の賃金格差は、10倍以上あるとされている(2009年時点)。栄養不足人口は1億人以上となっている(2010年時点)。1989年の天安門事件は、沿岸部の経済特区と内陸部の農村地帯の激しい所得格差を背景として起きた。

    ジョセフ・E・スティグリッツは「格差はグローバリゼーション、労働・資本・モノ・サービスの移動、スキルや高学歴の従業員の優遇、技術変化の副産物だというものは真実ではない」と指摘する一方で「グローバル化による不均衡は、世界中に被害をもたらした。国境を越え移動する資本は、労働者に賃金の譲歩、政府に法人税の減税を要求した。その結果、底辺への競争が起き、賃金・労働条件が脅かされるようになった」と指摘しているしている。 トマ・ピケティは、資本主義では、資本収益率が所得成長率より高いのが常であり、先進国でも格差は拡大するとしている。ピケティは「資本主義を否定しているわけではなく、格差自体が問題だと言うつもりはない。経済成長のためには、ある程度の格差は必要であるが、限度がある。格差が行きすぎると、共同体が維持できず、社会が成り立たなくなるおそれがある。どの段階から行きすぎた格差かは、決まった数式があるわけではない」と指摘している。ピケティは、富裕層の資産が増えるスピードが一般の人の賃金などが増えるスピードを上回っていることが問題の根源だとしており、勤労よりも相続・結婚などのほうが資産を蓄積できる構造になっているとしている。ピケティは、資産を持つ者がさらに資産を蓄積していく傾向にあり、格差は世襲を通じて拡大すると結論づけている。 竹中平蔵は「本来重要なのは、生涯所得の比較である」と指摘している。 政治経済学者のアルベルト・アレジーナらの研究によれば、ヨーロッパとアメリカの格差に対する意識の違いについて、ヨーロッパでは不平等感が高まると人々は幸福感が低下するのに対して、アメリカでは不平等感が高まっても幸福感に影響を受けないとしている。アメリカでは所得階層間の移動率が高いため、現在貧しいことは必ずしも将来の貧しさを意味しないのが、ヨーロッパでは所得階層間の移動率が低いため、所得の不平等感が深刻な問題だと考えられているとしている。 経済学者の若田部昌澄は「貧困の原因として自己責任の部分があったとしても、自己責任を問えない状況下で自己責任を問うのは論理的ではない」と指摘している。 経済学者の吉川洋は「偶然に左右される分配を放置すれば、社会の安定は大きく損なう。よって『結果の平等』を求めるのはそれなりに合理性がある」と指摘している。 スティーヴン・ランズバーグは「幸福と所得が同等であれば...

    ポール・クルーグマン『格差はつくられた-保守派がアメリカを支配し続けるための呆れた戦略』、2008年6月。早川書房、ISBN 978-4152089311。
    橘木俊詔『格差社会-何が問題なのか』(『岩波新書』新赤版1033)岩波書店、2006年9月。ISBN 4-00-431033-4。
    文春新書編集部編『論争格差社会』(『文春新書』522)、文藝春秋、2006年8月。ISBN 4-16-660522-4。
    宮本みち子『若者が《社会的弱者》に転落する』(『新書』)、洋泉社、2002年11月。ISBN 4-89691-678-6。
    身分制度 - 世襲 - 身分 - 教育格差
    階級社会 - 階層 - 階級 - ヒエラルキー - 階層構造 - 社会階層 - 学歴社会 - 社会的排除
    収入 - 最低賃金 - 貧困ビジネス - 貧困 - 学習性無力感 - 貧困の文化
    拡大再生産 - 貧富の差 - 学力格差 - 医療格差 - 健康格差 - 情報格差 - 恋愛格差 - スクールカースト - ママカースト
  10. 岡山県出身の人物一覧 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/岡山県出身の人物一覧

    岡山県出身の人物一覧(おかやまけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する岡山県出身の人物の一覧表である [注釈 1]。 公人 政治家 首相経験者 犬養毅(第29代内閣総理大臣):備中国 賀陽郡 庭瀬藩(現・岡山市 北区)

  11. 其他人也搜尋了
  1. 終身意外險 相關
    廣告