Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 網路門市 相關
    廣告
  1. 黄道帯 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 黄道帯

    黄道帯(こうどうたい、英: Zodiac )とは、黄道の上下に9度の幅をとって空にできる帯のこと [1]。獣を象った星座を多く通ることから獣帯(じゅうたい)とも呼ばれる [2] [3]。現在、黄道帯には13の星座があり、このうちへびつかい座を除いた12の星座を黄道十二星 ...

  2. 台湾の行政区分 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org › wiki › 台湾の行政区分
    • 概要
    • 行政区画の一覧
    • 関連項目

    台湾における行政区分は、中華民国憲法とその修正条文、ならびに地方制度法の規定に基づいて区分されており、現在では第1級行政区分の6直轄市(台北市、新北市、桃園市、台中市、台南市、高雄市)、ならびに第2級行政区分の3省轄市(基隆市、新竹市、嘉義市)と13県に区分されている。 第1級行政区分として省(福建省、台湾省)という区分単位も名目上存在しており、第2級行政区分である省轄市と県は、省内を更に区分している。だが、1996年1月に福建省が、1998年12月に台湾省がそれぞれ行政機能を「凍結」させられた為、その機能は中央や第2級行政区分の省轄市、県へと分散された。 しかし、財政上は省と同格である2直轄市(台北市と高雄市)が厚遇されていたため、県や省轄市には十分な予算が回らないという問題が続いてきた。そのため、2007年に地方制度が改正され、人口200万以上の県市に直轄市並みの財政処置が可能とすることが決まった。この条件を満たす県市は複数あるが、まず台北県がこの準直轄市扱いとなった。なお、法律上は「準直轄市」という区分が存在しない。台北県も財政上の処置を除くと、他県同様の区分にとどまっている。2009年にまた法律が改正され、2010年末から台北県が新北市に昇格(直轄市)し、さらに台中市と台中県、台南市と台南県、高雄市と高雄県がそれぞれ合併して直轄市になった。同時に、桃園県の人口数が200万を超えたため、準直轄市扱いとなった。 なお、中華民国が領有する東沙諸島と南沙諸島の島々は高雄市に、また尖閣諸島(中国語名:釣魚台列嶼)は「中華民国領海及鄰接区法」の規定によって宜蘭県の所管とされている。

    行政院聯合服務中心(行政院総合サービスセンター)

    行政院総合サービスセンター(行政院聯合服務中心)(中国語版)は省級の非正規な中央政府出先機関であり、行政院の各部会が各地域に出向した場合の総合庁舎として設置された。中心の責任者は主任である行政院副院長が兼務し、実際の政務は中心執行長(センター長)を中心に行われている。 聯合服務中心の管轄区域は『台湾地区国土綜合開発計画』で策定された台湾本島四大区域(北部、中部、南部、東部区域、および福建省金門、連江両県による金馬区域)を担当することとなっており、現在は行政院南部総合サービスセンター(中国語版)(行政院南部聯合服務中心)と行政院中部総合サービスセンター(中国語版)(行政院中部聯合服務中心)、行政院東部総合サービスセンター(中国語版)(行政院東部聯合服務中心)、行政院雲嘉南区総合サービスセンター(中国語版)(行政院雲嘉南區聯合服務中心)、行政院金馬総合サービスセンター(中国語版)(行政院金馬聯合服務中心)が設置されている。

    南京国民政府の行政区分:1949年の中央政府遷台以降も放棄されていない公式上の中華民国全土の行政区分
  3. 其他人也搜尋了
  1. 網路門市 相關
    廣告