Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 何応欽 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/何應欽

    何 応欽(か おうきん、1890年 4月2日 - 1987年 10月21日)は、中華民国の軍人。 字は敬之。 貴州省 興義府興義県 泥氹鎮 (中国語版) 出身。 祖籍は江西省 撫州府 臨川県。 東京振武学校第11期、日本陸軍士官学校 28期卒業。 黔軍(貴州陸軍)出身で、後に孫文( ...

  2. 南京事件 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/南京虐殺

    南京大虐殺紀念館 - 国軍歴史文物館 歴史修正主義 - 自虐史観 - 否認主義 日本の戦争犯罪 通州事件 - 尼港事件 - 済南事件 - 通化事件 黄河決壊事件 外部リンク 極東国際軍事裁判記録国会図書館。

  3. カササギ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/カチガラス
    • 分布
    • 生態
    • 知能
    • 文化
    • カササギにちなんだ作品・命名
    • 参考文献
    • 外部リンク

    生息域

    世界的には北アメリカ西部、欧州全域、中央アジア、アラビア半島南西部、極東、オホーツク海北部沿岸に分布する。現在一般的な分類では、旧北区の広範囲に分布する。しかしこの分類は不正確であり、修正が迫られている。 北米の2種を亜種として含めると、その分布は旧北区に加え新北区となる。逆に、本種を複数種に分割するなら、日本の個体群を含む亜種 P. p. sericea は別種 P. sericea となり、その分布域はほぼ東アジアに限られる。 日本では北海道、新潟県、長野県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県で繁殖が記録されている。秋田県、山形県、神奈川県、福井県、兵庫県、鳥取県、島根県、宮崎県、鹿児島の各県、島嶼部では佐渡島、対馬で生息が確認されている。

    日本生息個体に関する知見

    九州の個体群は、朝鮮とは別亜種で中国と同亜種に分類されている。九州の個体群は17世紀に朝鮮半島から現在の佐賀県(佐賀藩)および福岡県筑後地方(柳河藩)に人為移入された個体が起源とされる。なお、『日本書紀』には飛鳥時代に新羅から「鵲」を持ち帰ったという記述がある(#文化参照)。しかし、室町時代以前の文献にみられる観察記録にはカササギと断定出来る記述は無いとされている。 移入時期は豊臣秀吉の朝鮮出兵とする説(後述)もあるが文献記録が無く伝聞の域を出ていない。一方、台風や季節風により本来生息域である大陸から迷行し飛来した自然渡来個体が定着した可能性も否定されていない。しかし江口、久保(1992)は、福岡県玄界灘沿岸生息群と佐賀平野生息個体群の分布調査からは自然渡来の可能性は極めて低いとしている。また、万葉集にカササギの歌が無い事が渡来時期の傍証のひとつとなっている。 江戸時代には「朝鮮がらす」「高麗がらす」「とうがらす」の別称があり、江戸時代の生息範囲は柳河藩と佐嘉藩の周辺の周辺非常に狭い地域に限られていた。また、佐嘉藩では狩猟禁止令により保護されていた。生息域が極めて狭く珍しい鳥であ...

    地域名

    1. 佐賀県:「カチガラス」「キシャガラス」「シチャガラス」 2. 福岡県筑後地方(福岡県南部):「コーライガラス」「コーゲガラス(「高麗ガラス」からの転訛)」「カッチョ」

    人里の大きな樹の樹上に球状の巣を作り繁殖する。ハシブトガラスのように群れを作らず、主にツガイ、もしくは巣立ち前の雛と少数単位で暮らす。また、ハシブトガラスよりも一回り小さく、黒地に白い羽を持つ。1960年代に行われた調査では、標高100m 以上の山地には生息せず人里を住みかとしており、広い森林が覆う山地は分布障壁となっている。 なお、和名「カササギ」はサギの音を含むが、分類学的にはサギ(鷺)と遠く離れている[注 1]。

    カササギは鳥類のなかでも大きな脳を持っており、哺乳類以外では初めて、ミラーテストをクリアした、すなわち、鏡に映った像が(他の個体ではなく)自分であることを認識したことが確認された。日本においても、老人や子供は警戒しない一方で、若い男性など危害を与えようとするものには警戒して近寄らないという観察結果が出ている。

    中国

    七夕伝説における織姫と彦星の間をつなぐ掛け橋の役を担う鳥として、親しまれている。なお、現代中国語では「喜鵲」と表記する。

    朝鮮半島

    朝鮮語ではカササギを「까치(Kkachi、カチ)」と呼ぶ。大韓民国では首都のソウル特別市をはじめとする多くの都市が市の鳥に指定している。また、ソウルの地下鉄にはカチ山駅という駅がある。済州島には生息していなかったが、1989年に新聞社と航空会社が協賛して半島の生息種を約50羽放鳥した。天敵のいない環境で一時期10万羽以上にまで増殖し、外来種として生態系と農作物に深刻な被害をもたらしている。済州島のカササギは有害野生動物に指定され、自治体による計画的な駆除が行われている。

    英語圏

    英語では、カササギ、オナガ、サンジャク、ヘキサンなどをまとめて magpie(マグパイ)と呼び、伝統的に「おしゃべり好きのキャラクター」としての表象を与えられている。また、金属など光るものを集める習性があるという広く知られた俗説によって「泥棒」の暗喩に用いられることがある。しかし、実際にはカササギにそうした習性はないことが近年の研究で報告されている。

    川口孫治郎、「天然紀念物調査報告書之部 鵲」 『史蹟名勝天然紀念物調査報告書 第二輯』福岡縣1926年
    佐賀縣史蹟名勝天然紀念物調査會『佐賀縣史蹟名勝天然紀念物調査報告 第一輯』佐賀縣1927年
    黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科9 鳥III』、平凡社、1986年、162頁。
    県鳥カチガラス(初春)佐賀の音100選 - YouTube(佐賀新聞社提供、2016年2月26日公開)
  4. マンガサミット - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/マンガサミット
    • イベント内容
    • 過去の大会
    • 参考文献
    • 外部リンク
    原画展
    学術シンポジウム
    産業報告
    ICCマンガ大賞選考及び発表(第10回大会より)

    第1回 東京&いわき大会

    1. 期間:1996年9月13日-9月16日 2. テーマ:マンガで創ろう明日のユートピア 3. 場所:東京都及び福島県いわき市 4. 参加国:日本・韓国・台湾・香港・中国 1993年、ストーリーマンガ50年を記念し、アジア各地域の漫画家たちとの親交を土台としたマンガ文化発展の可能性を模索するイベントとして企画された。韓国、香港、台湾、中国の漫画家にも参加を要請し、「マンガを通じた文化交流のは花を咲かせよう」という計画が誕生した。その基本計画では「各国のマンガ事情を知り、研究し、マンガ文化を支えあうことを理想とする」、「当初は東アジア地域を対象とするが、将来は全アジア、世界へと対象を拡大する」、「第1回は日本で開催し、その後は各地域の輪番開催とする」、「毎年開催を理想とするが、事情に応じて開催する」、「各国の運営は開催地の漫画家が担当する」という基本方針が決定された。 日本側の運営窓口であるが、当初は日本漫画家協会に打診したが、当協会は文化庁認可の社会事業団体であり、イベントに対する協賛企業の手当てや出資の保証ができないことから、当時発足準備中であったマンガジャパンがマンガにおけ...

    第2回 韓国・ソウル大会

    1. 期間:1997年9月24日-27日 2. テーマ:マンガの表現の自由 3. 場所:大韓民国ソウル特別市 4. 参加国:日本・韓国・台湾・香港・中国・マレーシア・シンガポール・タイ・フィリピン 9月24日、ソウル市立美術館での開会式では日本からの参加者20名を含む200名を超すマンガ関係者、研究者、出版関係者が参加、同時に美術館では10の国と地域の漫画家が出展した原画展が開催された。開会式後に世宗記念館に移動しシンポジウムが開催され、その中で韓国の漫画家である李世賢より表現の自由に関する発言がなされた。これは韓国古代史を描いた長編作品『天国の神話』において、獣姦描写が猥褻描写であるとし、同年施行された「青少年保護法」により告訴された内容の報告であり、ポルノチックで暴力的な表現が含まれた映画公開が許される中、マンガのみが不当に厳しく処罰されることはマンガの芸術性、文化性が他コンテンツより低く見られている傍証であり、マンガを不当に低く評価する韓国社会に抗議すると共に、表現の自由を訴える内容であった。この報告に関しては参加者はマンガ文化全体の問題としてとらえ、最終日には参加漫画家全...

    第3回 台湾・台北大会

    1. 期間:1999年9月 2. テーマ:21世紀マンガの国際化に対する展望 3. 場所:台湾新竹市 4. 参加国:日本・韓国・台湾・香港・中国・マレーシア・シンガポール

    '97아시아만화대회『통역 도우미』(1997年9月)
    2009第10届國際漫畫家台灣淡水大會執行委員會『2009第10届國際漫畫家台灣淡水大會紀念專刊』(2009年10月)
    第12届世界漫画大会执行委员会『第12届世界漫画大会会刊』(2011年10月)
    第13回国際マンガサミット鳥取大会実行委員会『第13回国際マンガサミット鳥取大会 公式図録』(2012年11月7日)
  5. 二・二八事件 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/二・二八事件
    • 背景
    • 経緯
    • その後
    • 関連作品
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    1945年に日本が敗戦した後の台湾では、カイロ宣言に基づき、連合国軍の委託を受けて、日本軍の武装解除を行うために、中国大陸から蔣介石国民政府主席率いる中国国民党政府の官僚や軍人らが同地へ進駐し、失地回復という名目で台湾の行政を引き継いでいた。 当初、少なからぬ本省人が台湾の「祖国復帰」を喜び[要出典]、中国大陸から来た国民党政府の官僚や軍人らを港で歓迎したが、やがて彼らの汚職の凄まじさに驚き、失望した。大陸から来た軍人・官僚は、当時の国共内戦の影響で(人格的にも能力的にも精鋭と呼べる人材は大陸の前線に送られており)質が悪く、強姦・強盗・殺人を犯す者も多かったが、犯人が処罰されぬことがしばしばあった。 もし罰せられる場合でも、犯人の省籍をマスコミ等で報じることは厳しく禁じられた。また、台湾の資材が中国人官僚らによって接収・横領され、上海市の国際市場で競売にかけられるに到り、物資不足に陥った台湾では、相対的に物価は高騰、インフレーションによって企業の倒産が相次ぎ、失業も深刻化した。 日本統治時代の台湾では、厳しい同化政策(皇民化教育)などはあったが、不正は少なく、帝国大学も創設され、インフラストラクチャも整備した台湾の経済は、日本内地の地方都市を超えて東京市と同じ水準だった。日本の統治を体験した台湾人にとって、治安の悪化や役人の著しい汚職、軍人・兵士などの狼藉、さらに経済の混乱は到底受け入れがたいものであり、人々の不満は高まっていった。 当時の台湾人たちは、「何日君再来」を歌ったり、「犬去りて、豚来たる」(意味:犬〔日本人〕が去れば、今度は豚〔中国人〕が来た。)と揶揄した(犬〔日本人〕はうるさくても番犬として役に立つが、豚〔中国人〕はただ貪り食うのみで、役に立たないという意味が込められている)。

    戦後の台湾では、日本統治時代の専売制度を引き継ぎ酒・タバコ・砂糖・塩等は全て中華民国によって専売された。しかし、中国大陸ではタバコは自由販売が許されていたため、多くの台湾人がこの措置を差別的と考え、不満を持っていた。 1947年2月27日、台北市で闇タバコを販売していた女性(林江邁、40歳、2人の子持ち寡婦)を、中華民国の官憲(台湾専売局台北支局密売取締員6名と警察官4名)が摘発した。女性は土下座して許しを懇願したが、取締官は女性を銃剣の柄で殴打し、商品および所持金を没収した。タバコ売りの女性に同情して、多くの台湾人が集まった。すると取締官は今度は民衆に威嚇発砲したが、まったく無関係な台湾人である陳文渓に被弾・死亡させてしまい、逃亡した。 この事件をきっかけとし、民衆の中華民国への怒りが爆発した。翌28日には抗議のデモ隊が省行政長官兼警備総司令陳儀の公舎に大挙して押しかけたが、庁舎を守備する衛兵は屋上から機関銃で銃弾を浴びせかけ、多くの市民が死傷した。 激怒した本省人民衆は国民政府の諸施設を襲撃し、大陸人商店を焼いた。日本語や台湾語で話しかけ、答えられない者を外省人と認めると暴行するなどの反抗手段を行った。台湾住民の中には日本語が話せないグループもいたが、「君が代」は国歌として全ての台湾人が歌えたため、本省人たちは全台湾人共通の合言葉として「君が代」を歌い、歌えない者(外省人)を排除しつつ行進した。また、本省人側はラジオ放送局を占拠。軍艦マーチと共に日本語で「台湾人よ立ち上がれ!」と全島に呼びかけた。 3月1日からは各主要都市で民衆が蜂起して官庁や警察を占拠し、外省人を殴打した。台南では台南飛行場が占拠され、旧日本軍の飛行機で東京に飛んでマッカーサー元帥に陳情してGHQの占領下に組み入れてもらおうとする者もいた(機体の部品が欠損していたため果たせず)。高雄では要塞司令の彭孟緝がこれに対し武力掃討を行い、多くの死者を出している。 3月4日には台湾人による秩序維持と食糧確保のための全島処理委員会が成立。事態の収拾に向けて、知識人や地方名士からなる二・二八事件処理委員会も台湾各地に組織され、台北の同委員会は3月7日に貪官汚吏の一掃・省自治の実施・政府各機関への本省人の登用などの改革を陳儀に要求した。 劣勢を悟った中華民国の長官府は、一時本省人側に対して対話の姿勢を示...

    事件後、関係者の多くは処刑されるか身を隠すか、あるいは国外逃亡を企てた。 後に中華民国総統を務めた李登輝は留学経験者という知識分子であったため処刑を恐れて知人宅に潜伏し、ほとぼりの冷めるのをまった。外国人初の直木賞受賞作家であり実業家の邱永漢は学生運動のリーダーであったが、当局の眼を掻い潜って出航。香港を経由して日本に逃亡した。亡命者の中には反国民党を掲げたものもあったが、当時は東西冷戦の時代であり、反国民党=親共産党とみなされて、日米ではその主張は理解されなかった。 中国国民党政府は、事件後、戒厳令を38年の間施行した。戒厳令下の台湾では政治活動や言論の自由は厳しく制限され、白色テロと呼ばれる人権抑圧が行われた。 事件は本省人と外省人の間に亀裂をもたらし、事件について語ることは長年タブーとなっていた。 しかし時が経つにつれ、これを話題にすることができる状況も生まれてくる。当初、国民党は台湾人に高等教育を与えると反乱の元になる、と考えていたが、経済建設を進めるに当たって専門家の必要性が明白となり、方針を転換して大学の建設を認めた。 戒厳令解除後の1989年に公開された侯孝賢監督の映画『悲情城市』は二・二八事件を直接的に描いた初めての劇映画で、ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した。 李登輝体制下で事件の再調査が行われ、1992年に長大な調査報告書が作成された。1995年2月には台北新公園(現・二二八和平公園)に二・二八事件記念碑が建てられ、李自らが除幕式で公式な謝罪の意を表明した。同公園内の台北二二八紀念館や台北市内の二二八国家記念館で、事件の資料が展示されている。 なお、二・二八事件については、当時台湾共産党が中国共産党の指令を受けて、国民党政権を倒すべく民衆の蜂起を煽ったとの説もあるが、これに対し、それは蔣介石が台湾人を虐殺するための口実だったという反論もある。[要出典] 2006年には、二・二八事件の最大の責任者は蔣介石だとする研究結果が発表された。

    映画

    1. 『悲情城市』 侯孝賢監督、1989年台湾作品。主な出演者:李天祿(リー・ティエンルー)、陳松勇(チェン・ソンユン)、高捷(ジャック・カオ)、梁朝偉(トニー・レオン)、辛樹芬(シン・シューフェン) 2. 『好男好女』 侯孝賢監督、1995年台湾・日本合作作品。主な出演者:伊能静、林強(リン・チャン)、高捷(ジャック・カオ) 3. 『天馬茶房』 林正盛監督、1999年台湾作品。主な出演者:林強(リン・チャン)、蕭淑慎(シァウ・シュウシェン)、龍紹華(ロン・シァウファー)、陳淑芳(チェン・シュウファン) 4. 『傷痕228』 鄭文堂(中国語版)監督、セミ・ドキュメンタリー(一部再現ドラマ)、2005年台湾作品。 5. 『台湾人生』 酒井充子監督。日本統治時代と戒厳令を乗り越えて、今を生きる人々の声に耳を傾けたドキュメンタリー。2009年日本作品。 6. Taiwan 228 Massacre 60 Years On: 1947-2007 (紀念康阿裕)- 二・二八事件で蔣介石の中国国民党の軍隊から拷問を受けた康阿裕の証言。

    音楽

    1. 蕭泰然『1947序曲(中国語版)』(1994年)- 曲中歌われる『台灣翠青(中国語版)』は台湾独立運動の一環である「台湾共和国」の「国歌」とされている。 2. ChthoniC 『十殿(英語版)』(2009年)

    何義麟 『二・二八事件――「台湾人」形成のエスノポリティクス』東京大学出版会、2003年3月、ISBN 4130362143
    田村志津枝 『悲情城市の人びと――台湾と日本のうた』 晶文社、1992年12月、ISBN 4794961030
  6. 相楽総三 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/相楽総三
    • 参考文献
    • 関連書籍
    • 関連項目
    • 外部リンク
    『ビジュアル幕末1000人』歴史スペシャル編集部、世界文化社、2009年12月。ISBN 978-4-418-09234-5。
    『ビジュアル幕末維新 「日本の夜明け」を目指した激動の時代を追う!!』 Gakken
    長谷川伸『相楽総三とその同志』講談社学術文庫、2015年2月10日。ISBN 978-4-06-292280-7。
    「相楽総三 赤報隊史料集」西澤朱実、マツノ書店、2008年
    「新・歴史群像シリーズ 幕末諸隊録―崛起する草莽、結集する志士」Gakken、2008年 ISBN 978-4056051681
    「相楽総三とその同志」長谷川伸、1943年 (中公文庫、1981年 / 講談社学術文庫、2015年 ISBN 978-4-06-292280-7)
    「いい話ほどあぶない ―消えた赤報隊―」野口達二、さ・え・ら書房、1978年 ISBN 978-4378020266
    『相楽総三関係史料集』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
    『史蹟名勝天然紀念物調査報告 第二十三輯(「維新勤皇之志士贈正五位相楽総三等の墓 一名魁塚」のページ)』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  7. 台北二二八紀念館 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/台北二二八記念館
    • 観覧案内
    • 交通
    • 建物の来歴
    • エピソード
    • 周辺の施設
    • 参考文献
    • 関連項目
    • 外部リンク

    台北二二八紀念館の展示内容は、「常設展覧」と「当期展覧」に分かれており、前者は12の単元からなる展示によって二二八事件の歷史的経緯を回顧するものであり、後者は定期的に展示替えがなされる。館内では、中国語、英語、日本語による自動音声ガイドを用いて観覧する。

    台北捷運

    1. 台北捷運:台北捷運淡水信義線 台大医院駅1号出口

    バス

    1. バス停留所:台大医院、博物館、衡陽路口、二二八和平公園

    台北放送局は、当時は台湾で一番のラジオ局であり、この建物は1930年代に、台湾総督府の営繕科技師であった栗山俊一によって設計され、竣工後からラジオ放送が始まった。 第二次世界大戦後は中国広播公司がこの建物を接収して、ラジオ局として使用していたが、1972年には台北市政府がこの建物を獲得した。1996年、台北市政府は、この建物を台北二二八紀念館の施設とすることを決定した。2019年、台北市政府文化局は放送亭の古積登録(1998年)より20年以上遅れて建屋も市定古蹟に編入することを決定した。

    2014年8月、台北市議会議員の簡余晏(中国語版)、許淑華(中国語版)、林晋章が紀念館を訪れた際に、文書資料室で、画家・藍蔭鼎(中国語版)の作品『アメリカ領事館(美國領事館)』が資料箱の中に折りたたまれて入っている状態で発見された。

    二二八福德宮(中国語版)
    急公好義坊(中国語版)
    莊展鵬,《臺北古城之旅》,遠流,1995,ISBN 9573215101
    莊展鵬、王明雪,《臺北古城深度旅遊》,遠流,2000,ISBN 9789573241461
    魏德文,《穿越時空看臺北 臺北建城120週年》,臺北市政府文化局,2004,ISBN 9570184086
    “《台灣演義》” (中国語). 台灣廣告史 (民視新聞台). (2009-06-14首播). http://news.ftv.com.tw/newsprog/taiwan/promo.aspx?id=99 2010年2月15日閲覧。
    台北二二八紀念館 Taipei 228 Memorial Museum - Facebook
    ウィキメディア・コモンズには、臺北二二八紀念館に関するカテゴリがあります。
  8. 李燦 (地理学者) - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/李燦_(地理学者)

    李 燦(イ チャン、이찬、1923年 1月23日 - 2003年 1月1日)は、大韓民国の人文地理学者、歴史地理学者 [1] [2]、号は石泉( 석천 ) [3]。特に、朝鮮半島の古地図の研究で知られた [2]。 経歴 日本統治時代の朝鮮で、黄海道 延白郡温井面に生まれ、平壌師範学校に ...

  9. 金九 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/キム・グ

    金 九(日本語読み: きん きゅう[1]、朝鮮語読み: キム・グ、김구、1876年8月29日(陰暦7月11日) - 1949年6月26日)は、朝鮮の民族主義者、テロリスト、韓国の政治家、韓国独立党党首。韓人愛国団を率い大韓民国臨時政府主席を務め、1962年、建国勲章大韓民国 ... ...

  10. 平和記念東京博覧会 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/平和記念東京博覧会

    この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 平和記念東京博覧会(へいわきねんとうきょうはくらんかい)は1922年(大正11年)、上野公園で行われた博覧会である。

  11. 其他人也搜尋了