Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 胃食道逆流飲食 相關

    廣告

搜尋結果

  1. 胃食道逆流症 (いしょくどうぎゃくりゅうしょう 、gastroesophageal reflux disease: GERD )とは胃酸逆流 (いさんぎゃくりゅう、acid refluxとも呼ばれ胃の内容物が食道に侵入する慢性的な状況であり症状や合併症を引き起こしうる [4] [5] 。 症状には、口内の酸味、 胸焼け 、 口臭 、 胸痛 、嘔吐、呼吸障害、歯の摩耗などがある [4] [6] 。 合併症には、 食道炎 、食道狭窄、 バレット食道 などがある [4] [6] 。 リスクファクターには、肥満、妊娠、喫煙、裂孔ヘルニア、特定の薬の服用がある [4] 。 関与する薬物には 抗ヒスタミン薬 、 カルシウムチャネル遮断薬 、 抗うつ薬 、 睡眠薬 がある [4] 。

    • 胃酸逆流
  2. 逆流性食道炎 (ぎゃくりゅうせいしょくどうえん、英:reflux esophagitis)とは、 胃酸 や 十二指腸液 が、 食道 に逆流することで、食道の粘膜を刺激し粘膜にびらん・炎症を引きおこす疾患名。. 胃食道逆流症 (Gastroesophageal Reflux Disease:GERD)の一つ ...

  3. ja.wikipedia.org › wiki › 食道食道 - Wikipedia

    食道は胃食道逆流症 、 食道癌 、大量に出血する可能性のある 食道静脈瘤 、 マロリー・ワイス症候群 、狭窄、および運動障害の影響を受ける可能性がある。 これらの疾患は、 嚥下障害 、 嚥下痛 、 胸痛 を引き起こすが、まったく症状を引き起こさない場合もある。 臨床検査には、 硫酸バリウム を服用して行う 消化管造影検査 、 内視鏡 検査、および CTスキャン が含まれる。 食道への外科的なアクセスは困難である。 食道の疾患. 一覧については en:Esophageal disease を参照.

  4. ja.wikipedia.org › wiki › 胸やけ胸やけ - Wikipedia

    定義. 鑑別診断. 心臓. 食道. . 原因不明. 診断方法. GIカクテル. 生化学的. 機械的. 管理. 行動管理. 胃酸分泌抑制剤. 消化管運動改善剤. ピロリ菌の除菌. 手術治療. 疫学. 脚注. 関連項目. 外部リンク. 胸やけ (heartburn) は、 胸部 中央または 腹部 中央上部( みぞおち )が焼けるような 感覚 である [2] [3] [4] 。 英語では、pyrosis、cardialgia、acid indigestion等とも言う [5] 。 不快感はしばしば胸で発生し、 首 、 喉 、 下顎 角等に広がっていく。 通常は 胃酸 が 食道逆流するのが原因で、 胃食道逆流症 (GERD)の主要な症状である [6] 。

  5. Forrest分類. 予防. 治療. 緊急治療. H. pylori 除菌. 薬物治療. 疫学. 脚注. 関連項目. 消化性潰瘍 (しょうかせいかいよう、 英: peptic ulcer )は、 の内面、 小腸 の最初の部分、ときには 食道 下部における 潰瘍 を指す [1] [2] 。 の損傷は 潰瘍 (gastric ulcer)と呼ばれ、腸の最初の部分の潰瘍は 十二指腸潰瘍 (duodenal ulcer)と呼ぶ [1] 。 十二指腸潰瘍の最も一般的な症状は、夜中に目が覚めることで、上腹部痛と下腹部痛があり、食事をすると改善する [1] 。 潰瘍では、食べると痛みが悪化することがある [3] 。 痛みはしばしばburning熱感、または鈍い痛みと説明される [1] 。

  6. 摂食嚥下 (せっしょく・えんげ)は、食物を認識して 口 に取り込むことに始まり、 胃 に至るまでの一連の過程を指す。 これらの過程のどこかが障害されると、 摂食・嚥下障害 となる。 ヒトの嚥下運動. 口腔 内は挙上した舌先によって前方は閉鎖され、食塊は後方へと移動を開始する。 続いて、 軟口蓋 が挙上して 鼻咽腔 を閉鎖して、食塊の鼻咽腔への流入を防ぐ。 舌背と口蓋との接触面が広がり、それにつれて食塊は咽頭へ入る。 その際、 喉頭 が徐々に挙上し、 喉頭蓋 が後方へ倒れる。 舌が口蓋に完全に接触し、口腔内圧が高まり、食塊は 下咽頭 へと進行する。 咽頭が挙上すると、受動的に、喉頭蓋が強く後屈し、さらに、声門も強く閉鎖することによって、 気道 は完全に閉鎖されて 誤嚥 を防止する。

  7. 厳格な 組織学 的、 病理学 的な定義としてはバレット食道 (Barrett's esophagus) とは食道内に存在する円柱上皮で 腸上皮化生 を伴ったもの」と定義される。 円柱上皮化生と、 粘膜筋板 の2層化を特徴としている。 分類. 実臨床で用いられる 上部消化管内視鏡 観察による診断定義は様々に存在している。 食道 胃 接合部 (EGJ) を超えて食道扁平上皮部分に腺円柱上皮を認めるものとされている。 プラハ分類. 2003年 に日米欧を中心とした国際的な研究組織IWGCO (International Working Group for the Classification of Oesophagitis) から発表された分類。

  1. 其他人也搜尋了