Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 胎盤素精華液 相關
    廣告
  1. プラセンタ - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/プラセンタ

    プラセンタ、あるいはプラセンタエキスや胎盤抽出物や胎盤漿(英語: Placental Extract, Placenta Extract [1] )は、胎盤から抽出した成分。 日本の処方箋医薬品としての注射剤の商品には更年期障害・乳汁分泌障害の適応があるメルスモンと、肝機能の改善のラエン ...

  2. 胎盤 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/胎盤

    胎盤(たいばん、英: placenta )は、有胎盤類などの雌(人間の女性も含む)の妊娠時、子宮内に形成され、母体と胎児を連絡する器官である。 子供を雌の体内で育てる生殖形態のうち、胎盤をつくるもの胎生と呼び、卵胎生(非胎盤型胎生)と区別する(ただし両方含 ...

    • Placenta
  3. バソプレッシン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/バソプレッシン

    バソプレッシン(英: Vasopressin )は、ヒトを含む多くの動物で見られるペプチドホルモンである。 ヒトでは視床下部で合成され、脳下垂体後葉から分泌される。 片仮名表記ではバゾプレシン(独: Vasopressin )などと書かれることもあり、抗利尿ホルモン(英: ...

  4. 幹細胞治療 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/幹細胞治療

    幹細胞治療(かんさいぼうちりょう、英: Stem-cell therapy )は、幹細胞を使用し、疾患を治療または予防することである。 幹細胞治療で、最も一般的なのは、骨髄移植であり、それには臍帯血を使う場合もある。様々な起源の幹細胞を生み出し、糖尿病、心臓病、神経 ...

  5. 子宮 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/子宮

    子宮内には、胎盤が構築され、子宮と胎児との間を区切り、物質交換などを担う。 子袋 (こぶくろ)ともいう。 子宮の形態は種により異なり、重複子宮、分裂子宮、双角子宮、単一子宮に分類される。

  6. 卵胞刺激ホルモン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/卵胞刺激ホルモン

    卵胞刺激ホルモン(らんほうしげきホルモン, 英語: Follicle stimulating hormone, FSH)または濾胞(ろほう)刺激ホルモンは脳下垂体前葉の性腺刺激ホルモン産生細胞で合成・分泌されるホルモンである。 卵巣内で未成熟の卵胞の成長を刺激し成熟させる。 。卵胞は成長 ...

  7. 消化酵素 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/消化酵素

    消化酵素(しょうかこうそ)は、消化に使われる酵素のことで、消化の後に栄養の吸収につながる [1]。分解される栄養素によって炭水化物分解酵素、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素などに分けられる [1]。生物が食物を分解するために産生するほかは、食品加工、胃 ...

  8. テオフィリン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/テオフィリン

    テオフィリン(英語: Theophylline )は茶葉に含まれる苦味成分である。 アルカロイドの一種で、カフェインやテオブロミンと同じキサンチン誘導体に分類される。 強力な気管支拡張作用があり、医薬品として、気管支喘息や慢性気管支炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)な ...

  9. フィブリン - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/フィブリン

    フィブリン(fibrin)は、血液の凝固(血液凝固)に関わるタンパク質である。 繊維状タンパク質で、傷などが原因となって血小板とともに重合し、血球をくるみこんで血餅を形成する。 止血や血栓形成の中心的な役割を担っている。 繊維素 [1] あるいは線維素 [2] と ...

  10. 静脈麻酔薬 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/静脈麻酔薬

    静脈麻酔薬(じょうみゃくますいやく)とは静脈から投与する麻酔薬のことである。 分類 オピオイド オピオイド受容体に作用する麻薬。主に鎮痛薬として用いる。 フェンタニルがよく用いられる。 ベンゾジアゼピン系 γ-アミノ酪酸 (GABA) の特異的受容体に結合し、 ...

  1. 胎盤素精華液 相關
    廣告