Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 治療内視鏡はポリープや早期癌の内視鏡的切除術食道胃静脈瘤の硬化療法や結紮術総胆管結石の採石術などを中心に年間約1,000例の実績があります。 昨今の消化器内視鏡領域の進歩は目覚ましく、病理組織像に迫る画像強調観察や外科手術さながらの粘膜下層剝離術が当然のように行われています。 当院の症例数は国内有数であり、最新機器を導入し、迅速で正確な診断を行い、病態に応じた適切な治療を選択しています。 特に重症例や治療困難例の紹介患者さんも多く、各分野の専門家が、その経験を生かし診療に従事しています。 また、内科、外科およびコメディカルと連携し、チーム医療を実践し、安全で質の高い内視鏡診療をモットーに診療にあたっております。 教育内容.

    • 対象疾患
    • 検査と治療
    • 診療実績

    取り扱う対象として、まずは悪性腫瘍があげられます。胃癌は死亡率が低下していますが、依然として罹患者数は1位を占め、食事の欧米化やアルコール摂取量の増加などにより、食道癌や大腸癌は増加傾向にあります。その他にも胃十二指腸潰瘍やHelicobacter pylori関連疾患、大腸憩室をはじめとする消化管出血、食道胃静脈瘤、炎症性腸疾患など日常診療で常に遭遇する疾患を多数含んでいます。

    昨今の消化器内視鏡領域の進歩は目覚ましく、病理組織像に迫る画像強調観察(image-enhanced endoscopy:IEE)や外科手術さながらの内視鏡的粘膜下層剝離術(endosocopic submucosal dissection:ESD)が当然のように行われています。当院でも、拡大観察や狭帯域光観察(narrow band imaging:NBI)など最新機器を導入し、病変の早期発見と的確な治療を行っています。また、高齢者や全身合併症を有する患者も多く、治療の適応については安全を最優先し、慎重に検討することを心がけています。

    当院の消化器内視鏡診療は中央検査部内視鏡検査室で行っており、消化器内視鏡科および消化器内科、消化器外科、第二外科の医師が連携し診療を行っています。2010年の検査件数は上部消化管内視鏡検査11,000例、下部消化管内視鏡検査5,800例、ほか超音波内視鏡検査、内視鏡的逆行性胆管膵管造影、小腸内視鏡検査(カプセル内視鏡を含む)も多数行っています。そのうち、治療内視鏡として、食道・胃癌に対する内視鏡的切除120例、大腸腫瘍(ポリープ、癌)切除800例、胆膵系治療(乳頭切開、ドレナージ、ステントなど)300例のほか、食道胃静脈瘤治療、胆道結石採石術などを行っています。

  2. 概要. 東京女子医科大学上部消化管外科は昭和40年に中山恒明先生により開設された消化器病センター外科の流れを汲んでおり他の消化器外科系3科肝胆膵外科下部消化管外科炎症性腸疾患外科)、消化器内科消化器内視鏡科そして化学療法科と密に連携しています。 胃がん・食道がんなどの消化管腫瘍や、胃食道逆流症、病的肥満症などの良性疾患に対し、精度の高い低侵襲外科手術を行っています。 また、さらなる治療成績の向上を目指し、新規医療技術を導入し、AIの活用をめざしています。 患者中心の総合的・先端的医療の実践、臨床に即した医学研究を通して、優れた外科医を育成いたします。 教育内容.

  3. 研究内容. 消化器内科は大きく四つの研究グループに分かれて、各分野で質の高い研究をおこなっています。. 1)上部消化管;ピロリ菌の基礎的研究から、内視鏡治療などの臨床研究まで幅広く研究しています。. 2)下部消化管;主に炎症性疾患の病態 ...

  4. 特徴. 正確な診断治療を目指しています。 特徴的な点は外科、内科、内視鏡科、放射線科が一体となって診断治療にあたっていることで、病状に合わせて最も適切な医療が速やかに行われていることです。 検査・治療. 消化器の病気についてはすべての疾患を網羅し食道小腸大腸肛門肝胆膵などすべての消化器胃腸科疾患に対する検査治療を行っています。 検査はレントゲン、内視鏡、超音波(エコー)、CT、MRIなどを主に行っています。 治療では内科的、外科的治療の他、内視鏡下、腹腔鏡下あるいはエコー下の治療も積極的行っています。 具体的にはポリープの切除、静脈瘤・出血の治療、胆石の治療、早期癌の治療も開腹せずに可能となっています。

  5. 生体外における子宮内膜への受精卵の着床のメカニズムを解明する研究や不妊治療など生殖医療における新たな 治療法 の開発を進めています。 炎症性腸疾患に対する再生. 潰瘍性大腸炎クローン病等の炎症性腸疾患は特定難病疾患でありわが国でも年々罹患者数が増加しています薬物療法が主体ですが再燃緩解を繰り返し治療が難渋する例も散見されます。 新たな 治療法 の確立のため、消化器内科と共同で間葉系幹細胞シートを利用した、炎症粘膜に対する新規 治療法 の開発を進めています。 糖尿病およびその合併症に対する再生医療. 糖尿病は、インスリン分泌不全およびインスリン抵抗性により、全身の様々な合併症を来す疾患です。

  6. 2022年4月9日 · ピックアップ. 2022年04月09日 研究成果栄養サポート・チーム. 経腸栄養療法の優位性が判明。 経静脈栄養に比べ退院率向上、死亡率低減. ~14,000サンプルから栄養療法の新な選択指標を発見~ 東京女子医科大学病院の栄養サポート・チーム (注1)は、栄養療法に関する共同研究の成果を発表いたします。 この研究結果は、私立大学附属病院31施設の協力のもとに2017年7月に実施した14,172例の入院患者さんを対象とした調査がベースとなっています。 注1)・東京女子医科大学病院(栄養管理部 武藤友香 他管理栄養士チーム、 血液浄化療法科 花房規男准教授、小児科基幹分野長 永田 智教授) ・国際医療福祉大学成田病院(栄養室 浮田千絵里 管理栄養士) 研究成果の報告ポイント.