Yahoo奇摩 網頁搜尋

  1. 舒適內褲 相關
    廣告
  1. 竹内敏晴 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/竹内敏晴
    • 生涯
    • 身体への感受性
    • 著書
    • 参考文献
    • 外部リンク

    1925年、東京府北豊島郡板橋町に生まれる。父方の祖父は武道家、父は速記者カ月で始まった中耳炎で難聴になる。 旧制浦和学に入学した頃に慢性化した中耳炎が悪化、音がまったく聞こえなくなる。 中学4年時、新薬の投与によって耳疾がやや快方に向い、右耳が聞こえ始める。翌年、右耳の聴覚が劇的に回復、同時に自力・独力による言語習得の苦難が始まる。同年、日本は第二次世界大戦に突入。 旧制第一高等学校理科甲類に入学。耳が聞こえない状態が長期にわたったことからまともにことばを話せない状態が続いたため、第一高等学校に入学したときに寮では自己紹介すらできなかったという。だが弓道部に入り比類なき成績を残す。寮でにスームなどを経験し読書に没頭する。勤労動員として弓術部の同室の仲間たちと電線工場へ配属された。在学中に敗戦を迎え、そのショックで失語状態に陥り、何度か自死をはかるが未遂に終わる。 東京帝国大学部歴史学科に入学するも、敗戦の絶望感が消えぬ中、東大で行われた竹内好の魯迅に関する講演で「絶望の虚妄なることは、まさに希望と相同じい」ということばを聞いて生きる道を選ぶ。 中国文学者・竹内好の「中国における近代意識の形成─魯迅の歩いた道」と題する講演を聴き、「─魯迅は自分を新しいものと考えたことはなかった。いつも古いものとしてとらえた。そしてその自分の古さを徹底的に憎むことによって、中国の社会の古いものと闘った。─」 という内容に深い感銘を受け、その帰り道、道傍で遊ぶ子どもたちを目にし、「おれはもうダメだ。新しく生きられない。しかし、もう二度とこの子どもたちに、おれと同じ教育はさせない。おれの歪みをてこにして、おれと同じように人間性を圧殺する教育を子どもたちに向けようとするものを嗅ぎわけ、そして闘い殺してやる。」と、決意する。 東京大学文学部卒業後、演出家・岡倉士朗に師事。劇団「ぶどうの会」演出部に所属。木下順二「夕鶴」ほか、歌舞伎、新派、オペラなどで岡倉の助手を務める。三十二歳で初演出。「ぶどうの会」解散後、アングラ演劇、小劇場運動のさきがけとされる「代々木小劇場=演劇集団・変身」に参加。秋浜悟史、宮本研ほか、多くの作品を演出する。この間、野口体操の創始者・野口三千三らと協力して、演劇の基本訓練を組み立てる試みを始める。 1. 46歳、桐朋学園大学演劇科講師となる。「代々木小劇場=演劇...

    竹内敏晴は、人のからだの感じを自分のからだのことのように感じる力に長けていたという。たとえば声が詰まっている人のからだに接して、外側から見て判断するのではなく、どこがどう詰まっているのか、そのからだの感じを内側から感じて、その人にはたらきかけ、多くの人の声を見事に劈き、「声の産婆」と呼ばれた。また、人のからだの姿勢や動きを見事に真似し、その姿勢や動きの志向するものを自らのからだで感じ直して、指摘することができた。こうした人のからだを直に見取る力は「竹内レッスン」時に生かされた。

    『劇へ からだのバイエル』青雲書房 1975年
    『ことばが劈(ひら)かれるとき』思想の科学社 1975年/ちくま文庫 1988年
    『話すということ 朗読源論への試み』 国土社 1981年4月
    『からだが語ることば α+教師のための身ぶりとことば学』 評論社 1982年4月
    『ことばが劈かれるとき』 ちくま文庫
    『子どものからだとことば』晶文社
    『からだ=魂のドラマ』藤原書店
    『セレクション / 竹内敏晴の「からだと思想」 / 第4巻「じか」の思想』藤原書店
  2. 六尺褌 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/六尺褌
    • 概要
    • 締め方
    • 歴史
    • 水着としての六尺褌
    • その他
    • 参考書籍

    六尺褌の由来は鯨尺で六尺の長さ(約228cm)から呼ばれる。股間を跨ぎ身体に巻き付けるように締める。長さの目安は、前垂れを出さない場合、生地の端を持ち、両腕で水平に拡げ、次に、残こり生地の端を持ち、身体中央から更に、片腕で水平に伸ばした長さである。(胴回りの約3倍)幅は晒しの全幅を用いるが、体型によっては半幅、若しくは2/3幅に生地を切るか、内折りで使用する。 江戸時代には曲尺で六尺の長さ(約180cm)で、前垂れを出し(三角に畳む場合も多い)、後で結ぶ場合が多かった。(胴回りの約2.5倍) 因みに、前袋を2重にする締め方は昔の漁師や船乗りなどが用いた締め方である。なお、締め方、結び方については地方や古式泳法の流派により独特の締め方、結び方が有る。

    締め方は生地の端を左肩に掛けて性器(陰部)を覆い、股間を跨ぎ、尾骨から左回りで腰を一周し、縦褌と交差させて軽く仮掛けする。次に、肩に掛けた前垂れを部分を下ろし、同じく、男性器を覆って股間を跨ぎ、生地を交差させながら縦褌に向かい、仮掛けした片方の生地の端と尾骨上で交差させて、それぞれ横褌に数回巻き付けて締める。生地が余ったら切り取る。生地を交差させる際に、横褌、縦褌の締め付けを調整する。 締め方の要領として、横褌は腰骨の上で巻き付け、前袋の位置が臍下に来るようにすること、前垂れを落とす際、縦褌と何度も交差させて締めること、前袋が綺麗な二等辺三角形に形成されていること、2重に締める上で、上の生地が前袋で撓まず、下の生地との間で上下の歪みを出さないこと、陰部はしっかり覆われていること、縦褌に左右の偏りがないこと、横褌にしっかり巻き付けられていること、巻き付けた時に生地に余りがなく左右の長さが一定であること、陰毛がはみ出さないことが求められる。六尺褌の締め方を見れば、その人の褌歴がわかるとも言われている。江戸時代には成人男性は嗜みとして、陰毛を出さないように陰毛を銭湯で軽石や線香を使って処理をしていた。

    臀部が露出している下着は、東南アジア、ポリネシア地方、中南米地方で散見されることから、六尺褌は南方伝来説が強く唱えられ、日本人の祖先は南方から伝来したのではないかとの説も唱えられている。しかしながら、昔は布が高価なものだっただけに、日本人に下着として六尺褌が普及したのは、生地が麻から木綿に代わった江戸時代からであり、古代の日本には六尺褌は存在していなかった。 六尺褌の下着としての歴史は、江戸時代から明治時代末期頃までの間で、日本人成人男性の主な下着として用いられていた。 1872年(明治5年)12月8日に当時の東京府知事が違式詿違条例を発令し、裸体または肌脱ぎになったり、股などを露わにすることが取り締まりの対象となり、公衆の面前で表着として褌姿での外出は禁止されることになった。 明治時代に徴兵制度が制定されて、軍隊で着脱が容易で、生地が短く経済的な越中褌が支給され、全国に普及したことから、その後の六尺褌は下着で用いられるよりも祭事や水着等で用いられるようになった。 現在でも、下着や水着として使用している男性も存在するほか、祭事や、一部、日本泳法の流派を汲む水泳の伝統校では臨海学校(遠泳)等でも水着として用いられている。また、寒中水泳の際の行事でも水着で用いる場合がある。

    日本人が海水浴(水泳)を始めるようになったのは明治時代に陸軍軍医の松本良順が健康に良いと海水浴を推奨したことから始まり、上流階級の一部から始まった。それまでは、漁師、船乗りや、武士階級の間で武術として日本泳法があったに過ぎなかった水泳が、全国に海水浴場が開設され、国民皆泳の名の下に学校教育でも水泳が体育教科として取り上げられたことで、庶民の間に海水浴(水泳)の習慣が拡がる第一歩となった。当時の上流階級は洋装の水着(水泳着)で海水浴を勤しんだが、まだまだ洋装の水着(水泳着)は庶民には高価で、一般庶民の水着は褌(六尺褌)や水衣が一般的なものであった。また、日本泳法の各流派は自派の泳法を教えるため、海水浴場などで水練場を開設した。水練場とは、海、川、池や堀を区切った箇所で泳法を学ぶ場を日本泳法関係者が使った呼称であり、一般には「水泳場」と呼ばれていた。 1917年(大正6年)に日本で初めて室内温水プールがYMCA(東京)で開設された。当時は水質の維持のため、水着の着用は禁止され、全裸で泳ぐように指導されていた。戦後もしばらくは全裸での水泳が続いていた。これは、本国の米国でもYMCAや大学ではプールでは全裸で泳ぐことが普通であったことにもよるものであった。 1930年代(昭和)に入り、全国各地でプールが開設された。因みに、明治神宮外苑プールは1937年(昭和12年)に建設されている。 キリスト教徒とその関係者だけに開放されていたYMCAとは違い、一般庶民に開放されたことで、庶民に水泳が普及した。庶民の水着は依然と褌(六尺褌)や水衣だった。この頃から簡易褌として黒猫褌が出現し、男児を中心に普及した。 1928年(昭和3年)のアムステルダムオリンピックの競泳で、初の金メダル獲得から水泳人気は高まり、水泳は国民的スポーツとなった。1932年(昭和7年)のロサンゼルスオリンピック競泳で5種目を制したことから「水泳王国」として日本が世界に認知されるようになった。 オリンピックの公式競技では使用されなかったが、1936年(昭和11年)のベルリンオリンピックでは、日本人選手が現地での練習で六尺褌を使用していたところ、日本人選手の速さの秘密は水着の褌にあるのではないかと日本人選手に外国人記者の取材が殺到し、褌姿の選手と一緒の記念撮影を求められたこともあった。実際、日本人選手は水着の下...

    丹田を始めとする腰や股間の各種ツボを刺激するため、健康下着として注目される一方、着脱に難があり、かさばることから、和服には適しても、洋装中心の現代では実用下着として普及しにくいという側面もあるが、和服と同様、日本の伝統的な下着として、また、祭りの衣装として欠かせない存在であることに変わりはない。 「緊褌一番」とは六尺褌の締め心地から来た言葉である。つまり、尻に食い込み陰部を固定させる事により気持ちが引き締まり、締め付けることで下腹部に力を入れやすくする。このため真剣勝負の武道家などの間でも愛用者が多い。[要出典]

    ふんどしの話 新穂 栄蔵/著 出版社: JABB出版局 ISBN 978-4915806186
    下着の文化史(青木 英夫/著、雄山閣出版)
    褌ものがたり 越中 文俊/著 出版社: 心交社 ISBN 978-4883025220
    男の粋 和の極み おっ、ふんどし!?―新・ふんどし物語 越中 文俊/著 出版社: 心交社 ISBN 9784778104993
  3. 膣内射精 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/膣内射精
    • 概要
    • 意図しない膣内射精
    • 強制性交
    • 欧米およびキリスト教文化圏における「中出し」
    • 漫画などでの「中出し」
    • 参考文献
    • 関連項目

    主に将来の結婚を取り決めたカップル、あるいは結婚している夫婦など、妊娠を希望する、または妊娠を容認できる男女が行う性行為である。膣内射精によって妊娠することを自然妊娠という。避妊法をまったく適用しない場合の膣内射精のパールインデックスは85である。 妊娠を容認できない場合においても、避妊具を購入する経済力がない若年者同士の性交や、主に男性側が避妊具を着用することによる性感覚の低下を忌避する場合などにおいて、オギノ式における妊娠可能性の低い期間(いわゆる安全日)に行われることも多いが、避妊を目的としてオギノ式を適用することは不完全であり、意図しない妊娠の可能性を残す。 女性が閉経後である場合、あるいは男女のどちらかもしくは両方が不妊手術済みであるか、疾病や先天的異常によって妊孕性がない場合など、妊娠の可能性がない、または極端に低い場合にも行われることがある。 子供を養育できる経済環境、子育てが可能な体力・気力がない場合には、妊娠した際に人工妊娠中絶することになるが、中絶に伴う女性の精神的・身体的負担は相当なものである。計画性のない妊娠は女性に負担を与えることから、確実な避妊をする愛を持つことが望ましい。しかし、現実には男性が一方的に衝動的な膣内射精をする場合があり、女性にとって危険な行為と言える。 膣内射精する場合は、性器の直接接触による性感染症にかかる危険性がある。不特定多数の相手と性行為をした場合に感染すると思われることが多いが、特定の相手としていても罹患する性感染症もある。コンドームは、性感染症を予防できることが多い道具でもある。

    男性が膣外射精(外出し)を意図してピストン運動を続けるが、ペニスを膣から抜くのが遅れて膣内に射精してしまう場合や、快感から子宮口に亀頭を押しつけるようにしてむしろ膣奥に射精してしまう場合がある。また、小学生のカップルなど、精通を迎える前の男性が継続的に性交する関係にあった場合、絶頂に至っても射精をするとは考えていないため、避妊をせずに膣にペニスを挿入したまま絶頂を迎えることがほとんどであるが、性交によって精通を迎える可能性があり、射出された精液(初精)によって意図しない膣内射精となる場合がある。キンゼイ報告によると男子の精通の契機の12.53%は女性との性交によるものであり、日本性教育協会が6年に一度行っている「若者の性」調査報告においても、精通を迎える者が増え始める12歳男子の性交経験者数は例年1%程度存在する。 これら意図せず膣内に射精してしまった場合は、シャワーやビデなどで膣洗浄を行った上、アフターピルの処方を受けることで緊急避妊を行うことが可能である。

    犯罪的膣内射精

    男が女に対して性行為の強要すなわち強姦を行う時、基本的に利己的行動であるがゆえに、女に配慮した避妊など考えることもなく膣内射精に及んでしまうのが、犯罪行為として普通である。しかし、強姦する者の動機について、例えばアメリカでは「自己の性欲を満たすためというのも無いわけではないが、(性暴力は)むしろ支配欲によって行われるものが多い」と考えられている。 強姦されたうえに妊娠までさせられたとなると、大抵の被害女性は生涯に亘って深刻な精神的障害を被ることになる。また、時代や地域社会によっては、さらに厳しい立場へ追い込まれたり、“不名誉をもたらした者”と見なされて取り返しの付かない二次被害(セカンドレイプ)を受けることさえある。そもそも、妊娠まで行かなくても強姦された時点で、被害者を被害者と見なさず、“強姦されるような淫猥さを世間に振り撒いて善良な男に悪心を起こさせた罪人”として、却って処罰対象にしてしまう社会までがあり、それらはイスラム教圏やヒンドゥー教圏の原理主義的社会に見られる。また、敵対する民族の女性の雌性を狙い撃ちした、民族浄化を大目的とする作戦行動については、「種付け#ボスニア紛...

    犯人の追及

    1985年にイギリス人遺伝学者アレック・ジェフリーズが「DNA指紋法(DNAフィンガープリント法)」を発表すると、警察の科学捜査に導入され、DNA型鑑定法(DNA多型解析技術を用いた個人識別法)の嚆矢となった。これ以降、DNA型鑑定法は徐々に発達してゆく。日本では警察庁が1992年(平成4年)にDNA鑑定法に関するガイドラインを作成して全国の都道府県警察本部に通達したことで本格的活用が始まり、顔など主要な情報が一切得られていない状況でも犯人の特定と検挙に辿り着ける例が増えていった。2000年前後になると分子生物学が飛躍的発展をみせる。犯人捜査におけるDNA型鑑定の精度も高まり、PCR法の発達もあって、わずかな毛髪や体液(唾液、精液、血液)からでもDNA塩基配列を極めて正確かつ迅速でしかも安価に解析できるようになった。

    元来膣内射精を生殖行為と見るキリスト教的な考えが支配的だった欧米、とくにカトリック系では婚外性交渉における膣内射精は長らく表向きはタブーとされていた(もちろん実際の性行為では行われてはいた)。しかし昨今では出演者の民族・宗教の多様化などの進展とピルの普及により、海外のポルノでも膣内射精の作品が多く見られるようになっている。なお海外の多くの国では性器にモザイク処理を施す義務が法律で定められておらず、交接部が隠されることのない状態で性行為が撮影される。男優が実際に射精する様子を鑑賞者が視認することができるので、疑似精液を膣に注入するなどの小細工は利かない[要出典]。英語圏のスラングでは膣内射精と肛内射精を併せて "internal cumshot" や "creampie" などと呼び、後者は膣や肛門から精液が溢れ出す様子を指すのに用いられることもある。

    現実の人間が直接リスクを負う気遣いの無い成人向け漫画(あるいはアダルトゲームやアダルトアニメ)においては、中出しは主要なシチュエーションである。それらによくある誇張表現として、いかにも液体を注入しているような擬音と共に射精し、現実にはありえない多量の精液が溢れ出す場面が描かれることがある[要出典]。 1980年代以前の作品にも中出しの描写自体は存在していたが、ヒロインの妊娠という事態があまり好意的に受け止められていなかった時代背景もあり、強姦ものなどを除いてはあまりメジャーな表現手法であるとは言えなかった。中出しが表現技法として流行し始めるのは1990年代以降で、一水社の解説ではブームの火付け役となった漫画家は当時ロリコン陵辱漫画を得意としていたゴブリン森口であるとしている。 2000年代頃から、膣内射精に向けてピストン運動中の膣内とペニスの様子やその後における膣内射精の様子を断面視点から描く「断面描写」、屈曲位を男性の尻側から描く「種付けプレス」[注 1]、その逆に(ちんぐり返しに近い)騎乗位を女性の尻側から描く「種絞りプレス(逆種付けプレス)」などが用いられるようになってきている[要出典]。 特に、ヒロインの妊娠や出産といった生殖の過程その物を描写することが主要なテーマである妊婦フェティシズムや母乳フェティシズムの要素が強い作品では、(しばしば断面図もカットインの形で同時に描かれる)膣内射精と同時か、ほとんど間を置かずに精子が卵子に到達して受精する様子が描かれたり、極端な場合にはこの際に膣内射精を受けたヒロインが受精卵が生成されたことを(魔法や超能力といった、通常の人間が持たない何らかの能力を用いて)直接実感して性交相手にその感想を述べたり、妊娠しない場合でもきわめて多量の射精で妊婦のように腹腔が膨れ上がったり、(通常の膣内射精による快感を凌駕するプレイとして)ポルチオ責めの過程でペニスの亀頭が子宮頸部を突破して外子宮口(英語版)や子宮底(英語版)までも女性器の一部と見立てて突き回した挙句、「子宮内射精」を行う(この場合、精液が輸卵管や卵巣内にまで到達することもある)といった、現実の女性ではあり得ないような描写が行われることも少なくない[要出典]。

    Carroll, Michael Thomas (28 September 2000) (英語). Popular modernity in America: experience, technology, mythohistory. New York City: SUNY Press. ISBN 0791447138. OCLC 185811896. https://books.googl...
    Partridge, Eric; Dalzell, Tom; Victor, Terry (2006) (英語). The New Partridge Dictionary of Slang and Unconventional English: A-I. Oxford: Taylor & Francis Group. ISBN 0415259371. OCLC 180087855. htt...
  4. ノート:ギスム/語源表の中国語版 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/ノート:ギスム/語源表の...

    最終更新 2008年5月4日 (日) 04:19 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。 テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。 プライバシー・ポリシー

  5. BABY FAZE - Wikipedia

    ja.wikipedia.org/wiki/BABY_FAZE

    BABY FAZE(ベビー・フェイズ)、本名斉藤 伸也(さいとう しんや)は日本のグラフィックデザイナー、作詞・作曲家である。 概要 BABY FAZEという名前はデザイン事務所名でもあり、アートディレクター/グラフィックデザイナーの「サイトウシンヤ」のペンネームでもある。

  6. 其他人也搜尋了
  1. 舒適內褲 相關
    廣告